痔になりやすい生活習慣とは?

linux初心者です。
あるソフトをインストールしようとしています。手引きを読むとXserverなるものを一旦停止しなければならないようで、
GNOMEであれば sudo /etc/init.d/gdm stop
KDEであれば  sudo /etc/init.d/kdm stop
を実行しなければならないようなんですが、
/etec/init.dにgdmあるいはkdmがありません。
ソフトウェアの追加と削除でgdmとkdmm、またXserverに関する全てのパッケージはインストール済みなんですが…
OSはFedora9です

linuxに詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> あるソフトをインストールしようとしています。



「あるソフト」だけでは何も解りませんが、
「runrevel 3 で実行しなさい」ということではないのでしょうか?

なお、Xserver動作は runrevel 5 です。

ターミナル(端末)でinit 3 を入力すれば Xserverはシャットダウンできます。

この回答への補足

返信有り難うございます。

CUDAというソフトをインストールしようとしていたのです。

おっしゃられるinit 3でやってみます。

補足日時:2009/03/28 21:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ランレベルを変更する方法を自分で探してみてやったら上手くいきました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/03/29 02:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qstartxうまいくいかない。

 こんばんは。
仮想環境でCentOSを使っている者です。
startxを打ってもGUIに行かず困っています。
打つと、下記エラーが出力されます。

xauth: creating new authority file /root/.serverauth.4052

Fatal server error:
Server is already active for display 0
If this server is no longer running, remove /tmp/.X0-lock
and start again.

仮想環境では
CentOS 5.0です。

ホストOSの環境です。
Windows XP SP3
Pentium4 2.66G
RAM 2G

どのようにすれば解決するでしょうか?

Aベストアンサー

> どのようにすれば解決するでしょうか?

解決の前に確認が必要です。

そのエラーは「すでにXサーバーが起動している」ということです。
つまり、すでにGUI環境なのにstartxを実行しているのでGUIに行けない状態です。

次のどちらか(または、どちらも)試してみるとどうなりますか。
1. init 3 と入力してモード変更して startx を試す。
2. テキストモードで起動して startx を試す。

Q画面が真っ黒のままです

しばらく作業をしないで放置していたところ、画面が真っ黒のままになってしまいました。
スクリーンセーブの機能だと思うんですが、
escやエンターや矢印キーを押しても画面が出てきません。

これを解除する方法はあるのでしょうか。
事前にコマンドを打っておくみたいなのはみつけたんですが
真っ黒になってしまってからではこれもできません・・・。
もしかしてカーネルがフリーズしていたりするのでしょうか。
XScreenSaverが悪さしてたりとか。。。ってどこかで見ました。
その場合は、どうにかしてPCの再起動しか手はないですか?
(そのどうにかして・・・がまたわかりませんが・・・)
何かよい方法がありましたら、お教えください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

#2で書かれていますが、Ctrl+Alt+BackSpaceキーでXサーバを再起動させることができます。
これは「マシンの再起動」ではありません。GUI画面をリセットして、GUIのログイン画面に戻るだけです。
(マシン自体の再起動は、大抵Ctrl+Alt+Delキーが割り当てられています)

また、#3で書かれているようにCtrl+Alt+F1~F6キーでいったんコンソール(CUI)画面に切り替え、Ctrl+Alt+F7キーで再度GUI画面に戻してみる、というのもいいかもしれません。

GUIの画面が復旧したら、スクリーンセーバーの設定を直しましょうね。

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Qテキストログインでstartxをして、またテキストに戻る時

TurboLinuxFUJIを使ってます。

ランレベル3でテキストログインして、startxでX window systemを起動してグラフィカルにして、GUI操作でいろいろして、さて作業をやめようかという時、どうやってテキストに戻るのですか?

GUIのメニューから終了をして(たぶんX window systemを終了してるんだと思う)、テキストの画面に戻ることはできるのですが、プロンプトが出るまでに1ページくらいぶん何かメッセージが出て、ダメなことをやってしまっているような気がします・・・。

Aベストアンサー

>GUIでCtrl+Alt+F1を押すと、テキスト画面になって、
>CDDに接続しようとしてdrive is not OK
>error! status -1
>だそうです。
>
>プロンプト(#)がでてきませんでした。

については、Ctrlキーを押しながらZキーを押してみてください。そしたら、プロンプトが表示されることと思います(それでもダメなら、Ctrl + C)。

>なぜCDDを読みに行ってるんだろう・・・。ちなみにCDDは外付けで今は接続してないので読みに行っても読めないのは当たり前なのです。

TurboLinuxは、他のLinuxディストリと違って一般ユーザも対象としていたりするため、時にお節介過ぎるほどにバックグラウンドでいろんなプログラムを動作させていたりします。私自身、インストール時以降はあまりDVDドライブなどを使用したりしない為、いつも以下のような設定をしています。

・「/etc/fstab」ファイル内で、fdやcdromの記述がある行の先頭に、#(→コメントアウトのこと。)を追加して上書き保存。
→これで、Liunx起動時に余計なマウント操作をしなくなる。
・「supermount」サービスを停止する。GUIでは、コントロールセンターの「サービス設定」画面よりチェックを外したり、コマンドからはchkconfigとかでも可。
→これで、「drive is not OK」などのエラーメッセージは出なくなると思います。

@IT総合トップ > テクノロジー > Linux Square > Linux Tips Index > システムサービスのランレベルを調べたり変更するには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/165changrunlv.html

もちろん、上記の設定をしていても、急に外部メディアを使用したくなった時には、root権限でmountやumountコマンドを利用すればOKです。

あと、私の環境下(FUJI SP3)でも、ランレベル3でテキストログイン後に、Ctrl+Alt+F1で仮想コンソールに抜けると、やはり質問内容のような警告が表示されました(kbuildsycocaによるWARNINGですね)。ただ、ランレベル5でグラフィカルログイン後に仮想コンソールへ行くと、Xが起動する直前の画面(→右側にOKがいくつも表示されているもの。)に戻ることが出来ましたので、どうしてもその表示が嫌なのなら、以下のサイトを元に「/etc/inittab」ファイルを修正して、グラフィカルログインを利用することをお勧めします。(最近のTurboでは、どちらのログインでもスピードに差は無いですし。)

それから、そもそも「仮想コンソール」というのは厳密にはF1だけでなく、F2からF6までのもデフォルト時には使用可能ですので(「/etc/inittab」ファイルの下の方に、mingettyの記述が6つあるはず。)、F1以外の仮想コンソールを使用するという手もあります(Ctrl+Alt+F2とか)。私は、メモリ節約の為に、こちらの方もいくつかコメントアウトしていますけども。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/theory10/theory10b.html

>GUIでCtrl+Alt+F1を押すと、テキスト画面になって、
>CDDに接続しようとしてdrive is not OK
>error! status -1
>だそうです。
>
>プロンプト(#)がでてきませんでした。

については、Ctrlキーを押しながらZキーを押してみてください。そしたら、プロンプトが表示されることと思います(それでもダメなら、Ctrl + C)。

>なぜCDDを読みに行ってるんだろう・・・。ちなみにCDDは外付けで今は接続してないので読みに行っても読めないのは当たり前なのです。

TurboLinuxは、他のLinuxディストリと違っ...続きを読む

QXwindowが起動しません(Redhat Linux 7.3)

Linuxに関しては初心者です.どなたか,解決方法をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします.

通常のユーザーとしてログインした後,startxでGNOMEデスクトップを起動させてその後の作業を行っていたのですが,一昨日,いつものようにstartxを行ったところ以下のエラーが表示されました.

Fatal server error :
PAM authentication failed, cannot start Xserver.
Perhaps you do not have console ownership?

When reporting a problem related to a server crash, please send the full server output, not just the last messages.
Please report to xfree86@xfree86.org.

giving up.
xinit: No such file or directory (err no 2): unable to connect to X server
xinit: No such process (err no 3): Server error.

Redhat7.3 Kernel2.4.20-8です.他に必要な情報があれば調べます.ネットでの検索などは行っていますがどのファイルやディレクトリを調べればよいかの見当がなかなかつかないのが現状です.宜しくお願い致します.

Linuxに関しては初心者です.どなたか,解決方法をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします.

通常のユーザーとしてログインした後,startxでGNOMEデスクトップを起動させてその後の作業を行っていたのですが,一昨日,いつものようにstartxを行ったところ以下のエラーが表示されました.

Fatal server error :
PAM authentication failed, cannot start Xserver.
Perhaps you do not have console ownership?

When reporting a problem related to a server crash, please send the full server...続きを読む

Aベストアンサー

これは参考になりませんか?

http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/49055

参考URL:http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/49055

Qgrepで検索文字列が完全一致した行だけ取り出す方法

grepの文字列検索で検索文字列が単語として、完全一致した行だけ取り出す方法はないでしょうか?

通常は
grep hoge hoge.txt

と打つと、hogeが含まれる行が出力されますが、今回は含まれる行ではなくて完全に文字列が一致した行だけ取り出したいのです。

例えばhoge.txtの中に
cc ghoge
kkl hogem
jjll hoge
という3行があったとしたら最後の行でhogeという文字が空白で区切られた行だけ取り出したいのです。

何かよい方法があれば教えてください

Aベストアンサー

-w オプションじゃだめですか?

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_grep/man1/grep.1.html

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

QリモートのサーバでXwindowを起動したり終了したりするには?

遠隔地にあるLinuxサーバにtelnetでloginしてXwindowを
安全に起動したり、終了したりすることは可能なのでしょうか?
なぜこのようなことをしたいかというと、遠隔値のサーバで動作するライブラリがXwindowが起動していることを要求しまして、このライブラリを実行するときだけXを起動して、実行しないときには起動したくないというわけです。
(リモートサーバで実行したxtermなどXのアプリをローカルのDISPLAYに表示するというのではありません。)

通常、ランレベル3で起動してLinuxでXwindowを起動するには、そのマシンのコンソールから
% startx
ってしますよね。でおわるにはGNOMEなりのメニューから終了とやります。
すこし実験したところ、リモートの端末からtelnetやsshでサーバにログインした状態で"startx"や"xinit"を実行するとサーバのモニタにXwindowが立ち上がるには立ち上がるのですが、xinitのプロセスをkillするとサーバのモニタが張り付いた状態になり、もとの文字だけのコンソール画面の状態にはもどらず、終了がうまくいかないのです。
この状態でもtelnetでの処理などには支障はなく、サーバのモニタだけが張り付いた状態になっています。さらに、再度xinitとやるとXがちゃんと立ち上がります。でもKillすると同じ状態に。。。

このままでもとりあえずは使えるのですが、画面が張り付いた状態で放置して問題ないのか?などきになる点はあります。はじめからランレベル6で起動すればという解もあるとは思いますが、ご意見お待ちします。

遠隔地にあるLinuxサーバにtelnetでloginしてXwindowを
安全に起動したり、終了したりすることは可能なのでしょうか?
なぜこのようなことをしたいかというと、遠隔値のサーバで動作するライブラリがXwindowが起動していることを要求しまして、このライブラリを実行するときだけXを起動して、実行しないときには起動したくないというわけです。
(リモートサーバで実行したxtermなどXのアプリをローカルのDISPLAYに表示するというのではありません。)

通常、ランレベル3で起動してLinuxでXwindowを起動するに...続きを読む

Aベストアンサー

Xが死んでるのにXの背景のままだということですね?

kill するときに -KILL とかつけてたりしませんか?-KILL だと、
後処理もできずに死んでしまうので、背景が残るかもしれません。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング