4-5年前までずっとT2+リアラで子供、家族写真を撮っていました。
どこのミニラボに出しても、仕上がりは三原色(とくに赤)が派手な色で柔らかくとても気に入っていました。
当時イオスとLレンズでも撮っていましたが、仕上がりとしては今一歩でした。何が良かったのか言葉には表現できません。
ツアイスの色眼鏡だったかもしれません。
最近、またこの組み合わせで撮ってみましたが、同時プリントの感動がありません。焼き直してもらってもうまくいきません。
サービスでもらったフォトCDをモニターでみても派手さがありません。
ただの妄想なのでしょうか?現像でなにか補正でもかかっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

暖色系でビビットが好きならば


コダックフィルムと印画紙もコダックにするとより絵画的に仕上がると思います。
フジは、青が強い気がします。

コンタックス(京セラ)の復活は…残念ながらないでしょうけど
ツアイスレンズは、コシナから出ています。
(使ったことがないけど^^;)

http://www.cosina.co.jp/z.html

私がよく覗くブログの人が今もフィルムで頑張っています。
比較的そこそこ更新してますし
CONTAX T2の写真もありますので参考にしてみては?

http://blogs.yahoo.co.jp/seiz_1999/47454956.html

なかなかフィルムには厳しい時代です^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の生きている間にフィルムがなくなることはないでしょうが、フジを応援していきたいと思います。
新製品の中判フィルムカメラはフットワークが悪く買ってあげられませんが。

お礼日時:2009/05/17 23:50

>空を撮ると四隅が濃くなる現象ですか?



平たく言うとそんな感じです。

シャッタースピードが遅くなると目立ちます。

ウェルカムといことは、気に入ってるとのことなので^^

周辺光量落ちで立体感ではなく

T2の絵は、こってり系で表現で言うと絵画に近い写真となるので

感性的にこの辺が、shounikaさんが気に入ってるのだと思います。

正直フィルムはレンズ性能に依存性が高いので

キヤノンよりshounikaさんは、コンタックスのほうが肌に合ってるってことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
きっとそういうことなんですね。
自分でもよくわかっていません。
フィルムで撮ってもデジタル画像になってしまう今の機械(フロンティア)でもやはりフィルムの方が合っているということでしょうね。
また、コンタックスブランドが復活してくれないでしょうか。

お礼日時:2009/05/16 23:06

ちなみに



私は補正フィルターとか聞いたことないです^^;
(知らないだけだとおもうけど)

初期は、光源が違う
改良品は、まったく普通の扱いだったと思います。

ちなみにT2の周辺光量落ちって気になりますか?
撮影状況によって多少感じが変わる気がします^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
周辺光量落ちは全然気になりません。
よくわかりませんが、空を撮ると四隅が濃くなる現象ですか?
これならウェルカムです。
気がついていませんでしたが、もしかしてこのあたりも気に入っている理由かも知れません。
隅から隅まで均一だと、絵にならず切り取っただけに感じてしまうのかも?これは想像ですが。

お礼日時:2009/05/15 18:23

私は、コダックをよく使うので参考になるかどうか知りませんが



現像、CDは、ノーリツでJEPG 16BASE(600万画素相当)で楽しんでいます。

ちなみにリアラは、フィルムベースの色が違ったので普通の光源だと
本来の色がつぶされてしまっていたようです。

改良品のリアラMは、ベースの色が同じになったので光源も同じですむようになってその上…ですが、
初代にはなかなか・・・だったみたいです^^;

ちなみに感動していたころってリアラ仕上げ指定でしたか?
いつあたりのリアラかわからないのと仕上げの指定とかわからないので
ほんとのところよくわかりません^^;
同じ富士でも印画紙がPであれば感じが変わるとは思います。
富士の印画紙は、原色系のC(コマーシャル)中間色系のP(ポートレート)、汎用で両者の中間のA(オールラウンド)があります。

ちなみに派手でやわらかい…難しいですが^^;
レンズで言えば、発色がよくグラデーションがしっとりでて柔らかなとなると
PENTAX、HEXAR、ツアイス(特にプラナ)だと思います。
フィルムもリアラに固執してるならあれですが
コダックのプロフェッショナルウルトラカラーもなかなかいい感じですよ^^
ご参考までに^^

ちなみに私もRAWは精神衛生上あまり好ましくないです^^;

あとディスプレイデ楽しむときキャブリレーションしないと本来の色で楽しめないかもしれないですね^^

フィルムをデジタルに取り込んでも特性は残りますよ。
もともとデジ写真とフィルム写真では特性が違うんですから
スキャンしたからってデジになるわけではないですからね^^
っぽさは消えるかもしれないけど^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても参考になりました。
印画紙の種類があったとは知りませんでした。
今度聞いてあれば三種類でプリントしてもらおうと思います。
コダックもぜひ試して見ます。

お礼日時:2009/05/15 18:18

私も去年までリアラで子供の成長記録を撮っていました。


リアラは子供が生まれたときから使っていまして、計10年間、運動会の撮影以外は全てリアラで通しました。
10年前はまだアナログ露光でしたので、写真に柔らかさがありました。
ただ、一般的な印画紙がリアラに合わないのか、色合いが薄かったですね。
デジタル露光に変わってからはメリハリのある写真になりましたが、露出アンダーのネガは、アナログ露光のときよりもくすんだ仕上がりになるように感じます。

あと、リアラはノーリツの現像機やコダックの印画紙と相性が悪いのか、それらを使っている店に出すと、必ずといっていい程残念な仕上がりになります。(店員さんの調整が悪いだけかもしれませんが・・・)
とにかく、リアラはフジの店に出すに限ります。(と、私は思います)

リアラの印象としては、一般的なネガよりもラチュードが狭く(ポジに近い?)特にアンダー側には極端に弱いように感じます。
適正露出よりも0.5~1段くらいオーバー目に撮ったほうが、きれいに仕上がります。

・フジの店に出す。
・若干オーバー目に撮る。

というのが私のリアラを使うときのスタンスです。ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
露出も関係するのでしょうね。
T2の測光とキャノンの評価測光のちがいもあったかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/15 00:11

補足


初期のリアラは、プリントの特性がフジの他のネガフィルムとかなり異なっていたようですが、一年後(だったかな)のマイナーチェンジで少し手直しがあって、
リアラエースへのモデルチェンジのときに、他のフィルムと特性をあわせる変更がされていたように思います。
(それに対応して、リアラエースに変わったときに「リアラ処理」が無くなった記憶があります。フジの基幹ラボのリアラ処理では、専用の補正フィルタを使っていた、とも聞いた記憶が、、、)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この話は昔聞いたことがありますが全然気にしてませんでした。
このあたりから、好みの色からズレ始めたのかもしれません。
過去を追ってもしょうがないですが、追えないとなるとますます気になってきます。

お礼日時:2009/05/15 00:06

失礼、


現像ではなくプリントです^^;
プリント時の光源が違い…

まあ 納得できないならデジタルでRAWで自分好みに現像するほうが
良いかも知れませんね^^

そのほうが精神衛生上よいのかもと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私には、どうもRAWの方が精神衛生上良くないようです。

お礼日時:2009/05/15 00:03

CONTAX T2は、使っていますがフィルムが違うので


なんともいえませんが

リアラの現像は、もしかしたらちょっといろいろあるので
うまい具合にできていないかもしれません。

色調だと色眼鏡でなく間違いなくツアイスに軍配が上がるでしょう。
(好みのあれもありますが 個人的にそう思う)
無論Lレンズを使った上の感想です。

色表現でツアイスには深さがありますが、
Lは、派手だけどのっぺりしている感じがしますのでそれが気になったと思います。

妄想でなく事実そうだと思います。

プロラボかな(そんなに高くないところも探せばありますよ)

今も私はコダックのフィルムですが、
T2の深みのある色調を楽しんでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
T2をつかってらっしゃるとのこと、嬉しく思います。
この現像、プリントは富士のフロンティアでも大丈夫でしょうか?
どこか?どれかおすすめの機械やお店がありますか。
ついでで恐縮ですが、このネガはどの程度の品位でCDに焼いてもらえばモニターなどで楽しめますか?

お礼日時:2009/05/15 00:01

一番の違いは#1さん回答にもあるように、デジタルプリント(一旦スキャナで取り込んで、画像処理をしたのち、プリンタで出力)になったのが一番の要因かと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり、プロラボでプリントするのは高すぎるようです。

お礼日時:2009/05/14 07:42

最近はネガフィルムの需要が減り、現像機のメンテナンスや薬液管理ができてないところが増えているようです。


また、プリントに際しては、本来の銀塩プリントでなく、デジタルプリントになって仕上がりが極端に落ちてます(生焼けのように黒の締まりのない薄いプリント)。
デジタル全盛になって、フィルムの需要が激減したなのですが、フィルム愛好者にとってはさみしい限りですね。
大手のカメラ屋や写真屋なら現像に関してはましかもしれませんが、何とも・・・・・・・・・。プリントについては手焼きプリントを指定してプロラボに回してもらいましょう。
価格は高くなり、時間もかかりますが、仕上がりはそれだけのことはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
そうなんですね。
結局フィルムでのお店プリントもデジタルプリントになってしまうなら、最初からデジカメの方が便利ですね。
あとは、いざというときのRAWより、いざというときのネガにして、これをデジタル化した方がいいのかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/14 07:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング