先日ある女性の車に乗せてもらいました。
運転はまあまあで結構スピードを出してました。
彼女は別の車を追い抜くと車線を変えすぐその車の前に入りました。
これをやられると追い抜かれたほうはびっくりしてブレーキをかけることになります。
彼女は自分の座席の位置が追い抜いた車の前に来たので入ったのです。しかしながら車には後部座席もあればトランクもありますから車の後部がぶつかりそうになりました。
ときどきこれをやられることがありますが、相手を見ると女性ドライバーであることが多いのです。
どうして女性ドライバーは危ないことに気付かないのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私がよく思うことは、男性の世界は『相対的』ですが、女性の世界は『絶対的』なんだろうということです。


男性は常に周りを気にする。
それは、例えばその場でのオスとしての自分のポジションを確認している、ということかもしれません。その場を支配できるのか、排除すべき敵がいるか、服従すべきボスがいるか…。
自分の周りとの相対的な状況を元に判断し、行動する。
それに比べて、女性は、自分自身が世界の中心に存在する絶対的存在なんです。世界は自分のために存在する。だから、自分の思うままに行動し、その結果が周りに与える影響など考えはしない。
電車に乗ると、その場に立ち止まってきょろきょろと空き席を探す。
自分の後ろにも乗ろうとしている人がいることなど考えもしない。
エスカレータを降りて、すぐにその場に立ち止まる。危ないんだって。
道を歩いていても、突然立ち止まる、向きを変える。
それにぶつかってしまったら、ぶつかってくる奴が悪い、と。
自分は…したいから、する。それを邪魔するのは悪だ。
始末が悪いなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
そう言われてみればそうです。
女性は友達同士歩道を並んで歩きます。前から歩行者が来てぶつかりそうになって初めてちょっと寄るだけで並んだままです。自分の世界しかないんです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 22:38

>自分では運転が上手いと思っているタイプでした。



運転が上手い(と思い込んでいる)のと
交通法規を遵守する義務があるのはまったく別の話です。

運転が上手いからといって、交通法規を遵守しなくてもよい
などというような決まりもありませんし
逆に交通法規を遵守しても、運転が上手いとは限りません。

だから、冷静に落ち着いて、はっきり
「あなたの運転は交通法規を守っていないよ」
ということをいうべきなのです。
自分で運転が上手いと思っている人間は
ごちゃごちゃ文句垂れる事だろうとはおもいますが
そんなときにこそはっきりいってやればいいんです。

「違反は違反、交通法規を守っていないことには変わりない」

ってね。
こういう連中ははっきりいってやらないと
自分のやっている過ちに気づきませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございました。

そうですね。今度機会があれば言ってやろうと思います。

お礼日時:2009/05/21 23:07

似た経験はありませんが、女性の運転で気になるのは「洞察」とか「予測」をすることがすごく苦手な人が多いような気がします。



たとえば渋滞している車線で前の車が止まりそうな状態にもかかわらず、店舗の出入り口付近でも前の車に続いて停車してしまい、出入り口を塞いでしまっても平然としている車を見ると女性ドライバーであることが多いです。
そのため対向車線から右折で入ろうとする車が入れずに、対向車線も渋滞が発生してしまったりします。
自分がこのまま進めば出入り口を塞いでしまうと考え、渋滞している時に出入り口付近を塞がないように停車している車を見ると、男性ドライバーのことが多いような気がします。

どうも女性は先を読んで行動するというのが苦手なような気がします。目も前に起こっていることを直感的に判断して行動しているのではないでしょうか?
そのために追い越し時に自分の車が相手より前に出たいう時点で追い越し車線から走行車線にいきなり進路変更してしまうことも起きるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

>「洞察」とか「予測」をすることがすごく苦手な人が多いような気がします。

そういえばそうですね。女性で碁を打ったり将棋を指したりする話はあまり聞きませんね。しかし、音楽や美術など芸術の世界は女性がたくさんいます。語学の分野にも多い。情緒的な頭脳は発達しているが、理詰めの分野には弱いのでしょう。大学でも理工学部は少ないけど文学部は多いです。いやー、なんだから運転の癖だけでいろんなことが見えてきましたね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 18:42

車を運転し、道を歩き、自転車を走らせていて、いつも思っていることがあります。



それは、女性はアイコンタクトをしない、ということです。運転している女性でも道を歩いている女性でも、周りの状況を確認する為に、頭を回して確認するという動作をほとんどしません。(例外は子供と一緒に安全確認している母親だけです)

ですので、特に車を運転しているときなど、次にどういう行動(私の車に気づいているのか、道を横断したいのか、など)にでるか検討がつかないことが多いのです。

ご質問にあるような行動も、アイコンタクト(この場合は直接追い抜く車を見るか、サイドミラーで確認すること)をすればいいのですが、またくしないから起こると思われます。

子供の頃は、男児でも女児でもきちんと確認するのに、大人になるとしなくなります。たぶん、目を合わせると「気が有る」と誤解する男性が多い(?)ために、余計な視線を走らせないようになるのでしょうが、運転に関してはマイナスの要素にしかなりませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>たぶん、目を合わせると「気が有る」と誤解する男性が多い(?)ために、余計な視線を走らせないようになるのでしょう

これは面白い観点ですね。そうかもしれません。気があるかどうかは別として女性は運転中あまり横や後ろを見ないのは確かだと思います。女性は物事において一点集中型が多いと思います。運転の場合は前方に集中します。
これは自説ですが、女性は肉体的に男性に劣る。しかし運転はアクセルペダルを踏みさえすれば男性に勝てる。男性に勝ちたい、勝った事を確認したい、並んでいて少し前に出ているだけでは勝ったことにならない。はっきりと自分が勝ったことを示すためにはその車の前に出なきゃいけないという意識が働くのではないかと思ったりしています。

お礼日時:2009/05/21 16:15

実は、私も同じ様なケースで車をぶつけられた事が2回あります。


しかもどちらも女性ドライバーで、初心者ではなく免許とって10年以上。

どちらの人も、
「見えませんでした。」もしくは「見てませんでした。」といわれました。

一生懸命、前方は見ていたそうです。
なんでなんでしょうね。

#「全ての女性ドライバーが」的な言い方になると、反論が来そうですが、
私の場合、経験上そうだったので・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
「見てませんでした」という答えは素直でいいですね。「貴方が抜かれまいとしてスピードを上げたからぶつかった」なんて言われなくて良かったと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 16:02

冷静に落ち着いて、はっきり指摘すればいいと思いますよ。



「追い越しするのはいいけど、ルームミラーに後ろの車の全体がみえてから、車線変更しないと危ないよ」

何か文句を言ってきたら

「法律でも決まっていることだし、教習所でも習ったはずだよ」

といって下さい。
法律で決まっていることなら守るようになるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
わたしが車に乗せてもらった女性は自分では運転が上手いと思っているタイプでした。突っ張ってる女性っていますよね。あれです。

お礼日時:2009/05/21 15:59

>すぐ


は危険ですね。
やはりある程度の車間距離の確保が済んでから、その車の前に入るべきですね。

>その車の前に入りたがるのか?
追い越しに使った車線が、追越車線だからじゃないですか?
一般道にも走行車線、追越車線がありますから、右折する場合や渋滞中などを除いては、基本的に走り続けていい車線ではないと思います。

ただ、僕は女性から追い越されるのが少ないのか、意識してドライバーの性別を見ようとしていないのか分かりませんが、男性ドライバーにも不必要に車間を詰める人はいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私はあまりスピードを出さないタイプなのでよく追い抜かれます。

お礼日時:2009/05/21 15:56

ああ、よくあります。



あと、高速道路の合流時に止まる人やそのまま2車線跨って
行っちゃう人等々・・・。

ウインカー出せば相手は分かっているとして、出して?すぐに
走行車線に戻ってくる人。

並走しているのに、見えるわけなかろうに(汗)

あと、すごかったのが、走行車線でパッシングしているおば?ちゃん。。。
坂道のトラック相手にもやっていたので、すげぇなぁ、とか思ってましたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私はブラジルに住んでたんですが、向こうでは運転の下手なのには4種類の人間がいるというのです。その内訳は
1.高齢者
2.女性
3.僧侶
4.日本人
だそうです。僧侶というのは人を轢いたりしたらたいへんなので慎重に運転をする。のろのろ運転する。
日本人というのはブラジル人に比べて遠慮深い。道を譲ったりマナーを守ったりしてさっさと発進しないのでそう見えるのだと思います。

お礼日時:2009/05/21 15:55

男の方が、圧倒的に多いですけどね。

要は、わがまま、自己中。ゆっくり走る車にイライラし、追い抜きざまに前に入ることでビビらせ、その程度で勝った気になって溜飲下げてるんです。ただのアホです。

で、女性の場合は、単に車両感覚がなく、へたくそなだけと言うこともあります。ゆっくり前進、バックしてても、ぶつける奴も多いわけで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そうですか。単に下手だと言うことですか。そうかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/21 15:47

こんにちは。



女性に限った事でも無い様な気がします。
追い抜く際、心臓がドキドキするような人は、出来るだけ早くもとの車線に戻りたいと思うためではないでしょうか?
普段は注意深い人でも、もしかしたら小さなパニック状態になっていて、周りの安全確認を怠ってしまうのかも。

だったら、抜かなければ良いのに…って。
でも、走行車線は平気なんですよね。きっと。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
追い抜きたいけど走行車線に長くいるのは怖いということですか。なるほどそうかもしれません。

お礼日時:2009/05/21 15:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己中な女性が多いのは何故?

誤解を招くタイトルで申し訳ないのですが、時々見かける「自己中な人だなぁ…」と感じる人たち(全体の中で、それほど多いわけではありません)の比率を見ると、女性(特に、若い女性)の比率が高い、という印象を受けています。
それは何故でしょうか?(それは気のせいです、というご意見も歓迎です)

公共の場や車の運転などでも、以前から感じていたことですが(例:頭に来る運転をする車の多くが、女性ドライバーなど)、こちらの質問サイトを見るようになってから、改めて感じていることです。

※「女性は自己中な人ばかり」という意味ではありません。視野の広い、親切な人も沢山いると思っています。その逆でして、「自己中な人たちを見ると、女性の比率が高い気がする」ということです。


「自己中」と感じる人たちに、見られることの多い特徴:

・自分の立場や視点からしか、ものを考えられない(相手の立場を考えられない、自分のしていることを客観的に見ることが出来ない)

・「自分さえ良ければいい」というスタンス。なおかつ、そのことを自覚していない。

・自分は何かを「してもらう」ことや、特別扱いしてもらう事が当たり前だと思っている。だから、そうでなくなると(むしろそちらが当たり前なのに)「ないがしろにされた」と怒る。

・他人に対しては「許せない」と言っている事を、自分は平気でしている。なおかつ、その自覚が全くない。

・自分にとって都合の良い意見や、賛同してくれる意見、共感してくれる意見だけに耳を貸す。(「あなたの気持ちはよくわかります」という言葉をかけられるのが大好き)
・自分にとって都合の悪い意見は、そういう意見が大多数の場合でも、全部スルー。

少し不愉快に感じている時もあるため、少しボヤきも入りましたが(^_^;)、知りたいのは「何故なのか(あるいは気のせいなのか)」ということです。

よろしくお願いします。

誤解を招くタイトルで申し訳ないのですが、時々見かける「自己中な人だなぁ…」と感じる人たち(全体の中で、それほど多いわけではありません)の比率を見ると、女性(特に、若い女性)の比率が高い、という印象を受けています。
それは何故でしょうか?(それは気のせいです、というご意見も歓迎です)

公共の場や車の運転などでも、以前から感じていたことですが(例:頭に来る運転をする車の多くが、女性ドライバーなど)、こちらの質問サイトを見るようになってから、改めて感じていることです。

※「女性は自己中...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
女性30代です。
ぜんぜん当たってない回答かもしれませんが、
現代の女性は人生に対してある種の絶望があるんじゃないかと思います。
それは女って結局女なのよねという諦めであり、
じゃあ、その分、女を楽しんでやるわよという開き直りじゃないかなと思います。
なんの諦めかというと、古くは平塚らいてうとかから始まった女性解放が
結局、実質、挫折している。
ということなんじゃないかと思います。
この前どこかのデータで男女平等ランクが日本で101位だったんですが、
なんで101位かたぶんほとんどの日本人はわからない。
たぶん大本は単純に言って労働比較です。
女性の年齢別就業率のデータを見つけたので
リンクします。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1500.html
欧米と日本じゃえらい違いがあるのはわかりますよね。
これ女性の比較ですが、男性の曲線があると、
男性は日本も欧米とよくにています。
(この表、韓国と日本がよく似ているんですが、韓国はランク108位で日本と似ているなというのは
ちょっと皮肉っぽくて面白いです。)
要するに女性は適齢期になると結婚退職しなければならない社会が
日本には厳然として残っているのです。
女性も男性と同じく社会でキャリアアップしていこうという思いが
女性解放の中にあると思うのですが、
確実に達成されていません。
しかし、法的には色々、参政権とか雇用法とか達成されていて平等なはずなんです。
だから、女性も差別されていると思ってないんですよ。
でも実質労働差別がデータとして出てくるんです。
でもどうしていいか女性もわかってないし、男性もわかっていない。
社会認識もない。
なんで漠然とした挫折があるんじゃないかなと思います。
そこでどうせ手に入らないならほかの所で我侭しているのではと思います。
もし、労働曲線が男性と同じになったら、
責任を感じるようになるし、無理無体できなくなると思います。
今の日本の女性ってOLにしてもキャリアウーマンというより女子力とか女らしくを
アピールしているのは、
結局結婚して子供生んでということは退職するということで養える男性を探すしかないということかなと思います。
もし、子供生んで育てても退職しないで男性並みにキャリアつんで給料が入るようになったら、
確実にシングルマザーが増えるとおもいます。
自己中女性は少なくなると思いますよ。自己中してられませんから。
結婚しないで子供を生む女性が増えます。
少子化対策にはもってこいだと思うのですけどね。
甘やかしもレディースデイもいらないから、
女性が男性並みに生涯バリバリ働ける環境が日本に整わないかなと思います。


駄文でした。
何か方向性の違う回答をしていたらすみません。

はじめまして。
女性30代です。
ぜんぜん当たってない回答かもしれませんが、
現代の女性は人生に対してある種の絶望があるんじゃないかと思います。
それは女って結局女なのよねという諦めであり、
じゃあ、その分、女を楽しんでやるわよという開き直りじゃないかなと思います。
なんの諦めかというと、古くは平塚らいてうとかから始まった女性解放が
結局、実質、挫折している。
ということなんじゃないかと思います。
この前どこかのデータで男女平等ランクが日本で101位だったんですが、
なんで101位...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報