最近、友人の集まりで草野球(軟式)をやるようになりました。本格的なチームではなく遊び・レク的なもので、主に野球が好きな人が集まってゲームをやる、といった感じです。

守備は主にキャッチャーをやっているのですが、最近、チームの一人に
「キャッチャーの座る位置、もうちょっと前にした方がいいんじゃない?」
と言われました。
そんなものかな?と思って少しバッターよりに近づいてみると、このスイングがものすごく怖いのです…。
硬式に比べれば、軟式ボールは防具無しの体で止めても十分耐えうる痛さですし、マスクさえかぶっていればチップも平気なので、ボール自体は全く怖くありません。また、スイングでボールがかぶっても捕球はできます。
スイングで目を閉じてしまう、といった状態ではないのですが、ただ、バットが自分に当たってしまうのではないか、と思って怖くなってしまうのです。
(防具を一式そろえていればまた少し違うのでしょうが、遊びでやっている手前、用意されているのはノーヘルでのマスクのみです)

もちろん、慣れるより他ないのですが、
このキャッチャーが座る適正な位置について、経験者からのアドバイスを頂きたいです。バッターからの距離など目安があれば教えてください。
また、近距離のスイングに対する恐怖を克服する方法もご教授頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1で回答した者です。



昨日,今日とキャッチャーをしましたが、敢えて「バットが当たるも」と考えながら
構えると、意外と怖いものですね。

自分なりに恐怖心を払拭出来る方法を考えましたが、次の様な事はどうでしょうか?

紙等柔らかい物を筒状にして、heys2592さんがキャッチャーの位置に座り
誰かにその筒状の棒をキャッチャーにぶつける様に振ってもらいます。
そうすれば、普通のバッティングフォームで当てるのは困難な事が分かるはずです。

逆に、heys2592さんが打者になり、誰かをキャッチャーの位置に座らせて
キャッチャーに当てる様に振ればより分かりやすいかもしれませんね。

時々ランナーが出ると、盗塁を警戒して普段より前(バッターより)で捕球する
キャッチャーがいます。
この様な場合、打者がスイングのタイミングを遅らせてミットにバットを当てる
打者がいますが、頭にバットを当たるのはまず無理です。

前にも書いた様に、柔らかい棒状の物で普通のスイングではキャッチャーに
当たらない事を確認をして、その位置をシッカリと覚えれば恐怖心は無くなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

アドバイスを参考に、スイングの軌道を確認してみました。
柔らかい棒状のものを探してみると、家の中にやや細めの竹ひごがあったので、バットの長さに切り、軌道がわかりやすいように先端に赤い布切れを結んでみました。
先日、再び野球の集まりがあったので、そのときにこれを持って行き、他の人にゆっくり振ってもらいました。
なるほど、そうとう無謀な距離まで接近しない限り、なかなか当たらないもんですね…
スイングとの距離をはかるのに、とてもわかりやすい方法でした。

この方法を何回か試して、スイングにミットが当たらない位置を覚えようと考えています。あとは練習あるのみです。

まとめてのお礼になりますが、回答を下さったお二方、親身な対応ありがとうございます。
どちらの情報もとても参考になります。甲乙つけがたいため、ポイントは先着順に割り振らせていただきました。
貴重なアドバイス、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 23:26

お礼ありがとうございます。



バッターの立ち位置で構える位置を前後させるのは
バッターごとにやってます。
バッターが下がって構えるなら後ろに下がりますし
前に出てたらバッターボックスぎりぎりまで
前に出ますし。
変えることによって自陣守備側からも
バッターとの距離感が一定になるので
言われることはないと思いますよ。

3~40cmといったのはバッターが
ベースのあたりを中心にして構えた時のことで
ライン際まで下がってきたら少し後ろに下がるべきですね。

連盟とかの大会とかの相手ではないですよね?
それならば自分の身を守ることも考え、
スイングした時大振りなら「それ危ないから!もうちょっと前で」
って言ってもいいんではないかと思いますが^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

先週末にキャッチャーをやってきました。
実際に、ベース付近に構えるバッターの時に、ボックス後ろから3,40センチを目安にしながら少しずつ距離を詰めてみました。
やっぱり怖いですが、おかげでバッターを観察するくせもつき、バットの軌道を目で追えるようになってきています。
要はミットをバットに当てなければいいのだ、と思って慣れていきたいと思います。
 

お礼日時:2009/05/25 23:10

バッターとの距離は経験しかないと思うのですが


ミートポイントはホームベースより前ですから
そうそう当たりませんよ。

長年かけもちですがキャッチャーやってますが
20数年前マスクのみの時代から
バットが自分に当たった経験はありません。

すでに体にしみ込んでるので
バッターからどれくらいといわれて
ハタと考えてしまったのですが

バッターボックスの後ろのラインから
3~40cmぐらい後ろに足置いてたような気もしますが・・・・
(バッターが後ろのラインに足かかったら下がりますが)
経験者なのに頼りなくてすいません


キャッチャー用のメットは
マスクも付けやすいですから
あった方がいいと思いますよ。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

言われてみれば、ミートポイントはベースより前が多いですね。たしかにキャッチャーには当たらないかも…。
ただ問題は、バッターとの距離感がつかみきれず、腰が引けてしまっていつも後ろよりになってしまうことなんです…
うちの野球はみんなド素人で、スイング開始から脇を締めずに極端に大振りする人もいるし、ボックスの前や後ろのラインぎりぎりに立つ人など様々です。いろいろ状況が変わっていくうちに距離感がわからなくなってしまい、結果、後ろすぎる!と再度言われる始末…

ラインから3,40センチ後ろ、とのことですが、バッターがライン際に立った際にはどのくらい後ろで構えてるものなんでしょうか?

お礼日時:2009/05/21 23:21

「キャッチャーの座る位置が後ろ」は、慣れていないキャッチャーや


少年野球のキャッチャーなどに多く見られ事であり、その理由も
heys2592さんと同じで「バットが当たりそう」が殆どです。

しかし冷静に考えれば、キャッチャーミットは身体の前で構えています。
当然バッターのバットがミットに触れれば打撃妨害ですから、当たらない位置に
構えているはずですよね。
ミットに当たらない位置なら、身体に当たる訳が有りません。

自分自身も最初は小学生のバッティングキャッチャーをして、最近は高校生の
バッティングキャッチャーをしますが、最初が小学生相手だったのも良かったのか
恐怖心は有りません。(防具はマスクだけで、軟式ボールです。)

キャッチャーが後ろだと、ピッチャーはコントロールが付かなくなりますので
出来るだけ前に構えるのが基本です。

自分は打撃妨害にならないくらいを目安にしています。
後は慣れれば大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たしかに、ミットが触れない位置に座れば体に当たることはないですね。なるほど。
ただ、それでもスイングの軌跡が頭部に当たりそうで怖いんです…

「ミットに触れない位置は安全」意識してみます。

お礼日時:2009/05/21 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャッチャーの捕球のコツは?(軟式野球初心者)

小学生の軟式野球チームの保護者です。
子供たちの練習の際、保護者もコーチ役として一緒にやってます。殆どの父親が、野球未経験者です。

さて、子供たちにバッティング練習などさせる時に、人数の関係で、お父さんコーチがキャッチャーすることが多いです。
なにぶん、素人ばかりなので、バッターが空振りとかすると、怖くて眼をつぶってしまい、捕球がおろそかになり、ポロリと落球したり、後ろにそらしたり。
ファウルチップは怖いので、キャッチャーマスクはしていますが、レガース、プロテクターはしていません。
 私も、目の前で空振りされるだけで、眼の奥あたりがムズムズとして捕球に集中できません。(ポロリばかりです)

キャッチャー経験者の方、素人向けに捕球のコツみたいなもの(肉体動作面と精神面)教えていただきたいのですが。
ひょっとして、キャッチャー経験者の人も、空振りされると眼をつぶっていますか??

ワンバウンドとかは、捕ろうとせずに、身体で止めろ!前に落とせ!というのは、知っています。

それより以前の基本である、普通のノーバウンド空振り時の捕球のコツをお願いします。

小学生の軟式野球チームの保護者です。
子供たちの練習の際、保護者もコーチ役として一緒にやってます。殆どの父親が、野球未経験者です。

さて、子供たちにバッティング練習などさせる時に、人数の関係で、お父さんコーチがキャッチャーすることが多いです。
なにぶん、素人ばかりなので、バッターが空振りとかすると、怖くて眼をつぶってしまい、捕球がおろそかになり、ポロリと落球したり、後ろにそらしたり。
ファウルチップは怖いので、キャッチャーマスクはしていますが、レガース、プロテクターはし...続きを読む

Aベストアンサー

まずは基本から。
キャッチボールの基本ですが、捕球する時にミットを出すこと。初心者は、キャッチボール時に、相手が投げてから、ずっとミット(グラブ)を出してボールを追っていく格好になりがちです。この場合、しっかりとボールが見えていない事が多く、ポロリや危なっかしい捕球になります。野球部用語で「上から取る」と言います。
 捕球時は必ず捕球の直前までミットを出さずに、捕球する時にミットを出して捕球します。(これは基本中の基本)
 そしてキャッチャーの姿勢は、利き腕は自分の体の後ろに回します。これはファールチップなどの打球が手に当たらないようにするためです。

>ワンバウンドとかは、捕ろうとせずに、身体で止めろ!前に落とせ!というのは、知っています。
 
 実際にはこちらの方が難しいんですけどね。バッティングキャッチャーは体で止めるなんてしなくていいですよ。
 
>キャッチャー経験者の人も、空振りされると眼をつぶっていますか??

 私は慣れで目をつぶることはなかったです。

空振り時の捕球のコツは、まずピッチャーとキャッチボールして捕球の練習から行ったほうがいいですよ。相手が投げた球をしっかり見ることです。投げた球に集中していれば空振りなんて気になりませんよ。
 そして、キャッチャーの座る位置を前目に取る。後ろ過ぎたら、バッターの空振りを見た後にボールが来るので、恐怖心が倍増します。(おそらく目をつぶるのはこれが一番の原因でしょう)
 私は、バッターの空振りで後頭部どつかれたこともあります。まぁ、バッターが片手で振り回す事は想定してなかったので何とも思いませんでしたが・・・。
 座る位置は、バッターが普通のスイング(両手がバットを握ったまま)をしてギリギリ当たらない所がベストです。
 
 

まずは基本から。
キャッチボールの基本ですが、捕球する時にミットを出すこと。初心者は、キャッチボール時に、相手が投げてから、ずっとミット(グラブ)を出してボールを追っていく格好になりがちです。この場合、しっかりとボールが見えていない事が多く、ポロリや危なっかしい捕球になります。野球部用語で「上から取る」と言います。
 捕球時は必ず捕球の直前までミットを出さずに、捕球する時にミットを出して捕球します。(これは基本中の基本)
 そしてキャッチャーの姿勢は、利き腕は自分の体の後...続きを読む

Q捕手の掛け声を教えて下さい。

キャッチに慣れていない、軟式野球をやっている者です。
毎回、ベースの前で「しまっていこう」って感じで声をかけたいのですが、
「しまっていこう」ばっかりではつまらないです。
何か、他に良いかけ声は無いでしょうか?
それから、試合中に、ぴっちゃーや守備陣にも声をかけたいのですが、何か効果的な言葉はありませんか?
是非、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の場合、ボール廻し後は常に「サッ、イコ~(さぁ行こう)」でした。(永遠のマンネリですな。)

なんちゅーかな、ハッキリした言葉も良いんですが、ボール廻し後の一声ってのは、メインが気合い入れなんですな。 ですから、極端に云えば「キェ~」でも「チェスト~」でもOKで(さすがに変な声で使いませんが)、「ん?今キャッチャーは何て言った?」とか、気合いが抜けるなんて事が無ければ、どんな言葉でもOKでしょう。


試合中に声を掛けるタイミング。
ランナーが居ないときなら、ボール廻しを開始したら相手のサイン交換を睨み、投手の横で一塁手(or三塁手)が球を捕ったらアウトカウントを言います。(この時、内野はこれを外野に転送。ボールを捕った野手は投手に球を手渡しします。)
ランナーが出たら、先ずは相手のベンチを見て、次の動きを想像します。 で、大事なのは、これを見てから指示(バックホームなどの守備隊形)をベースの前で伝えることで、この指示後に(捕手が)ポジションに帰るまでには一呼吸ありますから、敵の監督が小細工する人等で新しいサインなどが出たら、次の戦法は益々想像しやすくなるんですね。(ですから、敢えて1/3塁に突っ込む指示を出してバントを未然に防止することもあります。)

あとは、カウントの進み具合で適度に声を掛けたら良いでしょうが、余り頻繁に掛けるのも相手に舐められるかな?


言葉は捕手と内野の信頼関係にもよりますが.....。
出来たら短く強い口調、捕手が全てを仕切る感じがいいかもしれませんし、併せてゼスチャーも。
例えば、ゲッツー指示も「内野!ゲッツー」てな具合で、二塁を指示しながら。 バント警戒なら、一塁三塁にバントの仕草を見せながら「バント!!」。

大事なのは、必ずホームベースの前でやること。
言い替えたら、捕手がホームベースの前で出す指示は全て大切で、内外野はそれに注目するというか、リズムを創り出すって事ですね。
また、次にどの塁に送球するのかを先ず指示すること。
「バント! セカン狙え!」じゃなくて、内野全体に「内野!セカン狙え!」、続いてサードファーストに「バント!前来い(or突っ込んでこい)」ってな感じですな。
(その野手に必要な情報だけを伝えるってこと。)


捕手ってのは、やり方一つで相手をドンドン消極的にできまして、勝ち負けを見ていったら、これが凄く重要なんですね。
例えば、投手への返球の前に各ランナーをチラチラみるとか、思いがけないときにファーストへ牽制するとか。
これをやって、それを受けた指示をすることで、相手を牽制して消極的にさせるってのが大事かな?と思います。

 ※:捕手からの牽制はアウトにしなくてもOK。
   アウトにできたら儲け物と捉えましょう。
   (アウトに出来るなら理想ですが...)
   捕手の目やタマの牽制は、相手が上手いチームで
   あればあるほど警戒させて、相手が下手なら刺す
   タイミングがボロボロ見つかるもんです。

私の場合、ボール廻し後は常に「サッ、イコ~(さぁ行こう)」でした。(永遠のマンネリですな。)

なんちゅーかな、ハッキリした言葉も良いんですが、ボール廻し後の一声ってのは、メインが気合い入れなんですな。 ですから、極端に云えば「キェ~」でも「チェスト~」でもOKで(さすがに変な声で使いませんが)、「ん?今キャッチャーは何て言った?」とか、気合いが抜けるなんて事が無ければ、どんな言葉でもOKでしょう。


試合中に声を掛けるタイミング。
ランナーが居ないときなら、ボール廻し...続きを読む

Q硬いキャッチャーミットを柔らかくしたいのですが?

古いキャッチャーミットを譲り受けました。
軟式用なのですが全然使っていなかったらしくて革がすごく硬いのです。
大人の握力でも曲げづらいどころか、手を入れる後ろ側の革も硬くていれづらい
くらいです。このままでは練習にも使えません。

検索で以下のようなページを見つけましたが
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=432571

同じような方法でよいのでしょうか?
また、ミットの場合、型崩れとかは気にしなくていいのでしょうか?
古いものということなので、大事に使いたいと思っています。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

手っ取り早く柔らかくするのは、ぬるま湯の中にどぼんと浸ける。
あるいは、霧吹きなどで水をまく。
もちろん両者とも水がしたたり落ちるようになるまでぬらすのではありません。革が水を含んで少々色が変わる程度です。
これである程度柔らかくなったら、十分陰干しして乾かしてください。
当然乾く課程でまた堅くなるので。オイルを塗り込みましょう。あるいは市販のハンドクリームでもいいです。

またオイルが回りきって皮の表面がパリパリの状態になっているときは、市販の皮専用のソープがあります。
たいてい靴屋に売ってます。
サドルソープと呼ばれるもので、革の表面を洗ってやると汚れを落とすだけでなく、革に栄養を与え、なめらかになります。

Qキャッチャーの低いボールのキャッチング

キャッチャーをやっていて、低めにボールがきたとき
どうやって取ればよいか教えてください。
中1の息子が野球部に入り、キャッチャーをやらされているのですが、
中3のエースの低めの剛速球を取った際、親指を突き指をしてしまったようです。
私自身キャッチャー経験がないので教えることができないでいます。
上からかぶせるように取ればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 実は、下半身の使い方も重要です。キャッチャーの基本姿勢は
相撲で言えば そんきょ 、すなわちしゃがみこみですが、この
姿勢だと低めのボールを捕るとき、かぶせる形になりがちです。

 最初から低めのボールを要求するときは、キャッチャーは
ヒザを地面について構えます。そうすれば極限まで姿勢を低く
できるので、地面ギリギリでミットを構えられ、上からかぶ
せる必要がなくなります。

 いっぽう、ランナーがいるときはバントや冒頭に備えて
すぐ動き出せる姿勢も求められます。このときはベタ足を
ついて構えます。内野手ができるだけ体勢を低くしている
ようなものです。この場合、低めの球は手の平を前に向けて
すくい上げるようにして捕ります。

 どうしても そんきょ でいる必要がある( そのように指導
されている )のであれば、両足を広めにして構え、低めに
対してはミットの先を地面に垂らすようにして捕りましょう。

Q弱肩のキャッチャー

こんばんわ… 

中学の時の友人と一緒に草野球をやっている高校生ですが、今ポジションがキャッチャーです。 

パスボールがあんまりなく、捕球が上手く、リードもそこそこなので、スタメンマスクをかぶらせていただいています。

ですが、題名の通り、弱肩で、セカンドまでツーバウンドしてしまいます。 勿論、ランナーをアウトに出来ません。

元々、地肩が弱いほうですし、フォームも綺麗ではありません。

どうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

大学野球でキャッチャー経験のある者です。
監督、コーチが選手個々のポジションを決めるにあたっては、その選手に、そのポジションに合った能力があるかどうかを見極めて選択するわけですが、キャッチャーの場合、インサイドワークに関しては経験で養われるものと思いますので、まず第一は地肩の強さが必須条件かと思います。
ですから弱肩を自負する質問者さん(失礼)には厳しいポジションかもしれません。
プロ野球のキャッチャーの中でも「肩が弱い」と言われる選手がいますが、最高ステージのプロとしてプレーしているわけですから、100%フリーパスで盗塁を許す選手など無く、キャッチャーとしての最低限の肩は持っているはずです。
しかしながら、肩が弱い(失礼)質問者さんがキャッチャーをやらなければならないチーム事情があるのでしょうから、今できることを考えると、投球動作を早くすることでしょうか。
経験的に一番大事なのは、足の運びだと思います。
送球動作は下半身から始まります。
右足はピッチャープレートと平行の向き、つまり右足内側くるぶしをピッチャー側にいち早く向けることで踏ん張りが利いて、ボールに力が加わります。
投げ方は大きくなっていませんか?
ランナーがいる時は片膝を地面に付けたり尻を極端に落とさず構え、両手でボールをキャッチすることを心がけ、ボールを取ったら他の野手のような大きなテークバックを取らず、モーションを小さくボールを直ぐ右耳辺りに持ってきて、ピッチャーの頭にぶつける感覚で投球します。
この時、ひじは両肩を結ぶ線よりも下がってはいけません。(これ大事)
ツーバウンドは論外ですが、ワンバウンドでセカンドへのストライクを確立高く投げられればOKだと思います。
肩を強くするトレーニングとして、他の回答者さんもあげている「遠投」もありますが、一番効果が高いのは原始的と思われるかもしれませんが、腕立て伏せが効果絶大です。

まずは正しいキャッチャーの投げ方になっているかをチェックしましょう。

大学野球でキャッチャー経験のある者です。
監督、コーチが選手個々のポジションを決めるにあたっては、その選手に、そのポジションに合った能力があるかどうかを見極めて選択するわけですが、キャッチャーの場合、インサイドワークに関しては経験で養われるものと思いますので、まず第一は地肩の強さが必須条件かと思います。
ですから弱肩を自負する質問者さん(失礼)には厳しいポジションかもしれません。
プロ野球のキャッチャーの中でも「肩が弱い」と言われる選手がいますが、最高ステージのプロとして...続きを読む

Q草野球のピッチャーのレベルはどれくらい?

草野球のピッチャーの投げる球って、平均でどのくらいなんでしょうか?
球種は普通はどんななんでしょうか?
フォークやシュートとかって、あまり投げないんでしょうか?
速い人で何キロくらいでるんでしょうか?

Aベストアンサー

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。
球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。
ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。
フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。
シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。
ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的...続きを読む

Qお奨めのキャッチャーミットは?

現在軟式野球のチームに所属しています。
ポジションはキャッチャーで一応ミットは持っているのですが
型をつけた後もボールが弾きます。
ちなみにザナックスのミットなのですが
新しいものを購入しようと考えています。
そこでどこのメーカーのモデルがお奨めか教えてください。
条件としては
(1)捕球が楽(=球が弾かない)
(2)初級者~上級者でも満足できる使い勝手
(3)比較的サイズが大き目のもの
(4)極端に値のはらないもの
以上です。
個人的には最近ルイスビルスラッガーのミットが気になってます。

Aベストアンサー

僕の経験上の意見なんですが参考になれば…。

 まずメーカーによって取りやすいっていうのは無いと思います。各メーカーでモデルが色々あるので、好きなメーカーからモデルを選んでみてはいかがですか?ただキャッチャーミットはモデルの種類数がメーカによって多い少ないはあります。多分ミズノ、ZETTあたりがちょっと多いかも知れないです。
 それとはじくからといって深くて大きいのを選ぶのはオススメできません。逆に送球の時に持ち替えが遅れてしまいます。程良い小ささで皮の柔らかいのがいいと思います。きっと上級者になればそっちの方が使いやすくなりますよ。あとはじかないミットにするコツは、ひたすら同じ所でとり続ける事です!そうすると、いくら軟球とはいえいい音がなってピッチャーもいい気持ちです!
 キャッチャーミットは他のポジションと兼用で使えないから慎重に選びますよね。分かります。ベストなのはオーダーでしょうけどどうですか?多少値は上がりますが、愛着がわくのは100%です!
 僕の経験上ローリングスの野球用品は、結構値切ったら下がります!逆にミズノは厳しい・・・。

僕の経験上の意見なんですが参考になれば…。

 まずメーカーによって取りやすいっていうのは無いと思います。各メーカーでモデルが色々あるので、好きなメーカーからモデルを選んでみてはいかがですか?ただキャッチャーミットはモデルの種類数がメーカによって多い少ないはあります。多分ミズノ、ZETTあたりがちょっと多いかも知れないです。
 それとはじくからといって深くて大きいのを選ぶのはオススメできません。逆に送球の時に持ち替えが遅れてしまいます。程良い小ささで皮の柔らかいのがいいと思いま...続きを読む

Qピッチャーマウンドからホームベース間の距離

 ピッチャーマウンドからホームベース間の距離と
各ベース間の距離を教えて頂きたいのでお願いします。

それと、そのようなルールが紹介されているホームページ
も教えて頂きたいのでお願いします。

Aベストアンサー

マウンドとホームベース間=18.44メートル
各塁間=27.43メートル

これは中学以上は高校・大学・プロ・草野球(汗)まで、すべて共通です。

小学生やリトルリーグは別です。

「野球」「塁間」「距離」などをキーワードにして検索してみてください。

参考URL:http://www.google.co.jp/

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q少年野球の審判のジャッジについて

少年野球の審判のジャッジについて
先日、実際に起こったケースですが(私は審判ではありませんが)、
1アウト3塁、2ボール2ストライクの状況です。
ボール球を打者がハーフスイングしたところ、捕手が後逸し、ボールはデッドゾーンに入ってしまいました。
球審は、ストライク・ボールのジャッジをせず(コースはボールだが、スイングしたかどうか迷っていたのと後逸したボールの行方に注意がいってしまっていた)、遅れて3塁審にスイングチェックを委ねたところスイングとのジャッジでした。
打者は、ストライクのコールがなかった為、ボールと判断しバッターボックスにいたところ突然ストライク3のジャッジをされ、ベンチへ下がってしまいました。
最初、3塁走者はホームイン(1点)・打者はアウト(振り逃げ放棄)にて、2アウト走者なしで再開しようとしたところ、攻撃側からストライク3の時点でボールデッドだから、打者は1塁ではないかとのクレームがつきました。
結局、守備側が大量リードしていたこともあり(守備側が譲歩してくれた)、攻撃側の主張を通した結果となり、1アウト走者1塁にて再開しました。
問題は、球審のストライク3のコールが遅かったところにあるのでしょうが、私は打者がベンチに帰った時点で振り逃げの意思なしということでアウトが正しいジャッジではないかと思うのですが・・・
ルール等に精通されている方のご意見をお聞きしたく、質問させていただきます。よろしくお願いします。

少年野球の審判のジャッジについて
先日、実際に起こったケースですが(私は審判ではありませんが)、
1アウト3塁、2ボール2ストライクの状況です。
ボール球を打者がハーフスイングしたところ、捕手が後逸し、ボールはデッドゾーンに入ってしまいました。
球審は、ストライク・ボールのジャッジをせず(コースはボールだが、スイングしたかどうか迷っていたのと後逸したボールの行方に注意がいってしまっていた)、遅れて3塁審にスイングチェックを委ねたところスイングとのジャッジでした。
打者は、ストラ...続きを読む

Aベストアンサー

No.2で回答した者です。

ボールデッドになった時の審判の対応が違っているので
再開の時どの様にするのかは難しいですが、キャッチャーが
3塁塁審にスイングのリクエストして、塁審がスイングを取ったのなら
3塁走者のホームインを認め、ランナー1塁でも間違いでは無い気もします。
(ここでスイングのリクエストをするのは、少年野球位かな?)

記録はどうでも良いかもしれませんが、打者の記録は三振
1塁に生きたのは、振り逃げではなくボールデットラインを
超えたためですね。

本来であれば、ボールデッドラインを超えた時点でタイムを掛け
3塁走者を無条件でホームに入れます。
(この時打者のカウントは2-3のままでも構いません。)

その後キャッチャーがスイングのリクエストをして、塁審が
スイングを取ったのなら、打者は三振ですがボールデットゾーンを
超えているので、審判は1塁に行く様に促します。
(非常に不思議な光景を見ている感じになりますけど・・・)
そうで有れば、1点が入り1アウト1塁でも良いでしょう。

少し本題から離れますが、振り逃げが出来る状況でキャッチャーが
完全に後ろに逸らしてしまった場合、球審はスイングを取る様に
言われている連盟が多い様です。

以前、動画サイトでこの様な判定を集めた者が有りましたが、今探しても
出てきませんでしたが、一応
http://www.youtube.com/watch?v=qhkvVF16KPY
を見つけましたので、ご覧になってください。

敢えて説明の必要は無いと思いますが、この時球審がスイングを取らなければ
打者は1塁に走る事は無いでしょう。
しかし、キャッチャーがボールをとり、1塁塁審にリクエストをして
スイングを取れば、揉め事になってしまいます。
(勿論これはこれで仕方がないとも言えますけど)

仮に打者が「振ったかも」と思い、1塁に走りセーフのタイミングだった場合
キャッチャーはリクエストをしませんので、1塁に走った打者は
バッターボックスに戻されてしまいます。

この様なトラブルを回避するための申し合わせだと思いますが
勿論強制的な物では有りません。

No.2で回答した者です。

ボールデッドになった時の審判の対応が違っているので
再開の時どの様にするのかは難しいですが、キャッチャーが
3塁塁審にスイングのリクエストして、塁審がスイングを取ったのなら
3塁走者のホームインを認め、ランナー1塁でも間違いでは無い気もします。
(ここでスイングのリクエストをするのは、少年野球位かな?)

記録はどうでも良いかもしれませんが、打者の記録は三振
1塁に生きたのは、振り逃げではなくボールデットラインを
超えたためですね。

本来であれば、ボールデ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報