【初月無料キャンペーン中】gooドクター

私は西洋哲学(主に分析哲学)や仏教哲学(インド・チベット中観思想、唯識思想、日本仏教思想、西田哲学)に興味を持っており、その両者を比較して研究することにも関心があります。
そこで次の2点について質問します。
1比較思想を行っている有名な学者さんはどのような方がいらっしゃるでしょうか?
2また比較思想の学科を置いている大学はどのようなところがあるでしょうか
何卒、ご回答よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (4件)

参考意見です。


 最初に注意しておきたいのは、安易に比較研究をしようとすると多くは薄っぺらな結果しか出てきません。これを行えるのは、実力のある学者か、天才だけです。
 とはいえ、普通の東洋思想の研究者は、西洋思想の中の自らの研究領域に似ている分野に関する知識は最低限もっています。現代は西洋人の研究者と交流することが多いので、東洋思想だけやって、西洋思想は知らないでは済まされない時代になっているからであり、なにより比較によってその思想が鮮明になるからです。
 例えば、唯識を学ぶのであればカント哲学のあたりは当然勉強していますし、道教を研究するならばキリスト教の知識は必須です(そして道教とキリスト教は驚くほど似ていることがわかる)。
 日本では何故か西洋思想研究が人気で、東洋思想研究は閑古鳥状態なので良質な学者が少なく、世間で売っている東洋思想に関する書物の大半は嘘つきだと思ってください。故に私は東洋思想を主軸にして研究を進めてゆくことを勧めます。
 
 比較思想研究を試みている人は多く、仏教学者では中村元、三枝充悳の名が挙がりますが、やはり井筒俊彦の著作は必読です。

 比較思想といったら京都学派の名が挙がりますが、問題も多いです。ハイデガーを禅の用語を使って訳してますが(『時と有』・・・。
 研究は基本的に原典の読み込みから出発しますので、文献学をしっかりと学べる大学が宜しいと思われます(以外に文献を読めない人が多く、特に仏教関係の読みはデタラメで、まともに読めている人はほんの一握りしかいません)。
 
    • good
    • 0

ネットで「東洋思想・西洋思想」と検索しただけでも


=====
東洋思想と西洋思想―比較思想序論 (1969年) [古書] (-)
三枝 充悳 (著)

西洋の哲学・東洋の思想
著者/訳者名 小坂国継/著
出版社名 講談社 (ISBN:978-4-06-214851-1)
発行年月 2008年07月

比較思想論 (岩波全書セレクション[I]) (単行本)
中村 元 (著)
=====
といった書物がでてきます。

また、最後に提示させていただいた書籍に関連して「比較思想学会」http://www.jacp.org/というのが発足しているようです。

>>>比較思想学会の「会長挨拶」より抜粋
 比較思想学会(学会の英文名:Japanese Association for Comparative Philosophy)は、1974(昭和49)年に、故中村元名誉会長(東京大学名誉教授、東方学院長、インド学・仏教学の世界的権威)を中心とする人たちによって成立しました。全国学会として、現在約1000名の会員を擁し、30余年の歴史と実績を積み重ねて来ています。

 比較思想とは、既成の学問分野に固定することなく、種々の方法を駆使して、とりわけ、東西比較を行うという、いわゆる学際的研究を目指しています。こうすることで、思想の相違性・類似性を理解し、自分自身の真の思想把握に至るとするものであります。

 本学会の歴代会長は、中村元名誉会長をはじめ、玉城康四郎(仏教学)、峰島旭雄(2期、西洋哲学、比較思想)、田丸徳善(宗教学)、小山宙丸(西洋哲学)、吉田宏晢(2期、仏教学、比較思想)の各先生が就任されています。
<<<

まずは、これらの書物を読むか、上記学会の出版物に目を通し、ご自身の興味のあるところを専門にされておられる方を探されるのがよろしいかと存じます。
    • good
    • 0

西洋の思想は左脳に在る人格「自我意識」による思想と言えます。

それに対して東洋の思想は右脳に在る人格「仏性」による思想と言えます。「仏性」は自我意識がない時に現れています。捉えどころが在りません、そのために「無」と言う表し方しか出来ません。

従って西洋の思想は「自我意識」の主張を強く主張しています。東洋の思想は「無」から出発していますので主張するところが、はっきりとは書く事が出来ません。何故ならば「右脳」には言葉がないからです。言葉のない世界で書かれたものが「禅問答」と言うものです。

従って「禅」と言う世界は右脳が主導権をもって左脳の自我意識がそれに従っている世界の事です。ですから是は言葉では表せない世界です。「以心伝心」或いは「教外別伝」といって「教える事が出来ない教え」という言い方もできます。

お釈迦さまが人生の悩みを抱えて出家して、自我意識では解けない問題を、仏性と出会ってその悩みを解消した事にその源が在ります。自我意識は分別脳の別名です、分別は有限の別名です。有限は論理的に生きる事の限界を表しています。

今世界がその限界に来ている事がその思想として現れています。物事を論理的にだけ割り切ってゆく事には限界が在ります。これからは東洋の思想で世界が動き出すと思えます。世界の矛盾を、心の矛盾を左脳に在る自我意識の能力だけでは解消できないという事を、2,500年も前にお釈迦様は発見しています。
    • good
    • 0

西洋思想は、脳の思考ですから学校で習う事が出来ます。

しかし東洋思想は、脳の思考を否定してるので、学校では無理です。中国の老子は、脳の思考による人の知恵を否定し、無知をすすめています。仏教の釈迦は、脳を自我を否定し、人は無我になれば救われるといってます。だから脳の思考を休んで実践だけです。禅や日本の伝統文化など。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング