諸星大二郎の孔子暗黒伝とか、あぁいう世界観のやつが好きなんですけど、小説であんな感じのやつってありますか?伝奇小説って言うんですかね。ライトノベルみたいな軽い感じじゃなくて、諸星氏のみたいな深い味わいのモノで、小説が読みたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酒見賢一さんの「陋巷に在り」


装丁も諸星さん…

http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=19705600

孔子の弟子顔回を主人公に、中国の思想というか宗教世界、呪術的世界と
政治的陰謀、人間の生命みたいなものが描かれていておもしろいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
おぉ!これは!まさに私が探してた小説にピッタリです!
装丁も諸星さんなんて出来すぎです(笑。
いいモノを紹介していただきました!どうもです。^^

お礼日時:2009/10/05 21:03

中国の古典には、伝奇小説のジャンルがあり、たくさんの作品があります。


その上、古典を近現代風にアレンジした作品までたくさんあって,けっこう楽しめます。
明治書院や平凡社から,たくさん出ています。

諸星大二郎の作品は,おそらくほとんど見ていますが、中国古典に出てくる,人名,地名、行事など固有名詞の文字の奇怪な印象は、諸星の絵のおどろおどろしさに通じるものを感じます。

また、世界の神話民話伝説にも,時折ぞっとするほど、大きさや深さを感じるものがあります。世界中に同じ様な伝説がのこっていたりして,民話世界独特の楽しみもあります。数をこなさなくてはならないのが,面倒くさい。

回答からは外れますが、クラシック音楽の超大作(演奏に4日間かかる)ワーグナーの「ニーベルンゲンの指輪」のお話と音楽にも、西洋的なおどろおどろしさがあり,白土三平の「神話シリーズ」も、諸星作品と比較できる傑作漫画だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
そうです、中国の伝奇小説みたいなのが読みたいんですよね。
明治書院、平凡社、そのへんでちょっとググってみます。
ニーベルングの指輪も面白そうですよね。音楽は好きなので
そちらも聴いて(見て)みたいと思います。どうもでした。^^

お礼日時:2009/10/05 20:59

光瀬龍 百億の昼と千億の夜 ハヤカワ文庫JA


http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/2 …
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
私の説明不足で、SFはちょっと考えてるモノとは違うんですよ。
でも、これもなかなか面白そうですね。
機会があったら読んでみたいと思います。どうもでした。^^

お礼日時:2009/10/05 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伝奇?ものの小説探してます

伝奇?ものっぽいミステリー系の小説を探してます.
伝奇もののジャンルの定義が僕の中で曖昧なのですが,ミステリーやホラーなどのジャンルの中で伝奇ものっぽい小説ってないでしょうか?

何かの事件に巻き込まれた主人公が事件の裏にある人智を超える謎や犯人を追う…とか,事件を起こす犯人そのものが現実的な人間じゃないっていうような設定だったり,「金田一少年の事件簿」にあるような妖怪とか幽霊などを隠れ蓑にして事件を起こすっていうような…
その敵と戦う…っていうよりは,ミステリー系なので事件の謎を追いつつ犯人を追い詰める…って感じのものがいいのです.一般的な小説には少ないでしょうか?
こういったジャンルはライトノベルの領域でしょうか?

オススメがありましたら,お願いします.
また,こういった作品自体が少ないのであれば,似たような雰囲気のものでも構いませんので教えてください.

今まで読んでみて,自分のイメージに一番近いと思ったのがエリザベスコストヴァのヒストリアンです.

注文が多すぎてすみません…
知っている作品があれば,どんどんお願いします!

伝奇?ものっぽいミステリー系の小説を探してます.
伝奇もののジャンルの定義が僕の中で曖昧なのですが,ミステリーやホラーなどのジャンルの中で伝奇ものっぽい小説ってないでしょうか?

何かの事件に巻き込まれた主人公が事件の裏にある人智を超える謎や犯人を追う…とか,事件を起こす犯人そのものが現実的な人間じゃないっていうような設定だったり,「金田一少年の事件簿」にあるような妖怪とか幽霊などを隠れ蓑にして事件を起こすっていうような…
その敵と戦う…っていうよりは,ミステリー系なので事件...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。ミステリーで妖怪系といえば、No.1の回答者様の書かれた京極夏彦の京極堂シリーズ&「巷説百物語」シリーズだと思います。どちらも面白いですが以前BSの方でドラマ化もされたようですし、一応1作1作が独立していますので、「巷説百物語」の方が京極堂シリーズよりはとっつきやすいと思います。http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B9%AB%C0%E2%C9%B4%CA%AA%B8%EC
 京極堂シリーズは一応は独立していますので、どこから読んでも一応は分かりますが「姑獲鳥の夏」から読み始めた方がより全体の流れが分かりますし、シリーズの中で一番薄いですのでとっつきやすいと思います。
 京極シリーズでも短篇集でもっと娯楽?寄りになる「百器徒然袋ー雨」「百器徒然袋ー風」もあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583243
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31398263

 他の作家では藤木稟さんの「朱雀シリーズ」がミステリーで伝奇っぽくて妖怪系です。「陀吉尼の紡ぐ糸」が第一作目だと思います。京極夏彦よりもっとドロっとした感じです。時代設定も大正?時代あたりで難事件を朱雀十五が解決していくストーリーです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28363880

 良かったら読んでみて下さい。

 こんにちは。ミステリーで妖怪系といえば、No.1の回答者様の書かれた京極夏彦の京極堂シリーズ&「巷説百物語」シリーズだと思います。どちらも面白いですが以前BSの方でドラマ化もされたようですし、一応1作1作が独立していますので、「巷説百物語」の方が京極堂シリーズよりはとっつきやすいと思います。http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B9%AB%C0%E2%C9%B4%CA%AA%B8%EC
 京極堂シリーズは一応は独立していますので、どこから読んでも一応は分かりますが「姑獲鳥の夏」から読み始めた方がより全体の...続きを読む

Q高田崇史QEDについて!

どうしても読みたいので、回答おねがいします(>人<;)

高田崇史さんの、とくにQEDシリーズが大好きなのですが、【出雲神伝説】のあたりででてくる(1)小松崎と大地くんに関する物語(2)崇の失った大切な人・それにともなう崇の自殺未遂の物語
が、気になってしょうがありません!!

毒草師シリーズ、カンナシリーズetc読んでみましたが、その部分に関して書いてあるものが見つかりませんでした。講談社ではないところからの書籍なのでしょうか。。。


何度も読み返すたびに気になって気になって。。ご存知の方、どうか回答お願いします!

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、残念ながらそれらの部分が実際にお話として書かれている小説は(少なくとも現在のところは)ありません。

高田先生はよく小説の登場人物(おもにタタルや貴湖ちゃん)に「歴史は憶えるものではなく考えるもの」だと言わせていますが、ご自身の小説でも「語り尽くさずにほのめかす」ということをしばしばなさっておられます。

(1)については、既に“出雲大遷宮”の中でタタルが「中島晴美さんと何回か会っている」と発言していることや、「大地君と小松崎不在時に会っている」ことなどから、タタルが現在(大遷宮の時点)どのような生活を送っているのかをほのめかしていましたし、“伊勢の曙光”では直接ではないものの種明かしをしていました。

(2)については私の知る限りでは全くと言って良いほど触れられていませんが、タタルがいい年をして恋愛に臆病というか、自分の人生から切り離そうとしていたとしか思えないような行動の原因として考えられた設定だと思われます。

他にも、「タタルは中学入学前に何故か1年、学年が遅れている」とか、「九段坂の春の二人きりの送別会で、何か…あった」など、裏設定が書きこまれたり、色々とほのめかされたりしていますね。
高田先生はシャーロキアン(シャーロック・ホームズ研究者)にも興味がおありのようなので、小説そのものだけでなく、登場人物やその人間関係なども推理して楽しめるようにしていらっしゃるのではないかと思われます。

近いうちにQEDの追加作が上梓されるそうです。“~flumen~”だということなので、時間軸が通常のQED世界のものからずれた作品になるようですが、過去にずれれば(2)の話に、未来(現実世界の時間軸)にずれれば(1)の話に触れられることもあるかもしれませんね。高田先生の性格から考えるとまたもや“ほのめかし”で終わっちゃうような気がしますが…。

私のこの回答も“ほのめかし”っぽくなっていますが、やはり、ご自分で色々とお考えになられた方が楽しめると思ったからです。

それでもどうしてもそのようなお話を読みたいとお思いでしたら、二次小説の作家さんの中に、高田先生の世界観を壊さずに、素敵なショートストーリーを書かれている方がいらっしゃいます。その方はマンガもお上手でかなり面白いタタ・ナナコミックも描いていらっしゃいます。
そちらのサイトでは、(1)も(2)もかなり高いクォリティのお話を読むことができます。同人誌などには全く興味が無かった私がハマったくらいのレベルですので、「やはり高田先生の書かれたもの以外ではタタル君や奈々ちゃんに会いたくない!」と思っていらっしゃるのでなければ、サイトを覗いてみるのも楽しいと思います。

URLは敢えて掲載しませんが、検索すればすぐにヒットすると思います。

これからも高田先生の作品をお互い楽しみましょう!(ファンクラブの集まりも楽しいですよ!高田先生と直にお話しできますし、前回は高田先生の“ナマ歌”も聴けました(笑))

結論から申し上げますと、残念ながらそれらの部分が実際にお話として書かれている小説は(少なくとも現在のところは)ありません。

高田先生はよく小説の登場人物(おもにタタルや貴湖ちゃん)に「歴史は憶えるものではなく考えるもの」だと言わせていますが、ご自身の小説でも「語り尽くさずにほのめかす」ということをしばしばなさっておられます。

(1)については、既に“出雲大遷宮”の中でタタルが「中島晴美さんと何回か会っている」と発言していることや、「大地君と小松崎不在時に会っている」ことなどから...続きを読む

QNHK受信契約書を書いてしまったのですが

質問させていただきます。

昨日NHKの業者と玄関で鉢合わせ、先に部屋に入ったものの居留守は使えず、向こうはここぞとばかりにしつこくノックとチャイムを繰り返し、出ざるをえない状況に陥りました。

意地でも出ないで居留守を使っておけばよかったと後悔しつつも応対すると
案の定、契約するようにと、しつこく言ってきました。

当然こっちも難色を示して断ろうとはしましたが、テレビをつけっぱなしで音声が聞こえてる状況でテレビがないとも言えず、あることを認めてしまい逃れられない状態に。


もう少し事前に情報を仕入れて毅然とした対処をすればよかったのですが、突然の訪問。丸腰の予備知識0。
それでも払う気は無いといい続けると「この話し合いに応じることが出来ないなら・・・」と
訴える事もできるんだぞ的な雰囲気で押し込まれ、結局恐怖に駆られてしまい契約してしまいました。


契約したことを今になって非常に後悔しており、なんとか払う事を拒否できないものかと考え
契約書を改めて見ると、住所を間違えて書いていることに気づきました。
本来なら●丁目の所を▲丁目と数字を間違えており
それと郵便番号も未記入で、登録したキャッシュカードは実家の住所のもので現在の住居の住所ではありません。

この場合契約は不成立になり、今回のやり取りで支払い引き落としが発生することはありませんよね?

特に住所の間違えは契約を成立させるには至らないと思うのですが、たかが一文字間違えた程度でも強引に契約成立させられて、支払い引き落としをさせられてしまうのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

質問させていただきます。

昨日NHKの業者と玄関で鉢合わせ、先に部屋に入ったものの居留守は使えず、向こうはここぞとばかりにしつこくノックとチャイムを繰り返し、出ざるをえない状況に陥りました。

意地でも出ないで居留守を使っておけばよかったと後悔しつつも応対すると
案の定、契約するようにと、しつこく言ってきました。

当然こっちも難色を示して断ろうとはしましたが、テレビをつけっぱなしで音声が聞こえてる状況でテレビがないとも言えず、あることを認めてしまい逃れられない状態に。


もう...続きを読む

Aベストアンサー

住所を誤記したとしても、あなたが契約者本人であることに変わりはない、カード情報を誤って書いたとしても同じですよ。あなたの意思で受信契約をしたなら、それは有効でありあなたは今後の受信料支払いの義務があります。契約後に支払わず、NHKが民事訴訟を起こせば、あなたは間違いなく負けます。判例もあります。

放送法では受信設備を設置したものはNHKとの契約をしなければならない、と規定していますが、これには罰則もありません。強制力はないわけです。つまりTVがあっても受信者であるあなたは契約の締結を拒否してもなんら不利益にはなりません。NHKが「契約を締結することを求める」という訴訟を起こしたこともありません。現在の判例はあくまでも契約していながら支払わない加入者を対象にしていますからね。

契約を無効にするためには締結の判断をするに当たって、あなたの自由な意思が契約当時にはなかった、と証明せねばなりません。脅迫、錯誤(勘違い)、泥酔などの意思能力欠如などがそれに当たります。今回の事例で、もし集金人が「契約を結ばないと裁判にする」と言ったのであれば、それは事実と異なる情報(そんな裁判例などはないが)を与えたことになり、あなたの錯誤(勘違い)を招いたことになります。第一裁判は起こしたほうが勝ち、なんてルールはありませんしね。

NHK支社に電話して、「集金人が契約を結ばないと裁判にするぞ、と恫喝したがそれはNHKの正しい姿勢として指導しているのか」とでもお聞きになったらいかがですか?

住所を誤記したとしても、あなたが契約者本人であることに変わりはない、カード情報を誤って書いたとしても同じですよ。あなたの意思で受信契約をしたなら、それは有効でありあなたは今後の受信料支払いの義務があります。契約後に支払わず、NHKが民事訴訟を起こせば、あなたは間違いなく負けます。判例もあります。

放送法では受信設備を設置したものはNHKとの契約をしなければならない、と規定していますが、これには罰則もありません。強制力はないわけです。つまりTVがあっても受信者であるあなたは契約の締...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報