蒸気圧降下の理由についてなんですが
不揮発性の物質が溶け込んでいるとき
表面を占める溶媒分子が少なくなるため溶媒分子が気体になる量が減るっていう理由を聞いたのですが納得できません
気体になる量が減るなら同じように気体から液体に戻る量も同じように減ってしまうのではないんでしょうか?
またギブスの自由エネルギーの変化が理由というのも調べて来たら出てきたのですがこのギブスの自由エネルギーの変化を調べてみましたが全然分かりませんでした。これについても説明できるのなら高校の化学で分かりやすく教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> っていう理由を聞いたのですが納得できません



はい。私も納得できません。

「表面を占める溶媒分子が少なくなるため溶媒分子が気体になる量が減る」っていう話は、蒸気圧降下の理解を深めるためというよりも、記憶を助けるためにされる話だと私は考えています。納得できなくても全く問題ないです。

> ギブスの自由エネルギーの変化が理由

はい。こちらが正解です。

ギブスの自由エネルギーよりも化学ポテンシャルの方が説明しやすいので、以下では化学ポテンシャルに基づいた説明を試みます。

化学ポテンシャルとは、おおざっぱに言えば、分子(やイオンや原子)の感じる居心地の悪さを数値で表したものです(より正確な定義は#2さんの回答にあります)。化学ポテンシャルが高いほど居心地が悪く、化学ポテンシャルが低いほど居心地が良いです。分子(やイオンや原子)は、居心地の良い所を求めて、化学ポテンシャルが高い場所から化学ポテンシャルが低い場所へ移動します。

例えば、液体中の化学ポテンシャルよりも気体中の化学ポテンシャルの方が低ければ、分子は液体から気体へ移動します。つまり液体の蒸発が起こります。逆に、気体中の化学ポテンシャルよりも液体中の化学ポテンシャルの方が低ければ、分子は気体から液体へ移動します。つまり気体の凝縮が起こります。液体中の化学ポテンシャルと気体中の化学ポテンシャルが等しければ、正味の分子の移動は起こりません。これが気液平衡です。

化学ポテンシャルは、ふつうは分子(やイオンや原子)の数密度が大きい場所ほど高くなります。例えば、溶液中で、溶質濃度が濃い場所と薄い場所がもしあったなら、溶質分子は、濃い場所(化学ポテンシャルが高い場所)から薄い場所(化学ポテンシャルが低い場所)に移動します。溶質の移動によって、濃かった場所の化学ポテンシャルは低くなり、薄かった場所の化学ポテンシャルは高くなります。溶液の濃度が均一になれば、溶液の化学ポテンシャルも場所によらず一定になるので、溶質の正味の移動はなくなります。また、溶質濃度が高い場所では、溶媒の数密度は少ないので、溶媒分子は溶質濃度が薄い場所から濃い場所に移動します。この例から、同じ溶液中でも溶媒の化学ポテンシャル(溶媒分子の感じる居心地の悪さ)と溶質の化学ポテンシャル(溶質分子の感じる居心地の悪さ)は違うことが分かります。溶質濃度が高いほど溶質の化学ポテンシャルは高く、溶媒の化学ポテンシャルは低くなります[法則1]。

気体でも同様で、温度が均一ならば、分子は数密度が大きい所から数密度が小さい所に移動します。つまり圧力が高い所から低い所に移ります。もし、数密度が大きい所のほうが数密度が小さい所よりも化学ポテンシャルが低かったとしたら、圧力の低い所から高い所に分子が流れるという、おかしなことが起こります。この例から、気体の圧力が低いほど気体の化学ポテンシャルは低くなることが分かります[法則2]。

液体の方が圧倒的に数密度が高いにもかかわらず、気体と液体の化学ポテンシャルが等しくなりうるのは、液体中では分子間に引力が働くためです。この引力が、液体の化学ポテンシャルを引き下げるので、気液平衡が可能になります。

以上をふまえて、蒸気圧降下の理由について考えてみます。

始めに、純溶媒が気液平衡にあったとします。このとき、液体中の純溶媒の化学ポテンシャルと気体中の化学ポテンシャルは等しいです。この液体に不揮発性の物質を溶かすと、法則1より、溶媒の化学ポテンシャルが純溶媒の化学ポテンシャルよりも低くなります。液体の化学ポテンシャルが低くなったので、気体中から液体中へ溶媒分子の移動が起こって、気体分子の数密度が減ります。気体分子の数密度が減れば、法則2より、気体の化学ポテンシャルも低くなります。気体の化学ポテンシャルが溶液中の溶媒の化学ポテンシャルと同じになるまで低くなったら、それ以上の正味の分子の移動は起こらなくなって気液平衡になります。この新たな気液平衡状態では、気体分子の数密度が始めより減っていますので、気液平衡にある気体の圧力、すなわち蒸気圧が減少したことになります。

> 分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

上の説明は、分かりやすさよりも正確さを優先していますので、分かりにくいかもです。
    • good
    • 3

> 表面を占める溶媒分子が少なくなるため


表面積の違う入れ物では、どうなるの?という疑問がわきます。

> 気体になる量が減るなら同じように気体から液体に戻る量も同じように減ってしまうのではないんでしょうか?
そう思います。気体->液体と液体->気体の量が釣り合って、平衡状態ですから、たぶん。

自由エネルギーの説明はできませんが、次のようなイメージはどうでしょうか。

溶媒同士の結合が強ければ、溶質は溶けずに分離しそうです。
溶媒と溶質の結合の方が強くて溶媒は気体になり難くなった。
結果、気体になる数が減り、蒸気圧が下がる。
    • good
    • 0

>表面を占める溶媒分子が少なくなるため溶媒分子が気体になる量が


>減るっていう理由を聞いたのですが納得できません

その説明についてのご意見は、そうでしょうね。
液相の成分iのモル分率をxi,気相の成分iの分圧をPiとするときRaoultの法則
Pi=P_0xi(P_0は純成分iの蒸気圧)
即ち、完全溶液の各成分の蒸気圧はそのモル分率に比例する、という法則は液相と気相の成分iの化学ポテンシャルが等しい、ということに由来しています。化学ポテンシャルはGibbsの自由エネルギーを温度、圧力一定のもとにモル数で微分したものです。Raoultの法則は、当面はとりあえずそういうものだ、と思うしかないでしょうね。
これらについて早分かりの方法はなくて、結局ある程度は熱力学を勉強して、エントロピー、エンタルピーなどの道具立てを一応理解しないとわからないです。若干の偏微分とか完全微分の理解も必要でしょう。高校生だからできない、とは言いませんがかなり手間暇かけて勉強しなければならないでしょう。
    • good
    • 0

>気体から液体に戻る量も同じように減ってしまう


なるほど、蓋だと考えるのですね。
でも実際には蓋は気化しないが、蓋の上にも気体分子は凝縮するので、凝縮は妨害されません。

ギブスの自由エネルギーの方は高校ではムリでしょう。
念のため分かり易いサイトを引いておきます。↓
http://homepage2.nifty.com/eman/thermo/contents. …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水溶液の沸点

何故、100gの水に20gの食塩を溶かすと、その水溶液を加熱した場合、100℃以上の温度で沸騰し始めるのですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

食塩水の(飽和)蒸気圧が、水の(飽和)蒸気圧よりも低いからです。一般に、不揮発性の物質を溶かした水溶液の蒸気圧は、温度が同じであれば水の蒸気圧よりも低くなります。

液体の沸点とは、液体の蒸気圧が大気圧と等しくなる温度です。100℃は純粋な水の蒸気圧が1気圧になる温度ですから、100℃の食塩水の蒸気圧は1気圧よりも低く、この温度ではまだ沸騰しません。液体の蒸気圧は温度を上げると大きくなりますから、100℃より高いある温度で食塩水の蒸気圧は1気圧に達します。この温度がこの食塩水の沸騰し始める温度になります。

食塩水の蒸気圧が水の蒸気圧よりも低くなる理屈は、誤解を恐れずに一言でいうと、食塩水の濃度を薄めるために水蒸気が食塩水に溶け込んでくるから、です。参考URLには、もっと正確だけどその分だけ長くてくどい説明がありますので、時間があれば読んでみて下さい。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4993441.html

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q沸点が上がる理由

普通の水より塩水の方が沸点が高いのは何故ですか?
あと、身近なもので塩以外に沸点が上がる物質はありますか?
初歩的な質問なのですが、よろしくお願いします!(汗)

Aベストアンサー

沸点上昇は「不揮発性物質」なら何でも起きます。
 水の沸点は100℃と言いますが、同様に…水の水蒸気圧が1013hPaになると沸騰するとも言います。
 水に不揮発性の物質が溶けている場合、不揮発性物質は蒸発できないので蒸気圧がその分下がります。本来の1013hPaにするためには100℃を越えてしまうわけです。

Q質量作用の法則??

お世話になってます。浪人生です。
質量作用の法則がどうしても納得できません。
どっかの誰かがなんかイイ感じにしてくれへんかな~って思ってたら
浪人してしまいました!

教えていただきたい点をいくつか箇条書きします。

1:
質量作用則は高校範囲においては平衡定数のところで出てきますが、
反応式の係数が何でべき乗関数の指数になってるんですか??
logったんですか?! 例えば I2+H2が2HIになる化学平衡は、
HIの濃度を二乗しますよね?どんな意味があるんですか?
ただ教科書や先生が「そういうふうになってるから」って天下り的に教える
公式では納得できません。

2:
そもそも高校範囲でこの法則は理解可能なのでしょうか?
無理なのなら諦めて大学につなげる勉強の仕方をとろうと思っています。
厳密な証明はいりません。概論的な納得が得られれば十分です。

よろしくご教授ください!


  

Aベストアンサー

>logったんですか

そうです。
いい線行っています。

平衡を論じるときに用いる関数(ギブスのフリーエネルギー、またはケミカルポテンシャル)がlogを含んでいます。系の成分について加え合わせると係数がlogの前に入ってきます。この係数をlogの中に入れると濃度の係数乗という形になってしまいます。

Q活量、化学ポテンシャルの意味

 長らく化学熱力学の勉強をしていますが、どうしてもこの単元がクリアできません。
 活量(絶対活量、相対活量)、化学ポテンシャル、および、電気化学ポテンシャルの、定義式には、何度も目を通して、いろいろな眺め方をしました。
 しかし、これらを、「一言で言って」、どういう意味なのか、が、ずっと理解できないでモヤモヤしています。

●「活量って何?」(絶対活量、相対活量の各々について)
●「化学ポテンシャルって何?」
●「電気化学ポテンシャルって何?」

 これらの問いに、「化学熱力学には自信がある」という方なら、何と答えられますか? 目安として、ご自身が大学の物理化学の担当教官として、学生さんたちに教える立場に立たれて、学生さんから質問があった場合に、何と答えられますか?

 たくさんのご意見を、お待ちしております。

Aベストアンサー

化学ポテンシャルも相対活量も、ひとことで言えば、分子(やイオンや原子)の感じる居心地の悪さを数値で表したものです。

より詳しくは
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4993441.html の回答No.4と
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6788508.html の回答No.8
をみて下さい。

化学ポテンシャルがあれば十分なのに、相対活量などというものをわざわざ定義して化学熱力学で使うのは、以下の二点で相対活量の方が便利で扱い易い量だからです。

(1) 最も居心地の良い場所では、化学ポテンシャルの値はマイナス無限大に、相対活量の値はゼロになります。数字としては、マイナス無限大よりもゼロの方がずっと扱い易いです。

(2) ある種の条件下では、相対活量を、分圧やモル分率やモル濃度で置換えること(近似すること、代用すること)ができます。すっごく便利です。


電気化学ポテンシャルと絶対活量については、私自身はあまり使わないので、自信がありません。他の方にお任せします。

Q揮発性物質も蒸気圧降下?

非揮発性だけでなく、揮発性物質が溶けた溶液でも蒸気圧が下がると習いました。
揮発性物質であるほど、蒸気圧は上がるのに、混合液だと下がるんでしょうか。基本的な質問ですが、どうしても納得がいかなくて、教えてください。

Aベストアンサー

揮発性物質の溶液で蒸気圧を考えるのなら、その分圧も考える必要があります。
つまり、不揮発性の物質の溶液であれば、溶媒の蒸気圧が全圧になりますが、揮発性物質の溶液では、溶媒の蒸気圧に揮発性物質の蒸気圧を足したものが全圧になります。
したがって、「蒸気圧が・・・」と言った場合に、それが溶媒の蒸気圧(分圧)をさすのか、それとも溶質の分を加えた全圧を指すのかによって答は違ってきます。
ご質問の「下がる」というのは、「溶媒の分圧」のことであろうと思われます。実際の圧力(全圧)はそれに溶質の分圧が加わりますので、それがもとの圧力よりも高くなることはあると思います。

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q高校化学 蒸気圧降下についての質問です!

蒸気圧降下についての参考書の説明に、「不揮発性の溶質が溶液の表面に存在しているので、液面から蒸発できる溶媒分子の個数が減り、蒸気圧が降下する」とあったのですが、溶液の表面に存在する溶媒の面積が減るので、気相から液相に入ってくる溶媒の個数も同様に減少し、結局気相内の溶媒分子数が変化しないので、蒸気圧が変化しないのではないか?と思ってしまうのですが、自分の考え方のどこに不備があるのかを教えて頂けませんか?
自分は気体の溶媒は溶質が存在するところでは液体になれないと考えているところに問題がある気がします。
ご回答宜しくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

質問者さんの考え方に不備はないです。

「不揮発性の溶質が溶液の表面に存在しているので、液面から蒸発できる溶媒分子の個数が減り、蒸気圧が降下する」という説明は、理解を深めるための説明というよりも、記憶を助けるためのコジツケと考えて下さい。きちんと説明すると、ギブズエネルギーとか化学ポテンシャルとかの話になりますので、高校化学の範囲内で説明することは不可能です。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4993441.html

「気体の溶媒は溶質が存在するところでも液体になれるのだ」、「溶液の表面に存在する溶質は、液相から出て行く分子の邪魔はするけど液相に入ってくる分子の邪魔はしないのだ」と考えると、なぜそうなるかはともかくとして、辻褄を合わせることはできます。ですけど、「不揮発性の溶質が溶液の表面に存在しているので、液面から蒸発できる溶媒分子の個数が減り、蒸気圧が降下する」という考えに基づくと、蒸気圧降下が溶質の種類によらないことを説明することができません。グルコースやスクロースのような溶質が、塩化物イオンとまったく同じ効果を溶媒に及ぼす、という事実を説明することがまったくできなくなるのです。蒸気圧降下が溶質の種類によらないならば、「どんな溶質でも、濃度が同じなら全く同じ割合だけ液体の表面を覆うのだ(大きな溶質分子の余計な部分は液中にもぐっているのだ、そしてちょうど溶媒分子と同じ大きさの分だけ液面に顔を出しているのだ)」とさらに仮定を置かなければならないだろうと思うのですが、さすがにそこまで強引な説明は、私は見たことがないです。

質問者さんの考え方に不備はないです。

「不揮発性の溶質が溶液の表面に存在しているので、液面から蒸発できる溶媒分子の個数が減り、蒸気圧が降下する」という説明は、理解を深めるための説明というよりも、記憶を助けるためのコジツケと考えて下さい。きちんと説明すると、ギブズエネルギーとか化学ポテンシャルとかの話になりますので、高校化学の範囲内で説明することは不可能です。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4993441.html

「気体の溶媒は溶質が存在するところでも液体になれるのだ」、「溶液の表面に...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q2種類の液体の飽和蒸気圧

密閉した容器の中にA,Bという液体を入れたときの飽和蒸気圧ってどうなるのでしょう。

ドルトンの分圧の法則ってありますよね。
Aの蒸気圧が10kPaで、Bが20kPaだと、全圧は分圧の合計なので、A,Bが混ざっているときは30kPaになるんでしょうか。
それとも、混ざっている比率に応じて10kPa~20kPaの値をとるのでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こう考える方が、わかりやすいです。

ある、温度Tにおける、2種類の液体A,Bの混合液の蒸気圧はいくつになるか?

この問題を、解くには、このA,Bの2成分系が
  理想溶液   例 ベンゼン+トルエン
  非理想溶液  例 エタノール+水
の何れなのか?を調べる必要があります。

理想溶液を形成する2成分の場合、
ある温度Tにおける、
 Aの純物質の蒸気圧が10kPa
 Bの純物質の蒸気圧が20kPa
混合液中の
 Aのモル分率をx
 Bのモル分率を(1-x)
だと仮定すると、
 全圧は (10kPa*x)+(20kPa*(1-x))
になります。 

非理想系については、学問になりますので、キーワード
  ・2成分系
  ・気液平衡
 ・活量係数
 ・ウィルソン定数
  などで調べてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報