ダウンタウン松本人志氏が結婚を発表した。
マスコミ各社は「彼も年貢の納め時が来た」と報じた。
なぜ結婚するのを”年貢の納め時”と言うのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「年貢の納め時」ということわざには、「悪事を働き続けた者が、捕まって罪に服する時」という意味もあります。


これは「観念する時」=「諦める時」と転じ、今回の結婚で使われる意味としては
「独身生活を謳歌していたが、結婚することでそれを諦めなければならない(諦めなくてはならない)」
という意味合いを持ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんよくわかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 16:56

マスコミがおバカさんなんだと思います


情報は取捨選択して正しい情報をキャッチしましょう

意味を考えなきゃいけないようなキャッチフレーズなんて本末転倒だよ
    • good
    • 0

彼は40代後半に来ていませんか。


子どもが成人段階で彼は60代後半です、子どもの成人を見届ける自信(身体的にです)がボーターラインでは無いですか。
 最後の砦として結婚で筋を通したとも思います、子どもが出来た時点でその覚悟をしたのでは無いんですか。
 自分が親父さん43才の子どもですが成人式を見届ける事無しで他界して居るので、親父の年齢に近い分何となく分かりますけど・・・・
    • good
    • 0

覚悟を決める。

という意味もありますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【年貢の納め時】の決意について

よく結婚を決意するとき、「年貢の納め時」とか聞きますが、
男性女性問わず、みなさま、どのように決意されましたか?

私はなかなか決意できません。
何度も恋愛に失敗し、いま、やっと大事にしてくれる人が現れましたが、結婚となると決意できません。
年齢も30を当に超えているので、そうそうチャンスは巡ってこないとも思っていますが、独身の方が自由だ。とか何故か隣の芝生が青く見えてしまいます。
独身が名残惜しいのかもしれません。

皆さんは、どのように決意されたか、また、結婚してよかった!
と思われているか・・・等、お話を聞かせて下さいませ。

Aベストアンサー

まる7年つきあって30代で結婚しました。
まさに年貢の納め時でしょうね。

決意・・・。
なんとなくなんですよね。

青い鳥にはなりたくないとは思っていました。
私は気が多いのを自覚していましたので、あの人もこの人もよく見えてしまったのですが、結局は彼にないものを見ているだけだと思いました。
一人の人ですべてを満足するのは結局はどの人を選んでもできない、それならば一番ご縁があると思える人で間違えないだろうと思いました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報