親の永代供養に200万円包みますが、現金はどの様なのし袋を使用すればいいのでしょうか?また、表書きは永代供養料でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それって、貴方からの懇志のお金ですか?。


坊主丸儲けの話です。
幾らかの明細が合って200万が必要だと明示されていますか。
貴家がそれを払えるレベルであると言う足元を見ての話と思います、
払えるのであれば納得をしてお支払になれば結構です。
200万円も入る現金封筒って有りません、
この世にそんな大金を包む人って無いからです。
寸志や謝礼ではないのですから『永代供養料』で良いと思います。
今の住職が亡くなって代が替われば冷たいものに成ります事を覚悟してお支払い下さい。
貧乏人の僻みとして申し上げました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
200万という金額は請求があったわけではございません。

お礼日時:2009/03/25 22:32

一般的に30万~50万程度ですが、高いですね。


永代供養料は普通の不祝儀袋でよいと思います。
なお、永代供養料を払っても、ある一定期間(例:33回忌忌~50回忌まで)納骨壇や棚に、骨壷などお骨を安置し管理しますが、その後お寺からの通知に対して遺族が放置していると無縁墓へ移されることがありますのでお寺に確認するとよいでしょう。

永代とは永久にではありません(一定期間)。
ちなみに、一般の墓の購入も一定期間で、墓を何年か借りる場合と同じことがあります(遺族が法要を放置すると墓を除けられ壊されたのを見たことがあります)

参考URL:http://www.ipot.co.jp/what.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
永代=永久だと思いこんでおりました。

お礼日時:2009/03/15 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墓の掘り起こしと永代供養の費用

私の祖父・祖母が眠っている墓についてです。宜しくお願いします。
お墓には祖父・祖母・その子供たち(3人)が入っています。跡継ぎの長男が永代供養をすると言い出しました。
お墓を掘り起こす費用と、永代供養の費用はいくら位かかりますか?

Aベストアンサー

寺です。
ココで聞いても、墓の大きさ・形状、原状回復工事のための立地条件、重機搬入可否の別、離壇の有無による離壇費用、永代供養料などさまざまなことがあり、条件により数十倍は異なるので参考になる答えは得られませんよ。
現状の墓所の使用条件のこともありますので、墓地管理者の寺院に聞かないといて見積もってもらうしかありません

Q永代供養について教えてください。 私は子供がおらず、私で墓じまいです。 永代供養って、本当に永代なん

永代供養について教えてください。
私は子供がおらず、私で墓じまいです。
永代供養って、本当に永代なんでしょうか?
そもそもそのお寺が亡くなったら、どうなるのでしょうか?
亡くなってしまってからは、金銭も払えないので結構お高いのですよね?相場ってお幾らぐらいでしょうか?同じような境遇の方、アドバイスをお願い致します。また、墓じまいの流れなどもご存じでしたらお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが思われている、永代とはどのくらいの年月なのでしょうか。

1回忌、3回忌、・・・・という法事に、お寺さんに1回あたりにお支払いする、お布施・お車代・御斎(おとき)あわせておいくら位になるとお考えですか?


お支払いになられる、永代供養料と比較して考えてください。


何となく、判ってきませんか?

Q永代供養の費用を納める際の表書きって???

お寺に永代供養の費用を納める際の表書きは、何て書けば良いのでしょうか???

Aベストアンサー

永代供養とは、今後も年頃に供養して弔ってもらうための費用です。
お布施は、その都度の御坊さんへのお礼ですから永代供養にはなじみません。
そのまま”永代供養料”と表書きすればよいでしょう。
なお、お布施に領収証は発行してもらえませんが、永代供養料は今後の供養を継続してもらうための証として、領収書を発行してもらえます。

Qのし袋の表書きについて

Wordで作成した文字をのし袋等(プリンタにセット出来ない用紙)に転写する方法がありましたら、教えて頂きたいのですが…

Aベストアンサー

手間のかかる方法でしたら、のし袋を広げて折り目にアイロンをかけ、位置を決めてコピー用紙にセロテープで貼り付け、コピー機に流してコピーします。

私は会社でこんなことをよくやって、職場の女性に叱られていました。こっそりやって、詰まってあわてたこともありました。

良い方法でなくてごめんなさい。

Q永代供養の費用

自分は 独身ですし兄夫婦にも子供がいません。
そこで 永代供養をどんなタイミングですればいいですか?
また 費用はどれくらい考えていたらいいのでしょうか?
高野山 真言宗です。
墓は 近くにあります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

檀家がいなくなれば…誰も相続しない墓は

無くなるから大丈夫です

死んだ後の心配は不要です

Qお見舞・のし袋の表書きについて

http://www.rakuten.co.jp/p-creation/462103/462163/#430240

↑の商品のような水引がないお見舞いののし袋を買ってきました。
(同じ物ではなく、お見舞のみで、お花などは無い物です。)

この様な袋の場合も、水引付きの祝儀袋に書くような感じに
お見舞の文字の下の方に名前を書いてしまって
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>お見舞の文字の下の方に名前を書いてしまって良いのでしょうか?


大丈夫です。
下記サイトが分かり易いです。
参考にして下さい。

http://www.maruai.co.jp/noshi_01/iwai-5.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111552576

Q永代供養とお布施

今、父の葬儀について考えています。私達家族には地元にお墓もなく、またお世話になっているお寺さんもありません。そこでたまたま相談にのって頂いたお寺さんで永代供養にするつもりです。

永代供養について質問がござます。あるサイトで、永代供養のメリットの説明として、“一度永代供養料を納めれば、使用料・管理料・お布施・寄付金等一切費用はかからない”と書いてありました。 永代供養といってもお寺さんにまかせっきりにはせず、年忌法要などはきちんとお寺さんに伺って供養するつもりです。そのような時、本当にお寺さんには何もお布施などは必要ないのでしょうか? お寺さんといえば何かあればお布施というイメージがあるため、実際のところどうなのか迷っています。

Aベストアンサー

No.1さんに引き続き、同じく坊さんです。

ご質問にお書きの永代供養の形態は、そのご覧になった寺院やHPサイトでの見解です。各寺院共通のことではありません。当方の近隣寺院を見ても場所によってかなり受け入れ形態も費用負担も異なります。
永代使用料は通常初回限りです。管理料等は寺院の規定によりばらばらですが、無いケースが多いでしょう。
個別の法要等の御布施は別です。寺院でまとめて行うケースでは必要ない場合もあります。
寄付金等も寺院ごとに異なり、あくまで檀家の一員になっていただく形態の場合には寄付金負担も生じます。
考えている寺院のケースに限って考えませんと間違えます。他と比較して同じと言うことはありません。それぞれのお寺ごとに取り扱いは異なります。
合掌

Qのし袋の表書き

大学を退官される先生の退官記念会にご招待されました。お祝いを包みますが、その際、のし袋の表書きは、どのように書いたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

「お祝い」 「退官お祝い」 「祝ご退官」などでしょう。

Q永代供養について

永代供養について皆さんに質問がございます。
今、父の永代供養を考えています。私達家族は現在愛知県に住んでいます。父の故郷である九州にお墓はあるのですがいろいろありそこには入りたくないということでした。 こちらにはお墓はありません。そこでこちらで葬式のときにお世話にあったお寺さんで、料金的なこともあり、永代供養にするつもりです。

永代供養について色々調べてみました。そしたら、永代供養にはお寺さんの儲け主義的な考えがあるなど批判的な考えがありました。みなさんはどう思いますか? 私は、結果として永代供養墓という形になりましたがもちろん法要などは伺って供養するつもりです。父のことは好きですし、気持ち的には普通のお墓参りの感じです。 永代供養はイメージはよくないのでしょうか?それぞれの考え方次第でしょうか?

Aベストアンサー

 坊主です。

>永代供養にはお寺さんの儲け主義的な考えがあるなど批判的な考えがありました
 この点に関しては、永代供養に限らず僧侶の活動全般について指摘されていることであり、私たち寺・僧侶の怠慢によるものでしょう。これは私たちが厳として受け止める必要があると思います。

 さて、永代供養墓が儲け主義という点に関しては、ある意味ではイエス、ある意味ではノーかと考えます。
 
 墓というものは寺と切り離せない関係にありますが、本来、純粋に仏教的なものではありません(そういったものも含めて日本仏教と呼ぶのかもしれませんが)。寺に墓地を造り、代価をいただいて墓碑建立・納骨を認めることは、本来の教義とは離れた儲け主義と呼ぶこともできるでしょう。

 永代供養墓が一般の墓に比べて、儲け主義かといえば私はそうは思いません。都市部では墓地は民間会社が経営しているものが多いですし、営利企業である以上当然ながら儲け主義です。
 ただ、例えば「毎月のご命日に読経します」と書いてあるのに、お参りに来られないのをいいことにそれを怠っているのであれば、それは問題です。この場合は儲け主義ではなく、契約違反・詐欺です。

 どのように取られるかはそれぞれだと思いますが、質問者様の文面からだと「お墓」と「永代供養墓」との違いを気になさっているように感じます。その点に関しては、大きな違いはないと私は考えます。

 最後に自己弁護になりますが、寺院の護持(特に増改築)にはかなりの費用がかかります。もちろん、檀家さんに協力をお願いするのですが、それだけでは足りない場合、なんらかの手段を講じる必要があります。その一つが永代供養墓なのかなと。「金儲け」と言われれば、その通りですが…。

 坊主です。

>永代供養にはお寺さんの儲け主義的な考えがあるなど批判的な考えがありました
 この点に関しては、永代供養に限らず僧侶の活動全般について指摘されていることであり、私たち寺・僧侶の怠慢によるものでしょう。これは私たちが厳として受け止める必要があると思います。

 さて、永代供養墓が儲け主義という点に関しては、ある意味ではイエス、ある意味ではノーかと考えます。
 
 墓というものは寺と切り離せない関係にありますが、本来、純粋に仏教的なものではありません(そういっ...続きを読む

Q永代供養について

私の父は長男で、今は実家の仏壇と墓を守っています。
ですが、父には私しか子供はおらず、私は嫁いだ身ですので、将来的に実家の仏壇・墓を守ることはできないかと思います。
父には弟がおり、その叔父には男の子供もいますが、叔父はどうやら「(将来的に)永代供養にすればいい」と言っているようです。
父の亡き後、自分、もしくは自分の子供達が仏壇・墓の面倒を見るつもりはない、ということだろうと思います。
※この話はつい先日父から聞きました。

そこで、父の亡き後、本当に叔父が永代供養の手続きをした場合、その後の法要(父や祖夫母の○回忌など)はどうなるのでしょうか??
嫁いだ身の私には(永代供養などに関して)口を出す権利は無いでしょうか?

Aベストアンサー

うちは私が一人っこで長男である主人に嫁ぎました。
主人の母と私の父が現存しています。
主人の父の法要は義母が
私の母は昨年亡くなり父が現在入院中のため私が執り行っています。

しかし将来的には
私たちが2件まとめて法要をしていくことになると思います。
当初は仏壇をどうするかだとか色々と考えましたが
結局のところ法要は残された家族の気持ちの問題だということが
だんだん分かってきました。
会社関連の人で縁故がまったくなく葬儀も出せない人もいれば
法要もない家族もいたり
親子で宗教が違うので親の死後改宗させるという人もいます。

どこまでするかは其其で違うし
みる人がいなければいたし方ないのかな、と思います。
tukimisato_aoiさんとご主人で話し合って
(今は家具調のコンパクトで可愛い仏壇がありますよ!)
法要をしても差し支えないのではないでしょうか?

墓の面倒というのは永代使用料の支払いのことかと思いますが
うちの母は「あんたがはらえなくなったら無縁仏でいいよ」といって
50年分先払いして墓を生前準備していました。
一人の私を気遣ってか当てにならないと思ったのかわかりませんが。

今現在生きている人がもめることのないよう
なるようにしかならない、と思い
子供にも責任はおしつけたくないので
3人の子供にも私も同じようにいう予定です。
私が永代使用料を払える分だけ払ったから
墓参りだけ覚えてたらよろしくね、
後はなるようでいいよ、と。

子供たちが私のように墓守と仏壇にしばられて
結婚に足踏みすることのないようにしたいと思っています。

うちは私が一人っこで長男である主人に嫁ぎました。
主人の母と私の父が現存しています。
主人の父の法要は義母が
私の母は昨年亡くなり父が現在入院中のため私が執り行っています。

しかし将来的には
私たちが2件まとめて法要をしていくことになると思います。
当初は仏壇をどうするかだとか色々と考えましたが
結局のところ法要は残された家族の気持ちの問題だということが
だんだん分かってきました。
会社関連の人で縁故がまったくなく葬儀も出せない人もいれば
法要もない家族もいたり
親子で宗...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報