現在化学の研究を行なっていますが、少し疑問に思ったことがあります。もし宜しければアドバイスいただけないでしょうか?

例えば、抗癌剤を作っているとします。その抗癌剤は医薬品になることは分かるのですが、抗癌剤になるまでの化合物、つまり一番効くとされる化合物を合成している場合は、その合成化合物は医薬中間体なのでしょうか?もしくは医薬原体と呼ばれるのでしょうか?

説明が下手で申し訳ないのですが、医薬中間体と医薬原体の区別が分かりません。どなたか分かる方がいらっしゃれば教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原薬(API)の関係者から言えば、原料→医薬中間体→原薬、と製造していくことになります。


原薬や医薬中間体の製造受託メーカーのWebページなどを見ると、製品リストには医薬原料、医薬中間体、原薬(API)などに分類されています。

ところが製剤の関係者から言えば、原薬(=原料)+賦形剤→薬剤となり、製剤を製造・販売するジェネリックメーカーのWebページなどでは「原料」といえばそれは原薬を指すことがあります。

なので、「医薬原料」と言った場合、それがAPIの出発原料を指すのか、中間体を指すのか、あるいは原薬を指すのか、その言葉だけからでは判断しにくいことがあります。

まあ、医薬中間体と言う場合はAPIの一反応手前までの中間体を指すことが普通で、原薬といえば活性本体そのものを指すことが普通でしょうね。
    • good
    • 2

その合成化合物が、医薬品としての有効成分(効く成分)であれば、


原体(原薬)となります。
中間体は、その減退を合成するまでの過程の中間生成物のことを言いますが。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q製品を医薬部外品としてpmdaに対し申請を出したいと思っておりますが、

製品を医薬部外品としてpmdaに対し申請を出したいと思っておりますが、新指定医薬部外品、新範囲医薬部外品など区分が分かれているようです。どの区分に申請を出すかは当方で選べるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

選べません。
どの区分に該当するかは、通知をよく読んで検討してください。

Qキラルな化合物を合成する際にR体とS体との比(いわゆるエナンチオマー過

キラルな化合物を合成する際にR体とS体との比(いわゆるエナンチオマー過剰率)をコントロールするために温度を下げて実験をしている論文を見かけたりするのですが、エナンチオマー過剰率と温度条件との関係性ってあるのでしょうか?

専門分野外なので基本的な質問かもしれませんが、ご意見いただけると幸いです。

Aベストアンサー

まず、化学反応が進行するメカニズムについて述べたいと思います。
反応は、活性化エネルギー以上のエネルギーをもつ分子の衝突によっては起こります。
反応温度を上げることにより、活性化エネルギー以上のエネルギーを持った分子が多く存在することになり、反応が進行します。
キラル分子を合成する際は、光学純度が高い分子や触媒をさせることが多いと思いますが、これにより片方のエナンチオマーの生成に有利な環境ができ、その結果、生成に有利な方のエナチオマーの活性化エネルギーが下がるわけです。
つまり、キラルな分子の合成に際、光学純度の高い分子や触媒を作用させることにより、R体ができる反応の活性化エネルギーとS体ができる反応の活性化エネルギーが異なります。この活性化エネルギーの差がR体とS体の生成の差として反映されることにより、キラルな化合物の合成が可能となるわけです。
反応温度を必要以上にあげてしまうと、R体ができる反応の活性化エネルギーとS体ができる反応の活性化エネルギーの両方のエネルギーを超えた分子が存在してしまい、不斉収率が下がってしまいます。

R体(or S体)ができる反応の活性化エネルギーを越える反応温度だけれども、S体(or R体)ができる反応の活性化エネルギーは越えない反応温度がキラルな化合物を合成する上で最適な温度といえます。
だから必要以上に反応温度を不斉合成では上げようとしません。

まず、化学反応が進行するメカニズムについて述べたいと思います。
反応は、活性化エネルギー以上のエネルギーをもつ分子の衝突によっては起こります。
反応温度を上げることにより、活性化エネルギー以上のエネルギーを持った分子が多く存在することになり、反応が進行します。
キラル分子を合成する際は、光学純度が高い分子や触媒をさせることが多いと思いますが、これにより片方のエナンチオマーの生成に有利な環境ができ、その結果、生成に有利な方のエナチオマーの活性化エネルギーが下がるわけです。
つま...続きを読む

Q蛋白医薬

従来の低分子医薬に対して、蛋白医薬など生体高分子の医薬が先端医薬としてある、と知りました。蛋白医薬とはどのようなものですか。蛋白質が薬となるのでしょうか。また、従来の低分子医薬に対して、蛋白医薬はどのような利点があるのでしょうか。

Aベストアンサー

タンパク医薬の典型的なものが、抗体医薬といわれるものです。最近はやりのバイオ技術です。医薬というと通常合成された化学物質で純度が高く効き目は抜群ですが、副作用がでることが多い。これに対し、バイオ合成は生体(動物も含めて)合成したもので、生体に近い為に副作用が非常に少ないものです。最近、盛んに研究されています。

Q有機化合物と無機化合物の中間のもの

「化合物は、一般に有機化合物と無機化合物に大別されるが、両者の中間に位置するものもある。」という化学の問題があり、「正しい。」となっていました。中間に位置するものとは、一体何なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化合物というと炭素が骨格を形成している化合物を、無機化合物というと金属単体や金属の陽イオンと酸素や塩素などの陰イオンが結合した化合物を主に思い浮かべることと思います。

一方、金属が炭素と化学結合を形成する場合もあり、そのような金属-炭素の化学結合を含む化合物を「有機金属化合物」といい、これは有機化合物と無機化合物の「中間に位置するもの」と言ってもよいものです。
その化合物を専門に扱う「有機金属化学」という領域は化学の一大分野を築いており、現在も研究が盛んな分野の1つです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E9%87%91%E5%B1%9E%E5%8C%96%E5%AD%A6(有機金属化学)

Q医薬品、医薬部外品の原料

医薬品、医薬部外品の原料は使えるものが決まっていますか?
医薬品なら、日本薬局方や局方外原料規格?、
医薬部外品なら医薬部外品原料規格、
でしょうか?

私は以前化粧品の開発に従事していましたが、
化粧品の場合は2004年だったか、規制緩和でそれまでの原料規格が廃止されました。基本的には原料は企業責任で(一部のネガティブリスト)を除いてどんな成分でも配合可能です。

医薬品や医薬部外品はどうでしょうか?

Aベストアンサー

有効成分 どんなものでも使えますが、
新規成分は、新薬の承認が必要です。
前例のあるものは、後発医薬品として可能です。

添加物 医薬品添加物事典に収載されているものに限りますが、
新規のものは、新添加物として可能です。

日局 局外規 外元規 は規格書です。

Qアゾ化合物とジアゾ化合物

アゾ化合物とジアゾ化合物って別物ですか?

もし別物ならば、どう異なるのか教えてください.

Aベストアンサー

C-N=N-C:アゾ化合物
C=N^+=N^-:ジアゾ化合物
ということになると思います。要はC-N結合が単結合か、二重結合かという違いです。

Q医薬品に詳しい方に質問

私のやっている仕事は、薬局へのピッキング作業をしています。医薬品、食品や化粧品、雑貨などがあります。

その中で、医薬品があり分類として、会社には一般的な医薬品の商品も置いてありますが、他に「医薬一類」「劇薬」というものがあります。

これは普通に売られている医薬品とはまた違うんですよね?どういう薬品を指すのでしょうか。「医薬一類」と「劇薬」は特別にビニール袋に入れて、仕分けしています。
普通の医薬品とどのように違うのか詳しく教えてください!

Aベストアンサー

第一類の医薬品は、副作用のリスクが第二類や第三類よりも高いことから、薬剤師が必ず顧客と対面して販売しなければならないOTC薬(一般用医薬品)です。
劇薬は、白地に赤枠、赤字で品名及び「劇」の文字の表示が必要です。また、劇薬は、他の医薬品等と区別して、貯蔵・陳列する必要があります。なお、劇薬は、毒薬のように、特に鍵のかかる場所に保管する必要はありません。

QHeは化合物をつくらない Xeは化合物をつくる

同じ族なのにHeは化合物をつくらずXeは化合物をつくるそうですがそれはなぜですか?

イオン化エネルギーで説明がつくそうですが、Xeのほうが小さいからですか?なぜXeはFに作用して化合物がつくれるのですか?


またリチウムは酸化物は作るが超酸化物や過酸化物をつくらないにはどうしてですか?
お願いします!

Aベストアンサー

イオン化エネルギーで説明するとしたら、こんな感じでどうでしょうか。
フッ化キセノンXeF2という化合物があります。
キセノンのローンペア一個が、フッ素分子F2で酸化された形になっています。この化合物の形成が、
Xe -> Xe(2+) + 2e(-)
2e(-) + F2 -> 2F(-)
Xe(2+) + 2F(-) -> XeF2
という仕組みだ、とすれば、イオン化エネルギーの小さなキセノンでは最初の段階が可能だけど、イオン化エネルギーの大きなヘリウムではだめ、というふうに理解できるでしょう。
実際には、直接希ガス原子から希ガスのジカチオンが生成しているのではなくて、フッ素分子と希ガス原子が相互作用して反応しているでしょうから、この機構はあくまで紙の上の話ですが。
要するに、フッ素で希ガス単体が酸化出来るか否か、という話です。

なお、原子の半径や電気陰性度(これはイオン化エネルギーとも関わるが)も重要です。
例えば、酸素と硫黄を考えてみると、酸素は2配位の化合物を作ります。水など。
一方、硫黄は2配位から3配位、4配位、はては5配位、6配位と数多くの共有結合を作ることが出来ます。
これは、硫黄原子が大きいためにまわりに置換基が来ることができることも効いています。同時に、硫黄が電気的に陽性なので、酸素にくらべて置換基がくっつきやすい、というのもあります。

後半はちょっと私は分かりかねますので、他の方にお任せします。

イオン化エネルギーで説明するとしたら、こんな感じでどうでしょうか。
フッ化キセノンXeF2という化合物があります。
キセノンのローンペア一個が、フッ素分子F2で酸化された形になっています。この化合物の形成が、
Xe -> Xe(2+) + 2e(-)
2e(-) + F2 -> 2F(-)
Xe(2+) + 2F(-) -> XeF2
という仕組みだ、とすれば、イオン化エネルギーの小さなキセノンでは最初の段階が可能だけど、イオン化エネルギーの大きなヘリウムではだめ、というふうに理解できるでしょう。
実際には、直接希ガス原子から希ガスのジカ...続きを読む

Q健康食品と医薬品論争!!!! 私は健康オタクの医薬品信者である。 私に良い健康食品があると大手飲料メ

健康食品と医薬品論争!!!!


私は健康オタクの医薬品信者である。

私に良い健康食品があると大手飲料メーカーが売っている健康食品を私に勧めて来た。

私は「本当に聞くなら医薬品として売るであろう。製薬会社は医薬品として開発したが、思ったほど効果が認められないものを健康食品として売る。よって本当に効くなら医薬品として売るはずである。医薬品と認められれば3割負担が適用されて売上が大きくなる。だから10割負担の健康食品として売らずに本当に効くなら医薬品登録をする」

と言ったら、健康オタクの健康食品信者は「医薬品と登録するには時間とお金が掛かるから効果が高くても健康食品で売る」と主張してくる。

どちらが正しいですか?

健康食品で効くなら医薬品として売るでしょ?

違いますか?

ちなみに健康食品はカルピスのL-21かなんかの乳酸菌サプリメントです。アレルギーを抑えるそうです。

カルピスくらいの大資本なら本当に効果があるなら医薬品認定受けますよね?

効果が薄いから健康食品のサプリメントとして売っているのでは?

どちらが正しいか教えてください。

健康食品と医薬品論争!!!!


私は健康オタクの医薬品信者である。

私に良い健康食品があると大手飲料メーカーが売っている健康食品を私に勧めて来た。

私は「本当に聞くなら医薬品として売るであろう。製薬会社は医薬品として開発したが、思ったほど効果が認められないものを健康食品として売る。よって本当に効くなら医薬品として売るはずである。医薬品と認められれば3割負担が適用されて売上が大きくなる。だから10割負担の健康食品として売らずに本当に効くなら医薬品登録をする」

と言ったら、健康オ...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問から、前者です。
本当に医薬品に値する効果があれば、医薬品申請することにより医療機関や市販などで量販できます。
お金が掛かっても、医薬品と認められればすぐに採算がとれるのです。
医薬品を目指して開発したが認められなかったので、高価な健康食品として販売するしかないのです。

関連して、海外では「スマートドラッグ」等の記憶力増進薬が以前から販売されています。
我が国でも、いくつかの製薬会社が医薬品として発売したのですが、国の審査により「医薬品の基準を満たす効果なし」と判断されたため、販売中止になったことがありました。
この例では、健康な人の記憶力をよりベターに保つ程度の弱い作用はあったのですが、病気による記憶障害への効果は認められなかったのです。

ご参考まで。

Qなぜ、うえの化合物はメチレンにはならいで下の化合物はメチレンになるのですか? 命名するときこの順番は

なぜ、うえの化合物はメチレンにはならいで下の化合物はメチレンになるのですか?
命名するときこの順番はそもそもあってますか?
化学の質問です!

Aベストアンサー

#2です。
methylene の件は知りませんでした。IUPAC名は難しいですね。古い名前でも、通用してしまったりするので新しい情報の入手がおろそかになります。

置換基云々は主鎖に含まれているかどうかだけの話です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング