D体、L体について調べていてわからないことがあるので質問します。
キラルな構造をもつ分子は旋光するのに、キラルでない構造をもつ分子は旋光しないのですか?
分子構造のどの部分が旋光に関係しているのでしょうか?

A 回答 (2件)

> どの部分


電子.

透明な分子であっても,分子に光が当たると,光量子は分子の中の電子にいったん吸収され,その電子が再び光量子を放出するのです.
物質中ではこのように光が伝播するので,そもそも速度が真空中より落ちるとか,屈折とか,そういう現象が発生すると.
光量子として放出されずに,いったん別のエネルギー形態に (たとえば電子の遷移) 使われると,いわゆる吸収とか蛍光発生とか,そういうことがおこるわけですが,そうでなくても電子が電磁波である光を吸収/再放出していると言うこと.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
電子が関係しているのですね。もう少し自分で調べてみます。

お礼日時:2009/05/21 20:58

>分子構造のどの部分が旋光に関係しているのでしょうか?


それが容易に説明できたらノーベル賞を貰えます。
多分「時間を含む場の量子論」が必要になるはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 21:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報