5/27 回答が連続投稿される不具合が発生しております

8月に式を控えている32歳の女性です。

先日、妊娠していることがわかりました。
現在4週目です。

彼はもちろん喜んでくれています。
が、心から喜べていない自分がいるのです。

理由は、
1、1年前に長年勤めていた会社を退職し、以前よりやりたかった技術を身につけるため専門学校に通っています。ちょうど、その技術を生かせる就職を探そうとしている時期なので、出産となるとそれができなくなってしまうということ。
2、結婚したあとは、少し2人の時間をもちたかった。
3、母親になるという覚悟ができていない。

どれもこれも自分勝手でわがままな理由ということはわかっています。
子供はいずれは欲しいのですが、今ではないのです。
年齢のこともありますし、今、仮に中絶して今後妊娠できなくなると考えるとやっぱり生むべきなのかと考えます。
でもこんな考えのまま生む自分のこともすごく嫌になります。

彼には、自分の考えすべて打ち明けています。
どっちを選択するにしても、支えると言ってくれています。

自分で考えていても、堂々巡りになってしまい、考えがまとまりません。
どなた様がどうぞご助言お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

あなたが一番欲しいものはなんですか?



結婚する彼なのか?
彼との子供なのか?
自分のキャリアなのか?

あくまで私の考え方ですが
仕事のできる人間は、例えどんな状況でも、どんな雇用形態でも、どんな仕事でもこなします
結婚してもすぐに子供が産まれるわけではありません
お腹の大きい期間は逆に妊娠していない時よりも二人の時間は増えると思います
母親になるという覚悟が、今後出てくる保証はありません
母親になろうと思ってなれるかというとそうでないこともあります

相手の方はどちらを選択しても受け入れると言っているのですよね?
結納されているのであれば、なおさら安心です

私は少し他の方とは考え方が違います
感情論で「殺人」をいう言葉を使うのは不適切ではないかと思います
中絶=殺人ということを明記している法律はないですし、実際、供養だってなんだって、その事実からはっきりいって商売です
それは本人が中絶というものに対してどう考えるかだと思います

私が思うに、女性は自分が思っている以上に強いものではないかと。
子育てをしながら仕事をこなすママは、子供にとって一番かっこいい存在ですよ
目指してみてはどうですか?
    • good
    • 0

生まれてくる子供がこの親に育てられる悲惨を思うと、中絶もやむをえないのではないか。

    • good
    • 0

厳しい意見です。


質問者さんが言うように自分勝手だと思います。
30もすぎてバースコントロールもできないなんて理性のある
大人とは思えない。
私には子供はおりませんが、私のように子供を望んでもできない
人からみれば、我が儘のなにものでもない。
友達には流産経験者もいます。そんな痛みが分かりますか?
犯罪によって妊娠したのなら望まない妊娠とわかりますが、
好きな人と結ばれた妊娠なら質問者さんが望んだ事でしょう。
それを今更、技術をいかせる就職ですか。結婚も控えているのに
それはおかしいでしょう。若くして結婚なら就職も「まだ子供は
考えていないので」ということで会社にも理解してもらえますが
これから結婚も控えてますっていう人間を会社はとりますか?
私は20代で結婚して何度か仕事を探し面接に行ってますが、
聞かれることは「妊娠の予定は?」でした。そして大体が
「妊娠したら報告して下さい」です。意味がわかりますか?
これは遠回しに離職の時期を報告しろという意味ですよ。
とにかく妊娠は皮膚表面にできるイボとかタコとはワケが違う。
命があるものです。それをおろしてしまうのは、命を絶つって事。
たとえお腹の中の命でも、既にあなたとは別の生命体。
別の生命体を絶つのは殺人です。あなたは自分蒔いた種なのに、
欲望のために人殺しになるか、否かと叫んでいるのと同じ。
だいたいの人は「人殺しします」と言われれば「止めなさい」と
言うでしょう。
あなたの学んできた技術は子育て後には活かせないもので
あるのなら、どうぞ御勝手に。
    • good
    • 0

はじめまして。

8歳と2歳の子供をもつ者です。たいへんおつらい時期だと思います。ただ、理由で挙げられた1と2が、本当に子どもをもつことによって実現不可能になるのかどうか、もう少し考えられてはいかがでしょうか。私たちも妊娠当初は悩みましたが、市役所へ行き、色々なサポート(自治体によって異なります)が受けられることを知り、勇気づけられました。働きながら子どもを育てる(もちろん若干のタイムロスは生じるでしょうが)、ときには人に預けて二人だけの時間をもつ、そういうこともできます。逆にいえば、yah1212さんは、親になることを少し堅苦しく考えすぎているのではないでしょうか。yah1212さんの真面目さが、3の形になって表れているようにも思います。もう少し肩の力を抜かれれば、二者択一ではない色々な可能性が開けてきます。
    • good
    • 0

計画通りに赤ちゃんを授かれれば、すごく都合がいいですよね。


誰でも望んでいると思います。
でも、子供はモノではないので、そんなに都合よくいきません。

もうちょっとあとで、これが済んでから、 と言っていると
もう妊娠しないかもしれませんよ?
また、高齢になればなるほどいろんなリスクも増えてきます。

「もしかしたらこれが子供を授かる最後のチャンスかもしれない」
ということも考えてくださいね。
    • good
    • 0

今もし中絶したら、結婚そのものがだめになってしまうかもしれないですよ。


婚約者さんの立場で考えると、未来の妻が勝手な理由で自分の子を殺してしまったら、その後も以前と変わらず愛し続けていけるかどうか…。
これがもし逆だったらどうでしょうか、質問者様は子供ができて喜んでいて、婚約者が「まだやりたいことがあるし二人で過ごす時間が欲しいし、父親になる覚悟もないからおろして」と頼んだのだったら。
相手がどう感じるか、わかりますよね。

それに、今の年齢。
32歳なら、これまでの人生充分楽しんできたでしょう?
なのにまだ、新しい命を犠牲にしてまで楽しみたいんですか?
私は27歳で産みました、やりたいことはあったけれど、子供の命を犠牲にしてまで自分の欲求を優先したいとは思わなかったな…。
あと数年で、産みたくても産めなくなる時が来るのに。悠長すぎるし、自分を優先しすぎじゃないですか?
今回の妊娠だって、避妊を怠って楽しむだけ楽しんだ結果でしょう。
いい年した大人なんだから、分別を持ちましょうよ。
22歳の小娘ならともかく、32歳でしょ?

もし今回中絶を選択するのであれば、不妊手術を受けて二度と妊娠しないようにすべきと思います。
32歳にもなって母親になる覚悟ができないようなら、この先も成長は見込めません。成長できたとしてもその頃には妊娠能力がなくなっているでしょうから、妊娠機能は無用の長物です。

妊婦さんに厳しいことを書いてしまいましたが、率直な意見です。
私と同様の感じ方をする人も世間には少なくないと思いますし、中絶を選択したらいずれはそのような人の目を味わうことになるのです。
そのことも考慮の上で、決断するといいと思います。
    • good
    • 0

yah1212さんが悩むお気持はすごく分かります。


夢に向かって努力され、大切な方とも結婚されるということで
これから先のことに対していろいろな思いがあると思います。
最後に決断するのは、yah1212さん自身です。

ですが、yah1212さんのお腹に宿っているのは『命』だということを忘れないで下さい。
まだ生まれていなくても、立派な命なんです。
yah1212さんは妊娠4週とのことですが、この時期は赤ちゃんが脳や心臓を作り始め、心臓が動き出す時期です。
赤ちゃんは生まれるために、着々と準備を進めています。

私には中絶の苦しさは分かりませんが、姉が中絶を経験しています。
もちろん体への負担も大きいですし(痛みだけでなく、姉は術後麻酔の影響で歩けませんでした)
何より、本人にはお腹の子を守れなかった悔しさが一番大きいようです…。
身内である私自身も、姉の中絶のことは一生忘れられないと思います。
体にも心にも大きな傷が残りますし、周りの人間にも忘れることが出来ないものです。
何より、ご存じかもしれませんが、手術をしてしまえば
お腹の赤ちゃんの扱いは産業廃棄物です。
それだけは忘れないで下さい。
    • good
    • 0

6歳の娘と3歳の息子の父です。


婚前に妻が中絶しています。娘は結婚してからすぐに生まれたので、二人きりの時間はありませんでした。男性視点ですが、感じる事を書かせて頂きます。

1.生んでプラスになる事
生んで後悔はしないでしょう。私は子供が生まれるまでは、仕事一筋で何よりも自分の夢とキャリアが大事でしたが、今は夢もキャリアもすべて含め、自分のすべてより子供の方が大切です。子供はそれまでの私の人生になかった大きな幸福をくれました。

2.生んでマイナスになる事
子供が生まれると二人の時間はほぼ無くなります。子供が寝てからも、子供の話題ばかりで夫婦は男と女の関係から、父親と母親の関係になります。親にあずけて夫婦で出掛けても、子供が泣いていないか心配で楽しめません。
あと、子供が出来ると非常に保守的になります。私は以前は内戦の国や治安の悪い国を一人で旅して何度か銃を向けられ殺されるかと思いましたが、「殺せるものなら殺してみろ」と思っていました。今は海外出張で飛行機がちょっと揺れるだけで「今、死ぬわけにはいかない。せめて子供が父親を覚えていられる歳になるまでは生きなければ。」と必死にシートベルトをきつくしています。

3.中絶について
夜、布団の中で、中絶した子供がもし生まれていたら、どんな子供だったのだろう、どんな人生だったのだろうと考えてしまいます。たぶん一生忘れられません。
    • good
    • 0

生まれてくる子供が可哀想なので・・・・

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング