医学が過去と比較しても進歩している現代にあって、生物学の究極の命題とも言えるであろう「不老」「不死」の可能性があるのかどうかが気になってます。どうか、専門の有無を問わず何らかの考えをお持ちの方は回答をお願いします。

A 回答 (15件中11~15件)

 細胞増殖制限を外してかつ制御できて、遺伝子複製時のエラー率の低下、障害時の修復率の向上をはかれればある程度の延命は可能と考えられています。

(一説によると150才くらい)しかし、無限の寿命は無理ではないでしょうか。

 不老不死のためには、遺伝子の変異を完全に押さえる、または出現した変異を完全に取り除くことが必要です。しかし、「完全」は不可能でしょう。酵素や細胞にに100%を期待するのは無理ですし、マイクロマシンを導入できたとしてもエラーのない動作を望むのも難しいと思います。

 なんとしてでもというのならば、クローンを作って全交換ならば行けそうですが、それが不老不死の定義の範疇に入るのかどうか、、

 いかがでしょうか?
    • good
    • 0

そりゃ可能性はあるんじゃないですかね。

ただ不老不死ができるという事は、その時点で人間ではなくなるような気がしますね。倫理的問題なんかは世の中が進めば解決していく事もあると思いますが、何やっても死なないとか、終わりが無い世界ってのは、宗教うんぬん抜きにしても怖いです。

又、現実になったら独裁者がそのまま居座り続けるような恐怖感もあります。身の回りの話を考えても怖い事ばっかじゃないかなあ。タコ社長はいつになっても死なないし、嫁姑問題も永遠に続く・・・そして怖いカミさんと一生っていうか永遠に一緒・・・怖いです(笑)
    • good
    • 0

不老・不死とは生物学を問わず、自然科学、宗教にまたがって論じられている事柄であると思います。

自然科学の立場で考えると、いくら医学が発達しているとはいえ、やはりいつかは「死」いいかえれば細胞の死はくるでしょう。宗教的に言えば、輪廻転生の渦の中で永遠に生きながらえることができるというところでしょうか。私もふと死について考えることはありますが、結論に至ったことはありません。毎日、布団の中で寝る前に、「ああ、今日も一日がんばった。明日もがんばろう。」と、思って過ごしています。
    • good
    • 0

遺伝子操作が可能になった今、不老不死は必ず実現できる技術なのではないでしょうか。


しかし考えて見てください。生命が不老不死であってよいのでしょうか。それこそ生態系がメチャクチャになります。生殖を統制するか、はたまた、生まれたと同時に、『あなたの寿命は120年まで』と許可証が交付されるかどちらかでしょう。逆に120歳になるまで死ぬ事を許可されなかったりして。
限りがあってこその生命。寿命があるからこそ、与えられた期間に何ができるのか、ひとは頑張れるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 細胞分裂の回数には限りがあり、その回数を超えると体が老いていくとなっており、唯一その回数に制限がないのが生殖細胞とガン細胞で、その応用を利かせて普通の細胞の一般的回数を多くすることができたと言う報告を聞いたことがあります。

もし、この方法が完成したら事故や病気での死を除けば不老、不死の可能性はあると思います。ただ、人生、終止符があり、日々変化するからこそ、今、何をするべきか、しなければならないのかということに生きることへの喜びが湧いてくるのではないでしょうか。そう考えると不老、不死もどうかとおもいますけど。。
これは、自分の考えなので、気にしないでください。あしからず
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報