今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

COLUMBIA GP-3 レコードプレーヤーを逆回転に改造したいのですが、
メカに詳しくないので、配線とかどれを組みかえたらとか、
分からないのですが、
レコードプレーヤーを修理・改造してくれるお店や業者ってあるんでしょうか?

東京、千葉であるといいんですが。。。

詳しい方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.4 です!


お盆で実家に帰りアナログプレーヤーを発見!
やってみました!実験!
ちゃんとうまくいきました!

使用機材 
レコードプレーヤー パイオニア PL-1100 (1975年製のDD、カートリッジは付属品)
スペーサー SEKISUI の ガムテープ ほとんど芯のみの状態
おもし どんぶり 台所から借用

以上

針圧は、-1.5g にして、インサイドフォースキャンセラは、0g にしました。カートリッジのリード線の接続は変更なし(よーく考えるとレコードの音溝に対して反転して再生するので、左右は、これで正しいかと、位相は逆かも知れませんが、まあ実験なので細かい事は気にせず)
回転中のレコードに針を乗せるのは、むずかしそうだったので、止めた状態で乗せ、その後レコードを回しました。出てきた音は、もちろん逆回転の音でした。
写真も撮りましたが、HCSDを読めるリーダーが無いため、アップは、後日します。
「レコードプレーヤー改造」の回答画像6
    • good
    • 0

おなじ直径のターンテーブルを用意して、ドライブ用のターンテーブルから再生用のターンテーブルに8の字状にベルトをかければ逆回転のターンテーブルができます。


ドライブ用ターンテーブルを左側、レコードを載せるターンテーブルを右側において、8字にベルトをクロス掛けし、左側のドライブ用のターンテーブルのアームで右側のレコードをかければ針先を傷める心配もなくなります。
二連奏正逆再生型レコードプレーヤーの出来上がりです。
    • good
    • 0

発想の転換をしてみましょう!


まずヘッドシェルとカートリッジをつなぐ線をクロス接続にします。
トーンアームにヘッドシェルを逆さまに取り付けます。
ターンテーブルからレコードを5cmくらいスペーサーで浮かせて乗せ、上からオモシを乗せます。
針圧を -2gくらいにしてレコードの裏側から、そっと乗せ?ます。
今、思いついた無責任な方法なので、もちろんやった事はありません。

さて、リアルタイムで無くて良くて、逆回転の音声が欲しいというだけなら・・・
音声加工ソフトのサウンドエンジンでも可能です。
参考URLからインストしてください。フリーソフトです。
音声の逆回転したい部分(もちろん全体でもオケ)を指定したら、編集→リバースで音質の劣化も無く変換できます。

参考URL:http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/so …
「レコードプレーヤー改造」の回答画像4
    • good
    • 0

まず、レコードを逆回転させる意味は?


(よく都市伝説に出てくるような意味不明の声とか聞きたいの?笑)

普通、どのレコードプレーヤーのモーターもその構造上から逆回転は不可能かと思われます。
で、方法が無いわけではないけれど・・・

用意するもの
・使っていない、もしくは壊れた(中古)のレコードプレーヤー(最もポピュラーな30センチターンテーブルのベルトドライブ式がよい)
・低速DCモーター(パーツ屋で中古品を探す。但し±を変えてもどちらの方向にも回転するタイプ)と駆動用電池(または専用ACアダプター)
・プーリー(モーター軸に装着。径の小さい方がよい)
・ゴムベルト(直径35センチ~40センチ位)
・ボリューム(500Ω~1KΩ位のものでA型カーブ)
・ストロボスコープ盤(33と45回転がそれぞれ50、60Hzで表示されている円盤で薄いアルミ製。昔、レコード屋さんで数百円で売っていたけれど。パーツ屋さんで探せばあるかも?)

作り方
(1)プレーヤー本来の駆動ベルトを外し、ターンテーブルが自由に空回りする状態にしておく。(当然、プレーヤーのモーターは使いません)
(2)DCモーターを何らかの方法(例えばホームセンター等で丁度良い取り付け金具やネジ類を探す)でターンテーブルのそばに(アームの邪魔にならない部分)軸がくるように固定する。
(3)軸に取り付けたプーリーとターンテーブル外周にゴムベルトをかける(つまり、即席のベルトドライブ!)
(4)電池とモーター間にボリュームを配線(ボリュームの端子は3本のうち、しぼり切った左側と中点を使用)
(5)ターンテーブルの軸にストロボスコープをはめ、蛍光灯の光に当ててDCモーターを回転させボリュームで縞模様が止まるように調整する。
(この時、逆回転するように電池の向きを変える)
(6)あとはアームにカートリッジ(出来るだけ針先がタフな安物を使用)を装着し、レコード盤を乗せ内周に針先を置く。(ここで通常通り外周に置かぬ事。逆回転してるのをくれぐれもお忘れなく!笑)

さーて、一体どんな音(声)が聞こえてくるかお楽しみ・・・!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
詳しい説明、ありがとうございます。
なるほど。試してみます。

お礼日時:2009/08/05 02:46

このプレーヤを分解してモータ部を良く見ませんと断定できませんが、


多分〔隈取式モータ〕を使用していると思います。
この〔隈取式モータ〕は、固定子(磁極)の一部に〔隈取コイル〕を設けて
回転力を発生させています。このため、回転方向が一方向のみとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー。ありがとうございます。
では、GP-3ではないふつうのプレーヤーであれば
大丈夫なんでしょうか。

お礼日時:2009/08/03 13:24

針が折れて再生できなくなるけどいいですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
カートリッジも逆につけるというのはダメなんでしょうか?

お礼日時:2009/08/03 13:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレコードの針が生産終了していました。

先日、中古でコロムビア製のGP―3というレコードプレーヤーを購入しました。
(10年程前に、生産終了しています。)
専用の交換針を購入しようと、調べてみたところ、
残念なことに、去年で、生産終了してしまっていました。
今のところ、Amazonなどで在庫がなくなるまでは購入出来るのですが、
いずれ、聴けなくなってしまうと思うと、気軽に動かしたり出来ないです。

中古などで売られているような安くて、古いプレーヤー=すでに針は生産していないもの、
いずれは、聴けなくなってしまうものなんだと、思っていたほうがいいですか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

ポータブルプレーヤーですね?
かなり長い期間販売され、一部の情報では最後まで国内生産だったとか、、、

針先の専業メーカーかららは、交換用の互換針が出ていたりします。
http://www.communet.co.jp/shop/nagaoka/index2.html
http://www.apis-jp.com/needle/columbia/SJN-71.html
http://shop.jico.co.jp/products/?maker_id=8

針先のチップは基本的に宝石加工メーカーが、さらに多くの場合はサスペンション系の組み立てまでを行ない、各メーカーやブランドへの鵜入、というのが一般的です。

世界中の有名カートリッジも、かなりの割合で日本の精密加工メーカー製が用いられていたりしますよ。

企業間の納品では、一般的にかなりの数をまとめたロット単位になるので、充分な需要が見込めない場合、採算の事を考えますと大量発注を出来なく成るのです。しかし、パーツメーカー側は納品時の低価格では対応出来ないが、少々割高ならば小ロットの組み立て、および在庫などを行なってくれます。

互換品の中には、とりあえず使える、という程度の物から、本来のメーカーで販売していた物と遜色無い、あるいは最新技術でより進化した物、なども在るのです。
(互換針でも、数種類存在する、なんて言うのが、わりとこのケース。)

純氏ブランド品じゃない、というお気持ちは察しますが、摩耗したり片減りをした針先でレコード盤を炒めるよりは、よっぽどマシです。

なお、本格的なプレーヤーで、ユニバーサル型トーンアームを採用した物であれば、いろいろなカートリッジを付け替える事が出来ます。
一体型の簡素な造りの場合は、専用消耗部品が無くなると、基本的には利用出来なく成ります。

どのように使って行くかは、ご自身の判断ですが、在る程度割り切って楽しんだ方が良いと思いますヨ♪

はじめまして♪

ポータブルプレーヤーですね?
かなり長い期間販売され、一部の情報では最後まで国内生産だったとか、、、

針先の専業メーカーかららは、交換用の互換針が出ていたりします。
http://www.communet.co.jp/shop/nagaoka/index2.html
http://www.apis-jp.com/needle/columbia/SJN-71.html
http://shop.jico.co.jp/products/?maker_id=8

針先のチップは基本的に宝石加工メーカーが、さらに多くの場合はサスペンション系の組み立てまでを行ない、各メーカーやブランドへの鵜入、というのが一般的です...続きを読む

Qアナログプレーヤーのカートリッジについて

アナログプレーヤーを購入しようと思っています。今まではコロムビアのGP-3というポータブルのをアンプに繋いで使用していました。正直なところ雑音が多くCDのほうが音がいいくらいな感じです。今まではレコードをそれほど聴くことも少なかったので我慢していたのですが、だんだん耳が肥えてきたことや、ひょんなきっかけでレコードを新たに入手したために新しくレコードプレーヤーを購入しようと思っています。アンプはdenonのUPA-F88というけっこう前から使っているもので高級なものではありませんが、一応PHONO端子はついています。(現在はアンプ内蔵のプレーヤーのためやむなくAUXを使っているのですが)
 他の質問を見てある程度のものを買わなければレコードで再生する価値が感じられないということがわかりました。ただ、予算をかけることがあまりできないため、オークションで中古を探すつもりでいます。テクニクスのSL-1200MK5を購入しようと思っていたのですが、程度のよさそうなものがあればDENON DP-55M、Pioneer PL-50LIIなどの古いものでも音がよければそちらでもいい気がしてきました。そこで質問なのですが、古いものを購入した場合、カートリッジは現在のものが使えるのですか?プレーヤーに対して使えるカートリッジは限られてくるのでしょうか?というか実は、針とカートリッジの違いもよくわかっていないのでそのあたりも詳しく教えていただきたいです。針を交換する際にはカートリッジごと換えるものなんでしょうか?
 初歩的な質問ですがご存じの方よろしくお願いします。また、お勧めのプレーヤーがあれば併せて教えていただけるとうれしいです。

アナログプレーヤーを購入しようと思っています。今まではコロムビアのGP-3というポータブルのをアンプに繋いで使用していました。正直なところ雑音が多くCDのほうが音がいいくらいな感じです。今まではレコードをそれほど聴くことも少なかったので我慢していたのですが、だんだん耳が肥えてきたことや、ひょんなきっかけでレコードを新たに入手したために新しくレコードプレーヤーを購入しようと思っています。アンプはdenonのUPA-F88というけっこう前から使っているもので高級なものではありませんが、一応PHONO...続きを読む

Aベストアンサー

回答です。
1)、> カートリッジは現在のものが使えるのですか?
 答え:無理です。
2)、> プレーヤーに対して使えるカートリッジは限られてくるのでしょうか?
 答え:限られている・・・ただし、
3)、> 針とカートリッジの違いも・・・
 答え:タイブにより(クリスタル型・MM型・MC型等)で「針」の意味が少し違ってきます。
4)、> 針を交換する際にはカートリッジごと換えるものなんでしょうか?
 答え:ケースバイケースです。
1)の回答
お使いのコロンビア/GP-3を検索してみました。
これは、レコードを大切にする愛好家の使うモノではありません。何故なら・・・
http://www.audiosharing.com/people/segawa/technic/technic_12_1.htm
↓は、↑のURLの一番下の方の文章のからのコピペです。
--------------------------------------
だいたい4~5グラムを越えると、針先がレコードの溝にめりこんで、
一時的に、やわらかな溝を変形させてしまいます。この種の変形は、
弾性変形といって、時間がたてば復元する性質のものですが、
もっと針圧を重くしてゆくと、塑性変形といって、
完全に溝の形が破壊される状態になります。
---------------------------------------
そして、こういうタイプの、10g以上もある針圧(レコードにかかる針の重さ)の針
(一般的にはカートリッジとは呼びません)は、トーンアーム(以下アーム)と
一体型の為ピックアップと呼ばれ、デノンの500MやテクニクスのSL1200のような、
ユニバーサル型アーム(★)を装備したレコードプレーヤーには取り付けられません。

★ユニバーサル型アームとは、一般的なカートリッジに対応した規格で作られた
 アームで、値段的に、4-5万円位から10万円程度の価格のプレーヤーに装備されている。
 この規格の元は、英国SME社のアーム3009/3012で、シェルを介してカートリッジを
 取り付ける為に、使用可能なカートリッジの(重さ、針圧、形状など)対応幅が広く
 日本のメーカーのほとんどが追従した為に、標準の規格となっていて、その規格を
 採用したアームをユニバーサル型アームと呼んでいます。

2)の回答
一応、プレーヤーに対して、使えるカートリッジの種類は限られてきます。
厳密に言えば、プレーヤーではなく、上に書いた、搭載されているトーンアームによって
使える種類のカートリッジの重さ、針圧が決まってくるのです。
その為、ユニバーサル型アームを装備しているプレーヤーなら、一部の例外を除いて
大抵(9割くらいかな?)のカートリッジは使えると言えます。
ただし、高級なMC型のカートリッジは、例外に含まれる場合が多くあります。

3)の回答
針は、厳密に言えば、針先のチップ(人工ダイヤ)とそれを支える針状の部分の事をさしますが、
カートリッジの形式(クリスタル型・MM型・MC型など)によって、少しづつ違っています。

a)クリスタル型(今お使いのタイプです。)は、基本の針先のチップとそれを支える針状の部分それに
 ねじ止めの為の固定する部分のことをさして「針」と云います。1000円くらいで買えます

b)MM型(ムービング・マグネット型)は、針交換が可能なタイプで、
 上記の“針先のチップ(人工ダイヤ)とそれを支える針状の部分”に加えて
 カートリッジのボディに装着する為のプラスティックの土台部分をもっているのが普通です。
 このプラスティックの土台部分を掴んで、使用者が簡単に針交換をすることが出来ます。

c)MC型(ムービングコイル型)は、高額商品に多く、(一部例外を除き)針交換が出来ません。
 このタイプは、針先の部分とカートリッジのボディ自体が一体化された構造の為、
 素人では針交換が出来ません、針交換は、大抵の場合、メーカーに送っての新品交換になります。
 この為か、カートリッジ自体を「針」と呼ぶこともあります。(それだけではないですけど・・・)

4)の回答
上記のカートリッジの種類によって違います。
クリスタル型とMM型は、針を交換します。対してMC型は、カートリッジごとの交換になります。

お礼の中に有った質問ですが・・・
> 本体(アーム?)とシェルには互換性はあるのでしょうか?

あります・・・ただし、プレーヤーが特殊な専用シェルでもない場合ですが・・・
4万円以上の定価の大抵の(ユニバーサルアームを装備した)国産プレーヤーは
シェルとアームに互換性をもたせています。

> 最優先していることはコストパフォーマンス

なら、知識をしいれることしかないです、知識がなければお金を出さなければ成りません、
どちらもケチると、ろくな事になりません。

現行のテクニクスやデノンのプレーヤーなら、好みのデザインで選んでも大差ないと思いますが、
私はオーソドックスな、デノンのDP-M500をお薦めして置きます。カートリッジ付きですし、
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%8E%E3%83%B3-DP-500M-DENON-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC-%E6%9C%A8%E7%9B%AE/dp/B0000C908N/ref=sr_1_22?ie=UTF8&s=electronics&qid=1228813660&sr=1-22
長くなりました、参考になりましたら幸いです。

回答です。
1)、> カートリッジは現在のものが使えるのですか?
 答え:無理です。
2)、> プレーヤーに対して使えるカートリッジは限られてくるのでしょうか?
 答え:限られている・・・ただし、
3)、> 針とカートリッジの違いも・・・
 答え:タイブにより(クリスタル型・MM型・MC型等)で「針」の意味が少し違ってきます。
4)、> 針を交換する際にはカートリッジごと換えるものなんでしょうか?
 答え:ケースバイケースです。
1)の回答
お使いのコロンビア/GP-3を検索してみました。
こ...続きを読む

Q古いポータブルレコードプレーヤーの修理について

祖母の家にあったnational sg-323nというポーターブルレコードプレーヤーを貰ってきたのですが
ベルトが緩んでるようで、レコードをかけても回転が遅くなってしまいます。
中を開けてベルトを取り替えようとしてもうまく開けられませんでした。
どなたか修理をしていただける方、または修理を引き受けていただける方を探しています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回転数の調節はしましたよねぇ?

http://audiof.zouri.jp/li-maint-01.htm
修理やさんのリンクがあるので、当たってみてください

45年も前の製品ですが、なんとかなるでしょう
でも買った方が安かったりして(^_^;

Qレコードプレーヤーのライン端子改造?

こんばんは。

CDプレーヤーとかカセットデッキはライン端子がありますね。
レコードプレーヤーはケーブル直出しがほとんどです。
Q1.何か理由があるのでしょうか?

レコードプレーヤーを2台持っていますがケーブルが短くて困っています。
Q2.素人が端子タイプに改造出来ますでしょうか?(見た目は別として)
あるいは素人がやるくらいならコネクターで延長した方がマシとか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私の持っていたレコードプレーヤー(テクニクスSL-3300)も
ケーブル直だしでしたので、秋葉原で高級ケーブルと高級ピンプラグ
を買って0.5m長くしてアンプに届くようにしました。
作業は簡単で、半田つけさえ出来れば問題なしです。
ただ、私の場合は端子は省略して直出しにしました。

その作業をした後の音の良さには感動しました。

A1.レコードプレーヤーの扱う電気信号は微弱なので、端子にして
 やたら長いケーブルをつけられると音が悪くなり困るから。
  適当なケーブルを付けてしまう方が製造コストが抑えられる。
  接点が増えて、音質劣化の原因となる。
ただ、高級機はほとんど端子タイプです。その意味で言うと接点が増える
から直づけにしていると言うのは理由になりません。予算と好みに応じて
質の良いケーブルを付けて下さいという意味になります。

A2.私もレコードプレーヤーに関しては素人ですが、上記のように
 簡単にできました。ただ、ケーブルが太くなったので、ケーブルの
 出口に付いていた部品は省略しました。
  初めはコネクターで延長しましたが、延長できる良いケーブルが
 安価なものであったため、音質が劣化しました。

 最近入手したデノンDPー1300IIは端子式です。その下位機種も端子式です。
もし、接点を増やす方が音質に悪いなら端子式にはしないはずです。
おまけとしてアースケーブル付きのピンケーブルが付いてきましたが、
ちゃんとしたケーブルに代えたら音が良くなりました。

 お薦めとしては端子タイプに変更するのではなく、上記のように
 質の良いケーブルとジャックを買って、半田付けをするのが一番です。
 今付いているケーブルは内部で半田付けされていますので、半田吸い取り機も安いので買っておきましょう。作業が格段に楽になりますし、
今後も使う可能性が高いので、一家に一個、と思って買って下さい。
半田吸い取り機の使い方は簡単です。もし不安であれば買うとき
使い方を教わっておきましょう。
 これ以外の結論はありません。
 

はじめまして。
私の持っていたレコードプレーヤー(テクニクスSL-3300)も
ケーブル直だしでしたので、秋葉原で高級ケーブルと高級ピンプラグ
を買って0.5m長くしてアンプに届くようにしました。
作業は簡単で、半田つけさえ出来れば問題なしです。
ただ、私の場合は端子は省略して直出しにしました。

その作業をした後の音の良さには感動しました。

A1.レコードプレーヤーの扱う電気信号は微弱なので、端子にして
 やたら長いケーブルをつけられると音が悪くなり困るから。
  適当なケー...続きを読む

Qリレーの清掃・交換について

年代もののアンプのリレーを清掃しようと思っています。
右chがほぼ聴こえなくなり、現在はアンプの左chにLR両方のスピーカーをつないでしのでいます。
そこで、リレーを清掃しようと思ったのですが、カバーをどう取り外すのか分からずにいます。写真の黒いパーツです。
基盤から取り外さなくても、カバーを外し清掃できるものですか?

もし清掃してもダメな場合は、部品交換しようと思ってます。
基盤をのぞくと沢山の部品がひしめきあっていて、どの半田がどの部品のものか判別しにくく、半田をうまく外す方法を教えてください!
リレーはTAKAMISAWA社の4本足のもので、同型品は入手できそうです。

Aベストアンサー

こんばんわ。#5です。
知ってるよ!と言われるかもしれませんが、リレー(断続器)
の基本を示します。
足の数が4本なら実物もおそらくこのとおりでしょう。

理屈としてはAB間に電圧が加わると電磁石の力により
可動接片が引き寄せられ、CとDの端子間はスイッチONの
状態になります。つまりAB間に電圧をかけるか、かけないかで
スイッチの0N-0FFを行う部品です。

で、よくあるのがここのCD間の接触不良です。接点間が
汚れてきたりすると、本来ONの状態になっているにも
かかわらず、CD間に満足に電流が流れてくれない、
ということになってしまいます。

質問者さんはこれを疑っているんですよね。
ですから、ここを一時的に短絡してみましょう、と
前回申し上げたわけです。
短絡するというのはCとDの端子間をみの虫クリップの
コードなどで強制的につないでみることです。
あくまで一時的にですよ。ずっとその状態で使っては
いけません。その結果
短絡したら音が正常になった→これはリレーが原因
短絡しても音がおかしい→リレーが原因ではない
と判断することができるはずです。

次にヘッドホン端子を使っての切り分け方ですが、
ヘッドホンへの出力がリレーに入る前の部分から
引かれていれば
>左右とも問題なし→SPはリレーが原因か?
>問題あり→リレー以外の原因。
という可能性は大であると思います。
ただ普通はヘッドホンへの出力もなんらかの形で
遮断回路があるはずなんです。なので#5で書いた
配線も、もしかしたら違っているのかな~と、今
思い直しているところでございます。

こんばんわ。#5です。
知ってるよ!と言われるかもしれませんが、リレー(断続器)
の基本を示します。
足の数が4本なら実物もおそらくこのとおりでしょう。

理屈としてはAB間に電圧が加わると電磁石の力により
可動接片が引き寄せられ、CとDの端子間はスイッチONの
状態になります。つまりAB間に電圧をかけるか、かけないかで
スイッチの0N-0FFを行う部品です。

で、よくあるのがここのCD間の接触不良です。接点間が
汚れてきたりすると、本来ONの状態になっているにも
かかわらず、CD間に満足に電流が流れてくれ...続きを読む

Qターンテーブル用モーターの回転が遅いのですが

ターンテーブル(TEAC製、TN-80C) に使用されているシンクロナスモーターや、コンデンサーについてお教え下さい。
ベルトが切れてしまった為、3年程そのままにしていましたが、今回、ベルトを交換しました。
ところが規定の回転数よりかなり遅いのです。(33回転位置で25回転位にしかなりません)
交換したベルトには問題なさそうです。原因として疑わしいのはモーターに接続されている「コンデンサー」なのですが、テスターで検査しましたが、一応、変な現象は観られませんでした。
 そこでお尋ねなのですが、「(1)シンクロナスモーターの回転数は電源周波数で決まり、(2)接続されているコンデンサーは起動時に進相用として働くだけで、回転数には影響しない。」と、理解していたのですが間違いなのでしょうか?コンデンサーの劣化(容量抜けや容量変化)が回転数に影響するのでしょうか?どなたか、ご教授の程、何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

強電モーターはよく修理していましたが、シンクロナスについては
素人に近いので参考程度に見てください。
33.3rpmで25rpmですとちょうど4極のうち
1極が働いていないと思いがちですが、この場合は
進相コンデンサの劣化だと思います。
既設のMPコンデンサ0.6μF、02μF×2
を新品に変えることで回転数が正常に戻ると思います。
もう40年近くもたてばコンデンサは使用不可能ですね。
1個100円くらいなので半田ごてを使えるならば
DIYやってみたらいかがでしょうか。

Qターンテーブル(レコードプレーヤー)の回転数チェック方法

パイオニアのダイレクトドライブのターンテーブル(レコードプレーヤー)を持っていますが、どうも回転数が時によって微妙に違っているようなのです。100回転/3分になるようにストップウォッチで計測しながら調整しても、数ヶ月してふと気が付くと遅くなってたりします。

ストップウォッチで計測しながら回転数を調整するのは非常に手間がかかりますし、誤差も出るので、もっと簡単に、せいぜい数千円程度の投資で、回転数を調整する方法がありましたら教えてください。

よく高級機の円盤の縁にブロックパターンが付いてますが、あのブロックパターンだけ販売されているとか、こうすれば自作できるよとか・・・(私が住んでいるのは関東地方なので、50Hzです。) それ以外では、基準音が録音されているレコードがどこどこの店でいくらで買えるとか・・・

Aベストアンサー

商品名ストロボスコープです。
http://www.iar.co.jp/strobo.htm。

無料のもの(印刷して切り取る)
http://www.eniwa.co.jp/spclub/strobo.html

>調整をするが回転が変わり

DDモータのサーボ系がいかれていると、すごく変化しますが今回の場合、調整機構付きなので調整ボリュームがおかしいのではないでしょうか?
通常そんなに変化しませんから修理したほうが良いように思います。
遅くなるとメーカーの修理保障期間も過ぎてしまうかも。

Qレコードプレーヤーのベルト交換の方法を教えて下さい。

3年前にレコードプレーヤーの中古(パイオニアPL-1050W)を購入しました。最近になって、回転ムラがおこり始めたのでベルトドライブのベルトを交換しようと思いましたが、ゴムの外し方が分からず困っています。どなたか教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

>新しく買う場合、どの長さを購入すればいいのか分かりません。

おそらく,注文による取り寄せになると思います。プレーヤによって装着できるベルトの規格が違ので。ヨドバシなどでプレーヤの型番を言えばokです。
わたくしはパイオニアのPL-1030を使っておりますが,まだまだ現役です。ベルト交換も何回もしております。

Qレコードプレーヤーの回転数が狂っていて困っています

先日古いレコードプレーヤーをいただいたのですが、動作等に問題はないのですが、回転数が遅くなっていて、きちんと回ってくれません。ベルトドライブ式の物なのですが、どうしたら回転数をあわせられるのでしょうか?ちなみにプレーヤーは東芝のSR-80です。回転数を微調整できる機能がついていないので詳しい方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベルトドライブの場合ベルトが延びてしまうと回転も遅く不安定になります。
この場合新しいベルトに取り替える以外に方法は有りません。
機種に関しては詳しくないのですが、古いと言うことなので入手は困難か、不可能でしょう。
私が昔使っていた時は1~2年に一度取換えてましたし、必ず予備を準備していました。
ベルトの新品が手に入らなければ、きちんとした回転数にすることは難しいと思います。

Q接点復活剤の使い方と種類について教えて下さい

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む


人気Q&Aランキング