最近よく見るのですが、タイヤの直径に対してホイールの
直径が(昔のタイヤと比較して)大きくタイヤの接地面から
ホイール外周までの高さが短いタイヤがありますが、機能として
どのように違うのでしょうか?
素人考えで、もしでこぼこ道でバウンドしたときタイヤが潰れる
(潰れても良い)量が少なくてホイールまでゴツンと地面にぶつかって
しまうように思えてしかたがありません。
どのようになっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

人間でいうところの靴をイメージしてください、


普段履くのには、履き心地が良く、程よいクッションがある等の快適性が重要だと思います、
でもスポーツ競技などの場合はどうでしょうか?
普通の靴とは違い、スパイクが付いてたり、クッションも変わった構造だったり、快適性より機能性の方が重要ですね(見た目も全然違いますね)、

質問にあるようなタイヤを標準で付けているクルマは、スポーツ走行に適した性格のクルマで、
ハードな走りにも対応できるように
「タイヤ幅は広く」・・・無駄なくパワーを路面に伝える為
「扁平率は高く(サイドを薄く)」・・・コーナー速度やハンドリングレスポンスを良くする為
「ホイールがでかく」・・・上記のようなタイヤを履く為に必然的に
となっているのです、

なので、乗り心地とかの快適性はある程度犠牲にしています、
(サイドが薄くても、剛性はメチャクチャ高いです)
そのマイナス分は走行性能向上に振り分けられています、
勿論、そのようなタイヤやホイールが値段も高いので、一般的とは言い難いのも確かなのですが、
Z、GT-R、ポルシェ、フェラーリとか、高い走行性能をウリにしているようなクルマが、
軒並みそのようなタイヤとホイールになるのは必然なのです。
(とは言え、パワーも無いクルマにファッション感覚で付けている人もいますが)

この回答への補足

よくわかりました。
一般的な車に装着しているのはかっこうだけなのですね。
走行性能を売りにしている車の場合でも日本ではその性能を発揮する
ことはあまり無いようにも思います。
ありがとうございました。

補足日時:2009/05/24 15:55
    • good
    • 1

扁平率と言います。


タイヤ幅に対する高さを言います。

一般的なのは65%前後が標準で着いてきます。

タイヤはご存じのように、バネとしての機能があります。
凸凹などは、適度に吸収してくれて乗り心地も良いですし、消音もしてくれます。
ぶつかったときの吸収率も良いので、ホイールを壊すこともありません。

しかしながら、弱点としては、よじれます。
カーブなどでよじれてダルな動きとなってしまいます。
一般的な使用ではあまり問題にはなりませんが、スポーツとなると話は別です。
タイヤがよじれると、カーブを速く曲がれないんです。車体が傾きすぎて、片方だけに力がかかりますから。
出来るだけ高さを低くした方が都合が良いんです。
ですから、扁平率が30%とかの物を使います。
その分、タイヤの側面のゴムは分厚くなりますので、乗り心地は最低です。
路面に埋めてあるキャッツアイを踏んだだけでホイールが割れることがあります。

それでも見た目は速そうに見えますし。

機能としては見た目、カーブの切り返しの良さです。
それ以外は悪化します。
    • good
    • 0

なんのメリットもありません。


短所しかありません。挙動は悪く、タイヤは片べりを起こし、車内にまで振動が伝わり乗り心地最悪です。
ただの自己満足です。
あえて言うならタイヤが薄くホイールがでかいとカッコいいんです。
タイヤが厚くなるとまるでトラックみたいでカッコ悪いんです。
見る人が見ないとカッコ良さがわかりません(車のおしゃれを気にする人のみ)
ハイキングにルイヴィトンのバックを持って歩いているのと同じです。興味のない人が見たら「アホか」としか思いません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車は何センチのクギを踏むとパンクする?

僕の車は、3センチくらいのクギを踏みましたが、パンクはしませんでした。
タイヤからは手では抜けないので、修理業者に頼みました。
結局は危ないとのことで、タイヤを交換しましたが。

思うのですが、道路に何センチのクギが落ちていると危ないのでしょうか?
長ければ長いほど、深く突き刺さりますが、長いと踏みにくくなります。
短いと踏んでも、パンクまではしません。

あまり、タイヤがパンクした話は聞きません。
高速道路とかにいろいろな長さのクギが落ちていても、実際はほぼ大丈夫なのでしょか?

Aベストアンサー

長さは一概には言えないですね。
タイヤの接地面の厚み以下の長さならパンクしないとしか言えないです。
接地面以上の厚みの長さでも斜めに入ればパンクまでには至らない事も多々あります。

#3さんもおっしゃられてますが パンクの場合 フロントタイヤが踏んで跳ね上げた物を
リアタイヤが踏んで刺さるという事が多いです。
ですので 接地面に対して直角に異物が刺さっているという事は少なく
多くの場合 斜めに刺さっています。
1寸(3cm)ほどの釘でも貫通していなかった事も珍しくはないです。

私が今まで見た中で一番大きかったのは14ー17のメガネレンチが刺さっている状況でした。
走行中に拾い上げたらしくリアタイヤに斜めに思いっきり突き刺さっていました。
店探しにかなり走ったようで うちに来た時点で外に出ている片側のメガネ部分は
アスファルトで削れてなくなってましたね。

パンクはホント 運ですね。
数十年パンクを経験しない人もいれば 年に複数回経験する事も珍しくはないですしね。

Q小さな鉄片がタイヤに刺さっていました

CB400 SFVのリアタイヤに幅3mm、深さ2mm、厚さは0.2mmくらいの小さな鉄片が刺さっていたので取り除きました。パンクはしてませんがこのまま何も処置せず乗っていても問題ありませんか?
刺さっていた場所はタイヤ外形の円周部分です。
この小さなクラックからどんどん亀裂が広がるでしょうか。
タイヤの外形円周部分のゴムの肉厚はどれくらいあるものなのですか?

Aベストアンサー

深さが2mmであれば、心配ないとおもいます。
パンク修理をしたチューブレスタイヤで高速道路のツーリングを何度も行っていますが、問題があったり再びパンクしたりなどしたことはありません。
もちろん、所詮はゴム製品でありますから、亀裂が広がったり、破裂する可能性が0と言うことは無いですが、タイヤの構造について少し調べれば表面にすこし(特に走行接地面)に傷がついても問題はないと判ると思います。
傷から、スチールベルトやカーカスなどの構造物が見えていれば、使用をなるべく早く中止した方がいいでしょうけど…。

ラジアルタイヤ 構造 断面図 などのキーワードで検索をかけると、いろいろ見つかります。

3mm×2mm×0.2mmであれば、通常の走行で傷が付く想定内であるとおもいます。(たまたま見つけたから気になった…と言う程度。)経過を気にするのは良い事ですが、だからと言って無理やり修理したり、タイヤ交換をする必要までは無いと思われます。

Q車のアルミホイールの白サビ除去方法について

車のアルミホイールにできる白いニョロニョロした線状の腐食を白サビというそうなのですが、
先日ネットで買ったアルミホイールのリム部分やディスク部分に結構ニョロニョロできていて、それを除去したいと思い、マザーズというメーカーの「マグ&アルミポリッシュ」というものを買って使用したのですが、ただ表面をワックス掛けしたようなだけの結局効果ゼロで逆に擦りすぎてコンパウンドのせいか
くすんでしまいました。
この白サビを取るケミカル品があったら教えていただけないでしょうか。
見た限りこの白サビというのは表面の隆起感覚が無いので、中に浸透しているものかと思われますので、ワックスみたいな表面をコンパウンドで磨いて除去するには、くすんだり、まだらになったりして
あまり綺麗に仕上がらない気がします。
液状化したもので中まで浸透して除去できる物の方が素人の考え的には良いように感じますが
よく分かりませんので、是非使用した人に紹介して欲しい次第です。
できれば、リムのポリッシュ部分の鏡面の光沢などをくすませないように仕上げられるものがあれば
ベストなのですが。
仮にやはり表面の研磨が必要な場合は、ピカールだとどうでしょうか?
くすんだり、シミになったりしますか?その後クリアを吹けべ光沢は戻るでしょうか?

車のアルミホイールにできる白いニョロニョロした線状の腐食を白サビというそうなのですが、
先日ネットで買ったアルミホイールのリム部分やディスク部分に結構ニョロニョロできていて、それを除去したいと思い、マザーズというメーカーの「マグ&アルミポリッシュ」というものを買って使用したのですが、ただ表面をワックス掛けしたようなだけの結局効果ゼロで逆に擦りすぎてコンパウンドのせいか
くすんでしまいました。
この白サビを取るケミカル品があったら教えていただけないでしょうか。
見た限りこの白サ...続きを読む

Aベストアンサー

アルミ腐食は アルミ素材と クリアー塗装の間に侵攻していきます。
メッキ、アルマイト処理以外は クリアー塗装がされ アルミ地肌が出ている事は有り得ません

表面の クリアー層を落とし 地肌を磨いても 黒い線や 灰色線が残ると思います。

中古アルミ店に聞いたところ 直して売らないのか?質問したら 
ポリッシュ アルミ光沢にクリアー塗装のリムには 修理が効かない 
理由:綺麗に直せず ピカピカには戻せないそうです。
腐食を落とし 塗装で着色なら 下地が隠せるので可能と言ってました。

BBSのリム部ポリッシュなど この腐食の問題が 多いです。

金属磨き等は、地肌に対して有効であり クリアー塗装されたうえでは クリアー層まで 磨いて落とさないと 研磨出来ませんし 研磨後 クリアー塗装をする必要が有ります。
ピカールも 同じです。

クリアーポリッシュのアルミは 腐食蜘蛛の巣状が出たら 諦めるか 着色塗装するしかないでしょう。
なので 初めから 選ばない事 また ちょっとした傷からも 腐食の進行が 始まるので
クリアーで タッチアップして 地肌が露出しない様に 注意が必要です。

ホイールって 走行中に ゆがみひずみ 戻る の繰り返しで 
塗装も見えないひび割れとかも起き 腐食の
入口になるのかな とも 考えています。
リムポリッシュは 綺麗なの2年程度と お考え下さい。

腐食が 少なければ 腐食部分を 耐水ペーパー#1000とかで 削り落とし 研磨剤で磨いて落とせる範囲まで 落とし クリアー塗装を かけてみるしかないでしょう。

アルミ腐食は アルミ素材と クリアー塗装の間に侵攻していきます。
メッキ、アルマイト処理以外は クリアー塗装がされ アルミ地肌が出ている事は有り得ません

表面の クリアー層を落とし 地肌を磨いても 黒い線や 灰色線が残ると思います。

中古アルミ店に聞いたところ 直して売らないのか?質問したら 
ポリッシュ アルミ光沢にクリアー塗装のリムには 修理が効かない 
理由:綺麗に直せず ピカピカには戻せないそうです。
腐食を落とし 塗装で着色なら 下地が隠せるので可能と言ってました。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報