出産前後の痔にはご注意!

車道外側線の内側は自転車が走行するためのスペースだと今まで思っていたのですが違うのですか?原付自転車やバイクは車道での都合が悪くなったときだけ車道外側線内に逃げて自分ら自転車の行く手を塞ぎます。これは道路法的にはどうなのでしょうか?難しくて自分にはよく分からなかったのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

先のお二方の回答は、路側帯のことを説明していらっしゃいますことから、歩道のない道路のケースと思われます。



先に、お二方の回答中の明確な誤りを指摘させて頂きますと、自転車は、路側帯を通行しても違反ではありません。(道交法第17条の2第1項)
路側帯を通行して歩行者の通行を妨げたりしたときに、はじめて違反となります。

ちなみに、歩道とは、縁石やガードレールなどによって車道と明確に仕切られた歩行者専用の部分のことをいいます。
また路側帯とは、歩道のない道路における、車道外側線の外側の部分をいいます。

以下、ご質問にお答えします。

■歩道のない道路の場合

自転車は、歩行者の通行を著しく妨げる恐れがある場合を除けば、先に書きましたとおり、路側帯を通行できます。(道交法第17条の2第1項)

しかし、原付やバイクは、路側帯を通行できません。(道交法第17条第1項)

もし、ご質問が、歩道のない道路でバイクが路側帯を走っている状況でしたら、そのバイクは違反になります。

■歩道のある道路の場合

一方、歩道が設けられてある道路では、車道外側線の外側(車道外側線と歩道との間、よく路肩とか言われる部分)は、道交法上は路側帯ではありません。

道交法上で、この部分について特に名前は付けられてはいませんが、ここでは「路肩」と呼ぶこととします。

路肩の通行について、自転車とバイクとでは特に差はありません。
ですので、路肩が自転車専用の部分というわけではありません。

車両の路肩通行の可否については、道路が1車線道路であるか2車線以上の道路であるかで変わってきます。

1車線道路の場合、路肩は、一般に、車道の一部と考えられております。
よって、自転車でもバイクでも通ることができます。
(車道ではないという判例もあります。)

2車線以上の道路の場合、車両(自転車も含まれます)は、車線内を走らなければいけませんので、バイクはもちろんのこと、自転車も路肩を走ることはできません。(現実離れしてますが・・・)(道交法20条1項)

■蛇足的情報

自転車やバイクが、例えば、前方を走っている自動車が赤信号で止まったときなどにおいて、そのまま真っ直ぐ走ってたら自動車にぶつかるからと、左側によけて、前方の自動車の左側をすり抜けるという行為をときどき目にしますが、これは、左側追い越しで、自転車であろうがバイクであろうが違法となります。(道交法第28条第1項)

一方、そのまままっすぐ走っても、前方の自転車にぶつからずに、その左側をすり抜けられる場合には、追い越しに該当しませんので、問題ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 17:37

二輪専用の車線もあります。


http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=35.8110 …

一般的に二輪はバイクのことであり自転車のことではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 17:36

>自転車が走行するためのスペースだと今まで思っていたのですが違うのですか?



違います。

質問文の意味が良く理解できませんが、質問者様が自転車で路側帯内を走行している時に路側帯の中に原付や自動二輪車が入って来て自転車(質問者様)の走行の邪魔をする事が有るのだけれど、このバイク達(免許が必要な二輪車)の行動(走行方法)は法律違反にならないのですか?、と言う意味でしょうか。

路側帯の中に入り込んで走行しているバイク(二輪車)は道路交通法に違反しているかどうかと聞かれれば、違反しています。

自転車は運転免許無しで運行(運転)出来る乗り物です、しかし、自転車は道路交通法及び道路運送車両法などの交通関係の法律の中では、原動機付自転車などと同じ「軽車両」なので、自転車も原付も自動二輪車も同じで路側帯の白線の内側(車道側)を走行しなくてはいけません。
(自転車もバイクも自動車も同じで、一分の区域を除いては全部車道を走る乗り物です)

要するに、自転車が路側帯を走行している時に、路側帯に入って来たバイクは違反ですが、それ以前の問題として路側帯の中を走っている自転車も違反である、と言う事です。
(時々白線の中に入ってくるバイクは「時々違反」、いつも白線の中を走行していた自転車(質問者様)は「常時違反」、になります)

重複しますが、法律上は自転車とバイクは同じ乗り物に分類されるので、ほぼ同じ法律が適用されるという事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 17:36

道路の端に引いてある白線の外側を路側帯と言い、歩道と同じ物です。


自転車は軽車両で車と同じ扱いになり、その白線の外側(路側帯)を走行することは出来ません。
ただし、道路標識などで自転車が歩道を走行する事が出来るところも有ります。
勿論、原付自転車やバイクなどがその部分(歩道)を走行することは道路交通違反になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q路側帯のすり抜けについて。

 路側帯のすり抜けについて今までいまいちわかりませんでした。

 どこからどこまでが合法なんでしょうか?。
 明らかに歩道として白いラインがひかれている路側帯もありますが、あそこもすり抜けていいのでしょうか?。

Aベストアンサー

失礼ながら、「路側帯」と「外側線」の区別が
ついていない方が多いように見受けられます。

路側帯とは、縁石等で歩道が独立していない場合に
車道と歩道を区別するために引かれているラインで、
線の内側=歩道です。
よって排気量等関係なく、通行してはいけない
場所です。

一方、独立した歩道がある場合に、車道の端の方に
白の実線で引かれているのは「外側線」といい、
路側帯とは全く異なるものです。単に車が通るべき
場所を示す目安のための標示で、走っても
違反ではありません。

私の場合、「外側線」と歩道の間をバイクで
走っていて左折車に巻き込まれました。
相手車両が「路側帯を走っていたバイクが悪い」と
主張してきたのですが、警察で調書を取った際に
「あれは路側帯ではなく、外側線です。
外側線の内側を走っても違反ではありませんよ」と
お巡りさんに言われたので間違いありません。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%D6%C6%BB%B3%B0%C2%A6%C0%FE?kid=64842

失礼ながら、「路側帯」と「外側線」の区別が
ついていない方が多いように見受けられます。

路側帯とは、縁石等で歩道が独立していない場合に
車道と歩道を区別するために引かれているラインで、
線の内側=歩道です。
よって排気量等関係なく、通行してはいけない
場所です。

一方、独立した歩道がある場合に、車道の端の方に
白の実線で引かれているのは「外側線」といい、
路側帯とは全く異なるものです。単に車が通るべき
場所を示す目安のための標示で、走っても
違反ではありません。

私...続きを読む

Q路肩と路側帯の違い

タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

Aベストアンサー

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q止まっているクルマの左横をバイクで走って前に出るのは違法?

バイクで走行時、前の信号が赤になりクルマが何台か止まりました。その左横をバイクで走って前に出る行為は違反ですか。郵便屋さんもバイク便も出前のカブもピザ屋もヤクルトおばさんもやっています。
私は普段、クルマを運転しますが信号待ちの時、横からバイクに抜かれても別に腹立ちません。横をバイクが通過するのは当然の事と思ってます。そんな事にいちいち腹をたてているクルマの運転者の方がよほどおかしいと思います。渋滞でも早く配達物を届けるのが
バイク便や出前の特権ではないでしょうか。
それに腹をたててバイク便や出前のバイクの走行妨害したらそれは犯罪ではないのでしょうか。業務用バイクに限らず一般のバイクでも同じだと思います。

Aベストアンサー

質問の点については、白バイ隊員の方に詳しく聞き込んだ経験があります。

それによると、「完全に停止している車両の横を、自動車通行帯からはみ出ることなく安全に通過できる範囲であるならば、違反とは認めない」という事でした。
つまりこの説明には、明確に2つの注意すべき点が存在し、
・どんなに徐行であっても、走行中の車の横をすり抜けるのは違反になります。また、
・すり抜け時に車道からはみ出してしまうと違反になります。
という事です。

(きっとライダーの大半はあまり深く考えずにすり抜けしていると思いますので)みんながやっているから皆同じ様に違反に当たらないとは言えず、逆にすり抜け行為の全てが違反に当たる訳でもなく、警察から見れば違反とみなされるすり抜けも違反に当たらないすり抜けもあるということでした。

対して、すり抜けされる側のドライバーの側にも同じことが言え、あまり深く知らずにバイクは車の横をすり抜けするものだと考えている人と、すり抜けしていくバイクは何となく(あるいは何が何でも)不愉快と考えている人に分かれていると思います。
もし、バイクへの嫌がらせ目的で走行妨害をする車がいれば、犯罪行為とまでは言えないとは思いますが、完全な迷惑行為にあたりますね。止めて欲しいものです。

僕は、それらを踏まえた上で、バイクや車を運転する際には、
「(違反に当たるかどうかはともかく)円滑で安全な交通が保たれている限りは、すり抜けも問題は無い」
と考えています。

ちなみに、赤信号で停止している車の横を安全にすり抜けしたとしても、停止線を越えてしまうのが違反に当たるのは当然ですが、停止線の手前に停止している車と停止線との間にバイクが入れるだけのスペースが在ったとしても、その間に割り込む形で、この車の進行を妨害する形に停止する行為も違反に当たるそうです。
これがNo.4の方の参考URLの中で紹介されている事(割り込み禁止)です。

質問の点については、白バイ隊員の方に詳しく聞き込んだ経験があります。

それによると、「完全に停止している車両の横を、自動車通行帯からはみ出ることなく安全に通過できる範囲であるならば、違反とは認めない」という事でした。
つまりこの説明には、明確に2つの注意すべき点が存在し、
・どんなに徐行であっても、走行中の車の横をすり抜けるのは違反になります。また、
・すり抜け時に車道からはみ出してしまうと違反になります。
という事です。

(きっとライダーの大半はあまり深く考えずにす...続きを読む

Q道路の端の白線の外は何の場所でしたっけ?

例えば、車道があって、外側に白線があって、更に外側に歩道があります。この歩道と車道の白線の間のスペースは、何のためのものでしたか? 自転車が走ってよいのでしょうか? それとも歩行者用歩道でしょうか? 歩行者は歩道があっても、ここを歩いてよいのでしょうか?

また、歩道がない道路では、車道の端に白線がある場合、この白線の外側のスペースは歩行者用でしょうか? 上記の歩道が明確にある道路と意味は違うのでしょうか?

車の免許を持っていながら、こんな基本的なこと聞くのは問題なんですが・・・。教えて下さい。m(_ _)m

Aベストアンサー

 やや追い回答になりますが、♯7さんが基本的には正解です。質問内容を「路側帯」と回答する例は、以前のこのサイトでもあるのですが、それを信じてはいけません。

道路交通法第2条第1項3の4
 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によって区画されたものをいう。

 歩道が設置してある場合の、歩道の内側に引いてある白線は、「車道外側線」と言います。道路はいろんな形状があるので、ある程度車が通る道筋を付けなければ、かえって通行しにくいので、そのスムースな通行を誘導するための白線です。また、歩道との距離を多少確保することで、歩行者の安全を確保するという意味合いもあるようです。

 では、この「歩道」と「車道外側線」の間の道路部分は、何になるのか…車道の一部です。これが主に問題となるのは、駐車違反の場合で、この部分が歩道か車道かで違反内容が異なるのです。これについては、「車道である」という判例が出ています。

 また、この部分を原付が通行できるかどうかという問題もありますが、車道である以上、原付が通行することは可能です。よく「この部分は原付は通れない」という人がいますが、これは、この部分を路側帯と勘違いしていることから生じる間違いです。

 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、歩道等を通行しなければなりません(道交法第10条第2項)。

 問題は自転車です。歩道を自転車が通行することについては、「自転車通行可」の歩道でなければダメです。では、路側帯は自転車は通行できないのか…。♯7さんは「できない」と回答されていますが、道交法第17条の2(軽車両の路側帯通行)には

軽車両は…著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によって区画されたものを除く)を通行することができる。

として、自転車の路側帯通行が可能な場合があることを明記しています。いずれにしても、この問題は、複雑な道路交通法の盲点ともいうべき問題です。

 やや追い回答になりますが、♯7さんが基本的には正解です。質問内容を「路側帯」と回答する例は、以前のこのサイトでもあるのですが、それを信じてはいけません。

道路交通法第2条第1項3の4
 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によって区画されたものをいう。

 歩道が設置してある場合の、歩道の内側に引いてある白線は、「車道外側線」と言います。道...続きを読む

Q原付での路肩走行は?

30キロ制限の原付で法定速度50キロとかの道路を走る時、車線の中だと他の車に迷惑ですよね?
で、路肩を走っても良いのでしょうか?

お聞きしたいのは以下の2点です。
原付で路肩を走るのは合法ですか?
(もし違法だというのなら)実際問題として原付で路肩を走って警察に捕まったり指導されたりするのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原チャリと車の両方乗っています。
法定速度50キロでも、原チャリは、30km/h迄です。

路側帯を走っている、バイクの「おまわりさん」も居ます。
先日もパトカーの横を通りましたが、何も言いませんでした。(止まりなさいと言われてキップかも・・・)

原チャリの路肩走行は、砂が溜っていて滑って危険ですよね。原チャリに乗っていると、すり抜けが嫌で幅寄せしてくる、
フェイントでウィンカーを出したりして来る車の運転手さんもいます。白線とタイヤの感覚を見ていると分かります。
車線を走れば、追い抜きの時に被せて来ると・・・「原チャリは、何処を走れば・・」の質問ならば、30km/hしか出せない、税金が安い隅を走れ!の回答が多いでしょうね。
車道を走っていて、車の後ろに付くと、その車は、抜かれまいと、右を走っていると右に、左に走っていると
左にフラフラと運転しています。

すり抜けをさせているのは、車の運転が原因と思いますが・・原チャリを運転していると。そんな運転する車の前に
行きたいですから・・。待ってろと言われても・・道路は、みんなの物。

歩道を自転車で走ると歩行者が邪魔。歩いていると自転車を危険と思う弱者が外では、弱いのです。
歩道通行自転車不の歩道で、路肩を走っていると、車は幅寄せしてきませんが、原チャリは、嫌がらせのように幅寄せがあります。
車の運転が・・・なのでしょう。

原チャリと車の両方乗っています。
法定速度50キロでも、原チャリは、30km/h迄です。

路側帯を走っている、バイクの「おまわりさん」も居ます。
先日もパトカーの横を通りましたが、何も言いませんでした。(止まりなさいと言われてキップかも・・・)

原チャリの路肩走行は、砂が溜っていて滑って危険ですよね。原チャリに乗っていると、すり抜けが嫌で幅寄せしてくる、
フェイントでウィンカーを出したりして来る車の運転手さんもいます。白線とタイヤの感覚を見ていると分かります。
車線を走れば、追...続きを読む

Q渋滞時バイクは車の左側をスイスイ

車の運転歴二十数年。で、最近原付スクーターに乗り始めた者です。道交法の詳細を忘れてしまっているので「法的なこと」を教えて下さい。
・渋滞で車が止まっている時、またはノロノロ渋滞時、バイクは車の左側をスイスイ走っていいんですよね?
・で、車の右側はだめなんですよね?

Aベストアンサー

 先程、交通部交通総務課の者に聞いて参りました。

 道路交通法第28条にある追い越しとは、自車が同一方向に進行中の車両に追いついた場合のことを想定して規定されたものであり、自車が停止中の車両の前に出ることは追い越し(または追い抜き)には該当しない。

 具体例として、信号待ち渋滞などの場合で、
赤信号のため、複数台の車両が列をなしている場合、
この車両が完全に停止している場合、その車両の列の横(左右とも)を通過して前に出る行為も、同じく追い越し(追い抜き)には該当しない。ということです。

 法、施行令、施行規則、道路交通交通規則、いずれにも反則とする根拠は見当たりません。これは、数人で確認した正式な回答ですので、間違いありません。

 注意として、信号が変わったりして車列が動き出した場合、側方間隔と速度、車列の右側も構わないが右側通行とならないように、ということでした。
(他の反則行為となります)

 以上、
ご了解頂けましたでしょうか。

Q原付の初歩的ルール

こんばんわ。
最近原付(50cc)に乗り始めたのですが、走行中にいろいろ悩むことがあります。

原付(50cc)は、基本的には一番左端の車線の左端を走行しなければならないと思うのですが、
2車線道路もしくは二段階右折を必要としない3車線以上の道路では、
右折時以外では真ん中や右の車線を走ってはいけないのでしょうか?

また、一番左端の車線の左端を走行中に右折したい場合は、
時機を見て右側に車線変更をして右折をすると思うのですが、
良い時機が訪れずに車線変更できない場合は右折はあきらめた方が良いのでしょうか?

それから、二段階右折の原則はUターン時には適用されるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・考え方
原付は原動機付き自転車ということで、軽車両の一部と考えると良いのではないでしょうか。(厳密には違いますが)

・原付の走行
原付は道路左端もしくは歩道と分離された道路で路側帯が広い場合(この広い路側帯は、軽車両および原付が走行するところ)はその路側帯内を走行しないといけません。

・原付の右折方法
片側1車線または2車線の道路で2段階右折の支持のない交差点は、道路中央部によって右折
片側2車線で2段階右折の指示がないまたは交通整理の行われていない交差点では道路中央部に寄って右折
片側2車線で2段階右折の指示または交通整理の行われている交差点では2段階右折
片側3車線以上の道路では基本的に交通整理が行われる交差点となるので、2段階右折が基本です。港湾道路など、特定の道路・極端に交通量の少ない片側3車線以上の道路では交通整理が行われない道路となるので、道路中央に寄って右折となります。
※交通整理が行われている交差点とは・・・
ここでは右折矢印が出る信号機が設置してある交差点を言います

・2段階右折での道路交通法違反
2段階右折が適用されない交差点で2段階右折を実施した場合は、その行為が安全確保に有効であっても交通違反となります。もちろん2段階右折が適用される交差点で2段階右折を実施しない場合も交通違反となります。

・右折行為による道路交通法違反
2段階右折が適用されない交差点で、道路中央部に早い段階から寄っていると交通違反となります。取り締まる側の主観になるので、加減は回答しかねます。節度ある範囲で道路中央に寄りましょう。

・道路左端以外の走行
原付は道路中央部やセンターライン近くを走っては道路交通法ではいけません。考えてみてください。原付は最高スピードが低く、車両が軽いため不安定です。そのような車両が自動車と同じ走行をすると、交通の阻害になったり交通事故の元になります。これは原付ドライバーを交通事故から守るための法規的処置です。

・右折行為ができない
2段階右折を必要としない交差点で交通量が多く道路中央部に寄れるタイミングがはかれない場合は、無理に右折しない方が事故に発展せず、他の手段を考慮した方が良いと思われます。もちろん2段階右折をしてはいけませんよ。道路交通法違反となります

・交差点でのUターン
2段階右折を適用される交差点では、原則Uターン禁止です。もちろん2段階右折が適用されない交差点(信号機のある交差点)でもUターン禁止です。ただし2段階右折を繰り返すことにより、結果的にUターンすることになった場合は何ら問題になりません。

以上長くなりましたが問題解決のためご容赦願います。

・考え方
原付は原動機付き自転車ということで、軽車両の一部と考えると良いのではないでしょうか。(厳密には違いますが)

・原付の走行
原付は道路左端もしくは歩道と分離された道路で路側帯が広い場合(この広い路側帯は、軽車両および原付が走行するところ)はその路側帯内を走行しないといけません。

・原付の右折方法
片側1車線または2車線の道路で2段階右折の支持のない交差点は、道路中央部によって右折
片側2車線で2段階右折の指示がないまたは交通整理の行われていない交差点では道路中...続きを読む

Qバイクは路肩や路側帯にはみ出て走行してもいいですか?

バイクは路肩や路側帯にはみ出て走行してもいいですか?
ちなみに路肩と路側帯はどう違うのでしょうか?
歩道がある場合とない場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

走行してはなりません。
また危険な行為でもあります。

私も若かりしころに経験がありますが、悪質なドライバーや周りが見えていないドライバーに幅寄せをされ、ミラーに接触し、転倒したこともあります。

道路上の落下物などが、風や雨、振動などで路肩などへ寄っていることも多いです。パンクすることも多いでしょう。

バイクに限らず、路肩を走る車も多いですよ。特に高速道路の出口などでは・・・。バイクも車も取締りの対象となるでしょう。
ただ、白バイ(緊急時ではない)が路肩や路側帯を走っているのを何度も見たことがありますがね。

Q原付の走り方について

原付がどの車線を走るかについて、質問です。
調べるほどいろいろな意見があるようで。

大通り等で左折専用レーン、直進車線、右折レーンとある場合、基本原付は一番左車線を通常走ると思うのですが、交差点で直進したい場合は、直進車線(3車線の真ん中)を走るのですか?それとも二段階右折のように左折専用レーンを直進するのですか?

Aベストアンサー

お早うございます、lolololol様。

この質問は、かなり難しい法解釈の問題のようですね。

私の見解としは、No.3様の回答が正しいと考えます。

さらりと考えると、自転車と同じに「左折レーンをそのまま直進して構わない」と受け取る人も多いと思います。

しかし、原付一種の交差点の二段階右折の定義を確認すると「原付が二段階右折を行う場合は左折専用の通行帯を直進する事」となっています。

自転車の場合は、直進する場合も二段階右折をする場合も左折専用レーンを直進できますが、原付一種の場合に左折専用レーンを直進できるのは「二段階右折を行う場合に限られる」と解釈できます。

その他の場合(直進や左折)については、原付一種であってもも本来の道路交通法の定義に従って標識や路面標示で指示された通行帯を走行する義務が発生しますので、ご質問のように「左折、直進、右折」の区分が有る交差点を直進する場合は原付一種であっても中央寄りの直進レーンに移動して直進をしなければ通行区分違反になると考えられます。
(原付一種が左折専用レーンを直進できるのは二段階右折をする時だけ)

ただし、原付が道路の左端から中央の直進レーンに移動するのはかなり危険なので、もっと交通の実情を踏まえて原付の通行方法に関する法律の見直しをするべきだと思います。

この質問に関しては、たぶん、お巡りさんも正しく理解できていない人が多いと思いますよ。

お早うございます、lolololol様。

この質問は、かなり難しい法解釈の問題のようですね。

私の見解としは、No.3様の回答が正しいと考えます。

さらりと考えると、自転車と同じに「左折レーンをそのまま直進して構わない」と受け取る人も多いと思います。

しかし、原付一種の交差点の二段階右折の定義を確認すると「原付が二段階右折を行う場合は左折専用の通行帯を直進する事」となっています。

自転車の場合は、直進する場合も二段階右折をする場合も左折専用レーンを直進できますが、原付一種の場合に左折専...続きを読む


人気Q&Aランキング