現在の広ストライクゾーンというのが規則どおりでなく気持ち悪いなと感じているので、もしも、3回ファールは三振にして、そのかわりホームベース上しか厳密にストライクではない、というふうにしたらずっとすっきりしないでしょうか?ファールで粘るという醍醐味はないですが、そのほうが促進にもなりますし、投手にも優しいのではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ご指摘のルール改正は、高校野球にぜひ導入して欲しいですね。


高校野球では、少ない投手が連投を強いられることで、好投手ほど過酷な投球によって肩を壊して消えるリスクが高いと言われています。また、夏の地方大会や甲子園の、本来野球などやるべきではない高温下での試合時間を短くすることで選手や観客の負担も減ります。

ルール改正の骨子は

「ボールがホームベースの上を通過したかをセンサーで判断し、球審は高さのみを見てボール・ストライクを判定する」
※ 地方球場で、あるいはふだんの練習でこれを実行できるか難しそうですが…

「ファウル=ストライクとし、2ストライク後のファウルで3ストライク=三振とする」
※ 特に問題ないと思います。ファウルで粘るバッター、例えばかつての元木などは見ていて気持ちの良いものではありません。
うろ覚えですが、東京ドームでの巨人=広島戦を球場で観戦した際に、広島のピッチャー高橋建に対し元木が10級以上ファウルを打ち続けたことがあり、いい加減にせい!と思いましたね。
こういう非生産的なプレーが消えるのは良いことです。

このルール改正は、高校野球だけであれば「教育の一環としての公式野球の改善」ということで問題なく出来ると思われます。錦の御旗は「投手の負担軽減、試合時間の短縮」ですね。

大学・社会人・プロでこのルールを適用するとなると、例えばNPBとMLB、その他の国のプロ野球機構との協議が要りそうですね。ただし、研究するに値するルール改正と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご賛同ありがとうございます。
あながち荒唐無稽なことを考えたわけでもなかったのですね。
どうも、いい加減なルールどおりでないストライクゾーンや、やたら投手に負担がかかり、さらに時間の浪費にもなるような現在のシステムを、もっと単純明快なものにできればもっと観戦しやすいものになる気がします。

お礼日時:2009/05/24 18:09

ぽこぺろぽです。

ゴメンナサイ、ご質問の趣旨を取り違えておりました。

 ルールブック本来のストライクゾーンでのジャッジを厳守するかわりに、3バントと同じくヒッティングでも、2ストライク後のファールは3ストライクアウトにすべきではないか?というわけですね。はい、筋が通っていますね。投手は甘いコースに投げざるを得ず、打者は追い込まれては不利になるわけですから、必然的に早いカウントでの決着を余儀なくされます。

 もしストライクゾーンだけを修正したならば、必要以上に打者有利になります。逆にファールで粘ることだけを禁止したならば、必要以上に投手有利となります。この点もご賛同いただけるでしょう。

 懸念される試合進行は早くなるでしょう。四球と三振が増える可能性がありますが、かなり球数は減るでしょう。安打率にはあまり影響がないと思われます。そうなると先発投手の完投が望めるようになり、従来より少ない投手数で賄うことになると考えますが、これについてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2ストライクをなるべく取られない、という選択をしていくのでしょうかね。ストライクゾーンの習性(ルール還元)とファールの三振は、結局双方を不利にしますから、イコールでいけるのではないでしょうか。ストライクも入らないような投手は四球の連続で降板するだけですね。

無駄な球を投げる必要がないので、完投の可能性が高まる、無駄な投手交代がない、時間が節約できる、そこも気付かせてもらいました。いいことずくめじゃないでしょうか?
ただ、やたら後ろに飛ぶ玉で三振が増えて、フェアーゾーンでのプレイが激減すると、何のために守っているのかということにもなります。
その辺はバッターが新ストライクゾーン(ルール通り)に適応して、ファールをなるべく打たないという技術を身につけるのではないでしょうか。

お礼日時:2009/05/23 08:02

野球が面白くなるのであれば賛成ですが試合進行を早める事がそんなに良い事なんでしょうかね?



ストライクゾーンに関しては、センサーの導入をすれば解決するでしょうね

ファールで粘った末に出塁する/打ち取られる
これなくしたら日本の野球はつまらなくなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、ファールで粘ってもじらされるだけですからね。無駄な時間派使わないほうがいいでしょう。
本当にホームベース上に決定できればおっしゃるようにセンサーで判定できそうです。

お礼日時:2009/05/23 07:56

#4です。

お礼コメントに対する回答を繰り返すのは良くないですが、

>「ボールが全然ベース上を通り過ぎなくてもストライクにする」

私は知らないのですが何からの情報でしょうか?

>前に飛ばせる範囲しかストライクになりませんから

質問者様の言われるストライクゾーンでもそうそう前に飛ばせるものではないと思います。ボールに逃げる変化球やタイミングをはずす変化球もあり、それをファールで逃げることが出来なくなるので。これはここで答えを出せるものではないですが。

>ストライクボールの判定に不満を感じることもそうなくなるじゃにかと
きわどい球をファールで逃げられないので、不満が増える可能性があります。ストライクの定義を厳格にしても、審判という人の目で判断するので、審判がストライクに見えた球が選手にもストライクに見えるとは限りませんし、審判のストライクゾーンがぶれなくなるわけではないですから。

>現状の2ストライク後ファールでもよし、はアメリカ的発想なんですね
ご存知かもしれませんが、もともと野球はストライクもボールもなくバッターが打つまで投げていた→ストライクによる三振が出来、ボールによる四球が出来た。(最初はもっと多くのボールで出塁)→ファールも2ストライクまではストライクになった。
他にも最初は投手は下手投げのみ→上手投げありなど、技術が向上し打ちすぎになるのを抑えるため、アメリカでルール改正がされてきました。
ですのでアメリカ、日本関係なく「打ちすぎになるからファールでも3ストライクに」という考えはありだと思います。

試合進行を速くし、投手にやさしくするのを目的とするなら、
三振でなく二振や一振(バランスを考えれば同時に四球でなく三球や二球)にする、という手もありますね。

質問サイトでなく直接お話ししているなら、まだまだ述べたいこと、伺いたいこともあるのですが、この回答で止めておきます。長々とすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございます。
いちいち最もですね。
センサーの導入などで、ホームベース上を通り過ぎたかは決定できるのではないでしょうか。あとは高さだけです。
いろいろルールは変遷してるのですよね。

お礼日時:2009/05/23 07:55

今のルールはストライクゾーンをかすめてもストライクなのを、完全にストライクゾーンの中をボール全体が通らないとストライクにしない、という風に狭くするという事ですよね。



質問者様の言わんとすることは、ストライクゾーンを狭くするが2ストライクからのファールもストライクにする、と理解しました。

バッターからすると、打ちにいったときどうせファールでもアウトならきわどい球は見逃すようになり、ストライクゾーンが厳しいのでボール球になりやすい。結果バッターがぜんぜん振らなくなり、ピッチャーがストライクに投げられるかどうかだけの競技になってしまいます。
またファールで三振というのはバッターにとってあまりにも不利でしょう。ファールで粘る醍醐味どころか、打って得点するという野球の醍醐味自体がなくなると考えられます。

この回答への補足

今のルールは、
「ボールが全然ベース上を通り過ぎなくてもストライクにする」
ではないでしょうか?
野球の原則である
「ボールがベースの上をかする」
魔でしかストライクにしない。
これが守られるべきではないでしょうか

補足日時:2009/05/19 23:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、補足読解ありがとうございます。
お考えは納得するものがあるのですが、なお疑問が残ります。

>打ちにいったときどうせファールでもアウトならきわどい球は見逃すようになり、ストライクゾーンが厳しいのでボール球になりやすい

前に飛ばせる範囲しかストライクになりませんから、そのきわどい玉はたいていボールです。なので、ピッチャーは当然ストライクでアウトを狙います。これは至極野球の原理的なことではないでしょうか。また、そういうストライクを前に飛ばせないような打撃はアウトなわけです。

>結果バッターがぜんぜん振らなくなり、ピッチャーがストライクに投げられるかどうかだけの競技になってしまいます。

大いに結構じゃないでしょうか?そのストライクで三振を取ることこそだいごみじゃないでしょうか。

>ファールで三振というのはバッターにとってあまりにも不利でしょう。

促進になるうえに、ベース上を過ぎる範囲しかストライクではないのですから、有利不利はそう変わらないかあるいは有利なのでは?

お礼日時:2009/05/19 22:56

ぽこぺろぽです。

実は私、野球にはちょっとうるさいのです。これまたガーコンさんお得意の、if系のご質問ですね。ご質問文をよく読めば、ルールブックの次元の問題とは勘違いしないはずですよね。それでは一緒に考えてみましょう。

 まず、ガーコンさんのご高見を讃えなければなりません。おっしゃるとおり、ルールブックに記されたストライクゾーンよりも、実際にジャッジされるストライクゾーンはかなり広いのです。投捕間の距離から考えると、ルールブックどおりのストライクゾーンに従ってジャッジされると、現実にはかなりストライクは取りづらく、しかも甘い投球となるため、概ね現行のストライクゾーンで問題はないと思います。おそらく、この点では同意していただけることでしょう。

 問題は何かといいますと、ご指摘のように際限なく粘る打者のせいで、試合進行が遅くなるということでしょう。これまた素晴らしい目のつけどころです。実際に2ストライク後から3球以上も粘る打者は、一試合に数人しかいません。これらの打者は、その打席において必ず出塁するわけではありませんから、試合進行のスピード化を優先させた場合、ご質問にあるようなルール変更を行うことも検討してもよいでしょう。

 そもそも、ベースボールの本場アメリカでは、草創期においてボール何球で歩くかは、はっきりと決まっていませんでした。結局は3ストライクでアウト、4ボールで打者に一塁を与えるというのが、ゲームバランス上ではよいとされて、正式に四球というルールが制定されたのです。

 また、アメリカはチャンスの国であり、オフェンスの優位性を重んじる国ですから、2ストライク後はファールはノーカウントの打ち直しとされたのです。ですから、守りに美学を見いだし、重きを置く日本では、特別ルールとしては、ご提案のようなルールを、試験的に採用してもよいと思います。これは各競技でルール改正のための試験試合が行われることからも、決して突飛なご発言ではありません。むしろ、このような柔軟なお考えは重んじられなければなりません。ちなみにQAで新質問あります。柔軟性バンザイ!やはり、ガーコンさんは素晴らしくユニークなお方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この質問は、なぜ3バントはアウトなのに、スイングのファールはいつまでもアウトにならないのか?という疑問から発しました。

お詫びしなければならないのは、その3ストライク目のファールを空振りとみなすという意味です。そこがわかりにくかったでしょうか?

>概ね現行のストライクゾーンで問題はないと思います。おそらく、この点では同意していただけることでしょう。

それに同意しないのです。ホームベースを通り過ぎる玉しかストライクではない、その野球のルールの原則に戻って、打高投低の現状をどう打開するか?と考えたとき、この質問が思いつきました。その本当のストライクで野球になること、ならば、3ストライク目のファールは3バントと同じくアウトにせよ。そうすれば、釣り合いが取れるじゃないか?審判も苦労しないじゃないか、ストライクボールの判定に不満を感じることもそうなくなるじゃにかと。

ご指摘のような粘りが特徴のバッターがいますね。そういうのの遅延予防と、もっと一般に
「2ストライクからはファールできない」
ということにするべきではないかと。

現状の2ストライク後ファールでもよし、はアメリカ的発想なんですね。そういわれればオフェンシブな雰囲気ですね。私のルールのほうがより日本的でしょうか。

お礼日時:2009/05/19 23:03

ホームベースの上空を通過しなければボールになると思います


しかも高さにも制約があるので現行のストライクゾーンはかなり狭いと思いますよ
ピッチャーズマウントからストライクゾーンにボールを届かせるのは至難の業ですよ
    • good
    • 0

プロ野球の競技規約をちゃんと見ましょう



ホームベース上しか厳密にストライク
(高低も含む)
ならば今よりストライクゾーン増えます
意外と
ストライクゾーンの規約は複雑なので一読して下さい
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生を連れてボーリングに行くのですが・・・

小学生数名を連れてボーリング場に行く予定なのですが、ボーリング場の機械操作はかんたんですか?

ボーリング場なんて数回しか行った事がなく、操作も他人任せでしたのでよくわかりません。

Aベストアンサー

私がよく行くボーリング場では特に操作することはありません。

(1)入口で受付して、
(2)ボーリング用シューズを選んで、
(3)ボールを選んで、
(4)順番に投げる

1ゲーム終わったら、
(5)「次のゲーム」か「終了」を選ぶ
だけです。
操作するといったら(5)だけですが、
ボーリング場やシステムによって違うかもしれませんね。。

Qストライクゾーンについて(なぜ規定どおりにしないか)

現在のプロ野球を観ている限り、ストライクゾーンは規定よりも横長(ホームベース上の外を通った玉もストライクにしている、しかし高さはあまり幅がない)に設定しているようですが、これの理由はどういうことなのでしょうか?

高さをもっと幅広く取って、横をもっと狭くする(結局ホームベース上を通る玉で打者の膝からわきの下?)とすれば問題はないのではないでしょうか?

Aベストアンサー

やはり審判も人間です。

審判の身長・目線の位置・性格・バッターの身長・キャッチャーミットの位置などなどいろいろな条件が重なってストライクかボールかの判断を審判が決めます。

ストライクゾーンの定義は決まっていますが、なかなかそれどおりに判断できるものではありません。

そのため、よくストライクの判定が甘いだの厳しいだの言われますが、審判がその試合の判定を下せる以上、それに従うしかありません。

アメリカの審判と日本の審判も違ったりしますが、定義通りにいかないのが現実でしょう。

Q三振のK

Kは三振を表すそうですが、なんの略でしょうか。
三振はstrikeoutというようですが、これとは関係ないんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なぜ'K'か?
スコアブック上で三振をKと表記する理由は諸説あり、「Strike Out」のKを採ったとする説が最も有力である。これは、頭文字の「S」や「SO」をそのまま表記してしまうと、「Sacrifice(犠打)」や「Steal(盗塁)」、「StealOut(盗塁死)」と被ってしまうからだと言われる。他に、ルールブック編集者がアウトにする方法を適当に箇条書きした上で、アルファベットを一文字づつ振っていき、その結果、偶然にも三振のところに「K」が振られたのが、「三振=K」の理由とする説もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%8C%AF

Q【ファールチップ 三振】

ツーストライクから打者がファールチップを打った場合、キャッチャーがそのまま捕球すれば空振り三振になりますね。

【質問1】
ツーストライク後のファールチップを捕手がミットで直接捕球しなかった場合は三振にならない…と知人に聞きました。
(例えばファールチップした球が捕手のマスクに当たり地面に落ちる前にミットで捕球した場合やお腹で抱え込むように捕球した場合)
この知人の解釈は正しいのでしょうか?

【質問2】
上記質問1が正しいのであれば、ファールチップ後の球が身体のどこにも触れずミットと逆の手(右手)で直接捕球した場合は?

今の今まで『ツーストライク後のファールチップは地面に落ちるまでに捕球すれば三振』と思っていましたので、友人の話が納得できないのです。
どなたか詳しく解説して下さい。

Aベストアンサー

質問1
お友達が正解
打球が最初に捕手の手またはミットに当たったものであれば、その後マスクやプロテクターなどに当たって跳ね返っても、地面に落ちる前に捕球すればファウルチップであり、ストライクとなります。これに反して、最初にマスクやプロテクターなどに当たって跳ね返ったものを捕球しても、正規の捕球とはならないので、ファウルボールです。
質問2
手(素手)はミットと同様に判断され正式な捕球と見なされ故に三振アウトです。

QPS2のプロ野球ゲーム

PS2のプロ野球ゲームを買おうかと思っています
・実況パワフルプロ野球12
・ベースボールライブ2005
・プロ野球スピリッツ 2
・プロ野球チームをつくろう!3
の中で皆さんはどれが良いと思いますか?
また、その他にも面白いプロ野球ゲームがあれば
教えてください。

Aベストアンサー

リアルさではプロ野球スピリッツ2ですが(今年初めてやりました。すごい迫力に感動しました)
でもやっぱり?パワプロではないでしょうか?モードもたくさんあるし、自分が主人公になるマイライフも最高です。10年も続けられてプレイできます。(2軍スタートから始まって、下で経験をつみながら1軍に呼ばれて活躍、だめなら2軍へ、などまたある程度時間がたてばFAも獲得でき、自分の好きなチームへ移籍する権利がもらえます)そういった自分がプロ野球選手になったみたいな体験もできるから内容的に最高だと思います。ペナントでは1年で終わるだけでなく10年も続けてペナントができるので内容的に充実していますよ。1年目が終了すればオフとなり選手の引退から新入団選手など自分が思うままに進められるから最高だと思います。
参考になれば幸いです。

Qファールゾーンでのエラー

ファールゾーンで野手が落球(エラー)した場合は、落ちた場所がフェアじゃなければ記録上はただのファールですか?エラーは記録されるのでしょうか?俗に言う「見えないエラー」でしょうか?

エラーだとしたら、直後にその打者に四球や安打で出塁され(ホームランも?)得点した場合は投手には自責点には含まれないんですかね?

Aベストアンサー

それでは、正解を申し上げましょう。

ファールフライでもエラーは記録されます。(もちろん、公式記録員の判断ですが。)

そのため、その後の自責点の計算方法にも影響してきます。


また、補足ですが、

>ファールゾーンで野手が落球(エラー)した場合は、落ちた場所がフェアじゃなければ記録上はただのファールですか?

ファールゾーンのフライを落球し、落ちた場所がフェアゾーンであっても、ファールです。

Qプロ野球順位予想

主に現役プロ野球解説者のプロ野球順位予想が
掲載されているところはないでしょうか?。
順位と総合評価コメント付あれば、なお良いです。

かき集めて統計を取ってみたいと思います。
ノムさんのは先日掲載ありましたので回答しなくても良いです。

Aベストアンサー

週刊ベースボールがいいと思います。

三月十七日に発行の。

八人以上の解説者が順位予想をしています。
もちろん、コメントも載っています。

バックナンバーも本屋さんに言えば
取り寄せられるので、見る価値は
あると思います。

お役に立てたら、幸いです。

Q新ストライクゾーン・・・

去年でしたか一昨年でしたか、
ストライクゾーンが高め方向に拡がる
「新ストライクゾーン」なるルールが作られましたが、
最近のプロ野球を見る限り、元のストライクゾーンに
戻っている気がします。

以前なら、捕手が半立ちの状態で捕球しても
「ストライク」をコールする審判がいたりして
(これは打者の身長にも関係するでしょうが)よく打者から
クレームをつけられるシーンを目にしたものですが・・・

現在、あのゾーンは正式に撤廃されたのでしょうか?
有耶無耶のまま元に戻っている現状、もしくは私の目が
新ストライクゾーンに慣れてしまっただけなのでしょうか?
ご回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は元ノンプロ選手ですが、最近は野球からご無沙汰なので、その規程はわかりませんが・・・おそらく、正式なルール自体に変更はないが、特に高めの投球に対し、ルールブックとは明らかに異なった判定が常習的になされているとなり、ルールブックに忠実に判定しようと申し合わせが行われたものだと思います。
しかしながら、長年の野球の歴史には勝てず、その申し合わせも忘れられたか、やめようとなったのではないでしょうか。ストライクゾーンが大きく変わったら、それまでやってきた選手が戸惑い、結局は選手が戸惑ったら面白くなくなりますからね。


ルールブックから抜き出します。

2・73
STRIKE ZONE「ストライクゾーン」--打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の上部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。
このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。
【注】投球を待つ打者が、いつもと異なった打撃姿勢をとってストライクゾーンを小さく見せるためにかがんだりしても、球審は、これを無視してその打者が投球を打つための姿勢に従って、ストライクゾーンを決定する。

この文をよーく読んで下さい。
肩の上部とは?右肩?左肩?
ズボンの上部とは?ズボン縁は必ずしも水平ではないから、どの位置で測る?ズボンの長さで変わる?下げてはいている人は?ひざ頭の上部とは、どこ?
そもそも「打つための姿勢」って測れる?
いつもと異なった打撃姿勢って、そんなのわかる?知らない選手だったら?

いかに曖昧な規程かがわかると思います。

これを機械で測れますか?
そしてルールブックによれば、打者それぞれによって上下のストライクゾーンが変わってきます。あなたのストライクゾーンは、ここからここまでです、となれば、紛争になってしまうのは目に見えます。

よって私の回答は「ストライクゾーンなどあってないようなものである」原状のルールで明確に決められるものではないということです。


そもそもが「ストライク」とは「打つ」と言う意味です。
要は打つべき球というところから来ています。

審判の目から見て「打つべき球」が「ストライク」となるのです。そもそも規程どおりに測れないですから審判の感覚でしかありません。
よって審判それぞれによってストライクゾーンは変わるのも理解できます。「打つべき球」がストライクなわけですから、例えばイチローが主審をしたら、ストライクゾーンは広くなるでしょう。

ルールが変わったとしても、審判のその感覚はルールで変わるものではないですね。

私は元ノンプロ選手ですが、最近は野球からご無沙汰なので、その規程はわかりませんが・・・おそらく、正式なルール自体に変更はないが、特に高めの投球に対し、ルールブックとは明らかに異なった判定が常習的になされているとなり、ルールブックに忠実に判定しようと申し合わせが行われたものだと思います。
しかしながら、長年の野球の歴史には勝てず、その申し合わせも忘れられたか、やめようとなったのではないでしょうか。ストライクゾーンが大きく変わったら、それまでやってきた選手が戸惑い、結局は選手...続きを読む

Qいいイラスト素材知りませんか?

ワードなどで使うイラストで良いのを知っていたら教えて下さい<(_ _)>
野球クラブのお手紙を作っているのですが、いいイラストが見つかりません!クリップアート以外で無料なサイトがありましたら、お願いします!

Aベストアンサー

ここへいちど行ってみてください
 そしてもしお気に入りの画像が有ればその画像の上で右クリックで画像を保存を選択すれば利用できます。
 当然このサイトを出しておき
 ワードで入れたい場所にコピー&貼り付けでも利用できます。

参考URL:http://www.arttodayjapan.com/tour/search_results.php?show=std&i=12&lang=jp&lb=https%3A%2F%2Fwww.arttodayjapan.com%2Fentr

Qストライクゾーンについて

今更ですが、ストライクゾーンって公式に元に戻ったんでしょうか?
確かボール1個分上に広かったはずが、審判によって判定がまばらで、シーズン後半になると元々のストライクゾーンに近い判定ばかりになっていました。それ以来ずっと戻ったままです。
「あれ?やっぱり旧ストライクゾーンに戻したのかな?」
と思っていたところ、低反発球を使用することになりました。これって試合時間短縮の為に投低打高を変えようとする試みに思えるんですが、だったら何故ストライクゾーンが狭いままなのでしょう?

Aベストアンサー

大変重要な事にきずかれましたね、今起きている
  プロ野球改革と密接な関係があります。
  一度ストライクゾーンを広げ試合時間が短縮
  されました、スピードアップされ大変良かった
  と思いました。しかしこの事を良しとしない
  関係者がいました、
  1)テレビ局 試合が早く終わると、コマーシャ    ルの回数が減り収入が減少する。
  2)球場の弁当販売業者、グッズの販売業者
    試合が早く終わると売り上げが減少する
    つまり球場の収入も減少する。
  3)球場の周辺の飲食店も試合が早く終わると
    困るのです。
  これら関係者の圧力で再び元のストライクゾー
  ンに戻ってしまい、再び一番試合が白熱している
  時、大変残念ですが放送終了の時間になりました
  というもっとも聞きたくないアナウンスが再び
  流れる事になってしまいました。
  このような視聴者不在、観客不在、の野球は
  昨日の横浜巨人戦のように観客1万7千人
  という驚くべき数字があらわしているのです。
  再びストライクゾーンをもっと広げてスピード
  アップを図らないと野球そのものがなくなって
  しまうのは、時間の問題です。

大変重要な事にきずかれましたね、今起きている
  プロ野球改革と密接な関係があります。
  一度ストライクゾーンを広げ試合時間が短縮
  されました、スピードアップされ大変良かった
  と思いました。しかしこの事を良しとしない
  関係者がいました、
  1)テレビ局 試合が早く終わると、コマーシャ    ルの回数が減り収入が減少する。
  2)球場の弁当販売業者、グッズの販売業者
    試合が早く終わると売り上げが減少する
    つまり球場の収入も減少する。
  3...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報