こんにちは。
とある家主に代わり質問させて頂きます。
 退去された部屋のリビングのフローリングが3分の2ほど
傷だらけでした。
引っかき傷というよりも深くえぐれており、全面張替え
をしないと見た目があまりにひどい状況です。
 ついては借主に費用負担(そこだけで10万円)を依頼しました
が、傷の範囲内分の6万円しか負担しないと主張しております。
もちろんその範囲だけの張替えというのは物理的に不可能なの
ですが、ガイドラインに沿えば相手の主張も正しいとなるので
しょうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ガイドラインには「原則m2単位。

毀損等が複数箇所にわたる場合は当該居室全体」と書かれています。

原則は毀損箇所のみm2単位で借り主が負担しますが、複数箇所に傷が有る場合は、全面張替費用を借り主が負担と言う事ですね。

また、フローリングは経過年数は考慮しない、とガイドラインに書かれているので、居住期間に関係なく全額借り主負担です。

部分張替が無理なら、全額借り主負担でしょう。

参考URL:http://www.chinkan.jp/guide/shiryo_02.html
    • good
    • 0

あくまで借り主は過失による傷の範囲のみの負担となります。


全面で10万円、借り主過失の部分が6万円ということでしたら、大家が4万円負担することになりますね。
    • good
    • 0

>ガイドラインに沿えば相手の主張も正しいとなるので


しょうか?

入居期間により 負担割合が決まります。(裁判になればですが)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退去時、フローリングと壁紙を張り替える費用は?

こんにちわ。近々引越しを考えております。
そこで気になっているのが、原状回復です。敷金は1ヶ月分(5.6万円)を入居時に預けています。
まず、
(1)壁紙とフローリングをすべて張り替えたらいくらくらいになるのでしょうか?部屋は洋室6畳間です。タバコをを5年間吸い続けてきたので、壁は結構黄色っぽくなってます。フローリングはしっかりした一般的な木です。座椅子を使っていたので、小傷が部屋の中央に無数にあります。

(2)また、ありがちな質問ですが、壁紙とフローリングは、上記のような使い方をしていた場合、賃借人と賃貸人のどちらが負担するのが一般的ですか?両者で折半するのが妥当でしょうか・・・?

何卒皆様のご協力をお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

壁紙については、タバコのヤニ次第です。薄汚れであれば、退居時のクリーニングで壁紙の表面洗浄をすれば落ちます。汚れがひどい場合は全面張り替えになる可能性がありますので、結構なお値段になります。広さにもよりますが、敷金では間に合わないような・・・。

フローリングは張り替えますと、狭い部屋でも10万円は超えるでしょう。少し広いと数十万はすぐにかかります。傷に見えるものも、退居時の補修として床にワックスをかけると気にならなくなる場合があります。なるべく「張り替え」ではなく「ワックス」で済むとよいのですが。傷次第です。

修繕費の負担割合については、一義的には契約書の文面に従います。

契約書に明記されていない場合は、国交省のガイドラインなどに準拠します。ただし、ガイドラインは参考にはなりますが強制力はありませんので、具体的にご質問者のケースについて負担割合をどうするかについては、汚損の程度および原因が何(誰)であるかを考慮しながら、大家との間で交渉による合意を目指します。

合意に達しない場合は、法的手段(司法)を取ることになります。

あまり怖がらないで、一度大家さんに現場を見てもらい、修繕費の明細をもらいます。それを1行ずつ読んで、納得できる部分・できない部分に切り分け、納得できない部分を大家と交渉することになるでしょう。

賃貸物件は商品ですので、次回から汚損しないように生活を工夫してくださいね。

壁紙については、タバコのヤニ次第です。薄汚れであれば、退居時のクリーニングで壁紙の表面洗浄をすれば落ちます。汚れがひどい場合は全面張り替えになる可能性がありますので、結構なお値段になります。広さにもよりますが、敷金では間に合わないような・・・。

フローリングは張り替えますと、狭い部屋でも10万円は超えるでしょう。少し広いと数十万はすぐにかかります。傷に見えるものも、退居時の補修として床にワックスをかけると気にならなくなる場合があります。なるべく「張り替え」ではなく「ワック...続きを読む

Qフローリングの原状回復費用について

来月中旬に4年半すんでいるアパートを退去する予定です。
実は床の一部が私の不注意で黒く変色してしまいました。腐ってはいないようですが、総張替えとなる場合どれくらいの費用がかかるのか不安でいっぱいです。広さは22m2です。一応20万弱は覚悟しています。総張替えとなる前提で質問します。
(1)総張替えの場合、支払う費用に経年劣化は認められるか(築10年です)。
(2)部分的な張替え費用では済まないのか?(ネットで検索していたら部分補修で済む場合でも、板がかわってしまうため普通は総張替えとなるということがわかりましたが、その場合は借主は部分張替え費用だけ払い、貸主はその他の費用を払うとか書いてあるのを見かけたので)

Aベストアンサー

ある程度の知識を得てから交渉なさった方が、交渉は有利に進むと思いますので、国土交通省が指針として出している原状回復ガイドラインを軽く流し読みするだけでもいいので、目を通してみてください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/genzyokaifuku.htm
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/genzyokaifukugaido.pdf

長いPDFですが、重要なのは経過年数の考慮と17ページ(PDF上は23ページ目)からの別表に書かれた賃借人の負担割合です。フローリングに関しては負担表22ページ(PDF上は28ページ)の表ですが、毀損部分のm2単位となっていますね。ただし経過年数を考慮しないと言う事ですので、毀損した箇所の部分補修費全額と言う事です。

全体を交換するというのは、あくまでも毀損箇所が数か所に渡る場合としているので、2~3か所なら部分補修、それ以上でかつ広い範囲なら床全体の交換費用を負担すると言う事になります。
色が変わるから全体を変えると言う場合は、毀損箇所が1ヶ所なら、その部分だけが負担割合ですね。

もちろんガイドラインでしかないので、大家の考え方次第で変わりますので、これらの知識を持って交渉に臨めばよろしいかと。PDFの後半には、Q&Aや判例も出ていますので、読んでみるといいともいますよ。

ある程度の知識を得てから交渉なさった方が、交渉は有利に進むと思いますので、国土交通省が指針として出している原状回復ガイドラインを軽く流し読みするだけでもいいので、目を通してみてください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/genzyokaifuku.htm
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/genzyokaifukugaido.pdf

長いPDFですが、重要なのは経過年数の考慮と17ページ(PDF上は23ページ目)からの別表に書かれた賃借人の負担割合です。フローリングに関しては負担表22ページ...続きを読む

Q賃貸アパートのフローリング全面張替

先日約10年住んでいた賃貸アパートを退去しました。
その後大家さんから連絡があり、フローリングが変色しているため
全面張替が必要で、費用が4、50万円くらいかかるとのことでした。
(フローリングは消音効果の高い特別な?ものだそうで、普通より高いとか)

入居してる間、フローリングを傷つけないために
タイルカーペットをずっとひいていて、それがフローリングを
密閉したためのカビによる変色だろうと業者に言われたそうです。

部屋は9.5畳でそれをひいていたのはだいたい6畳分ぐらいです。
また、その下すべてが変色しているわけではなく、何か所かです。

原状回復というのは知っていますが、
フローリングにカーペットをしいて生活するというのは
通常使用には値しないのでしょうか??

まして10年住んでいたので、通常でも傷や汚れはあるかと思います。。。

費用は全額を借主で負担しなければいけないのでしょうか??
金額が大きいだけに、すんなりと納得できない状況にいます。

詳しくご存知の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実は、現在自分でフローリングの張替えをするために、いろいろ調べております。
たまたまお見かけしたところ、気になったのですが、
マンションのフローリングはどのような質のものでしょうか?
ものによっては、そもそも10年以上持たないと思います。

一般的に、フローリングの床材には、2種あって、複合板と一枚板からなる無垢材です。
もちろん、無垢材は高価できちんとメンテナンスすれば、30年以上長持ちします。
しかし、マンションでしかも賃貸。当然貸主にメンテナンス(ワックスがけなど)が義務付けられているわけではないでしょうから、ワックス不要のコーティングされたものであるはずです。
また、アパート(マンション)である以上遮音機能のついた床材であるでしょう。
これは、基本複合版しかありません。
無垢材を使うには遮音マットを下に敷けばいいのですが、床を張り替える時は、遮音マットは使えるはずですので、上の板のみを張り替えればいいはずです。
文章では、消音効果の高い特別な?ものということですので、遮音機能がもともとついた板であるはずです。(L-40かL-45という基準のある板です。)

以上のことから、あなたの住んでいるところの床板は、遮音のついた複合材を使用しているはずです。
さて、この複合材ですが、無垢板よりも長く持ちません。
たいていは合板の上に3mm~5mm程度の薄い化粧板を貼り付けているものだからです。
すぐに、傷がついたり、剥げたりします。
それを防ぐためには、月一程度マメにワックスをかけるなどのメンテをするか、前述のとおりワックス不要のコーティングが必要です。
性質が賃貸なので、おそらくコーティングされたものを使っているはずです。
そして、問題はそのコーティングですが、
コーティングにも種類があります。
今では30年ぐらい持つコーティングもありますが、10年前でマンションであれば、高級マンション限定で20年ぐらい持つガラスコーティングされているかもしれません。(これは、別途コーティング業者に依頼するものです。)しかし、このコーティングで10年でカビはつきません。)
そして、あとは、UVアクリルコーティングというものです。
これは10年もちます。床材にあらかじめコーティングされたものも売っており、マンションとしては使いやすいものです。それか、一般的なセラミック仕上げというものです。
これは10年ももたないでしょう。

状況的に推測できると思いますが、10年使われていたなら、おそらく使用されているコーティングは効力を失っていてもおかしくありません。
つまり、カビが生えてもおかしくないことと、「フローリングである部屋」を借りているのですから、フローリングのメンテはあなたの過失がない限り貸主にあるでしょう。
今回、状況的にあなたに過失はないはずです。フローリングは永遠に同じ状態を保てるものではありませんから。

床材の品質を突き詰めれば、貸主も納得せざるを得ない結果が出てくるはずだと思いますよ。
フローリング材の床材の種類と、仕上げ、コーティングの有無とコーティングの種類を)一度、確認してみてください。

実は、現在自分でフローリングの張替えをするために、いろいろ調べております。
たまたまお見かけしたところ、気になったのですが、
マンションのフローリングはどのような質のものでしょうか?
ものによっては、そもそも10年以上持たないと思います。

一般的に、フローリングの床材には、2種あって、複合板と一枚板からなる無垢材です。
もちろん、無垢材は高価できちんとメンテナンスすれば、30年以上長持ちします。
しかし、マンションでしかも賃貸。当然貸主にメンテナンス(ワックスがけなど)が義務付...続きを読む

Q引越し後の室内クリーニング、エアコンクリーニング代支払いについて

4月11日に新築で入居して5年住んだアパートを引っ越しまして、5月5日に不動産から敷金返還の件で連絡を受けましたが、室内クリーニング代(28000円)、エアコンクリーニング代1台分(10000円)を請求されていますが納得できません。 というのは、新築で入居したにもかかわらず部屋中が指でなぞると跡がくっきりと付くくらい埃だらけ(建築中の誇りだと思いますが)だし、浴室の換気扇からは砂埃とも言えないようなものが出てきて、床はこすってもなかなか落ちないくらい黒くよごれ、手拭は白が一日で茶色く染まってしまう状態が1年くらい続いていました。エアコンもフィルターは掃除しましたが、内部までとなると素人では絶対できないと思います。退去時は、壁などの傷は修繕剤を購入しできる限りなおし、清掃もしっかりやったつもりです。(排水溝など) 以上の事から、入居時に綺麗にされていなかったのに、なんで次の人の為に、また現状回復のためと不動産には言われましたが現状がよごれていたのに、なんで私が払わないといけないのか!と思っています。エアコンクリーニングも次の人の為に大家がする事ではないでしょうか?  大家からは12万弱の請求が色々ときているようですが、私の負担は室内とエアコンのクリーニングで、ほかは大家に負担していただくつもりと不動産は言っていました。 最近では高額な請求もあるらしいので、それに比べたらとても良心的なのかもしれませんが、どうも納得いかないのでアドバイスを至急お願いしたいです。助けてください!

4月11日に新築で入居して5年住んだアパートを引っ越しまして、5月5日に不動産から敷金返還の件で連絡を受けましたが、室内クリーニング代(28000円)、エアコンクリーニング代1台分(10000円)を請求されていますが納得できません。 というのは、新築で入居したにもかかわらず部屋中が指でなぞると跡がくっきりと付くくらい埃だらけ(建築中の誇りだと思いますが)だし、浴室の換気扇からは砂埃とも言えないようなものが出てきて、床はこすってもなかなか落ちないくらい黒くよごれ、手拭は白が一日で茶色く染まっ...続きを読む

Aベストアンサー

■結論からいうとハウスクリーニングの負担については、普段の掃除が余程できていない限り「家主負担」になります。

国土交通省ガイドラインによると借手が負う「原状回復義務」とは『賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失,善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧すること』と記載されています。

これは借りた当初のピカピカの状態に戻す必要はないということで、つまり、借りている以上、通常の使用による損耗は発生するのは仕方ないし、その通常の損耗自体は、大家さんの家賃収入から回収すべきものであるという考え方です。従って、賃借人の重度な過失が無く、日常の清掃を普通にしていれば支払い義務はありません。

■契約書のクリーニング特約について

契約書の特約に借主がクリーニング費用を負担する事が記載されていますが

借地借家法では「賃借人にとって一方的に不利な特約はこれを無効とする」とありますし、

民法上は特約自体を任意規定として有効と考えるものの
1)特約の必要性があり、暴利的でないなどの客観的で合理的理由が存在すること
2)賃借人が特約によって通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負うことについて認識していること
3)賃借人が特約による義務負担の意思表示をしていること
上記の要件を満たさないと効力がないと考えられています。(この条件を満たすケースはかなり限定的です)

つまり、法律の解釈では、クリーニングの対象は「通常の使用方法による損耗は対象ではなく、通常の自然損耗を超えた汚損に限られる」とされます。

実際の裁判所の判断も借主に有利な判断がほとんどです。
特に退去時のクリーニング代に関しては、次の借主のためのもので、前の借主が負担する性格のものではないとして、借主有利の判例が多いのが実情です。

私の退去時の経験でもハウスクリーニング特約があり、立会い時に負担を求められたのですが、「ガイドライン」や「判例」の話を基に負担する必要性がないことを説明し、その場で了解を取り付けました。

従って、清掃に関しては普通に掃除をすればOKですし(プロの掃除はいずれにしても入るでしょう)、余程のことがない限り、クリーニング代を負担することはありません。

■今後の対応としては
1.「ガイドライン」や「判例」から負担する必要性がないことを業者に伝える(特約があれば上記の話も伝える)

2.業者や大家さんが拒否してきたら、
客観的な判断を仰ぎたいので「宅建協会、消費生活センター、都道府県の不動産課などに相談する」という話をして実際に消費生活センター等に相談をしてみる。借主に有利な話が聞けるはずなのでその結果を業者に話す。

3.それでも返還されないようなら、不動産業者の担当者と代表者に返還の旨の「内容証明」を送付する。

4.それでもダメなら「少額訴訟」で決着。
「少額訴訟」は費用は少額でかつクリーニングのケースだと借主に有利なケースがほとんど。

■下記に参考URLを記載します。
ガイドラインや判例を参考にしてみて下さい。
クリーニング以外の事も詳しく記載されています。

参考URL:http://www.kansai.ne.jp/tomatohm/new_page_8.htm

■結論からいうとハウスクリーニングの負担については、普段の掃除が余程できていない限り「家主負担」になります。

国土交通省ガイドラインによると借手が負う「原状回復義務」とは『賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失,善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧すること』と記載されています。

これは借りた当初のピカピカの状態に戻す必要はないということで、つまり、借りている以上、通常の使用による損耗は発生するのは仕方な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報