今なら家電が全品9%OFF!

ストレートも正拳突きも拳を回転させますがなぜでしょうか。
回転することによって威力が増すのですか?
ドリルが回転することと関係があるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

パンチを”捻じり込む”イメージを思い描いてください


単に当てるだけでなく捻じり込めば手首のスナップがきいた状態になり
瞬間的に打撃速度が増す事も解るでしょうか
したがって脳に与える影響も大きくなりパンチが効くという仕儀になります
余談ですが#1の方が書いておられる日本拳法の捻らないストレートは
「波動拳」と言い拳先を波が打ち寄せるように動かして波の谷間で相手に当たるようにします
すると先ほどの手首のスナップが効いたのと同じ状態になり
捻拳と同じ効果が得られるという理論です。
    • good
    • 1

ただ単に、腕を伸ばすときには手の甲を上に向けるのが自然なだけでしょう。



例えば正拳は、捻ることで、筋肉で肘をしっかりロックできるのです。
肘をしっかり入れないと、突きの威力に腕の方が負けてしまい、あたる瞬間に緩んでしまいます。
肘を入れて一本の棒状にすると、自然と突きの威力も上がります。さらに肩を入れて、距離と硬度を増すというやり方もあるにはあります。
また、正拳の構え、つまり引き手が腰にあるとき、裏突きではアッパーになり正拳でなくなります。
崩拳(縦拳)もあるにはありますが、難しい。すぐに手首を痛めます。
なぜなら、拳は人差し指と中指の第2から第3関節の部分で放ちますが、縦拳では力の方向と拳の方向が一致しないのです。
小指と薬指で打つともいいますが、小指は弱いですからね。正拳なら一直線になります。これが自然なんだと思います。
また、回転で攻撃をはじくなんてできません。そもそも流派によって、始動から回転させたり、最後に捻ったりといろいろですから。
    • good
    • 0

回転させることは同じですが、拳のヒットの瞬間の力の加重は違うものです。

よってストレートと正拳は違うものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
違うのはわかりますが回転させるのは同じということです。

お礼日時:2009/09/20 21:07

腕を回転させる方が単に真っ直ぐ突きだすのに比べて


肩から胸の内側の筋肉も全て使うことが出来るようになり、
パンチや突きの威力があがるのではないかという説があります。

つまり、回転自体が威力を上げるのではなく、回転させることによって
パンチに使える筋肉の部位が増えることによって威力が上がるのではないか、という考え方です。

体感的には、確かに捩じることで肩周りの筋肉がキュッと締まって、
突きにうまく体重を乗せられるような感覚はありますが、
実際にどれほど威力が変わるかはよくわかりません。

なお、物理的な計算では、回転自体による威力の増加というのは、
殆ど無視できるレベルでしか向上しないという話を聞いたことがあります。
回転力をドリルに見立てる考え方だと、常識的に考えて回転速度や回転数が小さいので、
あまり威力の向上には寄与しないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうごいざます。
なるほどウエイトトレーニングにも拳を回転させることで肩全体の筋肉効かせられるトレーニングもありますよね。
拳を回転させるだけで使われる筋肉が増えるんですね。

>回転力をドリルに見立てる考え方だと、常識的に考えて回転速度や回転数が小さいので、
あまり威力の向上には寄与しないと思います。
拳を回転させるのは気休め程度なんでしょうか。
人間じゃ限界がありますよね。
それに比べてドリルは1秒に何十何百の世界ですから・・・

お礼日時:2009/09/20 21:25

私自身の考え方ですが、威力を増すというのはあまり関係ないと思います。


相手に当たった後で拳を回すのであれば威力を増す(貫通力を利用)という考え方も出来るのですが、初動から拳を回転させていますのでそのような効果はあまりないと考えます。

正拳突きですと、おそらく相手の攻撃&防御を弾く意味合いが高いと思われます。
空手は中国武術からきています。武術では相手に対する突きが攻撃にも防御にもなる出し方をする門派が多いです。
おそらく空手もその辺を参考にしていると思われますので。

ボクシングでは、肘の位置でパンチの種類が変わるようですので、回転により途中でのパンチの切り替えや、どの方向から力を加えているかを分かりにくくする為であると推測します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
う~ん攻撃を弾くという発想は無かったです。
確かに回転しながら撃つと攻撃も防御も防げそうですね。

すごいですね。ボクシングも空手も単純に威力を上げることだけが
目的ではないんですね。

お礼日時:2009/09/20 21:11

はいそのとおりです。


ドリルというより、よくワインのコルク抜きに例えられます。
回転させることで威力が増します。
ねじ回しも同じですね。釘を押し込むよりネジを回転させて押し込む方が刺さりますね。

ただし日本拳法という格闘技に拳を回さないストレートを出す流派もあります。
拳を回転させると脇が開くので胴体から伝わる力が逃げるという考え方だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり回転させると威力が増すんですね。
>拳を回転させると脇が開くので胴体から伝わる力が逃げるという考え方だそうです。
この意見にも納得です。
明確な答えはないのかもしれませんね・・・

お礼日時:2009/09/20 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波動拳の威力

達人の波動拳が人体に当たれば実際のところどのくらいの威力があるのでしょうか。

Aベストアンサー

経験者です。

どの程度かはわかりませんが、
スパーリングする限りでは、威力に違いが出るのが分かります。

ただ初心者はしっかり握りこめないせいか、薬指や小指の手の甲の骨(中手骨)
を骨折することがあります。それが難点です。ちなみにこれも経験者です。
 短くてすいません。

Q【空手】例えば、右突きをしたとき、腰を右に回転させるのはなぜですか?

空手を始めて、間もないのですが、ひとつ疑問があります。
なぜ、突きの時に、突いた方の腕の方向に腰を回転させるのでしょうか?
突きをすると、どうしても、腰が動いてしまいうから、腰を正面に向かせるために、回転させるのでしょうか?
それとも、切れを出すため?
どなたかご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは、yos4さん

私に流派ではこの方法を「習うために作る土台として習ういわゆる名前のついた技」としてのやり方とは教えておりません.

しかし、私がまだ型の試合に出ているころは「裏技」として教わりました. 私は今では試合と言う物に関して疑惑を感じているので、もちろん流派としても、教えていません.

何を言っているかというと、逆突きでも追い突きでも(突く腕と前に出す足との側が違うか同じによって変わる名前ですね)突く側の腰を後ろに引く事によって、腰が浮かなくなります. つまり、重心がつく側に留まり、更に、突く側のかかとが床にしっかり座る事になります.

また、腰を突く方向に動かさない事によって、腕の動きだけが強調され、スピードのある突きに見えるわけです.

そうするどうなるかと言うと、「見栄えがする」と言う事になるわけです. 技が「決まった」と見えるわけです. つまり、型などをする時に、腰を正面に向かせる事によって、また、腰が結果として落ちるために、どしっとした立ち方に見え、また、突きもあたかも鋭い物のように見えることになるのです.

また、連続突きにもちょうど逆の側の動きによって、逆の腰が前に出て、それが逆の手での突きがし易くなると言う事になります. ですから、同じ手での連続突きをするにはかえって難しい物になります.

さて実践的にはどうなるかと言うと、腰を引く事で肩も引く事になり、腰が前にでて肩が前にでる「貫通性の高い」突き方と較べ、「リーチ」が非常に短くなりますね. 

しかしこれを実戦でその代わりに使う事もできます. 接近戦では、どうしても加速がでにくくなりますが、これをする事によって、後ろ足が地面に密着する為、「滑走距離が少ない」突きでも地面からの支えが出来上がっているので、貫通力を持たせる事ができるわけです.

私の流派ではこの訓練を主に猫足立ちと三戦立ちで訓練をします. (こういったら流派がわかってしまうかもしれませんね) よって、私の流派では、打ち方で教えるのではなく立ち方で教えている事になります. この方がより実践的な訓練ができると考えるわけです.

流派にとらわず、技と呼ばれるものができてからの訓練が出来るように準備する事が名前のついた技を習う事だと昔ながらの教え方であれば、結局使える空手になるわけです.

数学を習う準備として数字を、また、英語を習うためにまずアルファベットを習うのと同じなんですね. まず、決まりきった物を有無を言わせずに習わせ、覚えたらそれを使って徐々に奥深い所まで教える事が出来る、と言う観念と全く同じなわけです.

全くの私の自己主張としてだけではなく、空手を実戦だけのために使える物として開発した流粗たちの教え方はこう言うものなんだと考えていただければ嬉しいです.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

Gです。 こんにちは、yos4さん

私に流派ではこの方法を「習うために作る土台として習ういわゆる名前のついた技」としてのやり方とは教えておりません.

しかし、私がまだ型の試合に出ているころは「裏技」として教わりました. 私は今では試合と言う物に関して疑惑を感じているので、もちろん流派としても、教えていません.

何を言っているかというと、逆突きでも追い突きでも(突く腕と前に出す足との側が違うか同じによって変わる名前ですね)突く側の腰を後ろに引く事によって、腰が浮かなくなります....続きを読む

Qシャドー時のストレートの肘ののばし方

シャドーボクシングをしているとき、特に右ストレートは
肘を完全に伸ばすんでしょうか?
そのように伸ばしてやっていたら、肘に痛みが走るようになって
しまいました。
よくボクサーがミット打ちの際、ミットを外して打ちきって、
肘を痛めたとありますが、同じ事なんですかね?
肘を伸ばさないように伸びきる寸前で止めるようにすると、
なにやら腕から肩にかけて力が入ってしまい、
なかなかのびのあるストレートにならないというか。
もちろんサンドバッグやミット打ちの時は、伸びきる前に目標物が
あるので痛みはしないのですが、シャドーの時はどうするべきか
教えてください。

Aベストアンサー

ストレートの肘は伸びきりません。
まず、伸びきって肘に負担がくるということは、パンチで引くイメージがないのではないでしょうか?
一回、一回パンチを当てたところでとめているのでしょう。
「伸びきる寸前で止めるようにする」のではなく、「伸びきる前に引くようにする」ことです。パンチは止めてはダメです。すぐに引くように意識すれば、肘の筋肉に力が入っていますので、伸びきって痛めることはありません。
また、腕から肩にかけて力が入ってしまうことを懸念されていますが、インパクトの瞬間にはむしろ力を入れるものです。手を握るのはインパクトの瞬間だけです。肩に力を入れる必要はありませんが、自然と力は入ります。
伸びのあるパンチとは腕を伸ばしきったパンチのことではありません。
上半身下半身をうまく使ったうち方で、伸びてきたように見せるパンチのことです。
伸びのあるパンチという言葉で勘違いされる方が多いでしょうが、伸びのあるパンチとはメキシカンのように後ろ体重から前体重にして、体もより回転させて、射程を延ばすようなうち方であり、肘を伸ばしきることではありません。
サンドバックやミットで打っている距離が正しい打ち方なのでしょうから、その時と同じぐらいか少し長くの伸ばすぐらいでシャドーをすればよいのです。
ミットを外して打ちきって肘を痛めるようなボクサーは距離感が全くつかめていないボクサーです。悪い見本ですね。

伸びのある右ストレートにこだわらずに、ショートの右ストレートを練習することをお勧めします。その方が実戦的ですし、コンビネーションなど応用につながります。ロングの右にこだわると、たいていコンビネーションが打てない選手になります。
同じジムにいませんか?右ストレート打ったら、それで終わりっていう選手。これでは意味がありません。ですので、伸ばしきることよりも伸ばして引くということを意識した方がいいですよ。

ストレートの肘は伸びきりません。
まず、伸びきって肘に負担がくるということは、パンチで引くイメージがないのではないでしょうか?
一回、一回パンチを当てたところでとめているのでしょう。
「伸びきる寸前で止めるようにする」のではなく、「伸びきる前に引くようにする」ことです。パンチは止めてはダメです。すぐに引くように意識すれば、肘の筋肉に力が入っていますので、伸びきって痛めることはありません。
また、腕から肩にかけて力が入ってしまうことを懸念されていますが、インパクトの瞬間には...続きを読む

Qボクシングのコークスクリューブローなどについて

こんにちは。ボクシングのことで聞きたいことがいくつかあります。
 まず、コークスクリューブローについてです。
インパクトの瞬間に内側に拳をねじり込む、とよく言いますがストレートの打ち方を習ったときも踏み込む、腰を入れる、「拳をねじり込む」と習いました。どう違うのでしょうか?また、他にも打ち方やアドバイスがあれば教えてください。
 次に、フリッカージャブです。先日、人とスパーをしたときにその人がよけるのが上手くてジャブが当たりませんでした。ずっと昔に読んだ「はじめの一歩」のフリッカージャブをまねして(まねしたつもり)打ってみたら当てることができました。フリッカーの方がよけにくいとは知っていましたし、体感できましたが、自分のフリッカーが正しい打ち方なのか気になります。僕のは腕をくの字に曲げて裏拳で殴るように動かしています。もちろん当てるのはナックルパートで、手の甲は当てません。また「ムチのようにしなる~」とか書いてあったのでタオルで人を「ぱちん!」とやってふざけるときのように手をしならせています。
どうでしょうか?間違ってますか?いろいろアドバイスなど、教えてください。
 
 次が一番重要な質問なんです。始めた頃からずっと気になっていたのですが自分がサウスポーとオーソドックスのどちらに適しているのかイマイチ分かりません。
 まず、オーソドックスだと、ストレート、フック、アッパーは、問題なくて特にストレートは体重がのっている実感があります。しかしジャブがへろへろになってしまいます。
 サウスポーだとジャブが完璧にとても速く打てます。しかし左でストレートを打ったら、なんかしっくりきません。フック、アッパーは特に違和感はないのですが…。またサウスポーの方がフットワークはうまくいきます。
だから、ストレートのオーソドックスを取るか、フットワーク、ジャブのサウスポーを取るかで悩んでいます。
まぁ腕力はない方なので、サウスポーにしようかと思っているところですが…。
 以上です。
どの話についてでも良いので、回答、アドバイスを御願いします。  

こんにちは。ボクシングのことで聞きたいことがいくつかあります。
 まず、コークスクリューブローについてです。
インパクトの瞬間に内側に拳をねじり込む、とよく言いますがストレートの打ち方を習ったときも踏み込む、腰を入れる、「拳をねじり込む」と習いました。どう違うのでしょうか?また、他にも打ち方やアドバイスがあれば教えてください。
 次に、フリッカージャブです。先日、人とスパーをしたときにその人がよけるのが上手くてジャブが当たりませんでした。ずっと昔に読んだ「はじめの一歩」の...続きを読む

Aベストアンサー

ジャブの部分だけ参考意見を書かせていただきます。

ちなみに、fuckchuckyさんはボクシングはどこかのジムに通われてやっているのでしょうか。それとも部活かなにかでやられているのでしょうか。(もしジムに通われているのならトレーナーの方にも相談をしてください。)

>まず、オーソドックスだと、ストレート、フック、アッパーは、問題なくて特にストレートは体重がのっている実感があります。しかしジャブがへろへろになってしまいます。
もしかしたら左ジャブを打つ時に体重をきっちり乗せずに手打ちになっているかもしれません。
次のような練習を試しにやってみてください。

1.壁もしくはパートナーのミットにジャブを打ち切って伸ばした状態でこぶしをつけてこぶしに体重を乗せてください。グッと押し付ける感じで数秒。
この時に足への体重のかけ方は、左足のももに7割、右足つま先に3割位。左足のももにグッと体重が乗っている感じです。
これが体重が乗った状態のジャブです。この感覚をしっかり覚えてください。

2.つぎにステップです。
手で打つという感覚を忘れてください。
ステップをして踏み込んだ勢いでこぶしに体重を乗せるという感じです。最初のイメージとしてはこぶしで突くという感じです。

右足つま先で蹴りだして、左足を踏み込んだ時に左足のももに体重がしっかりかかっていることを意識してください。(この時点で左足のももに7割、右足のつま先に3割くらい体重が乗っている)
この体重が乗った状態でジャブを打ちます。(打つというか突く)
最初は1回1回ゆっくりステップを行い、左足のももとこぶしに体重がのっていることを意識してください。そしてだんだんとステップ(右足の蹴り出し)を早くしていってください。ここで手の振りをはやくさせることはあまり考えずにあくまでステップの一環として手を出しているという感じです。

3.ジャブを連発するときも必ず左足をダンダンと踏み込んで体重を乗せてください。



もちろん、相手をけん制するための軽いジャブは上のような限りではなく逆に手打ちのような感じになると思います。

おそらくfuckchuckyさんは右利きかと思われますが、右足・右手は慣れているので、足やこぶしに体重がスムーズに乗っているためサウスポースタイルの方がジャブに体重が乗っているのではないかと思われます。
慣れてくればオーソドックススタイルでも体重が乗ったジャブが打てるようになると思います。
以上参考になれば幸いです。

ジャブの部分だけ参考意見を書かせていただきます。

ちなみに、fuckchuckyさんはボクシングはどこかのジムに通われてやっているのでしょうか。それとも部活かなにかでやられているのでしょうか。(もしジムに通われているのならトレーナーの方にも相談をしてください。)

>まず、オーソドックスだと、ストレート、フック、アッパーは、問題なくて特にストレートは体重がのっている実感があります。しかしジャブがへろへろになってしまいます。
もしかしたら左ジャブを打つ時に体重をきっちり乗せずに手打...続きを読む

Qボクシングで脇が開かないようにするためには

ボクシングで脇が開かないようにするためにはどのような練習をすればいいですか?
後、マスボクシングなどをやって入るうちに前のめりになってきてしまいます。
改善法を教えてください。

Aベストアンサー

代理す

 荒療治でもないすが、ウチのジムでもやるんですが、脇を開かない(開くと溜めがなくなり

  打ち負けるんですよね

 新人さんにまずレクチャーするのは脇があく方の二の腕と体をガムテープで固定して

 シャドーから合格したならそのままミドル級の選手に8Rのスパーやります

 つまり、片腕でやりますね?相手も少しセーブしますが、当たったらキツイどこじゃないです

 だから体の溜めを作って対処するしか方法がなくなるので自然に体が覚えますね。

 いいですか?脇があくのは野球でも、テニスでも同じ悪癖なんですよ?

 溜めがないために本来の威力の半分も出せない、振り遅れる、カウンターの餌食です

 ちなみに某漫画じゃないですが、スパー相手(すべてウェルター以上) 私はフライまで(実際は60kgを

 48kgまで落とす)相手は二人、、、全てノーモーションジャブの為に片手だけで5年やりました

 おかげで左は世界ランカーすらかわせない(全盛期すぎた今も)ものとなりました

 だから脇は重要なのです まだありますが、一番優しいトレーニング方法を紹介しました 

代理す

 荒療治でもないすが、ウチのジムでもやるんですが、脇を開かない(開くと溜めがなくなり

  打ち負けるんですよね

 新人さんにまずレクチャーするのは脇があく方の二の腕と体をガムテープで固定して

 シャドーから合格したならそのままミドル級の選手に8Rのスパーやります

 つまり、片腕でやりますね?相手も少しセーブしますが、当たったらキツイどこじゃないです

 だから体の溜めを作って対処するしか方法がなくなるので自然に体が覚えますね。

 いいですか?脇があくのは野球でも、テニ...続きを読む

Q古流空手の突きについて 肩の使い方

先日、古流空手の経験がある方の貴重なお話を伺う機会がありました。

今まで自分の空手では、ボクシングのように筋肉を利用しただけの突きというものを使っていました。
しかし、実際に古流空手の経験者の方の突きというものを体験してみると(喰らわせていただくと)、腰の捻りもないのに、とてつもない衝撃を受けました。
その方には、「膝の抜きとか色々なものが関わってくるけど、まずは肩の使い方を覚えたほうがいい」という助言をいただいたのですが、感覚が未だに掴めません。

何か、肩の使い方を実感しやすい練習法はありませんか?

どなたかお時間あります時に、お答えいただけると嬉しいですm(_ _)m

Aベストアンサー

No.2です。

自分の回答を改めて読んでみて、他人様に十分伝え得る書き方になっているかどうか、大変恥ずかしい思いをしています。私自身はよく解るんですが…

もし可能ならば、質問者様が言われている古流空手の経験者の方に直接見てもらうのが一番良い方法だと思います。もちろん、あなたの本来の師匠との師弟関係との調整について、十分合意を得てからのことですが。

肩回転、腰の縦回転、関節の締め緩め、等々、いずれも感覚的な問題で、素人が傍目に見れば「何だ腰を思いっきりつかってるじゃん」といわれるものかもしれません。
ですから、実際にその技を使える人に見てもらうのが一番だと思います。

肩回転の稽古のための、「巻きワラ押し」は、最初は肘を曲げないことがポイントです。巻きワラに掌底を当てて構えた姿勢から、腕の長さを変えずに肩の回転で押します。
このとき、当然腰も回るはずですが、あくまで自分の意識は肩の回転で押しているという感覚で押すのです。
つまり、腰の回転力は、肩の回転力の補助をしているという意識で使うのです。
そのほかの身体の部位(膝とか背中とか、)も、同時にそれなりに動くはずですが、あくまでもそれは意識としては「肩の補助」なのです。


それに慣れてくると、次第に腕の長さを変えずに、肩、肘、手首の関節が「緩みながら、再び掛かり直って」押しの勢いとして力が伝達されてくるようになります。
この感じがつかめるようになったら、「その感じ」で腕を伸ばした姿勢から、そのまま突いてみれば、寸勁のような使いができると思います。

とにもかくにも、解る人、できる人に見てもらう。これが一番です。

No.2です。

自分の回答を改めて読んでみて、他人様に十分伝え得る書き方になっているかどうか、大変恥ずかしい思いをしています。私自身はよく解るんですが…

もし可能ならば、質問者様が言われている古流空手の経験者の方に直接見てもらうのが一番良い方法だと思います。もちろん、あなたの本来の師匠との師弟関係との調整について、十分合意を得てからのことですが。

肩回転、腰の縦回転、関節の締め緩め、等々、いずれも感覚的な問題で、素人が傍目に見れば「何だ腰を思いっきりつかってるじゃん」といわれる...続きを読む


人気Q&Aランキング