ウエイトトレーニングをしているものです。


正直ウエイトトレーニングは格闘技をするのには体が重くなったりするので、向いていないと言う人が多いですよね?

プロの格闘家などは、ウエイトトレーニングをあまりしないと聞きました!!
ですが、みんなすごくいい体をしています><;


腕立てなどの自重トレーニングや、ミット打ちなどでああいう体になれるのでしょうか??

わかるかた教えてください><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

自分は過去に総格と一部総合系を取り入れた空手やっていました



専業プロの人は殆どわかりませんが
空手の方で有名大会優勝経験のある方の指導受けて話とか聞きましたけど
ウエイトは指導員や本部寮生は一般的にやってますよ
また総格でも引退されましたが、たまに特別インスとしてジムに指導に来てくださったプロの方もやってましたね

私の周りの練習生も大なり小なりやってました
体脂肪を落としたい者、パワーをつけたい者、私みたいに怪我を防止するためなど目的は色々

体脂肪を5%ぐらいに落とした私より大柄の人とグラウンドでポジショニングやスパーやったことありますが
サイドから抑え込まれ自分の体の上をゴロゴロ半回転されるだけで
ゴツゴツした岩を押さえて転がされたように痛かったです
単にウエイトせずに自分より体重が重いだけの人なら上に乗っかかれても
ただ重いスライムがのべっと乗っかっているだけでダメージないですけど
    • good
    • 1

>胸筋をつけるとパンチが遅くなるのは始めて知りました!!



 そんな単純に割り切っていい話ではありません。また、ブルース・リーはアクションスターであることもかんがみる必要があります。彼の背中は広いですが、打撃格闘系武術家には広さより厚みが大事らしいです。あの広い背中は、観客に強さを納得させるためのものと思われます(背中を厚くしても迫力はさほど増さないですからね)。
 ためしに左足前のボクシングスタイルをとってみてください。左手で胸を触った状態で、上体を前傾させつつねじって行って右腕を前に伸ばします。つまり右ストレートですね(下半身の動きは今は関係ないので省略しました)。左手の感触で、胸の筋肉が大いに動いているのが分かると思います。
 (片腕で)押す動作は、胸の筋肉が重要な役割を果たします。大胸筋は飾りなどではないし、伊達についているわけじゃないのです。

>正直ウエイトトレーニングは格闘技をするのには体が重くなったりするので、向いていないと言う人が多いですよね?

 ボクシングなど、体重によって細かく階級が分かれる場合は、そういうこともあります。ボクシングでは腕の長さ、つまりリーチが重要なわけですが、軽量級になるほど、筋肉で重いことが不利になってきます。同じ階級にいれば、身長の高いほうが=リーチが長いほうが、遠くから相手を打てますので有利です。身長の低いほうはインファイトを狙うしかないわけですが、うまく懐に入り込んでもクリンチされれば、仕切りなおしになります。柔道なら、そうは問屋が卸さないかも知れません。何せもみ合うわけですから。
 体重別の階級なんてなければ、どんどん筋量を増やしたほうが強くなるに決まっています(ただし相手がサバキに熟練していれば話は別です)。若木竹丸というボディビルダー(昔の人ですが)は、162cmと低身長ながら、何人ものボクサーを含む格闘家を倒したそうです。彼が武術を専門に鍛錬した形跡はなく、ただただ力で圧倒したようです。柔能く剛を制す、の対句である、剛能く柔を断つ、の見本みたいな人間だったのでしょうね。
    • good
    • 0

追記。


質問者さんの仰るとおりに、マイクタイソンは自重のトレーニングで鍛えて筋肉を作りました。
俳優のブラッドピットも「トロイ」という映画で身体作りの為に自重のトレーニングで筋肉を作りました。
先にも申し上げましたが、自重のトレーニングでも効果がありますが、ボディビルダーのような筋肉を付けるにはウエイトトレーニングが必用になります。
    • good
    • 0

筋肉を鍛える為に格闘家でもウエイトトレーニングは行ってます。


但し、格闘の種類によって筋肉を付ける部位に重点を置いてます。
ブルースリーは胸の筋肉を付けるとスピードが遅くなるので重点を置かず(胸部の筋肉は付いてます)、広背筋に重点を置いてトレーニングしてましたので異常に広背筋は大きいです。
このように格闘家の場合、鍛える筋肉の部位に重点を置いてトレーニングをしてます。

質問者さんの仰るとおりに自重のトレーニングでも効果がありますが、筋肥大させるにはウエイトトレーニングより効率の面で悪いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

胸筋をつけるとパンチが遅くなるのは始めて知りました!!

やはり目的別にトレーニングするのが一番ですね

お礼日時:2009/09/04 07:40

 すでに正しい回答が出ていますが、少し補足を試みてみます。



>プロの格闘家などは、ウエイトトレーニングをあまりしないと聞きました!!

 たとえば極真空手はパワー重視なので「強くなりたかったら筋トレ」ということになっています。筋トレをあまりしないのは、極真のアンチテーゼとして分離した芦原流ですね。芦原流はサバキを身上としていて、パワーで正面から押すのを嫌います。芦原流ではあまりガタイのすごい人はいません。極真系はK1に見られる通りです。
 現在の合気道もあまりパワーを重視しませんので、体つきはすごくありません。しかし創始者である植芝盛平の時代、植芝盛平の道場は「地獄道場」などと呼ばれ、非常にきついトレーニングをしていました。植芝盛平自身、小柄ながら大変な力持ちだったそうです。
 このように「プロの格闘家などは、あまりウエイトトレーニングをしない」という俗説が、どのように流布されているか知りませんが、ゴツイ体つきと筋トレは密接な関係があります。ただ、マイク・タイソンのように遺伝的素質にきわめて恵まれていれば、他の平均的な人ほど努力しなくても、なかなかな体つきになれる場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイク・タイソンも全盛期は自重で作り上げたと聞いたので、自重がいいのかな?と思いましたが、やはり生まれながらの体格もありますよね^^;

ウエイトがんばってみます!!

お礼日時:2009/09/04 07:42

そんないい加減な話どこで聞いたんかなあ・・。

格闘家に限らずプロの格闘家でウエイトトレーニングやらないひとなんていませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!


ウエイトがんばります

お礼日時:2009/09/04 07:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただきたいのが、ウエイトトレーニングと格闘技の両立についてです。

格闘技の練習をやると、次の日まだ疲れが残っていて、ウエイトをやる気になりません。格闘技はけっこう持久系の体力も使うので、次の日も疲れが残ってしまうのです。

3ヶ月ほどそれでも無理して、毎日格闘技かウエイトをやっておりましたが、体を壊してしまったようで、2週間ほどずっと体調が悪く何もできませんでした。
オーバーワークだったようです。

そこで新しくメニューを組みなおそう!と思い、週2回か3回は何もしない休養日を設けようと思っています。

そこで格闘技が月曜日、木曜日ありますが、ウエイトをする場合格闘技の次の日に設定するのがよいのか、前の日に設定するのがよいのか悩んでいます。どちらも一長一短なのですが(^^;)

ウエイトは大きくわけて胸、背中、脚と全身鍛えています。

もしご経験あられる方でうまくいったトレーニングメニューがあれば、
教えていただけましたら、大変参考になります。

よろしくお願い致します。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただき...続きを読む

Aベストアンサー

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが多いでしょうから。打撃系の場合は、瞬間的なので、翌日に筋疲労はあまり残らないです(もちろん稽古の内容や個人差もあると思いますが)

あと、ローテーション的にどうしても仕方ない場合、日中にウェイト、夜間に格闘技の稽古という日もごく稀にあります。ウェイト当日は比較的筋肉痛が出にくいからですが、やはり疲労から稽古のパフォーマンスはかなり落ちてしまいます。とりわけ総合系の場合は、危険が大きいかもしれませんね。

うまい回答になっていなくてすみません。私自身がずっと頭を悩ませている事柄でもあるので。お互い怪我をしないように、格闘技とウェイトトレーニングの両立を目指しましょう。

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが...続きを読む

Q総合格闘家にウエイトトレーニングは必要ですか?

バーベルやその他の器具を使ったトレーニングは必要なんでしょうか?

ヒョードルは昔はやってたみたいですけど、今はスパーリングなどで必要な筋肉がつくんでやらなくなったそうです。でも懸垂や腕立てなどはしてるようです。

日本の格闘家にもボディーびるだーみたいな体したひとがいますけど、ああいった体が必要なんでしょうか

Aベストアンサー

こんにちわ☆
どちらとも言えないと思います。
パワーファイターなら必要だと思いますがサブミッションを狙うファイターには力よりも技術だと思います。
なので戦闘のスタイルによってことなるのではないでしょうか。

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む

Q格闘技における筋力の有効性

現代の格闘家、過去の武道家も含めて、筋力トレーニング(体の筋力を増やすための運動)を行う者が強くなるという事例があまり見受けられない印象があります。私自身も柔道を10年ほど続けていますが、学生時代に筋トレを行っていたときは力は強くなったが、結局はバランスなどが崩れ、思ったような結果が残せなかった気がします。年配の指導者に聞くと、理由は不明ですが「筋トレなんかやらん方がいい」と頭ごなしに言う方もおられます。プロレスの神様カールゴッチも科学的な根拠なしに、ただひたすら何千回もの腕立て伏せ・スクワットを行って、無敵だった。筋力というより筋持久力なのか?・・・
私は今流行の古武術なども試してみようかと思うのですが、これも筋力云々は必要無いという教えです。格闘技において果たして筋トレというものは本当に意味のあることなのかそれとも無いのか?皆さんの経験などをお聞かせください。

Aベストアンサー

まず、古武術系の筋力がいらないというのは、真剣勝負について言っているものではありません。
たとえば合気道というスポーツに、乱取りがなく、相手が本気で抵抗しない型稽古だけだから、稽古をするにあたり力がいらないという意味にすぎません。
合気道には、他の格闘技・武道・武術に比べて、特に力がいらずに人を投げられる・倒せるテクニックがあるという意味では決してありません。
介護時に、効率よく患者を持ち上げられる方法、などに古武術のテクニックが有効なときはありますが、相手が本気で抵抗する真剣勝負ではまず使えません。

やはり人を投げる・倒すのにパワーは絶対に必要だと思います。パワーがあった方が有利です。
ただし、いわゆる筋トレで必要なパワーがつくか、となると微妙です。

ご自身の経験通り、筋トレを行い、筋力はついたがバランスが悪くなって…という話はよく聞きます。
筋トレで筋力を高めることは大切ですが、やはりバランスも同じくらい必要です。
一つの筋肉をばらばらに鍛える筋トレを否定する人は多々います。そういう筋トレを行うと、バランスが悪くなるという話です。
ですので、ロシア人がよくやる、反動をつけた懸垂やタイヤをハンマーでたたく行為とか、レスラーがよくやる人を持ち上げるトレーニングは、実際に使う動きに近い運動で全身の筋肉を鍛えられるので有効だと思います。
あと、上達を考えた場合、力で戦うよりは、テクニックを使った方が、上達はいいと思います。その意味で、筋トレを否定する人もいますが、個人的には、そういう場合は、筋トレを否定するのではなく、力を使った技を行うことを否定すればいいと思います。

ですので、私の意見としては、ジムでのウエイトトレーニングには懐疑的、実際に全身を使って行う筋トレには賛成、といったところです。


最後に関係ないですが、塩田先生と年をとったら筋力が…という主張について少し述べます。

塩田先生は、全盛期には当時の格闘技のレベルとしてはそこそこ強かったと思います。ただし、老後は強かったとは思いません。
達人は、別に真剣勝負で強いことが求められるのではなく、ごく限定された状況下でとてもうまく技が決まることができればいいと思います。
演武や型は、相手が小走りに向かってくる、本気で抵抗しない、掴んだら放さないなどの条件があります。
塩田先生は、その演武や型という限定された状況の中では本当に相手を投げています。演武や型では誰よりもうまかったと思います。
それで十分だと思います。
ですが、真剣勝負なら、決して強くはなかったと思います。

老後に筋力が…という主張ですが、
まず、筋力は老後絶対に衰えますが、鍛えていればその衰えも緩くなります。鍛えていなかった70歳と、鍛えていた70歳では、筋力は天と地ほど差があります。
また、筋力が衰えたら、力を使った技ができなくなるというのは本当でしょうが、柔道家やレスラーが力を使わない技ができないとも思えません。
実際の戦いの中で、力を使って技を出し合っているからこそ、理合いがつかめると思います。型でしか稽古していない人よりは、理合いを相当つかんでいると思います。
ですので、柔道家は年をとっても、型しかやっていないような武道家より数段強いと思います。

まず、古武術系の筋力がいらないというのは、真剣勝負について言っているものではありません。
たとえば合気道というスポーツに、乱取りがなく、相手が本気で抵抗しない型稽古だけだから、稽古をするにあたり力がいらないという意味にすぎません。
合気道には、他の格闘技・武道・武術に比べて、特に力がいらずに人を投げられる・倒せるテクニックがあるという意味では決してありません。
介護時に、効率よく患者を持ち上げられる方法、などに古武術のテクニックが有効なときはありますが、相手が本気で抵抗す...続きを読む

Qなぜボクサーは筋力トレーニングをしないのに、空手の選手はするのですか?

ボクサーはウェイトトレーニングをしなくてもパンチ力が強くなるのに、
なせフルコンタクト空手の選手は、ウェイトトレーニングをするのですか?

Aベストアンサー

僕が通っていたスポーツクラブには、ボクシングの日本チャンピオンも来ていて普通にウエイトトレーニングをしていました。
だからボクサーは筋肉トレーニングをしないという質問には疑問を感じますが、ここは質問に答えるサイトなので、僕なりの見解を書いておきます。

ボクシングとフルコンタクト系空手の違いに着目してみましょう。

ボクシング・・・ウエイト制を採用しているので、ウエイトトレーニングによって筋肉を増やすことは不利です。

フルコンタクト系空手・・・ウエイト制の大会もあるが無差別の大会が基本なので、ウエイトトレーニングで筋肉を増やすことが不利にならない。むしろ筋肉を増やす方が有利です。

ウエイト制を基本とするスポーツと無差別を基本とするスポーツの違いでしょう。

Qパンチ力って生まれつき?

はじめの一歩を愛読していますが、よく「パンチ力は天性のもの」とか
「自分のパンチ力の無さに~」みたいなセリフがありますよね?

実際、パンチ力ってものは生まれつきで決まってしまうものなんでしょうか?
また、マンガの内容どおり、パンチ力にはあれほどの個人差があるのでしょうか?
自分では後背筋や腕の筋力アップでかなりカバーできるように思うんですけど・・・。

Aベストアンサー

Gです。

ボクシングのパンチ力と本当の意味パンチ力とは少し違うんですね.

その前に、ライトウエイト級のパンチャーを見てください. 筋肉は盛りもりではありませんね. しかし、ヘビー級を見ると、筋肉のつき方が違いますね.

ヘビー級には重量制限がないからなんですね. 他のクラスでは、重量制限があるのですね.

同じ重量でも、パンチ力の違いがあるのはお分かりですね.

そのティとなりの、最大のパンチ力を出せる筋トレというものがあります. 確かに、筋肉は太くなります. が、ボディービルの筋トレとは違う物なんですね. 体重をコントロールしながらパンチ力を最大限に持っていく、と言うことが必要伴ってくるんですね. しかしながら、お分かりのように、重量が多くなるのは仕方がないことなんですね.

しかし、同時に、どんなに筋トレ(間違った方法でも)をしても、重量はある程度で終わってしまいます.

だからこそ、意味のあるトレーニングの仕方を教えるアスレチックトレーニングに接する必要がでてくるわけです.

つまり、筋肉の力とはパンチ力(ここでは、相手を倒すパンチ力のこと)の要素の一つに過ぎないんですね. Laceか~にハイパワーのエンジンを載せただけではスピードは最大限にならない、と言う事です. 

なぜかしら、私には、皆さん、「どうしたら、大きな(ハイパワーの)エンジンをボンネットの下に載せることができるのか」、を書いているように思えるのです.

いろいろな要素があるからこそ、パンチ力を語るときに、その要素を考えないと、パンチ力を高めたい人は、結局意味のすくないトレーニングにはしってしまうと事にもなってしまうんですね. その要素の一つ一つに「生まれつきの素質」と言う物が非常に影響してくるわけです。

スポーツの何でもそうですが、トップにいる人たちは、普通では考えられないほど、そのスポーツに必要な要素の素質のレベルが(異常ともいえるほど)非常に高く、普通の素質の持っている人には、決して追い着けないレベルなんですね. より多くの要素に対して、レベルの高い素質があるほど、意味のあるトレーニングがトップに持っていく事ができるということでもあります. トップのトップと言う人たちはそのような人なんですね.

だからこそ、スーパースターであった、マイケル・ジョーダンがバスケットから野球に移ったときに、野球のトップにはなれなかった、と言う事も理解できる当然とも言える現象なわけですね. 私たちテレビで見るトップ、とは、それだけ、レベルが高いともいえます.

ですから、一撃必殺を追求する空手系の打撃トレーニングは違ってくるわけです. ここで言うから手とは、組み手とかプロ空手とかいう意味ではありません。 なぜ、レンガをいとも簡単に割るパンチ力がボクシングのパンチ力とは違う物だ、と言うことが普通の人には理解しにくいと言う事になるわけですね.

しかしながら、個人一人のパンチ力は、適切なトレーニングによって、「個人の最大限」に持っていくことは出来ます. 持っていくことができるのが、トレーニングと言う物を熟知したトレーナーによるトレーニングと言う物であるわけです. 

何か、理解しにくい事を書いてしまったようですが、お分かりになりましたでしょうか.

Gです。

ボクシングのパンチ力と本当の意味パンチ力とは少し違うんですね.

その前に、ライトウエイト級のパンチャーを見てください. 筋肉は盛りもりではありませんね. しかし、ヘビー級を見ると、筋肉のつき方が違いますね.

ヘビー級には重量制限がないからなんですね. 他のクラスでは、重量制限があるのですね.

同じ重量でも、パンチ力の違いがあるのはお分かりですね.

そのティとなりの、最大のパンチ力を出せる筋トレというものがあります. 確かに、筋肉は太くなります. が、ボディービル...続きを読む

Q筋トレしかやってない人と格闘技しかやってない人どちらが強い?

素朴な疑問なのですが、筋肉トレーニング・ウエイトトレーニングだけしかやらなかった人と、筋トレやらずに技や競技練習のみしかやらなかった人が対決したらどちらが強いのでしょうか?

たいてい、格闘技の練習では筋肉トレも含めてやると思いますが、そういうのをやらずに、純粋にその格闘技の技や技術で戦っても強いのでしょうか?

逆に、ウエイトトレーニングだけで、筋肉の鎧を得た人が戦ったらどうなのでしょうか?

同じ身長・同じ人種と仮定します。
体重差はなし。格闘技のみの70kgと筋トレのみの70kg。
ルールは武器無しのストリートファイトです。
格闘技は立ち技全て・柔道・レスリング・柔術等です。

Aベストアンサー

ストリート・ファイトであれば、喧嘩慣れしている、もしくは気迫があるほうが勝ちます。
経験上、実際にそうだったので、そうとしか言えません。
_________________________________________

正直なところ、仮定のケースが良くありません。
同身長の70kg同士ですよね。
格闘技のみで70kgの体を作ったのであれば、けっこう体が作れていて、経験も積んでいる段階と言えるでしょう。
一方で、筋トレのみでの70kgだとぜんぜん体が作れていないレベルです。
よって、格闘技経験者のほうが勝つ可能性が高いと言うところでしょうか。

ただ、同じ体重や筋肉量でも力の強弱は様々なので、一概には言えません。
また一方で、筋トレ前のベースとなるナチュラルな体型も関係してきます。
同じ70kgでも、もともと線が細くて筋肉をつけた場合と、がっしりした体型がベースとでは
膂力がまるっきり違うので参考になりません。

よって、簡単には論じられないところです。

いろいろと書きましたが、以上の話は闘うことについて同じ素養であるという条件つきの場合です。
ストリートファイトであれば、格闘技の経験などあまり関係ありません。
喧嘩は、喧嘩が強いものが勝ちます。

ストリート・ファイトであれば、喧嘩慣れしている、もしくは気迫があるほうが勝ちます。
経験上、実際にそうだったので、そうとしか言えません。
_________________________________________

正直なところ、仮定のケースが良くありません。
同身長の70kg同士ですよね。
格闘技のみで70kgの体を作ったのであれば、けっこう体が作れていて、経験も積んでいる段階と言えるでしょう。
一方で、筋トレのみでの70kgだとぜんぜん体が作れていないレベルです。
よって...続きを読む

Q蹴り技の威力をあげるには

押忍!大道塾をやっているものです。自分は蹴り(特に前蹴り)を極めたいと思っています。そこで今足腰を鍛える為に筋トレ(フルスクワット100回・足を逆丁字の形にして腰を下げたまます数分間耐える)をしています

そこで質問なのですが、フルスクワットを100回やっても膝にだけ負担がかかり、あんまり太ももには負担がかからないような気がします。蹴り技を極めるに当たってはスクワットは効果的な筋トレなのでしょうか?是非教えて頂きたいです。また、蹴りを強くする為の効果的な筋トレがあればそのほうも教えていただければと思います。よろしくお願いします。押忍!

Aベストアンサー

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングスクワットがあります。

よく言われてますがフルスクワットはやはり膝への負担が大きいです。もし行うにしても体に聞きながらやるのがいいと思います。膝への負担が大きいと感じたのなら、無理せずゆっくりやるとか、回数を減らすことを考えたほうがいいと思います。ゆっくり少ない回数で、しかし一回一回を全力で行うという方法もあります。

僕がフルコンタクト空手の道場で最初に教わったのはハーフスクワットとクォータースクワットでした。ハーフは文字通り膝を曲げる角度がフルの半分、クォーターはそれまた半分で、これらはフルよりも膝、下半身への負担が少ないです。ウエイトトレーニングをする人たちはこの三種のスクワットを負荷や回数を考慮しながらやる場合が多いです。(スクワットのやり方、フォームについては参考URLを見てください。) 僕はフルはゆっくり全力でやるが少なめにして、ハーフやクォーターを速く多くやっていました。(ちなみに膝関節痛にはファンケルとかの飲むコラーゲンが効きます。本当です。) (^_^.)

また筋力トレーニングをした後はストレッチやマッサージを念入りにしたほうがいいと思います。疲れを残さないということは実は非常に大事です。そして翌日は休んでください。筋力トレーニングは一日置きで充分です。もし毎日練習する癖をつけたいなら、今日は上半身、明日は下半身という具合に、鍛えるパーツを変えながらやるといいと思います。これはウエイトトレーニングのジムでよく言われていることです。

他には、知っていると思いますが、ミットやサンドバッグ、砂袋を使うと蹴りの威力を非常に高めることができます。しかし自宅にそういったものがない場合は、地味ですが基本の前蹴りを繰り返すのがいいと思います。基本の前蹴りの練習にもいろいろあり、ゆっくりだが一回一回を力いっぱい蹴る、力を抜いて速く多く蹴る、力を入れて速く多く蹴る、などの方法があります。

基本の前蹴りやミット、サンドバッグトレーニングにしても、タイマーを使って行うと目標が定まっていいですよ。30秒、1分、1分半、2分、2分半、3分をそれぞれ何セットやると決めて練習するといいと思います。結構ゲーム感覚でできてあっという間に時間が経ちます。特に一人練習の時にはタイマーがあると非常に便利です。最初のうちはきついかもしれないので短い時間から試してみるといいと思います。タイマーは100円ショップでも売っています。

これ以外に僕がやっていたのは、壁押し(相撲のてっぽう稽古のように壁を押す。前に出る際の足腰の力を養成できる)、そして壁蹴りです。(スポーツシューズを履いて行ってもいい。中足で蹴る) いつも硬いものを蹴っているといざスパーリングの時に非常に自信を持って行うことができます。

あと体重の重い人の蹴りは当然重いです。(^_^) 体重を増やすことも考えるといいですよ。

参考になれば幸いです。頑張って下さい!

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~toomo/html/f9.html,http://homepage2.nifty.com/physical-education/SQdeep.htm

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングス...続きを読む

Q自衛隊で働いている人の身体能力とはどの程度なんでしょうか。

自衛隊で働いている人は
腕立て・腹筋・スクワット等どのくらい出来るのでしょうか。

こんな基礎トレで表したところで、どの程度も身体能力をはかるバロメーターにはならないことは分かりますが
基礎的な筋トレはどのくらいなのかなぁと思い質問させてもらいました。

筋肉番付とかで腕立て300回とか腹筋300回とかやっているのをみてナレーターが凄い凄いと言っているのですが、
その程度って結構出来るものですよね?

自衛を仕事している人たちなら平均殿程度出来るものなんでしょうか

Aベストアンサー

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
腹筋85 / 77
3000m11,26 / 12,22
懸垂17 / 14
走幅跳5,10 / 4.80
ボール投60 / 56

そして以下は空挺の人の平日のメニューだそうです。

1時間走(約11km程度)
懸垂×10~12回 2セット(毎回腕を伸ばしっきってあげる時は顎を鉄棒より上に持っていく)
腹筋×60~80回 2~3セット(出来れば斜めになっている台の上で)
腕立て×40~50回 2~3セット(下げた時胸を地面ぎりぎりまで持っていく,尻は上げない下げない一本の線のように)
スクワット×50回 3セット(荷物を背負うなど負荷をかけて膝の角度は45度)

余談ですがレンジャー等はさらに過酷なトレーニングをしているのもあります、場所にもよりますが炎天下で数キロの小銃を持ちゴツいブーツを履きながら20キロ走でしかも途中何度も全力疾走させられたり、30キロの背嚢を背負って4日間不眠不休で樹海を行軍し途中訓練も行うとか。
冬季レンジャー訓練はさらに過酷で本気で死を覚悟するそうです。

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
...続きを読む

Qマイクタイソン

タイソンはほぼ自重トレだけであの体になったらしいですが腕立てやシュラッグやディップスだけで本当に可能なんでしょうか?☆

Aベストアンサー

プロレスのカール・ゴッチ、初代タイガーマスクの佐山聡も自重トレーニングしかしなかったそうですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング