「モータスポーツ振興のため」とか何とか逝っちゃってるけど、
ただの道楽じゃないでしょうか?

トヨタ:豊田副社長チーム完走、87位 独24時間レース
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090525k0000 …

A 回答 (2件)

>ただの道楽じゃないでしょうか?



まあ、そうですけどね。
おっさんが自らハンドルを握り、
24時間みんなで頑張った。というのが
いいんじゃないでしょうか。

と、おっさん的にはそう思えました。
    • good
    • 0

カーレースはもともと「ぼんぼんの道楽」です。


その振興のため、だから矛盾していない。
24時間って完走するのも一苦労ですよ。
その努力は(たとえ社長の看板の下で多くの援助があったとしても)すごいと思うけど。

「お疲れ様、完走おめでとう」と素直に思いますね。おっちゃんとしては。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職時の社長への挨拶について悩んでいます!

来月末で退職します。
従業員の規模は、70人程の会社で、勤続期間は1年半ほどです。
退職理由は、退職勧奨です。会社として、私が役に立たない人間(営業として数字を残せない!)
との判断のようです。但し、私としても、入社後の大幅な給与減額等いろいろ言い分があり
転職活動を行っていましたので、仕方がない!丁度よかった。との受け止めをしています。

そこで、退職時の挨拶なのですが、もちろん直属の上司、同じ課の方には、自然体で
「お世話になりました。」の挨拶をするつもりなですが、どうにも社長への挨拶をしたくなく!
(腹立たしい!)どうしようか?と考えています。
‘’最低でも電話での挨拶くらいはした方が良い‘’と上司に言われましたが、どうにもこの社長への
挨拶をしたくないのです。
 <退職勧奨ですから!・また色々と腑に落ちないことがあり!>

諸所の事情があり、個人的には、「もう、話もしたくない!」人(社長)なのですが、社会人として
退職時の挨拶くらいはすべきなのではないか?と思います。
私も40代であることから、社会的にあまりいい加減なことをして、自分に汚点を残したくないと
考えております。(次の転職先が決まった場合のことを、気に悩んでおります。)
良い挨拶方法(例えば、書面等)ご教授頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

来月末で退職します。
従業員の規模は、70人程の会社で、勤続期間は1年半ほどです。
退職理由は、退職勧奨です。会社として、私が役に立たない人間(営業として数字を残せない!)
との判断のようです。但し、私としても、入社後の大幅な給与減額等いろいろ言い分があり
転職活動を行っていましたので、仕方がない!丁度よかった。との受け止めをしています。

そこで、退職時の挨拶なのですが、もちろん直属の上司、同じ課の方には、自然体で
「お世話になりました。」の挨拶をするつもりなですが、どうにも社...続きを読む

Aベストアンサー

>営業として数字を残せない
そもそもそういう退職勧奨が正当かつ合法的なものだったのか疑問が残りますが、それはともかくとして・・・
書面ではなく一応、“お世話になりました。ありがとうございました”でいいと思います。
お世話になったのは事実ですからね。
書面は聞いたことがないですし、汚点を残したら社長に“やっぱり・・・”と思われてしまいます。
嫌いな社長にそう思われるのは、シャクだと思いませんか?

QF1レギュレーション「V8/2.4L/NA/2006~2009」

皆さんにお聞きしたいのですが、
F1レギュレーションのエンジン規定についてどう思われますか?
周囲のF1観戦仲間に聞いても「非力だ」とか「ターボ復活しろ」とか、
そういう意見が多いのですが。

私自身は現行レギュに賛成しています。
チームのサポート体制や投下する資金額にもよるのでしょうが、
エンジンの性能ですべてが決まっていた(と言えなくもない)、
「ターボ全盛時代」よりは幾分マシになったんじゃないでしょうか。
ホンダファンの方々には申し訳ないですが……。
V8/2.4L/NAで時速300km/h超、すばらしい技術革新だと思うのですが。
私はマツダファンなのでル・マンにも興味があるのですが、
3000ccクラスでターボ混走というレギュレーションだと、
排気量や馬力の違いはあれどプロトタイプカーとの差別化が明確でないと思うんです。
(最近のル・マンじゃ排気量5Lクラスだっていますけどね……。)

非力なマシンでドライバーの腕やピット戦略を競うほうが、
F1という競技の独自性が出ると思います。
だからこそセナやM.シューマッハ、ハミルトンなどのような、
クルマやチーム以上に人気者のスターが誕生すると思っています。

ターボ時代よりも現在も含めたNA時代のマシンの方が、
より美しいと思うのは私だけではないはず…。
何よりもエンジン音が澄み渡ってていいですねぇ、NAは。

とまあ、現行のNAエンジン一本というレギュに関して、
皆さんの賛否など聞かせてください。

皆さんにお聞きしたいのですが、
F1レギュレーションのエンジン規定についてどう思われますか?
周囲のF1観戦仲間に聞いても「非力だ」とか「ターボ復活しろ」とか、
そういう意見が多いのですが。

私自身は現行レギュに賛成しています。
チームのサポート体制や投下する資金額にもよるのでしょうが、
エンジンの性能ですべてが決まっていた(と言えなくもない)、
「ターボ全盛時代」よりは幾分マシになったんじゃないでしょうか。
ホンダファンの方々には申し訳ないですが……。
V8/2.4L/NAで時速300km...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、
私もF-1は’88年頃から見ています(ターボ最後の年ですね)。
異常に長文になりますが、どうかご容赦ください。


>ターボ時代よりも現在も含めたNA時代のマシンの方が、
より美しいと思うのは私だけではないはず…。
何よりもエンジン音が澄み渡ってていいですねぇ、NAは

ほぼ同感です。
私もF1はもちろん、市販車にしてもNA車の方が好きです。
仰るとおりあの澄みきった、技術の粋の結晶とも言われる究極の管楽器音高周波。
逆に言うなら、どうも私はあのターボの濁った音質は好みに合いません。

ただご存知かと思いますが、「マシンの美しさ」について。これは時代による技術の進歩、特に「エアロダイナミクス」の重要度・その技術的進化が大きく違いますから、一概にターボ車とNA車による違いとは言えないかと思います。
よく言う「早いマシンは美しく見える」は的を得ているとは思うのですが、あの伝説の名車「マクラーレンMP4/4」も(個人的には嫌いじゃないが)、現在の洗練された空力マシンを基準に見れば、「う~んっ?」とは感じてしまうところはあります(違う時代の比較しても意味ないんですけど^^)。
要するに、まずきっかけとしてのパワー先行(ターボ)によるスピードアップの時代の終焉によって、スピードアップのため他分野(空力)の技術的進化の占める割合の変化によるところが大きいのではないでしょうか。その最も伸びシロの大きかった(未開発)分野こそが、エアロダイナミクスであったということではないでしょうか。

まぁ、ただ単純に過給器圧制限の無かった’85,6年当時のおそらくF-1史上最もエンジンパワーのあった時代、1,5LのV6ターボで1500馬力超のドッカンパワーも「すっげぇなぁ」とは思いますけどね^^(「そういう時代もあったんだ」ということで・・、個人的にはあまり好みではありません)。


>Formula1を名乗るからには技術の粋を極めた最高のエンジンで競うべきでしょう。
V8からV12までが混在していた時代がF1の黄金期だったのではないでしょうか

#1さんのご意見、私も賛同します。
排気量はもちろん同じ(当時3,5L)だが、シリンダー数に自由があったので、チーム(メーカー)による個性がありましたよね。
面白いエピソードとして、元ホンダ・プロジェクトリーダーの後藤治氏によれば、ホンダ第二期最後のシーズン終了後、ホンダV12のテクノロジーをフェラーリに技術供与したということもあったそうな。
ただ、(申し訳ないが)この時代は「非力なマシンでドライバーの腕やピット戦略を競う」スタイルではありません(無論、フォーミュラレースである限り「ドライバー」が主役なのは変わりません)。


>レブリミット19000rpmの制限は要らないかもしれませんね

ホントにそう思います。

私は、それこそ抑えなければいけないのは、エアロダイナミクスだと思っています。
これは確かMシュマッハーも7,8年前くらいに提言してたのですが、「あまりにも進歩した空力がオーバーテイクを阻害するもっとも大きな要因だ」と、私も同感です。
もっとも分かりやすい例で言えば、二輪です。
二輪はオーバーテイクの応酬ですよね。F1とのもっとも大きな違いは(無論タイヤ数やマシンサイズは当たり前ですが)、ダウンフオースの有無だとシューが言っていました。
現在のF1マシンはコーナー走行時にダウンフォースの最も効率的に得られ最も速く走れるラインを外れると(無論マシン性能差で違うが)とたんにスピードダウンしてしまう(あるいは不安定になる)。
あまりにも突き詰め過ぎて、ピッタリはまるととてつもないが(コーナーを200km/h超で走れる地上の乗り物は他にないのではないでしょうか)、それを阻害する空力要素の生まれる可能性のある(スピードダウン=タイムダウンにつながる)リスクは選択できない。だったらよりリスクの少ないピット戦略で抜くも(コース上で抜くも)前に出ることには変わりがないのだから、よりリスクも少なく可能性も高いピット戦略を選択する。
こういうことではないでしょうか。
私もより詳しい方にお伺いしたいのですが、現在のF1マシンは’70年代に禁止されたウイングカーにも劣らないか、もしかしたら同等のグランドエフェクトを生み出す空力を生み出しているのではないでしょうか(これだけのラップタイムアップから、そう思えてしまいます)。

またもう一つすべきことは、ターボ時代にもあった「総燃料制限」で、こっちのほうがずっと公平性があるし、何より現在の環境に考慮した時代にも適しているのではないでしょうか(実際ターボ時代、ホンダはハイパワーと省燃費の高バランスで他を抜きん出ていたようですし)。
超高回転エンジンを作れるところは作ればいい(見てるほうも楽しみ)、だけど他よりハイパワーが出せるなら当然燃料も多く使うことに理屈の上ではなるでしょう。
それを、どう各メーカーがバランスを取るか、もしくは技術でどこまでその壁を越えられるか。

それでこそ、最高峰の人間の競争であり、最高峰の技術競争でもある、世界最高峰のフォーミュラ1、と言えるのではないでしょうか。


ということもあり、
>非力なマシンでドライバーの腕やピット戦略を競うほうが、
F1という競技の独自性が出ると思います。
だからこそセナやM.シューマッハ、ハミルトンなどのような、
クルマやチーム以上に人気者のスターが誕生すると思っています。

とのご意見には、申し訳ないが私は同意しかねます。
その前に、まず申しておきたいのは、セナの時代は「非力なマシン」では無かったし、「ピット戦略」が常時勝負を分けるほど重要な要因ではありませんでした。
むしろ予選においては最低限の燃料(だいたい3周分)の今よりずっと軽量マシンで、現在とそれほど変わらない750馬力ほどというハイパワー車でしたが、ご存知のようにタイム的には現在より軽く5秒以上遅かったはずで、それは言うまでもなくエアロダイナミクスの隔世の進化とシャシー性能の技術進化の差です。
ということで、セナとシューはもちろん同時期にいたし何度も一緒にレースはしています。でも明らかにこの二人のあいだでフーミュラ1の一つの時代が変わっていて、私はセナまでの15年間と、シュー以降から現在までではあらゆる意味(レーススタイル、レギュレーションのプライオリティ、マシン性能を分ける各要素の比率、環境・安全性、F1の商業的戦略、などなど)で、まるで違うF1だと思っています。


私は言うまでもなくクラッシュなどがモータースポーツの醍醐味だなんて微塵も思わないし、そんなシーンは見たくもありませんし、もっとも見たくないレースシーンでもあります。
この気持ちに絶対ウソはありません。
ですが、モータースポーツの魅了の大きな一つはコース上でのバトルです。そしてどんなに安全性を突き詰めても、それでもこのスポーツの性質上安全性のリスクを完全には排除できません。それは極言すれば、ベースボールで150km/h超のハイスピードボールが絶対に打者に当たらなくすることが不可能なことと同様ではないでしょうか(ベースボールにも命の危険もありますように)。ただ、モータースポーツ、ましてや最高峰のフォーミュラ1ではこの競技をするにあたって絶対に欠かせない道具が技術の粋を集めたハイテクノロジーマシンという、というリスクの大きさの違いの差ということで、誤解を恐れずに言えば、世界最高トップの競技はどれも危険が付きまとうことは承知なはずであるはずです。

言いたいことは、この競技にコース上のバトルを除外するような要素を必要以上に加えることは、この競技の醍醐味の大半をスポイルしてしまう方向に行く、ということです。
そして現在のレーススタイルにつながるレギュレーションが導入された経緯の大きな要因は、「この競技の醍醐味を追求する」という目的を基点に発生したのではないということです。

ちなみに現在のレーススタイルを確立・定着したのは、良くも悪くもMシューマッハーによってで、それ以降現在までこの大きな流れは変わりません(これはシューを非難してるわけではなく、その時代に最も効率的な闘い方を確立した彼自身の実力なのは間違いないことでしょう)。
ただ、セナが(日本ではもちろんだが)現在でも歴史上もっとも魅力のあるドライバーと世界中の関係媒体でシューより上位でトップにランキングされてる一つの大きな理由として言えることは、少なくともシューが確立・定着したスタイル(ピット戦略が勝敗を分ける重要度とはもちろん、彼が頑なに守ったトップチーム内のドライバー同士の明確な序列なども)の真っ只中の時代に仮にもし新人セナが出現し、シュー同様のスタイルで同様の記録を残したとしても、現在あるようなカリスマ的な人物とは成りえなかったのではないでしょうか。
その意味も含めて#1さんの「V8からV12までが混在していた時代がF1の黄金期だったのではないでしょうか」には私も同感かところありますし、あの当時をあらためて検証しなおし(現在の時代背景から手直しするとことは修正し)コース上でのバトルが勝負を分ける第一義的な要因となるように、レギュレーション作りを目指してほしいと思います。

私は、このシューを象徴とするここ15年ほどのスタイルのF1は(そのスタイルを承知した上で)それなりに楽しんでますし、ある意味よく出来たレースだなとも思います。
ですが、それ以前まで見れたF1レーシングのワクワク感や興奮度、知らず知らずに前に乗り出して観てしまったあのモータースポーツとは、その魅力は全く別のモノとして見ています。


個人的な希望としては、前後のウイングサイズの最小化やアンダー形状規定のさらなる強化、スリックタイアの復活によってその分を少しでもグリップ力を補い、
シリンダー数の選択の自由(V8~12)と出来れば排気量アップ(せめて3L)、それとバランス取るため若しくは時代に合わせた総使用燃料制限の採用。

この案は、いかがでしょうか。


質問の主旨からずれてしまいすいませんでした。

どうも、
私もF-1は’88年頃から見ています(ターボ最後の年ですね)。
異常に長文になりますが、どうかご容赦ください。


>ターボ時代よりも現在も含めたNA時代のマシンの方が、
より美しいと思うのは私だけではないはず…。
何よりもエンジン音が澄み渡ってていいですねぇ、NAは

ほぼ同感です。
私もF1はもちろん、市販車にしてもNA車の方が好きです。
仰るとおりあの澄みきった、技術の粋の結晶とも言われる究極の管楽器音高周波。
逆に言うなら、どうも私はあのターボの濁った音質は好...続きを読む

Q退職後、社長に挨拶・・・

↓で雇用保険に関してもお世話になりました。ありがとうございました。

この度、体調上の理由で退職が決まりました。

同僚と、直属の上司、幹部の方には挨拶を済ませました。勤務していた会社は上場企業でしたがアットホームな感じで、社長も積極的に採用活動や新規事業に取り組んでいた方で、非常に尊敬しており、私自身も仕事や会社が嫌で退職したわけではなかったので、一社員として感謝の気持ちと、これからのますますの発展等を願う気持ちをこめて、ご迷惑でなければご挨拶のお手紙を書きたいと思っています。
しかし、社長自身も非常に多忙なのと、ごく普通の社員であった私がそのようなことをするのは差し出がましいかと悩んでいます。

アドバイスを頂ければと思います。
お手数ですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

退職に際して辞めてゆく会社へこのような感情を持つことが出来て良かったですね。その会社にもその事で値打ちが付きますし、貴方ご自身の今後の人生にも自信とハクがつきます。(ほとんどの人には解りませんが、それでもよいと思います)拍手をお贈りしたいと思います。

さて、そのようなお気持ちを社長さんにお伝えするのに躊躇しておられるようですが、辞めてしまえばそのチャンスは二度と訪れません。書面でのご挨拶と対面してのご挨拶はおのずと気持ちの伝わり方が違いますからね。是非社長さんのご予定を伺ってからお会いし、その会社と社長さんへのお気持ちを伝えて下さい。

私がその社長さんの立場なら、自分の経営姿勢に間違いはない、これで良いのだと自信をつけてくれる貴方のご挨拶にむしろ感謝すると思いますよ。辞めてゆく一般社員からなら損得勘定から発するおべっかではなくて心からのものだとはっきり伝わりますからね。口幅ったいですが、その社長さんの為にもなります。社長といえども(社長だからこそ)自分の才能や手腕に時として不安になるものですから。

私も同じとは言えませんが似たような経験をもっていますから良く解ります。

退職に際して辞めてゆく会社へこのような感情を持つことが出来て良かったですね。その会社にもその事で値打ちが付きますし、貴方ご自身の今後の人生にも自信とハクがつきます。(ほとんどの人には解りませんが、それでもよいと思います)拍手をお贈りしたいと思います。

さて、そのようなお気持ちを社長さんにお伝えするのに躊躇しておられるようですが、辞めてしまえばそのチャンスは二度と訪れません。書面でのご挨拶と対面してのご挨拶はおのずと気持ちの伝わり方が違いますからね。是非社長さんのご予定を伺...続きを読む

Qアイルトンセナは何故逝ったのか…

早いもんですね、もうセナが逝ったのは10年以上前の話しです。
当時の映像は今でも鮮明に思い出すほどショッキングでした。
先日古いビデオの整理をしていたらセナが逝った翌日?に
古館さん森脇さん中島さん(中島さんは深夜すぎて放送中
ひっそり寝てましたw)らが事故を振り返る番組をしていて
そいうのを見ると今でも少し感慨深くなりますね。

セナがなぜ逝ってしまったのかは一般的には?
ステアリングコラムの溶接不良から破損し正常な操作不能状態に
減速を試みるもタンブレロを突っ切り210km/hの速度で
コンクリートウォールに激突。
その時の衝撃により折れたサスペンションアームの
破片がヘルメットとバイザーの弱い部分を突き抜けて
脳にまで達し死に居たった。と言われて居たと思うのですが。
物理的事実としてそれが死因と言うのは分かるのですが
そいう事ではなく私が彼の死になんらかの因果を求め
居るだけかもしれませんが、セナの死は欲に言う
彼の人生の全てが頂点に達し逝くべくして逝った…
勝手に思えてしまうのです。

当時の事故を知っていたりする人は
どの様に彼が逝った事を受け止めているのでしょうか。
はやり何らかの因果の様なことを感じたりしてますか?
また人の死に関してなにか因果関係など感じた事はありますか?
この様な答えがないと思われる質問はいけないのかも
知れませんが、皆様の感想を聞いてみたいですね。

早いもんですね、もうセナが逝ったのは10年以上前の話しです。
当時の映像は今でも鮮明に思い出すほどショッキングでした。
先日古いビデオの整理をしていたらセナが逝った翌日?に
古館さん森脇さん中島さん(中島さんは深夜すぎて放送中
ひっそり寝てましたw)らが事故を振り返る番組をしていて
そいうのを見ると今でも少し感慨深くなりますね。

セナがなぜ逝ってしまったのかは一般的には?
ステアリングコラムの溶接不良から破損し正常な操作不能状態に
減速を試みるもタンブレロを突っ切り210km/h...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!
ステキな知識と感覚をお持ちのようで、質問・補足を読ませていただくとお返事がしたくなりました。
私も詳しくはありませんが十数年F1をTV観戦しております。
私にとってセナは正直当時あまり好きなドライバーではありませんでした。
セナの死はNo5さんのようにレギュレーション変更が大きな要因に感じられます。
そのレギュレーションを変更する要因にセナがいたのは間違いないはずです。
強すぎるホンダ・速過ぎるセナ
それゆえに、敵を造り、確執を創り、孤独になってゆく…
そして宗一郎の死、ホンダ撤退!
輝きをなくすセナ。
ウィリアムズのスーツを着たセナにオーラを感じず、似合わね~と感じたのは私だけでしょうか?
現在のシューの様にチームを作り速くなる!のとセナの速さは違っていた様な気がします。
完璧なチームだからレギュレーションがどんなに変わろうが完璧な対応が出来る。
セナにF1が追いつかなかった?
考え始めるとsin2222さんのように止め処もなくいろんなことが思い浮かびます。
ホントに止まらなくなるのでこの辺で、
良友ベルガーが炎上したコーナーの因縁?!
以上!

こんにちは!
ステキな知識と感覚をお持ちのようで、質問・補足を読ませていただくとお返事がしたくなりました。
私も詳しくはありませんが十数年F1をTV観戦しております。
私にとってセナは正直当時あまり好きなドライバーではありませんでした。
セナの死はNo5さんのようにレギュレーション変更が大きな要因に感じられます。
そのレギュレーションを変更する要因にセナがいたのは間違いないはずです。
強すぎるホンダ・速過ぎるセナ
それゆえに、敵を造り、確執を創り、孤独になってゆく…
そして宗...続きを読む

Q社長交代パーティでの乾杯の挨拶(社員より)

来月社長交代のパーティがあり乾杯の挨拶をしなければなりません。
社員のみで来客はありません。
社員20名ほどの会社で70代の現社長が会長に、専務である40代の息子さんが社長になります。

今までは60代の部長が挨拶などを一手に引き受けていたのですが
先日定年退職されました。

私は30代後半で息子さんの次に勤続年数が長くなるので
これからは挨拶等の仕切りを任される事になります。

まずは来月の社長交代の御祝の席での乾杯のスピーチをお教え頂けますでしょうか?
また社員旅行等色々な行事の時も挨拶がありますので
そのような文例があればお教え願います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 カンパイでは、みなさんがお酒の入った容器(杯かグラスかわかりませんが)を手に持っている状態での挨拶となりますので、長々としたものは失礼です。

 父の代理でカンパイの挨拶を聞く場所に出ることは度々ありますが、皆さん短くて、定型的です。

 せっかくのお尋ねですので、若干の色をつけて、こんなのはいかがでしょうか。


(司会役からの指名を受けて)

 カンパイの音頭を取れとご指名を頂いた○○課の××です。

 この度の社長交代ですが、新たに会長になられる現社長も、我々に勝るお元気ぶりですので、これからもご指導ご鞭撻を賜りながら、新社長を支えてがんばっていこうと、若輩ながら私も決意を新たにしたところです。

 皆様にも、よろしくお願い申し上げる次第です。

 では、我が社、現社長ならびに次期社長、ならびに本日ご列席の皆々様の弥栄(いやさか)を祈って、カンパイを致したいと思います。

 皆様、お酒のご準備はよろしいでしょうか。

 (お酒を捧げて) では、皆様(一呼吸)。  カンパぁイ。

QF1/キミ・ライコネンのマシンMP4/20のモデルカーを買いたい

2005年のキミ・ライコネンが使用しているMP4/20のモデルカー?が欲しいのですが、(1/18スケール)
どういったところで入手できるでしょうか?
発売予定なのか、もう発売されてるのか、どこで売っているのか、教えてください。。
オークションなどを見るといくつかすでに出品されていたので、どこかで入手できるのかなと思うのですが、
高値になっているケースが多いので、もしかしてすでに入手困難なのでしょうか。。

教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは

下のサイトにありましたが、売り切れのようですね・・・
僕の知ってる所は、ここだけでした。

とりあえず、参考までに

参考URL:http://www.forzaf1.co.jp/shop/dept.asp?category=1012&orderby=date

Q退職の挨拶状で営業妨害?

退職の挨拶状を出すことは営業妨害につながるのでしょうか?

友人の事例ですがこんなことがあったそうです。
ある会社を急に退職することになり、関係取引先等に退職の挨拶が出来ず、退職後取引先の方たちに挨拶状を出しました。
すると後日、退職した会社の社長が電話で怒鳴り込んできたそうです。
「君はなんてことをしてくれたんだ。社会人としての常識がないのか。
これは大変なことだぞ、営業妨害するつもりか!」

退職の挨拶状には、退職したことだけを書いて、
他の会社に行くとも、事業を起こすとも書かなかったそうです。
多少自分のこれからどうするつもり、程度のことは書いたと想像されますが、それが即、営業妨害になるのでしょうか?

法律的、または社会通念上の観点から、もしそのような事例があるのであれば教えていただければと思いました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

挨拶状そのものが問題というより、その友人がやりかけの仕事をほうり出してやめてしまった、、というように相手には認識されているのではないでしょうか?
もっとも、ちゃんと引き継ぎを内部でしていれば、誰に変わろうと「引き継ぎましたので、問題ありません」と言えるのは?
ちゃんと引き継ぎされているのなら、やはり事後報告だったことが問題でしょう。

QモトGP/DVDについて

モトGPのDVDはどちらのサイトで販売されていますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

↓から購入できると思います!!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005UJMN/ref%3Dd%5Fbr%5Fr%5F10%5F2/250-9787199-6326604

Q社長への退職のあいさつ

私は今月末に退職することなりました。
社長(外国人)は私が働きやすい環境になるようにと色々と
改善しようとして下さいましたが、残念ながら続けていこうと
思えるほどの改善ではありませんでした。
社長の力ではどうにもならない内容なので。
社長には感謝をしているので退職日にそのお礼を兼ねた退職の挨拶の
メールを送りたいのですが、英語ができないため文章作りに
苦戦しています。(社長は外国人で日本語がほとんどできません。
退職日あたりは出張で会社にはいません。)
「色々と配慮して頂いたにも関わらず、期待にそえることができず
申し訳ありません。社長と社長の家族の健康と○○会社の今後の繁栄を祈っています。」
という文章を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

ご退職、お疲れ様でした。
簡単な例を、、、:( )の部分は他の選択肢・または追加選択肢です。( )内の和訳を参照して下さい。

It’s a (great) regret that we could not satisfy your expectations (request) in spite of your kind consideration(cares). We hope your good health as well as your family, and more & more prosperity of your company in the future.
「暖かいご配慮(数々のお世話)にも拘らず、ご期待(ご要望)に添うことができず(大変)残念に思います。社長とご家族の健康、そして貴社の益々の発展を願っております。」

ただ、お別れの言葉であれば最初に、
I was very happy to work with you.「あなたと一緒にお仕事ができて幸せでした」
It was my great pleasure to work in this company.「この会社で働けてとても嬉しいです」
など、感謝の言葉を述べられるといいでしょう。すでにご用意されていたのだとしたら、失礼しました。

以上、ご参考までに。

ご退職、お疲れ様でした。
簡単な例を、、、:( )の部分は他の選択肢・または追加選択肢です。( )内の和訳を参照して下さい。

It’s a (great) regret that we could not satisfy your expectations (request) in spite of your kind consideration(cares). We hope your good health as well as your family, and more & more prosperity of your company in the future.
「暖かいご配慮(数々のお世話)にも拘らず、ご期待(ご要望)に添うことができず(大変)残念に思います。社長とご家族の健康...続きを読む

Q9/8(日)に行われるヴィッツラリー

はじめましてm(__)m
今度、ヴィッツラリーが9/8(日)に愛知・岐阜にて行われるそうですが
観戦しに行くことは出来るのでしょうか?
場所がどこだかわからないし、観戦自体もOKなのかもわかりません。
ラリーだからおそらく規制もあるだろうし、勝手にそこらで観るわけにも
いかないのではないかと思います。
同じ日に北海道でもラリーありますがあそこのように観戦についてのお知らせ
など詳しく説明されているサイトなどありましたら教えてください。
宜しくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

これですよね(参考URL)
書いてある感じだと,観戦OKみたいですね.
詳しいことは問い合わせてみては?

参考URL:http://www.toyota-ttc.co.jp/trd/t_sp0010_03.html


人気Q&Aランキング