色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

映画に例えると“ショーシャンクの空に”でモーガンフリーマンの面接シーンが繰り返されたり、
スターウォーズで旧三部作と新三部作で同じような展開が繰り返されるとか、
いろいろ思いつくんですが、小説、文学作品だとあまり思い浮かびません。
(あんまり読書しないってのもありますが。)

小説でもそういった“繰り返しの演出”ってありますか?
ミクロなものでもマクロなものでもかまいません。具体的に例をだして教えて下さい。

ちなみに特に小説を書きたいとかじゃないです(笑)純粋に好奇心で質問してます。

gooドクター

A 回答 (2件)

「場面反復」の実験的小説 筒井康隆氏 新作『ダンシング・ヴァニティ』-- asahi.com


書評や感想も検索してみてください。

参考URL:http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200 …
    • good
    • 0

ミステリーなので、説明は控えますが、


西澤保彦「七回死んだ男」
などはいかがでしょう。

ある意味では、
アガサ・クリスティー「そして誰もいなくなった」
これも場面反復といえばいえるでしょうね。

参考URL:http://hatoya.tea-nifty.com/hathor/2005/04/post_ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング