位置情報で子どもの居場所をお知らせ

私は女性です。
まだ小さい頃(たぶん小学生低学年の頃)、
父親が私の布団の中に入ってきて、抱きついてくることがよくありました。
私はすごくイヤで、力の限りもがき、暴れて、「あっち行け!」とわめきましたが、
子供の力で父親にかなうわけもなく、
いやがっても暴れても父親がへらへら抱きついてくるので、
本当に本当に嫌でした。
窓から大声で「家事!人殺し!」と叫んだりしました。
(子供だったので、非常時に叫ぶ言葉というと、それくらいしか思いつかなかった)

誰かに助けて欲しかったのですが、誰も。。。
母は「我関せず」だったように思います。
(私に対しての「しつけ」は、大変厳しかったのですが)

同じ部屋で隣に布団を並べて姉が寝ていましたが、
姉のほうにはそういうことがなかったような気がします。

また、父親の近くを通ると抱きつこうとするので、
そばを通らなくてはいけないときは警戒して、
なるべくサッと通るようにしていました。
父親は、私が嫌がる方がおかしい、変だという事を言っていました。

また、風呂上がりにじろじろ見られるのは日常でした。
はっきりとは覚えていないのですが、
体を隠すとかえってイヤらしいことを父が言うので、
私は小学校高学年くらいまでは、堂々とハダカで風呂に出入りするようにしてました。

父は、風呂にも一緒に入りたがっていたと思いますが、
それはたぶん、小学校高学年くらいで辞めたと思います。
(どういうきっかけで辞めたのかは、覚えていません…入浴のタイミングが合わなくなったのか?
または、姉が何か、父にキツイことを言ったのかもしれないです)

あと、少し年上の兄がいまして、
この人だけは、父の「現場」を見ると、止めてくれることがありました。
小学校3-4年くらいのとき、うちで(よそいきの服をきて)家族そろって写真を撮り、
そのあと、その場で私が着替えをはじめたのですが
それを父が写真に撮ろうとしたところ、兄がすごく怒って父を止めました。
兄の怒りようが意外だったためか、それははっきり記憶に残っています。



私に対するこの父の態度は、性的虐待ですか?
世間のお父さんは、自分の娘にこういうことをするものですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

「扶養者」という立場を利用した「パワーハラスメント」にあたります。


同時に「セクシャルハラスメント」でもあります。
本人が嫌がることをすれば、それは「嫌がらせ」にほかなりません。

思いやりのある人であれば、自分の行為が相手を不快にしていると知れば、
それを控えようとするはずです。
関係の深い人が相手であれば、なおさらです。

相手が嫌がっているのにも関わらず、行為をやめないのは、
その父親のまったくの自己本位的な態度です。
おそらく性的興味や愛情欲求などにすっかり捉われていたため、
思いやりというものを見失ってしまっていたのだと思います。
また、相手が子どもなので、軽んじる意識があったのかもしれません。

父親が子どもの頃、親からのそのような行為を日常的に受けており、
それを当たり前なことだと思うようになったのかもしれません。
多少気がとがめるようなことがあっても、
無意識的に「自分は父親なのだから、これくらいは許されるはず」
と自分の行為を自己弁護していたのかもしれません。

男子も女子も成長するにつれ、性に関する意識が高まります。
たとえ家族からの行為であっても、
性モラルに著しく反する行為は受け入れられないものです。
モラルとは法律とは違い、条文に明言されているものではありません。
したがって、モラルの範囲が何で決まるのかといえば、
自分と相手との捉え方や感じ方で決まるものなのです。
相手がとても嫌がっている行為をやめないのは、明らかにモラル違反です。

自分の気持ちを押しつけ「抱きしめる」のが、本当の愛情・思いやりではありません。
「抱きしめられる相手の気持ちをよく考える」のが本当の愛情や思いやりのはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、「パワハラ」「セクハラ」がしっくり来ますね。
「性虐待」というと、父親からのレイプがまず浮かびますので、
そうした凄惨な被害を受けてきた方々と、同じ言葉を使っていいものか?と思っていました。

しかし「パワハラ」「セクハラ」も職場の人間関係に使われることが多く、
家族について言われることはめったにないですよね。
ye11ow様にスパッと言っていただいて、モヤモヤがかなり晴れた気がします。

父親が扶養者からセクハラを受けていたかはわかりませんが、パワハラはあったようです。
父は幼い頃に両親を亡くし、親戚の家で、養父から邪魔者扱いされて育ったそうです。
私達きょうだいがまだ小さかった頃、父はときどきその話を語って聞かせました。
私の姉などは、それを聞いていたく憤慨し、「おじいちゃん(父の養父)に会ったらぶん殴ってやる!!」と息巻いていました。

そういう生育環境もあって、父は「家族」への憧れが強い反面、「家族」のやり方(?)は下手です。
父はなにかというと「家族じゃないか(だから当然だろ?)」と言います。
抱きつくときとか、お金をせびる時とか…

お礼日時:2009/10/17 14:50

No.20です。



私の場合、レイプまではされずに父親と離れる事が出来ましたが、私の友達は父親にレイプされ続けていたそうで、母親からの虐待や本当によく生きていたなと思う体験をしています。

因みに私の場合も、単なる行き過ぎたスキンシップではありませんでした。
非常に生々しい接触でした。

これを読んで不愉快な思いをされたお父様方、ごめんなさい。
うちの父は気がふれていたのです。

普通のお父様方は絶対にこのような事はなさらないし、そんな気持ちすら思いもよらないものと、今では理解しています。

この回答への補足

コメントをいただいた回答者様のみなさま、ありがとうございました。
この場を借りて、みなさまにお礼申し上げます。

こうした事は、本人もあまり思いだしたくない・言いたくない話です。
言ってみても「勘違い」「意識過剰」「大人には大人の考えがある」「被害者ぶるな」等と突っ返されるかと思ってましたが、
今回の質問で、それほど非難めいた回答者さんがいなかったので少し安心しました。

それどころか、貴重な体験談や考えるヒントをたくさんいただき、感謝しております。
皆様に「ありがとうポイント」をさしあげたいところですが、お二方のみで…申し訳ありません。

また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

補足日時:2009/10/26 01:06
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

お友達も、大変なところを生き延びてこられたのですね。

家族というのは、怖いものですね。
殺人の半分は家庭でおこるそうですし。

逆にいうと、よい家族というのは、すごく幸せなのでしょうね。

お礼日時:2009/10/26 00:52

私も、小学校高学年から中二まで、父親に体を触られたり風呂を覗かれたり色々されていました。




中二で両親が離婚したので母親についていく事になり、それから一度も父には合っていませんが、あのまま父と離れなかったら、犯されていただろうと思いますし、子供ながら足りない知識の中で、それなりの覚悟もしていました。


当時家族はメチャメチャで、誰にも相談出来なかったんですが、このままでは怖い目に遇ってしまうので、母親にそれとなく
「お父さんが気持ち悪い。ベタベタしてきて嫌だ。」
とオブラートに包んで話しましたが、母は思春期独特のアレだろうと捉えたようで、私は自分のボキャブラリー不足や説明力のたらなさやらに、ガッカリしたのを覚えています。

ですのでこの事は私の胸の内に秘めたままです。


父親が娘を性的対象に見る事は多くはないけど、あると思います。
ただ誰にも言えないので、表面化しないだけだと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

思い出すのもつらい体験を、書いていただきありがとうございました。
ご両親が離婚されたのは「不幸中の幸い」なのかもしれないですね。

>父親が娘を性的対象に見る事は多くはないけど、あると思います。
わりと多くあるのかな、というのが私の感想です。
といっても程度の差は大きいだろうと思いますし、
どの程度はOKなのか、どこまでいくと気持ち悪い・危ないのかという
判断基準は人によって違う(父娘でも考えが違う)ようですし。

でも、無力な子供にとっては
圧倒的に力をもつ父親がスケベ目線で近寄ってくることじたい
どこまで接近・接触したかという程度にかかわらず、
怖くて気持ち悪いんですがね。

(それは被害に遭ったことのない人や、想像力のない人にはわからないかも)

「母が理解しないのは、そういう家庭でよくあること」
と上の方も書いておられましたが、
母親は自分のことでいっぱいいっぱいだったり、その他複雑な心理があってそうなるようです。
その手の本を読んでみたら、私にはなるほどと思い当たることがいっぱいありました。
もしご興味がおありでしたら…山口遼子『セクシャルアビューズ』(朝日文庫)という本、おすすめです。

お礼日時:2009/10/26 00:24

>私に対するこの父の態度は、性的虐待ですか?



はい。

>世間のお父さんは、自分の娘にこういうことをするものですか?

いいえ。
高等生物になればなるほど、血縁者をセックスにおいて忌避するようになります。(血縁者と性的関係を持って繁殖すると、健常でない子が出来る可能性が高いため)
最高の高等生物である人類は、勿論、近い血縁者と性的関係を持とうとはしないのが普通です。

ただし。
そう出来ない異常者が居ることは否定できません。
お父様もそうだったのでしょう。

尚、可愛い娘を抱きしめるのは当然、というご意見も見られるようですが、違います。
女の子というのは、性的に敏感です。
基本的に、身を守る立場にあるためです。
従って、相手が「父親の愛」を発揮しているのか、「男の劣情」を発揮しているのか、本能的に判るのですよ。

質問者様の場合は、明らかに性的虐待でしょう。
お母様が無関心だった、というのも、そういう家庭によくあることです。

悲惨な家庭環境だったことと思います。心が痛みます。
今はお幸せでしょうか。
どうかそうでありますように。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>相手が「父親の愛」を発揮しているのか、「男の劣情」を発揮しているのか、本能的に判る

そうですね。まったくです、わかるんです、カンで。
カンは大事だと思います。

また、性的でない自己満足の「ぬいぐるみ感覚」で抱きしめるにしても
相手が嫌がるのに強要したらセクハラ・パワハラですね。
猫だって、触ると嫌がる猫と、(気分次第で)喜ぶ猫がいますからね。

今の私は、けっこう幸せだと思います。
(結婚して家庭をもって、という形ではありませんけど)
いろんなことがあったわりに、わりとまっすぐで。こんな自分がキライじゃないです。
今の自分があるのも、たくさんの人が支えてくれたおかげだと思っています。

pop-n-rock様、ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/26 00:04

#10です。



許容するのが大人だという考えはありません。
私は、抵抗を感じる相手にその旨を表すのがその人への優しさだと思っています。
社会人ですから、いつもそうできる訳ではありませんが、そうありたいと思っています。

飲み会でも、何やら理論武装し始める独身30代女性いますが、まったく迷惑です。
涼しい顔でやり過ごす人もいますが、その人のためにならないでしょう。

不快を表明する→反論→理解。

そういうやり取りで、相手との折り合いを付けるのが人間関係の醍醐味だと思っています。

お父さんの行為は、社会的に突出した変態行為ではありません。
虐待度も低い。
当時その時期のお兄さんが過敏だったようにも。。

背負い込むのであれば、父親の接し方が受け容れがたい自分というお題になるはずだと思います。

理屈を捏ねる癖を軽くするべきだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
>不快を表明する→反論→理解。
それができたときは、確かに「醍醐味」を感じますよね!
お互いの理解がいっそう深まったように思います。

でも私は、物別れになりそうな人や、あまり関係ない人には
話し合いを求めないですけど。
誰とでも理解しあえるとは思わないし、万人に好かれなくてもいいやと思って。

jster様はきちょうめんなのですね。
その女性とも、折り合いを付けられるといいですね。

お礼日時:2009/10/26 01:00

お礼、有難うございました。


いろいろな回答者の意見を見ますと、見事に割れてますね。
男性よりで物事を見ているか、女性よりで物事を見ているか、結局考え方は千差万別、その人の感性次第ということですね。

回答の中に「大きな子供」とありましたが、まさにその通りだと思います。
よく男の子が好きな女の子をいじめるってあるじゃないですか。
いじめれば嫌われるんですが、好きな子に自分を見てもらいたい、接点を持ちたい一身でやってしまう行為だと思います。(子供の愛情表現なんてこんなもの)
貴女が嫌がってても、しつこくしてきたのは上記の行為と似てると思いませんか?
貴女の父親が「大きな子供」だっただけで。
確かに貴女が嫌がっててもしたというのは、ただの自己満足ですがね。

「小学校高学年で一緒に風呂入るのはやめた」とありましたが、きっかけ・理由はわかりませんが、ここで貴女が女の子(異性を意識しはじめる)になったのだと自分で認識したからこそ、やめたのではないでしょうか?
気付くのが遅かっただけで、ちゃんと理性のあるちょっと子供な父親に思えます。

実際、「親が娘に・・・」という事件・事例があるのは承知しておりますが、私は自信をもって「父親は娘を異性として見ない」と言いたいです。
私の考え方ですが、「父親=男親」ではないです。

父親は子供(娘)の幸せを一番に願っており、自分の命にかえてでも守るべき存在が子供と思っています。(自覚と覚悟をもっています)
しかし残念ながら一部の男親が問題を起こしていると思います。
男親は自覚も覚悟も持てないまま、子供を作り、育ててるだけと思います。

貴女の親は「父親」だと思えますが。

家族との縁切りなんて、穏やかじゃありませんね。
現在は復縁しているそうでなによりですが、現在の貴女がお兄さんを「この人」と書いている心中・状況がちょっと心配ですね。

また過去のトラウマ?を今話題に挙げてくるということは、身近な男性に対して何らかの不安・不満があるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ありません。

男女で意見が分かれるのは、セクハラや痴漢の話題が出たときと
似た反応だなと感じました。

さて、nanapapa7様(ナナちゃんのパパさんですか…)って、
いい人なんだなあと思います。娘さんは幸せですね。

>男の子が好きな女の子をいじめるってあるじゃないですか。
私の父にも、そういう面もあったと思います。
しかし私の父は、nanapapa7様のような出来た人ではなく…。
弱くて愚かな人間です。
しかも自分の弱さ愚かさに同情してくれというので
どうしようもない…つくづく、そう思います。

小学校高学年くらいで一緒に風呂入るのはやめたのは
今思うと、外に親しい女性ができたから、かもしれません。
かなり濃厚だった父の浮気(本気?)疑惑と、時期が重なります。

兄には悪感情を抱いているわけではないのですが、あまり会わないないもので。
私は家族に頼れない分、自分がしっかりしなければというほかに
幅広い年代(とくに母の世代)の人との友達づきあいを大切にしております。

ご明察通り、父関係のトラウマではと感じることが現在あるのですが、
まあ…常識の範囲内かなとも思っています。「無くて七癖」レベルの。
トラウマは気づいて整理することが肝要だそうなので、
今回ここに質問させていただきました。
nanapapa7様には、お父様の立場から2度も親切なコメントをいただき、
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 22:07

すみません。


私、大きな間違いをしていました。
お父上は生存され、絶縁後、復縁されているということですね。
前文は削除依頼します。
申し訳ございません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

No.15で「家族の中で性的虐待に当たるか、否かは、その家族や国民性による」ということを、
nolix様のご家庭の話とともに教えていただき、とても大事なことに気づきました。

前文削除など、もったいなくてできないのですが、
残させていただいてもいいでしょうか…?

誤解を招くような表現をしてしまい、私のほうが申し訳ないです。

お礼日時:2009/10/19 02:06

再びです。


中一の娘に聞いてみました。
「パパに抱きしめられるのはどれくらい嫌なのか?」
彼女曰く
「そんなに嫌じゃない」と言っていました。
小学校6年まで一緒に風呂に入り、腕や背中の毛剃りまでしてやった父親です。
娘は、「ママには言わないで」と自分の毛深いことを気にしていました。
あなたは、幼い頃に亡くされたお父さんとのことですよね。
今、あなたの考える「性的虐待」だったのかという考え方が確立できる環境に育ったことは確かですよね。
私が父親として娘にできることは、たかだかしれています。
下の娘が5歳に満たない頃おっぱいをあまり吸っていないので吸いたいと母親に頼んだところ、「嫌だ」と言われ
「パパの吸うか?」と聞くと、吸うと答えたので、父親のおっぱいを吸わせたこともあります。
家族の中で性的虐待に当たるか、否かは、その家族や国民性においても大きな差があります。
米や豪、英では、2歳の娘と一緒にお風呂に入っただけでも異常になりますからね。
あなたの年齢が分かりませんので何とも言いようがありませんが、あなたが親になる年齢の人間なら、あなた自身でそのノーマライゼーションは決定されるべきであること。
あなたが、現在正常に考えることができるのであるから、あなたの父親は、その家系の血族にとってそれほど、ノーマライゼーションを逸脱した行為をあなたに行っていたのではないということ。
そして、何よりもあなたは、その父親に今一度、抱きしめられたい、抱きしめて欲しいのではないか?という疑問を持ったこと。
如何ですか?
あなた自身が抱いている疑問って、あなた自身が純粋に欲している、現実には既に起こることのない事象を求めている疑問ではないでしょうか?

私も、5歳くらいまでの娘の裸で歩き回る姿をビデオに納めています。
今、観てもかわいいですよ。
それが、性的な興味対象だったか?
あなたの亡くなった父上と同じ父親の立場として申し上げますが、あり得ません。
あなたの亡くなったお父上は、娘が可愛くて仕方がなかった。
と思います。

そして、あなたのお父さんが、
>体を隠すとかえってイヤらしいことを父が言うので、
という言葉に反応するくらい、あなたも幼少の頃から性的にませていたことも事実ですよね。
つまり、あなたもお父上と同じであることは、間違いないですよ。
あなたが、性的虐待と疑問に思うことは、お父さんも気を付けていた事実も、あなた自身分かっています。
>父は、風呂にも一緒に入りたがっていたと思いますが、
>それはたぶん、小学校高学年くらいで辞めたと思います。
結局、親子なんですよ。
何故、父親は一緒にお風呂に入らなくなったか?
一緒に入りたいけど、遠慮するようになったということです。

あなたの父の思い出は、性的虐待か?
もう一度考えてみて下さい。
あなたが、そう考えることによって、あなたの自立を促すことができるのなら、あの世のお父さんは怒らないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
二度までもていねいなコメントをいただき、ありがとうございました。

>家族の中で性的虐待に当たるか、否かは、その家族や国民性においても大きな差があります。
この点、ご説明をいただいて思い当たったのですが、
父方の一族はドスケベで、母方は謹厳なお家柄と、ものすごいギャップがありました。
幼い私は完全に母の支配下にあって、性的なものは一切「悪」でした。

また、父は「いちゃつき」が好きで(たぶんセックスも)、
母はそういうことが嫌いで、父は不満だったはず。
…私が嫌がっているのに、母が(あえて)気づかぬ風だったわけも
これでなんとなく察しがつきます。

ともかく今30代の私は、まあしゃあないかとも思えますが
幼少時の私は、それがものすごくイヤ!!!でしたので、
あれは(嫌がってるのにしつこく抱きついてきたのは)
やはり虐待ないしセクハラだったと思うのです。

上のように申しましても、どうかお気を悪くなさらないでいただければと思います。
やはり家族もそれぞれ、父親もそれぞれ違うと思います。

>私が父親として娘にできることは、たかだかしれています。
いえ、そんなことないと思います。
前のご回答で「娘は、いのちをかけても守らねばならない存在」と
書かれていたかと思いますが、それは凄いことです。
(私も、少なくとも経済的に守ってもらえたらなあ…今はもういいのですが)

nolix様のように、責任感と覚悟をしっかり持った父親もおられることは、しっかり覚えておきます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 20:32

再びの回答、、というかコメントです。


現実にあなたが悩まれている問題というのは、幼少時に父親から受けた対応の内容が性的虐待かどうかを決めることというよりは、現在あなたの中にもやもやとある生きにくさのような感覚を解決したいということではないでしょうか。(違ってたらごめんなさい)
児童の性的虐待についてのサイトや書籍は、ざっと検索しただけでたくさん出てきます。そこにはこれもそうなの?というような軽いものから肉体関係の強要にいたるまで様々な事例があります。これも?と思われる程度のことについては受け止め方に温度差があると思います。同じ行為であっても受け止め方が天国と地獄のようにかけ離れたものになるのは、受け止める子供側の要因ではないかと言われるのは正しいことだとは思いません。
今は父親がどうであったかということが問題ではなく、ご自身が前を向いて生きていくには、どう考えていけばいいかということだと思います。
いいことも悪いことも、過去を変えることは出来ません。背負って生きるしかないわけです。しかし、これからどう生きるかは自分が決められるわけですから。学ぼうと思えばいくらでも材料はあります。
ちなみに私は40代で、父親はとっくになくなりました。私の中に許すとか許さないとかはもうありません。ただそのように育ったという過去が遠くにあるだけです。それは私が背負っている荷物の一つに過ぎません。
結婚も普通にして、(家から逃げたかったから早かったですが)子供も、もう成人です。ただ、子供が2人とも同性であったとき、何故かほっとした記憶はありますけどね。(^^)大丈夫ですよ。必ず超えることが出来ますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ありがとうございます。
性的虐待かどうかより「もやもやとある生きにくさ」を解決したい…はい、ご明察通りです。
「もやもや」のなかみはいまいちハッキリしないのですが、
何だかそれを知る手がかりになりそうな感じがして、父のこの件を投稿させていただきました。

「親子でそんなこと、ありえない」ということが、いろいろ、私の家庭ではありました。
家族との絶縁・復縁を経て、すでに大方終わったことではありますが、
その過程はすごく苦しかったです。15歳から30歳ころまで。
30歳を過ぎた頃から、不思議なほど、生きているのがラクになりました。
そうしてありがたいことに今は少し余裕ができたので、落ち着いて心のなかを点検し、家族のことを整理したいと思っています。

>これからどう生きるかは自分が決められるわけですから。
そのためにも、自分が何でできているかを確認しておきたいと思うのです。
今まで、親を否定することで生きてきたので。
親が…というか母親が、あることで私を完全否定(全人格否定)するようになりましたので、
私としては親を捨てるしかありませんでした。
でも、結局親は捨てられないものだと私は悟るに至りましたので。

皆様からいただいた回答を読んで考えていくうち、
この件でひっかかるのは、父よりむしろ母のことかもしれないと思い始めました。
これは後の方のお礼に書きたいと思います。

父のことは、若い頃にさんざん憎んだので、もうどうでもいい感はあります。
上の方のご回答で、とても素敵な考え方を伝授していただきましたし。

私も、もう許すも許さないもありません。「自分がしょっている荷物のひとつ」、まさにそうですね。
もやもやした生きにくさというのも、一生つきあっていく持病みたいなもんだと思っています。
たとえば糖尿病とか貧血症とか虫歯みたいな…時々うずいたり発作を起こしたりしますが。

父のことで今も続いている問題といえば、金銭感覚の甘さがありますが、これも何とかなりそうです。

セクシャルアビュースの関連文献も、あらためて当たってみます。
まず、手元に本が1冊ありますので再読します。

長くなりまして失礼いたしました。
hibeni様(やほかの皆様も)、本当にありがとうございます。
これほど親身な、そして有意義な回答をお寄せいただけるとは思いも寄りませんでした。
投稿して良かったです。

お礼日時:2009/10/19 01:49

 性的虐待とまで言えるかどうかは別として、自分の子供でありながら、女という者として、ある意味、みている部分は拭い切れないでしょう。



 それは、我が子が女性らしくなっていく様を、まぶしい気持ちで見ていることや、愛しく感じるというのは、大いにあると思います。

 私が、出来ちゃった結婚することが決まったとき、父が、自分の布団をあけ、「おいで」と言ったので、入ったら、抱きしめ、「お前も女になっちゃったのか」と言われたのを覚えています。

 そのとき、自分の子供の成長と共に、私が身籠った事へのなんとも言われぬ男親の心境を感じました。

 決していやらしい気持ちはないのでしょうが、男親の思いの中に、子供を愛する気持ちと、自分から出来上がった異性である娘に対する憧憬と理想がそこに合い間って居るように感じます。

 ただ、あなたにとっては、嫌なことだったのですから、それは、相手がどういう思いであったにせよ、あなたにとっては、虐待まではきつい言葉としても、男性に対するコンプレックスの一つを作られた大きな経験だったということですね。

 私も、息子が私のブラジャーを抱いていて、そのとき、強く叱ってしまい、その経験で、今、女性とかかわりを持つのが苦手な息子に育ててしまいました。

 小さな頃の経験は、どうしても20代では、まだまだ、左右されると思います。

 もっと年を重ねると、それもいい思い出になるのでしょうが、そこまでには、色々な経験を重ねないと行き着かないでしょう。

 お父さんは、あなたの中に女性の憧れと理想を持っていたことだけは、知っていてください。

 決してあなたを虐待しようとしたのではなく、俺の大事な宝物として、抱きしめたということを、ぜひ覚えておいてください。

 そうやって、大事に育てられた娘さんなのですから、どうぞ、これからの人生を大事に謳歌してくださいね。

この回答への補足

後になって気づきましたが、
kohune様がお父様に感じた「女性への憧憬」を、
私の経験例にあてはめて書いてしまいました。

もし同列に考えたように見えたとしたら、大変失礼な話ですが、
けっして「同列」に扱ったのではなく、「類推」して考えました。

私はとくに若い頃、「父」を求める気持ちが強くて、
賢くて頼もしい、「父」的な年上男性になつく傾向がありました。(男女関係ではなく)

そういう方々はとても紳士的で、
変に口説いたりしなかったのですが、やはり男性ですから…。
しかし私にとっては、父に満たされなかった分を、そういう方々に満たしていただいたので、いわば「疑似父」です。

kohune様の本当のお父様とは、まったく立場が(相手方の感情も)違うことは重々承知しておりますが、
「女性への憧憬と理想」を心情的に受け容れるための助けとして、引っ張り出してしまいました。
申し訳ございません。

補足日時:2009/10/19 02:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お父様との大切な思い出を教えていただき、ありがとうございました。
「自分から出来上がった異性である娘に対する憧憬」…素敵な言い方ですね。
お父様との間に、良い関係を築かれていたのだなあと思います。
また、お父様を尊敬されていたのでしょうね。

私にも、その感覚がつかめそうな気がします。
以前、長年お世話になっていた年上の男性から言い寄られたことがあり、
そのとき私は、やはり「女性への憧憬と理想」というものを感じました。

別の角度から見れば、その方は「下心のあるおじさん」と言えるのかもしれませんが、
もしそう言うとしても、「下心」や「助平根性」だって、持つ人しだいでとても崇高なものになりえるのだ…と私は思いました。
(おつきあい自体はお断りしたのですが)

そういった素敵な男性に、折々出会うことができましたので、
私の男性に対するコンプレックスは、さほど際だって深刻なものではないと思います。

ところで、小さな息子さんがブラジャーを抱いている所、
想像すると可愛らしいです。
息子さんも、この先の人生で、う~んと素敵な女性に出会えることを祈ります。

「お父さんは、あなたの中に女性の憧れと理想を持っていた」
はい、しっかり覚えておきます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/19 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父親の皆さん教えてください、実の父親が、娘の身体に性的興味(触りたい・見たい等)を持つことは、普通のことなのでしょうか?

世の中の父親の皆さん、ご意見を聞かせてください。
私は21歳の女です。

私の父親は、血のつながった実の父親なのですが、私の胸に偶然をよそおってタッチしてきたり、腰をつかんできたり、やたら近寄ってきて、触りたがります。

また、入浴中に、頻繁に脱衣室に入ってきたり、脱いだばかりの下着のにおいをかんだりします。

また、私の体をいやらしい目つきで見ているような気がします。目で身体をなめまわすような感じのときがあります。

前にテレビで、歌手の大塚愛さんの父親が、彼女の入浴中にお風呂をのぞいていて、愛さんと目が合って、翌日の朝、テーブルに1万円が置いてあったと、笑いながら本人が、話していたのを見たのですが、こういうことって、よくあることなんでしょうか??
 私の父親は、普通なんでしょうか?

そこで質問なのですが、父親が、血のつながった実の娘の体に、性的な興味や関心を持つ(おっぱいを見たい・触りたい等)ことはあるのでしょうか?それは、普通のことなんでしょうか?

また、娘の体を、オナニーのおかずにすることはありますか?

それから、もし娘をいやらしい目で見たとしても、さすがにセックスまでは、したがってはいないのでしょうか?


父親の気持ちが分からず、毎日が不安です。
どうか、本当のところを教えてください。

世の中の父親の皆さん、ご意見を聞かせてください。
私は21歳の女です。

私の父親は、血のつながった実の父親なのですが、私の胸に偶然をよそおってタッチしてきたり、腰をつかんできたり、やたら近寄ってきて、触りたがります。

また、入浴中に、頻繁に脱衣室に入ってきたり、脱いだばかりの下着のにおいをかんだりします。

また、私の体をいやらしい目つきで見ているような気がします。目で身体をなめまわすような感じのときがあります。

前にテレビで、歌手の大塚愛さんの父親が、彼女の入浴中...続きを読む

Aベストアンサー

娘を持つ立場ではないので、心情は分かりませんが、学術的視点からお答えしたいと思います。

とは言え、私は動物学や心理学の専門家ではないです。
以下の内容は以前読んだ本からの受け売りですので参考まで。

動物学的に言うと、基本的には近親姦はその奇形発生の危険などから、猿やゴリラの行動観察などから見ても、やはり本能的・自然的に避けられる行為だそうです。

しかし、ではそのような事態が丸っきり有り得ないかと言うと、時に性交欲という本能が、近親を避けるという本能に勝ってしまい、まれにそういう事態が起きることもゼロではないそうです。

古来の芸術などを見ても多くの文学・舞踊・音楽等が近親相姦を描いています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A1%86%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E8%BF%91%E8%A6%AA%E7%9B%B8%E5%A7%A6

私自身の私見では、父が娘をある種の性的対象として捉えるという事態は決して「有り得ない」ことではないと考えています。
それは父親が本能的に娘の恋人に対し敵愾心を燃やしたりすることからも容易に推測されます。

さらには、例えば娘が入浴後、お風呂の脱衣場で全裸のシーンにばったりかち合ってしまった時に、(普通の)父親の方が娘の裸を見ないように、もうパニック状態で「泡を食って」見ないようにしようと努めるような反応をするなんていうのも、逆説的に父親が娘を性的対象と見ている証左でもあると言えないでしょうか。
もし全然意識していないくらいだったら、そんな場面に出くわしても平気に対処できるはずですから。

しかしながら一般的・平均的な父親が、我が娘を性的対象としてそのまま求めようと実行に移すかというと、やはりそれは一般的には「異常」な行為であると言えると思います。

と言うのは、人間は普通異性を性的対象として「評価」する際には、生物的・本能的評価のみによって、相手を選別するわけではないからです。
そこにはさらに社会的な基準が大きく関わります。

例えば雅子妃殿下や紀子妃殿下がいくら女性として魅力的でも、普通の(良識的な)日本国民は両妃殿下をオナニーの対象として扱いません。
それは両妃殿下はあくまでも皇室の方々であって性的対象とは見ないからです。

つまり言い換えるなら、人間は異性を性的対象として評価する際に、単に性的対象として魅力的であるかどうかだけでなく、「そんな風に考えるべきではない」という倫理観なども作用するのが通常なわけです。

この社会的視点というのは、人間社会の最小社会単位である「家族」においても機能します。
そこには倫理観だけでなく、さらにはそれまでの習慣なども作用します。

分かりやすい例を挙げましょう。
私には幼少から幼なじみとして育った“いとこ”の女性が居ます。
彼女は私より少し年長なのですが、町でも有名な美人で、私は小さな頃から彼女にとても性的好奇心を感じていました。

正直、彼女をおかずにオナニーしたことも何度かあります。
彼女とセックスをしたいという願望もありました。

しかし、では仮に彼女とそういうシチュエーションになって、いざ彼女とセックスできる場面になったとしても、それで実際に出来るかと言ったら、たぶんその気にはならないと思います。
それはなぜなら、幼い頃から親戚のお姉さんとして付き合ってきた彼女と、実際にそんなことをするのは「バツが悪い」ことこの上ないからです。
いざ「さあやれ」と言われても、「いや・・・ちょっと・・・勘弁してください」と言ってしまうと思います。

父親と娘というものも、それと同様な、家族間という社会的抵抗があるのが普通ではないでしょうか。

父親がまだ40歳くらいで性欲が充分残っている年代なら、20歳の娘の裸に思わずドキっとしてしまうのは至極自然であると思います。
ただ「普通」ならそこで、自分自身に「相手は娘だよ」という無意識の抵抗感が生まれるのが普通でしょう。

ここでNo3さんの回答を見てください。

No3さんは、ご自分の娘さんに留まらず、さらには娘さんの友人のお嬢さんまでも性的対象として、頭の中で排除してしまっています。

生物学的に見ると、No3さんとその娘さんの友人のお嬢さんとは近親姦でもなんでもなく、本来ならそのお嬢さん方を性的対象として捉える方が、生物として当然の反応なはずです。
しかしながら、No3さんは、その社会的視点から他人である若いお嬢さんたちでさえ性的対象から外してしまっているわけです。

これは言わば、No3さんの心理の中で、娘さんと他のお嬢さんたちの同一視という、ある意味「混同」が生じてしまっている状況です。

No3さんほど強い抵抗感が生じるのは少数派ではあるでしょうが、少なくとも自分の実の娘に対しては、ある種の(あくまでもある種の)性欲が生じるのは、生物学的に見ても決しておかしい事態ではないと思います。

しかしそれで実際に、嫌がっている娘の身体を触ったり、ましてや下着の臭いを嗅いだりと言うのはかなり「異常」な行動であると思います。

ひとつお聞きしたいのですが、お父様はそれなりに女性にモテてとか、お金があって水商売の店で遊ぶとか、自分の性欲を発散できる立場にあるでしょうか。
もしくは仕事面でそれなりに権力を振るえるとか、やりがいのある立場にいらっしゃるでしょうか。

実際にセックスまでいかなくても、水商売のオネエチャンと楽しくお酒を飲めたり、時には風俗や浮気などで気軽な発散を出来る立場なら、さすがに実の娘を襲ったりまではしないものだと思います。

しかし、オネエチャンと楽しくお酒を飲めたり、時にはスナックのママさんと食事くらい行けるというようなある意味の「発散」が出来ず、さらには仕事や家庭面で不遇な立場にあると、その鬱憤は自分の我がままを向けられる弱い立場の人間に向かうことがあります。

お父様の状況をしっかり判断して、間違っても不幸な事態にならないことを願います。

娘を持つ立場ではないので、心情は分かりませんが、学術的視点からお答えしたいと思います。

とは言え、私は動物学や心理学の専門家ではないです。
以下の内容は以前読んだ本からの受け売りですので参考まで。

動物学的に言うと、基本的には近親姦はその奇形発生の危険などから、猿やゴリラの行動観察などから見ても、やはり本能的・自然的に避けられる行為だそうです。

しかし、ではそのような事態が丸っきり有り得ないかと言うと、時に性交欲という本能が、近親を避けるという本能に勝ってしまい、ま...続きを読む

Q娘を性的な目で見る父親はいるか?。

図書館で本を探していたら、たまたま「性的虐待」の本を手にしました。
軽く読んだら、実の父が娘に性的な行為を強要した事が紹介されていました。本当にそんな事があるのでしょうか?。
私はまだ子を持った事がありませんので、父親の立場になったことが無いのですが、現在お父さんの立場の方にお聞きしたいです。

Aベストアンサー

すんません「お父さん」の立場ではないんですが…
「娘を犯したい!」とノタマッタ、よその「お父さん」と話をしたことはあります。

自分が考えるに、どうも、この問題、心理的に、そう単純じゃないかもしれないです。

他の御回答者が仰る、所有物と見なすとか親子は最初の異性関係とかいうのも、それぞれ一理あると思いますが
つまり父親にとって娘というのは「自分が女だったら」という現実の見本なわけですよ。特に女の子は父親に似易いですから。

だから、その娘を犯すというのは取りも直さず「女である自分自身を」犯しているわけです。

けっこう女性変身願望のある男って潜在的に多いんじゃないかと思うんですよね。何たって「女は男のみなもと」だからね。
それとか潜在的な、ある種のナルシシズムとか。自虐もあるのかな?
でも本人自身の気分は単に色キチなだけかな。

ところで私自身は(一応♀)母親と父を争ったというよりも父親を母を汚す敵として憎んでましたよ…
ついでに姉に犯されてましたね。(どんな家族やねん…)
ま、しかし男性性というのは始末悪いですなあ。気の毒な気がするほどです。

家族の病理ってのもデカダンだなあ。

あ、ヴィスコンティ監督の『家族の肖像』とか御覧になってみては?これは息子が母親を…っていうケースです。

すんません「お父さん」の立場ではないんですが…
「娘を犯したい!」とノタマッタ、よその「お父さん」と話をしたことはあります。

自分が考えるに、どうも、この問題、心理的に、そう単純じゃないかもしれないです。

他の御回答者が仰る、所有物と見なすとか親子は最初の異性関係とかいうのも、それぞれ一理あると思いますが
つまり父親にとって娘というのは「自分が女だったら」という現実の見本なわけですよ。特に女の子は父親に似易いですから。

だから、その娘を犯すというのは取りも直さず「女で...続きを読む

Q普通の父親でも、娘に性的興奮を覚えたりすることがあったりしますか

普通の父親でも、娘に性的興奮を覚えたりすることがあったりしますか

幼い頃、なんとなくですがそんな目で見られたのを覚えています。そして、何度かセクハラまがいのことをされました。
言ってはいけない、なんか嫌だとは思っていましたが、ずっと意味はわかりませんでした。
成長していって思い出すようになったのですが、昔からあった父親への嫌悪の理由はそれだったのかな?と思います。
私の父親は、穏やかで子供思いで、兄が鬱で色々できなかったときに代わりの課題をやってあげたり、私がいじめで悩んでいた時は真剣になって学校に相談してくれました。
私の母との仲も良く、家庭円満で、深い愛情は感じます。幼い頃っきり、全くセクハラなどはありません。性的な面も全く見せません。
とてもいい父親だとおもうのですが、幼い時のことが頭によぎります。

大多数の男性が、例え娘でもそういった感情を覚えたりするのでしょうか。
私は、実際に何かをすることも勿論ですが、そういった感情を血の繋がった相手に持つことができる男性をとても恐ろしく感じます。

Aベストアンサー

大多数の男性がたとえ娘でもそういった感情を・・・いえいえ!

そんな感情はつゆほども持たないですよ。

自分は、休みの時は主夫しますが、洗濯して妻や娘の下着なども

当然のごとく干したり、たたんだりしますがそれを見て全く

なんとも思いませんよ!ただの物質にしか見えません。

温泉旅行に行き家族風呂にも入りますが、そんな感情は全く

出てこないですね、それが普通じゃないでしょうか?

結論、大多数のお父様はそんな感情持たない!

Q父のことです。私が子どものときから、父はいつも私の体を触っていました。

父のことです。私が子どものときから、父はいつも私の体を触っていました。私が嫌がっても、キスを強要したり、「愛してるからだ」とか言っていました。高校生くらいのとき、もう限界でほんとに怒って、電話を持って「今から警察に電話する!」と叫んでからは触らなくなりました。
親元を離れて精神科に通いました。父のことは結局話せませんでしたが…。

数年たち、精神的に大人になり、父との関係の修復に努めました。ところが、最近、父がまた触ってきたんです。
私が怒ると、「父親が娘の体に触って悪いなんてことがあるか」と言われました。私は触られたことより、そのほうがずっとショックで許せなくて、そのまま実家から自宅へ帰りました。
それから精神的に不安定でしたが、実家に電話したとき、母と話している向こうから、父が「ごめん」って言ったので、許そうと思いました。

ところが、父は、私に触って私が怒って帰ったことを親戚に話していたのです。
親戚と会ったときに笑われました。親戚から、「それもお父さんの愛情だから、許してあげて」と言われました。

私にはわかりません。
父には愛情表現かもしれませんが、私はいまだに誰にも父親に触られたなんて言えません。親友にも彼氏にも。自分が汚れてるって言うみたいで。
なのに父はどうして娘を触ることを親戚に話せるのでしょう。異常なことでなく、当然の権利としか思ってないのでしょうか。
私もレイプされたわけでもないのに、触られることをこんなにトラウマにしてるのがおかしいんでしょうか。父親の愛情として受け止めなければいけないのでしょうか。
でも、私は父世代の男性がほんとに苦手で、電車の列で後ろに並ばれると逃げてしまうくらいほんとにつらいんです。

もう父との関係をどうしたらいいのかわかりません。
私がおかしいんですか?

父のことです。私が子どものときから、父はいつも私の体を触っていました。私が嫌がっても、キスを強要したり、「愛してるからだ」とか言っていました。高校生くらいのとき、もう限界でほんとに怒って、電話を持って「今から警察に電話する!」と叫んでからは触らなくなりました。
親元を離れて精神科に通いました。父のことは結局話せませんでしたが…。

数年たち、精神的に大人になり、父との関係の修復に努めました。ところが、最近、父がまた触ってきたんです。
私が怒ると、「父親が娘の体に触って悪いなんて...続きを読む

Aベストアンサー

読んでいて苦しくて、涙が出そうになりました。
苦しいですね。
あなたはおかしくないです!!

私は40代女性です。
友人に、実父から性的な接触をされて(レイプはなかったが。)ずうっっと心に大きな大きな闇を抱えている女性がいます。
私なんて、苦手な男性に手を握られたことがあるだけで、たかがそれだけのことと思われる程度のことでしょうが、それでもこの手がずっと長い間、汚らわしくておぞましくて…
だから、「触られる」と言うことが、時としてどれだけ人を傷つけるか、…。

>ところが、父は、私に触って私が怒って帰ったことを親戚に話していたのです。
親戚と会ったときに笑われました。親戚から、「それもお父さんの愛情だから、許してあげて」と言われました。

これは多分(想像ですが)、お父さんが親戚に話した話し方が、「可愛い娘だから、スキンシップでちょっと触っただけなのに、あいつは毛嫌いするんだよ、はあ…」みたいに、自分の行為は小さく言って、あなたが大げさ、のような言い方をして、親戚を味方につけようとしただけではないでしょうか。


現実の世界で、父親が実の娘をレイプすることはあります。本当の恐ろしく、おぞましく、許せないことです。この場合、その男の脳の回路がおかしいのです。強制隔離収容して欲しいです。いや、本心は死刑にして欲しい。

あなたのお父さんの場合は、それとは違うのかもしれませんが、嫌がっているあなたの気持ちを思いやらず、自分が触りたいから触って何が悪い!と言う考え方は、やはり、考え方がおかしいと言うか、未成熟です。
とにかく、触られる場面を作らないように、距離をとることだと思います。
どうしても同じ部屋にいるときは近寄られたらできれば、同じだけ距離をとり、無理なら、きつい目でにらむとか、二人きりになったら、すかさず外にでるとか、できる最大限の努力をして、距離をとってください。
あなたは悪くないですからね。

読んでいて苦しくて、涙が出そうになりました。
苦しいですね。
あなたはおかしくないです!!

私は40代女性です。
友人に、実父から性的な接触をされて(レイプはなかったが。)ずうっっと心に大きな大きな闇を抱えている女性がいます。
私なんて、苦手な男性に手を握られたことがあるだけで、たかがそれだけのことと思われる程度のことでしょうが、それでもこの手がずっと長い間、汚らわしくておぞましくて…
だから、「触られる」と言うことが、時としてどれだけ人を傷つけるか、…。

>ところが、父は、私に...続きを読む

Qこれは性的虐待でしょうか?

 主人とは以前からやっていけないと思い、現在離婚準備中です。主人の問題点はいろいろありますが、専門機関に相談したところ、私に対してのDV,それから娘に対しては性的虐待である、すぐに子供をつれて家をでなさい、と言われました。娘はまだ1歳0ヶ月なのですが、うちの旦那は以下のようなことをします。
 1.娘のおむつがえのとき(まだ0歳6ヶ月くらいだった)、娘の足首をつかみ、自分の股間を当て、前後に何度か動き、セックスの真似事のようなしぐさをした(旦那は服は着用だった)
 2.娘の歯が何本生えているか把握していないくらいちゃんと娘の成長を見届けていないくせに、やたらと娘に会うたびに「●●(娘の名前)はセクシー(「おとなっぽく」になるときもある)になってきたなあ」といいます。
 3.2のような発言にとどまらず、「●●はどんどん大人っぽくなるなあ、いつか●●ちゃんと、、、」と言い出し、ついぽろっと口に出してしまったらしく、私が「●●と、何?」と厳しく問いただしたところ「●●と、、、いつか、、、、このまま、、、」と言ったので「だから、何なの?」と聞くと「え?おかしい?」と言って逃げていった。
 4.3の日と同じ日ですが、突然「●●ちゃんお尻みせて」と言い出したので、私は横で警戒しつつも、「きっとウンチのにおいがしてオムツ換えするべきか確認するのだろう」とそのままにしてたら、娘のオムツを半脱がしにしてお尻を半分だし、「●●ちゃんのお尻、かわいいなあ、、セクシーだなあ」と言い出した。
 5.娘を抱っこしているとき「●●ちゃんの唇セクシーだなあ、ちゅうしたくなっちゃうや」といった。その他にも、玄関口で言ってきますのチューを娘にするとき、しつこく何度もしたことがあったが、変な雰囲気で娘も嫌がった。
 6.まだ半年くらいのときに私を怒らせようとしたらしいのだが、オムツがえのとき娘のふとももと、女性の陰部を触るような手つきでさわり、「オラオラー」といって私に目配せした。
 7.自分が入浴するときわざわざ素っ裸のまま私と娘の前にあらわれ、何かと話しかけてくるのですが、ある日、娘の視線が旦那の股間の方に向いたらしく旦那がそれをみて大喜びし、「みてる、みてる!」といって余計みせるように強調したり、変な腰つきをみせたりした。これは二回ほどあります。
 8.これはうちの娘に対してではないのですが、ショッピングモールなどで、小さい女の子をみると「あの子、もうすでに女だなあ。おれ、普通に抱ける」と大きな声でいったり、あるときなんかは地面に座り込んでた女の子に「オラオら、パンツみえてんぞ!!」と大声で言ったりし、女の子が怖がっていたときもある。
 専門機関に相談したとき、時間が最後途切れてしまって、1のことしか相談できませんでした。しかし、振り返ってみると、主人が衣類を着用していたことを言い忘れてしまい、相談員の方は直接当てたかのように思われたようです。でも、着用していようといまいと、これは性的虐待ですよね?虐待とは受け手の気持ちが傷つけば、本人が虐待のつもりはなくても虐待になるはずです。私自身、ここまでひどくはありませんが、幼稚園生くらいのときに実の父とお風呂に入っていたとき、水鉄砲をわざと乳首にあてられたことがあり、しかもそのときの雰囲気が、陰鬱だったので、なんだか嫌な気分になり、父に「いま、どこをねらったの?」ときいたら「おっぱい」と返ってきて、ものすごく不愉快な気分になり母に相談したことがあります。母には私の方が汚らわしい、というような言い方をされましたが、そのとき凄く傷ついたせいか、その後何回か実父に犯される夢を見たほどです。
 主人が上記のようなことをするたび、カーッと頭に血が上りながらも、そのことも主人に伝え、「二度とこんなことをするな」と言ってきましたが、「お前は冗談もわからないのか?潔癖すぎるよ」といってくるので、最近は言い方を変えて「そんなことしたら、●●がかわいそうだ。自分はそのつもりはなくても、確実に傷つくと思うからやめて」といっても「自分の子には何したっていいだろう。だって、他の子にはできないだろう?」と言ってくるので、こういう考え方は本当に危険だと思い、完全に離婚するつもりなのですが。理由はどうあれ、私の感覚としては信じられないし、許せないので、一刻も早い離婚をと思い主人が家にいるときは徹底的に娘から離れないようにして注意し、準備を進めています。
 でも、長年の旦那の言葉の暴力により、自分の感覚を信じられないところもあり、また、自分自身も上述のような経験があるため、「とはいってもやはり、自分が過敏すぎるのだろうか」と不安になることもあり、自分の感覚をもっと信じたくて質問しました。率直な感想をお願いします。

 主人とは以前からやっていけないと思い、現在離婚準備中です。主人の問題点はいろいろありますが、専門機関に相談したところ、私に対してのDV,それから娘に対しては性的虐待である、すぐに子供をつれて家をでなさい、と言われました。娘はまだ1歳0ヶ月なのですが、うちの旦那は以下のようなことをします。
 1.娘のおむつがえのとき(まだ0歳6ヶ月くらいだった)、娘の足首をつかみ、自分の股間を当て、前後に何度か動き、セックスの真似事のようなしぐさをした(旦那は服は着用だった)
 2.娘の歯が...続きを読む

Aベストアンサー

男です。

質問者様の意見にほぼ全面的に賛成します。
性的虐待、少なくとも高い確率でするであろう予備軍だと思います。

>自分の子には何したっていいだろう。だって、他の子にはできないだろう?

→自分の子にだってしちゃいけねーこともあるってーの。

私は大抵の場合は離婚否定派なのですが、遅すぎになる前に離婚を決意された質問者様には敬意を表します。
娘さんを守ってあげてください。
頑張ってくださいね。

Q小さい頃父親に身体を触られたことのある方

思い出すなどしてご不快になられたらすみません。

私は、小学生の頃、父親に胸を触られ、最初は言い出せなかったのですが、本当に嫌だったので止めてと言ったら、逆ギレされて、
「誰か子供の体なんか触るか」と言われたことがあります。

でも、なぜかその記憶はいつも、ただの夢だったかもしれないと言うようなひどくおぼろげなもので、
今の大らかで穏やかな父親を見ていると、本当に私の夢だったのではと思うほどなのです。

しかし、私は性的な依存症の傾向があるにも関わらず、中学生の時ブラジャーを着けるのが吐き気がするほど嫌で、しかも今まで一度もありのままの自分(演じずにリラックスした状態)で男性と向き合えたことがありません。
勿論一度も最後まで行けたこともありません。(相手ではなく私が)

ただ単に胸で遊ばれただけでこうなったのに、私の娘は、二週間前に夫にトイレで下半身をいじられたんだそうです。

娘は、私の実家に非難するまで、トイレをずっと怖いと言っていました。

しかも、私に告白した一週間前までは、怖いことすら隠して、お漏らししたり、我慢して1人でトイレに行っていたのです。

最近幼稚園で嫌な思いをすることがあったので、そのせいで夜眠れないのだと、気付けなかった事を悔やみました。

でも、一週間は、「パパが…」まで言って、どうしてもその先は言えなかったことやは、心の準備が出来ていなかったのもあるだろうし、

専門書などを読んでも、そこで無理矢理聞き出さなかったことは、ある意味正解だったとは思います。


でも、物凄い勇気を振り絞って告白してくれ、
詳しく話すうちに思い出して苦しみ、

更に話を聞いた私が、(努めて優しく「それは気持ち悪くて怖かったね。よく話してくれたね」と言ったものの)
吐き気と怒りで震える様子を見てしまって、
ああやっぱり大変な事だったんだと、更なるショックを受けてしまったようで、

体はこわばり、その日以来、娘は泣かなくなって、すごく聞き分けが良かったり、逆にすごい口をきいたり、私の股間を触ってきたり、祖父の所に行ってからは、私たちのアパートに帰りたくないと言うようになりました。

夫とは、一刻も早く離婚したい思いはありますが、まずは娘のトラウマのケアを
したいのです。

ちなみに、やった方は、とんでもなく都合良く考えているのか、私が訴えても全く動じていませんでした。

悔しくて、許せないけれど、こちらでアドバイスを貰ったように、すぐ警察に行ったら、人がいる所で無遠慮に娘に話しをしはじめたので、せめて女性が対応してくれないか、今別の場所に相談しようと思います。


素人の私が、ショックを隠しきれずに「そんな酷いことをされたの…?それは辛かったね」と泣いて子供を傷つけてしまったように、もう、質問してあの時のことを思い出させたり、母親にすら一週間かかったのに、知らない他人に話させたりすることで、子供を追い詰めたりしたくないのです。

何冊かPTSDのケアや虐待の本などを読んで、話しを聞く際のスタンスは大体分かったのですが、今は時期的にまだ思い出したくないかもしれないし、逆にあまり時間が経ってからじゃない方がいいかもしれないし、、

二週間経って、トイレにも誰かと一緒なら行けるようで、

認知行動療法や眼球運動療法やマッサージなどのケアをやるに当たって、また思い出させることになるけどそれでいいのか、

他県に住んでおり、私は仕事で土日しか会いにいけないけど、児童相談所は平日だし、両親は、元気になってきたのにあんたが大騒ぎして子供を不安にさせてると言います。

まとまりがなくすみません。
子供には、私と同じ思いをさせたくないです。

私がとるべき最善な行動、性的虐待をされた子供のケアの仕方、オススメの本やホームページ、民間団体、電話で性的虐待用のカウンセリングが出来る所など、何でもいいのでアドバイスください。

思い出すなどしてご不快になられたらすみません。

私は、小学生の頃、父親に胸を触られ、最初は言い出せなかったのですが、本当に嫌だったので止めてと言ったら、逆ギレされて、
「誰か子供の体なんか触るか」と言われたことがあります。

でも、なぜかその記憶はいつも、ただの夢だったかもしれないと言うようなひどくおぼろげなもので、
今の大らかで穏やかな父親を見ていると、本当に私の夢だったのではと思うほどなのです。

しかし、私は性的な依存症の傾向があるにも関わらず、中学生の時ブラジャ...続きを読む

Aベストアンサー

2児の母です。

すみません、相談できる所は知識が無いのですが・・・。

まず、あなたのしている事は、正しい事です。
自分の感じていること、やっていることを信じてください。
子どもを守りたい母親の感覚が一番です。

>両親は、元気になってきたのにあんたが大騒ぎして子供を不安にさせてると言います。
→子どもに性的虐待をした父親と、それを見過ごして放置した母親の言っている事です。真に受けてはいけません。

お子さんへの対応は、何が良いのか。どのような態度が最善かは分かりません。
でも、とにかく、お子さんに「お母さんは何があっても絶対にあなたの味方だよ。大好きだよ」ということを伝えて下さい。

>もう、質問してあの時のことを思い出させたり、母親にすら一週間かかったのに、知らない他人に話させたりすることで、子供を追い詰めたりしたくないのです。
→お子さんに何度も辛い質問をぶつけたくないのであれば、早めに自分が娘さんから聞き取ったことを紙に書き残して下さい。
何月何日。どのような状況で、どう聞いたのか。
娘さんの様子はどうだったか。あなたはどう思い、どう感じたのか。
旦那さんは、何と言い、どのような態度だったのか。
一字一句。覚えている限りで結構ですので、聞いたまま、話したままに書いて下さい。
そして、それを公証役場に持っていって、公正証書として残して下さい(役場では、書類の内容まではチェックしないと思います)。
要は、「〇月〇日(公正役場で証明の印を押してもらった日)の記憶はこうです」という証明書です。
これは、他の訴訟などでも共通で使える手段です。
人間の記憶は、時が経つに連れて曖昧になるますし、何度も同じような質問を繰り返す内に、微妙にニュアンスが変わったり、真実の輪郭がぼやけてきます。
特に、この件のような、誰もが「本当なら嘘であってほしい」と願うような事件であればなお更です。
今後、旦那さんを相手に訴訟を起こすとしても、何年もかかるかもしれません。
その際に有効なのが、明確な証拠です。
日記でも何でも、記憶が鮮明な内に書かれたものであれば、立派な証拠になります。
更に、公正証書にしておけば、後から書き直したり修正したものではないので、より証拠能力が高まります。
可能であれば、ボイスレコーダーなどで、娘さんとの会話を残しておくのも良いでしょう(気は重いとは思いますが)。
旦那さんと今後話す機会があるのであれば、できれば録音しておきましょう。

警察などへの相談も、一度ご自身1人で相談に行き、今後の段取りや、担当者との話をしておくと良いと思います。
できれば、その手の犯罪に詳しい弁護士さんにお早めに相談することをお勧めします。
全く弁護士関係の伝手がないようでしたら、法テラスという所に相談して、弁護士さんを紹介してもらって下さい。
子どもを持っている女性の弁護士さんや、セクハラ、性犯罪に詳しい弁護士さんでしたら、少なくとも、お子さんに人前で質問するような事はしないと思います。

大変だと思います。
ご自身1人で抱え込んで、お辛いと思います。
お話を読ませていただいて、苦しくなります。
でも、娘さんを守れるのは、あなただけです。
また、あなたが立ち向かうのは、家庭内のいざこざで揉める旦那ではなく、れっきとした性犯罪者です。
頑張ってください。
応援しています。

2児の母です。

すみません、相談できる所は知識が無いのですが・・・。

まず、あなたのしている事は、正しい事です。
自分の感じていること、やっていることを信じてください。
子どもを守りたい母親の感覚が一番です。

>両親は、元気になってきたのにあんたが大騒ぎして子供を不安にさせてると言います。
→子どもに性的虐待をした父親と、それを見過ごして放置した母親の言っている事です。真に受けてはいけません。

お子さんへの対応は、何が良いのか。どのような態度が最善かは分かりません。
でも、とに...続きを読む

Q父にわたしの初めての人になって欲しいと思っています

わたしは高2です わたしには付き合って1ヶ月くらいになる彼氏がいます 
その人は同じ高校の先輩です
彼氏のことは本当に大好きで会えない時はいつも彼氏のことが頭に浮かぶし
会っている時は心の底から幸せを感じます 会う度とても楽しくてこのまま離れたくないといつも思います
ただ 今 とても悩んでいることがあります 
彼は18の健康な男子ですからきっとわたしとセックスがしたいと思っていると思うんです
わたしも彼とセックスをするのは自然なことだと思っています
でも 初めてのセックスはどうしても彼とはしたくないんです
なぜそんなことを思うのか 自分でも解らないんですが
わたしは 初めてのセックスは父としたいんです
わたしは幼い頃から父のことが大好きで 今ではわたしにとって一番尊敬する男性です
でも恋愛感情はまったくありません あくまでも父親として尊敬し、父親として愛しています
彼氏に感じる感情とはまったく違います
自分でもこの気持ちがわからなくていろいろ調べました
ファザーコンプレックスとかエレクトラコンプレックスとか・・
でもどちらも父親を独占したいとか恋愛感情を持つとかでわたしの気持ちとは違います
わたしはただ初めてのセックスは父親に手ほどきしてもらいたい
そう思うだけなんです
このままでは彼に求められた時拒んでしまうとおもいます でも彼としたくないわけではなく
初めてのセックスだけ父親としたいんです
わたしはどうすれば良いのでしょうか

わたしは高2です わたしには付き合って1ヶ月くらいになる彼氏がいます 
その人は同じ高校の先輩です
彼氏のことは本当に大好きで会えない時はいつも彼氏のことが頭に浮かぶし
会っている時は心の底から幸せを感じます 会う度とても楽しくてこのまま離れたくないといつも思います
ただ 今 とても悩んでいることがあります 
彼は18の健康な男子ですからきっとわたしとセックスがしたいと思っていると思うんです
わたしも彼とセックスをするのは自然なことだと思っています
でも 初めてのセックスはどうして...続きを読む

Aベストアンサー

No18です。再投稿失礼します。

お返事、どうもありがとう。
私は29歳の女性です。
あなたからのお返事を読んで、自分が17,8歳頃の心境を思い出しました。
そして母に言われた言葉。

「あなたもそろそそ恋愛して、セックスをするかもしれない年齢になった」
「好きな人とそうなるのは、体は大人だから自然なことかもしれない」
「でもあなたはまだ、心は子供と大人の真ん中」
「恋愛感情と男性の性欲は、全く別物の時があることをまだちゃんと知らない」
「相手が本当に自分を好きなのか(愛があるのか)、心でしっかり見極めなさい」
「女性の性は『受身』」
「自分が傷つかないように、自分で自分を守りなさい」
「あなたが嫌と言っても求めてきたり、避妊を拒んだりしたら、それは『愛』ではなく『性欲』」
「自分が相手を信頼でき、相手があなたを大切にしていることを実感でき、
 その上であなたが相手を受け入れる気持ちになったら、大好きな人とセックスしても良い」
「少しでも疑問があるなら、あなたにはまだ早いということ」

当時、こんなことを母親に言われるのは、居心地悪くてちゃんと聞けなかったんですね。
何言ってるのお母さん、今時みんなしてるし普通だよ。
何で女が『受身』なの?最近はジェンダーフリーだよ。
昭和の人は遅れてるなあ・・・(私も昭和生まれだけどね笑)

でも、ずっとこの言葉が心に残ってたんだ。
今でもふとした時に、この言葉が聞こえてきます。

あなたも今時の女子高生。
(私も当時は『今時の女子高生』だったよ笑)
高校生でセックスするのは普通、周りの友達の意見、
男の子の性欲、我慢させるのは可哀相、相手が離れてしまう不安、
処女性にこだわることへの疑問、処女を捨てたい気持ち、

色々なことを考えてしまうよね。

でも心の底に根本的な「セックスへの不安」「愛されているか確信できない不安」があることを忘れないでね。
それを彼に話すことを「躊躇ってしまう気持ち」もあるんだよ。
彼とゆっくり話をしたり、自分の不安を伝えられるといいよね。
(お父さんが・・・という話は、彼氏に理解してもらうのは難しいのであなたの心に秘めとこうね)

もしかしたら、彼のほうは全然焦ってないかもしれないよ。
あなたが彼と一緒にいて幸せを感じるなら、
相手だって同じ気持ち。
大好きな彼女が納得し、安心できるまで、待っている気持ちなのかもしれない。
相手あってのセックスです。
彼が「今すぐしたい」または「待つ」と一人で考えているように、
あなたも一人で「どうしよう」と悩んでしまっているんだね。

相手に対して全部「受身」になることないんだよ。
女性の性が「受身」だからこそ、
自分を守り、相手にも守ってもらうことが大切。
自分を守れないと、相手を大切にすることもできないよ。

あなたの心の声に、たくさんの若い女性が持つ「戸惑い」と「不安」を感じ取りました。
自分の気持ちにゆっくり向かい合って整理していけば良いよ。
大丈夫。

No18です。再投稿失礼します。

お返事、どうもありがとう。
私は29歳の女性です。
あなたからのお返事を読んで、自分が17,8歳頃の心境を思い出しました。
そして母に言われた言葉。

「あなたもそろそそ恋愛して、セックスをするかもしれない年齢になった」
「好きな人とそうなるのは、体は大人だから自然なことかもしれない」
「でもあなたはまだ、心は子供と大人の真ん中」
「恋愛感情と男性の性欲は、全く別物の時があることをまだちゃんと知らない」
「相手が本当に自分を好きなのか(愛があるのか)、心でし...続きを読む

Q性的虐待の加害者心理とは?

性的虐待についての実態はよく見聞します。
が、その加害者心理というものをどうも無視している(私の知識不足もたぶんにあるでしょうが)ように思えます。それをなくしてこういう議論をしてもあまり有効でないのではないかと思われます。なぜ幼い子供に性的関心が行ってしまうのか、それはただ「異常性」として片付ければいいのか、どうもそうでないような気がします。

私なりに考えた一般的な動機というのは次のようなものです。大変節操もない下種な話になりますけど。

実の父親が小学生くらいの娘をターゲットにする場合、妻の肉体はかつての性的魅力を失いつつあり、また慢性的な飽きがある。娘の方はだんだんと女の雰囲気を身に付けてきたし、若さというのは抗えない魅力があり(もちろん子供に性的関心を寄せてしまう事は、異常性といえるでしょうが、極端ではないでしょう、この異常性を指摘したら、相当なパーセンテージの男性が当てはまってしまいます)、自分の娘だろうと何だろうと、自分の性エネルギーを倫理観でとどめる事は出来ない。

大体こんな理屈じゃないでしょうか。

継母とかそういう場合も似たようなものでしょう。

とにかく有り余る性的エネルギーが範囲を逸脱してしまうのです。
それが真相ではないでしょうか。

この解決策はわかりません。妻が夫を悩殺する工夫をするとか言う非現実性しかありませんでしょうかね。

また被害者と加害者はどうも性的な問題だけでなく、人間的にも距離があるところが問題なようなところがある気がしますがどうですか。性的に「獣」なお父さんだが、私の趣味にすごく詳しいとか遊ぶとすごく楽しいとか、人間的に尊敬できる感情が同時にあるとすれば、少しは救いのような気がするのですけど、どうなのでしょうか。

性的虐待についての実態はよく見聞します。
が、その加害者心理というものをどうも無視している(私の知識不足もたぶんにあるでしょうが)ように思えます。それをなくしてこういう議論をしてもあまり有効でないのではないかと思われます。なぜ幼い子供に性的関心が行ってしまうのか、それはただ「異常性」として片付ければいいのか、どうもそうでないような気がします。

私なりに考えた一般的な動機というのは次のようなものです。大変節操もない下種な話になりますけど。

実の父親が小学生くらいの娘をタ...続きを読む

Aベストアンサー

実際もっとシンプルかつ本能的だと思います。
>もちろん子供に性的関心を寄せてしまう事は、異常性といえるでしょうが~
これに関しては少々異論を。
変な言い方になりますが異常性ではないんですよね、むしろ男親(女親も当然入りますね。事これに関しては、欲望の大小だけで性別というのはあまり関係ないですので)の昔からの人間の欲望と言うべきじゃないかと思います。
源氏物語を読んで頂いたら分かりますが、「子供を育ててそれを自分色に染めたい」というある種の欲求(本能)の延長線上だと思いますよ。
それに良く言うじゃないですか「近親相姦は禁断の果実」って。
不毛な行い程人間はその行為に魅力を感じますし、泥沼に嵌っていくものです。
親が男か女か、はてまた子供がどっちかという違いだけであって、親全てに当て嵌まる本能だと思います。その欲求の大きさの違いだけであって。

Q再婚相手の娘を好きになってしまいました。

結婚相談所で紹介された女性と3年前に結婚しました。
彼女は、29才のバツイチで、当時、小学3年生の娘がいました。
結婚相談所の担当者から、彼女を紹介された時、清楚な顔立ちと落ち着いた雰囲気に一目で気に入りましたが、もともと、ロリコンだった私には、母親似の端整な顔立ちをした彼女の一人娘の存在も大きな魅力でした。
半年ほどお付き合いをし、彼女の一人娘にも次第に懐かれるようになり、新しい家庭を持つに至りました。
その後、幸福な結婚生活が続いていたのですが、結婚当時、あどけない少女だった、その一人娘は、いつしか、胸も膨らみはじめ、顔立ちもますます、眩しいくらいに磨きがかかってくるようになりました。
毎日、顔を合わせているのに、その表情や仕草が、いつも新鮮で、ついついじっと見つめている自分に気づいてしまいます。
年頃なので、当然、男性アイドルや学校の異性友達の話も、時々、話題になりますが、今まで感じた事がないような、抑えがたい嫉妬心に襲われてしまいます。
感受性豊かな年代の一人娘からは、「パパ、最近、突然、不機嫌になるから怖い」・・・なんて言われています。
妻とのセックスは、人並みにありますが、ここ最近は、妻の身体に、ついつい、一人娘への思いを重ねてしまうのです。
そして、深夜、トイレに行くフリをしながら、脱衣所のカゴに入っている一人娘の下着に顔を埋めて、こっそり、オナニーしたりしています。
妻に対する愛が醒めたわけではありません。今でも、かけがえのない大切な存在に変わりはありませんが、戸籍上は我が子とはいえ、日に日に、美しくなっいく血の繋がりのない一人娘への恋心も正直な気持ちなのです。
今はまだ、一人娘の下着でこっそりオナニーする程度で何とか自制していますが、いずれ、エスカレートしていく気持ちが抑えられなくなるのでは・・・と思うと、とてつもない不安に襲われます。
妻や娘と、離れて暮らす事など、とても考えられませんので、この気持ちをどのように消化すればよいのか・・・悩んでおります。

結婚相談所で紹介された女性と3年前に結婚しました。
彼女は、29才のバツイチで、当時、小学3年生の娘がいました。
結婚相談所の担当者から、彼女を紹介された時、清楚な顔立ちと落ち着いた雰囲気に一目で気に入りましたが、もともと、ロリコンだった私には、母親似の端整な顔立ちをした彼女の一人娘の存在も大きな魅力でした。
半年ほどお付き合いをし、彼女の一人娘にも次第に懐かれるようになり、新しい家庭を持つに至りました。
その後、幸福な結婚生活が続いていたのですが、結婚当時、あどけない少...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。26番です。
ご返信ありがとうございます。
まだここを覗いておられるのでしょうか。
その後いかがでしょうか。


当方は、女の子と男の子の母です。

娘は2年生になり、自分できることも増え、
最近はめったに抱っこを求めませんし、
またわたしが抱っこしようとしても
「恥ずかしいから外ではしないで」と言って
なかなか抱っこもさせてくれません、ちょっと淋しいです、
その代わり、宿題に悪戦苦闘してると、
隣に座ってて、見てて、と言って泣いて甘えるし、
あの服かわいい、買って、と言って甘えるし、
あのゲームおもしろそう、いっしょにしよ、と甘えます。

息子は相変わらず抱っこされると喜んでくれます。
近親相姦などと名づけられることもなく、
5年間、毎日毎日10回ぐらいはチューしてますから、
1日10回×365日×5年、
まあ1万6千回ぐらいは、この人にチューしてます。
ありがたいことです。
息子が「もういい」「あっち行け」というならやめるかな。
他の人にチューしたらいいですし、
息子が別の要求を出してきたら、
できる限りですが、そして
できる限りというのは、とても少ないですが、
できる限り、よく聞いて勘案して応じたいと思います。


さて。
>今の家庭を持った時、小学生の中学年になっていた娘は、
 既に羞恥心が芽生えていて
:当たり前の反応です。
それまで家庭内に男性がいなかったのですから、
大人の男性に対する接し方、甘え方、要求の出し方など、
娘さんの方もよく分かっていなくて、戸惑ってるかもしれませんね。

このことに対しては、
奥様が、あなたに甘えることによって、
また、あなたが奥様を甘えさせてあげることによって、
また、奥様はあなたを、あなたは奥様を大切にしている、と
奥様とあなた双方が表現しあい受け取りあうことによって、

娘さんに見本を示し、
女性が男性と関わるというのはこうやってやるのだよ、
と教えてあげる必要があるように思います。
親の最大の役割は、ここではないかと思います。

>娘も、前夫の事について、あまり語りたがらない
>娘の「深淵」に触れる機会が全くありませんでした。
>娘へのスキンシップの体験を…追体験…
:とりあえず正直に言っちゃいましょうよ、
赤ん坊の娘さんに会えなかったなんて、
淋しくて悲しくて悔しいですよね。当然でしょう。
しかし、
今から娘さんを赤ん坊に戻すことはできませんから、
そのことは理解して納得した上でご結婚されたのでしょう?
そうですねえ・・・
娘さんや奥さんに明るくカラっと聞いてみたらどうでしょう、
こいつは昔どんな赤ん坊だったの?
どんなことがうれしくてどんなことが楽しかったの?
どうしてあげたかった?
当時のお父さんにはどうしてもらいたかった?など。
さらに今のお父さん(あなた)にはどうしてもらいたい?
ということまで聞くことができたらいいですね。


>たくさんの方から、お叱りの言葉
:お叱りのような形相をとったものの中には、
ちゃんと親子愛をやらなかった者たちの、
あなたに対する嫉妬や八つ当たりなどによる
罵詈雑言も含まれていましょうから、
そこは当たられて差し上げた、と思っておいたらよいです、
参考になる部分は参考にし、
あなたの仕合せに役立ててください。


犯罪という意見もありますね。
それでは犯罪について少し。
たとえば「立ち小便」というのがいわゆる軽犯罪ですね。
知らない人はいないと思いますが、
知らないわけではないけれど、しないではいられなかった、
そういう人、案外いるんぢゃないでしょうか、
そのときに「ああ俺はとてもいけないことをした」
と思うことができる人は「次からは、やらない。」
「次からは、出かける前にトイレに行っておく。」
そうやって気をつけるだけのことです。

あとですね、
おしっこや汗やゲップと同じで、
精液も「出る」のを一時保留にすることはできそうですが、
「出ないようにする」というのはまあ無理です、
繰り返しになりますが、安全に、思う存分、出しましょう。



それでは幸運を。

こんばんわ。26番です。
ご返信ありがとうございます。
まだここを覗いておられるのでしょうか。
その後いかがでしょうか。


当方は、女の子と男の子の母です。

娘は2年生になり、自分できることも増え、
最近はめったに抱っこを求めませんし、
またわたしが抱っこしようとしても
「恥ずかしいから外ではしないで」と言って
なかなか抱っこもさせてくれません、ちょっと淋しいです、
その代わり、宿題に悪戦苦闘してると、
隣に座ってて、見てて、と言って泣いて甘えるし、
あの服かわいい、...続きを読む

Q性的虐待

私は小さい時(小学低学年~中学3年春ぐらいまで)
実父から性的虐待を受けていました。
小学校ときは何されてるかわからず
されるがままで。

年を重ねるごとにその重さをしって
毛嫌いするようになりました。
触られると汚いと思ったり、恐怖で押しつぶされるような
気分になったり。

でも喋らないってわけじゃないんです。
頭はいい人ですから勉強や分からないこととか
聞いたり・・・。パソコンとか自転車とか
身のまわりの物が壊れたりしたら直してくれたり。
そんなことで自分は頼ってしまったりしてます。
性格は陽気な人で自分が過去になにしたかも
覚えてもないようで、反省もないようで。


お風呂は下着を持っていくように
何日も何日も頼んで
やっと分かってくれたみたいで
カーテンも閉めて脱いだり着たりしてくれるようになりました。
たまに開いたままの時があるんですが…。

一度
私がパソコンをしてるとき
後ろで家族が「やめろ」とかなんとか言ってるの耳にして
振り返ったら全裸で笑いながら立ってたり。

中学3年の時
寝てるベッドに近寄ってほしくなくて
ダンボールとかいろんなものを敷き詰めたりして
小さい抵抗もしたりしました。
周りの人はそれをみて笑ってました。
それが悔しくて辛くて

安心に寝れた夜なんて今までありません。
気を完全に落ち着かせて寝れた夜は修学旅行とか…。

私が泣いても 叫んでも
当たり前ですが家族は気づいてくれません。
母からは「そんなに泣く必要ない。
     ただちょっと触っただけでしょ」
そんなことを言われるたびに
何も知らない母を恨んだこともありました。


母のことは大好きです。
私のことを本当に大事にしてくれます。
ただ真実を知らないだけで…。

本当は何度も母に言おうとしました。
自分の娘が何をされてきたか
どうしてあんなに泣き叫んでたのか
どうして父親を嫌っているのか
あなたの娘を全力で守ってほしいってことも
けど、壊れるのが嫌なんです。
告げたらもぅ家にはいられなくなるような気がして
家族がなくなるような気がして
白い目で見られるような気がして
怖いです。

最近薄く気づくような
「家出て行くときにでも言う」とか言い方をしています。

昨日
ふざけてか知らないけど
父親がベッドの柵に手をかけてきて。
近くには兄がいて、何もされないって分かっているのに
トラウマの恐怖が押し寄せて・・・。
怒鳴りながら泣いてしまいました。
そしたら「ふすま閉めようか」とかあせったように
逃げていこうとしました。
私は「いつも逃げてばっかり。人の話を聞け」
それでも「ここ閉めるで」と逃げようとしてました。

ずっとこの人はこんな調子で…。
何かあると誤魔化すように逃げて。

書ききれないんでここまでにします。

もとはと言えば
自分が悪いんです。
小学校のときに
抵抗しないでされてたこと
何度しても同じと
「まぁいっか」とか頭があったこと。
もっと事の重さを知ってて
嫌がっていればこんなことにはならなかったのですから。


もし自分の子供が性的虐待をされてると知ったら
皆さんはどう思いますか?
そのあと子供とどう接しますか?
やっぱり少し避けたり
よそよそしくなりますか?
嫌いになりますか?



就職がきちんと決まって余裕も持てれば
家を出て行こうと思います。
母と離れるのは辛いですが。
安心して寝たいので。

私は小さい時(小学低学年~中学3年春ぐらいまで)
実父から性的虐待を受けていました。
小学校ときは何されてるかわからず
されるがままで。

年を重ねるごとにその重さをしって
毛嫌いするようになりました。
触られると汚いと思ったり、恐怖で押しつぶされるような
気分になったり。

でも喋らないってわけじゃないんです。
頭はいい人ですから勉強や分からないこととか
聞いたり・・・。パソコンとか自転車とか
身のまわりの物が壊れたりしたら直してくれたり。
そんなことで自分は頼ってしまっ...続きを読む

Aベストアンサー

私も父親に性的虐待(レイプまではいってないけど、かきたくない
こととかいろいろされました)を受けていました。

父親が早く死ぬのを願ってますし、死ぬ間際にその顔を靴のまま踏みつけてやるのを楽しみにしています。(怖いですね。でもこれくらいで
私の怒りは消えません。死をもって償うくらいしてもらわないと割に合わないです。)

自分はずっと汚いと思っていました。でも父親なので自分の事を
いざというときには守ってくれる存在だと信じていました。

が、知り合いに強姦されかけて精神科送りになったときに、精神科医に弁護士を紹介されましたが、なぜか私が悪いと裁判を反対されました。
母がそいつに手紙をかきあやまりにこさせたんですが、ちちはな~んに
もできませんでした。口では娘たちを傷つけるやつは生かしてはおれん
と小さいころからいっておきながら。

こんなしみったれたいやしい男が自分の父親だったということは絶望で
リストカットやら転職やらぼろぼろでした。

とある男性と知り合い、虐待のことを話しましたが、それで私が汚いと
いうわけはないし、なにもかわらないといってくれその人と結婚しました。それで少し救われましたが、やはりSEXは出来ず、子供もありません。

でも父親を恨むことさえないです。うらみでそいつとつながるのがいやだから。なので実家にも帰らないし、口もききません。親戚には
信じてもらえないときもありますが、父親の虐待にあったことを
言いふらしています。たぶんやつは孤独死するでしょうが、自業自得
です。

子どもは良い悪いはわかりません、わたしもキスするようにしつけられて自分からしたこともありますもん。どうかんがえても大人の責任ですよ。20過ぎなら自分を責めても良いとおもいますが、質問者さんには
まったく落ち度はありませんよ。

母親もきずかないじてんで同罪です。きづくのがめんどくさいんですよ。
早く家をでて安心して眠れるようになることを祈っています。

>もし自分の子供が性的虐待をされてると知ったら
>皆さんはどう思いますか?
許せません。夫なら離婚ですし、他人なら社会的に抹殺されるよう
な復讐を考えます。(こわいですよね。でもそれくらいしてもわり
にあいません。)

>そのあと子供とどう接しますか?
同じ被害にあわないように、アドバイスします。
そしてこどもは何も悪くないことも伝えます。

>やっぱり少し避けたり
>よそよそしくなりますか?
しません。いっそうかわいがります。

>嫌いになりますか?
なりません。被害者をきらうほうがおかしいです。

私も父親に性的虐待(レイプまではいってないけど、かきたくない
こととかいろいろされました)を受けていました。

父親が早く死ぬのを願ってますし、死ぬ間際にその顔を靴のまま踏みつけてやるのを楽しみにしています。(怖いですね。でもこれくらいで
私の怒りは消えません。死をもって償うくらいしてもらわないと割に合わないです。)

自分はずっと汚いと思っていました。でも父親なので自分の事を
いざというときには守ってくれる存在だと信じていました。

が、知り合いに強姦されかけて精神科送...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング