【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

今回もお世話になります。
こんど京都から東京へ行く際、事情あって新横浜で新幹線を降り、横浜線・東神奈川経由で東京駅へ向かうことになりました。この場合「京都市内から東京まで」の乗車券1枚で最後まで乗ることが出来るのでしょうか? なお新横浜駅で途中下車するか、せずにそのまま在来線ホームへ行くか、前日にならないと決まらないのですが、どちらになるかでも乗車券の買い方が変ったりするのでしょうか(切符は当日、京都駅で買う予定です)。すみませんが教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

実は新横浜がらみの切符については、切符に関する知識に詳しい人でも勘違いしやすいほど例外が複雑に絡んでいる区間です。


従って、以下に理由を含めて説明しますが、理由等がよく理解できなかったら、「全区間在来線経由で乗車券を買っておくと希望通り乗車できる」という意外な結論を実践してください。

まず、乗車券というのは実際の乗車経路どおりに購入するのが大原則です。似たような経路があっても、券面記載と異なる経路で乗車することは原則できません。
しかし、実際には質問者様のように「似たような経路でどちらを利用するかその時でないとわからない」というケースは多々あると思います。そのため、そのようなケースでも特に定めた条件を満たす場合は、異なる経路でも変更等を行なわずに乗車できる特例が定められ、これを「選択乗車」と呼んでいます。

さて、京都から東京まで新幹線がらみで乗車券を買うと、以下のような経路が考えられます。
(1)全区間新幹線経由の乗車券…京都・新幹線・東京経由と記載
新幹線の特急券等と同時に買ったり、新幹線に乗るといえば普通この経路の乗車券が発行されます。

(2)全区間在来線経由の乗車券…東海道線経由と記載
新幹線に乗らないとか、在来線のみで移動とか言わないとこの経路で発行されることはありません。

(3)横浜線経由の乗車券…京都・新幹線・新横浜・横浜線・東海道線経由等と記載(実際にどのように記載されるかは私にはわかりません。大口等横浜線の途中駅で表示される可能性もあります)
横浜線経由で売ってくれと言わない限り、絶対に売ってくれません。

まず、新幹線と並行する在来線の乗車券はそもそも同じ路線とみなされますので、東京までの全区間で見れば(1)で在来線のみを利用したり、(2)で新幹線のみを利用したりすることは全く制限なく利用できます。
(3)の場合は以下で説明する選択乗車がなければ、小田原までの在来線・新幹線は自由に選べます。

で、新横浜付近は新幹線駅が横浜とはなれて新横浜駅があり、そこへ横浜線が絡んでいるおかげで、別路線扱いが可能です。別路線扱いが可能と言うことは、逆に言うと券面記載の経路通りでないと乗車できないことになります。
そこで、選択乗車の出番です。新横浜に絡む選択乗車は以下の2種類あります。

http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …
(選択乗車)
第157条 旅客は、次の各号に掲げる各駅相互間(略図中の〓線区間以遠の駅と━線区間以遠の駅若しくは◎印駅相互間)を、普通乗車券又は普通回数乗車券(いずれも併用となるものを含む。)によつて旅行する場合は、その所持する乗車券の券面に表示された経路にかかわらず、各号の末尾に記載した同一かつこ内の区間又は経路のいずれか一方を選択して乗車することができる。ただし、2枚以上の普通乗車券又は普通回数乗車券を併用して使用する場合は、他方の経路の乗車中においては途中下車をすることができない。

http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …
(24) 品川以遠(田町又は大崎方面)の各駅又は西大井若しくは新川崎と、小田原以遠(早川方面)の各駅との相互間(品川・横浜間、品川・新横浜間)(小田原・横浜間、小田原・新横浜間)

(25) 小田原以遠(早川方面)の各駅と、東神奈川以遠(新子安方面)の各駅との相互間(東海道本線経由、新幹線及び横浜線経由)

まず(24)ですが、要は新幹線経由の乗車券で在来線に乗車できる。と言うことをいっているに過ぎません。但し、選択できる区間が新横浜で区切っていることに深い意味があります。つまり、この規定により新横浜まで新幹線→新横浜-横浜を別途運賃払いで移動(横浜線移動でも別途運賃が必要)→横浜から在来線で移動(またはその逆)が可能となります。
但しこの条件に該当する切符は(1)または(2)の全区間新幹線又は在来線の切符のどちらかです。
(3)の横浜線経由の乗車券はこの特例の条件に該当しませんので、経路どおりの新横浜→横浜線→東神奈川→東海道線(京浜東北線)しか乗れず、新横浜→新幹線→品川はこのままでは乗車できません。(経路の変更手続きが必要となります)

そして次の(25)です。
こちらは、(3)の横浜線経由で買っても東海道在来線をずっと乗ってもいいし、(2)の東海道在来線経由で買って横浜線経由に乗ってもいいということです。
しかし、(1)の新幹線経由はこの条件に含まれません。

ということで、横浜線に追加運賃支払や乗車券の経路変更の手続きなく乗れるのは(2)の全区間在来線か、(3)の経路どおりという事になってしまいます。そして、(3)の経路どおりを買ってしまうと今度は新横浜-品川間で新幹線に(そのままでは)乗れなくなってしまいます。(2)の全区間在来線なら、(24)の規定により、新幹線で品川に向かうのにも利用できますので、結局新横浜以東で新幹線に乗るか横浜線に乗るかわからない場合は、(2)の全区間在来線を買う方がよいという意外な結論になるのです。
新幹線の特急券を買うのに、乗車券は全区間在来線でと言うと、係員に対して説明が困難になるので、「どこから新幹線に乗るか決めてないのでとりあえず在来線経由で売ってください」と言うのが一番説明を要さない頼み方だと思います。(但し、この買い方をする場合、特急券は別に買うことになってしまいます)

ちなみに、横浜線を利用すると言うことは途中駅での下車を検討しているということでしょうか。(25)の場合は新横浜-東神奈川-川崎の途中駅ならどの駅でも途中下車可能です。くどいかもしれませんが(2)の全区間在来線の切符の場合でもです。

しかし、もし、「横浜で降りる」場合だと話は変ります。
横浜駅はこの経路上から外れた区間にあります。
従って、横浜駅で降りたい場合は以下の扱いになります。

(1)の経路 新横浜-横浜間の運賃を別途払って(24)を適用、横浜から在来線乗車時は、そのまま乗車可能

(2)の経路 
・上と同じく(24)適用で移動(新横浜-横浜の片道運賃を払う)
・(25)適用で東神奈川で途中下車したことにして、東神奈川-横浜間の往復運賃を支払う(横浜下車時に運賃支払、横浜乗車時に東神奈川までの切符を購入して乗車)

(3)の経路
東神奈川-横浜の往復運賃を支払

つまり、横浜線を使いたいの趣旨が、「横浜駅に降りたい」ならどのような切符の買い方をしても追加運賃の支払は免れません。(小田原で在来線に乗り換えれば、追加は不要です)
そして、新横浜-横浜の片道より、東神奈川-横浜の往復の方が高額となりますので、(25)を適用させる必要はありません。

となると、横浜で降りるかもしれないというのが本質問の趣旨であれば、素直に(1)の新幹線経由乗車券を買っても問題ないことになります。

横浜線を使いたいの趣旨が経路上の駅(大口、東神奈川、鶴見など)での途中下車にあるのなら、(3)の経路どおりか、(2)の在来線経由を買う方がよいことになります。しかし、前述のように全部新幹線に乗る可能性があるのなら、変更が必要で購入時に手間取る可能性のある(3)を買うより、選択の範囲が広い(2)在来線経由を買った方がよいことになります。

長々と失礼しました。
    • good
    • 1

>乗車券に「新幹線経由」と書いてあるのは単に旅客会社同士の運賃割合を決定するのみで乗車券の効力には一切関係有りません。



東海道新幹線におけるJR各社間の収入精算配分については、実際乗車経路に基づき、会社ごとの営業キロ比率に応じて算出しています。(他社発券に対する手数料支払についての説明は割愛します。)

新幹線と在来線で運営する会社が異なる東京~熱海間、米原~新大阪間については、乗車券の券面記載経路が在来線経由の場合であっても新幹線に乗車した場合は、JR東海の収入とし、同様に新幹線経由の場合であっても在来線に乗車した場合は、JR東日本又はJR西日本の収入としています。

また、乗車券に特定都区市内等が適用されている場合は、東京都区内、東京山手線内、横浜市内の区間についてはJR東日本の収入とし、同様に京都市内、大阪市内の区間についてはJR西日本の収入としています。

このほか、「乗車券の効力」について、幹在別線区間は「選択乗車」によって、幹在同一区間と差がないように規定されています。(旅客営業規則157条1項)

しかしながら、「大都市近郊区間の特例」については、「幹在同一の原則」にかかわらず新幹線が除かれている区間(旅規156条(2))にあっては、「新幹線経由」の乗車券の場合、当然にこの特例は適用されません。つまり、同じ「選択乗車」という名であっても、大都市近郊区間でいう選択乗車(いわゆる「大回り」)は一切認められないのです(同157条2項)。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 … (157条2項)

大都市近郊区間の特例が付いた在来線経由の乗車券を用いて、券面記載経路に対応する新幹線除外区間に乗車することは、「幹在同一の原則」や「幹在別線区間の選択乗車」によってもとより可能ですが、新幹線下車後は在来線を選択乗車(大回り)することはできません。逆に、先に在来線を選択乗車(大回り)した場合、以後新幹線除外区間は乗車できません。

つまり、新幹線除外区間に乗車した時点で、あるいは先に在来線を選択乗車した時点で、大都市近郊区間の特例のうち「選択乗車」の部分は放棄したことになるのです。言い換えると、新幹線除外区間にあっては、「幹在同一の原則」と「大都市近郊区間の選択乗車の特例」は両立できないのです。

大都市近郊区間の特例が付されている乗車券の場合、運賃計算に用いた営業キロにかかわらず、有効期間は当日限り(同154条)、途中下車は不可(同156条)、乗り越し精算は差額精算(同249条)ですが、新幹線除外区間を「新幹線経由」にした場合は、これらはすべて運賃計算に用いた営業キロに依存します。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 … (154条1項(1)イ)
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 … (156条(2))
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02 … (249条2項(1)ロ(イ))

旅規の154条、156条、157条は「乗車券の効力」に分類されています。乗車券の券面記載経路が「新幹線経由」か「在来線経由」かにより、「乗車券の効力」が異なる場合はあるのです。
    • good
    • 0

No.2様とNo.3様が完全回答ですよ。

まさに、No.2様の冒頭の記述が的を射ていますね。

>実は新横浜がらみの切符については、切符に関する知識に詳しい人でも勘違いしやすいほど例外が複雑に絡んでいる区間です。

・「経験者」で「自信あり」でも勘違いしてしまう区間なのです。

>(1)新幹線経由の場合(略)ただし、この場合、新横浜駅と横浜駅の間の移動は、JR横浜線を利用するときでも【別途運賃が必要】となります。(略)(1)の方法の他(略)横浜線の運賃は必要ありませんが、横浜駅に立ち寄る場合は【東神奈川~横浜の運賃が必要】です。(No.3様)

・そのままでは、新横浜~横浜の移動ができないのは当然です。No.3様のご回答には「別途運賃が必要」の旨の記述がありますよね。

>乗車券を「在来線経由で」と指定して購入していただきますと、ご質問の問題はクリアできますし、新横浜駅での途中下車も可能です。(No.3様)

・そのとおりです。元々の効力は同じではありません。元々の効力が違うからこそ、旅客営業規則157条1項で、(24)と(25)に分けているのです。

(24)と(25)は、それぞれ(新幹線経由vs東海道線経由)と(新幹線+横浜線経由vs東海道線経由)の対比です。いずれも東海道線経由との対比ですから、最初から「東海道線経由」の乗車券であれば、どちらでも対応できるわけです。No.3様の「在来線経由で」というのは「東海道線経由で」という意味です。

つまり、小田原~品川間について、「新幹線経由」の乗車券で選択乗車をしたい場合は、(24)により横浜線は選択できず、東海道線経由しか選択できません。同様に、「新幹線+横浜線経由」の乗車券で選択乗車をしたい場合も、(25)により全線新幹線経由は選択できず、東海道線経由しか選択できないのです。

しかし、「東海道線経由」の乗車券で選択乗車をしたい場合は、(24)と(25)のいずれも主張できますので、こちらの方が自由度が高まりますよ、というのが、No.2様とNo.3様のご回答です。何らおかしい点はありません。

>まず(24)ですが、(略)この規定により新横浜まで新幹線→新横浜-横浜を【別途運賃払いで】移動(横浜線移動でも【別途運賃が必要】)→横浜から在来線で移動(またはその逆)が可能となります。(No.2様)

・確かに、(24)の「新横浜、横浜」は単に経路を示しているだけで新横浜~横浜間を移動できることを示しているのではありません。だから、No.2様も「別途運賃が必要」の旨の記述がありますよね。誰もそのままで(別途運賃を払うことなく)移動できるとは言っていません。

要するに、新横浜駅でいったん途中下車して、横浜駅で当初の乗車券を再利用するというイメージです。この場合の新横浜~横浜間の移動は、もう途中下車中ですので、何もJR線を使う必要はありません。バスでもタクシーでも徒歩でも何でもいいのです。いずれにせよ、移動コストは別負担すればよいのです。JR線で移動するのであれば、別負担なのですから、新横浜→横浜の運賃を支払えば、何ら問題はありません。

正解は、「京都市内→東京都区内(経由:東海道)」の乗車券を買えば、予定がどうなろうが、変更なしで対応できる、ということです。

選択乗車(24)(25)において、新幹線の新横浜駅と東海道線の横浜駅は互いに対応駅となっています。よって、注意点としては、新幹線で新横浜駅に到達した時点で、乗車券の券面記載経路のうち、東海道線の横浜駅までの権利は行使済みだということです。行使済みの権利は重ねて行使することはできません。

仮に、この乗車券を用いて、新横浜駅から横浜駅に横浜線で移動することになれば(選択乗車(25)を適用すれば)、東神奈川駅は横浜駅よりもゴール駅(東京都区内)寄りに位置していますので、横浜線の東神奈川駅に到達した時点で、券面経路でいう東海道線の東神奈川駅までの権利が行使済みと同じ扱いになってしまいます。よって、このままでは、東神奈川→横浜は「後戻り」となってしまいますので、別途、東神奈川⇔横浜の往復運賃を負担してください。

http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …
    • good
    • 1

回答番号:No.4のPAPです。


回答番号:No.3についてですが、本サイトにおいて、仮に誤った回答であっても「嘘つき」という表現はお使いになら弐法がよろしいでしょう。

質問者様には、真偽のほどを窓口などでお確かめいただくしかありませんが、ご参考までに私の回答の根拠について述べておきます。
私の回答はJR東日本からの公式回答をもとに記述しておりますので、通常は誤りは無いものと認識しております。

実際のご旅行において、横浜線を利用したかどうかを鉄道側が認識できるかという問題はありますが、新横浜~東神奈川の運賃160円を別途請求されることのないよう、在来線経由での購入をお勧めします。
    • good
    • 1

そのままで乗車可能です、新横浜~川崎間で途中下車も可能です。



相変わらず嘘を書く方がいますね。
ここからは嘘つき回答者向けです。
乗車券に「新幹線経由」と書いてあるのは単に旅客会社同士の運賃割合を決定するのみで乗車券の効力には一切関係有りません。
小田原・品川間通過となる場合旅客営業規則第16条の2第1項が適用になります。第2項が適用になるのはこの間の両線にかかる場合のみです。

>(1)新幹線経由の場合
>新幹線の新横浜駅と在来線の横浜駅が対応して、新幹線~新横浜駅と横浜駅~在来線といった乗換ができます。
>ただし、この場合、新横浜駅と横浜駅の間の移動は、JR横浜線を利用するときでも別途運賃が必要となります。
>(2)在来線経由の場合
>(1)の方法の他、小田原~新幹線~新横浜~横浜線~東神奈川~京浜東北線~品川駅といった経路も選択でき、横浜線の運賃は必要ありませんが、横浜駅に立ち寄る場合は東神奈川~横浜の運賃が必要です。
新横浜、横浜の移動は出来ません。

>乗車券を「在来線経由で」と指定して購入していただきますと、ご質問の問題はクリアできますし、新横浜駅での途中下車も可能です。
どちらでも効力は同じです。

>まず(24)ですが、要は新幹線経由の乗車券で在来線に乗車できる。と言うことをいっているに過ぎません。但し、選択できる区間が新横浜で区切っていることに深い意味があります。つまり、この規定により新横浜まで新幹線→新横浜-横浜を別途運賃払いで移動(横浜線移動でも別途運賃が必要)→横浜から在来線で移動(またはその逆)が可能となります。
この「新横浜、横浜」は単に経路を示しているだけで新横浜、横浜間を移動できることを示しているのではありません。他の同様区間の規定を見ればわかりそうなものですが。

以下も嘘だらけですがめんどくさくなったので省略します。
    • good
    • 0

乗車券の規則で、東海道新幹線経由であっても、東海道線経由であっても新幹線か在来線を自由に選択して利用できます。


また、ご質問の乗車券の場合は途中下車ができますので、とくとくきっぷなどを利用しない場合は問題なく新横浜駅で途中下車できます。
ただし、京都市内各駅と東京都区内各駅では途中下車できません。

さて、ご質問の新横浜駅や岐阜羽島駅など、新幹線と在来線の駅が離れている場合には注意が必要で、特にご質問にある新横浜駅は横浜線というJRの路線で在来線の東海道線とつながっているために、わかりにくくなっています。
結論は、小田原~品川が
(1)新幹線経由の場合
新幹線の新横浜駅と在来線の横浜駅が対応して、新幹線~新横浜駅と横浜駅~在来線といった乗換ができます。
ただし、この場合、新横浜駅と横浜駅の間の移動は、JR横浜線を利用するときでも別途運賃が必要となります。
(2)在来線経由の場合
(1)の方法の他、小田原~新幹線~新横浜~横浜線~東神奈川~京浜東北線~品川駅といった経路も選択でき、横浜線の運賃は必要ありませんが、横浜駅に立ち寄る場合は東神奈川~横浜の運賃が必要です。
なお、川崎~品川は東海道線を利用してもかまいません。
注:ここで言う東海道線や京浜東北線は運転路線の名称をさします。

このようなことから、乗車券を「在来線経由で」と指定して購入していただきますと、ご質問の問題はクリアできますし、新横浜駅での途中下車も可能です。
このとき、予定が変わって新横浜~品川・東京を新幹線で移動することになっても問題はありません。
なお、新幹線経由でも在来線経由でも乗車券の値段(=運賃)は変わりません。
    • good
    • 0

特急券と乗車券ですが、乗車券の方は、下車前途無効とかではなかったですか。

新横で下車する可能性があるのなら、京都→新横浜の乗車券と新幹線特急券を買って、新横浜で下車せずにそのままの場合は、東神奈川経由→東京駅へ来てから精算すれば宜しいかと思いますが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速な御回答、ありがとうございます。
*******************************
おひとりおひとりに御礼コメントを記すべきかもしれませんが、まことに恐縮ながらこの欄にまとめて書かせていただきます(#2以下の皆さまもこの箇所をご覧になってください)。
現在の自らの生活圏(京阪神)以外の交通事情・運賃体系等に全く疎い素人のわたしに長文の熱心な回答をしていただき、感謝申しあげます。
最近たびたび上京する機会が増えましたが、いつも決め打ちで買うのは京都から東京までの乗車券と新幹線券のみ。今回初めて往路、ワケあって変則的な行程をたどることになりましたが正直、新横浜駅については常々不思議に思っていました。新神戸みたいに在来線と離れている駅であれば割りきって考えることも出来ますが、なまじ東海道線とは異なる在来線上に位置しているということで「どういう扱いになっているんだろう」と以前から路線図を眺めるたびに気になって仕方ありませんでした。普段使っているJTBの時刻表には新神戸駅の特例の記載はありますが、新横浜については、ありませんし。
今回、鉄道事情に興味あって精通なさっているであろう方々でも、こうして複数の見解があるものと知り、目からウロコの思いです。
したがって、#6の方も仰っていますが
 >実は新横浜がらみの切符については、切符に関する知識に詳しい人でも勘違いしやすいほど例外が複雑に絡んでいる区間です。
という#2の方のこの一文を、非常に象徴的に感じております。

すべての御回答内容をよく読み返した上、当日に駅で切符を買うつもりではありますが出発間際に混乱したくもないので、それまでに(まだ日数があります)どこかの みどりの窓口 にて自分の行動予定をじ~っくりと説明して尋ねてみようと思います。
今回は思いのほか繁雑な質問してしまったみたいですみません。皆さま、重ね重ねありがとうございました。

お礼日時:2009/10/07 16:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(新幹線)東京駅下車切符なのに品川で降りる事は可能ですか?

エクスプレス予約で名古屋ー東京の新幹線チケットを手配したのですが
降りる駅を東京駅じゃなく、品川で降りたいです。
今の予約してある座席のまま名古屋ー品川に変えたいのですが、変える
事は可能ですか?変更は可能ですが、今の席は私達が取ってあるので
ネットでやっても×マークになってると思います(まだ見てませんが)
今の席のまま変更可能ならやり方を教えて欲しいです。

1番いいのは変更しないで品川で降りれるのがベストなんですが、下車
予定じゃない駅で区間内(オーバーしなければ)違う駅で降りる事は可能
なんでしょうか?怒られたり注意されたりしませんか?

14日発でちょっと急いでます。分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・エクスプレス予約でしたら、彼氏の名前とか書いてるくらいですから、通常のエクスプレス特急券+乗車券(出発地→東京都区内 )だと思いますが、東京までの乗車券・特急券で品川で降りても全く問題ありません。

・品川駅の在来線への乗り継ぎですが、
品川駅 構内図
http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shinkansen/shinagawa/map.html
この図の、一番下、新幹線ホーム見てください。
出口は、
・北口
・北のりかえ口
・南口
・南のりかえ口
この4つです。

ここで、北口と南口の改札は、直接品川駅の外へ出る改札ですので、ここで東京都区内行きの乗車券と新幹線特急券を通してしまうと、品川駅(=東京都区内)で降りたことになり、切符は乗車券も回収されてしまいます。
ですので、必ず、北のりかえ口と、南のりかえ口 どちらかを通ってください。
ここに、手持ちの乗車券+特急券(全部で1枚か2枚 どっちか分からないが、持ってる切符全部通す)を入れると、きっぷは返ってきます。もし特急券が別体だったら特急券だけ回収されて、乗車券だけまた出てきます。
で、出てきた乗車券で、山手線に乗れば、何てこと無く新宿到着です。

ちなみに、東京都区内の駅なら、どこでもそのまま乗って行けます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Tokyo-tokunai.PNG

早い話、新大阪の新幹線構内でも、正面の乗り換え改札出たら切符戻ってくるけど、横のロッテリアとかウドン屋とかある方の出口出たら、改札で切符全部回収されるでしょ?それと同じ。

なお、別にどうでもいいですが、新宿行くなら、東京までそのまま新幹線乗って、東京から新宿まで快速使った方が、座れるしお気楽でいいと思いますけど。

・エクスプレス予約でしたら、彼氏の名前とか書いてるくらいですから、通常のエクスプレス特急券+乗車券(出発地→東京都区内 )だと思いますが、東京までの乗車券・特急券で品川で降りても全く問題ありません。

・品川駅の在来線への乗り継ぎですが、
品川駅 構内図
http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shinkansen/shinagawa/map.html
この図の、一番下、新幹線ホーム見てください。
出口は、
・北口
・北のりかえ口
・南口
・南のりかえ口
この4つです。

ここで、北口と南口の改札...続きを読む

Q東京から名古屋の乗車券で横浜で途中下車できますか?

調べてもわからなかったので教えてください。

今度、名古屋東京を往復します。
往路は名古屋→東京を新幹線で行きます。

復路で東京→横浜で途中下車で横浜を観光。
その後、新横浜→名古屋の新幹線で帰宅しようと思います。
ここで横浜から新横浜までの移動手段として、
東京→名古屋の乗車券を使用してJR横浜線で行くことはできるのでしょうか?
この計画だともしかして、横浜と東神奈川間を後戻りしているので乗車できないのかと心配しています。

また、素直に横浜と東神奈川間の切符を別に購入したら、無事に新横浜から新幹線に乗車できるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3ですが、選択乗車で区間外になるところは別途購入すればどういうルートでも構いません。

#3の前者適用の場合は、横浜から新横浜までどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、横浜~桜木町、桜木町~新横浜を別途購入すればいいです。

#3の後者適用なら、東神奈川から同駅まで戻ってくるまでどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、東神奈川~桜木町の往復を別途購入すればいいです。

東京(都区内)→名古屋(市内)の乗車券でそのまま乗れるのは、
(1)東京~新横浜~名古屋 または 東京~横浜~名古屋
(2)東京~横浜・・・新横浜~名古屋 または 東京~横浜・・・新横浜~名古屋
(3)東京~東神奈川~新横浜~名古屋
のいずれかであり、桜木町だろうが関内だろうが区間外を別途購入すれば、
また元のルートを乗車することができます。(2)の解釈はちょっと難しいですが。
(新)川崎とか鶴見なら経路上なので追加運賃はいりません。

どちらの特例を適用させるのが安くすむかはケースバイケースです。

#3ですが、選択乗車で区間外になるところは別途購入すればどういうルートでも構いません。

#3の前者適用の場合は、横浜から新横浜までどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、横浜~桜木町、桜木町~新横浜を別途購入すればいいです。

#3の後者適用なら、東神奈川から同駅まで戻ってくるまでどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、東神奈川~桜木町の往復を別途購入すればいいです。

東京(都区内)→名古屋...続きを読む

QJRの新横浜駅と横浜駅は同一駅扱い?

東京都区内→大阪市内の乗車券で、東海道線を利用し横浜駅で途中下車して、別の手段(タクシー・地下鉄等)で新横浜駅まで移動し、新幹線で新横浜駅からその乗車券を続けて使用することができますか?
新富士駅で途中下車して富士駅から続けて使用できるように、新横浜駅と横浜駅でも同じ取り扱いが適用できるのかを教えてください。できる場合は、その根拠(規則等)も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文の上では意味が違います。
>(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)
これだと、新子安→東神奈川→新横浜と乗車後に、
新横浜→小田原の代わりに横浜から小田原まで東海道線に乗れることになってしまいますが、
>(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)
こちらではそのような乗り方は認められないと読めます。

(27)は品川~新横浜・横浜と新横浜・横浜~小田原の二つをまとめて書いたもの、
(28)は東神奈川~小田原の一つを書いたもので、横浜駅とは無関係と解釈するのが妥当だと思います。

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文...続きを読む

Q都区内乗車券で新横浜から乗れる?

今度、神奈川県から大阪に仕事で行くため、品川からの新幹線指定券と都区内からの乗車券を会社からいただきました。
自宅は登戸のため品川から行けなくもないですが、慣れてる新横浜から乗ろうと思ってます。指定券は問題ないと思いますが、都区内乗車券は新横浜から入場できるのでしょうか?経路は南武線、東横線、菊名から横浜線です。

Aベストアンサー

お手持ちの乗車券は、東横線からJRへの乗換となる「菊名」駅からご利用になって新横浜で新幹線をご利用下さい。菊名~新横浜の横浜線もお手持ちのきっぷでご利用になれます。
また、登戸駅、武蔵小杉駅、菊名駅にはみどりの窓口(いずれも午前7時から営業)がありますので、時間があれば都区内発を横浜市内発に変更することもできます。きっぷご使用前の変更は手数料がかからず、差額は返却されますが、一度変更してあるものは再度の変更はできません。その場合、払い戻して再度購入となり、払戻手数料210円が必要となります。
きっぷを利用して改札を通ったあとの変更や払いもどしは別の条件となりますので、きっぷを使う前に変更して下さい。

新幹線特急券のほうは新横浜から乗車されても問題ありません。

【ご注意】
上記は券面に「乗車券」「新幹線特急券」とあるきっぷの場合です。
「乗車票」となっていたり、○に企の文字が入っているマークがある場合、使用方法が一般の乗車券・新幹線特急券と異なりますので、上記回答通りとはならない場合があります。
乗車票とある場合は、みどりの窓口での変更・払いもどしは一切できません。
○に企の文字がある場合は、券によりますので、みどりの窓口でご確認下さい。

また、ご質問にある「新幹線指定券」となっているきっぷの場合、ふつうにみどりの窓口で買った「新幹線特急券」とは別のタイプですので、こちらも上記回答通りとならない可能性があります。発行所や会社などにご相談下さい。

なお、お手持ちが新幹線回数券の場合でしたら、上記回答通りにご利用になれます。

お手持ちの乗車券は、東横線からJRへの乗換となる「菊名」駅からご利用になって新横浜で新幹線をご利用下さい。菊名~新横浜の横浜線もお手持ちのきっぷでご利用になれます。
また、登戸駅、武蔵小杉駅、菊名駅にはみどりの窓口(いずれも午前7時から営業)がありますので、時間があれば都区内発を横浜市内発に変更することもできます。きっぷご使用前の変更は手数料がかからず、差額は返却されますが、一度変更してあるものは再度の変更はできません。その場合、払い戻して再度購入となり、払戻手数料210円が必...続きを読む

Q新横浜駅と横浜駅での乗換

教えてください。新横浜駅と横浜駅での乗換。

すでに正答が出ている質問かもしれませんが、見つけられないので質問させてください。
広島~東京(新幹線経由)の乗車券を持っていて、新横浜駅で途中下車後、横浜駅に移動して、東京方面に向かう場合。

横浜線東神奈川駅から横浜駅までの往復の乗車券を購入すれば可能ということですが(そうなんですよね?)、質問したいのは、JR以外の方法…たとえば地下鉄で横浜駅に移動したり、車で移動したりした場合についてです。
横浜駅からJRに再乗車して、東京方面に向かうことができますか?
それとも、東神奈川駅までの片道乗車券が必要ということでしょうか?

できれば、JRの規則や規程などの根拠をしめしていただければありがたいのですが…。


ちなみに、ですが、過去の質問の回答に多く見られた
『新横浜駅から横浜駅にワープできる』について、ワープとはどういう意味で使われているのでしょうか?途中の運賃がかかるのなら、ワープではない気がするのですが…。

東京方面には在来線を利用します。

Aベストアンサー

ご質問にある「広島~東京(新幹線経由)の乗車券」を「広島市内→東京都区内(経由:新幹線)」として回答します。

新幹線を新横浜で途中下車し、横浜から在来線で東京方面に向かうことができます。
このとき、新横浜から横浜までの交通費が別途に必要で、横浜線を利用した場合でも、この区間(新横浜→横浜)の運賃が必要です。

これは、例えば岐阜羽島と岐阜、新富士と富士など、並行在来線(ご質問の場合は東海道本線)の駅と新幹線の駅が離れている場合、規則上で新幹線駅に対する在来線の対応する駅が決められています。この規則は旅客営業規則第157条となり、旅客営業規則はJR旅客鉄道6社で共通です。以下、ここでは旅客営業規則を営業規則と表記します。
また、営業規則は第○条-第○項-第○号となっており、細分化の必要に応じて項や号が存在しますが、項がなく号のみの場合もあります。項は2.3.と番号がついていますが、1.は番号をつけません。従って、2項以下が存在する条文では、2項の前は1項となります。号は(1)(2)(3)と番号がついており、こちらは第1号でもきちんと(1)と書いてあります。
ここでは、各規則はJR東日本の公式サイトのページを紹介しておきます。ただし、JR東日本のページは複数行にわたるカッコなどが省略されておりますので、必要に応じてJR東海の公式サイト内にあるPDFをご覧下さい。
http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/cjr-regulation/index.html

さて、ご質問の場合、営業規則第157条第1項第24号により、新横浜で途中下車して、横浜駅から在来線(東神奈川方面)を利用することが認められています。このため、在来線は横浜に限らず、途中の川崎などからはじめてもかまいません。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02_setsu/07.html

さて、同条同項の第25号に、横浜線の東神奈川までも利用できそうなきまりがあります。
第25号には末尾に「(東海道本線経由、新幹線及び横浜線経由)」とあります。これがポイントなのですが、同号が適用されるのは東神奈川~小田原間が東海道本線経由か新幹線及び横浜線経由のどちらかの場合に限定されます。今、ご質問の乗車券は新幹線経由であって横浜線経由にはなっていませんから、この号は適用されません。
仮に、ご質問の乗車券が東海道本線経由となっていれば適用されます。この部分はかなり複雑なきまりとなっています。
東海道本線経由の乗車券の場合、横浜線利用で東神奈川途中下車扱いとして、東神奈川~横浜の往復が必要となります。
あくまで、ご質問の新幹線経由の場合は、新横浜→横浜の運賃が別途必要となります。

結局、少なくとも小田原→都区内は在来線経由と指定して乗車券を購入した方が値段も何も変わらずに効力が違うきっぷとなってしまうと言う、チョット不思議な規則となっています。単純に横浜で下車する場合は、ご質問の乗車券で新横浜→横浜を160円で別途支払った方が、東神奈川(往復)横浜の130円x2=260円よりおとくになりますが、川崎で途中下車したい場合には、在来線経由で乗車券を購入した方が新横浜→東神奈川が不要でおとくとなります。

岐阜羽島と岐阜の間にJRがなく、自費で交通費を負担するのと同様に、新横浜から横浜までの交通費は別途自費負担となるのが原則ですが、川崎~静岡など200km以下で横浜市内が適用とならない場合などには、第25号のきまりは役に立ちます。一方、大井町に行くのに品川から戻るのが混むから、菊名から東急線を使うような場合、乗車券が新幹線経由では新横浜→菊名の運賃が必要だが、小田原か在来線経由としてあれば菊名駅で途中下車扱いとなるなど、場合によっては???と思ってしまう様なケースもあります。

『新横浜駅から横浜駅にワープできる』
これについては、「ワープ」の言葉に対する厳密な定義が必要となり、一般には超光速航法など、SFで多用されていますが、例えばメキシコの物理学者がワープに関する論文を発表しているなど、物理学的な側面もないとは言えません。(Wikipediaを「ワープ」で参照のこと)
従って、その回答文の中にあるワープの間にかかる費用などをどう考えているか分かりませんが、回答者は深く考えずに、単に2点間を瞬間移動するといったイメージ的に利用した程度ではないかと思います。

ご質問にある「広島~東京(新幹線経由)の乗車券」を「広島市内→東京都区内(経由:新幹線)」として回答します。

新幹線を新横浜で途中下車し、横浜から在来線で東京方面に向かうことができます。
このとき、新横浜から横浜までの交通費が別途に必要で、横浜線を利用した場合でも、この区間(新横浜→横浜)の運賃が必要です。

これは、例えば岐阜羽島と岐阜、新富士と富士など、並行在来線(ご質問の場合は東海道本線)の駅と新幹線の駅が離れている場合、規則上で新幹線駅に対する在来線の対応する駅が決められ...続きを読む

Q新幹線指定席の時間の前に自由席はOK?

タイトルどおりです。たとえば指定席13時に予約していて、7時の自由席に座るのはOKなのでしょうか?
ルール上OKなのかどうか?というのがひとつと、到着後、乗車時間前だから改札通るときに通れない、なんてことないでしょうか?

Aベストアンサー

問題無いかと思います。
改札を通る際に、どこの席に座っていたかなど分かるはずないし。乗車券と特急券さえあれば出れるはずですよ。

Q東海道線と東海道新幹線は並行していますが・・・

東海道新幹線は東海道本線とほぼ並行して走っていますよね。
そこで大阪-東京間の移動に関して疑問に思ったことがあるのですが、
例えば「大阪-(新大阪-新幹線区間-東京)」という経路の
往復乗車券と往復特急券を購入したとします。この場合、
(1)行き:「大阪-(新大阪-新幹線区間-東京)」 ※券面記載通り
(2)帰り:「東京-品川-川崎-東神奈川-(新横浜-新幹線区間-新大阪)」
のように、ある区間だけ新幹線を使わず(この場合は東京・新横浜間)移動することはできるのでしょうか。極端な話、全行程(大阪-東京間)を在来線で…。
もし上記のことが出来る場合、在来線の駅(例えば川崎)では、途中下車もできるのでしょうか。

Aベストアンサー

No3です。
>往復乗車券(大阪-東京間)だけ購入し、後で特急券(行きは新大阪-東京・帰りは新横浜-新大阪)を別途購入すればいいということでしょうか。これで帰りは川崎駅で途中下車できると・・・。

購入しようとする往復乗車券が「東海道線経由」(すなわち在来線経由)ならお考えの通りです。
一応先に示した(28)は規則を素直に読むと、新幹線経由だと横浜線は利用できないと判断できます。

Q新幹線回数券(東京ー名古屋)で新横浜途中下車は可能ですか

1)名古屋ー新横浜ー菊名
2) 菊名より私鉄でみなとみらい
3) みなとみらいで仕事をすませて私鉄にて横浜
4)横浜ー東京
上記の工程において、新幹線回数券(東京ー名古屋)は、1)だけ有効、1)4)が有効、どちらでしょう?

Aベストアンサー

新幹線に限らず、回数券は途中下車すると前途無効になります。
名古屋⇔新横浜(市内)新幹線回数券なら、新横浜⇒東神奈川⇒桜木町まで、運賃追加なしで利用できます。

Q新幹線の乗車駅の変更について

新大阪から東京間の新幹線の普通指定席の券があるのですが、その券で新大阪から乗らず、京都から乗ることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

新幹線特急券あるいは新幹線回数券であれば可能です。

説明で「新幹線特急券」は指定席、「新幹線自由席特急券」は自由席の特急券を言います。なお、「新幹線自由席特急券」には「新幹線自由/のぞみ特定特急券」を含みます。

新幹線に乗車できるきっぷは、大まかに
・JRが発売しているもので正規の金額=新幹線特急券
・JRが値段を割り引いて発売しているもの=新幹線回数券など一般におトクなきっぷやトクトクきっぷと言われるもの
・旅行会社が旅行プランとして発売しているもの=名称は多くが乗車票となっています
といった3種類に大別されます。
最初の正規のものは京都からでも乗車が可能です。
2番目のものは新幹線回数券では可能ですが、ものによっては京都から利用できないものもあるかもしれません。その場合、説明として「券面に指定(あるいは記載)されている駅以外では利用できません」といった注意書きがなされています。ちなみに「途中下車はできません」という文言は、一旦改札を出たあとにきっぷの残りを利用すること(これを途中下車と言います)ができないという意味で、途中の駅で降りられないと言うことではありません。前途無効となりますので、きっぷを改札で渡してしまえばOKです。
3番目のものは、旅行会社が利用方法を定めていますので、JRではなく旅行会社にご確認ください。

なお、最初の新幹線特急券の場合は変更も可能です。
変更にかかる手数料についてはJR西日本公式サイト内の以下のページをご参照ください。
http://www.jr-odekake.net/guide/info_6.html

変更できるのは1回で、手数料はかかりませんから、新大阪→東京の新幹線特急券を京都→東京の新幹線特急券に変更した場合、単純に差額が返金されます。ただし、クレジットカードで購入したものはクレジットの決済口座を介しての返金となりますので、その場で現金は戻ってきません。
すでに変更済みの新幹線特急券は、一旦払い戻して新規購入となりますので、払戻手数料が別途かかります。手数料については上記サイトに記載されているように、乗車日前日から当日発車時刻までは特急券の30%が必要になる点にご注意ください。
また、変更したい新幹線の指定席が満席の場合を除いて、「新幹線特急券」を「新幹線自由席特急券」(指定席を自由席)に「変更」することはできません。指定から自由にするときは一旦払い戻す必要があります。ただし、窓口では、指定から自由の変更=払戻と新規購入(手数料付き)は一度に行えます。

また、トクトクきっぷの中には、新幹線回数券のように回数の制限なく乗車前に変更が可能なタイプのものもあります。

JRの旅客営業規則には、「指定券の始発から利用しない場合は、座席を他人に売ることがある」といった記述もありますが、通常このような措置をとることはありません。車内で車掌さんが指定席を発売などするときは、座席を指定しませんので、駅で購入した指定席の切符を持っている乗客に座席使用の優先権があります。

新幹線特急券あるいは新幹線回数券であれば可能です。

説明で「新幹線特急券」は指定席、「新幹線自由席特急券」は自由席の特急券を言います。なお、「新幹線自由席特急券」には「新幹線自由/のぞみ特定特急券」を含みます。

新幹線に乗車できるきっぷは、大まかに
・JRが発売しているもので正規の金額=新幹線特急券
・JRが値段を割り引いて発売しているもの=新幹線回数券など一般におトクなきっぷやトクトクきっぷと言われるもの
・旅行会社が旅行プランとして発売しているもの=名称は多くが乗車票...続きを読む


人気Q&Aランキング