対面や電話で、別れのときに「失礼します」というのはよく使うと思います。
しかし、これは書面でも使えるものなのでしょうか?

メールや掲示板などで「用件のみですが失礼します」「それでは失礼します」など、主に若い人が使っていると思います。そして、メールのマナーについて書かれたホームページでは、しきりに「丁寧なメールの雛形」として文末に「それでは失礼いたします」を薦めています。(私が見ているホームページのジャンルに限ったローカルルールなのかもしれませんが、同じ系統のマナーページでは必ずこれが書かれています。)
が、私はこれに違和感を覚えてなりません。前者はわかるのですが、後者は何かが違うように感じます。

違和感の正体はわかりませんが…違和感を覚える旨を人に伝えたところ、手紙の書き方のホームページのURLと共に「手紙でも使われる、きちんとした表現です」と言われました。

ホームページでは「用件のみですが失礼します」に近い表現が紹介されていました。「取り急ぎ、まずはお礼まで」のようなものだと思います。これは、納得できるのです。「失礼は承知ですが、まずはこれでお許しください」のような意味合いだと思います。
そこで、再びその人に、「それは『用件のみでごめんなさい』みたいな意味合いだと思うから納得できるんだけど、『それでは失礼します』はまた違う用法だと思う。例えば小学生が職員室から立ち去るときの挨拶のようなノリかなと思う。」と伝えたところ、「『失礼します』は『ごめんなさい』という意味ではありません。全く、教養のない人ね!」と腹を立てられてしまいました。

私が感じた違和感は、単に私の好みの問題なのでしょうか。
それとも、やはり私は教養の無い人で、「失礼します」を理解していないのでしょうか。

メールや掲示板は手紙とは違って「話し言葉」を用いることも多いという点は理解しています。ですが、「これがマナー」と言い切ってしまえるほどきちんとした表現なのかが疑問なのです。
例えば、目上の人へのお手紙に「それでは失礼いたします」などと書いてもいいものなのでしょうか。

あまり好きな表現ではないので、手紙で使おうとは思わないのですが、
一般に「きちんとした表現」として認識されており、かつ私がその意味を理解できたなら、メールや掲示板で使ってみようかなと思います。

長文失礼しました。
それではこれにて失礼します。

-----------------------------

…使ってみましたが、私としては「長文失礼しました。」はありだと思いますが、「それではこれにて失礼します。」は何かが違うという気がするんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は仕事上、お客様(消費者)とメールのやりとりをする事が多く、


文面で「失礼します」を良く使っているので、ご質問を興味深く拝見させて頂きました。

最後の
>長文失礼しました。
>それではこれにて失礼します。
についてですが、これに違和感を感じるのは当たり前です。
用法、意味が違います。

前者は「相手に詫びる」の意味で、後者は「退出したりする時に言う挨拶」の意味です。

(これで)失礼します。は質問者様の仰るとおり、「小学生が職員室から立ち去るときの挨拶」で間違いないです。

しかし、私も今このご質問を読み、なぜ「失礼する」が挨拶なのだろうかと疑問を感じました。
良く考えたらおかしな話です。

で、調べてみると、下記の解釈が一番しっくりきたので、転載いたします。

*************************************************
(原則として)目上の人と別れるときである。
本来は目上の人に「下がってよろしい」と言われて初めて
目下の者はその場を辞すことが出来る。
何も言われないのに目下の者が勝手にその場を辞すのは礼を失する。
そのときには仕方がないので「失礼」するのである。
*************************************************

どうでしょうか?
(ちなみに私は納得しました。)

別の場所で「全く、教養のない人ね!」などと言われたようですが、
私にしたら、とんでもないです。

失礼しました、と言って、先方に「何を失礼したんだ?」と聞かれれば
その方は「常識でしょ。」と答えるのでしょう。

言葉の違和感、真意について考えれる質問者様は、
自分で考えることもせず、常識だから、と使ってる方に比べ
何倍も魅力があると思いますよ!

私も勉強させて頂きました。
ありがとうございます^^

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お早いアドバイスをありがとうございます!
ご紹介くださった解釈を読んで、私も、なるほど納得いたしました。
「下がってよろしい」が必要という考えはこれまで全く浮かんでこなかったので、もやもやが晴れたような気持ちです。すっきりしました!

お礼日時:2009/10/14 22:31

>「ごめんなさい」と「礼」というのが、やはり少しわかりませんでした。


> 「失礼なことをします」という発言をする=暗に「失礼なことをします。ごめんなさい。」まで意図している
>という解釈なのですが

 NO.2です。
そうですね。そういう解釈であれば、「ごめんなさい」ですね。
 相手に何か不利益を与えるわけではないが、自分のした行為が失礼な行為だと意識したときに「失礼します」とか、「失礼しました」という言葉となるという意味でした。失礼そのものをわびる「ごめんなさい」ならば、「ごめんなさい」でいいと思います。

 そういえば、他の人の家とか、部屋とかに入るときに「失礼します」といって入ったりすることがありますよね。これは相手のテリトリーを侵すことが失礼だから「失礼します」だと思うのですが、「ごめんください」という言葉もありますね。「ごめんなさいよ」とか、「ごめんよ」とか言って入ることもありかなと思えば、「ごめんなさい」で間違いはなさそうです。

 ただ、一般的な謝罪の意味での「ごめんなさい」は、明らかに相手の気分を害した、あるいは相手に不利益を与えたとわかった時に発する言葉ですが、「失礼します」「失礼しました」は、その行為が相手の気分を害することが無くても、相手に不利益を与えることが無くても、自分が、「失礼な行為だから、相手の気分を害する(害した)かもしれない、不利益を与える(与えた)かもしれない」と認識した時に発せられる言葉だと考えられないでしょうか。
 屁理屈のようですが、それが「礼(礼儀)」だと思います。「礼(礼儀)」は形ではなく心だと考えます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

再び回答をありがとうございます!
自分のした行為が失礼な行為だと意識したときに、というのに、そういう考え方があったかと納得しました。今まであまり私の中ではそういう考え方が無かったので、勉強になりました。そういえば「ごめんください」という言い方もありますが少し違いますよね。

お礼日時:2009/10/16 23:55

「それでは失礼いたします」は、リアルで人前を辞するとき「辞するという失礼をします」という意味から出たんでしょうね。


使われるうちにその意味が失われて、たんに「さようなら」のかしこまった形として定着→メールや手紙の文末にも使われるようになった。
という流れでしょうか。

言葉が、本来の意味を忘れて運用されるときの習慣だけで残っていることは、ほかにもあると思います。

例えば「ありがとう」。
本当は「有難う」であって、あるのが難しい、珍しいことをしてもらったときに言ったのでしょうが、今ではたんに「感謝」の代わりに使われています。
移行期には、あなたのように「有るのが難しいようなことでもないのに、『ありがとう』とは変ではないか」と感じる人もいたかもしれません。
「さようなら」も「そうでしたら」という意味ですが、今はそういう意味は忘れさられています。

というように、「元の意味をおきざりにして、ちょっとズレた運用法だけが残ることがあるが、それは時代ごとにちょいちょいあることなので、日本の言葉の変遷のお家芸みたいなもの、諦めろ」というようなことかもしれません。
移行期に違和感を感じる人がいるということも、これまたよくあることなのでしょうけど。

メールで使われた場合は「ここで文章を終わらすという失礼をします」というような意味に受け取っておけばいいのではないでしょうか。

しかし、手紙の末尾というのは難しいですよね。
最後の一文として、〆になるようなことを言わなければならない。しかしあまりにも意味のあることは避けなければならない。
よくあるパターンとしてファンレターとかで「では頑張ってください」というのがありますが、これもまた本当に「今以上に努力して下さい」と言ってるのではなく、単に結びとして好意的な言葉を書いただけなので、書かれた方も深く考えないのがいいわけです。
友達への場合「また会いましょうね」というのもありますが、これも社交辞令めいてしまって、いまいちです。

ちなみに私の場合、季節に関することに言及して相手の体調を気遣う言葉をつけることで結んでいます。
「暑くなって来たのでご自愛ください」「寒くなってきたのでお風邪など引かぬよう~」「季節の変わり目なので~」などなど。
これはある程度本気で書いてるんですが、相手はいい加減、「ワンパターンだなあこいつ」と思っているかもしれません。

そんなこんなを考えると、最も内容的に脱臭(?)されている「それでは失礼します」で文を結ぶというのは、自分にも相手にも便利でいい表現なのかもしれません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
「ありがとう」「さようなら」と同じようなものと考えればなんとなく納得できてしまいますね。

そして、
「頑張ってください」「また会いましょうね」体調を気遣う言葉…いずれも、これまでかなり本気で書いていたので、あちゃ~と思いました^^;
確かにそれを考えると「それでは失礼します」は、さっぱりした表現なのかもしれませんね。

お礼日時:2009/10/14 22:43

 「失礼」は、「礼を失する(失う)」という意味ですから、「長文失礼しました」は、「長い文を読ませてしまって、礼儀をわきまえていませんでした」ということになりますね。


 メール、掲示板の文末におかれる「失礼します」は、メール、掲示板から立ち去る、まさに「小学生が職員質から立ち去るときの挨拶」の意味で使われていると考えていいでしょう。
 仕事を終えて職場から帰るときに、まだ仕事をしている同僚に向かって、「お先に失礼します」ということがあります。これは何が「失礼」なんでしょう。まだ仕事をしている同僚がいるのに先に帰ってしまうことが失礼なのでしょうか。そういう意味もあるでしょう。では、小学生の場合は、職員室から立ち去ることがどうして失礼なのでしょう。これは、立ち去ること自体が失礼だとしか考えられません。そうすると、職場の場合も立ち去ること自体が失礼というふうに考えることもできます。今まで数時間一緒にいた人と別れるときも「では失礼します」などとと言ったりします。
 「失礼します」には、それまで相手と共有していた「場」から立ち去ること自体が失礼に当たるという感覚があります。メールや掲示板だけでなく、手紙も共有していた「場」と考えることができますから、手紙で使っても問題はないと思います。
 上司との話を終えて、上司のそばを離れるとき、「失礼しました」とも言いますし、「失礼します」とも言いますよね。これらは、「失礼」の内容が微妙に違うと考えられます。「失礼しました」は、それまでの会話が「失礼」であって、「失礼します」は、立ち去ること自体が「失礼」なのです。「ごめんなさい」とはやはり違います。「礼」の問題です。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
手紙も共有していた「場」と考えることができる、という考え方に、なるほどなーと思いました。

「ごめんなさい」と「礼」というのが、やはり少しわかりませんでした。
 「失礼なことをします」という発言をする=暗に「失礼なことをします。ごめんなさい。」まで意図している
という解釈なのですが、そうではなくてもしかして「ありがとう」に近い感覚なのでしょうか?
 「失礼なことをします」という発言をする=暗に「失礼なことをしますが、それを許してくださってありがとうございます」まで意図している のような感じでしょうか

お礼日時:2009/10/14 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールの書き方の昨今

メールの書き方、昔と今で変わっていますか?。

私がメールをやるようになったころは、

 ○○(差出人)です。
 本文(できるだけ簡潔に。長文を詫びる。)

という書き方が多かったように思います。
このごろでは

 △△(宛先)さま
 本文(長い。顔文字とかも入る。)
       ○○(差出人)

という書き方をよく見かけます。

高速、大容量の時代ですから、本文が長くなるのは当然の変化だと思います。
一方、宛先を最初に書いて差出人を最後に書くというのは思いがけない変化と感じているのですが、メールでの宛先や差出人の書き方の作法、その昨今での変化というものはあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の身のまわりでは、パソコンのメールでも最初に名乗る人って
滅多に居ませんね。私は必ず名乗りますが・・・

ビジネスの場合、たまに「○○さんへ」というのは書きます。
これは内緒で上司にBCCで送る場合、一瞬上司が「なんでこんな
メールが?!」と、特に携帯メールで受信した(転送している)場合、
意味がわからないんですが、「○○さんへ」と書いてると、自分に
宛てたものではないけど、BCCで送ってくれたものだな、と判断
できるからです。

友人同士のメールの場合、それほどマナーは気にしませんが
「こんにちは」とかのタイトル、多いですね。
タイトルで読む順番を変えるほどメールは大量にこないのですが
タイトルってけっこう大切だと私は思っています。

Qまずは、お礼まで…の「まずは、」はどういう意味があるのか?

手紙(特に礼状)などの締めの言葉として

まずは、お礼まで失礼します

という言葉が使われますが、この「まずは」というのは
どういう意味なのでしょうか?

特にお礼以外に内容はないけれども、お世話になったので
まずはお礼だけで取り急ぎ連絡しました。
(また次回は近況など便りをだしますね)という意味で
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

決めるべきことや話題とすべきことがいろいろあるとき、とにかくどれかに決めなければなりません。そのようなときに使われます。「ひとまず」「とにかく」という意味です。

*A君は映画に行こうと言い、B君はデパートに行こうと主張する。C君が「先ずは飯を食おう」

*ハガキなどで
長らくご無沙汰している人から誕生祝を送ってきた。
謝礼の言葉を述べた後に、近況を報告したり、共通の
友人の話をしたり、いろいろ話題はあるけれど、今回はお礼だけにしておく(急いでお礼だけ述べる)という意味で文末に「先ずはお礼まで(とりあえず本日はお礼のみ申し上げます)」と略式に書いたものが定着したものです。上司、先輩には避けるべき表現です。

Q中途採用の面接での返信メールの正しい書き方

中途採用の面接での返信メールの正しい書き方

中途採用で履歴書を送ったところ、面接のお知らせが来たのですが、ご都合のいい日を教えて下さい。
とのことなのですが、どういった書き方が正しいのでしょうか?
それとも、そこまで深く考えず普通にメールを返信すればよろしいのでしょうか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

常識の範囲で大丈夫です。
メールですから手紙のような形式ではなくビジネスメールの形式と言うものがあります。

件名はRe:付きの方がどの件だか分かるとか、貰ったメールを消さないほうが分かっていいという人もいるのでどちらでも失礼という事はないでしょう。用は一目でどの件だか分かればいいわけです。
ご自身の気持ちで丁寧で一目で理解できるものだと思うほうを選べばいいと思います。

宛名は送信者の名前が分かっていてその方に返信するなら、部署名とその方の名前を記述します。御中と様の使い方は手紙と同じです。

手紙にある時候の挨拶や拝啓などは不要。メールの場合は、相手に時間を掛けさせずに内容を伝える事も大事です。できるだけスクロールさせずにおさまる程度全体的に画面1つか、せいぜい1回スクロール程度におさまる長さにします。手紙にある時候の挨拶や拝啓は、ビジネスでは書面の時のみです。

まず、書類選考とメール送信に関するお礼を述べます。
それからすぐに本題に入ってかまいません。都合のいい日は相手の都合もあるので第3候補くらいまで記述していると余計な手間が掛からないと思います。
何か聞きたい事があるなら質問します。

一言添えて、自身の氏名で締めます。

「ビジネスメールの書き方」、「メール 転職」などのキーワードで検索すると書き方のヒントがたくさん見つかるでしょう。
よほど失礼に当たる文章、意味が理解できない文章、あて先が間違っているなどでもない限り、大きな問題にはなりません。ビジネスマナーの範囲で書けば大丈夫です。

あと、できれば使用するメールアドレスは氏名を使用するなど相手が確認しやすいもので、恥ずかしくないものがいいです。以前、就職の応募者のメールで「love」とか「happy」とか「whiterose」とか「sexy」とか使っているものがたまにあって常識を疑われていたのと、笑い話になってしまいます。

常識の範囲で大丈夫です。
メールですから手紙のような形式ではなくビジネスメールの形式と言うものがあります。

件名はRe:付きの方がどの件だか分かるとか、貰ったメールを消さないほうが分かっていいという人もいるのでどちらでも失礼という事はないでしょう。用は一目でどの件だか分かればいいわけです。
ご自身の気持ちで丁寧で一目で理解できるものだと思うほうを選べばいいと思います。

宛名は送信者の名前が分かっていてその方に返信するなら、部署名とその方の名前を記述します。御中と様の使い方は手紙...続きを読む

Q「当局」という表現の意味合いについて質問です。

「当局」という表現の意味合いについて質問です。

日常生活でよく耳にする「当局」という表現は、
本来は日本国政府の出先機関や、
地方自治体の組織を指し示す言葉です。
(例:東北経済産業局、東京都環境局など)

しかし実際にはこれらの「局」以外を指す場合にも、
「当局」という言葉がよく使われます。

この言葉には一体どのようなイメージが
込められているのでしょうか?

解説をお願いいたします。

       ****

日常生活で「当局」という表現をよく耳にします。
例えば「国鉄当局」というような言い回しです。
しかし旧国鉄は国からは独立した法人格を持つ公社であり、
本来は「局」という言い方は適切ではないはずです。
そのためこれは正式な言い回しではなく、
一種の比喩的表現として使われているようにも思えます。

また、テレビのニュースでは外国の政府機関を表す際に、
「地元当局」という表現がよく使わます。
この場合は組織の構造を簡潔に説明できないときや、
訳語が不確定な際に使われていると考えられます。

さて、旧国鉄は公社でありながら司法警察権を保有してました。
このような組織に対して「当局」という表現が用いられることから、
この言葉は“権力”や“権威”を連想させる表現のようにも思えます。
強いて言えば英語の「authority」のイメージに近い
ニュアンスを含む表現のようにも思いました。

実際のところは学問的に正確な分析をすると
どのような意味合いを持つとされるのでしょうか?

「当局」という表現の意味合いについて質問です。

日常生活でよく耳にする「当局」という表現は、
本来は日本国政府の出先機関や、
地方自治体の組織を指し示す言葉です。
(例:東北経済産業局、東京都環境局など)

しかし実際にはこれらの「局」以外を指す場合にも、
「当局」という言葉がよく使われます。

この言葉には一体どのようなイメージが
込められているのでしょうか?

解説をお願いいたします。

       ****

日常生活で「当局」という表現をよく耳にします。
例え...続きを読む

Aベストアンサー

 私は長年団体などで文書を扱ったり、交渉などをしてきましたが、しばしばこの“当局”ということばを使いました。
 みんなに報告したり、文書をだしたりすることが多かったからです。
 そういう場合の、一種の指示代名詞として遣いました。
 主として以下の場合などです。

 役所の部局として、自らを指示する場合
 庶民が役所の(担)当部局を指示する場合
 治安当局とか警察当局のように、取締りの部局を指示する場合
 企業体での管理や人事の部局を、雇用者組織が指示する場合

Q女の子の文字の書き方・メールなどの書き方

高校の研究課題で私は「女の子の文字・メールについて」と言う課題を
考えています。女友達に聞いたのですが
よくわからないとの答えでした。そこで皆さんにお聞きしますが
女の子の文字はなんとなく
丸いと言うか男の方の書く文字とどこか違いますよね?
その女の子の文字の書き方を教えていただけませんか?

ほかにもメールなどをしていると
「いちおう→ぃちょう」などと変換されていたりなどしますよね?
こちらの女の子の書くメールの書き方などを教えていただきたいのです。

Aベストアンサー

年齢的に女の子に入るので答えさせていただきます^^
女の子といっても十人十色で、書き方はさまざまですよ。
 
>丸いと言うか男の方の書く文字とどこか違いますよね?
>その女の子の文字の書き方を教えていただけませんか?
確かにそうですね。男の方の丸文字を時々見かけますが、女の子に多いですね。私もそうです。特に意識しているわけじゃないので、自然に書いているという感じですかね。私の場合は、前に丸文字を見た時に「かわいい~」と思ったので、その影響が少なからずあるとは思います。
 
>「いちおう→ぃちょう」などと変換されていたりなどしますよね?
これもさまざまで、特にきまりはないんです。その時の気分や、その人の個性で変換するか決めていると思います。女の子でも「小文字が多いの苦手だなぁ」という人は、ほとんど変換することなくメールを書きます。逆に「こういう書き方はかわいいし、読みやすい」と思っている方はたくさん変換して書くと思いますよ。
 
私の身近で多いのは、
「おはよう」→「ぉはよう」
「そうだよね」→「そぅだよねぇ」
でしょうか。本当にさまざまです。
 
小文字がすごく好きな方は、変換できる限りの文字を、全て小文字にして送ってきますよ。

年齢的に女の子に入るので答えさせていただきます^^
女の子といっても十人十色で、書き方はさまざまですよ。
 
>丸いと言うか男の方の書く文字とどこか違いますよね?
>その女の子の文字の書き方を教えていただけませんか?
確かにそうですね。男の方の丸文字を時々見かけますが、女の子に多いですね。私もそうです。特に意識しているわけじゃないので、自然に書いているという感じですかね。私の場合は、前に丸文字を見た時に「かわいい~」と思ったので、その影響が少なからずあるとは思います。
 
>「...続きを読む

Q日本語の用件とは何の略ですか?電話を受けた側が「用件は何ですか?」と聞くのに使う日本語ですか?

日本語の用件とは何の略ですか?

電話を受けた側が「用件は何ですか?」と聞くのに使う日本語ですか?

それとも電話を掛けた側が「○○の用件で電話を掛けさせてもらったんですが」と使うものなのでしょうか?

○○の件と○○の用件との日本語の違いって何ですか?

○○の件は用件の用を略してるだけですか?全く意味が違うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

けん【件】
[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例の―は承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三―ある」

よう‐けん【用件】
なすべき仕事。また、伝えるべき事柄。用事。「―を伝える」「すぐに―に入る」

用件は仕事や伝える必要のある内容などの話で、件とはとある事柄についてという意味です
件の方が広い範囲に使われています
用件の方は仕事、伝えるべき事柄、用事、必要な処理という感じだと思います
「用件は何ですか?」という言葉は、「用件(あなたの伝えるべき事柄や用事)は何ですか?」と聞いてる状態ですね

>それとも電話を掛けた側が「○○の用件で電話を掛けさせてもらったんですが」と使うものなのでしょうか?
これは「○○の件でお電話をさせていただいたのですが」ではないでしょうか
ややこしいかもしれませんが、用件(伝えるべき事柄や用事)があって電話をした場合
伝えるのは内容であって、なすべき仕事の部分ではないからです

一緒に仕事してる人には「○○の用件(なすべき仕事)はどうなったの?」とかいう話はすると思いますが
一般的には「○○の件はどうなったの?」だと思います

けん【件】
[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例の―は承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三―ある」

よう‐けん【用件】
なすべき仕事。また、伝えるべき事柄。用事。「―を伝える」「すぐに―に入る」

用件は仕事や伝える必要のある内容などの話で、件とはとある事柄についてという意味です
件の方が広い範囲に使われています
用件の方は仕事、伝えるべき事柄、用事、必要な処理という感じだと思います
「用件は何ですか?」という言葉は、「用件(あな...続きを読む

Qビジネスのメールの書き方

ときどき、全国の販売会社の担当者あてにメールを送信しています。
本文の最初に「いつもお世話になっております。」といつも書くのですが、
先日、この書き方を指摘されました。
この文句は男性が使うものだ!と。では、女性は何を使えばいいのでしょうか?
「いつもお世話様です」ですか?何がどうまずいのか、理解できないのですが、
どなたか教えてください。
それと、文章自体が苦手なので、ビジネスメールの書き方の参考になるサイトなどがありましたら、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>「いつもお世話になっております。」
男性も、女性も区別などありません、これで充分です。
ビジネスメールは、簡単明瞭・簡潔が命です。

下記のページを参考にしてください。

ビジネスメールの書き方
http://homepage1.nifty.com/event-go/doc/e-mail.htm

ビジネスメールが書けますか?
http://www.will-way.com/prosoho/check_mail.htm

仕事で使えるビジネスメールの書き方 リンク集http://allabout.co.jp/computer/email/subject/msub_bm.htm?FM=mc

Qお客様に対して「お近くの方(かた)ですか?」という表現は失礼ではないで

お客様に対して「お近くの方(かた)ですか?」という表現は失礼ではないですか?
他のスタッフが良く言っているのですが、何となく良いのかなあという気になります。
お住まいはお近くでらっしゃいますか、などの方が良いですよね・・・?
細かいことなのですが、、、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「おちかくのかたですか」は不適とまでは言えないと思いますが
「お住まいはお近くでいらっしゃいますか」
「お近くにお住まいでいらっしゃいますか」
は、おっしゃるとおり、この場合のベストだと思います。

この場合の「いらっしゃる」は

:2.「(て)いる」「(で)ある」の尊敬語。(広辞苑)

で全く普通の正しい用法ですね。
もともと「1.行く来る居るの尊敬語」という二重の意味がありますので重複すると感じてもそれで正常です。
2.の例文
「本を読んでいらっしゃる」「平田さんでいらっしゃいますか」「息子さんはまだ若くていらっしゃる

Qビジネスメールの書き方(社内に向けて)

最近転職をして事務職に就いています。以前は販売の仕事をしていたため、ビジネスメールの書き方がさっぱりわかりません。近日中に社内の方に向けてメールを書くことになりましたがどう書き出したらいいのかわかりません。どなたか書き方を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

秘書をしています。
なんの用途のメールなのかがよくわからないのですが、とりあえずルールを書き出します。

(1)宛先・送付元を明確にする。

→メールは関連する人に一度に配信することが多いのですが、全ての人が対象となるとは決まっていません。例えば、部長に耳に入れておいたほうがいいメールの場合、CC:に部長を入れますが、メールの冒頭は「TO:●●さん」と入れて、部長宛ではないということを明確にしなければなりません。
また、署名を作成しておき、自分がどの部署の人間なのか明確にしておく必要があります。

(2)挨拶文は短く入れておく。

→いくら社内メールだからといって、いきなり業務の内容から入るのはぶしつけです。ですので朝なら「おはようございます」午後なら「お疲れ様です」の一言を入れておく。

(3)メールの題名にメール内容を集約して入れておく。

→例えば、書類の提出依頼であれば、「【提出依頼】○○会社:見積の件」など、また同じ題名が多くなる可能性があるなら、「【提出期限】○○会社:見積の件060301」と番号を振っておくと後々便利かも。この例番号の意味は「MMDDNN=月日番号」です。

*********************


題名:【お知らせ】○○見積方法変更について
宛先:ALL


内容:

TO:○○部ALL member

お疲れ様です。
表題の通り、○○見積方法が、6/15より変更となりますのでお知らせ致します。

~概略~

以上、何か不明点がある場合は△△までご連絡下さい。
宜しくお願い致します。


■■株式会社○○部 
△△ ゆき子
tel: XX-XXXX-XXXX
mail:***@*****.com


************************

こんな感じでしょうか。

秘書をしています。
なんの用途のメールなのかがよくわからないのですが、とりあえずルールを書き出します。

(1)宛先・送付元を明確にする。

→メールは関連する人に一度に配信することが多いのですが、全ての人が対象となるとは決まっていません。例えば、部長に耳に入れておいたほうがいいメールの場合、CC:に部長を入れますが、メールの冒頭は「TO:●●さん」と入れて、部長宛ではないということを明確にしなければなりません。
また、署名を作成しておき、自分がどの部署の人間なのか明確にしてお...続きを読む

Qそれ以上でもそれ以下でもないという言葉は日本語表現として正しいのでしょ

それ以上でもそれ以下でもないという言葉は日本語表現として正しいのでしょうか。
上のような言葉が使われる場合は、まさに【それそのもの】だということを言いたいんだということはわかるんですが、実際に以上・以下という単語の意味を考えると【それそのもの】についても否定してしまっていますよね。
例えば数学的に考えると、例えば1以上でも1以下でもないという数字は実数では存在しないように

しかし「敷居が高い」だとか「役者不足」だとかいう慣用句の間違った用法がテレビ番組や書籍でめちゃくちゃに叩かれているのに、それ以上~がおかしな日本語だという話は聞いたことがありません。

もし仮に上の日本語が間違っているとするなら、それより上でもそれより下でもないというのが正しい言い方だと思うんですが、なんかもっさりしていて格好悪いですよね
数学の X<1 を言葉で表すとXは1未満というスマートな表現がありますが、X>1でスマートな表現はなにかないんでしょうか

過満とかどうですか?
それ過満でもそれ未満でもないって格好良くないですか?

Aベストアンサー

あなたの考え方はある意味正解です。

ただ、ここでは多分論点が違うのです。
(それ以上のもの)というのは、この場合、それよりもよいものである可能性をもっている、と言うことです。

何と言うか、範囲を比較しているのです。

「対象」をxとしますと。

x≧0
x≦0
x=0

はいずれもx=0の状態を示す範囲です。しかし、今扱ってるのはxが特定の値の話ではなく、上記それぞれではxの取りうる範囲が異なるということが大事なのです。

「x=0では無い可能性」は無い状態である、と言うことを言う表現と言うことになります。

「xは0以上でない」かつ「xは0以下ではない」と言うことではなく。
「xが非負ならxの範囲は0以上では無く0」かつ「xが正でないならxの範囲は0以下ではなく0」ということです。

厳密に言うと細かいですが、意味としてはこうでしょう。

ちなみに以上のうちイコールを含まないものは「超」と言うのが一般的なようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報