人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

エゴだらけの世の中を造り出した、
神(創造主)は、バカなのか?

「出来損ない」と言う言葉があるが、
神は「つくり損ない」をしたのか?

この世の中は、神の失敗作なのか?


人間のエゴ、戦争、殺人、貧困飢え死、事故死など
それとも、神が本当は意図して造り、
あらかじめ組み込まれているものなのか?

そうであれば、神にウンコ食わせたい。
ウンコが出る3秒前!3!2!1!ブー!!あぁ!!

とにかく、どうせ造り出すのなら、
平和と愛に満ちた世の中をつくれ!って神に言いたいんだよ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中1~10件)

同意です。



漫画 コブラの名言「神か・・最初に罪を考えだしたつまらん男さ」

もし、Aの集団とBの集団があり、Aの集団はギリギリの食物が取れる土地に住んでおり、Bの集団は常に飢餓にたたされる様な食物しか取れない土地に住んでいるとします。

当然、Bの集団はAの土地を略奪しようとするでしょう。
でもAもギリギリな食物しか取れないため守備に必死です。
最初に戦争を仕掛けたBが悪いのでしょうか?
神は、Bには生きることを諦めろとでも言いたいのでしょうか?
でも、キリスト教では生きることを諦めること(自殺)を罪としています。
(死後の世界でも救われないものとしています。)

神がいるとすれば、人間に矛盾な事を抱えさせて、それを見ることで楽しんでいるようにしか思えません。

神は、それでも慈愛に満ち溢れているとでも言うのでしょうか?
神は存在しません。
居たとしたら、私が殺します。
    • good
    • 27

だいぶ怒り狂っておられるようですね。


その声は神に届いたのでしょうか?
宇宙に向かって、ありったけの声を出してもまだまだ小さい・・・
声が枯れて出なくなるまで叫んでみればいいでしょう。
そうすれば、きっと神から返事がもらえるかもしれません。

どうしたの・・・って
神様がその時姿を現すかもしれませんね・・・。
    • good
    • 0

>No25へ



別にあなたに好かれようと思って書いているわけではありません。嫌われても正しいことを書くのになんのためらいもありません。

『神は人間に具体的にどんな行動が正しいのか示した事があるとでもいうのでしょうか?』
という様にあなたは言っていますが、一度でも聖書を最初から最後まで読んだ事がありますか?もし読めば、人として生きていく規範を書いている個所は無数に見つかると思います。
 あなたは、人の言っていることをただ批判するだけで、自分自身で何も調べようとしていない人です。

 人を確かめるのをとんでもないことだとあなたは言っていますが、これも現実世界に馴染めない自分勝手な人間の主張でしょう。
 大学の入学試験、会社の入社面接など、その人が自分のところに所属するのにふさわしい人物かどうかを確かめる作業はいたるところで行われています。

 また、神が悪を人間に組み込んだという解釈は間違いです。どうして人間が神に背くようになったか、聖書の創世記をじっくりよんで考えてみてください。

 エゴというものは人間が正常な精神活動を営むのに必要なものだと言っているのです。もし人間が命令されたことしか行えないロボットのようなものだったらそちらの方が不自然でしょう。人間は自由に自分の主義主張を述べられるように作られているのです。

 はっきり言ってあなたは自分の頭の中だけで考えて(あたかも、すべてを知っているように)語りますが、貧弱な知性しか持ち合わせていないように感じます。人の言うことに耳を傾けなさい。
    • good
    • 2

まず、「貴方が行動しなさい」と言う人間や「自分が行動する」と言う人間が嫌いです。


見てきた限りではまともな行動を行った人間などいないからです。

神は人間に具体的にどんな行動が正しいのか示した事があるとでもいうのでしょうか?

聖書等では人間に何かをさせる時に、その人間を確かめる様な行動をさせる記述があります。
とんでもない事です。
人間通しで人を確かめるような行動をすると嫌われます。それが何故、神対人だと許されるのか理解に苦しみます。(許されるのが当然だと思っている人をみると脳内お花畑のような気がします。)

「意図して組み込んだ」とは、どう意図して組み込んだのでしょう?
決まって宗教家たちは「神は悪・エゴ等を意図して組み込んだ」と言います。
では何を意図して組み込んだというのでしょう。
そして、決まって宗教家たちは「成長するために」と言います。
では「悪やエゴ等を組み込むことによる成長」とは何なのでしょうか?
・神の精神に近づくため?
・天国で幸せになるため?
そんな事にどんな意味(必要性)がある。
(特に、この世に生きている人間に対して。)

意図して組み込んだとは、どんな意味があるのか提示してみてもらいたいものです。
    • good
    • 11

この世界があなたの満足のいくものではなかったからといって、神をバカ呼ばわりすることは許せません。



エゴというものは人間の精神活動を営むにあたって必要なものでありそれ自体必要なものです。

『この世の中は神の失敗作なのか?それはどういう基準で決めるのですか?』あなたが失敗作だと思っているということではないのですか?

現代の世界にはさまざまな諸問題がありますが、それらを神が意図して組み込んだのではないかというのはどうなんでしょうか。

次の下りをみると、そうとうストレスが溜まってるんじゃないかと思います。

平和と愛に満ちた世界、それはだれもが望んでいる事でしょう。しかし神に頼るだけではなく、あなたも行動した方がいいのと思います。
    • good
    • 0

「そうであれば」の前後の品格が違いすぎて吹きました


「あぁ!!」と「とにかく」のあいだの行間の間も完璧です
そういうわけで笑いの神は居るようです
笑いの神はバカではありません
    • good
    • 1

No.6 & No.20 です...



お礼欄、補足欄になんのコメントも記述されていない段階で、さらに書き込むこと自体、申し訳ないと思っていますが、最後に、もう一点だけ付け加えさせていただきます。

質問者様自体、少なくとも、創造神という神概念を想定可能だということは前提としてOKなようですので、実際に創造神が存在したとしても、存在しなかったとしても、下記のことは言えると思います。

まず、排泄物ですが、これを汚物だとして排除するのは、排泄物を出している側の一方的な思いこみによるものです。
排泄物は肥料となって、多くの微生物・生命を育みます。人間ですら、牛糞を燃料や築材として利用し、生活を営んだりするところもあるほどです。
http://lib.ruralnet.or.jp/genno/yougo/index.php? …
wikipedia: 牛糞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B7
→ 牛糞の利用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B7# …

排泄物を汚物と認識し、それを投げつけたりすることで相手を貶めているかのごとく錯覚しているレベルでは、最善でもネット上放置されるのが上等のように、もし仮に創造神がいた場合でも、No.6で示したように、最善放置されるだけでしょうし、最悪同じ目に遭わされることになるでしょう。

注意すべきなのは、「○○にとっては汚物」だというのは正しいし、当たり前なのですが、「○○にとっては汚物だから、●●にとっても汚物だ」というのは、誤っているということです。

で、
>>>
人間のエゴ、戦争、殺人、貧困飢え死、事故死など
<<<
を、「悪」として排除する考えも、実のところ同じレベルだということになります。

もし、創造神を想定しておられるのであれば、そういった「悪」をも含んでいるのが創造神です。

このあたりは、ユングの「ヨブヘの答え」
http://www.msz.co.jp/book/detail/01218.html
を読まれることをお勧めします。
(訳が2種類あり、「みすず書房・林道義 訳」がお勧めです。)

http://d.hatena.ne.jp/charis/20060823
>>>
無意識のレベルに根ざす荒々しい怒りの神であったヤハウェ神は、人間の意識が高まるにつれて、普遍的な愛の神であるキリスト教の神に変容を余儀なくされる。その転換点を象徴するのが『ヨブ記』におけるヨブとヤハウェの対決であり、『ヨブ記』は、ヤハウェがヨブを力ずくで屈服させたように見えるけれど、実際は、ヤハウェはヨブに敗北したというのがユングの見解である。ユングは言う、「ヨブはヤハウェより道徳的に上に立った。この点では、被造物が創造主を追い越したのである」(みすず版、p68)。
(中略)
ヤハウェは世界の宗教でも珍しい、「無から世界を創造した」神である。これほどの神であれば、その全能の力と知恵は絶大だと思われるかもしれないが、ユングによれば、そうではない。「<世界創造主>が意識的な存在であるという素朴な仮定はゆゆしい偏見と言わざるをえない。なぜならその仮定は後に信じがたいほどの論理的な矛盾を生み出したからである。・・・それに対して神が無意識であり無反省であると仮定すれば、神の行為を道徳的判断の対象とせず、善なる面と恐ろしい面とを矛盾とは見ない見方が可能になる」(p38)。これはなかなか面白い指摘だ。「無からの創造」を行ったヤハウェは、我々の予想とは違って、無意識で、無反省で、知恵を欠いた神なのである。
<<<

排泄物や悪を「創造神のレベルであっても、絶対的な価値判断の基準として想定できる」と考え、それらを全体から排除するだけで「よし」とする考え方は、ヨブに敗北した創造神のレベルにも達していないと言うことにしかならないでしょう。

すくなくとも創造神は、もし存在するとするならば、相矛盾すると思われるものであっても「全て」を含んでいます。

創造神が存在したとしても、存在しないとしても、「(排除せずに)全てを含んだうえで」どうすればいいのか?を考えるということが、求められている課題だということです。
    • good
    • 1

No.6です


一神論的な(創造神的な)神様でなくても、たとえば、便所神、厠神、雪隠の神という概念もあるわけで、両手で排泄物を受け止めてくださるわけです。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20071110
http://www.tabiken.com/history/doc/Q/Q284C100.HTM
また、一神論的な概念であったとしても、宇宙全体が神自身である(あるいは神に内在されている)といった概念であれば、どれだけの排泄物が放出されようとも、まったく意に介さないということになるでしょう。
そういった概念(神=宇宙全体)であるならば、まさに宇宙全体を構成している一部である人間が
>>>
平和と愛に満ちた世の中をつくれ!って神に言いたいんだよ
<<<
と思ったなら、まさに、そのように行動すべき問題でしかないと言えるでしょう。
    • good
    • 0

 神とは設計者であり芸術家に譬えられます。

失敗した作品は捨てるなり無視してしまうものです。この世は神の作品からすれば失敗作だったのかもしれません。いずれ神はこの世を滅ぼすでしょう。
 神はこの世だけではなく天国もつくっておられます。天国は神の作品では成功したものかもしれません。天国は平和と愛に満ちた世の中です。天国に行けるようにするにはこの世から出るしかないかもしれません。
    • good
    • 4

>平和と愛に満ちた世の中をつくれ!って神に言いたいんだよ



言って、自分にも他者にも聞かせないとつくれないかもね
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神を殺したいです。

どうやったら神を殺すことが出来ますか?どうやったら神を苦しめることができますか?

Aベストアンサー

ニーチェは死んだby神

あなたが
神を殺せるか、神を苦しめることができないか、
と悩んでいること自体が神の祟りです。

それほど神は偉大です。

そんな、あなたに残された可能性です。

神を無視すること、同調者の輪を拡げること、地球上の全ての
人が神を無視するようにすることです。神が命乞いに来ます。
最後の一人があなたに同意する時、命乞いする神の前で神を消しましょう。

殺せませんが、苦しませるには、あなたが神になれば良いのです。
神は「こんな変な奴が同類とは。私が作ったのに。」と嘆き悲しみ苦しむでしょう。

全ての人にあなたの意を伝えることは昔は不可能でした、今はネットが発達していますから
やれるかも知れません。

Q能力の低いバカな人への怒りの抑え方

私の夫は、何回も何回も同じことを言われても、覚えが悪く、同じことを繰り返します。その上、向上心はなく、愚鈍で、33歳のわりに社会常識や中身がなく、薄っぺらく、幼稚です。
私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えようと思います。
社会人時代には、夫のような、気が回らない、覚えが悪い、人に配慮ができない、要領が悪く、社会常識のない低能な若い男性社員がたくさん入ってきて、いかに怒りを抑えるかを課題にして働いていましたが、出産を機に会社を辞めて一年がたち、その時の感覚を忘れてしまい、自分の感情をコントロール出来ずにいます。確か、昔は、小学生が社会見学にインターンで来ていると想定しながら、優しく接するようにしていたような気もしますが。
いつかは、また社会復帰を考えているので、その時に役立つように、今は、怒りを抑えることをトレーニングしておこうと考えてます。短気な私に与えられた神様からの試練だと思ってますし、克服できた際には、子育てにも必ずいい影響があると信じています。
今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

離婚した方がいいですよ、とか、そういう人生相談的な回答は、結構です。人生観、結婚感は、人それぞれですし、それは自分自身で、真剣に悩んで、自分で決めることですので、そのような内容で回答欄を使用しないでください。

私の夫は、何回も何回も同じことを言われても、覚えが悪く、同じことを繰り返します。その上、向上心はなく、愚鈍で、33歳のわりに社会常識や中身がなく、薄っぺらく、幼稚です。
私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えよう...続きを読む

Aベストアンサー

>今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

どちらかというと私も質問者様と似たタイプ、即ち相手のレスポンスが悪いと直ぐにイラッとする短気な性格で、時折その事を反省はするのですが、悲しいかな人間の本質は中々変わらない。

さて入社以来20数年に及ぶ私の職場は所謂高学歴者のみで構成されており、その殆んどが最低でも早慶卒クラス(事務職の女性を除き)ですが、そのレベルでもどうしようもない(理解力が劣り、飲み込みが悪い)人々が存在するのも事実。
かつて私は何十人もの上司に仕えましたが、全体像の1割を述べただけで全てを理解してくれる有能な人もいれば、10割全てを語り・その背景・補足までを説明しても理解出来ない人もおりました。

自分がそれなりのステイタスを会社から与えられた現在、上司に対する対応と部下・後輩に対するそれを完全に分離しております。

即ち無能であるとこちらが認識した上司に対しては無駄なエネルギーの発散は極力控え、通り一遍の対応に終始し完全に見切ってしまう(宮仕えの身の悲しさで、当然相手の機嫌を損ねない様にですが)、その一方でさほど有能でない部下・後輩に対するスタンスは、貴女同様人間修養の場と割り切り極力叱る事を避けて相手が納得するまで気長に説明をする(頭の中の人事考課では当然採点しておりますが)事を心掛けております。

そして同期入社・肩書き的にほぼ同格と思われる同僚に対しては自然体で接している、つまり意識の中で上・同格・下とのカテゴリーを設定し、そこに合わせて対応を使い分けています。
多少ずるいのかも知れませんが、立場の上下が殆んど全てと言っていい一般社会に於いて、無能な上司に注ぐエネルギーは無駄に終わる場合が少なくない、依って保身とエコの観点からの使い分け、それが20数年に及ぶ社内遊泳で学んだ私なりの処世術。

質問者様の御主人が、貴女にとってどういった位置付けになるのか分かりませんが、先にも述べた通り人間の本質はそう簡単には変わらない、依って接する貴女の方がより自分にとって精神的なマイナスの少ない対応をなさるのが得策であると思われますが、如何でしょうか?

>今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

どちらかというと私も質問者様と似たタイプ、即ち相手のレスポンスが悪いと直ぐにイラッとする短気な性格で、時折その事を反省はするのですが、悲しいかな人間の本質は中々変わらない。

さて入社以来20数年に及ぶ私の職場は所謂高学歴者のみで構成されており、その殆んどが最低でも早慶卒クラス(事務職の女性を除き)ですが、そのレベルでもどうしようもない(理解力が劣...続きを読む

Q生きるために働く?それって、生きてることになるの?

タイトルの通りです。

なぜ、人は働くのですか?

生きるため?

死なないため?

死なないために生きてるのなら、
生きてる意味ってなんでしょうか?

また、お仕事していて、お金以外になにをよりどころにしていますか?
(もちろん、お金でもいいけど、お金の先はなに?)

「やりがい」って言うけど、本音でそれを感じている人が
どれだけいるのでしょうか?

それとも、なにか別に働く意味があるのですか?

Aベストアンサー

太宰治の「人間失格」の主人公が幼少時に思ったことが
まさにこのご質問です。

喰うために生きてるの?何故?そんな無意味で恐ろしい
堂々巡り・・・

恐怖感、というものを見事に描写しているなあ、と作品を
読んだ当時、感じました。

一度読んでご覧になると得られるものがあると思います。
反吐が出るような最低の人生を歩く主人公(太宰自身でも
あるのですが)の葛藤と衰亡は、今のあなたの感性なら
行間に埋もれている、作者が語らなかった心情まで
読み取れるのではないかと思います。

そこであなたが得る物も、今の質問に対する答え、などと
いう薄っぺらなものではなくて、今後の人生で時折着想や
示唆に富んだインスピレーションをもたらすでしょう。

ジワジワと、長い年月に渡って、時々作用する麻薬のように。
タレーランのコーヒーのように。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

死を恐れ、生きている実感にも乏しく、深く考えようとしても
言葉があまりにも足りなくて思考の地平線は恐ろしく近い。
自分は何の才能もなく、何かを手に入れようという欲望も乏しく、
感受性も低くて毎日が全然楽しくない。

何もやらない毎日に焦りが募る。

かといって、訳も判らぬまま何かを探したりするのは徒労に思うし、
やりたいとも必要とも思えない勉強やら将来やらのための努力
なんて、かったるいことはしたくない、というより出来ない。
こんだけやる気が出ないんだから、何もできずに諦めることに
なるのに決まってる。

そしてまた、俺はダメなやつだと嫌な思いを味わうことになる。
惨めだし悔しいし、でも、どうにもならない。やる気が起きない。

世の中には、成功してる奴、カッコつけてる奴、良い思いを
してる奴らが沢山沢山いて、そいつらに比べて自分がとても
つまらない人間だと感じてしまうことがすごく嫌だ。

このままではどんどん無意味な人間になってしまい、俺は俺が
嫌になってしまう。 死にたくなってしまう。 でも死ぬのは怖い。
何でこんな退屈で窮屈な息苦しさに、死に掛けの金魚みたいに
パクパクしてなきゃならないんだ?

俺は何も悪いことなどしてないのに嫌な思いを毎日毎日させられて
いるんのは何故だ?

きっと、そういう思いを俺にさせる奴らの方が悪いんだ。

自分達は価値があり、俺には価値が無い、と思わせる悪意に満ちた
嘘をついてるんだ。

本当はそんなに素晴らしいことだとか生きてる実感なんて
皆嘘っぱちで、誰だってつまらない人生をどうにかしたいと
悩んでるはずなんだ。 だって見た目なんて殆どみんな変わらない。
俺とそんなに変わってる訳じゃない。

自分みたいな純粋にものごとを考える素直で善良な人間を
見下してバカにすることで、自分は価値がある人間なんだ、と
思い込もうとしている下衆野郎どもだ。

俺は純粋で素直で汚れていない。 だって何もしてないから
汚れようが無いんだ。 他人に対して悪意なんて持ったことは
無いんだ。

それに比べて、身勝手な理由で俺に嫌な思いをさせる奴らは
明確に悪人と言える。

奴らに鉄槌を下さなければならない。

俺にこれ以上嫌な思いをさせたら恐ろしい目に合うことを
きっちり教えてやらなければならない。
俺はただ、平穏に暮らしたいだけなんだから、これは
正しい戦いだ。 悪い奴らを狩るのは正義だ。

誰を殺る?

出来るだけ沢山がいい。 それも、二度と俺をナメようなどと
思わなくなるほど惨たらしく殺さなければならない。

あいつは恐ろしい奴だ、すごい奴だ、あいつの気持ちを
大事にしないと酷い目に合う、と教えてやらなければならない。

そのためには、簡単に殺せて俺が躊躇しない奴らがいい。

群れていて、人をバカにして惨めな気持ちにさせるような。

楽しそうに笑ってる奴らがいい。

幸せそうにしてる奴らがいい。

反撃してこない奴らじゃないと沢山殺れないし、俺が殺されたら
話にならない。 俺は自分が痛めつけられるのを好まない。

そうだな。

子供を連れた若い女とか、逃げ足の遅い年寄りもいいな。

得物は何がいいかな。

そうだ、まず車で突っ込もう。 ブルドーザーで地均しするみたいに。

それから、やっぱり刃物だろう。 軽くて疲れないし確実に殺せるから。

そうだ、それから・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今のあなたなら、この大量殺人犯の辿った心の動きも分析出来るし、
集中すれば、その心の闇を垣間見ることも可能なのではないでしょうか。 

ここに挙げたのは、いくつかの情報から描かれた単なる想像モノですが、
恐らく、犯人の気持ちの構造にそれ程かけ離れたものではないと
思います。

あなたの目には、こういう人々はどうみえるでしょう。

人間の価値も、優劣も、強弱、善悪さえも知らぬ間に倒置していく怖さ。

白は黒に、悪は善に、弱者は強者に、無意味は究極の「意味」に。

どこでひっくり返ったのでしょうね。

何もかも、手に入らないと嘆いている自分の声さえ聞こえずに、
何も持っていないことが、いつの間に、万能な絶対者だと自分を
思い込むまでに逆転していったのはどこで、そして何故でしょう。

あなたは、彼等のような犯罪者や、いつそうなってもおかしくない
その予備軍たちをどう見ますか?

彼らは何故、悪事を働いたのでしょう?

自分が滅びないため?

死なないため?

つまり、生きるため?

誰かがあなたの笑顔が憎いと感じ殺意を覚えるなら、
あなたの幸せは彼らを不幸にすることなのでしょうか?

滅びないために、生きるために、他人を殺すなら
彼らが生きる意味ってなんでしょうか?

まだ、悪事を働かず、自分を絶対者だと思い込めない
予備軍たちは、一体何をよりどころに生きてるんでしょうか?

あなただったら、彼らに説教する機会があったら、どんな
話をしますか?

手の届かない上を見上げて何の手懸りも見つからない時は、
深くて暗い穴の中を覗き込んで見ることも必要な時があります。
世界の時間から言えば、個人の一生など取るに足りないものです。

歴史に残る偉業を成せるものは耳かき一杯分くらいの、僅かな
人々だけ・・・無数の人々は、生きて、ただ死ぬ。

蟻のように。

蝉のように。

僅かな時間で寄せては消える波の一つのように。

だから、生命全体、いや、もっと小さく社会全体、から見た人間の
大多数の生涯に、さしたる意味などあろう筈がありません。

そこでついつい勘違いをしてしまうのです。

会ったことも無い無数の他人から、あいつは凄いと賞賛されたいと
思うのは、ただの夢想に過ぎないことを、つい忘れてしまうのです。

会ったことも無い見知らぬ他人の事ばかり、いつもいつも考えて
自分をとても窮屈な場所にいると思い込んでしまう、勘違い。

脚は自在に動くしドアにカギはかかっていない。

どこにだって行けるのに、狭い狭いと苦しみながら居心地のいい
自分の部屋から出られない。

生きることに意味はないけれど、中身はびっしり詰まっています。

空疎に生きれば空疎になるだけ。

何かを求めて生きれば、或いは何かを満たそうと生きれば。

人生はそう簡単に果実を手にできるような甘いフィールドでは
ありませんから、色々悪戦苦闘したり焦ったり藻掻いたりしながら
命の粒子を自分と言う空っぽの袋の中に詰め込もうとする営みです。

そうして、その先は?

命と言うのは連なるものだと思われませんか?

得た物を誰かにあげる憙び。 それは、自分が相手にとって
価値ある存在だと思ってくれている実感が得られる時。

誰かを幸せにしたいと行動する気持ち。

そのための努力。そのための実力。

独りぼっちだったら、そういう「連なる憙び」からは遠く
隔てられたまま。

一人で幾ら考えても、答えは得られず一歩も歩き出せない
人が、幼い女の子のありがとうの一言で、一気に顔を覆った
自分の両手を下ろすことが出来ることだってあります。

なんだ、世界が暗かったんじゃなくて、目をつぶってただけか。

そう判った時の爽快感と、青空に向かって大笑いしたくなる
快感は、誰でも判るはずのものなのに見ようとしていない人が
そこかしこに沢山います。

目を開いた人は、あちこちに顔を覆ってじっとしている人を
見かけて、おーい、って肩を叩きたくなったりします。

そして、「ねえ、天気もいいし、一緒にどこか行かない?」と
訊いたりするのです。

人は連なって初めて、生きることに意味なんてなくて
何も困らないんだ、ってことが、腑に落ちるものだと。

私は思うのです。

太宰治の「人間失格」の主人公が幼少時に思ったことが
まさにこのご質問です。

喰うために生きてるの?何故?そんな無意味で恐ろしい
堂々巡り・・・

恐怖感、というものを見事に描写しているなあ、と作品を
読んだ当時、感じました。

一度読んでご覧になると得られるものがあると思います。
反吐が出るような最低の人生を歩く主人公(太宰自身でも
あるのですが)の葛藤と衰亡は、今のあなたの感性なら
行間に埋もれている、作者が語らなかった心情まで
読み取れるのではないかと思います。

そこであなたが得る...続きを読む


人気Q&Aランキング