日本書紀って一体何なんですか?単なる神話で物語だと思っていたんですが…。
今度、日本書紀について調べてみようと思っているのですが、基礎的なことから教えて下さい。テーマが日本文化を深層から捉えていくということで日本書紀が題材となっているのですが、どういう風な観点から観ていけば良いとか教えて下さると幸いです

A 回答 (3件)

「日本書紀」は、体裁としては歴史書です。

中国の正史記述方法を参考に、天皇を中心とした朝廷の正史として編まれました。が、どこの国でもそうですが、王朝の由来話みたいなものは神話と区別がつかないものなので(歴史が科学になる以前はそれで不都合がなかったわけです)神話として読まれることも多い、というわけです。実際に読んでみれば判りますが、前半の神話はともかく、後半の紀伝体による歴代天皇の記述は、ざっと読むだけだとかなり退屈ですよ。
観点としては、中国文化の影響を切り出してみると面白いでしょう。どこまでが中国からの輸入思想で、それを取り除いたあとに残るものはなんなのか。あるいは「日本書紀」が征服王朝による正史である点に着目すると、出雲や北九州といった大和と対立する勢力があったとされる地域がどのように扱われているかとか、「古事記」は民間で編まれたとされているので両者の違いを見るとか、切り口はいろいろあると思います。
    • good
    • 0

日本書紀が完成したのは天皇制の国家体勢が律令制度を中心に固まってきた頃なんですね。


で、これは天皇中心の歴史書です。神々の時代(アマテラスとかオオクニヌシとか)から持統天皇までを編年体でびっしり漢文で書いてあるものです。
これは、天皇というものの権威や地位の正当性を示したかったがため、という事のようです。天皇の絶対的権威の裏づけとして広く認知させる為に文書化の必要があったわけです。

天皇というものは人ニシテ人ニアラズ、この世に舞い降りた現人神(あらひとがみ)であるぞよ、現在の天皇もその系譜にある由緒正しき神様であるからして、皆のもの、天皇をおそれ敬いたまえ。・・・というわけです。

うーん。日本文化の深層、ですかあ。 まあ、キリストやユダヤの神様と違って日本にはたくさんの神様がいましたので、そのへんの事じゃないんですかねえ。神様がおりてこられてこの世に存在するのが天皇、というのも独自性があるんじゃないかな。
国家の体勢がやっと整ったこの時期、法律にも刑罰にも政策にも、絶対的な力の裏づけが必要だったのは想像が出来ます。律令制度の有効性を保つ為に神様を政治に利用した、なんていったらいいすぎなんでしょうかね。
題材が古事記のほうであれば、おもしろい話がいっぱいあるんですけど、日本書紀は政治色プンプン、というイメージがあるのは私の勝手な先入観でしょうか。
    • good
    • 0

日本書記に限らず、各国の国の成り立ちに関しての書物は物語の形式をとり、比喩をたくさん取り入れているものです。


中央権力に対して従属しない勢力は多くの場合、動物などに喩えられます。これは、その部族の紋章だったりすることが多いのですが‥。そして、自然災害についても化け物などの姿を借りて示すことが珍しくありあませんネ。
日本書記も、同様であり、国家が成立した当初の権力抗争や治水事業、あるいは、他の部族を征伐していった経緯など‥多くの情報を読み取れるものです。よく読むと当時の生活の一部なども見えてきます。
まずは、そのままの文章をじっくりと読み、ついで、比喩の正体について考えながら読んでみられては如何でしょうか。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北欧神話って北ドイツあたりの神話ですよね?

北欧神話って北ドイツあたりの神話ですよね?
中国の四神のように4方向の神々とか守護神みたいな神様は北欧神話にいますか?

名前とかどういう神様なのか教えてほしいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

恐らく嘗てはゲルマン人全体の神話だったのでしょうね。 現在、文字で読めるのは、古アイスランド語で残っている
”エッダ”との北欧神話でしょうね。 ゲルマン神話に関するウェブサイトは数あるので”北欧神話”などのサイト名で検索すると
よいでしょう。

Q以下、箸墓古墳の名の由来についての、日本書紀での一節です。(Wikipediaより)現代語訳をお願い

以下、箸墓古墳の名の由来についての、日本書紀での一節です。(Wikipediaより)現代語訳をお願いします。意訳でけっこうです。2箇所わからないところがあるので、2箇所よろしくお願いします。わかるほうだけでもけっこうです。


⒈ 「汝、忍びずして吾に羞(はじみ)せつ。吾還りて汝に羞せむ」

⒉ 則ち箸に陰(ほと)を憧(つ)きて薨(かむさ)りましぬ。乃ち大市に葬りまつる。

Aベストアンサー

詳しくはわかりませんが、察するに、

「あなたは、私の言ったことを守れず、我慢出来ずに、
私の本当の姿を見て私に恥をかかせた。
それ故に、私は妻であるあなたの下を去り、
あなたに恥をかかせます。」と言うような。

妻は驚いて腰を落とした拍子に「箸」で自分の陰部(ほと)を
突き差してしまい、その姫(妻)は亡くなってしまった。

それが箸墓の由来というけれど、情景の想像できない
なんとも奇妙で解せない話ではあります。

Q最も古い(とされている)神話はどの神話ですか?

神話ってたくさんありますよね。
この小さな島国日本ですら。

旧約聖書などを含めて現在地球上で一番古い神話は
何になるのでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。

また参考になる書物や文献を提示していただけると幸いです。

Aベストアンサー

ギルガメシュ叙事詩
シュメールのウルク第一王朝の伝説の王
BC2600年頃

Q日本書紀を読んでみたいのですが

図書館で一度探してみたのですが
ボロボロでしかも分厚く、古文チックだったので・・・

手軽に買えて 現代語訳されてる
日本書紀は 売ってるでしょうか?

あと、ハードカバーとかじゃなくて
文庫本みたいに小さければうれしいです

Aベストアンサー

文庫版で、全訳と云うと講談社学術文庫しかありません。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1588338
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1588346
後は、新書判になります。
http://item.rakuten.co.jp/book/1583707/
http://item.rakuten.co.jp/book/1591499/
http://item.rakuten.co.jp/book/1602617/
(これは、かって中央公論社から「日本の名著」としてだされたものの新装版です)
これ以外の文庫の口語訳は、河出文庫のものですが、抄訳です。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309407647

岩波文庫は、原文と書き下し文のみで口語訳がはいっていません。

小学館の古典全集にも口語訳が入っていますが、省略します。
御参考にならば幸甚です。

Q古事記と日本書紀の正しく理解するには?

古事記、日本書紀の原文は難しくて読めませんので、
まんがで読破シリーズを購入して読みましたが、
今ひとつでした。

そこで、分からないことがあるのでご存じの方、教えて下さい。

1.草薙の剣について、スサノオがアマテラスに献上する場面がない。
2.草薙の剣が最初から草薙の剣と呼ばれている。天叢雲剣の名前が出てこない。
3.古事記と日本書紀を正しく理解する本

Aベストアンサー

古事記は各地の伝承を纏めた物。さらに古事記の前にその資料となった各地の歴史があります。
また古事記は国内向けに纏めた本、日本書紀は世界(と言っても中国)向けに纏めた歴史書だという考えもあります。
日本書紀は日本という国がどのような考えや経緯で建国されたかを書いた正史(国が纏めた世界に通用する正式な歴史書)です。そして古事記をはじめとする幾つもの別史も併記してあります。逆に本文でははしょることもあります。
何しろ文字のない時代の歴史を文字が日本に伝わってから書き記したのですから、不明瞭な部分があっても仕方ありません。
漫画などでは古事記を再現しているか、日本書紀の一部を使っているだけです。
日本書紀はとくにAというストーリー、Nというストーリーがあるという場合、どちらかを選択するかその部分を飛ばして、但し書きのような形式てAとN両方を記すということをしています。
漫画や現代訳にする際にこの補足部分を飛ばしてしまうと、途中経過が無くいきなり剣が出てくるということにもなります。
それに場面によって名前が変わると繋がりが判らなくなるので、最初から草薙剣としている書物も少なくありません。マトモな漫画や小説なら但し書きがしてあります。

なので最初は余りぶれることの無い古事記を学んだほうがいいかもしれません。

私はネットの口語訳を読みました。一応読んでから探そうと思ったのです。
その前は以前から家にあった主婦と生活社、那須浩監修の古典コミック「古事記」です。これはさらっと読んだだけです。
全体的な解釈を知るために使ったのは学研から出ている竹田恒泰著の現代語古事記です。これは私の疑問について一番納得できる答えを出してくれました。

でも書くほうも人それぞれなので、とりあえず図書館などで読んでみてからの方がいいかもしれません。

古事記は各地の伝承を纏めた物。さらに古事記の前にその資料となった各地の歴史があります。
また古事記は国内向けに纏めた本、日本書紀は世界(と言っても中国)向けに纏めた歴史書だという考えもあります。
日本書紀は日本という国がどのような考えや経緯で建国されたかを書いた正史(国が纏めた世界に通用する正式な歴史書)です。そして古事記をはじめとする幾つもの別史も併記してあります。逆に本文でははしょることもあります。
何しろ文字のない時代の歴史を文字が日本に伝わってから書き記したのですから...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報