12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

潮位の変化を利用して発電する潮力発電というのがあります。これは結局地球の自転か月の公転の運動エネルギーを電気エネルギーに変換しているわけですから、大量に発電すると、地球の自転か月の公転に影響するのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか。知っている方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

建設 ビル」に関するQ&A: 建設ビルのクレーン

A 回答 (4件)

はい。

地球の自転や月の公転からエネルギーを取り出すことになりますので、ごくわずかでしょうが影響は確かにあります。
地球の自転は遅くなり、月も公転が遅くなると同時に公転半径は大きくなるでしょう。

No1さんとNo3さんは潮の満ち干が自転の抵抗になっているとお考えのようですが、これは間違っています。
潮の満ち干に抵抗を受けることが自転への抵抗になっていますので、潮汐発電はこの抵抗を増やしますので自転を遅くします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。納得しました。

お礼日時:2009/12/19 08:58

潮位の変化そのものが地球の自転や月の公転の運動エネルギーの副次的なあらわれです。

むしろ自転の抵抗になっています。ですから、つまり、海水自体の流れを固定する方向へ向かう潮力発電は、抵抗を少なくする、地球の自転を安定させる方向になります。風力発電も同様です。
ご安心ください。
むしろ高層ビルなどは地球の重心をずらし、自転を不安定にさせる要因になっている可能性があるといい得ます。
高層ビル建設を禁止しますか?
    • good
    • 1

潮汐力による摩擦は、海底や海岸線との抵抗、さらに大きいのはマントルの変形であり、


潮力発電程度は、気に病むほどの%ではありません。
    • good
    • 0

こんばんは。



「潮位の変化を阻害する方向にある発電」ですね。
地球の自転は徐々に遅くなっていますが、それを妨げていることになります。

潮位の変化による摩擦で、現在の時刻は国際原子時から30秒余り遅らせています。
つまり、うるう秒の設定をすでに30回ぐらいも実施したということですね。
http://www3.nict.go.jp/cgi-bin/JST.pl


ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公転と自転の矛盾について

まず、月は地球に裏を見せないように1回公転につき1回自転をしていると習いました。

地球と太陽に置き換えます。
地球は、1回公転する間に365回自転するので昼と夜がそれぞれ365回あります。
地球が太陽の周りを1回公転する間に1回自転するとします。
最初の文により、<公転1回・自転1回のとき、地球は太陽にうらを見せない>となります。
すると、今、日本が真昼だとすると、何回公転しても真昼が続きます。
しかし、地球が1回公転する間に1回ずつ昼と夜がないことになるのでこれは矛盾しています。

<公転1回・自転2回の場合>
地球は、公転も自転も反時計回りに回っています。(反時計回りに回る視点から見てください)
実際に、何かを動かしてみるとわかるのですが、公転1回・自転2回の場合昼と夜はそれぞれ1回ずつあります。
すると、365回の自転で昼・夜がそれぞれ364回になってしまいます。なぜこうなったのでしょう。

これは、どこかに勘違いか何かががあるのだと思うのです。どこが違うのか教えてください。

大変気になりますので、ぜひ、よろしくお願いいたします!

ちなみに、最初の文での習ったというのは中学です。僕は中3です。

まず、月は地球に裏を見せないように1回公転につき1回自転をしていると習いました。

地球と太陽に置き換えます。
地球は、1回公転する間に365回自転するので昼と夜がそれぞれ365回あります。
地球が太陽の周りを1回公転する間に1回自転するとします。
最初の文により、<公転1回・自転1回のとき、地球は太陽にうらを見せない>となります。
すると、今、日本が真昼だとすると、何回公転しても真昼が続きます。
しかし、地球が1回公転する間に1回ずつ昼と夜がないことになるのでこれは矛盾しています。
...続きを読む

Aベストアンサー

ふたたびどうも。

自転と公転の向きなどの問題もありますが、
地球のように、自転も公転も天の北極方向から見て左回り
というふうにそろっていれば、
補足のご質問に対しては、「そうです」 です。

普通の恒星が南中(真南にくること)する周期
(これが、天文学上の地球の自転周期です)は、
約23時間56分です。

一方、太陽が南中する周期
(これが、いわゆる我々の1日です)は、
24時間です。
本当は、この時間は季節によって変化するので、
天文学的には「平均太陽」という仮想的な天体を考えますが。

1日につき、約4分の違いですね。
これを365倍すると、1460分となり
これは、1日24時間すなわち1440分とほぼ一致します。

つまり、星々に対する1日(自転周期)と
太陽に対する1日(いわゆる1日)とは少し長さが違って、
その差が1年で1日となると考えることもできます。

少し前に、関連した質問に答えたことがあるので、
参考URLもご覧下さい。

では。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=438141

ふたたびどうも。

自転と公転の向きなどの問題もありますが、
地球のように、自転も公転も天の北極方向から見て左回り
というふうにそろっていれば、
補足のご質問に対しては、「そうです」 です。

普通の恒星が南中(真南にくること)する周期
(これが、天文学上の地球の自転周期です)は、
約23時間56分です。

一方、太陽が南中する周期
(これが、いわゆる我々の1日です)は、
24時間です。
本当は、この時間は季節によって変化するので、
天文学的には「平均太陽」という仮想的な...続きを読む

Q何故、太平洋の潮位差は大きく、日本海の潮位差は少ないのでしょうか?

何故、太平洋の潮位差は大きく、日本海の潮位差は少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

潮の満ち干は月の引力によるという説明がなされますが引力が直接水を持ち上げる訳ではありません。
引力の強いところには周りの引力が弱いところの水が集まってきます。
沢山の水が集まりやすいところでは干満の差が大きくなります。
集まった水が一箇所に集中するような場合も大きくなります。

別の原因として共振があります。
お盆の上にスープ皿とドンブリ(ティーカップのカップと受け皿でも良い)を乗せて水をいれ、お盆を左右に傾けてみてください。
お盆を傾けると中の水も左右に揺れます。傾ける周期を変えると水の揺れ方も変わり、ある周期の時に大きく揺れるようになります。
入れ物により水の揺れる周期が異なり、傾ける周期と揺れる周期が合わさると揺れの大きさが大きくなります。これが共振です。

水の移動のしやすさとその量、地形、により干満の差が異なってきます。

Q惑星の自転方向

太陽系の金星外の惑星は同じ方向に自転していますが、この自転方向はどのような要因によって決まるのでしょうか。

Aベストアンサー

まずはじめに、私は専門家ではないので、正確にこうだとは言えかねますが、
少しでも参考になればと思い書かせていただくことにしました。
よろしくお願いします。


そもそも、なぜ自転しているかと言うと ・・・

No.1の方と同じようなことのなりますが、

太陽系は塵やガスが回転しながら互いの引力によって集まって出来た大きな渦の中から誕生したからです。
その為、金星以外全ての惑星の公転方向・自転方向が同じなのです。
金星の自転が逆なのは今のところハッキリとは解明されていませんが何らかの原因で地軸が180度傾いたか 何らかの潮汐力・重力によって逆転したと言われています。
ですので元の自転方向は地球と同じであったと思われます。
その為、金星の赤道傾斜角は177.4度と表記されています。(地球は23.4度)
ちなみに天王星・冥王星は地軸がほぼ横倒しになっています。
これらは何らかの天体が衝突して傾いたと言われています。


またある説では、

金星が時計回りの自転をしているのは、
金星の地軸が逆転しているからです。詳しくは、このサイトに
出ています。

http://www.fitweb.or.jp/~entity/uchuu/kinsei.html

(金星は自転方向が逆 というところ)


その他、たとえば、このようなサイトは既にご覧いただいていますでしょうか?

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/_31/http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/_31/

http://www1.odn.ne.jp/kentaurus/new_page_8.htm


あと、惑星の自転方向やその要因について
ヤフーファィナンス http://my.yahoo.co.jp/ や
グーグル http://www.google.co.jp/ などの検索画面で

「惑星」 「惑星 自転方向」 等の言葉を入力されれば
いくつかの解説内容のページが見られると思います。

もっとも、このあと、ここgooサイトで、専門家の方や、もっともっと詳しい方からの、即時に納得いかれるようなご回答が来るとよいのですが・・・

余談ですが、何かこれに関する論文?でも書かれるのでしょうか??
もしそうならどうか頑張ってくださいね ! !

参考URL:http://www.fitweb.or.jp/~entity/uchuu/kinsei.html

まずはじめに、私は専門家ではないので、正確にこうだとは言えかねますが、
少しでも参考になればと思い書かせていただくことにしました。
よろしくお願いします。


そもそも、なぜ自転しているかと言うと ・・・

No.1の方と同じようなことのなりますが、

太陽系は塵やガスが回転しながら互いの引力によって集まって出来た大きな渦の中から誕生したからです。
その為、金星以外全ての惑星の公転方向・自転方向が同じなのです。
金星の自転が逆なのは今のところハッキリとは解明されていませんが何...続きを読む

Q地球が自転できるのは何故?

月は地球に対して同じ面しか見せない。その理由は「月の重心がずれていて、地球を回る際に遠心力で、重い側が常に地球と反対側を向くから」だそうだ。同じように、太陽に対して地球が同じ側を向け続けない理由は何?

Aベストアンサー

距離が違うからということのようです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E3%81%A8%E5%85%AC%E8%BB%A2%E3%81%AE%E5%90%8C%E6%9C%9F

万有引力
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E6%9C%89%E5%BC%95%E5%8A%9B

距離が倍になると万有威力は四倍になる。
質量比では
月= m1=0.0123
地球=m2=1とすると
太陽=m3=332,946
距離で
月と地球は384,000Km
地球と太陽は 1億5000万km なので 比率は 約400倍

月と地球の万有引力は 簡単に言うと 地球と太陽の 400倍もある。
それくらい影響し合っているためです

Q「自転速度」とは、自転周期のことですか?

太陽の表面の自転速度は、赤道付近が極付近に比べて速いということですね。
太陽の中心部はひと塊になって自転している、
つまり、自転速度はほぼ一定と辞典の中に記述がありました。

私は、「自転速度」といえば、「ある緯度の表面の速度」と考えていましたので、
太陽の中心部がひと塊になって自転していれば、
緯度の高さによって自転速度は違ってくると考えていました。

しかし、上記のように宇宙の辞典の中の記述によると、
「自転速度」とは、速度ではなく「自転周期」または「角速度」ということになってしまいます。

定義を知りたいと、検索したのですが、見つかりませんでした。
「自転速度」の定義についてのページをご存知の方は教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/2-3/2-3-4-3.html

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をしています。
角速度が一定であっても,回転に伴うある1点の速度は,回転軸からの距離に比例して大きくなりますが,そんなことはあまりにも自明なことですよね。
自転速度について論じるとき,「私の立っている地面はどのぐらいのスピードで動いているか」とか「東京と赤道とでそのスピードは何倍違うか」などといった議論は,一般人向けの話題は別として,少なくとも天文学の研究について話すときは,めったに出て来ないのではないでしょうか。

太陽の場合は固体ではなく気体ですが,その場合でも,緯度による自転速度の差を論じる場合,固体の回転と同様のイメージがありますので,速度ではなく角速度を意識するのは自然なことだと思います。

そんなわけで,文脈上どうしても必要なとき以外は,自転角速度の意味で,自転速度という一種の省略形が使われるのでしょう。

このへんは英語でも同様で,rotation velocityという単語を,角速度の意味で使っていたり,速度の意味で使っていたりしますが,ある程度学術的な内容の時は角速度の意味で使っている場合が多いようです。

ただ,「自転周期」の意味で「自転速度」を使う例も時々見かけますが,これはちょっと拡大解釈のしすぎではないかなと思います。(たとえば「自転速度は約27.3日で」のように)

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/2-3/2-3-4-3.html

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をして...続きを読む

Q地球は自転しているのに、ヘリコプターがホバリングできるのはなぜですか?

地球は自転しているのに、ヘリコプターがホバリングできるのはなぜですか? 空中でも、慣性の法則ははたらくのでしょうか。
そうであれば、空気も地球の自転に合わせて動いているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>空気も地球の自転に合わせて動いているのですか?

その通りです。
ぴったりではないですが、かなり合わせています。
電車の中でハエが無事でいられるのと似たようなことです。

もしも空気が自転に合わせていないとしたら、
とんでもない速さの風が、常に東から吹くはずです。

自転による地面の動きがもっとも速い赤道上だと、その速さは、
2 × π × 6400km(地球の半径) ÷ 24hr
 = 1700km/hr
べらぼうなスピードですね。

あと、大事なことは、
最初に空中に飛ぶ初っ端で、自転のために速さを持っている地面をキックしているということです。
また、空気も、地面との摩擦である時点で自転に合ってしまえば、あとは慣性で合い続けます。
大気圏の上には、空気の動きを阻害するものは基本的にありませんので。

Q粘性液体の落下時の渦

粘調な液体をたらすと落下時に渦を巻いたように落ちる現象がありますが、この現象を何と呼びますか?
また、渦を巻く方向は、地球の自転の影響って聞いたことがあるのですが、本当ですか?

Aベストアンサー

現象の名前は知りませんが、渦の回転方向について

洗面器やオフロの水を抜くときに渦ができますが、
この渦の回転方向を実験した人がいます。
結果は、回転方向はどちらもあるそうです。
ただし、プールぐらいの大きさで、静水状態を維持して水を抜けば、台風の回転方向のように、地球の自転の影響を受けた渦の回転方向になるとのことです。

小さな容器では、最初のきっかけで回転方向が決まるみたいで、地球の自転の影響の力は僅かなので、よほど大きな物でないと影響が出にくいということのようです。

Q起潮力の重力によって引っ張られるという説明のほうが理解できない

起潮力の月の反対側がなぜ盛り上がるのかを調べていて共同重心による遠心力であるという結論に納得すると、逆に月の重力によって海が引っ張られるという現象のほうがおかしいような気がしてきました。

起潮力の説明は遠心力のほうが合点がいきます。一見重力の説明のほうがピンとくるためそのイメージが離れられなくなっているんじゃないでしょうか?

重力によって水面が盛り上がるという説明がうまく納得できればこの問題は僕の中で解決できるんですが・・

Aベストアンサー

 
 
>> 今やっときずいたんですが、社会勉強の説明はは間違いであるということなんですね。 <<

 いや、とんでもない。正反対です!! そう受け取られるとは私の至らぬところでした!


 ところで、今教えてもらったんですがfutabaとかけもちやってるんですか?かつて私なども、あそこや他サイトに絵などを置きましたが、そのレスは発見次第ことごとく削除されて今は一つも残ってません。 絵を使えると便利なんですけどね、貴方のこのQAもw
 
 

Q太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。

太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。
教えてください…

Aベストアンサー

赤道は地球だけに付けられた言い方では有りません。

自転する天体の重心を通って、自転軸に垂直な平面が表面を切断する線を赤道と呼びます。

太陽の赤道、木星の赤道、・・・・など。

時計じゃ無いけど「2時の方向」って言い方します。

それと同じで解り易い。

Q潮位について

添付画像(分かりにくかったらゴメンナサイ)は9月26日から10月10日までの潮位の変化を表したグラフです(気象庁のデータ)。

左端の部分と中央部分とでは満潮時と干潮時の潮位差が極端に違いますが、これは何が原因でおこるのでしょうか?ちなみに観測地点は和歌山県の白浜近辺です。

Aベストアンサー

これは干潮満潮の差の中で干潮の潮位の変化が少ない事を質問しているのでしょうか?
そうだとするとこの干潮と満潮の差が少ないのは昼間と思います
昼間は太陽の重力の関係を受けるためと考えてください
これは比較的一年中起きる現象で夜の方が月の重力の影響をより受けるためだと思います
左の方は釣りでは中潮と呼ばれる月が半月などの時と思います、この時には月の重力で引っ張られている方向が横の方ですのでさらに月の重力の影響が少なくなって昼間は太陽の重力も影響するために潮位差が少なくなったと思います


人気Q&Aランキング