松坂、ダルビッシュ、岩隈、日本が誇る三本柱と比較して全盛期の江川卓の能力はどの程度なのでしょうか。いまだにストレートの威力ではナンバー1と推す人が多いようですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私も当時、高校時代の江川投手には大変注目しており、作新学院の甲子園中継は全て見ていました。

結論から言わせて頂きますと、もうこれはダントツで江川投手でしょうね。この話になるとよく出てくるご意見としましては、金属バット導入前後での比較論があるのですが、こと江川投手に関しては、それは全く当てはまらないように思われます。とにかく彼の重力という物理の法則に反してまでバッターに向かっていく反重力推進型のファストボールは、バッターからすると、通常とは逆のあまりにも常識外れな軌道を描きながら、しかも猛スピードで向かって来るものですから、もう人間の本能では全く対処しきれず、一瞬凍りついたように萎縮し、気が付くとすでにストライクコールが響いていたでは、と言うのが当時を見ていた私の感想です。木製だろうと金属製だろうと、それ以前に江川投手のボールはバットに当たらないのですからバットの材質は関係ないと思うのです。現在の名投手である松坂、ダルビッシュ、岩隈各投手も素晴らしいストレートと変化球を持ってはおりますが、終速時点において少しお辞儀しているか、又は、ヨコに、或いはタテに、つまり重力に素直に従った軌道を描いているように思われます。それに比べると江川投手の全盛期である高校生時代のストレートは、ただのストレートではなく、ある意味スピリットファインガー・ファストボールを上に曲げたような軌道でバッターに衝撃を与えていたのかもしれません。実際バッター心理ではそう見えたのではないでしょうか。心理的にも物理学的にも常識の範疇外のボールを投げた投手が江川投手だったと思います。これが野村克也氏が江川投手を見て言った言葉「ものが違う」の意味なのではないでしょうか。
或いは、当時のマスコミが高校生の江川投手を「怪物君」と呼んだ所以かも知れません。私はプロ、アマ含めてもう彼此40年以上野球を見続けていますが、ただのホップじゃなく、まるで変化球のようにホップするストレートを投げる投手を見たのは、高校時代の江川投手と、もうひとり1975年前後の阪神タイガース・江夏豊さんの二人だけです。二人ともマウンドでの貫禄オーラは尋常ではなく物凄いものを持っていたのをよく覚えています。
つい長文になってしまいまして(^^ゞ大変申し訳ございませんでしたm(__)m
    • good
    • 4

 すごいことを2つほど簡単にあげてみます。


 甲子園で、直球がバットに当たっただけで、スタンドがどよめきました。松坂やダルビッシュが甲子園で投げてもそこまではなかったでしょう。
 高校野球では、エースで4番なんてことがよくありますが、さすがに社会人や学生野球ではそうはいきません。(大昔はあったかもしれせんが)まあ、プロ野球と同じで9番が定位置です。しかし、江川投手は、法政大学時代、6番を打ってました。こんなの今ではあり得ません。
    • good
    • 2

まっすぐとカーブだけで20勝もしたのだから そのすごさがわかると思います。

 しかしながら、入団時の問題で彼の投げる1球は2球にも3球にも値するプレッシャーがあったと思います。 もし江川氏が普通にプロ野球界に入っていたらもっと勝っていたと思います。 

たまに昔の江川投手のストレートの映像を見ますが、ホップしてるように画像でも見えます。 その威力はバッターボックスではすごかったと聞きます。 阪神の藤川投手のストレートがもっともそれに近い気が個人的にはします。 あの球威で1回から9回まで持ったんだから、江川投手はすごかったのですか? の問いには「そりゃすごかった」と回答するのが一番だと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

藤川が9回を完投する・・・。凄いのひとことです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/03/05 00:21

江川投手には様々な伝説がありますが、その多くが彼の直球にまつわるものです。



・高校時代に既に150km/hを超えていた。
・プロ入り後のある試合で試合開始から直球のみを投げ続け、7回まで押さえた。
・全盛期の落合曰く「日本で一番威力のある直球。何故あんな投手が打たれるんだ」。
・直球の初速と終速がほとんど変わらなかった(打者からは恐ろしく伸びるように見える)。

江川投手は基本的に直球とカーブだけしか投げられなかったそうです。しかも大学時代に右肩を疲労骨折しており、プロに入った時点で既に盛りを過ぎていたのでは、という意見もあります。そんな彼が、実働わずか9年で135勝72敗という成績を残したのですから、その資質は底知れないものがあったのでしょう。

あくまで私見ですが、江川の投手としての器はダルビッシュや岩隈を軽く凌駕し、松坂をも上回るでしょう。
高校野球のあるベテラン監督はこんな事を言ったそうです。
「松坂に対しては、どうやって打とうかと考えていた。江川に対しては、どうやってバットに当てようかと考えていた」
    • good
    • 3
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。本当に全盛期の投球を見てみたかったものです。

お礼日時:2009/03/05 00:19

江川の全盛期は高校・大学時代だとおもいます。


高校三年間でノーヒットノーラン9回(うち完全試合2回)。
当時はまだスピードガンがなかったので、正確な球速は分かりませんが、捕手や対戦した選手のコメントでは「間違いなく150km/hは出ていた」という声が多いようです。
栃木大会では、バットにボールが当たっただけで観客からどよめきがおこったと言いますから、その球威は相当なものだったと思います。

ただ、当時はまだ木製バットだったからあれだけの成績を残せたという意見もあるようです。(江川が卒業した次の年から金属バット導入)

あと、私は江川は球威だけではなく、コントロールやスタミナ、投球術などもかなりのレベルで兼ね備えていたと思います

そういう意味では高校時代の松坂と似ていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

球威に加えてコントロール、スタミナ、投球術。いや本当に凄いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/05 00:27

 


 百聞一見!論より証拠 ~ これが怪物・江川卓だ ~
http://video-search.yahoo.co.jp/web_search?p=%E6 …
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは凄いです。なかなかこの軌道のボールを放れるピッチャーは
お目にかかれないですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/03/05 00:40

 松坂投手のすごさを「平成の怪物」と形容しましたが、なぜ彼がそう


呼ばれたかというと、かつて江川投手が「怪物」と呼ばれていたからで
す。松坂のすごさはかつての江川に匹敵するとして、多くの野球ファン
やマスコミに認識されていた証拠だと思います。
 
 したがって、江川卓投手の全盛期の実力は、松坂大輔投手と同程度だ
と考えてよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時代が時代ならメジャーで投げていてもおかしくなかったんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/03/05 00:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江川卓全盛期の映像

人が何と言おうと、江川卓投手はピッチャーとして戦後最大の才能だったと思っています。(才能だけみれば松阪など足下にも及ばないと信じています。松阪ファンの人ごめんなさい)プロでの活躍が物足りませんが、1981年の唯一全盛期といえるシーズンでは、こだわりを持って、最後の打者を必ずと言って良いほど三振に取っていた姿が忘れられません。そこで1981年時の彼の映像が見られるビデオなどはあるのでしょうか。伝説ともいえる高校2年時のものがあれば最高なのですが・・。(私のパソコンではJavaがうまく働かないので検索できませんでした。以前に同じような質問があるかもしれませんが、その節はご容赦ください)

Aベストアンサー

ナンバーの1981日本シリーズ巨人vs日ハム
はビデオで発売されてます。
ヤフオクとかで安く落札できると思います。
江川が3試合登板したシリーズです。
あとは、1981以外にも1983、1987の
巨人出場の日本シリーズのビデオが発売されてます。
他にもG+で1980年代の巨人戦の試合をたまに
放送してますよ。
83のセの優勝シーン(江川胴上げ投手)や85の
真夏の巨人vs阪神の江川がリリーフ登板したときの
映像が放送されてます。
ただ、スピードガン表示では1983年以降は
145km以上はほとんど出てなかったと思います。
1982の夏に肩を壊したためスピードが出なくなった
みたいです。
肩を壊した原因はカメラ(取材で使用する大きい
カメラ)が肩を直撃したと聞いたことがありますが
真実かは分かりません。

Q高校野球時の江川卓投手について

どれほどスゴい選手だったのでしょうか?
父に聞きましたところ、どのバッターも打つことが出来なかった、当時はものすごいヒーローだし、正に昭和の怪物であったと。

誰も打てないということは、豪速球or魔球の持ち主だったのでしょうか?

Aベストアンサー

re002042さん、こんにちは。

直接対戦したことのある、千葉県の方にお話を聞いたことがあります。
江川投手は確かに高めの球は速く、大きなカーブもあり、バットに当てることは難しかったようです。
ただし割と素直な球で、タイミングの合う打者には結構打たれていたと言っていました。
初速が早くズドンとミットに収まる感じだったそうです。

またその方の印象ですが、手も足も出ない感じだったのは、同じ千葉県の鈴木孝政投手だそうで、
速さとキレがあり、低めのボールが地面すれすれから浮き上がってくるように感じたそうです。
江川投手はまだタイミングをとれたが、鈴木投手はタイミングがつかめなかったと言っていました。

Q日本のプロ野球史上、最高の投手は江川卓ですか?

過去に読んだスポーツ新聞で元プロ野球選手にアンケートをとった所、
「日本のプロ野球史上、最高の投手は江川卓」だという結果が出ました。

日本のプロ野球史上、最高の投手は江川卓ですか?
江川卓を超える投手はいますか?
江川卓はどれ程すごい投手だったのでしょうか?


【1】高校野球では江川時代以後、金属バットの導入などで打者の力量が飛躍的に向上しており、
江川の高校時代の記録は以降の投手(たとえば横浜高校時代の松坂大輔など)とは単純比較できないという意見もあります。

【2】甲子園での江川の球速は、スピードガンが普及し始めた当時のデータで147km/hといわれています。
だが、本気で投げると捕手が球を捕れなかったので、実際は150km/hを越えていたのではないかといわれています。

【3】ただし、投手としては指が短めだったため、フォークボールなどの変化球を投げるのには適さなかった。
そのため、変化球は苦手で、あまり効果のないカーブぐらいしか投げられなかった。

など、江川には批判的な意見が多いのですが、江川のすごいところやダメなところを教えて下さい。

過去に読んだスポーツ新聞で元プロ野球選手にアンケートをとった所、
「日本のプロ野球史上、最高の投手は江川卓」だという結果が出ました。

日本のプロ野球史上、最高の投手は江川卓ですか?
江川卓を超える投手はいますか?
江川卓はどれ程すごい投手だったのでしょうか?


【1】高校野球では江川時代以後、金属バットの導入などで打者の力量が飛躍的に向上しており、
江川の高校時代の記録は以降の投手(たとえば横浜高校時代の松坂大輔など)とは単純比較できないという意見もあります。

【2...続きを読む

Aベストアンサー

 以前、たまたま、飲み屋で隣で飲んでいた元広島の達川さんの話に聞き耳を立てていたことがありました。
 それによると、江川さんが、対広島初登板の際に、山本さんは、すぐに、投球フォームから、カーブと直球が読めるようになったとのことでした。しかし、実際に対決すると打てなかった。山本さんが、球種を読んで打てなかったのは、江川さんだけだと、達川さんは、江川さんをもちあげておりました。

Q【伝説の引退SP】江川卓のバックに流れた曲と歌手名

2012年10月8日にTBSで放送された「壮絶・・封印された過去 私はなぜやめたのか・涙と後悔・・伝説の引退SP」で質問です。

江川卓投手編の最後の方(引退会見後のシーン)でバックに流れていた曲と歌手名を知りたいです。曲は雪の華のように聞こえましたが、歌手が特に誰か知りたいです。

下記動画の10:00すぎあたりから流れています。
http://www.youtube.com/watch?v=ifqy1tCIg54

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MR.BIGのボーカリスト、Eric Martin(エリック・マーティン)によるカバーで、“Yuki No Hana(雪の華)” ですよ。

日本の女性アーティストの楽曲を集めて、2008年にリリースされたカバーアルバム“MR.VOCALIST” に収録されています。

http://www.youtube.com/watch?v=xkcWzkxC6Ac

Qプロ野球・江川卓投手について感ずる事を教えてくれますか?

プロ野球・江川卓投手について感ずる事を教えてくれますか?

「エガワル」と言われながらも巨人への思いをひたすら持ち続け、
作新学院/法大/巨人と活躍し、プロ野球に関心の無い人でも
名の知らぬものはいなかったという江川卓投手。

どういう印象を持つか、皆様から意見を募集します。

ちなみに広島ファンの父いわく
「巨人入団時の記者会見は忘れられない。」と言っていました。

Aベストアンサー

高校卒でどこでも良いから、プロ野球に入団していたら
300勝投手になっていたと思います
しかし、当時より日本の投手のレベルはかなり上がっており
(食事環境がよくなったことが最大の理由だと思いますが)
全盛期の江川投手(高校3年の春の時だと思いますが)レベルの選手は
今では、一軍に上がれるか否かの水準だと思います

それはともかく、過去のいきさつから読売グループ以外での
メディアの仕事は不可能でしょうから、今まではともかく、
これからの人生は巨人離れが進む中、不透明だと思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報