さし歯が取れたら、歯医者でくっつけなければいけませんよね。
アロンアルファじゃだめですよね。^^
恥ずかしながらお伺いします。
時間がないもので。。
すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

アロンアルファは、さすがによくないと思います。

きちんと歯医者さんに行って、くっつけてもらったほうがいいと思います。近隣に、日曜・祝日でもやってくれる歯医者があれば、そちらに行ったほうがいいのでは、時間でこの時間でもやってくれる歯医者を探していったほうがいいかと思います。
    • good
    • 0

質問の時間が時間ですし、大分お急ぎのようでしたからもう解決はしていると思いますが。


結論としてはおやめになる方がいいです。
緊急時の代替策としては、ご飯粒を良く練って糊状にした物や20分以上噛んだガムなどでとりあえず押し込んどくぐらいでしょう。それでもせいぜい3日ぐらいが限度で、
そのまま再装着できる物もできなくなりますし、感染など起こすと最悪歯を失うことになりますから、緊急時以外は歯科医院に駆け込んでください。

理由については、市販の瞬間接着剤は水分に弱く、常に湿った状態の口の中では機能しにくいこともありますが、そもそも歯科では冠をつけるのに接着剤は使わないんです。
皆さんも良く耳にすると思いますがセメントです。
つまり、接着力ではなく勘合力でついているんです。
これによって、無理な力がかかったとき歯自体のダメージをおさえ、冠が外れることで歯自体を守ってもいるのです。

歯科分野で瞬間接着剤が最も良く使われるのは、技工時の模型破損などの修理でしょう。
そのほか義歯修理の過程で仮どめに使ったりかな。
また特別に作られた傷口の縫合代わりに使われる物もありますが、歯科で使用することはまれです。

ついでの知識としてお節介しときました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変的確で専門的なアドバイスを有り難うございました。

お礼日時:2001/03/16 21:15

海外に済んでいるときに(差し歯ではなく歯をまるまる覆った状態の物が)取れたことがあります。

血液で感染する病気が怖いので、現地の歯医者に行くことが出来ず、瞬間接着剤でくっつけちゃった経験があります。奥歯だったのですが、結論を言うと、1週間ぐらいしか持ちません。毎週付け直す繰り返しでした。

日本に帰ってきてから、付け直してもらいましたが、5年以上持っています。だから、l歯医者に行った方が良いと思います。

もう一つ、瞬間接着剤が体によいとは思われません。大した量ではありませんが、体の玄関口である口そのものに入れる物ですから、避けられるなら避けた方がよいでしょう。

以上。
    • good
    • 0

私も瞬間接着剤でいけるだろうと思って実際にやってしまったひとりです。


結果は、とてもひどい味がして吐き気に苦しみ、はみだした部分がまたひどい味とざらつきをのこして、そのうえにすこし接着位置がずれたようで高さに違和感ができて、結局歯医者さんで直してもらいました。
ものすごく上手にやればいいのかもしれませんが、お勧めは出来ませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有り難うございました。
想像するだけでやばいですね。
アロンアルファは止めました。

お礼日時:2001/03/16 21:08

かけたのか、完璧に取れた(抜けた)のか、それなら根本の処理の状態はどうなのか……なんてこともあるにはありますが、この際そんなことは置いといて!



即刻、歯科医に行って下さいませ。
抜けた状態なら、歯茎や他の歯に影響を与えることもあります。
なにより、素人がさわってなんとかなるものではありません。雑菌とかあったら、あとで泣く思いをするかもしれませんよ(私は歯科医で処置しても、不適切な処理のために結局、化膿して切開手術するはめになりました。ホントですよ!)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歯ぐらいと思ったら大変ですね。
御注意、御回答有り難うございました。

お礼日時:2001/03/16 21:06

大丈夫だと思いますが、差し歯だけでなく、歯茎もよく乾燥させてください。



病院でも使っているようです。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kasuyaku/shiminlist. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、貴重な情報を有り難うございました。
でも、やっぱり危険なようですね。

お礼日時:2001/03/16 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父が差し歯をボンドで止めたらしいのですが…

先日実家に電話した時に母が言っていたのですが、父が差し歯をボンドで止めたらしいのです。
体に悪いことはないのでしょうか?

Aベストアンサー

歯医者さんはセメントでとめる前に、土台の歯を洗浄してセメントでとめます。
洗浄しないと雑菌が閉じ込められるので根元からダメになり、抜歯しないといけなくなります。


ボンドが強力で差し歯が取れない場合は差し歯を壊して外すので、
作り直すのに時間とお金がかかりますし、かといって放置しておけば土台がダメになります。


早めに歯医者に行った方が良いですよ。

Qアロンアルファの固まる時間

サングラスのツルの部分が折れたのでアロンアルファで固定したんですけど、何時間ぐらい放置していれば完全に固まるのでしょうか?
すぐ隣に目があるので気になります。

Aベストアンサー

アロンアルファは瞬間接着剤ですので、ほとんどすぐに固まります。
材質によってはうまく着かないものありますから、説明書やウェブサイトをよくご覧ください。

Q差し歯をする歯にひび

2番の前歯を差し歯(ファイバーコア・メタルボンド)にする予定で
土台の型を取るために歯を削ったところ、表面にヒビがあるといわれました。
モニターに映してくれたのですが、素人目にはよくわかりませんでした。
(レントゲンは取っていません。)

先生からはこの状態ではメタルボンドの差し歯はできないと言われ
とりあえずメタルコア、硬質レジン前装冠の差し歯にすることになりました。
もし土台を入れてみて割れたら抜歯とも言われています。

次回、土台を入れるのですが
ヒビの入っているところに金属の土台を入れたら
割れてしまうのではないかと不安です。

抜歯はできるだけ避けたいので
ネットで割れた根を接着して治す方法があるということを知り
セカンドオピニオンをもとめようかどうか迷っています。
根を接着して残す方法とは安全なものですか?

それとも根にヒビが入っている場合は
すぐに抜歯する方がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ヒビがどの辺まで入っているかによって、歯が保存できるかどうかが決まります。完全に割れていれば抜歯しかありません。
まずレントゲンで確認できるほど大きな割れ目であれば、肉眼では簡単に判るので必要ないし、逆に表面にしか確認できない程度であれば、レントゲンでも写る事は稀でしょう。

保険で冠を被せた場合、2年以内にダメになったとき、抜歯は保険で出来ますがそれ以外の治療は、医院が保険費用を請求する事が出来ません。
このシステムでいけば、選択肢は次の四つです。
(1)2年持つかどうか判らないから、保険で抜歯して義歯かブリッジにする。
(2)先に自費で被せておいて、ダメだったら保険で義歯かブリッジにする。
(3)保険で被せておいて、ダメだったら医院の持ち出し(損)で義歯かブリッジをする。
(4)保険で冠を被せておいて、ダメだったら自費で義歯orブリッジorインプラントにする。

(1)は保全可能かどうかわからない段階で抜歯するのは、確実ですが、患者を大切にしない方法です。
でも現在厚労省の方針は、予算がもっとも削減できる、これです。
(2)は冒険ですが、維持できれば幸いです。でもダメだった時には患者さんは自費分をある程度の範囲で損する事になります。
(3)最初から損するかもしれないことをやる人は居ないでしょう。これを選択するくらいなら、(1)を勧めるのが順当だと思います。
(4)は怪しい歯に冠を被せて患者さんに損するリスクを背負わせない。でも持つ可能性もあるのだから抜歯するには惜しい。
2年以上持てばダメであったとしても保険で治療ができるし、2年以内であれば自費で治療することも可能。
・・・以上の特徴があります。

割れた歯の接着方法もありますが、私はあまりお勧めはしません。
第一に割れ方によって成否が大きく変わってしまいます。
人工物で接着すると歯肉や組織の異物排除機能が働いてしまう可能性があります。この場合は歯を支えている骨まで溶けてしまう事があります。

問題は土台の材料と入れ方。
実は金属以外の土台も保険ではあるのです。ファイバーコアも分類的には保険で可能です。しかし、保険コアの設定があまりに安価で採算性がある過ぎるので、保険ではコア材料になり、強度が下がってしまうので金属コアが主流になっているのです。
問題はコアの接着の際にあまり強い圧力を加えると、ヒビの入った根を割ってしまう危険性があるということです。
でもこれも、ヒビの程度で決まりますし、ヒビであればレントゲンでも深さなどを確認するのは困難或いは不可能なので試すしかないのです。

私個人の意見としては、担当医の方針は基本的に間違っては居ません。
医師としての選択はやはり、(1)の国の方針通り、安全策で抜いてしまうか、(4)でしょう。
(2)はあくまで患者さんの同意が無ければなりません。

ヒビがどの辺まで入っているかによって、歯が保存できるかどうかが決まります。完全に割れていれば抜歯しかありません。
まずレントゲンで確認できるほど大きな割れ目であれば、肉眼では簡単に判るので必要ないし、逆に表面にしか確認できない程度であれば、レントゲンでも写る事は稀でしょう。

保険で冠を被せた場合、2年以内にダメになったとき、抜歯は保険で出来ますがそれ以外の治療は、医院が保険費用を請求する事が出来ません。
このシステムでいけば、選択肢は次の四つです。
(1)2年持つかどうか判...続きを読む

Q切り傷にアロンアルファを塗る行為。

知り合いの方が指にケガをしました。
その人が言うには・・・

ケガ(切り傷)をする度、アロンアルファを塗っているのです・・・それはダメだと言ってもやめません。
塗ったことによって酷くなることはないようです。

自分がそれで治るので他の人にも進めています。
やめさせる方法・キズにどのように悪いかなど教えて下さい。

Aベストアンサー

 hosikuzuさん、こんにちは。

 切り傷にアロンアルファですか?実は、スポーツ選手なども、至急に止血する必要があるときには使う人もいるようです。絶対に、非常にダメというわけではないかもしれませんが…。

 ですが、もちろんキズ薬として作られているわけではないので、お勧めはできませんね。

 切り傷、擦り傷で心配なのは、傷口に細菌などがついていることです。汚いままで、傷口を閉じてしまうと、中で化膿して厄介なことになります。

 まず、きれいな水でよく洗ってから、消毒液(マキロンなど)で消毒をして、その後にキズ薬をつけます。このときに、早く傷口をふさぎたいということで、アロンアルファを…ということであれば、同じように使える薬で、コロスキンというのがあります。

 こちらは、液状絆創膏と銘打った、本物のお薬ですから、安心して、使えますよ。

 詳しくは、こちらでどうぞ↓

参考URL:http://www.tokyokoshisha.co.jp/merchandiselook.htm

Q差し歯の治療内容と通院回数について

差し歯の治療内容と通院回数についてお聞きします。

私は今年の7月に金歯が取れてしまい今の歯医者に通っていますがそこで取れた金歯の交換と他の金歯(1本だけ)を保険のきかないメタルボンドという差し歯をいれることにしましたが5回通って金歯の交換は終わりましたが差し歯の入れ替えは8回通って後2回かかると言われました。

私的にずいぶんとかかり過ぎるなというのとあとやたらと削りまくるという印象があります。

口の中が鉄の土台を削った粉で一杯になることが2~3回ありました。

正直今の歯科医の治療に不信感を覚えています。

金額的にはそうでもないのですが時間がかかり過ぎるのと治療がやや乱暴に思います。

人それぞれ歯並びや形などが違って治療内容や回数が変わってくるのは十分承知してますが平均的に考えてこのような内容だと問題ないでしょうか?

歯の治療にたずさわる方のご意見やメタルボンドの差し歯の入れ替えを経験された方のご意見を頂けたらと思います。

素人の説明でしたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

歯科医です。
もしかしたら、根の中の再治療から進めているのではないですか?
私が考え付く流れだと

1回目 かぶせものを取り、根の治療 (金属を削る)
2・3回目 根の掃除と薬の交換
4回目 根の中に最終的なくすりを詰める
5回目 土台の型取り(歯を削る)
6回目 土台の装着と型取り(金属をけずる)
7回目 メタルボンドの金属部分のみの試適と色合わせ
8回目 セラミックの焼き入れ前の色の確認
9回目 仮づけ
10回目 本付け

とまぁ、ざっと書くと軽く10回はかかりますね。根の状態によってはもっとかかることもあるでしょうか。

>やたらと削りまくるという印象があります

メタルボンドは構造上、金属のみの被せものより、削る量は多めです。
金属の厚みとセラミックの厚みが確保できるようにしないとなりませんので。

>口の中が鉄の土台を削った粉で一杯になることが2~3回ありました

被せものも土台も金属ですから、こればかりは避けられませんので・・・

Qさし歯の種類。ポーセレンと保険のきく歯の間にあるさし歯の質について教えて下さい。

これまでの質問も見てみました。でもまだ決断できないのです。
前歯が6本さし歯です。3本ずつのブリッジです。
この20年で、ポーセリンのさし歯を3回もつくりかえました。
その度に40万から50万かかってますので、今度の4回目は、ポーセレンでなくてもいいのではないかとも思っています。
噛み合わせのせいか、奥歯を治療すると前歯にあたるようになり
結果的に、いつもさし歯を入れ替える事になります。
今のさし歯は、良くなかったので今回作りかえる事は納得しています。
今の歯医者さんでは、ポーセレンで1本7万、その次ので1本5万ということです。5万のでも結構いいように聞きました。
知り合いの行っている歯医者さんに聞いてもらったら
そこではポーセレンで1本7万、その次で4万、そして保険では5千円しないくらいとのことです。
一番いいのはポーセレンだけど、4万のにするよりは6本一緒にするから、
色の違いも目立たないし、何度もやりかえているようだし保険のでいいのではないか?ということでした。
ポーセレンに比べたら、4万のはあまりありがたみがないのではないかと。
1本1万だったという友達もいるし、2万という人もいます。この場合どのタイプでしょうか?
材料も日々進化している様ですし、ポーセレンと保険のきく歯の間の種類のものにも色々あるのでしょうか?
その違いや、それらの歯で前歯を入れていらっしゃる方、保険の前歯をいれていらっしゃるかた、是非感想を聞かせて下さい。
また、歯の土台になる金属は、保険のきくきかないで違うのでしょうか?
よろしくお願い致します。

これまでの質問も見てみました。でもまだ決断できないのです。
前歯が6本さし歯です。3本ずつのブリッジです。
この20年で、ポーセリンのさし歯を3回もつくりかえました。
その度に40万から50万かかってますので、今度の4回目は、ポーセレンでなくてもいいのではないかとも思っています。
噛み合わせのせいか、奥歯を治療すると前歯にあたるようになり
結果的に、いつもさし歯を入れ替える事になります。
今のさし歯は、良くなかったので今回作りかえる事は納得しています。
今の歯医者さんでは...続きを読む

Aベストアンサー

 
  わたしは歯科医でないので、詳細には知りませんが、ポーセレンというのは、セラミックです。保険の差し歯は、材質がセラミックではないと思います。
 
  ポーセレンは、耐久度に優れ、恐らく、差し歯の土台が侵食などで傷まない限り、50年使っても摩耗しないと思います。それに対し、保険での差し歯は、よく使う歯だと、1,2年で実感できるほどに摩耗して来ます。しかし、5年以上はもつはずですし、保険の差し歯でも問題ないと思います。
 
  差し歯の場合、材質以外に、構造の問題があります。差し歯の表は、白いですが、裏を見ると分かるのですが、ステンレスか、強化ステンレスの類の金属になっています。これはセラミックにせよ、そうでないにせよ、強度が足りないので、強度補強の目的で付いています。
 
  こういう構造の問題もあり、材質は同じでも、値段が違って来るということが起こるのだと思います。
 
  三度も作り替えているということですが、そんなに基礎部分がもつのだろうかと思います。前歯を頻繁に使っている場合、保険の歯だと、摩耗して来ます。少し不快な感じになるかも知れませんが、それも慣れではないかと思います。
 
  基礎になる部分は、外部から見えませんし、この部分に、特別材料を使ってどうこうと言う話でもなく、摩耗する訳でもありません。従って、確言できませんが、基礎の歯のなかに造る突起部分は、ポーセレンも、保険の差し歯も同じものだと考えていいと思います。仮に違っていても、歯自体ほどの差はないと思えます。
 
  基礎部分の侵食は、歯の侵食から揺らいでくるということはあるかも知れませんが、基礎部分自体は、十分耐久性があるはずだからです。
 
  なお、これは素人の考えですが、歯科医との話もあり、また、ポーセレンと保険の差し歯と、両方とも経験があるので、二つを比較して、ポーセレンの方が確かに摩耗耐久が大きいが、使用感としては、あまり変わりないということを感じるからです。保険での差し歯でも、技術が進んでいるのか、十分立派だと思います。つまり、ポーセレンと較べて、日常使用で、特に違うとは思わないということです。
 
  (ただ、保険の差し歯は、摩耗するというのは事実です。摩耗すると、何が変化するかは、後ろの補強金属材が、舌に当たって来るということです。歯先が薄くなってきて、舌だと神経が敏感で分かると言うことです。外見的には、5年ぐらい使うと、ポーセレンよりも、少し外観が落ちます……歯石が付着するのかも知れません。また薄くなると、よく見ると、背後の補強金属が透けて見え、また歯先に少し見えてきます。ただ、この歯は、よく使ったので、こうなったのだと思います。前歯は、事情がなければそう頻繁に使わないはずです。……この摩耗して来た差し歯は、他の歯を治療すると、摩耗の進行が止まったか、遅くなったようにも思います。この一本の歯に負担がかかり過ぎていたのでしょう)。
 

 
  わたしは歯科医でないので、詳細には知りませんが、ポーセレンというのは、セラミックです。保険の差し歯は、材質がセラミックではないと思います。
 
  ポーセレンは、耐久度に優れ、恐らく、差し歯の土台が侵食などで傷まない限り、50年使っても摩耗しないと思います。それに対し、保険での差し歯は、よく使う歯だと、1,2年で実感できるほどに摩耗して来ます。しかし、5年以上はもつはずですし、保険の差し歯でも問題ないと思います。
 
  差し歯の場合、材質以外に、構造の問題があり...続きを読む

Qメタルボンドにぶつかって自然歯が欠けてしまう

下の歯に1本メタルボンドが入っているんですが、
物を食べている時、時々カチンっとぶつかる事がある為、上の自然の歯が欠けてしまったんです。
友達にメタルボンドは固いから余り良くないんじゃない?って言われて・・・。
差し歯ってメタルボンド以外、どういった物があるでしょうか?
また、保険で入れる事が出来る歯は、どんな素材のものがあるでしょうか?

Aベストアンサー

メタルボンドは金属冠にセラミックを貼り付けたものです。
セラミックは白い材料の中でも一番硬い材料です。(ただし、硬いという事と割れないという事は別です)
実はこのセラミックも製品によってかなり軟らかい物から硬い物まで様々あるのです。
軟らかいものであれば、天然歯と同じように磨耗していきます。
その先生がどれを使っているか、或いは硬さの違いを知っているかは判りません。が、一般的には硬すぎて、周囲の歯を磨耗させるといわれています。
被せるなら、歯と同じ固さが理想で、固すぎると隣の歯や噛みあう歯を傷つけてしまいます。

これより若干軟らかく、保険で使う材料よりは硬い物として、超硬質レジンがあります。多くの呼び方としては「ハイブリッド」「ハイブリッドセラミック」「ハイブリッドレジン」などがあります。

7年というと、既に軟らかめのセラミックは在りましたが、ハイブリッドの性質はまだ未熟だったかもしれません。

Q本当に、困っています。 どうしたら、いいでしょう?。 お恥ずかしい話で、すみません。 入浴(シャ

本当に、困っています。
どうしたら、いいでしょう?。

お恥ずかしい話で、すみません。

入浴(シャワー)が、苦痛で仕方ありません。

3年間、闘病生活を送りました。

それ以前は、むしろ「入浴好き」でした。
スーパー銭湯や温泉も、大好きでした。

なのに、現在は入浴が苦痛です。
「入らなければ」と思うだけで、気持ちがクタクタに疲れます。理由が自分でも分からず、困惑しています。

今では、義務と礼儀として自分に鞭打って入っている状態です。

少しでも入浴の苦痛を減らす為に、髪型もベリーショートに変えました。

それでも、苦痛なんです…。

どうしたら、すんなり楽な気持ちで入れるでしょうか?。

Aベストアンサー

お恥ずかしい話ではありませんよ。
誰しも苦手なことはありますからね。
ただ、人間苦手なことを克服すれば成長
できます。
折角人間として、この世に生を受けたのですから
成長したいと思いませんか?
これも一つの試練というか、己の目標と思ってみると
多少苦痛も軽減されるかと思います。
私自身も、実は大の風呂嫌い(笑)
毎日烏の行水ですが、時々今日は気合入れて長風呂するぞ
と思った時は、自分の好きな雑誌や本を持ち込み、そして、長風呂に
努めることにしています。
以前は音楽なども流していました(笑)
ちょっとした工夫で、きっと風呂も苦痛にはならないかと思います。
もし、これらのことが参考になりましたら、お試しを!

Q差し歯の色に合わせてホワイトニング

前歯2本をメタルボンドの差し歯にするのですが、自分の元の歯の色が白くない為、差し歯の色選びで苦労しています。医者からは差し歯2本を多少白めにして自分の歯をホワイトニングでその差し歯の色に合わせる方法もあると言われ、元々、ホワイトニングに興味があるので悩んでいます。

でもこれで差し歯の色に合わせてしまうと定期的にホワイトニングをしないと結局、差し歯が他の歯の色を浮いてしまう訳ですよね・・・。
これから何年もホワイトニングの為に定期的に歯医者に通う余裕がなくなった時を考えるといまいち決断できません・・・・。
ホワイトニングってどれ位の期間、歯の白さが持続するのでしょうか・・・・。
お分かりになられる方がいらっしゃいましたら
ご回答を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ホワイトニングといっても、万能ではありませんし、無理なホワイトニングは歯を痛めます。また、歯の性状や方法によって、かなり持つものと半年ぐらいでやり直すものがあります。更に言えば、ホワイトニングと言っても単にくすみを取るだけの歯医者から、完全な脱色までやる歯医者と世の中様々です。

 そこで、前装冠を被せてからホワイトニングで合わせるというのは、本末転倒な感じがします。何故ぜなら、もし、前装冠が予定以上に白くなってしまったら、そこまで白くする為に無理なホワイトニングをしなければならない事になってしまいますから。
 もし貴方が自然な白さを望むなら、出来ればホワイトニングをしてから、それに合わせて前装冠を作った方がいいと思います。そうすれば、色調整も楽ですし、再ホワイトニングの期間も長く出来ます。

Qさし歯の治療について。

現在歯医者に通って虫歯の治療をしているのですが、
奥歯の方から治療を始め前回の治療で前歯の虫歯の治療をしたのですが
治療した歯はさし歯だったんですがさし歯も虫歯の治療ってするもの
なんでしょうか?
さし歯は10年以上前に入れたもので保険の効かない歯です。

虫歯も痛いわけでも不自由も感じてないんですが歯医者の先生の
言うがままここも虫歯だから治療しますって感じで10本位治療しています。
このまま治療を続けて良いものか悩んでいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歯科医の説明不足もさることながら,患者の質問不足でもあります。まずは,歯科医に聞いてみることです。差し歯の土台が虫歯になっているのでしょう。神経はないので痛みは感じない。


人気Q&Aランキング