人気雑誌が読み放題♪

タイトルのままです。
読書をしない人は読書をする人に比べて愚かなのでしょうか?
読書をしない人の考えは浅はかなのでしょうか?
読書をしない人の意見は薄っぺらなのでしょうか?

私は読書が嫌いです。
「読書は良い事だ、読書はするべきだ」と、その時々に出会った人達に言われ続け、正直相当まいっています。
読書はしたくないですが、しないと人に認められないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

相当まいっているというのは読書をしないでもよいというあなたの考えを相手に伝えることが難しいからではないでしょうか。

少なくとも読書というものがどういうものかがわからなければできないことだと思います。またその人にとって読書というものがどういうものかも知らないとできないことだと思います。要するにあなたはほかの人がどんなことを大切にしているかにあまり関心がないのだろうと思います。あるいは相手を単なる道具としてみているということはないでしょうか。このことは自分のことも道具としてしか見ていないということになるようにも思います。他の人(相手)に認められた方が良いと考えておられるのだったら、読書に限らず、それがどういうものかを自分で確認する必要があるように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「相手にとって読書がどういうものか」「自分にとって読書がどういうものか」を知ってから初めて議論できるという事ですか?
kaitara1さんのご回答は少し気になります。
実は私は「貴方は他人に全く興味がないよね」と友人に言われた事があります。kaitara1さんの「あなたはほかの人がどんなことを大切にしているかにあまり関心がないのだろうと思います」という言葉がそれととても似ている気がして。
ですが、kaitara1さんがなぜ「あなたは~関心がないのだろう」と思ったのか、この文章だけだと私の頭ではよく分かりませんでした。残念です。

ご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/06/29 00:17

別に性格に合わないのであれば、読む必要はありません。


佐藤優という方がいらっしゃいます。その方は「文学はインテリと話す為の方便」とバッサリ斬ってまして、知識層の人と会話したい場合のツールとしての認識を持っているが、それ以上の意味は無いと言うような事を言っています。
本来であれば、政治の話しなんかは「どこそこの政党はこうした政策を掲げている」とか「消費税が何%になる」という情報や、それの基礎となる情報は新聞や本で得られるのですが、それはテレビ・ラジオ・インターネットで代用が効く時代になっているのです。
この為、無理に読む必要はありません。

但し、我々が生きていく為の必要な知識として、本当の基礎の基礎となるような人の経験、情報、知識というのは本の中にしか無い場合もあったりするので、これを読まざるを得ないケースが出てくるのですね。
普通に現代の生活で困難に直面した時に、
(1)真正面から当たっていって、トライ&エラーを繰り返して多大な労力を費やして「こういう方法で回避すればいいんだ」という自己の経験とするのか、
(2)本などに書いてあった過去の事例を元に、あっさり困難を回避したりあるいは解決したりするのか
という面で見たらあからさまに(2)の方がお得なワケです。
時にはちょっとしたロジックを使って、魔法のような解決を示す事もできるのですね。

ドラゴンクエストはプレイした事はありますか? 
私がこれに則して例えるなら、
(1)が、愚直に剣を振るう、魔法が使えない戦士
(2)が、戦士ほどじゃないがそこそこ戦えて、回復魔法とか補助魔法が使える賢者
になります。
戦闘力が200で魔法が使えない戦士と戦闘力が150だけれども回復魔法とか補助魔法が使える賢者のどちらを選びますか? 

もし自分の人生がスライムをバンバン倒して満足するだけであれば、本を読まなくてもいいです。本人の基本的資質、人間性には全く関係ありません。
ただ、物語の中盤まで足を運びたかかったり、自分の人生で大魔王を倒しに行ったり、石化してしまった自分の奥さんを助けに行ったりするにはそれなりの魔法を覚えなければならないでしょう。

かく言う私も読書嫌いだったのですが、ちょっと人生で冒険する必要が出てきたので、本を読んで(魔法を覚えて)いる最中なのです。
    • good
    • 5

 こんばんは。


読書が嫌いなら無理に読書をする必要は無いと思います。その気持ちにうそをついて読書をすると、確実に心が辛くなるでしょう。読書をしなくても生きていけます。
 実は読書には悪い点があります。それは『知りすぎるワナ』です。たとえば医学の本。ある本では水分はとるなと書いてあるのにある本には水分をたくさんとれと書いてある場合もあります。他にも本を読むことによって逆に混乱することが多々あります。
 ついでにもう一つ例をあげます。たとえば医学の本を丸ごと暗記するとします。するとどうなるか。おなかが痛い→盲腸? 腸炎? 腹部動脈瘤? 腹膜炎? ガン? などと余計な心配をしてしまってストレスがたまる場合すらあります。
 ですから読書万能主義には私は反対です。ある名言で『書を捨て町へ出ろ』とあるくらいですから。読書が嫌いというその気持ちを大事になさってください。陰ながらあなたの幸せを祈っています。
    • good
    • 3

読書しても、考えや意見が浅はかで薄っぺらな人はいくらでもいます。


本当は深くて複雑な意見を持っていても、浅くて薄っぺらな日本語にしか変換できない人もたくさんいます。
自分の考えや意見を、もっと深くて厚みのある言語表現へと肉づけしてくれるツールが、読書だと思います。
そのツールを活かす力は、読書以外の他の経験によって養われると思います。
    • good
    • 1

読書の価値はあらゆるところで述べられていますから、ここでは簡単に申し上げるに留めます。



 読書がお嫌いなのは、ある程度は読書をした上でのことでしょうか?また、読書をしないことの賢さと、読書することの愚かさを示さなければ、この比較は意味がないと考えます。

 必ずしも、読書をすることが賢いとは思いませんが、本は一つの物語やテーマを掘り下げていますので、書き手も読み手も、それだけ考察を深めることができます。読書をしないなら、それに優る価値を何で得られるか、加えて読書のデメリットを掲げるべきでしょうね。

 私の経験上では、読書しない人は、卑近な話題でしか盛り上がれない人が多いと感じます。読解力や文章力はもちろん、問題を整理する能力も、読書をすることにより身につきます。読書のしすぎで、本の内容がすべてのように思い込む、理屈っぽい人がいるのも事実ですけどね。

 というわけで、読書しないほうが賢いと聞いたこともないので、読書の効果が認められるならば、読書するほうが賢いと考えます。もし、相関しないと主張されるなら、読書について探究せねばなりませんね。
    • good
    • 2

読書をするということは二つの大きな意味があると私は思っています。



ひとつは、本に含まれる豊かな情報を自分のものにすることです。

もうひとつはそのひとの言語能力を高めるということです。
つまり、情報を吸収したり、考えたり、その考えを他人に伝えたり(思いを表現するということです)することが上手になるということです。前記の情報吸収のための読書力を高めるということで、読むたびに本の内容を早く、より深く、完璧に近く吸収できるようになることで効率がより高くなるということでしょう。沢山読むほど更に読書が楽しくなり、更に沢山読むようになるという普通の現象はこれで説明できます。

言語能力というのは他人と一緒に暮らしたり働いたりしなくてはならない普通の人間にとっては非常に重要なことです。更に、これは多くの高度な知的な職業(人の上に立つ仕事)の基本的能力に関係していますので、これがが高いほど一般に仕事が出来る人間になるとも考えられます。でも、今の総理大臣は(あそこまで行ったという意味では)非常に稀なへたれケースだといえますからお考えにならない方がいいです(哂)。

それらを前提にして質問者様の問いに答えてみます。

>読書をしない人は読書をする人に比べて愚かなのでしょうか?
それは一般的に言えると思います。「愚か」という言葉の意味もいろいろですが、読書量が多いひとはしないひとより知識が豊かです。また考える能力もより高く、発言する時もわかりやすい言葉で話すことが多く、いわゆるコミュニケーション能力が高いということがいえます。
>読書をしない人の考えは浅はかなのでしょうか?
それは一般的に言えると思います。「浅はか」という言葉の意味を「考えを(知識が少ないために、読書をよくするひとに比べて)深めることが出来ないということだと思います。
>読書をしない人の意見は薄っぺらなのでしょうか?
それは上記のことと殆ど同じですが、一般的にそういえると思います。

たしかに、上の読書の機能は、読書しなくてもある程度は身につきます。仲間や家族と話し合ったり、TVを見たりすることで、普通の社会生活が不便でない程度には出来るようになるものです。
フツーの生活が出来てフツーに人生を送り、一応幸せに一生を送るには読書など不要だということは一般的にいえます。
日本が世界の一流国として世界をリードしている国になっているのは、国民全員が字を読める、つまり読書が出来る、多数の国民が本が好きで活字に親しんでいるという他の国にとっては驚くべきことがひとつの原因なのだという説があります。すぐ自爆して町をめちゃくちゃにしたり、政治が混乱したり、内戦になったりということがない、非常に治安が良いということなどもこれらが関係しているというひともいます。
ただ、これから若いひとが本を読まなくなり、考えが浅はかになっていくと、日本の未来は暗くなるのではないか、そんな気もします。

>読書はしたくないですが、しないと人に認められないのでしょうか?
貴方がどういうふうに認められたいのかということがわかりませんので答えられませんが、一般的にいってそういうことはないと思います。でも未来の日本をこれまでのように高止まりで維持していくためには、やはり若い人の読書は必要だと私は思います。
    • good
    • 1

私なりに、ニュースで読書が取り上げられる理由を考えました。



まず、本というものは絵が入ったものも、活字だけのものもある。それを読んだり、眺めたりすることで見識が増える→人生における道具とヒントが増える。

本は他人の意見の塊である。他人の意見というものは時に受け入れ難いものであるが、私たちは社会の中にいて、日々他人と関わりながら生きている。他人の意見を自分なりに解釈し、咀嚼する事で、他人に対する理解、自分への理解が深まる。

つまり子供にとって、空気を読むことの勉強であったり、自分の世界を膨らませる手段である読書量が少なくなる→KYが増える(社会的モラルの欠如)、自己中心的になる、等の問題があるからではないでしょうか?

私は前の回答で、人間性と読書に関係はないとお答えしましたが、それには語弊がありました。うまく言えないのですが、読書をする、しないが人間性を決定するのではなく、あくまで読書は自分を鍛える為の手段の1つに過ぎない、ということを言いたかったのです。

ちょっと説明が難しい問題ですね。
    • good
    • 0

関係ないでしょう。


読書をする、しないで愚かかどうかが決まるのなら、こんなに楽なことはないですよ。
そんなもの関係なしに、愚かである人もそうでない人もいます。
ただ、本を読むことは他人の意見を聞き入れることでもあるので、意見の幅が広がる人もいます。でも所詮は自分が気づいて変わることだから、読書云々はきっかけにすぎません。
もっと他のことで、きっかけを得られる可能性の方が大きいですから。

人に認められるかどうかは、あなたの出す結果次第です。読書ををしているかどうかなんて、大した意味はないですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はい、その通りな気がします。
「読書をしているかどうかなんて、大した意味はないですよ。」という言葉にとても考えさせられました。
きっと、相手は私に読書をすすめているんじゃないんですね。
「今のままだと貴方を認められないから、手段として読書でもしたら?」と言っているんです…そんな気がします。
「読書をしない貴方を認めない」のではなくて「変わる手段として読書でもしたら?」と言っているのかもしれない。そうだとしたら、ただ単に相手の言い方がキツイだけなんですけど…。

ご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/07/06 00:26

そんなの、個人の勝手だ。


私はわりと読書する方ですが、愚かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、何をするのも個人の勝手ですね(人を困らせるような事はしてはいけないですけど)。
読書をしない事で、私は相手を困らせているのかな…なんて考えたりもするんです。心配をさせている…とは少し感じたりします。

ご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/07/06 00:17

「知識」という点ではもちろん本を読まない人と読む人では歴然と差が出ます。


 たとえば、本をたくさん読んでいる人はTVでのクイズ番組の問題の答えがほとんど分かります。もちろん年齢にもよりますが。
 質問さんはどうでしょう?ほとんど分かりますか?
で、間違いなく差が出るのは「知識量」くらいなものだと思いますね。

 知識を増やしたいのなら本を読むべきです。
そんなこと人生に何も役に立たないと思うのなら読まなくてもいいですよ。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもすっきりとしたご回答でした。
はい。きっと私と出会った人達は「もっと知識を得た方が良いよ」という事を言いたくて、「本を読め」と言っている様な気がしてきました。
持っているべき知識が私にはきっとあるんですね。
何だか、大変です。

ご回答、有難うございます。

お礼日時:2009/07/06 00:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読書しない人って多いのでしょうか。

読書しない人って多いのでしょうか。

新しく入った職場の飲み会で
「読書とかしたことあるの?」と聞かれて
「時間あれば小説とかいつも読んでます」と答えましたが
周囲はもの凄く驚いていました。

年に一冊読むか読まないかという人から
中には学生の時以来、読書したことがないという人も。
最近読まない人が多いんでしょうか。

恒久的な文化みたいなもんで、大抵の人には定着してるものだと思っていましたので
こちらが驚いている次第です。

Aベストアンサー

No.8です。
すみません、訂正。

逆でした。
そもそも日本語の本が分割型なんですよね。上巻・下巻とか、上・中・下とか。
だから翻訳本もその形式で出している、と。

しかし、活字離れってずっと言われていることだと思いますが・・・・・
でも昔から、読む人は読むし読まない人は読まなかった、という話もあります。

学校の図書室だとか、図書館なんて行かない人は全然行かないでしょう。
行くにしても「勉強する場所」としか考えてなさそうな人もいますし。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6219312.html

Q本好きと本嫌いの違いについて

私はかなりの本好きですが、逆に本を全く必要としていない人もいますよね。

自分の経験からすると、本好きと本嫌い(言い方悪くてすみません。読破できない、本にまったく関心がないなどです)には、根本的に生き方や物の考え方に違いがあるように思えます。
※どちらが良い、悪いという考えではありません。

みなさんの中で、そういった違いを感じるかたがいらっしゃいましたら、ぜひ聞かせてください。

また、それぞれの立場から、メリット・デメリットがあれば、それも教えてください。

Aベストアンサー

私はかなりの本好きです。 
しかし最近の風潮を見る限り少し考えが変わりました。  現在はアニメ、インターネット、映像と情報がてっとり早く入手可能となって来て本を必要だと感じるのが希薄な時代です。
活字離れが普通になり習慣化してきています。
このような時代に暮らしていると、読書がおっくうになるのは好き嫌いを超越した流れではないかと思うようになりました。

読書のメリットは思考力をたかめる、論理的に考えるようになる、意志を伝える語彙や構成力が豊富になるなど揚げられます。

本嫌いのデメリットをあげると忍耐、持続力が弱い、情報を簡単に信じる傾向が強い、短絡的思考に陥りやすい、表現力に弱いなど、揚げられましょう。

どちらにしても一長一短で人それぞれ、好きなように生きるしかありません。

Q「本をたくさん読みなさい」実行したいけど何から読んでいいのか分からない

私は集団で人と話すときはいいのですが、2人きりになってしまうと気のきいた会話もできず、知識が浅いなぁとつくづく感じてしまいます。
よく本を読む人は話が面白かったりするので憧れます。
わたしもたくさん読書をしよう!思うのですが、今まで全く本を読まない人生を歩んできたので本を読むといっても何を読んでいいのか分かりません。
よく「本をたくさん読みなさい」と聞きますが具体的にどんな本の事を指しているのでしょうか。
または、人間的に成長できそうなおすすめの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

読書って大切ですよね。
これまであまり読書をしてこなかった人って、やはり浅いです。
多くの活字に触れて自分の根幹を養ってください。

とりあえずジャンルにこだわらず、自分なりの読書目標を決めましょう。1週間に5冊読む!とか 一日一冊読む! とか 内容よりも、とにかくたくさん読む事が最初は大切です。自分で期間を設定して、300冊読むんだ!などと決めて取り掛かるといいでしょう。
とにかく最初は質より量。
価格の安い文庫本がお勧めです。
読書の習慣がついたら、次は古典文学をお勧めします。古典は更に人間が磨かれますから。
それから、シェークスピアとか読んでおくと、お芝居を観に行くのも楽しくなりますよ。

読書して自分が感動したり、感心したりしたものって、人に話したくなるから、自然とお喋りになってしまうのです。
友達と本の話題で愉しめるのってイイ事ですよね。

歳をとればとるほど知識や文学性がその人の魅力になるので、私も読み続けたいと思います。

Qどうして「読書をする人が減っている」事が問題になるのでしょうか?

どうして「読書をする人が減っている」事が問題になるのでしょうか?

某Q&Aサイトに「読書をしない人は読書をする人に比べて愚かなのでしょうか?」という質問がありました。それに対して次のような回答がありました。

人間性と読書は関係ないです。逆に読書のしすぎでダメになる人もいます。読書はすべきか否か。すべきです。他人の考えの塊を読み解くというのは、得になることです。ですが無理にすることはありません。人それぞれです。

この回答に対して質問者は次のように納得していました。

とても心にスーッと入ってくるご回答でした。きっと読書は万人がオススメする行為なんでしょうね。どうしてニュース等で「読書をする人が減っている」事が問題になるのでしょうか?人間性に関係ないのに。

質問者は回答に満足する一方で「読書をする人が減っている」事がどうして問題になるのかということについて疑問を呈しています。

読書をする人が減っていることは果たして誰にとって問題なのでしょうか。出版業界にとっては実に深刻な問題であることは明白ですが・・・

読書をする人が減っていることについて、作文や小論文の添削指導を長年行って来たという樋口裕一氏はその著書で次のように言っています。
  
  小学生から大学生までの「書く」「読む」ことの現場を見ていると、大変な危機感を覚えます。長文が読みきれない子、主語・述語の関係が理解できていない子は多数派ですし、大学生でも中学生レベルの漢字が書けない、社会人でもことわざや慣用句を知らないという例は枚挙にいとまがありません。
  
  なぜ、ここまで日本人の国語力が低下したのか。理由はただひとつ。本を読まなくなったからです。

              ( 引用 : 樋口裕一 著「『本を読む子』は必ず伸びる!」より )

どうして「読書をする人が減っている」事が問題になるのでしょうか?

某Q&Aサイトに「読書をしない人は読書をする人に比べて愚かなのでしょうか?」という質問がありました。それに対して次のような回答がありました。

人間性と読書は関係ないです。逆に読書のしすぎでダメになる人もいます。読書はすべきか否か。すべきです。他人の考えの塊を読み解くというのは、得になることです。ですが無理にすることはありません。人それぞれです。

この回答に対して質問者は次のように納得していました。

とても心...続きを読む

Aベストアンサー

>どうして「読書をする人が減っている」事が問題になるのでしょうか?

活字離れにより問題になること を考えてみましょうか。
1. 本屋さんが潰れる
2. 読書の影響で得られる知性 の不足が人間性や人生において悪影響となることがある

日本の文学を網羅する必要までないし、読書ばかりで知ばかりが頭でっかち、ウンチクや能書き、理屈ばかりで実践、本末転倒では意味がない、というのもまた確かではある。
が、文学を知らない世代が出て来ると、世代を超えた人同士で社会は構成されているが、本によって読書はいろんな自分の知らない時代の事柄も知ることが出来、世代を超えた共通話題も得られる、広い視野をもって人間づきあいできるし、あらゆる好影響を得た人々が多く形成された経験を長年経て、いつの時代にも読書が重視されて来た。

便利な社会や文化が発達し、読書が不足してくると、それに変わる別の物で知を得ているということもあるのだが、やはりマイナスに働くことも出てくることもまた、確か。
知識が薄くなり、人として考える力、や道徳、言葉の表現力、読解力、などが与えられている周囲の環境、人のみの世界に限られたものとなり、文章だけでイメージしたりの想像力も欠如してゆくため、世代超えたコミュニケーションが不可能になりやすかったり、正しい日本語が流行語や習慣により変動したものばかり、それが当たり前になっていったり、いろんな賢人や違う世界の人たちの考え方や表現に触れることもなくなり、考えない、脳を使わないということに繋がってゆくのかとも思います。
また、記憶力、創造する力他、昔の賢人たちの時代より恵まれているせいもあって、レベルが低かったり、発想力なども思いつかない ということがありますが、読書をたくさんしたからといって、そういう点で良くなるとは 言い切れないということもありますかね。
読書で知を得ることに夢中になるがあまり、理屈っぽくなったり、上から目線で何のために学んだのか、本質を追求、実践忘れて本末転倒してしまう頭でっかちな人なども存在するので、賛否両論?ということも確かです。

また知識のある人は、自己に有利になるよう、知識がない人がいれば好きにものごとを運ぶことが出来る、といったことから、悪知恵を働かせる者がいつの世にも居る物です。

文章を複雑に、たくさんの量にされると、読解力のない人は正しく要点を掴めず、不利になることがあったり、自己中な人は都合の良い様に意味を取り違えて理解すること、などもあります。
おそらく憲法にはじまり、契約に関わる文書、公的文書や手続き申請書など、日本のあらゆる文書がありますが、現代人から見ると辟易するくらいの文章、量だったりするものが数多く見られます。
ここから見ても、知らない人は損をする、という、昔の人たちの知恵で、あえて複雑にわかりにくくされていたのかも知れません。
だからこそ、読書をたくさんして活字に慣れ どんなに複雑で大量の文章にされていても、要点を短時間に掴み、正しく理解する、人の考え方や企みなどが、即座に読み取れる様に、という技も、人生生きて行く上で必ず必要となることだったので、読書のすすめ、はいつの時代にも重宝されたのだと思います。

>どうして「読書をする人が減っている」事が問題になるのでしょうか?

活字離れにより問題になること を考えてみましょうか。
1. 本屋さんが潰れる
2. 読書の影響で得られる知性 の不足が人間性や人生において悪影響となることがある

日本の文学を網羅する必要までないし、読書ばかりで知ばかりが頭でっかち、ウンチクや能書き、理屈ばかりで実践、本末転倒では意味がない、というのもまた確かではある。
が、文学を知らない世代が出て来ると、世代を超えた人同士で社会は構成されているが、本によって読書...続きを読む

Q本を読む人、読まない人、常識や教養で差が出ると思いますか?

もちろん、読書量だけで決まるものではないと思いますが、どのくらい影響すると思いますか?

知人に、良い大人なのに一般常識が無く、漢字も読めず語彙力も少なく、自分の意見を言う時もまるで小学生のような事しか言えない人が居ます。

その人は、子供の頃から今までほとんど本を読んでいなかったようなのですが、そういうのが影響しているのでしょうか?

Aベストアンサー

「本を読む」

1)語彙が豊かになる。
2)感情が豊かになる。
3)表現力が豊かになる。
4)構成力が豊かになる。
5)思考力が豊かになる。
6)etc,etc,etc

どのような本でも、著者は、「自分の考えを、正確に表現」しようとする。

正確な単語、表現(簡潔で、美しい表現)、感情表現、ストーリーの構成、
説得する構成、抽象的な概念をどのように表現するか。

最後まで読んでもらう工夫、親しみやすさ。

こういった著者の思いの結実が、本と言う形になっている、と考えます。

どんな本でも、読めば読むほど、新しい考え、表現、テクニックに
知らずに触れることになるので、人間形成に与える影響は大きくなる。

結果として、読書家とそうでない人とは、差異が発生する。
そして、恐らくは、自分と異なる考え方に対する「許容値」が
大きくなる。

Q一冊の本を読む時間について、

通常、約300ページくらいの本を何時間くらいで読んでおられるでしょうか。私は、約12時間くらい、かかっているのですが、遅いでしょうか。ある本に、約3時間と書いてありました。そんなに早く読んで、内容を理解できるものなのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。
関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。というか,斜め読みって感じですね。
反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。
ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっと気になる場面だけ読んで,改めて最初からじっくり読んだりもしますね。やはり,皆様が仰るように,本の内容と本への取り組み方で時間のかかり具合は違うようです。また,1つの本を読んでいるとき,以前に読んだ関連性のある本の内容を即座に思い出せるかどうかでも,理解力や読書時間はかなり変わってくるのではないでしょうか。
ちなみに,私が最近はまっているジャンルの本はドラマCDが出ており,読むときには頭の中で好きな声優さんをキャスティングして声を再生(?)しているので,結構,時間がかかるときもあります。これも一種の楽しみ方かしら(笑)

内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。
関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。というか,斜め読みって感じですね。
反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。
ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっ...続きを読む

Q活字中毒の娘(小6・一人っ子です)

小さい頃から本を読めと一度も言った事がないのに、異常に本が好きで、新約、旧約の聖書も読み終える子です。
朝起きた布団の中で、移動の車の中、時間と場所を選びません。食事中には新聞類も取り上げると、食卓に出ている調味料など食品のパッケージに表示されている品質表示を目で追っています。
マンガでも、ボロボロになるぐらい繰り返し読むので、内容全てを暗記してしまうほどです。それぐらい参考書を読んで欲しいと思う母です。
読書好きだと言うと、皆さん羨ましがられますが、うちの子は変です!
最近は、本を読むなと取り上げてしまったらパソコン三昧になってしまいました。
どうやって、時間と場所をわきまえて読書させれば良いのでしょう?
もう、本なんか読まないでと内心思っています。
同じようなお子さんをお持ちの親御さんいらっしゃいませんか??

Aベストアンサー

私もそういう子供でした。
朝から晩まで本漬けで、家にある活字を読み倒してました。
小学校に上がると、図書室をフル活用し、歴代の貸し出し記録に迫る勢いでした。
高校では、昼食代を削ってまで本を買ってました。

基本的に、本を読むのは知識欲ですので、禁止するのは可愛そうですね。
ただ、「度を過ぎている」というお気持ちはわかりますので、本を読む以外の楽しみを教えてあげてはいかがでしょうか?或いは、外で遊ぶ等 本を読めない行動をさせるとか?

読書は必ず本人にいい形で返って来るはずです。
あとは、いかに他の事とのバランスを取るかを注意されたほうがいいと思います。
ある程度、スケジュールを組むような気持ちで 一日の制限時間を決められてはいかがでしょうか?
読書の時間を決めて、その他は 夕方までは外で遊んだり、パソコン・TVを見たり等 管理できる範囲でいろんな事をさせてあげれば、と思います。

尚、私は今でも活字中毒ですが、本が趣味で困ったこと何かは全くありません。
むしろ、読まない人が気の毒だと思えるぐらいです。
こんな私でも、普通に会社勤めをしていますよ。
要はバランスだけだと思いますので、偏らない様 tomato36さんがいろいろな世界を教えてあげればいいかと。

私もそういう子供でした。
朝から晩まで本漬けで、家にある活字を読み倒してました。
小学校に上がると、図書室をフル活用し、歴代の貸し出し記録に迫る勢いでした。
高校では、昼食代を削ってまで本を買ってました。

基本的に、本を読むのは知識欲ですので、禁止するのは可愛そうですね。
ただ、「度を過ぎている」というお気持ちはわかりますので、本を読む以外の楽しみを教えてあげてはいかがでしょうか?或いは、外で遊ぶ等 本を読めない行動をさせるとか?

読書は必ず本人にいい形で返って来るはず...続きを読む

Q自宅以外で読書する快適場所はないですか?

自宅でも読書をしているのですが、
インターネットを開いてしまうと中々読書する時間がなくなります。
それで、外に出て環境を変えて車の中とかで読書するようになりました。
だけど、快適とはいえません。
何か良い読書空間はないでしょうか?
ヘミングウェイみたいに一ホテルに長期滞在して作品作りできたらいいなぁとか。
羨ましく思っています。
2週間ほど会社を休んでローカル列車に乗って旅をしながら、
買って読めないでいる本をたらふく読んでみたいです。
あと、こちらは田舎です。都会ではありません。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこかキレイな川の支流のザラ瀬。
木陰なら、なおよし。

その上にコット(キャンプ用の簡易ベッド)かディレクターズチェアを置いて、足先を水に浸けて読書。
傍らにはビール満載のクーラーBOX。
「風の博物誌」とかの自然の本がいいかな

至福の時間ですよ~。

あとは高い場所に立ってる灯台とか。

逆に雨の降る日にテントの中に篭ってるのも意外といいですよ?
なんか狭い所で安心できるんですね。
シトシトと雨が降って、時々バババと木の枝から落ちた水滴がテントを叩く音…

んーー、どうしても野外になってしまう。

ローカル列車っていいですね!
寝てしまいそうですがw
じゃ、無人駅の待合室とかいいですね。
できれば木造建築で。

いーなー2週間、読書って。

Q活字離れの問題点をご説明ください

調べてみても納得のいく説明が無かったので質問を投稿します . 活字離れの問題点と原因をご説明ください .

既に

・思考力や読解力が低下する
・携帯電話やネットの普及で活字離れが起きている
・知識力の低下

などの意見がありますが , これらの因果関係は立証できているのでしょうか .

Aベストアンサー

こんばんはです。活字離れの問題点と原因ですか、、、。難しいですが個人的な意見とかでもいいんですかネ?。残念ながら立証ができているかは知りませんけど、、、。

まず、既に意見されているという3点について。
・思考能力、読解力が低下する
これについては私も同意です。読解力なんてのは字のごとく読むことをしなければ力はつかないと思います。思考能力については判断が難しく考えることと活字離れを直接的に結びつけるのは正直私はどうかと思います。ただし、3番目にあげられた知識力の低下⇒物事を解決する選択肢の減少⇒思考力の低下と考えられなくもないので。

・携帯電話・ネットの普及により活字離れ
これについては不思議に思うコトがあり、今の世の中は誰もがHPを作成し、ブログを書き、掲示板に書き込みをします。動画サイトにはコメント打つ機能もありますし(笑)実は活字とはそれほど離れていないのではないかというのが私の印象です。しかし、今は活字を読む人も書く人も素人なのだなと思います。例えば10歳の少年が書いた文章を50歳のおじさんが読む時代なのかもしれません。(読む人が素人なのは一般人なので今も昔も変わらないのですが、、問題は書き手がプロではないという点)ようは現在のネットなどで触れている語学のレベルの問題なのかもしれないと思います。ただ、中には若くしてすばらしい文章を書く方ももちろんいらっしゃいますし、ネットの世界での独自の文化もあると思うので語学のレベルなどという尺度自体がおかしいのかもしれませんが、、、。

・知識力の低下
前述した項目と関連してあると思います。

では私の考える問題点ですが、これは単純に今まで生きてきた経験上の話です。ようは言葉の使いまわしが上手くなるかどうかだと思っています。やはり本をたくさん読むことにより、文章に書かれた空間での話のやりとりなどを擬似的に経験することができ、それを自分の実際の生活上で使えたりできるんじゃないかと。もちろん表現方法なども学ぶことができると思います。活字に触れないと自分の生活している空間だけの言葉しか存在しないので、表現の広がりが小さくなってしまう場合もある思います。
私自身、活字離れな人生を送ってきたような気がするので、むしろ自分自身の戒めのつもりで書いてしまいました(汗)

原因については、前述したように今の時代はアマチュアの方も世界中のあらゆる人に自分の文章を発表できます。しかし、これは受け取る側にはどれが良質な活字なのか判断しにくくなっているのではないかということです。良質な活字に出会わない⇒活字離れのようになってしまっている(?)というのが私の考えです。

まあ、素人が書いた文章なので、もっと専門的な方が回答してくださったときは素通りしてください。(笑)

こんばんはです。活字離れの問題点と原因ですか、、、。難しいですが個人的な意見とかでもいいんですかネ?。残念ながら立証ができているかは知りませんけど、、、。

まず、既に意見されているという3点について。
・思考能力、読解力が低下する
これについては私も同意です。読解力なんてのは字のごとく読むことをしなければ力はつかないと思います。思考能力については判断が難しく考えることと活字離れを直接的に結びつけるのは正直私はどうかと思います。ただし、3番目にあげられた知識力の低下⇒物事を...続きを読む

Q読書好きな私に敵対心?

馬鹿げた質問と思われてしまうかもしれませんが、相談にのって頂けるとうれしいです。現在20代後半(女)です。高校時代から仲の良い友人たちとは今も続いています。その中の1人のことなのですが、私は専門学校に進み就職しましたが昨年退職しました。今は就職先を探しつつ書店でアルバイト中です。一方彼女は大学を出て国家試験をとり立派な仕事についています。

言わば彼女とは正反対だと思います。私は外見は普通(むしろ悪い位;)、内向的、友達も少なくてよい、全くモテない、愛想もふれないので特に評判も良くもない(悪くもないと思いますが)とにかく地味~な女です。一方彼女(Aちゃんとします)は、スタイルも良く顔も可愛い、社交的、友達も多い、すごくモテる、愛想も良く、マナーも良いので評判が良い。とにかく、華やかな人だと思います。

昔からなのですが、私の唯一の趣味の読書を邪魔?するというか何かといちゃもんをつけてきます。ほって置けば良いと思うのですがチクチク言ってくるので、どう言い返せば良いのかもわかりません。

例えば、初対面の人が多い食事会(つまりコンパですね^^;)で趣味の話になることがありますよね。私は本当に読書しかないのでそう言うと中には「誰が好き?」と食いついてくれる人もいます。私が「○○とか」と答えるとAちゃんは聞き耳を立てていて「ああ、その人しか読まないもんね」とつけたします。そんなわけないのですが、なぜかそう言います。また、別の日に友人たちで遊んでいる時に好きな作家の発売日だったので、書店に立ち寄り買いました。すると中までついてきた(ついてこなくていいのに)Aちゃんが「買うの?誰に聞いたの?」と言います。考えすぎかもですが誰かの受け売りだろと決め付けられているような・・。

友人の中には同じく本好きな子がいますが、すでに結婚しているので本を買う余裕がないのもあり、たまに貸してといってきます。みんなの前で「あれ貸して」というので「いいよ~」というと必ずAちゃんは
「私も本好きだから貸して」と言います。貸すのはいいのですが、感想を言わないとか言っても「ん~私的にはいまいち」と言って返してきます。最初は信じていたのですが、だんだん読んでないのでは?と思い始めて「どの辺りがつまんなかった?」と聞いたら「うまく言えないけど」という調子です。その後は何度かみんなの前で貸してというものの後でこっそりと「ごめん、ちょっと浅すぎて結末だけいちお読んだ」と貸してきます。なんだそれ?と思うのですが、どう言っていいのやら・・と思っています。みんなの前で「読みますアピール」しているだけ?と穿った見方をしています。

私は少年マンガも好きで集めているのがあるのですが、そういうマンガはコンパの席などで大勢の前でわざわざ「○○ちゃん(私)これありがとう」と返してきて「○○ちゃんほんとマンガ好きだよね~私普段読まないから助かる♪」と言います。マンガも好きなので別に良いですがなんだかな~と思います。おまけになぜか私を「映画好き」にしようとします;嫌いじゃありませんが、ごくたま~に見る程度です。それなのに、「ほんと映画好きだよね~」とか人に「この子映画好きなの。私は本とか好きで読むけど・・」と紹介します。正直映画に何も詳しくないのですが。

今までから友人たちの前で特に本の話をしていたわけではないですが、うちに遊びにくると友人が借りて言ったりするので、自然と話題になることはあります。でも、最近はAちゃんのリアクションにイラッときてわざと本の話を避けています。Aちゃんは見下している私が「本好き」というのが気に入らないのでしょうか・・?でも私はAちゃんが本を買ったのを見たこともなければどんな作家が好きかもしりません。家にも本があるを見たことがありません。Aちゃんは自分は人気者なのだから私のことはほって置いていいと思うのですが。お恥ずかしい悩みですが、どのようなスタンスでいけばよいかアドバイスをお願いします。よろしくお願いいたします。

馬鹿げた質問と思われてしまうかもしれませんが、相談にのって頂けるとうれしいです。現在20代後半(女)です。高校時代から仲の良い友人たちとは今も続いています。その中の1人のことなのですが、私は専門学校に進み就職しましたが昨年退職しました。今は就職先を探しつつ書店でアルバイト中です。一方彼女は大学を出て国家試験をとり立派な仕事についています。

言わば彼女とは正反対だと思います。私は外見は普通(むしろ悪い位;)、内向的、友達も少なくてよい、全くモテない、愛想もふれないので特に評判...続きを読む

Aベストアンサー

私なら、縁を切ります。

気をつけることです。

そういう友人が一番「危ない」です。

人間って怖いですよ。

相手にしないことです。合コンも一緒に行くのは止めるべきです。


人気Q&Aランキング