アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

勝間和代さんは、ランチミーティングとして、昼食時に会食するそうですが、こうした会食は経費扱いにできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>こうした会食は経費扱いにできるのでしょうか?



できますよ。
おおむね3000円以内で、アルコール等は原則なし。
(あってもせいぜい最初の1本、1杯程度)
会議の参加者、領収書、議事録などをセットにし、
単なる飲食でないことを明らかにしておくとよいでしょう。

他社の人間が交る場合は特に交際費との区別を
明確になるように配慮しなければいけません。

『○会議費と交際費
会議、来客との商談や打合せ等に際して、社内又は通常会議を行う場所
において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要する
費用は、会議費として取り扱われ、損金算入が認められます。
昼食の時間帯に、お客様がおみえになった場合、昼食を提供しますが、
これについては、交際費に該当しないということです。ただし、来客へ
の昼食であれば、どんな場合にも会議費として損金算入が認められるか
と言えば、そうではありません。
一般的に、一人当たり3,000円程度の食事が上限と考えられています。
飲酒を伴うとしても、一人当たりビール1本が限度です。これ以上の
飲食は、交際費として損金不算入となると考えておきましょう。 』
http://houjinzei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/309 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事業のためであるという証拠が必要なのですね。詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/28 10:20

基本的に仕事のための会議費用は事業の必要経費です。

会議費用の中には会場費、資料作成費等のほか、必要な範囲(食事時間を挟んでの会議など)での食事代も含まれます。
もちろん、実際には食事が目的であったり接待が目的であるなど、名目(ミーティング)と実態が違っていれば否認されることになるでしょうから、会議費用として経費にするためには会議の議事録などの事績を残すことが必要です。
また、従業員を同席させる場合、労務管理上(休憩時間)の問題があるので注意が必要です。
http://d.hatena.ne.jp/kobarin/20081001
http://blog.goo.ne.jp/toku111toku2000/m/200907
http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-16990/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考リンクありがとうございました。とても勉強になりました。

お礼日時:2009/09/28 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q従業員におごったときの仕訳

基本的なことをお聞きします。

従業員をつれてランチに行ったり、飲みに行ったりしたとき
毎回全額を雇用主が支払っています。

ミーティングを兼ねているものは「福利厚生費」
従業員の親睦をはかるためのものなら「接待費」と聞いたことが
あるのですが・・・・ そういう仕訳で良いのでしょうか?

よろしくご指導お願いします。

Aベストアンサー

>従業員をつれてランチに行ったり

<毎日(定期的に)従業員にランチを提供する場合>
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2594.htm
上記の規定に従って下さい。
食事手当、食事補助などの名目の給料となります。
ランチ代金支払を社長がされる場合には、現物給与となります。

<仕事の打合せを兼ねてランチ>
一般的なランチ(1000~2000円程度)を食べながら業務打合せを行うのであれ
ば、会議費となります。
 ※通常供与される昼食は金額規定がある分けではありません。
  概ね常識的なランチの金額であれば問題はありません。
租税特別措置法関係通達
第61条の4(1)-21「会議に際して社内又は通常会議を行う場所において通常供
与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要する費用は、原則として措
置法令第37条の5第2号に規定する「会議に関連して、茶果、弁当その他これら
に類する飲食物を供与するために通常要する費用」に該当するものとする。」
会議には、来客との商談、打ち合わせ等が含まれる。となっています。

<コミュニケーションの為のランチ>
社長と従業員のコミュニケーションの為、1回/月程度のランチ会を行うので
あれば福利厚生費となります。
原則的に社員全員を対象とした、行事的性格を有した場合に福利厚生費とします。

>飲みに行ったりしたとき

原則的に、飲みに行ったときは”交際費”が相当となります。
(社長が社員を引き連れて、居酒屋・赤提灯(古~い)などの飲み屋に行った
 のであれば金額に係わらず交際費です)
但し、下記の場合には交際費に計上しなくても良い事になります。
(交際費は、法人税の損金になりませんから、交際費以外で計上できる事は
 納税額を減らすことを意味します)
<交際費にならない飲み会の費用>
 ◯一人当たり5000円以内
 ◯社外の人(取引先・仕入先・親会社・子会社・業者)が最低でも1名含まれ
  ているいる
 上記が満たされている場合に、下記規定の書類が揃っていれば交際費になり
 ません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5265.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/5065.pdf

>従業員をつれてランチに行ったり

<毎日(定期的に)従業員にランチを提供する場合>
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2594.htm
上記の規定に従って下さい。
食事手当、食事補助などの名目の給料となります。
ランチ代金支払を社長がされる場合には、現物給与となります。

<仕事の打合せを兼ねてランチ>
一般的なランチ(1000~2000円程度)を食べながら業務打合せを行うのであれ
ば、会議費となります。
 ※通常供与される昼食は金額規定がある分けではありません。
  概ね常識的なランチの金額で...続きを読む

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)

Qコーヒー代はどんな経費科目?

コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。

2人以上で仕事の商談すれば、交際費でしょうが、
1人で、仕事で使う場合は何費になるのでしょうか?

最近、会社ではなく、喫茶店などで仕事をする人が
増えておりますが、今回、特定のカフェで、月に
10回以上使用して、事務所のような感じで使用してます。

そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」の類は「(福利)厚生費」

○社員が勝手に買って来て飲んだ飲み物や、喫茶店を作業場にして居る際に頼んだ飲み物は、会社の経費ではない。
 それを会社の経費として処理するのであれば御社の勝手ですが、ルール作りが必要ですし、金額が張れば税務署から個人への給与として課税される可能性が考えられる。

> そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?
誰に認めてもらうのかが不明。
・経営者や上司:あなたが判断することではない。
・税理士や会計士:会計士の勉強の際に講師に来た会計士が言っていましたが、企業がどのような勘定科目名を使うのかは自由。有価証券報告書等を作成する際に、法律等に従った表示にするだけ。
・税務署:「交際費の損金不算入」絡みを想定していると思われますが、『交際費』出計上した者だけが損金不算入ではない。勘定科目名で悩むのではなく、取引内容が交際費の範囲に該当するかどうかを適切に区分して、申告書を作成することが必要。

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」...続きを読む

Qお茶菓子代の勘定科目がわかりません。

専業農家です。

農作業の休憩時に出すお茶菓子代をどの勘定科目に入れたらよいのかわかりません。

以前は”雇い人費”の項目に入れていたのですが、そこには給与も入っているため、お茶菓子代と給与の区別がつかなくなっていました。

いくつか調べると、交際費・雇い人費・雑費等それぞれ書き方が違っています。

休憩時に使うお茶菓子代の費用はどのように考えればよいのでしょうか?

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、お茶菓子代はその内容によって勘定科目が違ってきます。

会議の時のお茶菓子=会議費
従業員の福利厚生=福利厚生費
営業活動の手土産のお茶菓子=販売促進費
老人ホームの入居者のお茶菓子=介護付帯費
etc

ご指摘の雇い人費はあくまでも人件費(給与 雑給)と判断できます。(農業の会計経験が無いので間違っているかもしれませんが)故に雇い人費は馴染まないと思います。どちらかと言うと福利厚生費的な性格が強いと判断できます。従って福利厚生費、金額が少額であれば雑費でも良いと思われます。

Q事務所のコーヒー代

株式会社を一人で営んでいます。事務所に常備してあるお茶代の経費処理について教えてください。8割がた自分で消費する分ですが、来客に備えて
インスタントコーヒー、紅茶、日本茶など常備してあります。
色々調べると、自社消費分は福利厚生費、来客用は交際費として処理するのが正しいとありますが、
(1)一人会社で従業員もいないので福利厚生費というのは認められるのでしょうか?
(2)金額的には知れているので、まとめて雑費とか消耗品費とかで一括して
処理してはいけないのでしょうか?
基本的な質問ですが、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

日本語は本当に紛らわしいです。しかし決まりですから正しい仕訳処理をするしかありません。下記のように考えて仕訳してして下さい。

※交際費
>社外来客の接待・お土産・ハイヤー代。
>社外に対する慶弔見舞金・中元・歳暮。

※雑費
>インスタントコーヒー・紅茶・日本茶。

※ちなみに福利厚生費を参考にして下さい。
>従業員の体育文化慰安に関する費用。
>忘年会や社員旅行費。「会社はここまで負担と言う感じで出す。」

※消耗品費
>事務用以外の消耗品「事務服・作業着・掃除用具・掃除用手袋・ホース・電池・錠前・湯のみ茶碗・かけ時計等をいいます。」
>来客用セット等で3万円以上は固定資産に振り替えます。

※事務用消耗品費(文房具)
>筆記用具・机・椅子・書類キャビネット・用紙・伝票類・名詞・封筒等これらに類するもの。

Q勘定科目について教えてください

個人事業(青色申告)をやっております。
2つ教えていただきたいことがあります。

1・取引先との打ち合わせ際の飲食代を
今まで「接待交際費」としてきましたが、
打ち合わせは「会議費」となるのでしょうか?
新しく勘定科目を作ったほうがよいですか?

2・今まで夫婦で仕事をしたきたのですが、
今月から社員さん一人を雇いました。
建築現場の職人ですので、
缶コーヒーなどを買って毎日お茶の時間に飲みます。
夫婦二人のときは、経費にできないと聞いたので
経費にはしていなかったのですが、
今後社員さんの分は「福利厚生費」にしても
良いのでしょうか?
 
宜しくおねがい致します。
 

Aベストアンサー

 会社の人間だけでの会議なら会議費でしょう。取引先との会議に飲食が伴う場合には接待交際費でも良いと思いますよ。

 社員のお茶代は福利厚生費でOKですよ。

 そもそも勘定科目は一般管理費なのか経費なのかを区分けすること、その中でも「何に」使ったのかを区別して仕訳する事を目的にしていますから、区分けの方法や科目については会社事の任意で構わないのですよ。ぜったい会議費を作らなければならないと言うことはありません。また、会議費にしてもOKですから念のため。

Q異業種交流会やビジネス交流会 参加費の勘定科目

異業種交流会やビジネス交流会に参加したときに発生する参加費は、会計上どのような勘定科目にするのがよいのでしょうか?
交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。

会議費でしょうか?
採用教育費でしょうか?
広告宣伝費でしょうか?
販売促進費でしょうか?
それとも、それ以外の科目でしょうか?

他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。
絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社を宣伝するために出席されるのが主たる目的であればこの勘定が妥当
  だと思われます。
 販売促進費
  御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと
  思われます。
 会議費
  会議の体裁をとっているのであれば問題ないと思います。しかし社内の会
  議費用と一緒になってしまいますので、注意が必要です。
 交際費
  税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、
  申告時に便利です。
 雑費
  この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管
  理する必要はありません。管理する必然性のない勘定は雑費で処理します。

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社...続きを読む

Qお客様への菓子折りの勘定科目を教えて下さい。

初歩的な質問になりますが、
お客様に、従業員がお渡しする、お詫びの菓子折り代としての費用は、接待交際費か雑費か教えて頂けないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少額であれば、どちらでも構わないと思いますが、接待交際費で処理するのが一般的です。

Q食事代は経費で落とせますか?

実務上のことなんですが、個人事業主の食事代について質問があります。


1.事業主が深夜まで仕事になり、やむを得ず1人レストランや弁当屋で弁当を食べなければならなっかたとき経費になりますか?

2.事業主がアルバイトをつれて仕事上のミーティングのためレストランへ行ったとき(もちろんお酒なし)

3.但し書きの書き方について適当な書き方があれば教えてください。「食事代 〇〇名様」とすべきですか?それとも「食事代」だけでよいでしょうか?

Aベストアンサー

金額にもよると思いますが、私は週に1度外食をしていました。仲間と一緒のこともあれば一人のことも。金額にして2000円を越える分はすべて「接待費」にしていました。月にして1万くらいでしたが、特に指摘されたことはありませんでした。

領収書もよくあるレジから出てくるもので「食事代」とだけしか書いていませんでした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報