ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

テレビや新聞で見る内閣支持率等の%(パーセント)ですが、それが時系列推移とか、他の%との比較になったとたんポイントであらわしていますが、どうしてそのまま%ではないのでしょうか。

例えば「内閣支持率は先月から10ポイント減少して28%になりました」とか、「自民党の支持率は、民主党に比較して15ポイント高い」とか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

再度#4です。

もうすこしかみくだいてご説明します。

かりにアイスクリームを1パイント買うとしましょう。
味はストロベリーだと飽きますのでバニラかラムレーズンをお勧めします。
このパイントの値段が通常800セントのところ、特価で600セントであったなら、
通常の価格の75パーセントですので値段は「25%減少した」といえるわけです。
この場合は比較対照の通常800セントを100パーセントと考えるので、
1パイントの値段が25ポイント減少したとはふつう言いません。

ところがあるとき、同じアイスクリームが期間限定でさらに安くなり、
(ちょうど夏がおわりシーズンオフを迎え客足が40パーセント落ちたのです)
超特価400セントになりました。これは通常800セントの50パーセントに当たります。
この場合、通常800セントからであれば「50パーセントお得」といえますが、
特価600円から50パーセントひく25パーセントで「25パーセントお得」とはいえないのです。
この場合は「25ポイントお得」といいます。ここからポイントです。
ややこしいのでパワーポイントで説明できたら良かったのですが。

何故でしょうか。特価600セントの25パーセント減少は450セントだからです。
超特価400セントは、特価600セントからみると33パーセント減少です。
したがって、基準となるもとの数字から離れた割合どうしの比較は
パーセントではなくポイントを用いてピンポイントに表現するのです。
超特価400セント(50パーセント)は特価600セント(75パーセント)から
「25パーセントお得」とはいえませんが、「25ポイントお得」といえるのです。
    • good
    • 0

先の回答にもありますが、混同するからです。




「内閣支持率は先月から10%減少して28%になりました」

(1) 38%から28%になった
(2) 31.111・・・%から28%になった (31.111・・・×0.9=28)



「自民党の支持率は、民主党に比較して15%高い」

(1) 自民党35% vs 民主党20%
(2) 自民党23% vs 民主党20%



どちらか分かりません。言葉の通り解釈すると(2)になるでしょう。
    • good
    • 0

もっとシンプルに、算数の問題をとく気持ちでお考え下さい。



何かの割合や率が80%から50%に下がった場合
30%下がったといってしまうと計算が合わないことに気づきませんか?
80%から“30%下がる”なら、結果は56%でなくてはなりませんが。
割合の推移を比較するときはポイントを使います。

たとえばわたしはヨドバシカメラで27800ポイント溜まっていましたが、
先日電池を買うため470ポイント使ったら27330ポイントになりました。
買う前を100%とすると、電池購入後の残高は98.3%になりますので、
470ポイント使って1.7ポイント減った勘定になります。
    • good
    • 0

#1さんと同様に私も同じように思いました。



いかなる理由があろうとも、1つの単位は1つの表記で用いることが変な誤解を生まないためにも必然なのですが。
    • good
    • 0

私見ですが、%は量の割合を表わすものなので、%と%の差を表わすときにはポイントを使うのだと思います。



内閣支持率が30%から25%に下がったときは「5ポイント低下した」というように。
もし「5%低下した」というと、「30%という量の5パーセント引き」になって、30%×95%=28.5%になってしまいますから。
    • good
    • 0

私の同じことを思ってました。


「内閣支持率は先月から10%減少して...」
だと、先月の90%になったという違う意味になってしまうからでは
ないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割合(%)の上昇下向を「ポイント」で表すのはなぜ?

ニュースを見ていると、
「就業率は63.3パーセントで,全国平均より2.5ポイント高く」
など、パーセントを"ポイント"で呼んでいる事がありますが、これってなぜ?パーセントとは違うの?

「製造業でプラス10ポイント、卸売・小売業,飲食店でマイナス7ポイント、」みたいに、経済指標と関係があるの?

誰か教えてプリーズ!

Aベストアンサー

例えば、「50%。去年より25ポイント大きい」と言われたら、「去年は25%。今年は+25で、50%」とわかります。
しかし、「50%。去年より25%大きい」と言われたら、去年より25%大きいということは、去年は40%?ともとれます。
0.4×1.25(=25%大きい)=0.5
混同しないようにするために、%同士で比較してプラスマイナスを意味したい場合は、ポイントといっているように思います。

以前は混ざっていたようで、わかりにくいと思っていましたが、いつのまにかポイントという言い方でわかりやすくなっていました。

Q何%ではなく何ポイント上昇などというのは何故

支持率調査などで、前回20%なのが今回30%なったとき、10%上昇したと言わずに10ポイント上昇したという表現を良く聞きます。どうしてパーセントでなくポイントなのでしょう?前回調査した対象と今回のは一般に異なるので、同じ対象ないという意味でしょうか?

Aベストアンサー

皆さんのお答えで良いと思いますが、今ひとつわかりにくいところもあるかもしれませんので、わたしなりにまとめてみました。

ポイント1:パーセントは単位ではない。
10人から20人へ増えたのであれば、10人増加。
これは「人」が単位だからです。
「パーセント」は単位ではなく、「比率」なので、10%が20%に増えたといっても、それは「10%増えた」わけではない(「10%増えた」とは言わない)、ということです。

ポイント2:「パーセント」の意味がちがう
A「支持率が20%」、というときと、B「10%増加した」というときでは、%の意味が違います。Aの場合は、全体の中での支持者の割合のことであり(100人の中で20人が支持するという意味)、Bの場合は、前の状態に比べて増えた割合のことです(20人から10%増加であれば、22人になったということ)。

ポイント3:母集団が同じとは限らない。
質問者のekitaigenzouさんが出された具体的な例で考えてみます。
もし全く同じ集団で調査をして、全員から答えを得られたとしたら、「最初は100人の内の20人が支持していたが、次の調査では全く同じ100人の内の30人が支持するようになった。だから支持率は20%から30%に増加した。増えたのは(その100人のうちの)10%である」といっても間違いにはなりません。
しかし、普通は無作為に抽出した人たちに質問をして調査をします。初回の調査と、2回目の調査では、質問をした人たちは全く違う集団になります。
最初の支持率調査をした人たちと、全く同じ人たちで支持率の調査をすると言うことは不可能です。同じ人に質問をしても、2回目には回答しなかった人もいたりします。
別の例を出せば、「ある小学校の6年生のうち、めがねをかけている生徒の割合は5年前には20%であったが、今年は30%であった。」この場合も、母集団である小学校6年生の生徒は全く違う子供たちです。
ですから、支持率が20%から30%に増加したとしても、それは「10%の増加」とは言えないのです。「10%増加」というのならば、その10%は「何に対しての10%か?」を考えなければなりませんが、この場合には何に対して10%なのかはっきりしていません。

以上のようなことから、「支持率が20%から30%に増加した」ことを「10%の増加」と言うのは不適切であると考えられます。しかし、実際に支持率が上昇したことを数字であらわしたいので、「10%上昇」ということばではなく、「10ポイント上昇」と表現することにしたものと考えられます。
この「ポイント」といのは、支持率の「単位」として使われているものと理解できます。

皆さんのお答えで良いと思いますが、今ひとつわかりにくいところもあるかもしれませんので、わたしなりにまとめてみました。

ポイント1:パーセントは単位ではない。
10人から20人へ増えたのであれば、10人増加。
これは「人」が単位だからです。
「パーセント」は単位ではなく、「比率」なので、10%が20%に増えたといっても、それは「10%増えた」わけではない(「10%増えた」とは言わない)、ということです。

ポイント2:「パーセント」の意味がちがう
A「支持率が20%」、と...続きを読む

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Qパーセントの算出のしかたを教えてください。

パーセントの出し方を教えてください。
俸給が18万から26万になりました。何パーセント増えたでしょうか?

Aベストアンサー

18万  -->  26万

これを百分率で表現すると、

100% -->  xxx%

となります。

26万は、18万の 1.444444.... 倍になるので、・・・

 xxx% は、 144.4444444444 %  

です。

QExcel > ピボットテーブル「(空白)」非表示

Excel 2003 で、ピボットテーブルを利用した際、元データにて未入力のセルは、ピボットテーブルでは「(空白)」と表示されてしまいます。

これを、任意の文字列や、空白のまま表示(「(空白)」を非表示)にする方法はありますか?

空白セルそのものを非表示する方法は、ピボットタイトル行の▼で「(空白)」をチェックオフすれば消えますが、これでは関係する行の他列も非表示になってしまいます。

ただ「(空白)」ではく、空白のまま表示したいだけなのですが、その方法が分かりません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ピボットテーブルの行や列フィールドの「アイテム」(個々の「あ」や「い」,「A」「B」「1・2・3」,「(空白)」も同じ)は,作成したピボットテーブルの中で「(アイテムの)キャッシュ」として保持されています。
実際今回の「(空白)」だけでなく,たとえば列Bフィールドのアイテム「1」1セルを「1個」と書き換えてみると,レポート上のアイテム1が全部1個と表記されます。
レポートで行列アイテムを直接書き換えることで,キャッシュの中で「元データの1 = アイテム表記は1個」というデータを保持し,以後それを使って表示してくれるためです。


#余談ですが,たとえば「四半期」で日付をグループ化すると,エクセルでは1月から3月が第1四半期として集計されます。
これを日本の四月からの会計年度に合わせて「1-3月」は第4四半期に,そして「4-6月」を第1四半期として集計させたいような場合にも,この方法を利用することができます。

Qピボットテーブルレポートの行ラベル、空白について

(エクセル2007使用)
レポートをあらかじめシートに作成しておき、元データに空白行がある状態で更新すると、レポートの行ラベルに(空白)という項目が自動的表示されます。フィールド項目内にあるフィルターで空白のチェックを外せば消えるのですが更新回数が多いため、最初から(空白)が出てこないようにしておきたいと思うのですがどうしたらいいのでしょうか。
もし簡単な設定がない場合は、元データは触らずに非表示状態で更新できる簡単なマクロでも結構です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>フィールド項目内にあるフィルターで空白のチェックを外せば消えるのですが更新回数が多いため、最初から(空白)が出てこないようにしておきたいと思うのですがどうしたらいいのでしょうか。

空白セルがあるのに、この集計を最初から(ピボットテーブル作成時点で)無視する設定はありません。

単純に、テーブル作成後、手動フィルタで「空白」のチェックを外して、データの更新を行えば、その後は空白セルセルが集計されずに表示されると思うのですが、この操作ではどの部分が不都合なのでしょうか?


人気Q&Aランキング