諸星大二郎の孔子暗黒伝とか、あぁいう世界観のやつが好きなんですけど、小説であんな感じのやつってありますか?伝奇小説って言うんですかね。ライトノベルみたいな軽い感じじゃなくて、諸星氏のみたいな深い味わいのモノで、小説が読みたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酒見賢一さんの「陋巷に在り」


装丁も諸星さん…

http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=19705600

孔子の弟子顔回を主人公に、中国の思想というか宗教世界、呪術的世界と
政治的陰謀、人間の生命みたいなものが描かれていておもしろいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
おぉ!これは!まさに私が探してた小説にピッタリです!
装丁も諸星さんなんて出来すぎです(笑。
いいモノを紹介していただきました!どうもです。^^

お礼日時:2009/10/05 21:03

中国の古典には、伝奇小説のジャンルがあり、たくさんの作品があります。


その上、古典を近現代風にアレンジした作品までたくさんあって,けっこう楽しめます。
明治書院や平凡社から,たくさん出ています。

諸星大二郎の作品は,おそらくほとんど見ていますが、中国古典に出てくる,人名,地名、行事など固有名詞の文字の奇怪な印象は、諸星の絵のおどろおどろしさに通じるものを感じます。

また、世界の神話民話伝説にも,時折ぞっとするほど、大きさや深さを感じるものがあります。世界中に同じ様な伝説がのこっていたりして,民話世界独特の楽しみもあります。数をこなさなくてはならないのが,面倒くさい。

回答からは外れますが、クラシック音楽の超大作(演奏に4日間かかる)ワーグナーの「ニーベルンゲンの指輪」のお話と音楽にも、西洋的なおどろおどろしさがあり,白土三平の「神話シリーズ」も、諸星作品と比較できる傑作漫画だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
そうです、中国の伝奇小説みたいなのが読みたいんですよね。
明治書院、平凡社、そのへんでちょっとググってみます。
ニーベルングの指輪も面白そうですよね。音楽は好きなので
そちらも聴いて(見て)みたいと思います。どうもでした。^^

お礼日時:2009/10/05 20:59

光瀬龍 百億の昼と千億の夜 ハヤカワ文庫JA


http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/2 …
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
私の説明不足で、SFはちょっと考えてるモノとは違うんですよ。
でも、これもなかなか面白そうですね。
機会があったら読んでみたいと思います。どうもでした。^^

お礼日時:2009/10/05 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの伝奇小説、教えて下さい。

最近、奈須きのこ先生の『空の境界』・『DDD』を読んで、伝奇小説に興味を持ちました。
京極夏彦先生・菊池秀行先生・夢枕獏先生・綾辻行人先生の本で、お勧めの本があれば教えて下さい。
上記の作家じゃなくても良いのです。

Aベストアンサー

京極夏彦の本は大体読んでいますが、
私は『絡新婦の理』をお勧めします。

ただ、これは百鬼夜行シリーズものの1つですので、
どうせなら『姑獲鳥の夏』~『邪魅の雫』まで
お読みになってみたらいかがでしょうか。

くれぐれも『どすこい。』からお読みにならないように(笑)

Qお勧めノベルゲーム(ビジュアルノベル?っていうのかな)

高校生の男なんですが、とある事から「光源氏の恋」というノベライズゲーム(ビジュアルノベル?っていうのかな??)を読む事があり、結構ハマってしまいました。また、これもとある事で「ナルキッソス」というのも読む機会がありました(こちらはかなり有名なモノっぽいですね)
・・・と2作ほど読んだんですが、面白かったので是非、他の作品も読んでみたいです。しかし、こういったものは全く触れたことがないため、よくわからないので、みなさんが読んでみるといいと思うもの(秀作・良作)を是非教えて頂きたいです。

好きな作品は上の2作で、基本的にはハッピーエンドが好きですが、ナルキッソスは(鬱になりそうでしたが(笑))好きですね。
カテゴリが怪しいです・・・もし適切なカテゴリがあればご指摘ください・・・。

では、できるだけ多くのご意見が寄せられる事を・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

読書カテゴリよりエンターテイメントカテゴリのゲームのところのほうが回答つきやすいと思います。
ノベルゲームを検索語にして一度検索してみてください。
総合サイトの紹介もされているみたいなので、それを試してみてから質問されたらいかがでしょうか?

Q唐代伝奇小説について

唐代伝奇小説とはどのような小説なのでしょうか。 すみませんが教えて下さい。

Aベストアンサー

唐代伝奇なら次のサイトに詳しいです。
http://www.sun-inet.or.jp/~satoshin/koten/toudai/list.htm
芥川のあの有名な「杜子春」も唐代伝奇の「杜子春」をネタにしています。

Qショートショート(短編小説)を読んでいてハッピーエンドが少なく感じたのですが

自分はあまり本を読むほうではないです。
しかし、映像やマンガ関係のことをしているので物語や話の作り方の参考になればとですが文庫やライトノベルを買うことがあります。
自分は分厚い本は苦手なのでショートショート、もしくはシリーズでも構成が短編になっているものをよく読みます。
星新一などを初めとする作品やライトノベルでは時雨沢恵一のキノの旅とかなのですがこういった短い作品を読んでいて思ったのですがあまりハッピーエンドの作品が無いように感じました。
もしくはバッドエンドではないにしても読んでいてあまり気分が良くなかったり、作品自体はそこで終わっていてもそのあとにあまりよくない結果を想像させるものが多い気がします。
テレビで放送する番組やマンガの場合はハッピーエンドが基本になっている場合が多いと思うのですが、ショートショートなどでは終わり方がバッドエンドや切ない感じに終わることが多いのには何か理由があるのでしょうか?
詳しい方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ショートショートの場合、限られた紙面でひねりの効いたものにして印象深くするには、読者に「えっ!?」と衝撃を与えることが効果的です。

この場合、衝撃的なラストでドッキリさせたり、後味の悪い余韻を味わってもらったりすることが多くなります。

ほんわか、ほのぼのにするにはある程度感情移入してもらわないといけません。それには長々と人物像や背景を説明する必要があります。

これが短編ではバッドエンドが多い理由なのかな、と思います。

一方、テレビは知的でない人向けに作られているので、ストーリーにひねりを加えると彼らが理解できなくなってしまいます。

Q伝奇小説で面白いものを探しています

諸星大二郎の孔子暗黒伝とか、あぁいう世界観のやつが好きなんですけど、小説であんな感じのやつってありますか?伝奇小説って言うんですかね。ライトノベルみたいな軽い感じじゃなくて、諸星氏のみたいな深い味わいのモノで、小説が読みたいのです。

Aベストアンサー

酒見賢一さんの「陋巷に在り」
装丁も諸星さん…

http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=19705600

孔子の弟子顔回を主人公に、中国の思想というか宗教世界、呪術的世界と
政治的陰謀、人間の生命みたいなものが描かれていておもしろいです。

Qケータイ小説と小説の違い

ケータイ小説って、ケータイに書かれて、それを小説に写したものですか?

あと、「山田悠介さん」の「ライヴ」ってケータイ小説ですか?

後者が分からなくても、ケータイ小説の意味を教えて下さい。

お願いします。

Aベストアンサー

「携帯小説」の定義は、「携帯電話を使って執筆し、携帯電話で閲覧する小説」ということだと思います。

携帯電話で閲覧できる状態として配信された後、「書籍」として出版されるものもありますが、それはごく一部でしょう。「書籍」という形にならなくても、携帯で配信されれば「携帯小説」と言っていいと思います。


あと、山田悠介氏の作品は、携帯小説ではなかったと思います。
携帯小説並に文章に問題が……と言われているようですが、いずれの作品も最初から「書籍」の形で出版されたものばかりだと思います。

こちらの回答については、もしかすると間違っているかもしれません。100%の自信はありませんが、確かそうであったと記憶しています。

Q神話の英雄が深く関わる伝奇小説

TYPE-MOONの超有名な代表作、「Fate」シリーズをやって、神話の壮大さと同時に、伝奇ものの面白さを知ることができました。
そこで、ギリシャ神話や、ケルト神話の英雄が深く関わってくるような、伝奇小説があれば、どんどん教えてください。
少しずつ、神話の知識を増やしていきたいと思っています。
ちなみにFate/ZEROはもう読みましたw

Aベストアンサー

ライトノベルでなら
吉田直「ジェノサイド・エンジェル」ケルト神話、他
本田透「円卓生徒会」アーサー王伝説
弓原望「アーサー王乱行記」アーサー王伝説
五代ゆう「はじまりの骨の物語」北欧神話
ゆうきりん「ヴァルキュリアの機甲」北欧神話
嵩峰龍二「ソルジャークィーン・シリーズ」北欧神話
ひかわ玲子「ゴッデス」北欧神話
ゆうきりん「オーパーツ・ラブ」エジプト神話、他

Q夢小説、ドリーム小説の名作が知りたいです

夢小説(ドリーム小説)について
最近いくつか目についたものを読んでいるのですが
前評判がまとまったものが無く
当たり外れが大きいなぁという印象です。
そこで、世間的に評価されている夢小説作品が知りたいです。

・とあるコミュニティで話題になって広く知られている夢小説
・名作であると認知されている有名な夢小説
・個人的に金払ってもいい!というくらい面白いと思った、
 もしくはきゅんきゅんした夢小説
・夢小説のレビューを集めたサイト、評価を行っているサイト

以上のいずれかに該当するものをご存知でしたら
教えていただけると嬉しいです。

また、2次創作という分野でもありますので、
作者様が外部リンクを避けたいというポリシーであれば、
ご迷惑にならぬようそれに従っていただけるとありがたいです。
(直リンクでなくともヒントを教えて頂ければ自力で探します)

Aベストアンサー

好みによりますが、アニメ主人公のドリーム小説で良ければ、私はお金払ってもいいと思うサイトがあります。
表も裏(18禁)も、プロの作家さんレベルじゃないですが、他のドリーム小説とは段違いのものです。
個人的な好みで恐縮ですが、御参考までに。

参考URL:http://zorokoro.secret.jp/

Q死者が夢枕に立つという現象について

死者が夢枕に立つという現象があります。

特に近しい人が死んだ同じ時刻に、その人を見る「夢枕」で、あとで調べると本当にそのとおりの状況で死んでいたという現象に興味をひかれます。
「告別の夢枕」と仮に呼びます。

戦争中に盛んに報告され、日本、ヨーロッパ、アメリカなど国、人種に関係無くあると聞きました。

この現象について解説してある本があったら紹介してください。
また、似たような経験をしたり、意見や感想などがあれば何でも書き込んだください。

わたしの親戚でも、戦争中に従兄弟がなくなった(病死)のを夢枕に見た女性がいます。
あまりに夢がリアルだったので近所に触れ回り、それが的中したので話題になったそうです。

しかしこのような話は最近ききません。
戦争など特殊な状況における心理現象なのでしょうか?
戦国時代にもあったという話は聞きません。
死んだ時刻や死んだ状況が一致するというのはデマが単なる偶然の一致なのでしょうか?
死者を悼む気持がこのような記憶をつくるのでしょうか?
また経験者はほとんど女性という特徴をどう説明したらよいか。

「告別の夢枕現象」が事実とすれば、興味がつきません。

死者が夢枕に立つという現象があります。

特に近しい人が死んだ同じ時刻に、その人を見る「夢枕」で、あとで調べると本当にそのとおりの状況で死んでいたという現象に興味をひかれます。
「告別の夢枕」と仮に呼びます。

戦争中に盛んに報告され、日本、ヨーロッパ、アメリカなど国、人種に関係無くあると聞きました。

この現象について解説してある本があったら紹介してください。
また、似たような経験をしたり、意見や感想などがあれば何でも書き込んだください。

わたしの親戚でも、戦争中に従...続きを読む

Aベストアンサー

霊と言われるものの存在を前提にしたお話なのでしょうか(why)、それとも夢という現象の解析においてなのでしょうか(how)。いずれにせよ、事実としてあるようです。が、理論的にはモチロン証明されておりません。十全に説明ししようとしたら、霊や波動の理論を用いないと難しい。これらは仮説ですが、「オカルト」と安易に言われてしまう領域のことでもありますので、そういう目をお持ちの方でない限りは荒唐無稽に感じられると思いましたので、捕捉を要求させていただきました。

Q心温まる小説、爽やかな気持ちになれる小説 

こんばんは、今まで読まれた小説の中で、心温まる小説や読んだ後、爽やかな気持ちになれるおすすめの小説があれば教えて下さい。
個人的には

四十九のレシピの著者の「風待ちのひと」
宮下奈都 「太陽のパスタ、豆のスープ」
森見登美彦 「恋文の技術」
などが気に入っています。
宮下奈都さんの作品はこれから他のものも読んでみようと思っているので、それ以外でお願い致します。

「鉄道員ぽっぽや」や「ふたり(赤川次郎)」のように多少、ファンタジー要素のあるものは好きなのですが、あまりにファンタジー要素の強い作品はなしで、お願いいたします。(できるだけ現実味のあるストーリーのものでお願いいたます。)

◎「読んだ後、温かい気持ちになれる」作品
◎「読んだ後、爽やかな(晴れ晴れとした)気持ちになれる」作品
○その理由。ネタバレなしで感想お願いします。

では、お待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昨日本屋さんである作家さんの本を買ってきました。
山本幸久さんという方です。
知らなかったのですが、結構沢山著書があるようです。
買った本は半分くらい読みましたが、ファンになるかも。
今読んでいるのは「美晴さん ランナウェイ」という作品ですが、
「はなうた日和」という作品がとても良さそうです。
読んでないのに勧めるのもなんですが、
宮下奈都さんの作品は好きなので、好みが似ているかもしれないと思い・・ご参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報