ルーカス25Dデスビのコンデンサーがすぐパンクしてしまいます。
症状として、アイドリング不調・ぐずつき・吹き返しなどです。
コンデンサー不良というのは解っているのですが(交換すると直る)
、どこからか過電流が流れて壊れるのでしょうか?

また直らなければイグナイターなどのポイントレスなど考えもあります。

ただ車両がプラスアースなので取り付けられるか解りません。
マイナスアースに変更するのは考えていないので、イグナイターが取り付けられなければ現状でどうにか直したいと考えています。

アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

コンデンサは、純正品と交換されましたか。


ディス用のコンデンサには極性(プラスマイナス)があって、反対にすれば壊れやすいです。
次に、耐電圧と容量です。
その当時のモノなら、耐電圧250Vくらいだと思いますが、低いと長持ちしません。
容量マイクロファラッドは、合っていますか。
0.15から0.25くらいの範囲内と思いますが、多分合っているでしょうね。
少々外れていてもすぐには壊れませんから。
入手しやすい一般的なモノで代用すると、耐熱性が劣り、すぐ壊れます。
電気的性能が合格でも純正品でなければ、取り付け不完全で振動によって壊れるおそれもありますね。

純正品を使用しているのに壊れるのであれば、何しろ昔のことなので
ちょっと原因を思いつきません。

プラスアース用のイグナイタは、昔あったかも知れませんが、今、入手できるでしょうか。
ポイントを残して「セミトラ」に変えるのが最も作業しやすいですが、これならもしかすると入手できるかも知れません。
しかし、デッドストックになっているような在庫がどこかにあればの話です。
IGコイルは、コイル端子の配線を換えると使用できます。
ディーラーに相談ですね。

英国車ですか?
その車の愛好会などのサイトを探して、そこで相談されるとよいアドバイスが得られるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
デスビのコンデンサーはコイルの電圧を安定させるぐらいしか知識がなく、とても参考になりました。
もう一度調べ直して使っているものがあっているか確認します。

ポイントレスは現状は難しそうですね。
シンプルなオリジナルも捨てがたいので、なんとか直したいと思います。

ただ気になる点があり、
最近電動ファンを取り付けました。
温度により自動でon/off作動させるようにしたのですが、それが何か悪さをしているのかもしれません。
なので手動式に変えます。

ちなみに車種はかに目です。

お礼日時:2009/05/22 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイグニッションコイルの点検の仕方で困っています。

こんばんわ。最近、自分の車を整備マニュアルを読みながら整備しています。今日、イグニッションコイルを点検しようとしたのですが、電装系がさっぱりわからず困っています。
イグニッションコイルの1次コイル、2次コイルとか絶縁抵抗とか、何の事なのかがわかりません。
とりあえずイグニッションコイルの1次コイルの点検をテスターを使って点検しました。(イグニッションコイルの+と-にテスターをあてて)マニュアルには1.25±10%で良好で、その数値でないイグニッションコイルは交換らしいのです。
自分の車は0.85でした。が、しかしエンジンのかかりは良いのです。どなたかイグニッションコイルの簡単な点検の仕方をご存知の片、教えていただけませんでしょうか。また初歩的な車の整備の仕方がわかる、お勧めの本がありましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

コイルの抵抗値を測るのが一般的な点検方法です。
マニュアル記載の値に温度条件が付記されていませんか。
メーカーによっては実働温度の80度の値を表示している場合があります。
この場合、10度上昇すれば抵抗値は約4%増加します。
20~30度で測ったのであれば、0.85ΩでOKです。

また、年式によって抵抗値が変更されている場合もあります。マニュアルの変更はディーラーには通知されますので、疑問があればサービス部門に問い合わせてみてください。

また、テスターの精度も重要です。1Ω前後の小さな抵抗値を測る場合、テスター棒の当て方で測定値が変わることがあります。

絶縁抵抗の点検には絶縁抵抗計が必要です。一般ユーザーではまず不要だと思います。

なお、そのコイルは多分正常だと思います。

Qポイント点火式コンデンサーのチェック方法

当方、エボのスポスタをポイント点火にしているのですが、コンデンサーが正常か不良かのチェック方法をどなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンデンサー測定機能つきテスターなどが無いと非常にややこしいので簡易的な方法を教えます。コンデンサーを外しコンデンサーボデーをアースに落とし端子をバッテリーのプラスににチョンチョンと当てて充電して外した後テスターで電圧を測ってじわりと電圧が落ちれば恐らく正常です。(内部抵抗の高い高級テスターではほとんど下がらないので充電した後測定して端子とボデーを接触させ放電してほぼ0Vになっていれば正常)確実な容量が知りたいという方は多分ポイントが不調だったりするわけでしょうからそんなに高い物でもないし消耗品と割り切って新品に換えてみるのが良いと思います。

QL28改 ブタケツ ポイントデスビのコンデンサ

日産 ポイント式デスビの横に付いているコンデンサの配線はどこにつないだら良いですか?

最近調子が悪く ミスファイヤしている為確認したところデスビ横に付いているコンデンサから出ている配線が外れていました。

イグニッションコイルの+側につないだら良いですか?
-側につないだら良いですか?


又コンデンサの良否の点検方法は
本体をアース→配線をバッテリ+側でちょんちょんと充電後テスターで計測して徐々に電圧が下がれば正常?
これであっていますか?
旧車に詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

コンデンサーの良否判定は、容量計での測定です。
充電後徐々に圧が下がるのは、コンデンサーとしては動作しているとしか判らず。適正容量化どうかは判りません。
接続はポイントのアースされていない方。

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qポイント点火用 コンデンサーについて

お世話になります。
最近 古いチェンソー入手し再生しているところなのですが ポイント点火で どうやらコンデンサーがパンクしており スパークしない状態です。
もうパーツも恐らく入手困難で 何か代用できるものないか。ネットで調べると 0.2~0.4μFのようで
一旦外した際 底には 容量なのかどうか定かではないのですが 0.18の刻印ありました。
0.2~0.4μF 600V程度のコンデンサー取り付けてどうなのか。経験のある方の ご指導お願いします。取り付けの際 他にダイオードなども必要なのか。
後々はテストの意味で セミトラ化にも挑戦したいのですが ほとんどがバッテリーの12Vからの
回路のようで マグネット式のものがなかなかなく ご存じあれば 合わせてお願いします
機種は 共立エコー製 61ccクラスのチェンソーです。
尚 ジェネレーターから おそよですが 60v前後 起電はあります

宜しくお願いします

Aベストアンサー

コイルに流れていた電流が旧に減ると、減らさない方向に電圧が発生して流し続けようとする。
実際はポイントが離れ電流が流れないため高圧になり火花が飛ぶ。
一瞬の火花=コイルに電流が流れる=コイルの電流が瞬間にゼロにならない=2次電圧が下がる。
火花をコンデンサーに流して吸収するとコイルには、その電流は流れない=コイルの電流は即ゼロなる。
0.2μFであれば十分と思いますがが、あまり大きすぎると、火花の飛びは悪くなります、例1μFだと飛びません。
逆起電力による振動電流がすべてコンデンサーに吸収され、逆起電力が高圧にならないのかも?。
マグネトー式は常時発電していません、マグネトーの磁界が最大(コイル電流が最大)になった時、ポイントを開いて電流遮断します、回転角度にして10°もあるでしょうか?。
このままでのセミトラ化?、ポイント開までの一瞬の電力で半導体を駆動する必要?、電圧で作動する半導体もあり不可能ではないと思いますが・・・・?。
>尚 ジェネレーターから おそよですが
?マグネトー式には不要のはずですが、信頼性が高く、軽量、小型化が特徴なのに、なぜそんなものが・・?。

コイルに流れていた電流が旧に減ると、減らさない方向に電圧が発生して流し続けようとする。
実際はポイントが離れ電流が流れないため高圧になり火花が飛ぶ。
一瞬の火花=コイルに電流が流れる=コイルの電流が瞬間にゼロにならない=2次電圧が下がる。
火花をコンデンサーに流して吸収するとコイルには、その電流は流れない=コイルの電流は即ゼロなる。
0.2μFであれば十分と思いますがが、あまり大きすぎると、火花の飛びは悪くなります、例1μFだと飛びません。
逆起電力による振動電流がすべてコンデンサ...続きを読む

Qディストリビューターの交換について

以前、国産車のカテゴリーで別の質問をさせていただいたのですが・・・。

現在H6年式のカローラに乗っています。走行距離は12万とかなりの年代物ですが、3月に車検直後、エンジンの不具合があり、整備工場に戻したところエンジンルームを水洗いした際、プラグに水が残っていたとかでプラグ4本を交換。「試乗もして大丈夫です。」と戻ってきましたが、やはりアイドリング時のショックなどがあり再度見てもらったところプラグコードを交換して「今度は大丈夫!」

それでも違和感があったのですが「テスターでも検査して問題ありませんので、しばらく乗ってみてください。」といわれました。
(プラグの交換は無料、プラグコード交換は部品代のみ)

ところが先日、30~40分ほど乗ったら

 ・いつものショックより大きくがたがたと震え だした。

 ・水温計が走行中なのに下がってきた。

 ・アクセルを踏んでも回転数が上がらない

などの症状が出て、整備工場に見切りをつけ、以前のオーナーが購入したディーラーが近くにあったので見てもらったところ

・サーモスタットが開きっぱなしでオーバークール状態。サーモスタットの交換(¥10,000-)

・ディストリビューターの交換(¥70,000-)
         いずれも工賃込み

を指摘されました。が、ディーラーに、そろそろ寿命ですか?ときいたところ

 ・購入後、ワンオーナーですべてディーラー車検できれいに乗ってある。
 ・この頃のカローラ自体、程度がいい。
 ・エンジンを一度積み替えたようで、比較的新しい。

との理由から、「まだまだ寿命の車ではありません。年式と走行距離から下取りは出来ませんが、次の車検もだいじょうぶです。乗ったほうが良いです。」と言われました。

車検後の約¥80,000の出費は痛いのですが、買い替えも出来ないので交換をお願いしてこのまま乗ろうかと思いますが、サーモスタット・ディストリビューターなるものの不具合は車検時の整備では気づかないものでしょうか。又これらの部品は通常どのぐらいの頻度で交換するのでしょう。今の年間の走行距離は5千kmほどです。

うまく説明できず長文になってしまいましたがご意見をお願いします。

以前、国産車のカテゴリーで別の質問をさせていただいたのですが・・・。

現在H6年式のカローラに乗っています。走行距離は12万とかなりの年代物ですが、3月に車検直後、エンジンの不具合があり、整備工場に戻したところエンジンルームを水洗いした際、プラグに水が残っていたとかでプラグ4本を交換。「試乗もして大丈夫です。」と戻ってきましたが、やはりアイドリング時のショックなどがあり再度見てもらったところプラグコードを交換して「今度は大丈夫!」

それでも違和感があったのですが「テスター...続きを読む

Aベストアンサー

ディストリビューターに水分が混入することは洗車などをしていると良く起こります。それはキャップを外し中を乾燥させれば直ります。それで直らなければ他に原因があると言う事です。この年式のカローラのエンジンはディストリビューター内にイグナイターが入っている形式だと思いますが、そのエンジンだとイグナイターが熱に弱いため良く壊れます。私も何台もディストリビューター交換をしています。しかし、ディストリビューター交換が80000円とは高いですねぇ。リビルトを使って下さい。半額以下で直ります。保障も付いてます。サーモスタットの件ですがLLCがきれいならば再使用しましょう。そうすれば修理金額も少しは安く出来ます。修理工場は1件だけではないのですから、納得がいかなければ他の工場にも出向きましょう。追記ですが、もしあと1,2年で買い替えなどの予定ならば中古部品も視野に入れましょう。

Qランオンが治まらない

こんにつわ
空冷vw乗りです。
先日、ランオンの原因についてこちらで質問したところ「点火時期を進角すべし」とアドバイス
頂き、その理由についても詳しく解答いただきました。
で。さっそくタイミングライトを購入し測定したところ暖気後で13~14度ありました。
20度以上まで進めましたがランオン治まりません。キャブのセッティングとの兼ね合いが出てくるのだろうと思います。
熱い状態でランオン発生しているのを解消するには、MAX何度ぐらいまで進角させ、キャブのミクスチャー調整するのがいいのでしょうか?
(そもそもミクスチャーいじって平気??)

Aベストアンサー

 ども。補足要求を頂いたので再登場です。などと言いつつ・・・ん~、ビートルの電気系の知識はありませんが・・・と最初に弱気な発言をしつつ。

 フツーのクルマでは、キーがイグニッションOFFの位置にあるなら、コイルに電流が供給されることはありません(クルマでもバイクでも、イグニッションOFFでは押しがけ出来ませんよね?)。故に点火タイミングが原因のランオンというのは、機械工学的に有り得ない現象です。
 ここまで、御理解頂けます?御理解頂けたなら次の話。

>でも、デスビのコード抜くと止まるんですよ。。。何故でしょうか、、、

 1回だけそうなったというなら『たまたま』と言ってしまってよい様に思いますが、再現性があるなら(何度も同じ方法でランオンを止めることが出来るなら)、御指摘通りイグニッションをOFFにしてもプラグがスパークしていると考えるしかありません。
 しかしすると、これは点火タイミングが異常なのではなく、『イグニッションOFFでもコイルに電力が供給されている』ということこそが異常と考えるべきでしょう。

 で、一つ思い出すのは・・・同様に太古の設計が長らく生き残っていたクルマ『ミニ』でもランオンは時々発生する現象ですが、イグニッションリレー(コイルの2次側電源をON/OFFするリレー)の接点固着が原因とされています。
 ミニの場合は永久にランオンすることは無く、かなり悪化しても2~3秒でエンジンが止まるのでこの為にワザワザ対策するヒトはあまりいませんが、修理する場合はリレー本体を交換するしか方法がありません。(ミニでは、この症状が出るとリレーの接点が完全に接触する為かランオンなどという不安定な状態ではなく、キーをOFFにしても何事も無かったかの様に2~3秒間フツーにアイドリングしてから止まります。原因が判っていてもかなりキモチ悪い動きなので、気にするヒトは気にしますね。)
 っというワケで、もしかしてイグニッションリレーの作動に問題はありませんか?

 ども。補足要求を頂いたので再登場です。などと言いつつ・・・ん~、ビートルの電気系の知識はありませんが・・・と最初に弱気な発言をしつつ。

 フツーのクルマでは、キーがイグニッションOFFの位置にあるなら、コイルに電流が供給されることはありません(クルマでもバイクでも、イグニッションOFFでは押しがけ出来ませんよね?)。故に点火タイミングが原因のランオンというのは、機械工学的に有り得ない現象です。
 ここまで、御理解頂けます?御理解頂けたなら次の話。

>でも、デスビのコード抜くと止...続きを読む

Qエンジンを止めた後もしばらく回っています

8年落ちくらいの中古の軽自動車を買いました。

古い割には走行距離が少なく、実際走りも良く、調子良いです。
ただ、気になるのは、、、
エンジンを止めた後も惰性でしばらく(2-3秒?)エンジンが回って
いるようなのです。結構、ゴゴゴンと回転が不規則だったりしま
す。
これって問題あるでしょうか? 教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前「燃焼室内のカーボンが火種になりランオンの原因になる」
というのを何かで見た事が有ります。

エンジン内部が汚れているのではないでしょうか。

オイル交換をまめにしてみる(オイルには洗浄効果が有る)
洗浄効果の有るガソリン添加剤を使ってみる(カーボンバスター等)

というような事でエンジン内のクリーンアップをされてみては。

QDIYでできるラジエーター修理・交換

ご覧になっていただきましてありがとうございます。

平成12年式ホンダS-MXノーマル走行14万キロに乗っています。

先日ガソリンスタンドでラジエーターのヘッドから冷却水が漏れてると言われました。
リザーブタンクは空になっており、とりあえず水を入れてもらいました。

そこで今後の事ですが、自分でラジエーターの修理もしくは交換を試みたいと思います。

質問1
同僚の元整備士に聞くと冷却水に混ぜる添加剤がカー用品店に売ってあり、それを使うと漏れてる隙間を埋めてくれるとの事でした。
聞いていてなんだか応急的なものに感じました。あと5万キロ(2~3年)は乗り続けたいと思っていますのですが大丈夫なんでしょうか?

質問2
いっそ、ラジエーターを交換してみようかとも思っています。
ヤフオクで純正互換タイプが送料込み約2万円で売っていますので自分で容易に可能であれば交換してみたいと思っています。
どなたか、経験談や参考になりますご意見がございましたら教えていただきたく思います。
いろいろとググってみましたがいまいち良く分かりませんでした。

過去に経験のある整備作業は
マフラー交換・サス交換・シート交換・オーディオ交換などの内外装ばかりで、エンジンルームはオイル交換・エアクリーナー交換くらいしかしたことがありません。

どなたかご教授宜しくお願い致します。

ご覧になっていただきましてありがとうございます。

平成12年式ホンダS-MXノーマル走行14万キロに乗っています。

先日ガソリンスタンドでラジエーターのヘッドから冷却水が漏れてると言われました。
リザーブタンクは空になっており、とりあえず水を入れてもらいました。

そこで今後の事ですが、自分でラジエーターの修理もしくは交換を試みたいと思います。

質問1
同僚の元整備士に聞くと冷却水に混ぜる添加剤がカー用品店に売ってあり、それを使うと漏れてる隙間を埋めてくれるとの事でした...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

まずラジエーターの修理は素人では絶対に出来ません
それだけは御理解下さい

補修剤は余計な所を詰まらせます
応急処置で使う分には良いですが
修理という事では絶対に使うべきではありません

さて交換は順序さえ守れば簡単です
水温は下がっている時に作業をして下さいね
ラジエーターを覆っているカバーがあれば外します
電動ファンを外します
LLCを抜いて各ホースを外します
ラジエーターを固定しているネジを外し
ぶつけないように抜き取ります
(車種によってエンジン下部のカバーを外した方が作業性が言い場合があります)

後は取り外しと逆に取り付けていきます
出来る事ならサーモスタットとラジエーターキャップも交換した方が良いですね
サーモスタットはアッパーホースかロアーホースのエンジン側に取り付けてあります
パッキンが必要なので純正が良いですね
それとドレンボルトも新品が良いです

ラジエーターを外したらサーモスタットなどの
交換も楽になります
リザーブタンクも洗いましょう

さて全てを元通りに取り付けた後は
LLCの注入です
混入量はディーラーに聞けば教えてくれます
(7リッターとか8リッターとか指定されています)
今は既に70&とか割ってある商品があるので
必要な数量をラジエーターに注いでいきますが
サーモスタットや室内のヒーターなどの部分に
LLCが廻らないので最初はラジエーターの口までで良いです

エンジンを回して水温を上げます
アクセルを吹かすと水圧が上がりますので
それだけは止めて下さい

サーモスタットが解放されますと
ぼこぼこぼこって言ってLLCが減りますから
減った分追加して下さい
決して真上まら覗かないようにして下さい
熱いクーラントが噴き出す可能性がありますから
室内のヒーターは温度を最高にしておいて下さい

1時間もあれば大体エアは抜けますので
最後はリザーバータンクに適量のLLCを入れて
キャップを閉めて終了です

ただ完全にエアが抜けていない場合はあるので
1週間程度はペットボトルに水を入れて持ち歩いて下さい
運転前の水量の確認は怠らないで下さいね
エンジンにもエア抜きのドレンがあるのですが
現物を見ないと判らないので
一応間違い無い方法を書きました

こんばんはm(__)m

まずラジエーターの修理は素人では絶対に出来ません
それだけは御理解下さい

補修剤は余計な所を詰まらせます
応急処置で使う分には良いですが
修理という事では絶対に使うべきではありません

さて交換は順序さえ守れば簡単です
水温は下がっている時に作業をして下さいね
ラジエーターを覆っているカバーがあれば外します
電動ファンを外します
LLCを抜いて各ホースを外します
ラジエーターを固定しているネジを外し
ぶつけないように抜き取ります
(車種によってエンジン下...続きを読む

Qハコスカ デスビの点火時期調整の方法???

ハコスカGT3.0メカチューンを所有しているのですが、最近アクセル・オン時、カリカリカリッと音がするので知人に聞くと、点火タイミングが早いと言われたので、調整しようと思っているのですが、上支点が分からないので、角度が分からないと言われました。
とにかく、遅くしようと思っています。、デスビ(フルトラ)は亀有製で長穴が開いているのですが、どの方向に回せば遅くなるのでしょうか?てゆうか、エンジンをかけながらでも、調整出来るんですか?
因みに、MDIを付けてからカリカリ鳴りだしたようので、なにか異常でもあるのでしょうか?
原因としてはスピンドルギアのヘタリかもしれないとも言われました。
いろいろ書いてややこしくてすみません・・・

格好悪いですよね~曲がり角から立ち上がる時ミッション落とすの邪魔くさくてアクセル踏んだらカリカリカリッて!!
詳しい方、何か直す良い方法教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

印はクランクプーリーのタイミングカバー側を1周、手で触ってみると切溝が1箇所か7箇所有ると思います。クランクプーリーに1箇所の場合はタイミングカバー側に-10度、-5度、0度、5度、10度、15度、20度だと思います。プーリーに7箇所の場合はタイミングカバーに針状の突起が1個有ります。手で触って確認できたら掃除をして、黄色などでペイントして見易くしました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング