ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

文章を書くときの
「~について」と「~において」の使い分けがよくわかりません。
同じと考えていいのでしょうか?
厳密に言えばちがうような気がするんですが。
どうなんでしょ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

再度お答えします。



「結局、「において」と「について」はどっちを使っても同じ場合があるということでいいのでしょうか」というご質問への回答は、「同じ」をどう解釈するかによるでしょう。

例えば、「ウサギは耳が長い」と「ウサギの耳が長い」は、大体同じことを言っています。普通の人に、それぞれの文が表していることを絵に描かせたら同じになるでしょう。しかし、後者では助詞「の」が、「ウサギ」と「鼻」の間に「ウサギが鼻を所有する」という関係があることを示しているのに対し、前者にはそれがなく、「ウサギ」と「耳」の関係は明示されていません。それと同じような違いは「について」と「において」の間にもあります。

「東京においては地価が高い」という場合、「地価」が「東京」という場所のものであることが示されているのに対し、「東京については地価が高い」では、「地価」が「東京」に関係するものであることは漠然と分かりますが、それ以上のことは不明です。

「彼が彼女にプレゼントをあげた」という文において、助詞「も」は、この文の「が」、「に」(「彼は彼女に<も>プレゼントをあげた」)、「を」の位置に置換または挿入できます。助詞「は」も、「が」「に」「を」の位置に置換または挿入できます。「について」という表現も、色々な助詞の位置に置換または挿入できるという点で、「も」や「は」に似ています。そして、「も」を置換または挿入した場合、英語のalsoのような意味が付加されます。

要するに、「において」が「について」に替えて意味が通る場合があるとしても、それによって表される意味には若干の違いがあるということです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/15 09:52

「~において」という表現は、通常「~の中で(中に)」と言い直せるでしょう。

「~」が場所または容器と捉えられています。時間にも使えますが、元々は空間的なものです。「評価において」、「思考において」のように「~」が行為を表していても「の中で(中に)」の意味です。

一方、「について」は「に関して」という意味で、英語のaboutのようなものとも言えます。首相のことを喋っている(talk about)のであれば、「首相についてのお喋り」、「首相に関するお喋り」です。「~について」の「~」は意識の対象です。

「勉強においても頑張って欲しい」は、言い換えると、「勉強という分野の中で頑張れ」ということです。一方、「勉強についても頑張って欲しい」や「彼についても殺して欲しい」といった表現は、要するに「勉強を頑張れ」、「彼を殺せ」と言っているに過ぎません。つまり「について」は「を」に変えられるのです。なぜ「を」でなく「について」を使うかと言うと、話者の意識がそこに向けられていることを明示したいからでしょう。

「数学においては優秀」、「数学については優秀」はどちらも違和感があまりありませんが、一般に、「~において」の「~」が抽象的であるほど「において」の意味も空間性が希薄になって抽象的になるので、「において」と「について」がともに使える可能性は高くなります。「~において」の「~」が具体的な場所を指す場合、「について」に置き換えられる可能性は小さくなります。

以上が「において」と「について」の違いですが、いかがでしょうか。
    • good
    • 6

「~において」という表現は、通常「~の中で(中に)」と言い直せるでしょう。

「~」が場所または容器と捉えられています。時間にも使えますが、元々は空間的なものです。「評価において」、「思考において」のように「~」が行為を表していても「の中で(中に)」の意味です。

一方、「について」は「に関して」という意味で、英語のaboutのようなものとも言えます。首相のことを喋っている(talk about)のであれば、「首相についてのお喋り」、「首相に関するお喋り」です。「~について」の「~」は意識の対象です。

「勉強においても頑張って欲しい」は、言い換えると、「勉強という分野の中で頑張れ」ということです。一方、「勉強についても頑張って欲しい」や「彼についても殺して欲しい」といった表現は、要するに「勉強を頑張れ」、「彼を殺せ」と言っているに過ぎません。つまり「について」は「を」に変えられるのです。なぜ「を」でなく「について」を使うかと言うと、話者の意識がそこに向けられていることを明示したいからでしょう。

「数学においては優秀」、「数学については優秀」はどちらも違和感があまりありませんが、一般に、「~において」の「~」が抽象的であるほど「において」の意味も空間性が希薄になって抽象的になるので、「において」と「について」がともに使える可能性は高くなります。「~において」の「~」が具体的な場所を指す場合、「について」に置き換えられる可能性は小さくなります。

以上が「において」と「について」の違いですが、いかがでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

なるほど、非常にわかりやすいです。

今、読んでいる文章は非常に抽象的な文章なのですが、

>「において」と「について」がともに使える可能性は高くなります。
とのことですが、質問の核心はここなんです。

結局、「において」と「について」はどっちを使っても同じ場合があるということでいいのでしょうか?

補足日時:2010/02/12 11:58
    • good
    • 0

こんばんは。



>>>同じと考えていいのでしょうか?厳密に言えばちがうような気がするんですが。

厳密にではなく全然違います。

こう考えてください。

「~において」の「~」の部分は、野球で言えば野球場、相撲で言えば土俵です。
「2人の力士が土俵において戦う」とは言いますが、
「2人の力士が土俵について戦う」とは言いません。

「日本においてもっとも盛んな産業は第三次産業である」とは言いますが、
「日本についてもっとも盛んな産業は第三次産業である」とは言いません。

一方、「~について」の「~」の部分は、単なる題目や話題です。
「いじめの問題について考えましょう」とは言いますが、
「いじめの問題において考えましょう」とは言いません。

ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 3

yahoo!の辞書検索でわかると思いますが。

。。

言語は常に進化します。
「全然すごい」に違和感を覚えない若者に対し、違和感を感じる高齢者もいます。

「日本について説明します」

「日本において説明します」
を同じと感じるなら、同じように使っていいんじゃないでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
聞きたかったのは以下の「について」の[1] 動作・作用の対象となるものを表す。…に関して。と「において」の[2] 事物について、それに関連することを表す。…に関して。
の違いです。

例えば、「~の評価においては」という文章があったんですが「~の評価については」と変えても意味は通じるかなと思った訳です。なんとなくイメージですが、「~において」は全体に対するものに使い、「~について」は点というか焦点を当てたものに使うのかなと思った訳ですが、なんか釈然としなかったもので質問させていただきました。

以下の「において」の例の「勉強においても」というのを「勉強についても、がんばってほしい」の変えても、おかしくないですよね。「~」にくる名詞が同じであっても、後にくる文章で変わるのですね。あたりまえといわれそうですが、名詞が同じなのになぜ?と長文を読んでるとわけがわからなくなってしまって。

について 【に就いて】
(連語)
〔補説〕 格助詞「に」に動詞「つく(付く・就く)」の連用形の音便の形「つい」と、接続助詞「て」の付いたもの
[1] 動作・作用の対象となるものを表す。…に関して。
・ 日本の経済―研究する
・ 文学―語る
[2] ごとに。それぞれに。…に対して。
・ 学生一人―経費が一万円もかかる

において 【に▼於いて】
(連語)
〔補説〕 格助詞「に」に動詞「おく(置く)」の連用形の音便の形「おい」と接続助詞「て」が付いたもの
[1] 動作・作用の行われる場所・時間などを表す。
・ 総会は東京―行う
・ 明治時代―流行せる思想
[2] 事物について、それに関連することを表す。…に関して。
・ 在任中、外交―特に大きな功績をあげた
・ 勉強―も、運動―も、彼にかなう者はいない

補足日時:2010/02/11 13:55
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q場所を表すときの 「於」 

場所・会場などを表すときに使うと思うのですが
例として
於、------ホテル
於:------ホテル
などと見かけます。
この間に使われている「、」「:」他にも「空白」だったり
繋げて表記してあるものも見かけます。
見栄えの問題かもしれませんが、日本語としてはどの様に書けば正しいのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。
また、詳しく書いてあるサイト等もありましたら会わせてお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>日本語としてはどの様に書けば正しいのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。

「於○○」は、「○○に於いて」を漢文調に表したものです。
「於」の一文字が、英語における「前置詞」に相当します。

ですから、
於○○ホテル ← 本来の書き方 (しかし、見にくい場合がある)
於 ○○ホテル ← 見やすくした書き方
於、○○ホテル ← 見やすくした書き方
ということになります。


於:○○ホテル という書き方は見たことがありませんが、
漢文調と英語調が混在しているので、私は、不自然で無粋な書き方だと思います。
そもそも、英語で、前置詞の直後にコロンを書くなんて、ありえませんから。
コロンを使いたければ、どうせなら、
 日時:2009年1月20日 13:00~17:00
 会場:○○ホテル
のように書くほうがよいと思います。


>>>また、詳しく書いてあるサイト等もありましたら会わせてお願いします。

よく知りませんが、
「於 会場」のキーワードでGoogle検索して、
どのように書かれている実例が多いかを調べるぐらいではないでしょうか。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E6%96%BC%E3%80%80%E4%BC%9A%E5%A0%B4&lr=


以上、ご参考になりましたら。

こんばんは。

>>>日本語としてはどの様に書けば正しいのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。

「於○○」は、「○○に於いて」を漢文調に表したものです。
「於」の一文字が、英語における「前置詞」に相当します。

ですから、
於○○ホテル ← 本来の書き方 (しかし、見にくい場合がある)
於 ○○ホテル ← 見やすくした書き方
於、○○ホテル ← 見やすくした書き方
ということになります。


於:○○ホテル という書き方は見たことがありませんが、
漢文調と英語調が混在しているので...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「おかれましては」の使い方は?

手紙などでよく、「○○様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます」などの言い方があります。先日メールで「○○様におきましては(おかれましては、の誤り?)今後とも弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます」といった言い回しをされているのを読み、表現に違和感を覚えました。「おかれましては」とは、どのような使い方をするのが適切なのでしょうか。是非その用例を教えてください!

Aベストアンサー

#11さんからの反応がないので、自分で『プロの先生』に聞いてみました。


1.言葉の成り立ち

 #3で「オキテハ」と書きましたが、この「オキ」の部分は「オク」の活用です。
 ですから、もともとの言葉の成り立ちからいえば、「おかれましては」「おきましては」は「おく」から始まっています。
 ただし、現在この「おかれましては」には「(モノを)おく」という動作の意味は抜け落ちています。

2.おいては、の意味を持つ

 #11さんのをそっくり信用してしまうと「おいてはの意味は持たない」と理解してしまいますが、そのようなことはありません。

3.敬意表現としての使い分け

 自分のことについて「おきましては」といい、
 相手のことについて「おかれましては」という、
 この使い分けが、相対的に「おかれましては」を「敬意表現(待遇)」にしています。

4.「おかれましては」=「は」

 たとえば「わたしはうなぎにする」というようなときの「は」は「提示の『は』」といわれますが、このとき「は」は「わたしについていえば」「わたしにおいては」という意味を持ちます。
 こういったとき代わりに「わたしにおきましては」と言い換えたり「あなたにおかれましては」といったりできるわけです。

5.まとめ

 ここまでみるように、「おかれましては」「おきましては」は、ひとつの「言い回し」「決まり文句」であって、「は」と同じ意味になります。

 しかしながら、たとえば、
「貴社におかれましては、ますますご清祥で」というようなところを
「貴社は、ますますご清祥で」という
ことも可能ですが、これではうまくありません。

 それは

・日本語は婉曲にしなければ敬意表現にならない(婉曲にすると、相対的に敬意表現になる)
・他の敬意表現とのバランスが悪くなる

という問題があるからです。

 よって「言い回し」として「おかれましては」「おきましては」が存在している、これがないと「収まりがつかない」ということなのですね。

6.補足

 私の書いた#2、#3はほぼ正解、#7は間違い(ちゃんと「おく」との関連はある、ただし、動作「おく」の意味は現在はない)、ということがいえます。
 もちろん、#6さん、#8さんは合っているようです。

 なお、#11さんの書いてらっしゃることは、

>>「○○様におかれましては」といった場合の
>>「おかれましては」とは、「~において」の
>>意味は持たないそうです。

以外の点は合っているようです(でも、本当に国立国語研究所の回答の中に「~においての意味はもたない」なんていうことがあったのでしょうか?)。


ということで、nadachi999さん、ご理解いただけたでしょうか?

ただ、#11さんの反応があるかもしれませんし、私としては、#11さん御自身に本当に国立国語研究所が「~においての意味はもたない」といったのかどうかを再確認したいとおもいます。

#11さんからの反応がないので、自分で『プロの先生』に聞いてみました。


1.言葉の成り立ち

 #3で「オキテハ」と書きましたが、この「オキ」の部分は「オク」の活用です。
 ですから、もともとの言葉の成り立ちからいえば、「おかれましては」「おきましては」は「おく」から始まっています。
 ただし、現在この「おかれましては」には「(モノを)おく」という動作の意味は抜け落ちています。

2.おいては、の意味を持つ

 #11さんのをそっくり信用してしまうと「おいてはの意味は...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング