輸入車(乗用車、ミニバン、コンパクトカーなど)は国産車より車酔いしにくいと聞いていますがそれは本当ですか?輸入車ユーザーの皆さん!車酔いしやすい方(家族や友達、特に子供がいらっしゃる方)の輸入車に乗ってみてどんな感想(車酔いがあるかしないか)に聞きたい!よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

まず、ミニバンですが、これは、高級車、輸入車関係なく、酔い易い車が多いですが、酔いにくい車もあります。

悪い点は、車自体がふわふわしている点です。段差があると、いつまでも上下に揺れている感じがある車があります。よい点は視界が開けているところです。運転の状況がわかるので、カーブなどで身構えられるので酔いにくいです。

視界が開けているといえば、ベンツは後部座席に座ると、乗用車でも視界が開けています。国産車は割りと、運転席と同じ目線なので、前の席が邪魔で前が見えにくいですが、ベンツは後部座席でも前が見えます。この点を言えば、酔いにくいのかもしれません。ただ、他の輸入車の後部座席は乗ったことがあまりない(基本的に前の席が好きな)ので、他社がどうかまでは比較できませんが。
    • good
    • 2

車に詳しくないため、輸入か国産かなどわかりません。


またその時の車種も覚えていませんが、
一度知人の車(高級車?良い車と言っていた)に乗ったときは、
加速や減速時の“ぐん”とした圧力(私は前Gとか横Gとか呼んでいますが/笑)
で物凄く酔ってしまいました。
その車に乗ったのはその時一度きりです(持ち主がワゴンに変えたため)が、
その時、良い車ほど逆に酔い易い、安い車の方が酔わない、
と思いました。
要するに、車が持っている馬力の関係ですかね。
あとは酔い易い私としては(これでも子供時代を考えればかなり強くなりましたが。昔はエレベーターでも酔ったので)
バスやタクシーなんかは匂いが酷いので、
車の傍に行くだけで気持ち悪くなってしまいます。
余談でした。^^
    • good
    • 1

酔うメカニズムは、目からの情報と三半規管の情報の食い違いや、


自然な状態では起こらない揺れに対する反応と言われています。

乗用車よりバスが、あるいは小型の船舶が酔いやすいのは、
静止したときの重力とは異なる加速度が間断なく加わる、
要するに、ゆっさゆっさと揺れるからです。
この、ゆっさゆっさが少なければ、酔いにくいといえるでしょう。

揺れは、車体の傾きやすさと、揺れが収まる力(減衰力)、
車体のよじれやすさ等によって、大きく変化します。
このバランスが良い車ほど、酔いにくいといえるでしょう。

後部座席の酔いにくさと言う点では、筆頭が独車です。
アウトバーンを安定して走れる性能(足回り)を与えた結果、
(VWの小型車ですら)酔いにくい車に仕上がっています。
仏車はややロールを許容するので、カーブが連続するような道では
やや酔いやすいでしょう。

国産車でひどいのが、ミニバンなどの背が高い車や、比較的大きい前輪駆動車です。
重量物が前に集中するためお尻をひょこひょこ振りやすく、その足回りの性能不足を、
足を硬くし、また、ロール軸を低くすることで補った結果、
乗り心地がゴツゴツするのに揺れが続くという悲惨なものが多いです。

意外に思われるかも知れませんが、日本車では、オープンカーやスポーツカー、
その対極に見える、クラウンやフーガに代表されるオヤジ車(大きめのセダン)が
『酔いにくさ』の点で比較的優れています。

ちなみに、私自身はVWのEOSに乗っています。
この車は低速ではゴツゴツした印象がありますが、
速度を上げるにつれてフラットになる印象があります。
自動車専用道での旅行は、渋滞が無い限り快適です。
    • good
    • 0

車酔いをしますが輸入車と言うよりかは運転の仕方と臭いに左右される事が多いです。


後は体調とかもあります。
自分と同じ車でも車両の状態や運転手によっては酔います。

足回りが柔らかく揺れの収まりが悪いクルマだと酔い易い気もします。
そういった意味では輸入車の方が足回りがしっかりしている車が多いかもしれませんね。
(全ての輸入車に当てはまるのわけではないですよ)
    • good
    • 0

私も車酔いし易いタイプで、自分自身が運転し始めてからは、それ程酔う事もありませんが、未だにバスなどでは酔ってしまいます。




掲題の輸入車が酔い難いのか?との事ですが、これは半々と言った所です。
今現在、シトロエンのC3プルリエル、BMWのZ4、ローバーのミニに乗っておりますが、この3社では全く性格が変わってしまうからです。端的に言いまして、「輸入車」だから車酔いし難いとは言えないという事です。


さて。
車酔いの基本は、自分自身の認識と車の動きが違う、という事に集約されます。目で見た情報や平衡感覚と、実際の車の動きが違う方が酔い易いんですね。
よく前席に座れば、酔わないなんて言う方がいらっしゃいますが、これが良い例ですね。視覚情報が後席に比べて多い前席は、やはり認識の違いが生まれ難い為、酔い難い訳ですね。

バスで酔い易い理由は、まさにそんなトコロでしょう。ホイールベースの長いバスは、乗り心地自体は良いのですが、逆に言えば終止、長いホイールベースの揺れにさらされ続けており、自分の認識と違った感覚にさらされ続けます。これが酔いの原因になるのでは?と思っております。

同様の理由から、特に90年代の日本車はお勧めしかねます。最近はマツダを筆頭として、足回りがリニアに動く車が多く、それ程身構える必要も無いのでしょうけどね。

では輸入車はどうか?というと、割とリニアに足回りが動いている車が多い。特にドイツ車は全体的に、車内に色々な情報(路面の荒れの状態とか、車体の傾き等)を割と隠さずに伝えてくれます。これはBMWの最高峰である、7シリーズに於いても同じ性格を持っています。
これが輸入車(というか、その代表格であるドイツ車)が酔い難い、と言われる所以では無いでしょうか?


車酔いとは、自分の認識している車の動きと、実際の車の動きの違いが産み出している、というのは先に申し上げた通りです。
一般的に乗り心地が良いとされる車の中には(我が家のシトロエンもそうですが)、感覚的には「揺れが無い」と思っても、実際には揺れがある車種が多々あるかと思います。
実際に路面状況はガタガタしている訳ですので、変に車側で揺れを伝えないようにしてしまうと、逆に酔っちゃうんですよね。

まぁそれだったら常に揺れをダイレクトに感じさせてくれる方が、換言すれば「常に揺れているんだ」という覚悟(?)のようなモノを人間に生まれさせてくれ、酔い難いとも言えます。
これは確かに言えており、よく「ゴーカートの様だ」と評される事の多い、乗り心地最悪のミニは、却って酔い難かったりもします。
ただし、疲れている時なんかは、運転しながらも酔ったりしますけどね^^;

要は、車の実際の動きに対して、自分の感覚を如何にズレ無く、近づけて行けるか?というのがポイントになります。

先にも述べました通り、輸入車だけで無く、マツダなんかも良いセンいってる車だと思いますよ^^
    • good
    • 1

元輸入車(シトロエン・オペル)乗りです。



>輸入車(乗用車、ミニバン、コンパクトカーなど)は国産車より
>車酔いしにくいと聞いていますがそれは本当ですか?

そんなことは無いです。ただ、輸入車乗りは車に関心の高い層が多く
そう言う人は比較的運転に気を使う場合が多いので、結果として
車酔いしにくい・・・ってことはあるかもしれません。また、輸入車
は、シートの出来が良い場合が多くて疲れにくい->車酔いしにくい、
という考え方もあるかもしれません。

いずれにせよ、直接的に車酔いしにくいなんてことはなく、宝くじで
「当たり」の出る可能性の高い売り場は、単にそこで買う人間が多い
だけ・・・というのと、似た構図なのかもしれません。

ただ、シトロエン(BX)に関して言えば、揺れ方が独特だったことは
確かです。後席の住人に聞くと、未だにシトロエンが一番寝心地が
良かったと言われます・・・。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のシートカバー 保険がおりない?

宜しくお願いします。

母が自家用車の座席に手作りのシートカバーをしていました。
(特殊なものではなく、清掃しやすいように、寸法を計り白い布を縫ったものです。)

家族に『メーカー純正?のシートカバーじゃないと事故等にあったとき、保険がおりない』と言われました。

がっかりしながら結局シートカバーはしていない状況なのですが、手作りのシートカバーをしていると本当に保険がおりないのですか?

保険会社の約款等を見れば良いのですが手元にないので質問させて下さい。

保険会社は確かJAだった気がします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造が免責とされるのは、道路運送車両法に規定された規格を越えて改造された場合で、かつ、その改造によって損害が発生したと判断される場合に限定されます。
つまり、消音器を外した改造車で追突事故を起こしても、不正改造が損害発生の原因ではありませんから、車両保険は支払われます。

従って、手作りのシートカバーを付けていて、対人・対物賠償保険が支払われないということはありませんし、車両・人身傷害保険等も同様です。

しかし、シートカバー自体の損害は、車両保険では支払われません。
車両保険は、車本体のほか、車に定着された付属品が対象ですから、純正品であろうとシートカバーはそもそも車両保険の対象外です。

シートカバーを保険(共済)の対象とするには、車両諸費用保障特約という特約を付けてておく必要があります。
この特約は時価額評価で保険金(共済金)を支払うというものですから、手作品の場合、原価(材料費)ベースで時価額を算出することになりますが、実務では材料のレシート等が残っている方が珍しいので、「自己申告」という形をとります。

どこの保険会社でも、「保険金を支払わない場合」という免責規定を設けています。

免責規定は、対人・対物賠償保険のように相手の損害を補償するものと、車両・人身傷害・搭乗者傷害保険のように自分(契約者側)の損害を補償するものとでは、その内容が大きく異なります。

たとえば、飲酒運転や無免許運転による事故で、車両保険等は支払われませんが、対人・対物賠償保険は支払われます。不正改造も同様で、車両保険等では免責要件に挙げられていますが、対人・対物賠償保険は支払われます。

また、不正改造...続きを読む

Q輸入車に国産車用のバッテーリーは?

昨日新しいバッテリーを取り付けました。店員さんに、輸入車用の2万ちょっとのバッテーリーを勧められたのですがですが、主人が国産車用のバッテーリーならもっと安いと言い出しました。
それって問題ないんでしょうか?私としては、国産車用を付けたけどやっぱりダメでめで、また輸入車用を付けることになると嫌なので、結局輸入車用を取り付けました。
安く済むならそれに越したことはないんですが、国産車用でも本当に大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

輸入車用のバッテリは高さが国産車用より低く横方向に長くなります。
メーカ指定の容量と同じの国産車用バッテリをそのまま設置するには寸法的に難しいでしょう。体積比3倍とかのドライ・バッテリならば収まるかもしれませんが高額ですから選択肢に成り得ないでしょう。

設置・固定がかのうならば国産車用でも問題ないですが、バッテリの設置空間、固定金具の寸法を考慮するにポン付けできる輸入車はめったにありません。私は輸入車歴20数台ですが国産車用バッテリがポン付けできたのはレィンジ・ローバーだけでしたよ。

Q車のシートカバー

車のシートに
シートカバーをつけようと
考えています。

シートカバーの
メリット・デメリットを
おしえてください。

それとシートカバーをつけている方は
なぜシートカバーをつけているか
なんの目的でつけているのか

つけていない方は
なぜつけないのかを
おしえてくださいm(__)m

Aベストアンサー

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが乗っているのも不潔で嫌でした。

最近のシートの生地は丈夫で優れモノですから20年乗っても殆ど変色も無く擦り切れもありません。

本革風なども有りますから見かけは少し変りますが、高いお金を掛けて未だに最初からシートバーを付ける人が理解できません。

10年以上も乗って、シート自体が痛んでくればシート生地を張り直す事も出来ますが、それよりはカバーを掛ける方が安いですから、その時で良いように思います。

オリジナルのシート生地や色も車の開発の段階から内外装等とのバランスを考えてプロが選んであります。

それをわざわざ違う色のカバーを掛けて壊す事も無いようにも思います。

昔のシートの生地自体が汚れやすく擦り切れ易い物で、日焼けで変色までしていました。

それを避けるためにシートカバーを付けてシートの保護をしていました。ハーフカバーと言う肩の部分のみのレースの物も社用車や豪華に見せたい人には人気でした。

かなり昔は実際に着けていましたが、どうしてもずれて、しわになったりフワフワになったりとして見た目も悪く、結んでいる紐も切れたりたるんだりして困ったものです。シートカバーを時々外して洗濯をするのは大変でしたが、シートとカバーの間に大量のほこりが...続きを読む

Q輸入車と国産車のガラスの違いについて

タイトル通り、輸入車と国産車のガラスの違いについて教えてください。
また現在私はVWポロ6N後期に乗っているのですが、フロントガラスに細かな傷(BB弾で撃たれたような)が1つあります。いきなり(運転中とかに)ガラスが割れたりしないのか不安です。 普通に乗ってて大丈夫なものなのでしょうか?何か修理する方法でもあるのでしょうか? 教えてください。(なお私は車に関して全くの素人です)

Aベストアンサー

はじめまして、

>不安です。 普通に乗ってて大丈夫なものなのでしょうか?
大丈夫です。 運転していて問題になるようなことは起きません。

高速走行などで、前車のタイヤが巻き上げた小石がぶつかり、小さなキズが出来ることは珍しくありません。 

細かなキズとの事ですが、ガラスが割れたヒビの場合、長さが数ミリ程度の小さなヒビでも、拡大していくケースが多いです。 前日までは数ミリだったのが、ある朝見ると、フロントガラスの端から端までのヒビになるとか。
この場合でも、フロントガラスは2枚のガラスを透明で丈夫な両面テープで張り合わせていますので、ガラスが割れるとか飛び散る事は有りませんが、ヒビの場合は早急に交換することを薦めます。

ガラスの表面がポチッとザラついたようなキズの場合、そのまま変化しません。 一般に微小なキズでしたら車検も通りますが、原則としてフロントガラスのキズは車検に通らないので、どの程度までが大丈夫とはハッキリ言えません。
あと、表面をえぐったようなヒビ(魚の目状態)も有りますが、上記と同じです。

何れにせよ、運転に問題はありませんが、ディーラーとかで見てもらうと良いでしょう。 
車両保険に加入している場合、飛び石によるフロントガラスのキズは等級(割引率)が落ちる事もなく保険で修理できるのが一般的だと思います。 保険屋さんに聞いてみると分ります。

はじめまして、

>不安です。 普通に乗ってて大丈夫なものなのでしょうか?
大丈夫です。 運転していて問題になるようなことは起きません。

高速走行などで、前車のタイヤが巻き上げた小石がぶつかり、小さなキズが出来ることは珍しくありません。 

細かなキズとの事ですが、ガラスが割れたヒビの場合、長さが数ミリ程度の小さなヒビでも、拡大していくケースが多いです。 前日までは数ミリだったのが、ある朝見ると、フロントガラスの端から端までのヒビになるとか。
この場合でも、フロントガラス...続きを読む

Q車のシートカバー

車のシートカバー

MT車取り付け不可というシートカバーをよく見るんですがどうして付けられないんですか?
ATと何が違うんですか?

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e101773404

Aベストアンサー

さっそくのお返事ありがとうございます。
実はekワゴンの5MTに乗ってまして、同じくATとMTでシートカバーが異なっているのですよ。
ATの運転席アームレストは可動式なのですが、そのタイプのカバーをMTにつけるとアームレストが無いので、アームレストの根本が付く部分に穴が開いてしまいます。
それで「付かない」としていると思っております。多分、シート形状は共通でしょう。

QポルシェとGTR(輸入車と国産車・長文です)

 2年ほど前、20年後までにポルシェ(現行モデルでいうと4Sかターボ)に乗る、という壮大な決意をし貯金を始めました。一生ものの、本物のスポーツカー(というカテゴリーは前時代的だという意見もありますがそれはさておき)が欲しいと思ったからです。「国産車でポルシェを上回るスペックを誇る車は存在する、しかし、スペックには表れない、ポルシェでしか味わえない感動があるのだ」「911ターボは2000万円。しかしこの車にそれだけのお金を払っても、だまされたと思ったり後悔したりする人は皆無だろう」モータージャーナリスト諸氏のこういった言葉を妄信してのことかもしれません。先日、自動車修理を業とされている先輩から「ポルシェだったら、たとえば今度の日産GTRだって同じだ。値段だって半分以下だから、君の壮大な計画期間も半分以下に短縮されるわけだ。ポルシェでしか味わえない感動なんて、ブランドが与えてくれる優越感だけだよ。運転する上での、同等の感動を得るたに倍もお金を払う必要は無い。」と言われてしまいました。先輩の言葉は正しいのでしょうか。そんなのは個人の主観だ、などとおっしゃらず、おろかな質問にお付き合いいただけるかたのお答えをお待ちしています。

 2年ほど前、20年後までにポルシェ(現行モデルでいうと4Sかターボ)に乗る、という壮大な決意をし貯金を始めました。一生ものの、本物のスポーツカー(というカテゴリーは前時代的だという意見もありますがそれはさておき)が欲しいと思ったからです。「国産車でポルシェを上回るスペックを誇る車は存在する、しかし、スペックには表れない、ポルシェでしか味わえない感動があるのだ」「911ターボは2000万円。しかしこの車にそれだけのお金を払っても、だまされたと思ったり後悔したりする人は皆無だろう」モー...続きを読む

Aベストアンサー

似たような経験をしました。
で、今、ポルシェに乗ってます。
これだけは言えます。
ポルシェに乗ったら、国産車には乗れないと!
ハンドリングだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
ブレーキを踏むだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
ドアの閉まる音を聞く度に・・・“これがポルシェだ”と感じます。
コクピットに座るだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
エンジン音を聞くだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
コクピットのレザーの匂いを嗅ぐ度に・・・“これがポルシェだ”と感じます。
キーリングが左にあるのを見て・・・“これがポルシェだ”と感じます。
厳冬の朝、ポルシェサウンドを聞く度に・・・“これがポルシェだ”と感じます。
GTRを買って、対抗車線をポルシェが走ってきて通り過ぎたとします。
私もその時の心境を考えました。
“やっぱりポルシェっていいなぁ”
すれ違ったら絶対に、そう思うに違いない。
「後悔する位なら、頑張って貯金してポルシェに乗ろう」
そう決めて、念願が叶いました。
「60kmで走っても官能的なクルマ」
ポルシェをお買いなさい!!
後悔はしませんから。。。

似たような経験をしました。
で、今、ポルシェに乗ってます。
これだけは言えます。
ポルシェに乗ったら、国産車には乗れないと!
ハンドリングだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
ブレーキを踏むだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
ドアの閉まる音を聞く度に・・・“これがポルシェだ”と感じます。
コクピットに座るだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
エンジン音を聞くだけで・・・“これがポルシェだ”と感じます。
コクピットのレザーの匂いを嗅ぐ度に・・・“これがポルシェ...続きを読む

Q車 シートカバー

ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
枕の部分だけが合いませんでした
レザーシートカバーで枕だけ買えるとこってありますでしょうか?
車はエブリィワゴン24年式です

Aベストアンサー

>ちゃんと店員に聞いて車のシートカバーを買ったんですが
>枕の部分だけが合いませんでした

現物を持ってお店に相談に行くのが良いと思います。

実はちゃんと付くという可能性も有りますし
全く付かないのであれば
お店さんが何かしら対応して下さると思います。

店頭で、店員さんに相談して購入すると言うことは、
こういう事態のためでもありますので
是非一度お店をお尋ね下さい。

Q輸入車の近い国産車

輸入車の近い国産車(性能、乗り心地、安全など)がありますか?もし、あればこの国産車の車名を教えて頂けませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これまでの質問の内容から見て、ゴルフかポロに相当する国産車という意味ですよね。

日本と欧州では車の使用環境がまるで違いますから、このクラスの車作りもそれに応じてかなり違うんですよね。
欧州は制限速度が非常に高いか、無制限まである環境ですから、車に対しては少々出費が嵩んでも安全性能を非常に重視します。
車としての走る、曲がる、止まるのコストがかかる部分にお金をかけますから、小さい車であっても比較的高価な車が多いです。
翻って日本は極端に制限速度が低い国ですから、特にミドルクラス以下の車に対してはユーザーは安全性能よりは低価格を要求します。
低価格であっても発進加速だけは非常に要求が厳しいですから、軽自動車まで含めてどの車も軽くて鋭いアクセルを持っていますが、止まることや安全性能には無関心ですからブレーキも高速安定性もそこそこで、カーブの飛び出し正面衝突や路肩の通行人の列に突っ込むような事故の80%は防げると言われる(※)ESPさえいまだに全車標準ではなく、その分は低価格に振ってあります。

そのことを承知の上で選ぶとすれば、試乗した中ではスズキのスイフトとスプラッシュが欧州車に乗り味が似ていると感じます。
ただ、値段が安い分は止まる方の性能はそこそこですし、ESPも特別なグレードでないと付いてはいません。
マツダの車も最近は欧州車的な傾向と聞いています。
そして、日本の一般道をおとなしく走っている分にはこれらの車で殆ど問題は感じないのも事実ですね。

※ドイツのADAC(日本で言うJAFですね/規模は全然違いますが)がそのような報告をしています(URL参照)

http://www.youtube.com/watch?v=tArxv_bCnrU&feature=related

これまでの質問の内容から見て、ゴルフかポロに相当する国産車という意味ですよね。

日本と欧州では車の使用環境がまるで違いますから、このクラスの車作りもそれに応じてかなり違うんですよね。
欧州は制限速度が非常に高いか、無制限まである環境ですから、車に対しては少々出費が嵩んでも安全性能を非常に重視します。
車としての走る、曲がる、止まるのコストがかかる部分にお金をかけますから、小さい車であっても比較的高価な車が多いです。
翻って日本は極端に制限速度が低い国ですから、特にミドル...続きを読む

Q新車にシートカバー 新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな

新車にシートカバー
新車を購入しシートカバーをつけようと思っていますが、つけてない車のほうが多そうな気がします。
着けてる理由と着けてない理由を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

20年~25年前はつけてましたね。でもそれ以降はつけなくなりました。

つけていた理由:
・シートの汚れを防ぐ
・直射日光によるシート地の日焼けや劣化を防ぐ
・いろんな色やデザインのカバーが楽しい → 暑い時期と寒い時期で変えたり

つけなくなった理由:
・取り付けや取り外しが面倒
・シートのデザインが豊富になり、自動車用品店で売っている汎用製品だとピッタリつかないシートが多くなった
  → ピッタリ装着できる純正品は高い
・シートのデザインや色が綺麗になり、つけない方がデザイン的にまとまっていて良いと思うようになった
・車が生活上の楽しみから普通の道具に変化した

そんな感じでしょうか。
参考まで。

QLLCタンクの輸入車、国産車の違い

ゴク最近の車はわかりませんが、国産車のLLCタンクはラジエターと別途にあって、通常 圧もかからない、いわゆる予備(補充)タンクですね。(なのでラジキャップと別にキャップがあります)

それに比べ 輸入車(ドイツ車、BMWだけ?)は、タンクがLLC経路の中に組み込まれて、ラジキャップだけですね。 補充もラジでする)
なので、タンクにも圧がかかり、更にプラなのでよく破裂します。(オーバーヒートの原因になっている、1番の要因かもしれない)

この違いはなぜ、なのでしょうか?
わざわざオーバーヒートの可能性がある方式を採用(昔からですね)し続ける理由は?(大きなメリットがある?)
日本式?に変えると何か不都合が出るのでしょうか? 

たぶん、何かあるのだと思いますが、違い、メリット、理由などお願いします。

Aベストアンサー

プジョーやシトロエンも採用していますし、国産車でも時々見掛けます。

リザーブタンクからの蒸発が抑えられるので、メンテナンスフリーなのでしょう。

当然キャビテーション云々等と言うのは全く関係有りません。(むしろシリンダーの壁面で局部的に沸騰させて冷却効率を上げています)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報