ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

このたび父を亡くし遺影について 皆様にお聞きしたくこのサイトをお借りしましてお尋ねいたします
どうぞよろしくお願いいたします
父は生前この写真を使ってほしいと頼まれておりました写真(米寿用の黄色のチャンチヤんコ、帽子を着たものです)本人の意思を尊重しまして葬儀やさんに何も考えずお願いしたわけです
ところが通夜30分前に親戚の者がこんなお祝いの写真を遺影に使うのがおかしいと言われました
時間も押し詰まってきましたのでそのままその遺影で通夜・葬儀を済ませました
遺影はとても穏やかな顔をして私もとっても気に言っておりますが
お祝いの写真を使うとおかしいのでしょうか
よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

曹洞宗の僧侶です。



おかしくありません。まったく問題ありません。
気にされることはありません。
    • good
    • 0

こんにちは。

お父様をなくされたとの事、お悔やみ申し上げます。

私も、一昨年父を亡くしました。その際の通夜、葬式の遺影には、父が生前「これを使ってくれ!」と言っていた、私の従姉妹の結婚式のときに家族だけで撮った写真の一部(父だけ)を切り取って、使いました。

つまり、ものすごいお祝い事である結婚式の写真を使いました…が、特に親戚や葬儀屋さん、参列者の方から指摘を受けることはありませんでした。葬儀屋さん自身も、「構いませんよ」と、にっこり笑ってOKでしたし、その結婚した従姉妹に、そのときの写真を使わせてもらったことを伝えると、「ありがたい…」と泣きながら言ってくれました。

ひとそれぞれの捉え方なのかもしれませんが、決して、おめでたい写真を遺影に使うことは問題ではないと思います。

ご家族にとっては傷心の極みである通夜の前に、そんなことを言う親戚のほうが、よっぽど、「おかしい」です。常識というものを理解しなおすのは、親戚の方の方だと私は思いますね。

亡くなってしまわれるのは、本当に寂しいものだと思います。だからこそ、遺影の中だけでも「穏やかな顔」で、また、「楽しい時の顔」で見守っていてほしいですよね。

また、その方が参拝に来られるようでしたら、繰り返し嫌味を言われるのもお辛いでしょうし、何か他の写真をそのときだけ準備してもいいと思いますが、亡くなられたお父様ご本人の意思と、ご質問者様がお気に召している写真なのであれば、これからもその写真を飾っていてもいいのではないかと思います。

それは決して、「おかしく」はありませんよ。

これからも、まだお寂しい思いをされるかもしれませんが、少しずつ、元気になってくださいね。それでは、長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

milktea04 様
初七日の供養も済み、 ご近所の方または葬儀に参列できなかった方が
自宅にお参りに来ていただき とっても良いお写真ですねと褒めていただき、やはり皆さんの言われるように決して「おかしく」無かったのだと、今は自信を持って父の遺影に語りかけております。
まだまだ寂しさは消えませんができり限り明るく過ごしてまいります
ありがとうございました

お礼日時:2009/06/01 21:18

私も先月父が亡くなりました。



父は、献体登録をしていたこと、本人の遺志などにより、
数年後にお骨が戻ってきてから、身内のみで納骨と法要を行うつもりでいました。

周囲の方にその様にお伝えしたのですが、
ありがたいことに多数の方から「お線香をあげさせて欲しい」
とのお申し出をいただきました。
ところが、私が産後間もないため、お1人ずつ自宅に来ていただき、
対応するのは大変なため、お寺さんと相談した結果、
皆さんに立ち会って頂き、49日法要を執り行うということになりました。

遺影には、7年ほど前に姪と甥の七五三の時に撮った写真を使用しました。
カジュアルな服を着ている物でしたが、
本人もそして3年前に亡くなった母もとても気に入っていましたし、
何より病気になる前のまさしく元気な頃の「お父さん!」という写真でした。

実は時間もなかったため、遺影はフレームのみ購入し、
背景は亡くなった母の遺影を参考にして、
画像編集ソフトで加工し、プリントアウトして自分で作成しました。

自分でも満足できる仕上がりでしたし、
当日来ていただいた方々、皆さん「いい写真だね~」って言ってくれました。

私も家族や本人が希望したものが一番だと思います。

それに、本当に非常識な写真だったら葬儀屋から一言あるんじゃないかな、
とも思いましたがどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お父様は献体されたのですね
医学向上のため私も献体を希望していた時期もありましたが
親から貰った命を傷つけるのはと賛否両論で登録にはいまだ踏み切れずにおります
お父様の勇気を尊敬致します
私が会場に見に行ったときに 親戚の者が葬儀屋さんに遺影ののことを聞いたそうです
葬儀屋さんは遺族の希望ですからと言われたそうです
其の親戚の者が言うには せめて祝い着の帽子(帽子とは言わないのでしょうが・・・)を修正したらよかったのにと言われました
祝い着なのに帽子を取った方が益々おかしいと思いませんか
其の親戚の叔母は自分が凄く常識の有る人間だと思い込んでいる人なので 皆様からの回答で勇気を貰い昨日ギャフンと言わせてやるため
皆様の回答を手紙を書きました
其の叔母は葬儀のときに金の指輪3本も付け 頭には8cmくらいのターバンをつけて自信満々の顔で式場を歩き回っていました
親戚の人たちに陰口を言われているとも知らずにです
今回このようなサイトをお借りして相談した事とてもよかったと思っています
勇気と力を頂きました ありがとうございます

お礼日時:2009/05/29 04:46

遺影に関する決まり事はないようです。


写真が嫌いな人だと、旅行や結婚式の集合写真などから選ばれるようです。
学生さんが亡くなると大抵遺影が学生服になっていると思います。あれって入学式・卒業式・修学旅行のどれかだと思いますよ。
ほぼ祝い事の写真が使われている、ということになりますね。

だいたい通夜30分前にやってくるようなお客様気分の親戚にあーだこーだと指図をされる言われはないと思います。
結婚式に招待された参列者が花嫁に向かって「何でドレスなの?日本人は昔から白無垢って決まってるでしょ非常識ねぇ」って言うようなもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mizukiyuli 様 
なにか私の心の叫びをわかってくださり 心強い気持ちになっています
明日は初七日でお参り行きます 自信を持って遺影に会ってきますね
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/28 09:28

交通事故で潰されてしまったらつぶされた姿の写真を使うのですか?


故人が幸せな人生を送ったことが分かる写真がいいのです
今の写真でいいと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですよね!!! 皆様からの励ましで勇気をいただきました
親戚の者に皆様の回答を送りつけたい気分です(笑)

お礼日時:2009/05/28 11:15

遺志は尊重すべきだと思います。



例えば、病気で亡くされた場合
闘病中の写真などは痛々しいですし、遺された方はそれを見るわけで。
つらい日々しか思い出せなくなります。

私の場合は、64で父が死にましたが、定年直後旅行に行ったときの写真にしてあります。
病気ではありましたが、まだ元気なときの物です。
通夜や告別式などのは、会社関係者や永く会っていない人もいます。
在職中の写真ならば、その人たちにも思い出してもらえます。
死ぬ前の写真では、皆その変わりように愕然としてしまうでしょう。
そのように思い、写真は選びました。

親戚がどう言おうが、その写真を毎日見るのは家族ですから、その家族が希望する写真が一番です。
本人が希望し、家族が納得しているのならそれで良いんです。

遺影という物をどう捉えるかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koba-p 様
早速のお返事ありがとうございました
この遺影は私たち夫妻にとっても大切な思い出なので koba-p様の
励ましで 少し気分が楽になりました

お礼日時:2009/05/28 08:21

遺影は穏やかな顔、元気な顔をしたものが一番だと思います。


それに、ご本人のご意思でもあるので、この場合意思を尊重するのが普通だと思います。
通常なら、親戚の方のご意見が正しいかもしれません。チャンチャンコですしね。でも、ご本人がご希望されたことなので、「父の意思です」と説明したら、普通は反対されないと思うのですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

000P 様
回答ありがとうございます
皆様の温かい励ましで 今日勇気をだして親戚のものに手紙を出し  色々な考え方のあることを知らせ、決してお祝い事の遺影は間違いではないことを言ってやりました
少し胸がスーッとしました 明日父に会って来ます 合掌

お礼日時:2009/05/28 19:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報