「デンプンの物理的燃焼価に対して、同質量のショ糖の物理的燃焼価は異なった値となる。
理論的に、物理的燃焼価はどちらがどれだけ大きいか?またその理由は?」
という問題が出されたのですが、さっぱり分かりません。
燃焼時に酸素を多く消費するほうが燃焼価が高いのかと思いましたが、
デンプンは分子量がきちんとした数字では出ないため、同質量での消費酸素量が求められません。
どのようにして考えればいいのか、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

つまりデンプンは充分でかいのでn→∞と考え、分子は、


C6H12O6 - H2O = C6H10O5
分子量は 166.(077)
蔗糖はそのままC12H22O11
分子量は 342.(296)
と考えて同質量(例えば1g)の酸素消費量を算出して比較して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなって申し訳ありません。

酸素消費量を求めることが出来ました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 23:28

n分子のブドウ糖が重合すればn-1個の水が除かれます。


蔗糖では一分子当たり一個の水しか除かれません。
これを考えて燃焼時の発熱を計算してみて下さい。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

答えていただいた内容は理解できるのですが、つまりどのように計算すればいいのかが分かりません。
よろしければもう少し詳しく説明していただけませんか?

補足日時:2009/05/24 13:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング