今年になって父を亡くしたのですが、「喪中には鳥居をくぐるな」等聞いたことがあるのですが守るべきことでしょうか?その他避けるべきことがあれば期間を含めて教えてください。尚、宗派は曹洞宗です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お悔やみ申し上げます。


先の方も回答されていますが、喪中には故人の関係者は
結婚式や婚約、結納などを交わしてはいけません。
また、知人の正式な披露宴への参加も控えなければいけないですね。

基本的には49日を過ぎるまでは、
転職などの新しい事柄への行動は、慎むべきだと言われています。

このあたりの差異は、お住まいの地域性もありますので、
その地域での風習も併せてご確認下さい。
    • good
    • 3

一般的なことで周知ですが、


新年の挨拶もしないですね。
年賀状をいただくことも、もらうこともしません。

重複になってすみません。
    • good
    • 3

まずはお悔やみ申し上げます。


「鳥居をくぐるな」の話は、神道をどのくらい信仰しているかに関わると思います。神道では死にまつわるケガレを嫌うので、喪中の者は神社に来るな、という趣旨でしょう。そんなことはどーでもいいと思うのなら鳥居をくぐってもいいのでしょうが、ほんとうにどーでもいいならそもそも神社を訪れる必要はありませんよね。訪れさせていただく以上、向こうさんの言い分は聞いておいたほうがいいと思います。
わたしのところは門前町のため、神社に近寄らずに行動するのは難しく、喪中の1年間はいろいろ苦労しましたが、意識してそのように行動することで亡き者のことを常に想い、哀悼の念を深めることができたと思います。鳥居以外の喪中の禁忌にも、そのような意味があるのではないでしょうか。
    • good
    • 1

一般的な例です。



忌服
かつて家族から死者がでた場合、遺された家族もけがれていると見做されました。そうした死のけがれが去らない期間を「忌中」といい、けがれが去った時点を「忌明け」と呼びました。仏教では四十九日忌法要までがこの期間にあたります。
忌中の期間には結婚式などおめでたい席にはでないほうがよいとされています。
忌明け以降は、おめでたい席への出席もいっこうにかまいませんが、喪中の間は自分の側から結婚式などのめでたい行事を主催するのは控えた方がよいとされています。
服喪期間は一年間とされていますので、必ず正月を迎えます。喪中に迎えた正月は、例年のようなしめ飾り、鏡餅など正月用の飾りははぶき、初詣でなどの正月行事は控えます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妻の母が嫌いです

産後3週間経ちましたが、妻の母が嫌いです。我慢できないので、会わないようにしてます。嫌いな原因は、
(1)5月10日に出産予定なのに、5月2日だと勘違いして私の家に来たこと。そして毎日、15時から21時まで滞在し、私が早く帰宅しても帰るそぶりもないこと。疲れが取れませんでした。出産は21日と遅れましたので、20日間、その生活が続きました。ちなみに妻は里帰り出産はしてません。癒される場所の方がいいそうです。また、妻の実家は部屋で犬を飼っていることも理由です。
(2)妻の母は酒のつまみのようなご飯しか作れません。なので、胃袋は満たされませんでした。
(3)わけのかからない衝動買いをし、食べきれない量の食材やクッションやマットを買ってきます。妻はストレス発散と言います。
(4)出産後、病院に毎日、午後の3時~9時半まで来たこと。私も仕事帰りに病院に行ったのですが、毎日同じ時間に妻の母がいるので、妻と何も話せなかったこと。やっと2人きりになれたら、面会時間が終わりなので、看護師さんに追い出されました。寂しかったです。
病院に入院中は、必要なものを買ってくるぐらいで、あとは病院の看護師さんがみてくれるので、何時間も滞在することは必要ないと思います。居てもしょうがないと思います。なのに、毎日、居候のように居ました。
(5)退院後、2週間まで、私と妻の家に毎日、14時~21時まで来ました。さすがに私も産後の妻の精神状態や疲れを思い我慢しようと思いましたが、辛かったので頭にきて、妻に、昼間にきてもらうように条件を付けて頼みました。妻は夕方がいいと言いましたが、止めてもらいました。赤ちゃんも夜型になるので、昼間のほうがいいと思うし。
(6)妻の母が昼間に来るのはいいですが、私が1ヵ月半もの間、炊事、洗濯、買い物その他全てをしてますので、妻の母は何もすることがありません。なので、妻の母は妻のマッサージと夜食の買出し、そして無駄な食べきれない食材を買って冷蔵庫に入れてあります。その無駄な食材がもったいなくて腹が立ちます。
(7)1ヶ月半過ぎ、妻の母の旦那のお世話はいいのですか?と実家に帰らないことを気遣うと、全く必要ありません。旦那はメル友ですから…と言います。もしくはどうせ放浪の旅に出るからと言います。自分の旦那さんを1月半もほったらかしで、気にかけるそぶりもないのが他人の家庭とはいえ、許せません。
(8)産後、3週間経過しましたが、私の家に通う毎日を終える気配がありません。耐え難い苦痛です。しかも何もしてないのですから。
色々言いましたが、率直に言うと、妻の母は私に対しての気遣いと配慮が全くありません。それが最大の嫌いな理由です。
そして、私が炊事を始めると、手伝いましょうかといってきます。私にしてみれば、手伝いましょうかと言うくらいなら、その前にしてくれればいいと思います。そのように言われることが嫌なので、妻の母の前では何も私はやりたくありません。
私は限度を超えたので、何度か妻の母に冷たい態度をしたことがありますので、嫌われていると悩んでいると妻は言います。そして妻は私が妻の母を嫌いになったことを悩んでます。余計な悩みを産後の妻にぶつけてしまい、妻に申し訳ないと思ってますが、この先、穏便な解決策はありますか? 今は昼だけにしてもらっているので、会うことはありません。無駄な食材が日に日に増すばかりです。
ちなみに、今でも毎日、私は掃除洗濯、買い物、炊事、あかちゃんの沐浴をし、出来るときはオムツ買えに泣いたら抱っこなどしております。
あと少し、あと少し我慢すべきと今は心に誓い、耐えてますが、それが最善の策ですかね?ちなみに私の母もそのせいで子供を見に来ることができません。それも可愛そうです。
※妻と私の母はすごく仲良しです。

産後3週間経ちましたが、妻の母が嫌いです。我慢できないので、会わないようにしてます。嫌いな原因は、
(1)5月10日に出産予定なのに、5月2日だと勘違いして私の家に来たこと。そして毎日、15時から21時まで滞在し、私が早く帰宅しても帰るそぶりもないこと。疲れが取れませんでした。出産は21日と遅れましたので、20日間、その生活が続きました。ちなみに妻は里帰り出産はしてません。癒される場所の方がいいそうです。また、妻の実家は部屋で犬を飼っていることも理由です。
(2)妻の母は酒のつ...続きを読む

Aベストアンサー

33歳既婚女性です。
これは相当大変ですね…。価値観の違う人と家族づきあいをしなければならないのは、本当にストレスが溜まると思います。
何より、義母さまを擁護する発言が多いのに驚きです。

もしも義母がこういうタイプの人なら、私なら鬱病になってしまいそうです。私は人一倍、家が好きで、夫と二人の時間を大切にしていて、居心地のいい部屋でダラッとすることが、毎日の生活において必要不可欠なので。

私のイトコは、夫が鬱病になったことで子供を連れて離婚してるんですが、叔母(イトコの母)が、質問者さんの義母さんと似たタイプの人でした。
離婚した原因は「旦那さんの鬱病」ということでしたが、客観的に見たら「叔母さん、出しゃばりすぎ!そりゃ旦那さんも病気になるって!」って感じでした。

イトコは叔母さんの言いなりで離婚しましたが、最近、母親の言うことを聞いていたら自分が不幸になると気づき始めたようで、自分の考えで行動するようになったらしく、叔母さんは「娘が最近冷たい」と嘆いていました。

私もそうなんですが、質問者さんは不満を溜め込んで、一気に爆発させるタイプではないでしょうか?
奥様の体調を第一に考え、家事も何もかも全部やってくれて、お義母さまにはそこまでされても(本人には)文句を言わない…まさに「憧れのステキなだんな様」ですが、そこまで頑張らなくてもいいと思います。
自然にできてるならいいですが、結局それでストレスが溜まってるんですよね?ならちょっと頑張りすぎです。このままでは鬱病になってしまいそうです。

よく「いきなり絶交を切り出す人」っていますよね。本人は不満を溜め込んだ末に爆発させたんだろうけど、相手にしてみたら「そんな風に思ってたなんて、全然気づかなかった!」「なんでその都度言ってくれなかったの!?」「結局、言う勇気がなかっただけでしょ」って感じです。

家族も人間関係なので、不満は小出しにしていかないと、関係も育っていきません。不満を溜め込めば、いつか必ず破綻が来ます。
お義母さまが気に障ることをしてきたら、そんなに思いつめず、もっと素朴に、あくまでも明るく(←これ大事)、思ったことを伝えていいんじゃないですか?

「うわ、勝手に部屋のレイアウト変わってる!ちょっとお義母さん、ひどくないですかぁ?僕はこの位置が気に入ってたのに。僕がお風呂から上がるまでにちゃんと戻しといてくださいよ。じゃないと出ていってもらいますよ」
「うわ、食材多すぎ!お義母さん、これ誰が食べるんですか?言っとくけど僕は無理ですよ。これとこれはありがたく頂いておきますけど、あとは絶対に持って帰ってくださいよ。じゃないと捨てますよ!腐らせるのイヤなんで」
※でも食材を山のように買ってくるっていうのは、ちょっと泣けました…母の愛ですね~。でも腐らせるのは勿体ないので、厳しめに言っていいと思います。注意することも愛なので。

口に出して伝えることで、お義母さまも反逆してくるかもしれませんが、人間って小さな小競り合いを繰り返して関係を築いていくものです。
傷つけたくない一心で我慢しても、結局こんなことになってるわけで…。誰も幸せになれてないじゃないですか~。
話し合うという努力をせずに、「もう顔も見たくない」気持ちになるなんて、勇気がないなと思います。相手を嫌いになる前に、もう少し努力する余地はあるんじゃないでしょうか。

あと、奥様にも、もっと弱音を吐いていいと思います。じゃないと伝わらないので、解決しないです。夫婦の成長のためにも。

「お義母さんのこと嫌いじゃないけど、僕は夫婦二人の生活を大切にしたいタイプだから、やっぱりストレスなんだ。もっと二人でラブラブでいたいな。もちろんその分、家事は手伝うし、話もいっぱい聞くよ!来るなって言ってるんじゃない、もう少し減らせないかな?」

質問者さま自身、とても思い遣りにあふれた優しい人のようですし、きっと「子供ができたら協力して育てよう!」という夢もお持ちだったと思います。
今のがんばり(お義母さまを嫌いじゃないふりをしてることも含めて)はすべて、奥様を気遣うゆえの行動だと思いますが、今のままでは「妻の母を黙って嫌う冷ややかな夫」もしくは「鬱病っぽくなっていつも暗い夫」になってしまいます。
それなら、「しょっちゅう喧嘩もするけど笑いのたえない明るい夫」の方がいいと思いませんか?
喧嘩ができるのは、相手を大切に思っている証拠ですから…。

質問者さんの想像する「理想の旦那さま像」からは少し離れてしまうかもしれませんが、もっともっと思っていることを口にしていかないと、いつか奥様本人を嫌いになってしまいそうで恐いです。
また奥様も、質問者さんの考えていることが判らなくてオロオロした末に、徐々に本音で話せるお母さまの味方になっていくと思います。

気持ちを伝えるコツは、あくまでも明るく、冗談をまじえること。
家庭をもったのに、勝手に思いつめて一人で爆発しない賢さをもつ夫。
言い争っても「喧嘩」にならずに「話し合い」をしてくれる、もちろん絶対にDVにならないよう自分をコントロールできる、本当の意味で強い夫。
それが結局は、妻にとっては「理想の夫」なのだと思います。

33歳既婚女性です。
これは相当大変ですね…。価値観の違う人と家族づきあいをしなければならないのは、本当にストレスが溜まると思います。
何より、義母さまを擁護する発言が多いのに驚きです。

もしも義母がこういうタイプの人なら、私なら鬱病になってしまいそうです。私は人一倍、家が好きで、夫と二人の時間を大切にしていて、居心地のいい部屋でダラッとすることが、毎日の生活において必要不可欠なので。

私のイトコは、夫が鬱病になったことで子供を連れて離婚してるんですが、叔母(イトコの母)...続きを読む

Q七五三で2回鳥居をくぐってはいけませんか?

こんばんわ。
今年の11月に長男の七五三を予定しております。
が、私(母親です)の方の両親と祖父母(息子にとっては曾祖父母)と一緒に行って御祈祷してもらう予定だったところ、数週間後に姑が神社へ連れて行きたいと言い出しました。
曾祖母が七五三で同じ鳥居を二回くぐってはダメだ、と言うのですが本当なのでしょうか?
姑と行く時は御祈祷をしてもらう予定ではないのですが・・
衣装を着て鳥居をくぐる事があまり良くないことなのでしょうか?
それとも同じ神社、鳥居でなければ大丈夫なのでしょうか?
根拠のない“迷信”であったとしても、主人は何となく嫌だと言っています。
私としては、うちの曾祖母が思い込んでいるだけの事だと姑にも悪いし・・と思うので悩んでいます。
自分なりに調べてはいますが、日にちが迫ってきたのでどなたかご存知の方教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

神社の神主をやっている者です。
七五三で鳥居を2回通ってはいけないという話は私の周りでは聞いた事はありません。
基本的に鳥居は俗界と聖域を分ける門のようなものなので何度通っても差し支え無いはずです。
ただ、七五三は本来神社で祝うのではなく、各家庭や地域で祝った通過儀礼のひとつで、それが江戸時代になると神社仏閣へ行き、子供の成長を神仏に感謝すると共に今後も健やかに成長するよう祈願するようになったものです。
その為、七五三でも地域差がかなりあり、それぞれ微妙に異なっていたりします。(多いのは男女3歳、男5歳、女7歳だったり、女3歳、7歳、男5歳だったり、十三詣をしたりと、地域や各家庭で様々です)
曾祖母様の「同じ鳥居を2回通ってはいけない」というのはその方の住んでいらっしゃる地域ではそういうしきたりになっているのだと思います。
その場合、神社側ではOKでもその地域のしきたりの方を重視した方が良いでしょう。
根拠の無い迷信とお思いでしょうが、その地域にはその地域で何らかの根拠がある上でしきたりがある訳ですので、曾祖母様の言うとおりにした方がよろしいかも知れません。
但し、住んでいる地域が異なる場合では問題はないと思いますので(民間習俗は地域が異なると意味をなさない物もあります)遠方に住んでいるのなら、ご家族のご判断で決めて構いません。
とりあえず神社側の方でダメということはありませんので安心して下さい。

神社の神主をやっている者です。
七五三で鳥居を2回通ってはいけないという話は私の周りでは聞いた事はありません。
基本的に鳥居は俗界と聖域を分ける門のようなものなので何度通っても差し支え無いはずです。
ただ、七五三は本来神社で祝うのではなく、各家庭や地域で祝った通過儀礼のひとつで、それが江戸時代になると神社仏閣へ行き、子供の成長を神仏に感謝すると共に今後も健やかに成長するよう祈願するようになったものです。
その為、七五三でも地域差がかなりあり、それぞれ微妙に異なっていたりし...続きを読む

Q事情があり妻の氏にしたいのですがその場合は妻の母と養子縁組の必要がある

事情があり妻の氏にしたいのですがその場合は妻の母と養子縁組の必要があると聞きました。
その方法以外に妻の氏に変更する方法は本当にないのでしょうか?
私には実家に実母がおり家・建物があります。私は長男ですがもし妻の母と養子縁組をすると、実母が亡くなった場合は遺産の相続権利は消滅するのでしょうか?
よろしくお教え願います。

Aベストアンサー

>その方法以外に妻の氏に変更する方法…

いったん離婚届を出してのち、再び婚姻届で女性側の姓を選択。
同一ペアの場合、女性側に 6ヶ月再婚禁止規定は適用されません。

>私は長男ですがもし妻の母と養子縁組をすると…

離婚→再婚なら、姓を女性側とするだけで、舅・姑との養子縁組は必須事項ではありません。

>実母が亡くなった場合は遺産の相続権利は消滅するのでしょうか…

百歩譲って養子縁組をしたとしても、「特別養子」でない限り、実親との関係まで絶たれるわけではありません。

Q鳥居をくぐる際の注意点について

知り合いにある有名な神社の近くに住む人がいます。
その人は女性ですが、幼い頃から父親と神社にお参りに行き、
鳥居をくぐる際に生理かどうか聴かれたそうです。

生理でなければ、鳥居をくぐって良しとされ、
生理ならば、鳥居の外を通るというのです。

これはその人だけにしか聴いたことがありません。

こういったことはどのような意味合いを持つのでしょうか?
また、そもそもこんな仕来りやマナー、習わしなどあるのでしょうか?

ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

確かに昔は生理を忌む風習がありました。女性は生理の間忌み屋にこもり世間と触れないようにしたのです。
でも今では男社会の神職も、むかしは女性社会だったのです。神の声を聞き託宣を下すのは女性でした。
だから昔は閉経後の女性が物忌みとして託宣を下す役をしていたのです。
しかし考えてみてください。今の世の中、境内に住まいをもつ神主も少なくありません。
となればその家の娘はどうなるでしょう。生理の間家にも帰れなくなるし、神主の奥さんは毎月境内から出ることになります。
それに女性の神主も居ます。彼女たちは毎月一週間は休業でしょうか?

確かに今でも厳しく制限しているところもありますけど、すべてではありません。
それに一般参拝と昇殿参拝では全く違います。
今でこそ参拝といえば拝殿前でのことを言いますが、本来「参拝」というのは昇殿参拝のことを良い、様々な作法は昇殿参拝のための作法です。その証拠に神社本庁サイトの参拝のページを見て御覧なさい、参拝法として正座しています。
私たちが日頃行っているのは略式の参拝というか単なる挨拶でしかありません。略式の参拝、或いは自由参拝と呼ばれるものです。従って決まった作法もありません。現在作法だと言われているのは戦後に神社本庁が、昇殿参拝を原型として示した参考例なのです。そして昇殿参拝の作法も明治時代に作られた神職の式次第を元に作られたものです。
戦中まで決まった自由参拝の作法などありませんでした。だから手を合わせるだけでも参拝は成立します。鈴も賽銭も要りません。
更に戦中戦前は各地に遥拝所があり、特に戦中は靖国のよう排除が造られ、靖国や伊勢の神宮に向かって一礼する、或いは手を合わせるだけでも参拝したのと同じことだったのです。

厳密に言えば生理中は参拝を控えるのが風習です。でも鳥居の外からでも参拝は成立します。更に昇殿参拝や祭礼の際にみこしを担ぐ参加者や接待をしないという決まりごともあります。でも街道で見るのは関係ありません。それは行き過ぎというものです。
おおらかに考えれば、神職の家族だって境内に住んでいることもあるのだから、自由参拝は関係ないということもできます。

ちなみに男性でも怪我をしたりした場合は避けますよ。地域によっては祭礼の準備期間、潔斎期間は髭すらそらないし刃物も持たないというところもあります。つまり切り傷などが治らないうちの参拝は禁忌なのです。
でも祭礼の前に酒を飲んで、祭礼でけが人や死者が出ているのに続けている愚かな祭りも多いことも確かですけれどね。

確かに昔は生理を忌む風習がありました。女性は生理の間忌み屋にこもり世間と触れないようにしたのです。
でも今では男社会の神職も、むかしは女性社会だったのです。神の声を聞き託宣を下すのは女性でした。
だから昔は閉経後の女性が物忌みとして託宣を下す役をしていたのです。
しかし考えてみてください。今の世の中、境内に住まいをもつ神主も少なくありません。
となればその家の娘はどうなるでしょう。生理の間家にも帰れなくなるし、神主の奥さんは毎月境内から出ることになります。
それに女性の神主も居...続きを読む

Q離婚で、妻の母の損害金を請求されてます

離婚する事になりました。
家族構成は、私、妻、妻の母(62)、子供2人(8.3)です。
結婚後一年位に、夫婦で飲食店を開業する為に、当時一人目の子供(10ヶ月)の世話をしてくれる為に、死別で片親だった妻の母が広島から来てくれました。
その時妻の母は持ち家でパート生活(月収13万)、仕事を辞めて来てくれました。
持ち家にはその後妻の妹夫婦が住んでいます。
同居して3年くらいの時2人目の子供が出来妻は店を離れ、4年半でお店を閉店し、その後私は会社員です。
同居して6年位の時、妻がパートに行くようになり、それから妻の母に下の子の世話をしてもらっている状況です。
妻の母からも住んでいる家賃の三分の一の三万を負担して貰ってました。同居期間は8年位です。
3年位前から子供の教育のやり方で私と妻の関係が悪くなり、セックスレスにもなり、昨年末に離婚する事になりました。
もちろん、養育費は払おうと思っていましたが、妻側からそれ以外で、妻の母が孫の世話できていなければ、家賃代3万×8年分、パートの月給13万×8年分、引っ越し代10万、計約1500万の損失があるから払いなさいと請求してきました。
離婚の原因は浮気やDVではなく、性格の不一致です。
このお金は払わなければいけないのですが?
もし支払わなければいけないとして妥当ですか?
私の収入は年間300万位、貯金は小遣い制だったので10万位しかありません。
長くなりましたが、宜しくお願い致します。

離婚する事になりました。
家族構成は、私、妻、妻の母(62)、子供2人(8.3)です。
結婚後一年位に、夫婦で飲食店を開業する為に、当時一人目の子供(10ヶ月)の世話をしてくれる為に、死別で片親だった妻の母が広島から来てくれました。
その時妻の母は持ち家でパート生活(月収13万)、仕事を辞めて来てくれました。
持ち家にはその後妻の妹夫婦が住んでいます。
同居して3年くらいの時2人目の子供が出来妻は店を離れ、4年半でお店を閉店し、その後私は会社員です。
同居して6年位の時、妻がパートに行くようになり、...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと興味深い書き込みなので回答を書かせてもらいます。
金額が適正かどうかは別にして、義母さんにお世話になったことは間違いありません。
例えば引越し代ぐらいは出せよ・・というのはわかります。
出し手はあなたではなく、あなた方夫婦です。
なぜなら離婚することになった・・と離婚した・・・は大きく違うからです。
支払う原資はあなたたち二人が築いた財産(預金など)からです。

もし離婚後ならばあなたに支払い義務はありません。
なぜならこれら財産処分も含めて包括的に合意したから離婚が成立したと考えられるからです。

そもそも離婚とは双方が合意して別れるのが基本で、慰謝料は存在しません。
財産はあなたが結婚前に持っていた財産と今残っている財産の差額、奥さんも同じですが、これを合計したものを婚姻後に形成した財産と考えます。
この財産を形成するには二人の収入から、いただいたもの、あげたもの、食べたもの、着た物・・・ありとあらゆる収支があったわけですが、今ある共有財産(名義は関係ありません)が、その収支の結果です。
もちろん折半するわけですが、離婚にあたって夫婦としての他人への貸しや借りを清算する必要があるので、もし義母さんにお世話になったというのを「借り」と判断すれば返さなければなりません。
しかし、法的に特別な約束があってあなたたちの元に来られたわけではないので、引越し・移動程度の費用は支払っても家賃・パート代などは支払い義務はないと言わざるを得ませんね。
なぜなら家賃は自分も住んでいた、同居中は収入がないのにちゃんと食べていた(おそらくあなたたちの稼ぎで)ので、これらが相殺になりますが現実問題としては計算しようがないですね。

私の感覚では、お母さんにはお礼(口頭)を言い、引越し代10万円を渡し、あなたは裸一貫で出直せばいいのではないかと思います。

ちょっと興味深い書き込みなので回答を書かせてもらいます。
金額が適正かどうかは別にして、義母さんにお世話になったことは間違いありません。
例えば引越し代ぐらいは出せよ・・というのはわかります。
出し手はあなたではなく、あなた方夫婦です。
なぜなら離婚することになった・・と離婚した・・・は大きく違うからです。
支払う原資はあなたたち二人が築いた財産(預金など)からです。

もし離婚後ならばあなたに支払い義務はありません。
なぜならこれら財産処分も含めて包括的に合意したから離婚が成立...続きを読む

Q亡くなった親戚への喪中ハガキ

お世話になります。
検索しましたが、該当質問がなかったので質問させて頂きます。

今年、私の母と、叔父がなくなりました。
(母と叔父の住まいは全く別です)
亡くなった叔父には毎年年賀状を出していました。
叔父の長男から私宛に喪中ハガキが届きました。
叔父の長男とは過去に年賀状のやり取りもなく、また今後もないと思います。
私から、叔父の長男宛てに喪中ハガキを出すべきでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的に喪中はがき(年賀欠礼状)は年賀状のやり取りがあった方へのものと認識しております。
そのお従兄妹様と年賀状のやり取りがなくても、叔父様ご夫婦とやり取りがあったのであれば出されるべきだと思いますし、それも無いのであれば、周知のことと割り切り出さなくても間違いではないと思います。
ただ、ご親戚同士のこと、あちらは出してこられているのですからその1枚で悩むならお出しになった方が宜しいのではないでしょうか。

Q家を建て直し妻の母と同居。贈与税、共有名義について

建て直し総額約3500万円。
そのうち1400万円が母から出ます。
既になくなっている妻の父・弟の遺産+妻の母の預金を出してくれます。
また、妻が1100万円(父、弟の遺産700万円+妻の預金400万円)出します。
残りの1000万円は住宅ローンを組みます。

贈与税はどのようになりますか?
名義はどうしたらいいですか?

ローンの審査は通っています。
着工2013年8月、入居12月の予定です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に考えると妻の母14/35 、妻11/35、住宅ローンの返済者10/35の持ち分すれば全く問題はありません。
贈与税は一切かかりません。

後は、直系尊属から住宅取得等資金の贈与の非課税枠を使えば、妻の母の持ち分を減らし妻の持ち分を贈与税の支払い無く増やすことができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm


妻の母が65歳以上なら相続時精算制度を使えば、母の持ち分を全て妻にする事は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

Q亡くなった姉の嫁ぎ先から喪中のハガキが・・・

今年の4月に姉が亡くなりました。
嫁ぎ先から喪中のハガキが届きました。
私宛には旦那さんから、両親宛には旦那さんの両親からです。
通常は身内には出さないんではないんですか!!
どうも納得がいきません!!
これってどうなんでしょうか?
宗派とか関係あるのでしょうか?
分かる範囲内で宜しいので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは(^。^)

icchan_76さんのように考える方もいらっしゃるのですね。

わたしの周囲では#2の方と同じで、年賀状や喪中はがきのやりとりは「家と家」との考えに基づいてしていることが多いので、そのようなケース(嫁いだ姉妹の逝去)であれば、喪中はがきは来ると思います。

嫁いだお姉さんの逝去はご主人の家(ご主人、ご主人の両親)の不幸とみならされます。亡くなったお姉さんからすれば、夫は配偶者ですし、姻族とはいえ義父母は1親等となり、血縁はあっても兄弟姉妹は2親等です。

icchan_76さんも結婚されて夫の姓を名乗っているのなら、なおさらハガキは届くかと思います。

Q戸籍?の閲覧 妻の母が怖い

私は現在32才、妻と2歳の子供と生活しております。妻の母は精神的におかしい人で、これまでいろいろ問題を起こし、妻の母とは縁を切りました。しかし、現在の住所を知られてしまい、家に押し掛けて嫌がらせをするようになり、先月は警察を呼ぶ騒ぎにもなりました。
私の職場にも嫌がらせをするようになり、とうとう来月末で退職せざるを得なくなりました。
現在、転職と引っ越しを考えて居ますが、警察の方が引っ越しをしても妻の母は引っ越し先を知ることが出来るとおっしゃっていました。役所で戸籍?を閲覧できるからと言ってましたが、本当でしょうか?
そんなこと可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

戸籍には戸籍の附表というのがあるのですが、これには今住民票の移動についてすべて記載されているんですよ。
これを確認すれば住民票上の住所はわかってしまいます。

今年の6月から住民票や戸籍を取得するには住民票上の人や戸籍上の人じゃないと取得できなくなったのですが、母親で委任状を偽造すれば簡単に取得できてしまいます。
これについては役所に言って戸籍や住民票を記載されている人以外の人が出そうとして場合は連絡をくれるようになど相談に行ったほうがいいかもしれません。
そうすると役場の人も多少は注意してくれますので。

Q亡くなった人宛に喪中はがきが届いた

今年の5月に母が亡くなりました。
近しい母の友人の方にはお知らせしたのですが、私の知らない母の友人(?)から母宛にその方の旦那様が亡くなったとの喪中はがきが届きました。
母とその方がどれほどのおつきあいだったのか全くわかりません。
その場合、どのように母のことを知らせればよいのかわかりません。
父は自分が送る喪中はがきをそのまま送ればいい。といいますがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>父は自分が送る喪中はがきをそのまま送ればいい。といいますがいいのでしょうか?

先方様の連絡先がわからなかったために、お母様が亡くなったことをお知らせできなかったことを詫びる一文を喪中はがきに付け加えてもいいと思います。
どの程度のお付き合いをされていたのかわからないということですので、今回はとりあえず簡潔にお知らせしておいて、もし先方様からお母様について何か聞かれたら答える、ぐらいでいいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報