7年ほど前の曲ですが、全パートのチューニングが40セントほど低めになっていました。弦楽器や電子楽器はともかく、ピアノやビブラフォン(これらもアコースティックではないかもしれませんが)までチューニングがずらされていました。最後にダウンサンプルしただけかもしれませんが。
このようなことをする意図はなんなのでしょうか。絶対音感のない人は気づかないか、わずかな違和感しか感じないと思うのですが。

曲は、
【 曲 名 】It's for you (天使な小生意気ED TV版)
【 作 詩 】三枝夕夏
【 作 曲 】川島だりあ
【 編 曲 】池田大介
【アーティスト】三枝夕夏 IN db

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

レコーディング・エンジニアに聞かなければ結論は出ないと思いますが、推測でよければ。



恐らく、アニメの尺に合わせるために、微妙に遅くしたのではないですか?そのアニメは知らないのでわかりませんが、もしイントロからアウトロまで(もしくは一部)をアニメの画と合わせる必要があって、ほんの少しだけ曲の尺が短ければ、もしくはほんの少しリズムがコマ数と合わなければ、「40cent程度ならほとんどの人は気づくまい」と、遅くして合わせた可能性があると思います。僕も、オリジナルDVDのイントロ用に作った映像に既存の曲を合わせるとき、同じようなことをしたことがありました。

逆に、全部の楽器を40centだけダウン・チューニングして演奏する、ということは考えにくいです。意味わからないですから。特定の楽器のチューニングを変えて、不安定な感じを出すような効果を狙ったりすることはあり得ます。Mike Oldfieldの『Amarok』では、60分1曲のなかで、最初微妙にチューニングの狂っていたギターが最後にぴったりのチューニングになって「成長」を表現していたり、ギター2本のアヴァンギャルド・ロック・バンド Sunn O))) は2本のギターのチューニングを微妙にずらして、トレモロ効果で音を太く響かせるテクニックを使っています。が、ご質問の曲の場合、99.99%録音後の操作だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

曲の演奏時間は標準的な90秒ちょうどですので、もしかしたらレコーディングの時テンポをミスったのかもしれませんね。

音に厚みを持たせるためにストリングスなどのピッチを若干ずらすのは打込みでもよくやりますね。

お礼日時:2009/05/28 14:02

不安感を煽るために わざとやったとか…


とっても気持ち悪いもん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

当時気持悪いとか妙だとかいう話題はなかったです。特定のパートだけ40セントもずらせばそれはかなり気持悪いですが、全体がずれていると分からないものです。私もなにか雰囲気がちょっと変っているような、とぐらいにしか感じませんでした。

あ、低くするならダウンサンプルではなくてアップサンプルですね。

お礼日時:2009/05/27 15:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q打楽器のチューニングは?

お世話様です。先日オケの演奏会に行ってきました。その中で、鍵盤楽器(打楽器)がとても活躍する曲を聞いたのですが、そこで質問です。よく、よくオケは本番前にオーボエに合わせてチューニングをしますが、チューニングの出来ない(?)鍵盤楽器(木琴・鉄琴等)はどうやってチューニングしているのですか?まさか、全体のオケが鍵盤に音程を合わせているとは到底思えないのですが…。
鍵盤楽器がよく出てくる吹奏楽であれば、尚更だと思うのですが…。お分かりになる方ご教示下さい。

Aベストアンサー

一言で言うと、チューニング出来ない鍵盤楽器に関しては、「泣き寝入り」だと思います。
「泣き寝入り」というと言い過ぎでしょうか。管弦楽においてのそれらの鍵盤楽器やチューブラーベル等は主に装飾的な役割を担うことが多いです。まさしく音階の無い「打楽器」に近い扱いです。なのでチューニングがズレててもそんなに違和感無いと思います。チューブラーベルなんかはその構造上、本来の音に倍音なんかが混ざって混みいった音を出してるらしいので、なおさらかもしれません。
「全体のオケが鍵盤に音程を合わせ」るという手段をとったとしても、それぞれの鍵盤楽器が合ってないと意味ないですしね。

ただしピアノのように打楽器という趣ではなく、より「音階」を感じさせる鍵盤楽器であれば、楽団とチューニングが合ってないとおそらく聞き苦しいと思います。
なのでピアノが使われている管弦楽曲の場合、ピアノがまずA等の単音を出して、オーボエがその音を拾ってチューニングされたりしますね。

Q耳でチューニングしようと思うのですが、弾いててもズレに気付かないので、わざとペグを緩めてチューニング

耳でチューニングしようと思うのですが、弾いててもズレに気付かないので、わざとペグを緩めてチューニングしてから弾いてるんですが、これは意味ありますか?

Aベストアンサー

音感を鍛える練習にはなるでしょう。

しかし、余程激しく演奏しない限り音ずれはそうそう起きるようなものではありません。
もしも頻繁に音がずれるのであれば、楽器に問題があると思います。
専門の工房へ点検やリペアを依頼することを検討しよう。
(使い方が悪いのかもしれないが、そんなときはその工房の人に話を聞くと良い)

Qチューニングのオーボエ

中三のオーボエ吹きです。
オーケストラはいつもオーボエさんがAを吹いてチューニングしてますが、あれは何でオーボエが吹いてみんながそれにあわせるのでしょうか。
音がよく通るからとか、音が大きいからとか聞きますが私の場合、全然音は大きくありません。
それとか、ピッチが合うから、合わないからと聞いたのですがこの場合どちらなのでしょうか。
気になったので、良かったらご回答ください。

Aベストアンサー

中3でオーボエなんて素晴らしいですね

>音がよく通るからとか、音が大きいから、ピッチが合うから、合わないから

そういった理由ではありません。それは違います。
オーボエだけには音程を調整できる方法がないからです。

弦楽器は弦の張りを調整したり、
管楽器は管を抜き差ししてチューニングをします。

 チューニングに便利なように楽器自体が、作られているんです♪

 でもオーボエは、楽器にそういう構造を持ち合わせていませんね。
 融通が利かないのです。

オーボエという楽器は、音程は奏者の息の圧力や速度で調整する、
その一つの方法しかないのです。

人によっては多種のリードを用意していて、
その都度使い分けている方もいらっしゃるようです。

ちなみに、ピアノコンチェルトでは、オーボエよりもピアノが優先基準になります。ピアノも即時に調整できる楽器ではありませんし、息の圧力なんて方法もないのでどの楽器よりも優先になります。パイプオルガンの場合も同じです。常に、融通が利かない楽器を基準にチューニングをします。

Qティーズインヘブンをギターで弾くとき、最適なチューニングを教えてください。 オープンチューニングでい

ティーズインヘブンをギターで弾くとき、最適なチューニングを教えてください。
オープンチューニングでいいのかなぁ?

Aベストアンサー

ティアーズインヘブン? クラプトンの?
バージョンは「アンプラグド」のアコースティックバージョンでいいですか?
だとすれば、レギュラーチューニングですけど。

QMIDIシーケンサでのギター音

DTMを始めたのですが
MIDIシーケンサでバンドのようなギター音の出し方がわかりません
アジカンやバンプのようなギター音を使いたいと思っています
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします
ちなみに使用しているソフトはSony ACID Music Studio 0.7です

Aベストアンサー

『MIDI』シーケンサーですので、
『MIDI音源』が悪ければ(気に入るギター音がなければ)いい音はでません。
ちなみに、僕の経験からすると、安価なMIDI音源ではまず良いギターの音色を出すことはできません。

解決方法は、
(1)良い音源を入手する
(2)ソフトがVSTなどに対応していれば、それを使う

となります。(1)は当たり前に分かると思うので、(2)の説明を。

ACID7(お使いになられているソフトですね)はVSTiおよびVSTに対応しているので、コレを使うのです。VSTiというのは、ソフトシンセのことです。
フリーでもなかなか高音質なものも数多く紹介されています。
http://www.geocities.jp/cyber_rainforce/dtm/free_vsti_list.html (例をあげてURLを貼っておきます)

VSTはソフトのエフェクターと考えてもらえばよいでしょう。
同じようにフリーでも使えるものが数多く紹介されています。
『VSTi』や『VST』などとネットで検索すれば、より深く理解できると思います。

これらを音源として使うのです。

僕自身、ACIDは使ったことがないので、ACIDでのVSTiやVSTの使用方法は付属の説明書などを参考にしてください。

まず、VSTiとして『DVS Guitar』を使います。
http://www.dreamvortexstudio.co.uk/5627/
↑で無料ダウンロードできます。
お聞きになれば分かるとおり、これだけではさほどMIDI音源と変わりはありません。
これはパラメーターをいじらず、そのままの状態にしておいてください。

そして、この『DVS Guitar』の音にVSTエフェクトとして『FreeAmp2』をかけるのです。
http://asseca.com/frettedsynth/index.html
同じように↑で無料ダウンロードできます。
こちらを入れると音は激変。
こちらのパラメーターをいじっていけば、貴方のお好みの音もでるのでは?
この音にも満足できないようでしたら、(1)の方法でお願いします。

『MIDI』シーケンサーですので、
『MIDI音源』が悪ければ(気に入るギター音がなければ)いい音はでません。
ちなみに、僕の経験からすると、安価なMIDI音源ではまず良いギターの音色を出すことはできません。

解決方法は、
(1)良い音源を入手する
(2)ソフトがVSTなどに対応していれば、それを使う

となります。(1)は当たり前に分かると思うので、(2)の説明を。

ACID7(お使いになられているソフトですね)はVSTiおよびVSTに対応しているので、コレを使うのです。VSTiというのは、ソフトシンセのこと...続きを読む

Qオーディオ関係や、電気工作などに明るい方に教えていただければ有難いです。 40年ほど前の、70年

オーディオ関係や、電気工作などに明るい方に教えていただければ有難いです。


40年ほど前の、70年代のセパレートステレオLo-D S-35を未だに使用しています。
が、アンプ部の調子が悪くなり小一時間ほど使い続けるとホワイトノイズが耳につくようになりました。

そこで、システムからレコードプレーヤー部だけを取り外し、別の木製ラックに直接取り付けてそれだけ単独で使いたいと考えたんですが…

その場合レコードプレーヤーの電源が問題になるかと思いますがどのような方法でコンセントに挿せるように出来るのでしょうか?

みなさま知恵を貸して下さいm(._.)m

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

探してみたけどサービスマニュアルなどは見つからないですね...
プレーヤーと本体との間に信号を伝えるケーブルと電源ケーブルの2種類があるはずなので、本体側電源ケーブルにテスターを当てて何ボルト供給されているか確認するしか無いかもしれません。
それさえわかれば後は使えそうな電源を探すだけなのですが。

無いとは思いますが、もし交流100Vがそのまま供給されているのでであれば、単にケーブルとコンセントを接続すれば使えます。

Qエレキベース(四弦)のチューニングについて

私の姉が最近エレキベースを買いました
しかし姉は音楽の経験がないのでチューニングの仕方がわからないそうなんです
私もギター初心者なので、よくわかりません・・・
エレキベース(四弦)のチューニングはどのようにすればよいのでしょうか?
できるだけ詳しくお願いします!!!
エレキギターのチューニング方法も教えてくださったら私は飛び上がって喜びます!

Aベストアンサー

ベースは一般的に太い弦(構えた状態で上の弦)から、開放弦でE(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)の音高に合わせます。
開放弦とはフレットを何もおさえずに弾いた時の音高で、その弦の一番低い音になります。

ヘッド側のペグ…弦を巻いているネジのつまみのようなものがありますよね。そこを回すことでチューニングの調整が可能です。
ゴムなどを引っ張った状態で弾いて遊んだ時の体験からお分かりかと思いますが、弦の締め付けが強いほど音は高くなり、締め付けが緩いほど音は低くなります。

音は何かほかの楽器で音を出してそれを聴きながら合わせることも可能ですが、チューナーを買った方が良いですね。安価なもので結構です。
ベースやギター用の(あるいは両対応の)チューナーが売られていますので、まずはシールド(ケーブル)をチューナーにつないで音を出して合わせてゆきます。
チューナーが反応しないときはベース本体のボリュームが絞られている(音が出ていない)可能性があるのであわてずご確認を。

チューニングは一本ずつ行いますが、弦を適切な状態にチューニングした後でもう一度全体を確認します。
というのもネックは木でできていますから弦を巻き上げたり緩めたりすることで、ネック自体がほんの少し引っ張られて曲がったり逆に反り返りが緩んだりするわけです。
これによって、一度調整したはずの弦の状態が再び変わってしまうので、再度調整が必要です。
慣れるまでは微調整を繰り返しつつ慎重に合わせていきましょう。

また、チューニングにはオクターブチューニングというものもありますし、これにはトラスロッド調整や弦高の調整なども絡んできます。全音域(全フレット)に渡ってベースの状態を最適に保つためにはこれらも追って必要な知識ですが、まずは上記の一般的なチューニングだけを覚えておけば大丈夫!
ベースライフを楽しんでくださいね。

*チューニングを整えて練習や演奏を行った後のベースの保管方法ですが、「弦を緩める」人と「弦を緩めない」人がいます。中には「絶対に弦を緩めてはいけない」という人もいます。
条件によっては弦を緩めた状態のまま放置するとネックが急激にそれることがあるのは経験したことがありますが、ネックのメンテナンス直後と気候条件などのいくつかの条件が重なった場合に発生すると実感しています。逆に普段はチューニングを合わせたままだと弦はすぐに伸びきってしまいますし、ベースの弦は太いため引っ張る力も強く、ネックにも負荷がかかり続けます。
しばらく弾かないのでしたら少し(2~3回転)緩めておくのが良いと思います。
これは人それぞれなんですけど。

ギターは低いほうからE・A・D・G・B・Eとなります。
エレキでしたらやはりシールドからチューナーにつないで合わせるのがお勧めです。
音はベースより1オクターブ高いです。ベースと違い弦が切れやすいのでペグは慎重に回してください。
お姉さんに負けじと頑張ってくださいね!

ご参考になれば幸いです。

ベースは一般的に太い弦(構えた状態で上の弦)から、開放弦でE(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)の音高に合わせます。
開放弦とはフレットを何もおさえずに弾いた時の音高で、その弦の一番低い音になります。

ヘッド側のペグ…弦を巻いているネジのつまみのようなものがありますよね。そこを回すことでチューニングの調整が可能です。
ゴムなどを引っ張った状態で弾いて遊んだ時の体験からお分かりかと思いますが、弦の締め付けが強いほど音は高くなり、締め付けが緩いほど音は低くなります。

音は何かほかの...続きを読む

Qこの曲は何でしょう(S40年代のフォーク?)

昭和40年代の曲だと思いますが、小さい頃に耳にして、ずーっと頭に残ってる曲です。
こんな歌詞だったとおもうのですが、誰の何という曲か教えてください。

♪はなびらのー散ったあーとのー
  サクラがーとてもー冷たくーされるーようで。。。♪

Aベストアンサー

フォークグループ「風」の「ささやかなこの人生」です。

参考URL:http://music.j-total.net/data/006ka/011_kaze/004.html

Qクラシックギターで変則チューニング

クラシックギターでオープンチューニングやナッシュビルチューニングなど、変則チューニングで演奏することは一般的でしょうか?また、そのときギターは痛まないのでしょうか?
実際にクラシックギター+変則チューニングで活躍しているアーティストがいたら、教えていただきたいです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 一般的とまではいえないかもしれないけど、かなり多いです。
 なかでもいちばん多いのは、もう回答が出ていますが、ドロップDという調弦。6弦をD。ニ長調(D)かロ短調(Bm)は、ギターにとてもあう調性だそうです。これで低いD音があったらもっといい、というわけで、6弦をDにする曲は、リュートからの編曲でなくとも、非常に多いです。また、リュートチューニングは、私は5弦をG音に下げて、3カポだと思ってました。他の回答者の方とちがうようですが、リュート自体、たくさんチューニングがあったようなので、いいんでしょうかね(チューニングどころか、ルネサンスリュートは5弦から11弦のものがあったし、バロックリュートは、ヘッドをさらにつぎたして弦をはり、その弦は、ネックからはみ出してたようです)。
 私もNoRhyさんと同じように、コンテンポラリーのフィンガースタイルギターを、ガットギターで弾いてます(合いますよね、NoRhyさん)。変則チューニングは大丈夫です、よほどきつく(あるいはゆるく)張るのでなければ。
 あと、ガットギターは、レギュラーチューニングだと4弦がいちばん張りが弱いそうです(廉いギターだと2・3フレットがびびります)。だからこの弦をさらにゆるめるチューニングは考えものかも。
 ナッシュビルは、たしか3~6弦を、オクターブ高くする調弦法ですよね。他の弦を上手く組み合わせれば、あるいはできるかも、しかし、ナットは太い弦用に彫ってあるから、ここで安定するかが問題なような気がします。
 演奏者ですが、最近(といってももう2.3年になるかな)亡くなった、フィンガースタイルギターの大立者で、チェット・アトキンスという人がいます。この人は、ずっとガットギターを使っていたそうです(晩年はエレガット)。保障はありませんが、この人がレギュラーチューニングばかり使っていたとも思えないので、楽譜などで確かめたらいかがでしょう。たくさん出てます。ミュージシャンとしても、非常に高い評価を得ていますから、1聴の価値ありです。私は非常に好きです。懐かしい感じです。
 最後に、ガットギターは、張りがスティール弦のギターより弱い分、鳴ってる時間が長くて、よく響くし、弾く場所、弾き方で、いろんな音色・音量が出せます。私のよく行くギターショップの店員さんは、スティール弦ギターより、裏表単板のガットギターの方が、弦がなってる時間が長く、ボディの響きがいいから、大きく、伸びる音が出るといっていました。反対にスティール弦は、出る音がある程度決っていて楽なのですが、張りが強い分、弦のなる時間が短く、響きがなく、伸びないらしいです。実際、クラシックのプロでも、自分の納得行く音色を出すのに、みんなとても苦労してるみたいです。
 話しそれましたが、つまり、響きを重視した変則チューニングは、ガットギターでこそ、その威力を発揮するのではないかということをいいたかったので、要するに、ガットで変則大正解! なのです。
 いいギターライフを!

 こんにちは。

 一般的とまではいえないかもしれないけど、かなり多いです。
 なかでもいちばん多いのは、もう回答が出ていますが、ドロップDという調弦。6弦をD。ニ長調(D)かロ短調(Bm)は、ギターにとてもあう調性だそうです。これで低いD音があったらもっといい、というわけで、6弦をDにする曲は、リュートからの編曲でなくとも、非常に多いです。また、リュートチューニングは、私は5弦をG音に下げて、3カポだと思ってました。他の回答者の方とちがうようですが、リュート自体、たくさ...続きを読む

Q40歳代の方の好きな曲は何ですか?

40歳代の方にお願いです。
ピアノで聞きたい好きな曲は何ですか?
ジャンルは問いません。
邦楽、洋楽、映画音楽・・・何でも結構です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

20年前、流行っていたのはリチャード・クレーダーマン
ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報