初めてベランダでミニトマトを育てています。
ここ数日で黒い斑点がでてきました。葉によってはしぼんで枯れているものが少しでてきました。
病気でしょうか?それとも虫?
写真をみていただければと思います。

昨年はこの鉢で朝顔を育てていたのですが、途中で葉ダニにやられ、すべて刈り取るという結末でした。
その土はすべて捨てて新しいものに入れ替えたのですが、トマトと一緒に植えているゴーヤのために、去年と同じ朝顔に使った支柱を使っています。葉ダニが残ってたなんてことあるのかしら?

葉ダニがつくことからも明らかなのですが、日当たり、風通しがよすぎるような環境にあります。

どなたか気づいたことならなんでもよいのでアドバイスお願いします。

「トマトの葉に黒い斑点」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ハダニと言うよりも、ホコリダニ類でしょうかね。

黒っぽい所はホコリが付いたような汚れかたをしていませんか。葉もイビツになったりもします。
肉眼では確認できないぐらい小さな害虫です。ハダニと同じく高温乾燥の環境で発生しやすいです。
http://www.syngenta.co.jp/support/gaichu/gaichu1 …
被害葉は摘み取って、被害の少ない葉に薬剤の防除散布をした方が良さそうです。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00528.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/pdfs/syo00528.pdf(使用回数は制限なし。)

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/pdfs/syo00387.pdf(同上。)

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00534.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/pdfs/syo00534.pdf(使用回数1回のみ。)

この回答への補足

ありがとうございます。
大変参考になりました。
ご紹介いただいた薬剤がショップになかったので、かわりのものを購入しました。
http://www.fumakilla.co.jp/products/garden/hands …
野菜用がなく、花用でしたが、ほかの植物への飛散は阻止できました。
残念ながら、トマトはご回答いただいた1日後にはかなり侵食されてしまい、ダメにしてしまいました。
シソ、バジルにも塗布したのですが、食べてもいいのか、ちょっと心配です。
大丈夫なものでしょうか?

補足日時:2009/06/05 09:11
    • good
    • 0

>粘着性の殺ダニ剤ですが、葉自体を窒息させてしまう、なんていうことはないのでしょうか。


バジルや大葉は葉の香りを楽しむものなので、収穫した後に野菜洗い用の洗剤等で洗うとしても、
その粘着物がきれいに落ちるか、心配です。

そこら辺は色々と試験や実験をしているから大丈夫ですが、希釈倍率は説明書をよく読み必ず守るようにしましょう。
なるべく該当する作物に薬剤の登録があるものを使った方が安心ですね。作物名に野菜類とあるのはどの作物に使っても大丈夫です。
それではここら辺で失礼します。ごきげんよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびは何度もご丁寧にありがとうございました。
大変に助かりました。
希釈の倍率を守り、なるべく該当する作物に薬剤の登録があるものを使っていきたいと思います。
農家でない素人には、薬物の濃度が難しいところですね。

お礼日時:2009/06/07 19:09

>バジルは秋口まで長生きしてもらう予定なので、月に1回くらいしか塗布できないということになるのでしょうか?


>いくら日数をあけても、薬剤が植物内に蓄積してしまうため(?)、回数を守るべきでしょうか?

そうです。使用回数も守るべきでしょう。なにしろ口に入れるものですからね。
体重の少ない幼児などのことも考慮しなくてはいけませんね、幼児あたりには影響が強いと思います。
掲示板あたりでは、かまわないからどんどん撒け、などとは言いづらいものです。私が食べるわけでもありませんし、まあそこら辺は汲みとっていただきましょう。

散布する量はあまり関係ないです。もっともあまりベトベトに滴るぐらいに散布する必要もないです。葉の裏表がシリンジした時のようになるぐらいでよろしい。
関係しているのは有効成分のパーセンテージです。濃度が高いのか低いのか、高い方が当然強い薬剤ということになります。薬害にも注意する必要があります。気温も関係しています、気温が高い方が薬害も出やすくなります。

殺ダニ剤というものは粘着性のあるものが多く、これは薬効成分だけで駆除するのみならず、ダニの体表を粘着性のもので覆って皮膚呼吸を困難にさせ窒息死させる効果を狙っています。
ハダニ類は昔から薬剤の薬効成分に対する耐性が強く、すぐ薬が効かなくなるという性質がありました。つまり同じ薬剤には慣れやすいのです。
その点において粘着性のもので窒息死させるのは、耐性がつかず確実性においては優れているでしょう。
No.2で挙げた使用制限なしのものは、そういう効果を狙ったものです。
デンプンやヤシ油も同様の効果があります。売っていませんかね?。拙宅の近所のホームセンターにはありましたが。
ハダニ、ホコリダニは葉の裏側に潜んでいますから、特に葉の裏側を重点的に散布しましよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんにご丁寧なご回答、ありがとうございます。

1回に散布する量はあまり関係ないのですね。
有効成分の濃度が低ければ、散布量は多くても大丈夫ということですね。
逆に濃度が高くても、散布量は多い少ないに関係なしに植物に吸収されるということでしょうか。

「薬害」という問題があることをここで初めて知りました。
虫を駆除した副作用ということでしょうか。
考えただけで疲れてきました。

粘着性の殺ダニ剤ですが、葉自体を窒息させてしまう、なんていうことはないのでしょうか。
バジルや大葉は葉の香りを楽しむものなので、収穫した後に野菜洗い用の洗剤等で洗うとしても、
その粘着物がきれいに落ちるか、心配です。

デンプン、ヤシ油ですね。
安心して大量にかけられるのは、育てる側の気持ちにもいいですね。
挑戦してみたいと思います。

わたしはベランダで育てているだけですが、
今回、農業は知識を得るのも、偶然の自然条件などに対応するのも実に大変なんだな~、と思いました。

このたびは誠にありがとうございました。
害虫駆除で逆にストレスを抱え込むことにならないよう、楽しんでいきたいと思います。

お礼日時:2009/06/05 21:44

トマトは残念でしたが、他の植物にまで広がらなかったので良かったのではないでしょうか。


>シソ、バジルにも塗布したのですが、食べてもいいのか、ちょっと心配です。
大丈夫なものでしょうか?

そういう場合は薬剤の主成分で調べます。
購入されたものは殺虫剤としてビフェントリン、殺菌剤としてミクロブタニルが使われています。
http://www.nissan-nouyaku.jp/products/main.cfm?I …
http://www.greenjapan.co.jp/rally_s.htm
シソ、バジルには登録がありません。本当は良くないでしょうが双方の薬剤を考慮すれば、ナスやハクサイあたりを参考にすると使用回数は4回まで、そして収穫の3週間前には散布は止めた方が良いでしょう。
しかし購入されたハンドスプレータイプのものは、こういった本格的な水和剤と較べると幾分効き目は弱いでしょう。強めの薬剤にはしていないという事です。ズブの素人が使う事も想定しているからです。

霧吹きで葉の裏表に水スプレーしてやるのも予防効果があります。ハダニやホコリダニはこういう事をされるのを嫌います。これをシリンジとも言います。あまり頻繁にする必要はありませんが、晴天ややや曇りの日は1日に1回ぐらい行うと良いでしょう。
薬剤散布回数を減らしてこういった予防を施すのも良いですね。

この回答への補足

なんともご親切にありがとうございます。
薬剤の主成分まで調べようという気力が失せてしまっておりました。
難しそうです。
シリンジ、やってみようと思います。

購入した薬剤、「使用回数は4回まで」ということでしたが、
バジルは秋口まで長生きしてもらう予定なので、月に1回くらいしか塗布できないということになるのでしょうか?
それ以前にまたダニたちにやられてしまうのが怖いので予防的にも使いたいのですが、どのくらいの日数間隔をあければ大丈夫でしょうか?
それとも、いくら日数をあけても、薬剤が植物内に蓄積してしまうため(?)、回数を守るべきでしょうか?

一度の塗布にどれくらいの量を使うか、これについてもど素人なのでかなり適当です。
なるほど、葉の裏にかければよかったのですね。葉の裏にまでしたたってかかるまでかけていると大変な量を塗布することになりそうです。危ないところでした。

補足日時:2009/06/05 16:13
    • good
    • 0

こんばんは



参考までにですが
http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa4051541.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい、すみません。

似たような事例もあったのですね。
この方は、回答の選び方からみて、湿度が高かったようですね。
わたしのほうは、かなり乾燥していた気がいたします。
しかし、使う薬剤は同じようなものでも大丈夫なのかもしれませんね。

薬剤を常備しておくことにしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/05 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豆トマト(マイクロトマト)の育て方

豆トマト(マイクロトマト)の育て方
マイクロトマトを露地栽培で育てているのですが、脇目を放任して栽培してもいいでしょうか。たくさん食べたいです。ほかに収量が上がる方法があったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

マイクロトマトは脇芽をとっても、次々と出てくるので、去年プランターと地植えの両方で育てましたが、途中から放置でジャングルのようになりました。
それでも実が小さいのが災いして、大量に実がついても株に負担はかからないようです。
ただジャングル状態で実がつきすぎて、収穫するのがめんどくさいくらいになるので、ある程度脇芽は摘んで、枝を整理したほうがいいと思いました。

Qトマト 茎や葉に画像のようなダニ?

トマトの茎に画像の様なダニみたいのがたくさん着いていました。

これは何というダニ?でしょうか!!

オレンジに見えて、塊で動いています。

詳しい方教えて下さい!!


トマトが心配で夜も眠れません!!

Aベストアンサー

足が8本あるのでダニに間違いはないですが、オレンジ色ならカンザワハダニだとおもいます。
駆除方法はご自分でお調べになって、適切な方法を取られるのがよいと思います。
一応参考に住友化学園芸のリンク貼っておきます。

参考URL:http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu22.html

Qレジナトマト(ミニトマト)の育て方

あまり背が大きくならず、プランターでも手軽に育てられると書いてあったので、「レジナトマト」というトマトの苗を買ってきました。

ミニトマトの育て方を読むと、上に伸ばしていくためにわき芽を取るように書いてありましたが、
背が高くならないレジナトマトの場合も、おなじようにわき芽を取って育てるのでしょうか?

背が高くならないのなら、上を詰めてわき芽を伸ばしたほうがよいのかと思っています。

レジナトマトの育て方をご存知の方、ご教授ください。

Aベストアンサー

その品種は芯止まり系と呼ばれるもので、元々ある程度までしか伸びませんので放っておいて大丈夫です。

見た目を気にするならば、わき芽を3、4本ほどに調整して形を整えると良いでしょう。

参考になりましたでしょうか?

Qつつじの葉ダニを殺ダニ薬を使わないで退治したい。

つつじの葉が葉ダニの被害で白く抜けてしまいました。
消毒したいのですが、小さな子供が庭に出て遊ぶので、できれば殺ダニ薬などの
農薬類を使わずに退治したいのですが、何か良い方法はないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住化タケダ園芸の
「粘着くん液剤」はでんぷんを主原料にしていて環境にやさしい商品のようです。
我が家でも、薬剤を噴霧することがよくあり、ご近所になるべく迷惑がかからない商品を探していたところです。

まだ、使ったことはないのですが参考にしてください。

Qトマトの育て方

プチトマトの苗を買って帰り、育てようと思っているのですが
去年はひょろひょろよ背だけ伸びて、そのうちダニがいっぱい付いて枯れました。
花が何個か咲きましたが実はなりませんでした。
トマトの育て方のコツを教えてください。

Aベストアンサー

やはり日当たりは重要のようです。
トマトは直射日光ガンガンしてても大丈夫ですから
日当たりの良いところに置いちゃいましょう。

ハダニには園芸用のでんぷんスプレーが効きましたよ。
作物にも影響が無くてお勧めです。

特に栄養剤や肥料はあげていませんでしたが、
お米のとぎ汁や牛乳パックをすすいだもの、
卵の殻などをあげていました。
たまたまお米が買ったものでなく田舎から貰ったもので
とぎ汁が牛乳くらい真っ白なものだったのですが、
これをあげていたらミニトマトどころか・・・
通常のトマトの小ぶりくらいの大きさに育ちました。

Q緑のカーテンを宿根朝顔で作ってます。葉が食害されています。葉の裏を見た

緑のカーテンを宿根朝顔で作ってます。葉が食害されています。葉の裏を見たらこんな芋虫がいました。何の幼虫でしょうか?

Aベストアンサー

 NO1です。一匹とは限らないので暫くは注意してしたほうが良いと思います。私の時は4匹もいました。
危うく宿根朝顔を全部食べられるところでした。蔓の下の糞を見ていて下さい。

Qイタリアントマトの育て方について

イタリアントマトの育て方について
プランターでイタリアントマトのF1サンマルツァーノという品種を育てています。
苗の状態で購入し、一番初めにできた実は大きくなり収穫できたのですが、
それ以降花がついても実にならずに枯れるような感じになってしまいます。
葉自体は元気でぐんぐん育っているのですが、葉に栄養が行き過ぎているのでしょうか?
イタリアントマトもミニトマトとそれほど育て方に相違はないようですが、
実ができるようにするにはどうしたらよいでしょうか。
今は一つも実がありません…。ちなみに少し前まで深さ20センチくらいの小さめの丸い鉢で
育てていたのですが、根が土から見えるところまで来てしまい、鉢が小さいのかなと思い、
2まわりほど深く大きい鉢に入替えました。

Aベストアンサー

No.4です

花が無い、葉の色が悪い、肥料無し、
ということなら話が変わってきます

株の回復が先決です

まずは液肥で栄養補給でしょうね
肥料にも色々ありますが、植え替えや暑さで弱った株には
微紛ハイポネックスが良いかもしれません
http://www.hyponex.co.jp/products/fertilizer/pr_fer_11.html
水やりも通常通り行います

Qウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

ウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

もらってきたばかりのウンベラータの葉に斑点状の何かが出来始めて、その部分は枯れているような感じです・・。

葉ダニ!?かとも思ったのですが、全ての葉の裏を見てもダニは1匹も見当たりませんでした。(葉ダニは夜行性なのですか? 普段は土の中に隠れているのでしょうか…(>_<))

葉水は、2日に一回くらい、水道水で与えています。
霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!?
虫なのか病気なのかが判断できません・・・。

原因と対策を教えて下さい!
どうぞよろしくお願いいたします・・!

Aベストアンサー

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくかき混ぜます。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
これ1株だけでしたら、薬液は300mLぐらいあれば十分足りますから、それに準じた希釈をして下さい。水1Lで薬剤1mL、水300mLで薬剤0.3mLの割合です。展着剤は少しアバウトでも構いません。葉の表裏や茎や表土に入念に散布します。
その他にお勧めする薬剤とすれば、ベンレート水和剤あたりでしょうか。粉末ですから上記mLはg(グラム)に置き換えてください。1mL=1gです。水1Lで0.5gが2000倍希釈です。展着剤も同様に混入します。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00152.html(水で2000倍に希釈)。
これら二つの薬剤は散布後も薬液による葉の汚れもほとんど目立ちません。

しかし治療効果とはいっても斑点部分が青葉に変わるわけでもなし、効果があるのは予防と発生ごく初期だけです。発生ごく初期も、目を皿のようにして見て発見できるぐらいのもので、蔓延するともうダメだという事です。ほとんどの殺菌剤や病気についてこの事が言えますから、薬剤散布も予防散布が一番大事であると心得ましょう。
新たに貰ったり購入したものも、ただちに予防散布しておく事が望ましいです。どのような病気が付いて来るかわかりません。

しばらく薬剤散布期間が終るまでは葉水は控えましょう。葉水で病気が広がる事もあります。
斑点部分はもう回復しませんから、さしつかえなければ病葉は除去した方がよろしいです。
鉢土を過湿にしないようにしましょう、病気を併発させる場合があります。一応鉢土の表面が乾いたらしっかり水遣りしますが、今度は鉢土を早く乾かすようにします。そのためには明るい所や風通しの良い所に置きます。また床面直置きするよりもレンガみたいなものを左右に並べ、その上に鉢を置くと下からの通気性が良くなります。
また窒素肥料ばかり多く与えるのも避けます。N:P:K(窒素:リン酸:カリ)が等量か10:8:8ぐらいの緩効性化成肥料を与えます。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html#c
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
他にはIB化成肥料。以上参考まで。

ハダニは温室内でなければ、発生時期としては少し早いです。大体7月~9月の暑い盛りに発生が多く見られます。ホコリダニも同様です。
ハダニの被害を受けると、葉が白っぽいカスリ状になります。また葉裏も汚くなります。病気の新たな発生が見られなければ、また葉水を再開しましょう、葉の表裏や茎に与えます。ハダニ類の発生の予防になります。特に夏場は1日1回は与えましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
もしハダニ類の発生が見られれば、この薬剤がお勧めです。主成分がデンプンで安全性が高く、高温期における薬害も出にくいものです。また害虫の気門を塞いで窒息死させますから、害虫の薬剤耐性にも強いです。100倍に希釈して、1週間おきに3回ぐらい散布します。なお粘質なので、計量にはストロー付きの目盛りの付いた注射器のようなものを使います。200円ぐらいで園芸コーナーにあると思います。

>霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!? 。
水が濁っていたり、腐っていなければ構いません。

補足。
ハダニは極小で肉眼では見難いと思います。赤っぽいダニのようなものを見つければ、それはハダニではなくタカラダニです。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
風に乗って飛ばされて来る場合もあるでしょうね。越冬するものもいます。最初は少量でも世代交代が恐ろしく早いので、短期間で増殖します。また退治しても葉に被害跡は残ります。
画像からはハダニの被害には見えませんが、夏場は注意しましょう。

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくか...続きを読む

Qトマトのわき芽の育て方

家庭菜園初心者です。

今年初めてミディトマトを育てています。
本を読んだりネットで調べながら、順調に元気に育っています。
質問は、そのわき芽についてです。

ある家庭菜園の本を立ち読みしていたら「10cmくらいになったわき芽を摘み、ヨーグルトの空き容器に入れてただけで実がなった!」という話を見ました。
(ミニトマトの例でしたが、ヨーグルト容器に刺さってる状態で、実が成ってる画像がありました)

これを受けて、うちもわき芽を水に入れ、根が出て来た所で、1.5Lのペットボトルを切って作った簡易鉢に土を入れ植えてみました。
すると、びっくりするほどすくすく育っています。
軸も太くなり、根っこもボトルの外から見えるほどもじゃもじゃ!
うちはミディのわき芽だし、この簡易鉢のままで大丈夫?か心配です。
どこかに植え替えたほうがいいとしたら、どの程度の場所(鉢)が必要ですか?

トマト本体の育て方情報は沢山がありますが、わき芽の生育段階などを細かく載せてる本やサイトは見つけられませんでした。

・先々、わき芽はどれくらいの大きさになるのか?
・支柱や追肥が必要になるのか?
・育てる上で気をつけること等

トマト本体ではなく、わき芽の育て方について教えてください。長文すいません。

家庭菜園初心者です。

今年初めてミディトマトを育てています。
本を読んだりネットで調べながら、順調に元気に育っています。
質問は、そのわき芽についてです。

ある家庭菜園の本を立ち読みしていたら「10cmくらいになったわき芽を摘み、ヨーグルトの空き容器に入れてただけで実がなった!」という話を見ました。
(ミニトマトの例でしたが、ヨーグルト容器に刺さってる状態で、実が成ってる画像がありました)

これを受けて、うちもわき芽を水に入れ、根が出て来た所で、1.5Lのペットボトルを切って作っ...続きを読む

Aベストアンサー

>>トマト本体ではなく、わき芽の育て方について教えてください

本体と同じ育て方をすれば良いです。本体も脇芽も同じ物で、本質的な違いはありません。根っこが出れば、普通の苗として扱えます。

早い段階(6月頭くらいまで)で脇芽を挿しておけば、簡単にもう一つ苗が出来上がります。”早い段階で”と書いたのは、7月に入ってから脇芽を挿しても、本格的な暑さで生長が鈍るうえ、実が収穫できる頃には秋に入ってしまい、あまり収穫ができないからです。

>>どこかに植え替えたほうがいいとしたら、どの程度の場所(鉢)が必要ですか?

本体と同じくらいの鉢が必要です。地面で育てているのなら、本体と同じ面積を用意しましょう。
鉢でおいしい果実の収穫を目的にするのなら、ミニトマトでも9-10号鉢(27-30cm)は欲しいです。もっと小さい鉢でも栽培は出来ますが成績は悪くなります。最初の果実はそこそこおいしくできても、2段目以降の実に疲れが現れるのです。
ヨーグルト容器の例は、一応実が出来たというだけの話で、とてもおいしい果実はできませんし、収量も少しです。

>>先々、わき芽はどれくらいの大きさになるのか?

本体と同様に大きくなります。

>>支柱や追肥が必要になるのか?

必要です。本体と同じ様に手入れします。
茎が育って花が咲いたら支柱を立て、3段目の果実がなり始めた頃には追肥をしましょう。

>>育てる上で気をつけること等

最初に書いたように、脇芽を挿し芽して育てると、本体よりも収穫できる期間が短くなります。また、果実の品質も多少落ちるようです(気候的な問題が影響していると思います)。それがわかっていれば問題ありません。

>>トマト本体ではなく、わき芽の育て方について教えてください

本体と同じ育て方をすれば良いです。本体も脇芽も同じ物で、本質的な違いはありません。根っこが出れば、普通の苗として扱えます。

早い段階(6月頭くらいまで)で脇芽を挿しておけば、簡単にもう一つ苗が出来上がります。”早い段階で”と書いたのは、7月に入ってから脇芽を挿しても、本格的な暑さで生長が鈍るうえ、実が収穫できる頃には秋に入ってしまい、あまり収穫ができないからです。

>>どこかに植え替えたほうがいいとしたら、どの程度の場...続きを読む

Qしぼんだ朝顔を残しておきたい

今日家で朝顔が咲きました。
そしてすぐにしぼんでしまいましたが、この朝顔がとても可愛くて
、今まで花やガーデニングなどには関心なかったんです、でもあるきっかけ
でこの朝顔の丸っこい小さな花を見て、心を打たれました(変ですね^^;)
そんなしぼんだ朝顔を長くとっておきたくて押し花としてやりたいです。
でもどのようにしたらきちんと押し花が出来るのか教えて下さい。

Aベストアンサー

一番綺麗な時期に花を摘んで、新聞紙などではさみます。
それを百科事典など重くて平らな本に挟んで圧力を掛けます。
薄いものだと挟んで本ごと寝かせて置くだけで大丈夫ですが、
ガクの部分など厚みのあるものを一緒に挟む場合は、
更に上に重石になる物を置きましょう。

完全に乾いたら、そ~っとはがして出来上がり。
一週間もあれば綺麗に出来上がります。
色の薄い花の場合は、新聞紙の色が移ることもあるので、
新聞紙と花の間に薄い白い紙を挟んで色移りを防ぎます。
新聞紙は花の水分を吸収するために必ず必要です。

あと、電子レンジで作る方法もあります。
これだと即日出来上がりますよ。
紹介されているサイトがありましたので参考にして下さい。

参考URL:http://www.yonden.co.jp/museum/jikken/page5.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング