医学が過去と比較しても進歩している現代にあって、生物学の究極の命題とも言えるであろう「不老」「不死」の可能性があるのかどうかが気になってます。どうか、専門の有無を問わず何らかの考えをお持ちの方は回答をお願いします。

A 回答 (15件中11~15件)

 細胞増殖制限を外してかつ制御できて、遺伝子複製時のエラー率の低下、障害時の修復率の向上をはかれればある程度の延命は可能と考えられています。

(一説によると150才くらい)しかし、無限の寿命は無理ではないでしょうか。

 不老不死のためには、遺伝子の変異を完全に押さえる、または出現した変異を完全に取り除くことが必要です。しかし、「完全」は不可能でしょう。酵素や細胞にに100%を期待するのは無理ですし、マイクロマシンを導入できたとしてもエラーのない動作を望むのも難しいと思います。

 なんとしてでもというのならば、クローンを作って全交換ならば行けそうですが、それが不老不死の定義の範疇に入るのかどうか、、

 いかがでしょうか?
    • good
    • 0

そりゃ可能性はあるんじゃないですかね。

ただ不老不死ができるという事は、その時点で人間ではなくなるような気がしますね。倫理的問題なんかは世の中が進めば解決していく事もあると思いますが、何やっても死なないとか、終わりが無い世界ってのは、宗教うんぬん抜きにしても怖いです。

又、現実になったら独裁者がそのまま居座り続けるような恐怖感もあります。身の回りの話を考えても怖い事ばっかじゃないかなあ。タコ社長はいつになっても死なないし、嫁姑問題も永遠に続く・・・そして怖いカミさんと一生っていうか永遠に一緒・・・怖いです(笑)
    • good
    • 0

不老・不死とは生物学を問わず、自然科学、宗教にまたがって論じられている事柄であると思います。

自然科学の立場で考えると、いくら医学が発達しているとはいえ、やはりいつかは「死」いいかえれば細胞の死はくるでしょう。宗教的に言えば、輪廻転生の渦の中で永遠に生きながらえることができるというところでしょうか。私もふと死について考えることはありますが、結論に至ったことはありません。毎日、布団の中で寝る前に、「ああ、今日も一日がんばった。明日もがんばろう。」と、思って過ごしています。
    • good
    • 0

遺伝子操作が可能になった今、不老不死は必ず実現できる技術なのではないでしょうか。


しかし考えて見てください。生命が不老不死であってよいのでしょうか。それこそ生態系がメチャクチャになります。生殖を統制するか、はたまた、生まれたと同時に、『あなたの寿命は120年まで』と許可証が交付されるかどちらかでしょう。逆に120歳になるまで死ぬ事を許可されなかったりして。
限りがあってこその生命。寿命があるからこそ、与えられた期間に何ができるのか、ひとは頑張れるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 細胞分裂の回数には限りがあり、その回数を超えると体が老いていくとなっており、唯一その回数に制限がないのが生殖細胞とガン細胞で、その応用を利かせて普通の細胞の一般的回数を多くすることができたと言う報告を聞いたことがあります。

もし、この方法が完成したら事故や病気での死を除けば不老、不死の可能性はあると思います。ただ、人生、終止符があり、日々変化するからこそ、今、何をするべきか、しなければならないのかということに生きることへの喜びが湧いてくるのではないでしょうか。そう考えると不老、不死もどうかとおもいますけど。。
これは、自分の考えなので、気にしないでください。あしからず
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンジェルマン伯爵以外の不老不死の伝説のある人物っていますか?

サンジェルマン伯爵って不老不死の伝説があるじゃないですか?
他にサンジェルマン伯爵みたいに、不老不死の伝説のある人物はいますか?

Aベストアンサー

日本でいうと「八百比丘尼」でしょうか。(実在したのか不明ですが…)
人魚の肉を食べてしまい、不老不死になってしまった少女がいたそうです。

まぁ、最終的に亡くなった(消滅した)とのことですので不老不死かわかりませんけどね。

Q不老・不老不死・死者蘇生・絶滅生物の復活はいつか可能になりますか?

もちろん 理論や予想上での話しになります。
専門家の理論やあなたの意見や考えをお聞かせ下さい
どういう状態でどういう具合にと、何らかの状況があるでしょうけれど
そこは 私の知識じゃ指定しきれないので、回答者様の方で自由に捉えて下さい

ちなみに私はベニクラゲ・クライオニクス・16年間冷凍保存のマウス死体のクローン作出などが思いつきました

Aベストアンサー

本当にアメリカ(だったと思います)で絶滅生物のマンモスの遺伝子で復活させる研究をニュースで見たことがあります。

恐竜が復活できるともっと面白いでしょうね。

Q不老不死になりたい人はどのくらいいるのでしょうか。

不老不死になりたい人というのは世界にどのくらいいるのでしょうか。
また、不老不死を本気で目指すなら、まずは不老不死になりたい人を募るのがいいと思うのですが、それとも自分で研究するのがいいのか、どちらでしょうか。

Aベストアンサー

一般にいう不老不死は事故や病気でもない限り老いない、死なないという
状態を指すことが多いです。

そうなると

生きるという事は、労働して糧を得なければならないという事です。
今は人間は50年ぐらい死ぬまで働きますが、例えば寿命が1000年になったと
したら950年も労働をしなくてはなりません。

950年も働きたいと考える人はごくごく少数だと思いますよ。

不老不死の人を集めても技術がなければ仕方がありませんので
ご自分で技術を開発されるのが一番でしょう。

分子生物学などですが、臨床試験を行えるほうが遊離ですので、医学部に行って医者になり
大学病院で研究するのが一番ベストです。

Q科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか?

 
「不老不死」

よく考えると、不思議な言葉だと思います。
「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か?
生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか?
そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか?

それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か?

それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのでしょうか?
「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのでしょうか?

将来の話で、難しいと思いますが、予想で結構です。
意見を聞かせて下さい
 
因みに、哲学カテでも、類似の質問を出しています。
哲学から見た「不老不死」をどう考えるかです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html  

そちらも、参照、又、書き込みしていただければ、助かります。
宜しくお願いします。
 

Aベストアンサー

不老不死の定義を「同じ年齢でいられるか」と考えると年齢の定義(生まれてからの年数)を変えなくてはならず、ナンセンスに思えますので、「加齢による身体の劣化を防ぐことができる」と考えることにします。

加齢による劣化はいろいろあると思いますが、血管、脳、筋肉が目立つように思います。

血管の老化は、遠い将来血管内でコレステロールを取り除く赤血球ていどの大きさの工作ロボットができる、蓄積したコレステロールを食べてくれる人工生物ができれば何とかなるような気がします。また弱った血管の修理もしてくれれば血管の老化は克服できるかもしれません。

脳細胞は細胞分裂ができないので、なにかの問題で細胞が死んでしまえば少なくなっていくだけですが、これもES細胞を使う技術が向上すればなんとかなりそうです。ただし自己同一性が保障されるかはわかりません。脳細胞が全部新しくなったけど意識が別人、では意味がないように思います。

筋肉は衰えた筋肉の修復の技術は何れはできると思います。

他のほとんどの臓器は将来はES細胞で修理出来ると「思います。

やっぱり一番の問題は脳(意識)の同一性をどうするかだと思います。

不老不死の定義を「同じ年齢でいられるか」と考えると年齢の定義(生まれてからの年数)を変えなくてはならず、ナンセンスに思えますので、「加齢による身体の劣化を防ぐことができる」と考えることにします。

加齢による劣化はいろいろあると思いますが、血管、脳、筋肉が目立つように思います。

血管の老化は、遠い将来血管内でコレステロールを取り除く赤血球ていどの大きさの工作ロボットができる、蓄積したコレステロールを食べてくれる人工生物ができれば何とかなるような気がします。また弱った血管の...続きを読む

Q不老不死の薬について

初の質問失礼します。

竹取物語内で、「不老不死の薬」がでてきますよね?その薬について、少々疑問が生じてきました。下記にリストアップしたので、ご回答の程、よろしくお願いします。

1、「不老不死の薬」の正体は何なのか
2、「不老不死の薬」は、存在としてはありえるのか
3、現代医学などを駆使して、この薬を作成することは可能なのか、または将来、不老不死の薬若しくはそれに準ずるものを作ることは可能なのか

みなさんのご回答、お待ちしています。

Aベストアンサー

>1、「不老不死の薬」の正体は何なのか

恐らく、ベニクラゲを配合した生薬の一種でしょう。
既に平安時代に開発されていたのは驚きです。

(ベニクラゲ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2

若返る事が科学的に確認出来た訳ですから
不老不死の薬はオーパーツに属する事になります。

(オーパーツ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%84

>2、「不老不死の薬」は、存在としてはありえるのか

ベニクラゲのDNAやRNAを解析して人間のDNAを改造すれば十分に可能です。

但し、倫理面から人間は無理だと思います。
牛や豚で実験をする程度でしょう。

3も同じです。
100年以内に薬品化されるはずです。

Qテロメアでの不老不死実現は不可能?

テロメアを利用、主として、不老不死を実現ための理論はもう完成されていると思います、テロメアの性質役割が解ってからけっこうたちます、だからテロメラを利用、主として、不老不死を実現したという情報がない今テロメラをどうこうして、不老不死を実現することは、不可能だった、不可能ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 理論はともかく、それを実現されるための方法が発見されるのはまだ先・・・ということじゃないですか?

 たった数年で結果が出せるようなことばかりだったら、人工臓器やiPS細胞の研究はもっと進んでいますよ。

 少なくとも、今は動物実験の成功例すら発表出来ないような研究段階・・・ということだと思います。

Q不老不死

ハイ、ジーン!
赤門潜って突き当りの建物に、不老不死の研究をして不老不死を現実のものにすると言い張ってる人いるんだけど、実現可能だと思うかな?

Aベストアンサー

不老不死、んな アホ な。
仮に有るとして、70や80歳で、不老不死になっても、何するの。

18・20代なら、恋を好きなだけして、子供を作れるだけ作って 巨大フアミリーを築き、世界を牛耳る ことも出来るけれどね。

でも、子供達は 自分より年寄りになり、死んでも、自分は永遠に生き続ける んだよ。虚しく無い。

それに、どんなに酷い仕打ちを受けても、死なない んだよ。
苦痛だけが 永遠に続く、そんなの意味無いね。

Q生物学における不老不死の研究はどのくらい進んでいるのでしょうか。またこ

生物学における不老不死の研究はどのくらい進んでいるのでしょうか。またこの研究はどこでおこなわれているのでしょうか。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個体レベルではなく細胞レベルではかなり普通の技術として確立されています。

http://homepage2.nifty.com/fact-sv40/fact-technology.html

キーワードは細胞 不死化など。iPS細胞もこの範囲ですね。

不死化=がん化の場合がおおいので、個体レベルではそこがむずかしいところです。

Q宗教 不老不死の研究

宗教で不老不死の研究をしているところはありますか? また、不老不死の研究などはしてもいいんでしょうか? 

Aベストアンサー

道教ですね。
不老不死薬の研究の過程で、火薬とか漢方薬が
発見されたんですから、意味のないことでは
ないですね。

法律に違反しなければ問題ないですよ。
法律に違反するかどうかは、ケースバイケース
としか言いようがありません。

Qアミノ酸の数はどのくらいであろうと予想されていますか?

アミノ酸の種類は約20種類と言われています。ACGTのトリプレットより4の3乗以下だということはわかるのですが、いったい今のところアミノ酸の種類はどのくらいだと推定されていますか?現在の数値とあまり変わらないだろうと予想されているのでしょうか?

Aベストアンサー

アミノ酸はアミノ基とカルボキシル基のついた有機化合物です
αアミノ酸β・・・γ・・・、中には環状のものなど、考えられるだけならいくらでもあります。4の3乗どころではないですね。
しかし生体内のタンパク質を構成しているαアミノ酸は20種類だけです
トリプレットは4の3乗ありますが、同じものを指定するものが複数あったり終止コドンなどアミノ酸を指定しないものもあります。
つまりACGTで指定されるアミノ酸は確実に20種類だけです。
ですが生体内に存在するアミノ酸が20種類というわけではないです。
タンパク質以外にもアミノ酸は存在しますから


人気Q&Aランキング

おすすめ情報