義理の兄が2年前に会社を辞め事業を始めたが最近倒産して後始末  に追われています。これまで妻から再三借金をして今年に入り私にも 保証人の依頼や借金を申し込みにきました。断りましたが。
 そのおかげで様々な問題が今年の初めから次々と出てきてそのおかげ
 で妻は心身共に疲れ、私たちの平穏な生活が壊されました。
 まあ、妻には「貸した金は返ってこない覚悟しとけ」と言いました。
 当然、義理の兄は住む家や全財産失い離婚間近の状況です。義理の姉
 は事業をすることには猛反対で私の妻も反対したらしいです。
 現在、仕事の取引先や他の債権者に返済を迫られ、義理の兄からの
 話によると弁護士に自己破産申請中とのことです。ただ、取引先や他 の債権者にはヤクザ絡みの者もいるとのことです。妻の話によると
 最近取引先の人間が自宅に来て「義理の兄と連絡が取れないので何と かして欲しい」と迫れたらしい。不審者が近所からみているかも?
 義理の兄は別の仕事をして借金を返すらしいが私は信用できない。
 前置きが長くなりましたが下記の点についてみなさまの過去の経験や 現在このような仕事に携わっていればアドバイス願います。
 ・本当に自己破産が決定すれば債務は負わなくて済むのか
 ・私や妻は保証人(連帯も含む)にはなっていないが、債権者が来る  ことは法的に問題があるか。その際、恐喝まがいの状況になった
  場合録音テープまたは顔写真を撮って警察に持ち込んだ場合に
  どのように対応してもらえるか?
 ・私は担当弁護士と会って本当の兄の現状、今後についていろいろと  聞きたいが重要な点は何か?
 ・その他大事なことは?
  
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

以前、法律事務所で務めていたことがありますので、お役に立てればと思い、ご回答させていただきました。前回答者様と重なる部分があるかと思いますが、それだけ信憑性がある情報だと理解していただけるとありがたいです

>本当に自己破産が決定すれば債務は負わなくて済むのか
免責された債務は、全て払う必要はなくなります。裁判所に全ての債権者を申告しているにもかかわらず、一部の債権者のみが免責されず、それ以外が免責される…などという、中途半端なことは起こり得ません。「全て免責される」か「全て免責されない」かです。

なお、「義理の兄は別の仕事をして借金を返すらしいが…」というくだりがありますが、自己破産の申請中にこの行為は非常にまずいので(自己破産の免責が下りなくなるおそれがあるのです…一部の債権者のみに返済することを偏頗弁済といい、免責が下りない理由のひとつに挙げられます)、すぐにでもやめさせたほうがいいとは思います…が、私も状況を完全に理解しているわけではありませんし、後述するつもりですが、ご質問者様や奥様に返済義務はありませんので、自己破産で免責が下りるかどうかは、本人の行動次第に任せましょう。

>私や妻は保証人(連帯も含む)にはなっていないが、債権者が来ることは法的に問題があるか。その際、恐喝まがいの状況になった場合録音テープまたは顔写真を撮って警察に持ち込んだ場合にどのように対応してもらえるか?
保証人になっていらっしゃらないのでしたら、いくら血縁関係、姻族関係であるとはいえ、借金を支払う必要は全くありません。債権者が来ても、そのように断言しましょう。ヤクザまがいの方でしたら、法律を曲げて債務者におどしをかけ、お金の支払を迫ります。

おっしゃるように、とんでもない請求が来た場合には、録音やメモをとっておくようにしましょう。業者から電話をしてくる時間等も、法律で規制があり、それに違反すると行政罰をくらわせることもできます。

詳細については、下記のページを参考にしてください。

なお、請求があまりにも厳しく、暴力的な行動に出そうな人が請求に来た場合には、専門家に任せて反論させるのが一番かと思います。

ですので、やはり警察や弁護士に相談するようにしましょう。警察は、実際に被害を受けている証拠を持っていけば、代わりに電話に出てくれたり、見回りをしてくれたりするそうです(間接的に聞いた話ですが)。

>私は担当弁護士と会って本当の兄の現状、今後についていろいろと聞きたいが重要な点は何か?
残念ながら、自己破産を行なっている弁護士さんは、個人情報の守秘義務がありますので、その方にお聞きになったとしても、やはり教えてもらえないと私も思います。

ですから、そういった状況を踏まえて、別の弁護士さんにご質問者様が別途相談なさるほうが、確実かと思います。

もちろん、義理のお兄さんを担当している弁護士さんに、別途、ご質問者様が相談に行ってご自身の相談をなさるのは可能だと思います。義理のお兄さんの進行状況のみを聞いて、判断できることもあるかもしれませんし…。

ただ、自己破産されようと、されまいと、保証人になっていらっしゃらないのでしたら、どう動いても本来は何の関係もないので、ご質問者様は、何とか請求を止める手続きのほうに進まれたほうがいいかもしれません。

お役に立てれば幸いです。事がうまく進まれることをお祈りしています。
    • good
    • 0

  


●本当に自己破産が決定すれば債務は負わなくて済むのか
   破産手続だけではなく免責決定まで行うことで確定します。(通常は行いますが)
   免責債権の中に含まれない債務は対象にならないので、全ての債務を弁護士に伝え、
   漏れなく行うことが必要です。

●私や妻は保証人(連帯も含む)にはなっていないが・・・・。
   第三者弁済ということで法的に無関係の者が任意に債務を引き受けることは可能です。
   債権者もダメ元で打診してくる可能性はあります。
   ハッキリと断ること、今後この件で連絡をしないよう伝えること、が必要です。
   重ねて返済を求めてくる場合は、法的に問題ありです。
  恐喝・脅迫された場合には警察に対応を依頼できます。
  録音テープまたは顔写真などがあれば、対応してもらいやすいと考えてよいと思います。
  どのように、というには具体的にはわかりません。

●担当弁護士にいろいろと聞きたいが・・・・
  相談者が依頼主ではないので、基本的には教えてくれないと思います。
  兄と同行するか、ダメ元で聞いてみるかのいずれかになると思います。

●その他大事なことは?
  万一、兄に相続が発生した場合には、相続放棄手続をとる必要があります。
  妻子が相続放棄すると、次順位の相続人に相続権が移りますので、
  自分は相続人ではないからと油断していると危険です。
  3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出る必要があります。
   
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懲役何年ですか?どこで知ることができますか?

知人が「暴力団を使った恐喝の容疑」で逮捕されました(そんなことをする人じゃなかったのに、、、)。大筋で容疑を認めているようです。こういう場合、やはり懲役刑になると思うのですが何年位でしょうか?
また知人(第三者)である私はその判決をどこで、どのように知ることができますか?そもそも判決は公開されるのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判は少年審判以外は公開が原則です。
起訴されれば間違いなく公開裁判がありますのでご安心を。


脅迫罪は刑法では、
(脅迫)第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

とあります。刑罰は情状にもよるんじゃないですか?
まぁ逮捕されたんだから不起訴はあんまり無いとして、初犯なら罰金かもしれません。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#s2.32

Q義理の兄夫婦から借金をもうしこまれた。

義理の兄夫婦から借金をもうしこまれました。私は40代男。自営。この不景気でもなんとかやっています。妻の実家は俗に言う資産家。家柄が違うといわれ昔からきらわれていました。その義兄からのもうしで、私は余裕がない。とことわり、あの広い土地を担保に金を借りろ。といったところあやふやな返事しかしません。虫けら扱いされた昔を思い出し、きつい事を行ったが妻のあにです。土地がすでに担保物権に入っているか個人で調べる事はできますか?できなければどこに依頼すればよいかおしえてください。

Aベストアンサー

 出来ます。土地の登記簿を見れば判ります。土地の売買の時には、第三者(=買いたい人)が、買いたい土地の権利関係を知る必要があるので、誰でも見ることが出来ます。

 具体的には、その土地の所管の法務局に行って申請します。下記のURLなどが参考になると思います。

参考URL:http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/

Q初犯にて恐喝罪+傷害罪を犯した場合「執行猶予」はつきますか?

初犯にて恐喝罪+傷害罪を犯した場合「執行猶予」はつきますか?

(恐喝罪+傷害致死罪だと「実刑」と聞きました)

*全治2週間の通院の診断書有り

Aベストアンサー

同じ罪状でも状況によって変わります。計画性の有無や動機、相手と示談が済んでいるか、反省し更生の余地があるかなど。

計画性の有無は意外と大きな分け目となる場合があります。突発的な犯行とは違い、思いとどまる機会が十分にあったにも関わらず犯行に及んだということですから。また動機についても、加害者の利益だけを尊重した自己中心的な動機と判断されたり、被害者へ与えた影響の大きさなども判断材料になります。

また一番大きな要素は、再犯の可能性と加害者の更生の余地です。例えば執行猶予として釈放した後の生活環境や加害者を支えることができる人物の有無、きちんと仕事について一般的な社会人として生きていく環境が整っているか、また本人に更生し今後はマジメにやっていこうとする固い意志が見受けられるかです。

様々な判断材料を考慮し決められます。

Q音信不通の義理の兄借金の事で質問です。

No.975113で質問した者です。
貴重な回答を頂きまして本当に助かりました。。
アドバス頂いた事をちゃんと兄に伝えた弁護士の先生のとこへ行ったりしたのですが、「上司〔実は日本テレビの有名なプロデューサーです〕にフリーのディレクターだった自分を使ってくれたりして、とても借りがあるからどうしてもその金は返済していくと言いはりました。それから音信不通の状態です。
 今回はまたその兄の事ですが、昨日、兄の知り合いの女性という方から手紙が届きました。
内容は、義兄に52万円というお金を貸している、しかし連絡がまったく取れないので実家へ連絡した。立替て払ってください。さもなければ、法的気手段を使って訴えてでも家族の方に払ってもらいますから。
との事です。たぶん以前同じ仕事関係だったらしく仲はだいぶ良かったみたいなので、「借用書」などは交わしてないようです。 
その女性に、実家の家族が、義理の兄が借りた女性の言うがままの金額を返さないといけないのでしょうか。詳しい方 教えてください。

Aベストアンサー

「法的手段」とやらをとれるものなら,取ってもらいましょう。しかし,この女性はおそらくしないでしょう。なぜなら,「法的手段」をとれば,負けるのは100%確実だからです。むしろ,この女性の方が違法性あり,との判定が下されるでしょう。
保証人でもなければ,たとえ親兄弟夫婦であっても,まったく関係ないのです。関係ない人から取り立てるのは犯罪行為そのものですので,動揺することなく,堂々と拒否なさってください。

Q損害賠償請求と恐喝とのちがい

おはようございます。
素朴な質問ですみません。
民事で、損害賠償請求と恐喝とは、どこで
線引きがおこなわれるのでしょうか?
警察は民事には介入しないといいますが、
恐喝だと、犯罪になるので、刑事事件になります。
弁護士をとおせば、賠償請求で、個人でやれば、恐喝に
なるのでしょうか?
また、文書についても、脅しとそうでないことの線引きは
どこになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「紙一重」といったところでしょう。

請求金額が客観的にも妥当であれば損害賠償だし、あまりに法外なら恐喝になります。その線引きを中立な立場で判断するのが裁判所。その手助けをするのが弁護士、ということになります。

「恐喝」は明らかに精神的苦痛を伴うような「脅し文句や容姿」で請求してきたとか、「私が受けた精神的苦痛は10億円に相当する」などというのもありますよね。個人や弁護士は基本的には関係なく、金額の妥当性だと思いますよ。

弁護士(正しくは悪徳弁護士)を使ってやさしい言葉でとんでもない金額を請求することもあるし、個人同士でも穏便に和解できることもあります。一概な線引きは難しいですね。

交渉時に暴力もしくは暴力的な言葉、いやがらせなどは交渉とは別に「その行為自体が刑事事件」になると思います。

Q個人再生のときの債権者の反対って

かなり専門的な話になるので、経験者か関係者しか回答していただけない気もしますが・・・
よろしくお願いします.
個人再生時の債権者の反対で、多いのは銀行と保証協会だとあるホームページでみました。
特に保証協会は原則として反対ときめてあるというものも
みました。
でも認められなければ破産で一円も返せないのに、まだ小額でも再生計画で返したほうがと素人の私は思うのですが
・・・本当に反対されてしまったりするのでしょうか
教えて下さい

Aベストアンサー

#1です。
商売をされている方であれば給与取得者特権を履行する
こともできないわけですね。
確かに小規模再生をされる場合、「債権者」の半数の
同意が必要となりますから不安になられる気持ちはよく
わかります。
ここであげる同意とは消極的不同意(つまり賛成も反対
もしない場合)であっても同意と認められます。
専門の弁護士によくご相談のうえ手続きをお進め下さい。
銀行側が積極的不同意をした場合の今後の方針などは
予めよく話し合って下さい。
確かに借りたお金だから返済したい。というお気持ちは
よく解ります。弁護士の中にはやたらと自己破産を薦め
られる方もいらっしゃいますが残しておきたい資産(
住宅)が無いのであれば民事再生、自己破産いずれでも
債権者側の立場(というよりその会社の方針)で反対
する時はしますし、反対しない会社はしてきません。
経験の多い弁護士であれば会社名(銀行名)と金額を
聞けばある程度、過去のやりとりで結果を予測致します。
相談センターや弁護士相談会でご自身の意見をよく聞いて
下さり納得のいく方と巡り合われれば最善の解決策を
導いて下さるはずです。

#1です。
商売をされている方であれば給与取得者特権を履行する
こともできないわけですね。
確かに小規模再生をされる場合、「債権者」の半数の
同意が必要となりますから不安になられる気持ちはよく
わかります。
ここであげる同意とは消極的不同意(つまり賛成も反対
もしない場合)であっても同意と認められます。
専門の弁護士によくご相談のうえ手続きをお進め下さい。
銀行側が積極的不同意をした場合の今後の方針などは
予めよく話し合って下さい。
確かに借りたお金だから返済したい。という...続きを読む

Q恐喝したら相手がカッターナイフを出してきたらどうしますか?

恐喝したら相手がカッターナイフを出してきたらどうしますか?

最近、夜出歩くときに不良をよく見かけます。
もしも絡まれたときに、どうしようと考えたのですが、
自衛のためにカッターナイフを所持しておくのはどうかと思いました。

そこで、恐喝を今現在している、もしくは昔したことがあるという人に聞きたいのですが、
恐喝したときに相手がカッターナイフを出して戦う意志をみせてきたらどうしますか?

Aベストアンサー

質問の意図が少し解りずらいのですが・・・
あなたが恐喝された時、もしカッターナイフを出して反抗したらどうするか?
という意味ですよね?

まぁ恐喝する時というのは弱い相手&勝てる状況を見極めて(相手を選んで)行なうので
カッターごときであれば怯まずに、カッターを出した時点で殴る蹴るの袋叩き・・でしょうね。

その様な状況で警察に捕まってもカッターで脅されたから反撃した!こっちが被害者だ!
という嘘の供述が通用するので人目を気にせず好き放題殴れます。
もし警察に逮捕された場合も、こっちはたかが暴行罪ですが
あなたは立派な銃刀法違反になります。

カッターナイフと言えども明確な所持理由なく身に付けていると
立派な銃刀法違反で逮捕されますし、揉め事中に出したとなると
人を傷つける為の凶器として所有&使用した、となるのであなたは100%逮捕です。
正当防衛を理由にしても所持してる時点で銃刀法違反が適用されるので
正当防衛は通用しません。

という事で、もし私が恐喝したのであれば
あなたがカッターを出した時点で袋叩き。
もし警察沙汰になったら警察に嘘を付いて、
逆にあなたに恐喝されてカッターで脅されたから反撃したと被害者を演じます。

こっちはせいぜい暴行・傷害罪。
あなたは銃刀法違反。

どっちが罪として重いか解りますよね。

防犯目的なら防犯ブザーを持つぐらいにしておきましょう。

質問の意図が少し解りずらいのですが・・・
あなたが恐喝された時、もしカッターナイフを出して反抗したらどうするか?
という意味ですよね?

まぁ恐喝する時というのは弱い相手&勝てる状況を見極めて(相手を選んで)行なうので
カッターごときであれば怯まずに、カッターを出した時点で殴る蹴るの袋叩き・・でしょうね。

その様な状況で警察に捕まってもカッターで脅されたから反撃した!こっちが被害者だ!
という嘘の供述が通用するので人目を気にせず好き放題殴れます。
もし警察に逮捕された場合も、こっ...続きを読む

Q債権調査票の取引内容の書き方

すみませんがご存知の方教えてください。
友人にお金を貸したのですが自己破産して債権調査票が来てしまいました。全ての取引内容は次の通りです。
貸し▲ 2007/8/1  \1,000,000
返済  2007/10/24 \1,000,000
貸し▲ 2008/5/31 \2,000,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/9/9   \100,000

この場合取引内容は次のようで良いでしょうか?
最初の借入れ等 2007/8/1  \1,000,000
最後の借入れ等 2008/5/31  \2,000,000
最後の返済    2008/9/9  \100,000
債務残高             \1,700,000

最初の100万円は取引が終わったという事にして次のようでしょうか?
最初の借入れ等 2008/5/31 \2,000,000
最後の借入れ等 (空白)
最後の返済   2008/9/9  \100,000
債務残高            \1,700,000

よろしくお願い致します。

すみませんがご存知の方教えてください。
友人にお金を貸したのですが自己破産して債権調査票が来てしまいました。全ての取引内容は次の通りです。
貸し▲ 2007/8/1  \1,000,000
返済  2007/10/24 \1,000,000
貸し▲ 2008/5/31 \2,000,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/7/14  \100,000
返済  2008/9/9   \100,000

この場合取引内容は次のようで良いでしょうか?
最初の借入れ等 2007/8/1  \1,000,000
最後の借入れ等 2008/5/31  \2,000,000
最後の返済    2008/9...続きを読む

Aベストアンサー

後者の考え方でよろしいと思います。
最初の貸金は完済されていて、債権がなくなっていますから。

利息をつける約束があったなら、それも計算して加えましょう。

また、いつまでに返済するという約束はあったのでしょうか?
あったのなら、約束の日以降は遅延損害金(民法では年利5%)を加えられます。

個人の破産だと一般債権には殆ど配当はこないでしょうが、
同種の債権は債権額に応じて配当が分配されますから、
きちんと申告しておく方がよいです。

Q知人達が先日、恐喝容疑で逮捕されました。

知人達が先日、恐喝容疑で逮捕されました。

額は40万円で二人逮捕されました。

どれだけ暴行したかはわからないです。

逮捕者 A 去年恐喝未遂での執行猶予(1.6年 4年)が解けて(去年12月)今度は恐喝で逮捕。

逮捕者 B 今年窃盗罪で執行猶予処分を受けています(保護観察、刑はわかりません)。

被害弁済をして、示談成功したとして被害届が下りたとすると、
起訴猶予の可能性はあるのでしょうか?。

起訴された場合Aは、執行猶予の可能性はあるのでしょうか。


あと、国選弁護士に示談へのお手伝い(お金など)をするつもりですが、
私が直接被害者に会い、被害届を下げるようお願いすると、警察、検察にマイナス効果ですか?


最後に、被害届が下げられ起訴された場合どのようあ処分なのでしょう?


大変長々と申し訳ございませんが、一つでもわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

20万を超える「恐喝罪」は、執行猶予は期待しないほうがいいでしょう。

A)懲役の可能性が濃厚です。
B)懲役確定でしょう。

何故Aが懲役かというと、前回の犯罪と同じ犯罪で、短期間での「再犯」ですから。
判決では、同系列犯罪を短期間で再犯した場合には「重たく」なります。
かなり、裁判官の心象も悪いでしょう。

>どれだけ暴行したかはわからないです。
暴行をして、怪我があれば「傷害罪」にもなります。

>私が直接被害者に会い、被害届を下げるようお願いすると、警察、検察にマイナス効果ですか?
被害者の気持ちが、わかりますか?
相談者が、面談の申し込みするのはやめましょう。

Q兄の借金

兄に4万円ほどのお金を貸しているのですが、まったくの返済能力が無いことをわかっているにもかかわらず返済をせまると暴言を吐き、暴力を振られそうにもなります。今はお金が入ってもすぐに使い、返す気がまったく無いようにおもいます。
本当に困っています。どうしたらよろしいでしょうか?アドバイスをお願いします

Aベストアンサー

間に誰か入ってもらうしかないように思います。

脅せば引く、と思われているふしがあるように見受けられました。
つまり舐められてる状態です。「また来ても脅せば帰るだろ。そのうち諦める」という感じ。
こうなってはもう当事者間だけでの解決は難しいと思いますので
親なり知人なりに協力を仰ぎ、説得の助けをしてもらうなどした方がスマートです。


人気Q&Aランキング