私は年間平均100冊くらい読みます。
半分くらいは図書館で借りてきて、半分は書店もしくは古本屋で買ってます。
当然のことながら部屋が本で溢れてきます。
壁一面の書棚を買って(もしくは作って)収めるのが理想だったりするんですが、誰かが「年齢とともに荷物は減らすようにしてる」と言っていたり、「引越ししても持っていくのか?」とか考えると取っておく意味が分からなくなり、参考書的な本や好きな作家の本以外は読み直すこともなさそうなので、寄付したり古本屋に売却してしまいます。(小説なんかは基本的に読み返すくらいなら別の小説を読みたいと思うので)

スッキリした後で、テレビや雑誌なんかで本が一杯の部屋とか見ると今度からは取っておこうと思って、また溢れてきます。

こんなことを繰り返しをしながら悶々と考えております。
何故、本を取っておくのかと自問自答したり・・
友達が来たときに「すごいね~」って言ってもらいたいだけなのかもしれないとか・・

皆さんはこんな葛藤ありますか?
また、本をたくさん保存してる皆さんは、手放さない理由はなんですか?
参考までにお聞かせください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

私は、趣味は読書で、おおよそ40年くらい生きて来た人間であります。



再読の可能性、再読したくなった時の入手(借りることが出来るか、また再び買うことが出来るか)の難易度予想で所持し続ける本、所持をあきらめる本を区別しておりましたが・・・・・・・。再読の可能性、再入手の難易度の予測とはここまで難しいものであったのかとつくづくと思っております。後悔のポイントを二つ、三つ、参考になればと願いつつ。

図書館で借りた本だから又図書館で借りて読めば良い、は間違いでした。再読したくなったのが、20年~30年後となった場合、もう一度借りて読めるかどうか、図書館は必ずしも常には当てになりません。

今は人気作家だし、自分も結構気に入ってはいるけれど、人気も自分の好みもどうせ一時的なものであろう、後世にまで読み続けられるような作家、将来何回も再読したくなるような作品とは思えない、というような本こそ30年、40年後には入手困難になっています。今人気が有り多数の著書のある方で、30年後にもその名前は残っているであろうと予測できる作家で実際に30年後にも名前が残った方であっても、代表作以外は入手困難になっている場合が多いです。

自分で言うのもナンですけれど、見る目はあったと思うんですよ。でもねえ、残しておいた作家、作品に限って現在でも容易入手可多し、というのも・・・・・・・。ああ。川上宗薫の青春小説、川端康成の少女小説、どうして取って置かなかったのかしらと後悔しきり。今読み返したら思いっきり下らなくて詰らないかもしれませんけど、でも我が若かりし頃の読書の胸の高鳴りというものがそこにあったということも確かなんですから。

文学的権威に従った評価と自分の個人的価値観が相反する場合、意外と自分だけの価値観の判断で決めた場合の方が後々の後悔は少なくて済んでいるような気がしております。

翻訳本の場合、今も出版されている本でも新訳に変わっている場合、初読の訳者さんの訳でどうしても読み返したい場合も出て来ます。特に若い時の初読のイメージって大きいものですよ。翻訳本の処分時には出版社名・叢書名・訳者名どれか一つだけでもメモっておくべきでありました。

ある作家のファンを10年20年と続けておりますと、謎解きミステリ作家でも全作品通読で再読したいと思う場合がしばしば出て参ります。また謎解きミステリでも、10年以上経過しますと、再読に差し支えないくらい内容を忘れてしまえていたりするものです。

付け足しですが。読書を殆ど全くなさらない年配の方、目さえ悪くなかったら、と仰っておりますが、目の悪くない若い時にも読書など殆どなさっていなかったのを、若い方はいざ知らず、私は実は存じ上げているのでございますが、という場合多々。年取ってから新しい趣味を始めるのは何事につけても割合難しいものでありまして、読書だけを例外には出来ません。

この回答への補足

>>図書館は必ずしもあてにならない
>そ~なんですか・・あてにしてました。

と書きましたが、よく考えたら図書館で検索しても「ない」と表示されてやむなく買った本も少なくなかったですね。
まあ、文学的な作品ではないんですけど・・

そ~いう本は残しておきたいです、やっぱり。

補足日時:2009/05/26 09:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>図書館は必ずしもあてにならない
そ~なんですか・・あてにしてました。
でも、手元にある本は巷に溢れてる本ばかりなので問題なさそうですけどね。

そ~いえば、最近新訳の翻訳本が増えてきましたね。
私はどちらかというと新訳のほうが好きなので問題はなさそうです。
むしろ全部新訳で出してほしいとすら思ってます。読みにくいので・・
なのであんまり手を付けてませんね。

一応、98年から読んだ本はタイトル、著者(&訳者)、出版社、個人的評価をデータベースに残してます。パソコンは便利ですね(笑)

参考になりました。
処分時、判断基準の参考にします。

お礼日時:2009/05/26 09:15

王様の速読術 (単行本)


http://www.amazon.co.jp/%E7%8E%8B%E6%A7%98%E3%81 …

には、「本というのは必要な時に必要な情報を引っ張り出せる家来みたいなもんじゃ」と書かれていますが、まさにその通りだと思います。
読み返す必要が無ければ置いておく意味も無いと思います。
    • good
    • 0

私は、読みたい本を新品で買い、


面白くない、難しすぎて読めない、
読了はしたけど、読み返すことがないと感じたものは、
古書店に売ったり、捨てたりしてきました。

でも、今は後悔しています。
なぜなら、はずれであれ、何であれ、
読みたいと思って買った本。
それは、そのとき自分が置かれていた境遇や精神状態のあらわれ。
本棚は、いわば「日記」のようなものだと気付いたからです。

なので、今後しばらくは本を処分しないつもりです。
もちろん、収納スペースに限りはありますから、
必要に応じて、その時点で
優先順位が低いと感じた本を処分していくことにしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

その「日記」はノートやパソコンに買った日付、処分した日付とともにメモしておくだけで解決するかもしれませんね。収納スペースは取りませんし。

お礼日時:2009/05/27 09:18

こんにちは。



>スッキリした後で、テレビや雑誌なんかで本が一杯の部屋とか見ると今度からは取っておこうと思って、また溢れてきます。
>何故、本を取っておくのかと自問自答したり・・
>皆さんはこんな葛藤ありますか?

こういった葛藤は特にはないですね。

私の場合は、基本的にまずは図書館で借ります。その中でこれは手元に置いて何度も読み返したいと思うものについては本屋か古本屋で買います。このように自分にとって現時点で必要な本(血肉にしたいほど重要・ぜひ理解したいもの・好み)だけを自分の本棚に残しています。

また、私は読んだ本の備忘録をパソコンで管理しています。主に記録するのは「本の特徴的な部分(著者の基本的な立ち位置、考え・視点・根拠など)」と「何だか気になった(心に引っかかった)一文」です。小説やエッセイは主なテーマを記録しています。
するとその本が自分の手元から離れても、何かの機会でもう一度読み返したい・理解し直したいことが出てきたら、備忘録を基にまたその本を辿ることができます。なので、絶版は仕方がないにしても、手元にないということは私にとってそれほど重要ではないです。
このことが、また読むかもしれないから手放せない、とはならない一因かもしれないなと回答していて思いました。手放せる理由になりますね。

(余談)
しかし絶版というのが大きな悩みですよね。収納スペースの限界という物理的な問題もあるから何でもかんでも持っていられないし。私の本棚もそろそろ限界です。これが絡んでくると複雑で難しいところですよね。
そういう意味では、著作権の問題はあるけれど書籍の電子データベース化の今後がどうなるのか、とても気になるところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

図書館や某古本屋チェーン店を自分のサテライト書架だと考えれば、取っておく必要はなさそうですね。まあ、他の皆さんの様に絶版とか初版、戦前の雑誌でなければの話ですが。

私もデータベースに残してますが、それほど詳しい情報は載せていませんね。
手放してしまった本は、思い出せない事も多々あるので重宝しております。

お礼日時:2009/05/26 09:26

30代男性です。


>皆さんはこんな葛藤ありますか?
とてもあります。なので僕は読んだ本をなるべく人目に付かないよう
押入れの奥へ奥へ追いやるようにしています。
読んだ本についてあれやこれや言われるのも好きではないので。

読みたい時に奥からひっぱり出してこないといけないという致命的に近い不便さもありますが、
読みたい本はどうしても読みたいので、それもまた良しです。
夜中でも引っ張り出してきます。
ほこりも被らず、日にも焼けず良い感じだと自分に言い聞かせています。

>また、本をたくさん保存してる皆さんは、手放さない理由はなんですか?
たくさんは保存しておりませんが、
僕はなんじゃこりゃと感じた本はさっさと売ってしまいます。
少しでも何か引っかかった本は置いておきます。
どうでしょう7~8割がたは手元に置いてあります。

ご参考になりましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

押入れの奥ですか。
確かに「何を読んできたか」っていうのを人に知られるのは、心の奥を覗き込まれている感覚にもなり恥ずかしい気もします。
本も痛まないので良いかもしれませんね。

参考になりました。

お礼日時:2009/05/26 08:54

自宅も置き場がなく家族に処分せよと云われています。


処分できない理由は、処分したら最後だからです。
蒐集しているものは絶版本や旧版などもあり資料性から云えば是非必要と思っているものばかりです。
最近は図書館などに行っても流行本やハウツーものなどが席捲し、基本書も不満足な状態ですし、古いという理由だけでドンドン処分されてしまいます。
結局手許に置くしかなく、処分したら最後、再び入手できるかどうかわからない状態ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

再び手に入らないと思われる資料性の高い本はやっぱり処分できませんよね。
私の場合は好きな作家数人のコレクション要素が強い傾向があるだけで、図書館でも古本屋でも手に入るものばかりなので悩みが尽きません。

お礼日時:2009/05/24 21:57

ひとつには本の内容と本というものとを混同しているのではないでしょうか。

別にこのような混同は本に限ったことではなく、日常ありとあらゆるところで起こっていることです。身につけたいのは本の内容であって本そのものではないのですが、良い衣服と同じように自分がそれを良いと思える感性があるかないかを問わないことも多いと思います。衣服と同じで繰り返し読む価値がない本は読む価値がない本だと思います。少なくとも趣味としての読書の対象にはならないと思います。そういう本を読むための時間やお金を、特に自分で何かを作り出す趣味のようなものに使ってみるのも本に悩まされなくなる方法のように思います。読書離れというか本に頼らなくても楽しめる世界の開拓ということでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>繰り返し読む価値がない本は読む価値がない本

とおっしゃいますが、読まなければ価値が分からないですし、謎解き系の小説であれば何度も読むものでもないかもしれまんよ。私は再読の可能性のない本は手放してますし。

>本に頼らなくても楽しめる世界の開拓

他にも趣味がいろいろありまして、これ以上開拓したらお金も時間も足りません(笑)趣味系の雑誌が増えて悩みが増えるだけです。生産性のある趣味ではありませんけど。

お礼日時:2009/05/24 11:08

本は捨てられません^_^!)



同様に古本屋に売ることもできませんでした。

去年初めてオークションで売ることを覚えました。
もう二度と読まないだろうと思ったものです。

木造住宅の二階の小部屋が自分の部屋(=本の部屋)になっています。
床から天井まで人間のいる空間を侵食しています。床が見えません。時々軽度の地震で雪崩れています。
木造住宅なの家が鳴ります。最近は気にしなくなりました。

友達が来ても「すごいね~」とはなりません。
友達が入るスペースがありません。

あまりのことに狭い庭に物置を建てて移管してあります。
数年前その物置が二つに増えました。

で、我が家ではまだまだ増殖しています。
夫婦の寝室も本の入った段ボールで壁が見えません。

とうとう妻は段ボールの見えない部屋で寝たいと言い出しました。
家庭内別居の危機です。

さて、質問にお応えしましょうか。

>本をたくさん保存してる皆さんは、手放さない理由はなんですか?

考えるまでもないことです。本は「私」の分身だからです。
当然のことながらそう思えない妻には申し訳ないと思っています。
(もっとも時たま当たる読んで損した部類の本は知らぬうちにどこかに消えます)

>皆さんはこんな葛藤ありますか?

あります。正確には「ありました」が正しいような。
いつの頃からかあきらめました。本は増殖する。勝手に子供を産んで増えていくイメージでしょうか。その増殖は誰にも「私」にも止められない。一種の諦念です。

時折、思い出したようにぼやく妻はもう諦め顔です。
本当に申し訳ないなどと殊勝な言い訳はずっと昔に何の心の痛みも伴わずにできるようになりました。

参考にならないと思いましたがどうだったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いやいや参考になりました。分身といえば分身かもしれませんね。
自分を形成する要素になってる訳ですから。

オークションやアマゾンでの売却も考えましたが、梱包やら傷の状態の提示とか手間が掛かりそうで諦めました。確かに古本屋に持っていくよりも高い値段で売れるみたいですけどね~。

お礼日時:2009/05/24 10:53

50代男性です。


人生の黄昏時にさしかかり、これまで雑誌も含め後生大事に取っていましたがスペースの関係もあり、最近半年か1年ごとに捨てることを断行しています。

・書棚ケースは1つで5,600冊入るものに限定し、7月と年末にもう絶対見ないと思うものを潔く捨てる。(これが大原則)
・雑誌などは必要な部分のみ切り取ってクリアファイルでスクラップする。
・入れるスペースが限られているので、むやみに本屋には立ち寄らず衝動買いを極力さける。特に古本屋に対しては禁欲主義で望む。
・シリーズものでも途中で興味が少し薄れだしたら無理に全巻そろえようとはしない。
・専門書や絶版書等は図書館を活用する。
・これまで読了した本や一部分しか読んでいない蔵書を見直し、再読・熟読してみる。

私の場合は、未読の本が書棚に溜まってくるとそのことが気になる質なので、捨てることに対する抵抗も薄れつつあり、心もすっきりとしてきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ルールを作って整理するのはいいですね。
面倒くさがりの私には雑誌のスクラップは厳しいです(笑)

未読の本が溜まるのが気になりますか・・私は逆ですね。
未読の本がある程度無いと落ち着かないです。

お礼日時:2009/05/24 10:48

気に入った本は何度も読み返すので取って置きます。

本選びがなかなかうまい性質なので、ほとんど取って置きますが。
本をたくさん持っていると、逆に「変な人」と思われますよ。本を読まない人からしたら、その人の中の常識をはずしているので”オタク”などと判断するのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まあ、「変な人」と思う人もいるかもしれませんね。
活字中毒なだけなんですけどね。

お礼日時:2009/05/24 10:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q完璧に本を検索できるサイト

yahooやアマゾンで検索してみたのですが、既に出版されているはずの本が(普通に本屋においてあるような本でも)出てこなかったりして、完璧には検索できないようです。
完璧に出版されている本が検索できるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

「普通に本屋に置いてある本」である場合は、紀伊国屋書店のサイトを一番最初に使います。
それでもない場合は他のサイトも使います。

ただ、どのサイトでも「書名検索」する上で、注意することがあります。
書名中に、「」や《》、・(中黒)など、記号が含まれている場合がある時、ヒットしない場合があるからです。
解決策としては、AND検索機能が利用できる場合は、助詞をはずした単語の複数検索することです。
また、耳で聞いた書名だと、書名中のどの言葉が漢字なのか、カタカナなのか、ひらがななのか、わからない場合があります。
たとえば↓のように、書名の表記方法は様々な例がありえます。

「楽園」の子どもたち
楽園(パラダイス)の子供たち
楽園の子供達


また、数字の問題もあります。
「21世紀」なのか「二十一世紀」なのかでも検索結果に変化が出ます。
なかなか検索がうまくいかない場合は、「楽園」と「子供」or「子ども」or「こども」としてみたり。
紀伊国屋書店のサイトでは、カタカナ読み検索が可能ですので、「ラクエン」「コドモ」というふうに、カタカナ形でのAND検索でも試してみます。(カタカナ読み検索が可能でないサイトもありますので、ご注意ください)


↓は、本の検索のコツについて、説明しているサイトです。

「本の探検倶楽部」
http://homepage1.nifty.com/gekka/kagi.html
便利なサイト&参考図書情報
http://homepage1.nifty.com/gekka/joho.html


以上、ご参考までに。

「普通に本屋に置いてある本」である場合は、紀伊国屋書店のサイトを一番最初に使います。
それでもない場合は他のサイトも使います。

ただ、どのサイトでも「書名検索」する上で、注意することがあります。
書名中に、「」や《》、・(中黒)など、記号が含まれている場合がある時、ヒットしない場合があるからです。
解決策としては、AND検索機能が利用できる場合は、助詞をはずした単語の複数検索することです。
また、耳で聞いた書名だと、書名中のどの言葉が漢字なのか、カタカナなのか、ひらがななの...続きを読む

Q図書館で借りられる本の数 100冊!?

地元の1市2町が合併し、図書館でも1枚のカードでそれぞれの図書館の本を借りられるようになりました。

以前の町立図書館では貸し出し合計10冊までだったのですが、
今は100冊まで借りられるようになってびっくりしました。
図書館の規定としては100冊は、度を超した数ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

私が住んだことのある市の中には、図書館の貸し出し冊数が全くの無制限のところがありました。
100冊というのも、実質無制限と同じ状態だと思います。

私は常に20~30冊は借りていました。
しかし、借りていく人をみていると、みんな多くても10冊前後で、自分の読める量だけ借りていました。

今住んでいる市は、県庁所在地なのに、図書館があまり充実しておらず、貸し出し冊数も少ないです。
やはり「貸し出し冊数が少ないです」という質問が貼られていたことがあるのですが、それに対する図書館からの返答は「今の図書館のスタッフ人数では今の貸し出し冊数に対応するのが精一杯」とのことでした。
貸し出し冊数の上限は、スタッフや予算のあり方で変わるみたいです。

つまり、市町が合併して予算やスタッフが増えたので、かなりの貸し出し冊数に対応できるようになり、かといっていきなり無制限にするのもどうかというという意見があってとりあえず100冊、としたのではないでしょうか。
10冊から100冊、とのことですので、はじめはみんな借り方がわからなくても、すぐに自分に読める量だけ借りるようになっていくと思いますよ。

なので、度を越した数だとは思いません(なにしろ無制限経験者ですので)。
実際、勉強に図書館資料を使いたい場合などは、10冊でかなり少ないんですよね…。

参考になれば幸いです☆

私が住んだことのある市の中には、図書館の貸し出し冊数が全くの無制限のところがありました。
100冊というのも、実質無制限と同じ状態だと思います。

私は常に20~30冊は借りていました。
しかし、借りていく人をみていると、みんな多くても10冊前後で、自分の読める量だけ借りていました。

今住んでいる市は、県庁所在地なのに、図書館があまり充実しておらず、貸し出し冊数も少ないです。
やはり「貸し出し冊数が少ないです」という質問が貼られていたことがあるのですが、それに対する図書館からの返...続きを読む

QHPに本の売れ筋ランキング10位を表示させるには

アフェリエイト広告を使用したHPを持っています。
いちいち手打ちで打ちかえるのではなく、自動的に本の売れ筋ランキング10位を表示させたいのですがそういう機能はあるんでしょうか。どこかのサイトでチラッと見た事があるのですが・・。
知っている方がいらっしゃれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アマゾンのアソシエイト・プログラムには「ベストセラーリンク」という機能がありますよ。ジャンルを指定してベストセラーを表示することも出来ます。

詳しい内容や使い方は、アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加したあと、ログインして「リンク作成」を見てください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q図書館で週に何十冊も本を借りることをどう思いますか

図書館で、ほぼ毎週、何十冊も本を借りています。隣接する自治体の図書カードも作れることと、家族のカードも使って(家族が読むための本も借りますが、大部分は私のために使います…本当はダメですよね)、多いときは、週に百冊ほども読みます。読み始めて面白ければ熟読しますが、流し読みになる本も多いです。乱読、多読が大好きなので、とても満足していたのですが、最近、もしかしたら、よくないことなのかな? と考え直しつつあります。

・単純に、図書館員さんに負担をかけているのではないか。カウンター業務の方々に、どう思われているか。不快に思われてはいないか。
・税金の、無駄遣いとまでは思わないものの、やはり私一人が図書館予算を使いすぎていることにはならないか。
・一方で、もし図書館予算や、図書館の存廃や新設が、貸出冊数に連動しているなら、たくさん借りることは、図書館というものの存在に貢献していることになるのかな?という考えも浮かびます。

あまりに借り過ぎること(読みたいタイトルの本をどんどん予約してゆくこと)は控えて、本当に読みたいものだけに絞ることと、なるべく人並みの冊数にしようと、自分ではほぼ決心したのですが、他の人から見て、どんな意見があるのか、教えていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

図書館で、ほぼ毎週、何十冊も本を借りています。隣接する自治体の図書カードも作れることと、家族のカードも使って(家族が読むための本も借りますが、大部分は私のために使います…本当はダメですよね)、多いときは、週に百冊ほども読みます。読み始めて面白ければ熟読しますが、流し読みになる本も多いです。乱読、多読が大好きなので、とても満足していたのですが、最近、もしかしたら、よくないことなのかな? と考え直しつつあります。

・単純に、図書館員さんに負担をかけているのではないか。カウンター...続きを読む

Aベストアンサー

olutierさんのようにたくさんの本を借りられる方は
図書館という公共施設の本来の機能を
十分に活用されているわけですから、
図書館側にとっては迷惑どころか
願ってもないことのように思えます。
司書の皆さんにとっては、多少の事務仕事が増えても
図書館の利用者が誰もいない時の業務の無意味さに比べれば
司書冥利に尽きると言えるのではないでしょうか。
ただ延滞をしょっちゅうする私のような
不届き者は端的に迷惑でしょうが…。

また濫読多読も大いによいことだと思います。
私はあまり本を読まないたちなので経験がないのですが。
ただ情報の質の高い良書は努めて
じっくり読むようにしてもよいかと思います。

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Q田舎の図書館は充実していますか?例えば、域内のほかの図書館から取り寄せる事は出来ますか?

田舎の図書館は充実していますか?例えば、域内のほかの図書館から取り寄せる事は出来ますか?

私は、地方都市に住んでいます。
私の地域の図書館はかなり大きく、市内の他の図書館(約10軒)からも本を取り寄せる事が出来ます。
ですので、図書館に行けば本に不自由すると言う思いはした事はほぼ無いです。

近い将来に田舎に住みたいと思っています。
田舎の図書館は充実し、満足できる環境なのでしょうか?

詳しい方の情報が欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

図書館で働いている者です。

質問者様がおっしゃる「充実」がどの程度か、将来住みたい「田舎」がどの程度かはわかりませんが。
市立図書館の本館レベルだったら田舎でも、少なくとも有名所の小説は揃ってると思います。ただ、知る人ぞ知る系や話題になり始めた人の小説なんかは、場合によってはないかもしれません。
小説以外の分野になると、やはり生活系はどこもそれなりに揃えてると思います。専門書はかなり少ないです。

域内の他の図書館からの取り寄せは、「○○市立」のように同じ所が運営してるならできるはずです。それ以外にも「相互貸借」と言って、市外や県外からも取り寄せができるよう、日本全国の公共図書館で取り決めがしてありますよ。
待つことが苦でないなら、田舎の図書館だからといって本に不自由することはないはずです。
たま~に、本当に司書資格持ってるの?ってくらいえらく能力の低い司書がいることがありますが・・・。

本をたくさん読む人にとって田舎の図書館のメリットは、人気本が回ってくるのが早いということです。私は政令指定都市に住んでますが、ベストセラーには何百件と予約が入って1年以上お待たせることもあります。
田舎だと、ハリポタのように特別人気があって大人も子供も読むような本くらいしか、そういうことは起こりません。

図書館で働いている者です。

質問者様がおっしゃる「充実」がどの程度か、将来住みたい「田舎」がどの程度かはわかりませんが。
市立図書館の本館レベルだったら田舎でも、少なくとも有名所の小説は揃ってると思います。ただ、知る人ぞ知る系や話題になり始めた人の小説なんかは、場合によってはないかもしれません。
小説以外の分野になると、やはり生活系はどこもそれなりに揃えてると思います。専門書はかなり少ないです。

域内の他の図書館からの取り寄せは、「○○市立」のように同じ所が運営してるな...続きを読む

Qひとり暮らし 収納術の本(捨てる系ではなく)

ひとり暮らしのための、収納術に関する
よい本はありませんか。
「ひとり暮らしのスッキリ!収納BOOK」はとてもいい本でした。
それに似たようなコンセプトの本を探しています。


「ひとり暮らしをとことん楽しむ」シリーズ(雑誌)は読みました。
こちらは例がたくさんあるのですが応用できるような情報はあまりありませんでした。

AMAZONで「収納」に関する人気の本は
収納以前にまず捨てることについて説いた本や
精神論や
「単なる収納術にとどまらず…」と評されている本が多いです。

そうではなく

テクニックとしての収納術でおすすめの本を知りたいです。

もうこれ以上捨てるつもりはないので
ここから使い勝手よくしまう方法が嬉しいです。

また、書店で探しても
リビング~子ども部屋~…とひとり暮らしにはあまり参考にならないページの多い本が多く
なかなかピンとくる本がありません。

たとえば、食器棚が小さくて皿のしまうところに悩んでいるのですが
「シンクの下はゴキブリが…」などと書かれているだけで対処法がありません。
そういうことにたいするアイディアが書かれている本はないでしょうか?

よろしくお願いします。

ひとり暮らしのための、収納術に関する
よい本はありませんか。
「ひとり暮らしのスッキリ!収納BOOK」はとてもいい本でした。
それに似たようなコンセプトの本を探しています。


「ひとり暮らしをとことん楽しむ」シリーズ(雑誌)は読みました。
こちらは例がたくさんあるのですが応用できるような情報はあまりありませんでした。

AMAZONで「収納」に関する人気の本は
収納以前にまず捨てることについて説いた本や
精神論や
「単なる収納術にとどまらず…」と評されている本が多いです。

そうではなく

テクニ...続きを読む

Aベストアンサー

本をばらして一枚ずつスキャナで画像を撮り、PDFにしてCDに保存する。。
という、究極の収納術があります。。
文章だけの本だったら、画像から文字だけ読み取ってテキストファイルにすることもできます。
スキャナに付属していたフリーソフトで試しましたが、精度は高くないので見直して手で修正する必要があります。
電子書籍化というキーワードで検索すればやり方のサイトが見つかります。
これをやってしまうと、二度と紙のページでは読めないのでちょっと淋しくはあります。

http://ebook.dojin.com/

Q国会図書館では、どんな本でもその本の値段の半額と図書館への配送代金が作者に支払われるらしいですが、一

国会図書館では、どんな本でもその本の値段の半額と図書館への配送代金が作者に支払われるらしいですが、一冊の本の出版料金はどれ位かかるのでさか?

Aベストアンサー

>国会図書館では、どんな本でもその本の値段の…

納本制度のことですね。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

>一冊の本の出版料金はどれ位かかるの…

一冊の本と言ったって、20ページほどの薄い本と 300ページの分厚い本とでは大違いですし、100冊しか作らないのか 10万冊作るのかでも大違いで、簡単に答えられる話ではありません。

まあ一般論として、本屋に並んでいる書籍の原価はおおむね 4割程度と言われています。

もし自費出版を考えているのなら、表紙からあとがきに至るまですべてを自分のパソコンで仕上げて、電子データを印刷会社に送れば、比較的安くできます。

例えば某社の例ですと、
・A5版
・表紙・フルカラー
・本文・モノクロ
・口絵・カラー両面2枚
・200ページ
・300冊
で税込み 1冊あたり 535円です。
http://www.inv.co.jp/~popls/

印刷会社にばらばらの原稿を渡してこれで本にまとめてくれと言うのでは、これの 2倍にも 3倍にもなりますよ。

>国会図書館では、どんな本でもその本の値段の…

納本制度のことですね。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

>一冊の本の出版料金はどれ位かかるの…

一冊の本と言ったって、20ページほどの薄い本と 300ページの分厚い本とでは大違いですし、100冊しか作らないのか 10万冊作るのかでも大違いで、簡単に答えられる話ではありません。

まあ一般論として、本屋に並んでいる書籍の原価はおおむね 4割程度と言われています。

もし自費出版を考えているのなら、表紙からあとがきに至るまですべ...続きを読む

Q送料無料で本が買える通販

送料無料で本が買える通販ありませんか?
amazonでも確か1500円以上なら無料ですが、
本が何円だとしても無料で買えるところがいいです。
もし知っていたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 楽天ブックスは現在送料無料のキャンペーン中です。
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/info/info.html

 ただし、ここは在庫状況が厳しいので、他のショッピングサイトでは扱っている本が、ここでは品切れなんてことも良くあります。

Q年間1000冊の本を読む秘訣

1年間で1000冊の本を読みたいのですが、
達成するための秘訣など考えられることを
お教えください。

Aベストアンサー

年に500冊読破が最高記録の者です。その経験から、

年に1000冊、本が読めるために必要な条件は、当然、暇であること。
仕事や学業を持たないか、持っている場合は、
空いている時間を全て読書に捧げられる環境があること。
休みの日は社交生活を捨て、一日読書に費やすべし。
TVは真っ先にあきらめましょう。
また時に読書が睡眠時間に喰い込むことがあっても、
翌日、社会生活に支障を来さずにいられるだけの体力も必要ですよ。

本を読む速度も生活習慣も、慣れで作られるものでもありますから、
いきなり1000冊は無理でしょうね、
今現在、年間200~300冊程度は本を読めていること。

そして実は、本を読みたいという気持ちが一番大事です。
読みたい本は新たにどんどん増えていくものではありますが、
読みたいと思った本を全部直ぐ買える財力が無ければ、
あるいは図書館に置いてあって順番待ちせずにすぐ借りられる状態になければ、
読みたいと思うだけで終わってしまいます。

ですから、自分の財力で買える、あるいは購入済みで積読中、
あるいは図書館で直ぐ借りられるような本で、
今、読みたいと思う本が1000冊以上具体的にあること。

つまり年間1000冊のためには、

1 時間がある、体力がある。
2 年間200~300冊程度の読書習慣が既に身に付いている。
3 今読みたい本が1000冊程度具体的にある。

この3条件が必要だと思いますよ。

年に500冊読破が最高記録の者です。その経験から、

年に1000冊、本が読めるために必要な条件は、当然、暇であること。
仕事や学業を持たないか、持っている場合は、
空いている時間を全て読書に捧げられる環境があること。
休みの日は社交生活を捨て、一日読書に費やすべし。
TVは真っ先にあきらめましょう。
また時に読書が睡眠時間に喰い込むことがあっても、
翌日、社会生活に支障を来さずにいられるだけの体力も必要ですよ。

本を読む速度も生活習慣も、慣れで作られるものでもありますから、
いきなり1000...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報