人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

植物プランクトンの海洋における補償深度と臨海深度の関係についての質問です。
一般に補償深度より臨海深度の方が深くなっているようですが、その理由がいまいちよく分からず、ピンとくるイメージがわきません。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、分かりやすくご説明いただけますと嬉しいです。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どちらも光合成により生産される有機物量と呼吸により消費される有機物量が等しくなる深度です。

しかしながら,補償深度は1個の植物プランクトンといった個体の話ですし,臨界深度は植物プランクトン群集の話です。

補償深度:
1個のプランクトンにおける 光合成量=呼吸量 となる深度です。

臨界深度:
海面から海底につながる一本の水柱を想像してください。その水柱で光合成量と呼吸量が等しくなる深度です。

補償深度より浅いところでは, 光合成量>呼吸量 となります。つまり有機物が蓄えられるわけです。この蓄えられた有機物をも消費する深度が臨界深度です。当然のことながら,補償深度より深くなります。

スベルドロップの臨界深度仮説ですね。学生時代に臨海実習で最新の仮説として教わったことが懐かしくなります。まだこの仮説は生きていたのですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q珪藻類ってどんな植物なんですか?

皆さんにお尋ねしたいんですけど
珪藻類はどのように増えるのですか?
また珪藻が春や秋に増えるのはなぜなんですか?
水産学部に所属しているのですが、水産のことの調べ方がわかりません。
助けてください

Aベストアンサー

水産学部でブルームを知らないとは…答える気はなかったのですが,回答が気になったものですから。

海洋でも湖沼でも植物プランクトンは春と秋に大増殖します。これをブルームといいます。

植物プランクトンの増殖には,水温・光・栄養塩類の三要素が揃って初めて起こります。この三要素が春と秋に揃うのです。

春季ブルーム(春季大増殖)は,季節と共に高緯度に移動してゆくことから不足していた光が満たされるからと思われています。

夏季にはプランクトン量が少なくなります。植物プランクトンは,光合成の可能な上層で栄養塩を吸収し,その死骸は沈んでいくことにより,海洋上層のリンや窒素といった栄養塩類を深海に引き下ろしています。この作用を生物ポンプといいます。その結果,春季ブルームは栄養塩が欠乏することになり終わります。

秋季ブルームは,海水温が下がり,海水が鉛直に混合して,下層の栄養塩が表層に戻ってくることにより,増殖が始まり,引き続く冬季の光の不足と水温低下で終わります。

「スプリング・ブルーム」等で検索しても膨大なURLがヒットします。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/


人気Q&Aランキング