OCN光で最大124,800円おトク!

竹の生長はとても早いですね。
あれは幹も光合成をしているからでしょうか?
竹の葉っぱは小さいのでふとそんな疑問が浮かびました。
光合成していないとしたら、何故緑色してるんでしょ。
また他の植物で、幹で光合成をするものってありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

竹の幹は緑色をしている間はちゃんと光合成をしています。

しかし、竹の幹が光合成をしているのと竹の生長が早いことは直接の理由ではありません。

普通、植物が生長するのは先端部分の生長点で細胞分裂が盛んに行なわれることで伸びます。先端部分以外も生長しますが、「太る方向」に生長することはあっても、「伸びる方向」への生長はわずかです。

ところが、竹は節の一つ一つが「伸びる方向」に一斉に生長します。先端部分以外も同時に「伸びる方向」に伸びるために早く背が高くなるのです。

普通の木でも、若いうちで幹も緑色をしている間は光合成をしています。幹が茶色になっても、緑色をしている枝は光合成をしていますよ。
    • good
    • 0

植物で緑色の部分は,葉緑体があるから緑なわけです。

葉緑体があれば,基本的に光合成を行います。光合成をしなくなるとクロロフィルを失い葉緑体でなくなります。

ウメやゴムの木等若いうちは幹が緑のものがありますよね。それらは皆光合成をしています。マングローブのような植物は根も光合成をするといった報告もあります。ウメや桃等の若いときに緑色の実を付けるものがたくさんありますが,ほとんど光合成をします。参考になりましたなら…
    • good
    • 1

茎でも光合成するようです。


他の植物では、サボテンなどもそうですね。
基本的に葉緑素のあるところでは光合成をするでしょう。

参考URL:http://www.sgkz.or.jp/nenpoh/shokubutu/009.html
    • good
    • 1

枝のない竹が数年生きているのは光合成するし呼吸もするのでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹の葉の特質について(堆肥)

竹やぶを刈りましたところ、刈り後に葉とタケノコの皮が沢山ありました。竹はゴサンチクという細い竹ですので、葉や皮も薄いものです。ゴツイものではありません。折角ですので、作物のマルチがわりに畑に敷いて利用して、その後は半年経ったらスキ込むか、堆肥材料にしようと考えています。ところで、言い伝えに『竹の葉は堆肥にするな』というのがあります。なかなか分解堆肥化しにくいから、らしいからです。また別に、ある本には『珪酸という有用な成分が豊富だから、土づくり資材に良い』との話も読みました。スキこんで悪ければ、じっくり堆肥槽にいれて一年でも置いておけます。質問は・・・この竹の葉やタケノコの皮の有用性、堆肥への向き・不向きなどなどについて、なにかご存じの方、お話しを聞かせて下さい。

Aベストアンサー

(1)『竹の葉は堆肥にするな』というのがあります。
→リグニンが多く分解しにくいため、笹や竹の葉は堆肥材料として不向きとされております。しかし、分解しにくい性質を利用し、土をふわふわにする堆肥として、多少手間をかけて堆肥調製する価値はあります。試しに、米ぬかや鶏糞を容積比でおおよそ各5%加えれば、堆肥醗酵が促され、半年以内に良質の堆肥として植木、野菜に利用できます。稲ワラ堆肥や畦草の堆肥を畑や田に入れていた時代の言い伝えで、今となれば、有用な言い伝えではありません。
(2)ある本には『珪酸という有用な成分が豊富だから、土づくり資材に良い』との話も読みました。
→ケイ酸はどの土の中に多く含まれており、病虫害に有効な資材として田に入れる「ケイカル」がそうです。「ケイカル」自体が、この農薬多用の時代に稲作での対倒伏以外に絶対的な効果が期待出来るか、多少の疑問もあります。
(3)この竹の葉やタケノコの皮の有用性、堆肥への向き・不向きなどなどについて、なにかご存じの方、お話しを聞かせて下さい。
→ずいぶん昔、筍の皮を家畜の飼料として使う農家も高知県にはいました。子供のころ、孟宗竹の皮は肉屋の包装に使われていたこともあり、築地場外ではまだ売られています。菓子の「ケーニッヒクローネ」ではパイの包装に使っていました。堆肥としては、都会では入手しにくい落ち葉なので、積極的に推奨されてはおりませんが、豊富にあるなら堆肥にぜひお使いください。空気を多く含む土つくりに最適な資材で、観音竹栽培に使う農家もいます。常識にとらわれず、身近な資材を活用することが、今からの時代ますます重要ですね。
なお蛇足ですが、牛糞は含水率は80%以上ですので、粉砕できません。(kurogi1910)さんは誤解されてはいませんか? 牛糞は水分調整して切り返しを3回行えば、半年以内に完熟堆肥になる資材ですがね!

(1)『竹の葉は堆肥にするな』というのがあります。
→リグニンが多く分解しにくいため、笹や竹の葉は堆肥材料として不向きとされております。しかし、分解しにくい性質を利用し、土をふわふわにする堆肥として、多少手間をかけて堆肥調製する価値はあります。試しに、米ぬかや鶏糞を容積比でおおよそ各5%加えれば、堆肥醗酵が促され、半年以内に良質の堆肥として植木、野菜に利用できます。稲ワラ堆肥や畦草の堆肥を畑や田に入れていた時代の言い伝えで、今となれば、有用な言い伝えではありません。
(2)ある本...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング