OCN光で最大124,800円おトク!

質問です。
(陸軍で)連隊の下に大隊、中隊、小隊とありますが、それの命名規則はどのようになっているのでしょうか。
(特に番号の振り方)

例えば、その連隊に111個も小隊がないのに第111小隊という名称がついているのを何かで聞いたか読んだかした記憶があります。
これは、第一大隊の第一中隊の第一小隊という意味なのでしょうか。

その他、命名規則や一般的な編成について教えていただけませんか。
連隊全般についてもお時間ありましたらお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんばんは。

今年は寒い冬になりましたね。
 
>第1連隊第1大隊第1中隊第1小隊の、この小隊だけを、ないしは中隊だけを指すときにはどう呼んでいたのでしょうか。
例えば、新兵が配属されるとき、辞令には何と書いてあったのでしょうか。

 隊や部隊を呼称するときのルールはありませんので、そのときの状況で臨機応変にやっていたと思います。例えば連隊の兵営(宿舎)内では誰もが顔見知りですので、単に「第3中隊」とか、中隊長の名を取って「山田中隊」とか言えばよかったと思います。

 平時の兵営内の単位は連隊・中隊・班(内務班ともいい、これがそのまま小隊になり、3,4個集まって中隊になります)となっていて、大隊や小隊という単位はありませんでしたので、平和時の兵士の生活基本単位は中隊と考えてください。当時よく軍隊では「中隊長は父親、班長は兄と思え」という言葉が聞かれたようですが、当時の中隊の扱われ方が良く分かるかと思います。

 戦時のしかも前線ではちょっと違ってきます。南方の小さな島では多くの部隊が入れ混じって闘うことはほとんどなかったので、それほど詳細に自分の所属する部隊を申告する必要はなかったかと思いますが、中国戦線やインパール作戦時では複数の師団が同時に戦闘行動を起こしていました。師団の兵力は平時で1万2~3千人、戦時でこの役倍近くにまで膨れ上がるので戦線が交錯し、かつ戦況によってはばらばらに敗走したときなど、まとまった部隊行動はなかなか取れない状況下では、最低でも所属連隊から申告することが必要となりました。

 余談ですが、インパール作戦時には各兵団に漢字一文字の呼称名が付けられていましたので、このような際は「自分は菊兵団です」とか「龍兵団にいました」とか言っていたようです。

 以前に書いたように大隊以下の部隊は、他の連隊の指揮下の大隊や中隊とナンバーが重複しますので、重複ナンバーのない連隊からの申告が間違いのないところということでしょう。

 新兵の配属の時はということですが、新兵さんは入営(いわゆる入隊ですね)した時点で、ほとんどが地元の連隊所属の中隊に配属され、そのまま軍隊生活を続けるということになります。

 >Wikipediaで見たところ、連隊は番号が重複することがないそうですが、件の連隊が歩兵連隊である場合、歩兵第111小隊ということになるのでしょうか。
(数字以外の名称が付けられていない場合)

 この場合は単に第1小隊です。連隊番号は重複はしませんが、大隊以下の部隊ナンバーは重複しています。終戦前までに日本陸軍には連隊が430個近くありましたが、これを単純に計算すると最後の連隊の小隊になると3万台のナンバーになってしまいます。
 ただ連隊にしても他の兵科兵種(砲兵・騎兵・戦車・輜重・工兵などなど)にも連隊があり、1番からナンバリングされていますので、重複する連隊番号があるといえばあるのですが、これは申告の際に自分の兵種を頭につけて連隊番号を言えば済みます。

>数個連隊で一個旅団、数個旅団で一個師団となっているそうですが、師団や旅団はどのような(例えば普通科とか戦車とか)連隊が配属になっているのでしょうか。
また、師団や旅団という大きな物から見たときの小隊や中隊の呼称や取り扱いについて教えていただければ幸いです。
(これも、番号以外特段の名称が与えられていない場合で)

 まず部隊編制についてですが、これは平時と戦時とではかなり様相が違ってきます。
 師団ですが陸軍の中では戦略単位と捉えられており、この部隊だけで総合的かつ自己完結的な戦闘行動が取れるようになっていますので、歩兵・砲兵(山砲、速射砲、野砲など)・騎兵(これは次第に消えていきました)・輜重(補給)・工兵などの連隊が。通信・衛生・野戦病院・武器勤務隊などと共に行動していました。
 これに作戦内容によっては戦車連隊が付属した場合もありましたが、これらがすべて揃った師団はなかなか編制されなかったと思います。

 旅団は陸軍の歴史の中でも編成がもっともめまぐるしく変化した部隊で、一言では説明しにくいのですが、師団全体が出動するほどでもない作戦の場合に、2個歩兵連隊の基幹部隊に戦車、騎兵、工兵などの部隊を臨時に配属させて、いわゆるミニ師団のような使い方をしたことが多かったようで、これを「混成旅団」といいます。

 中隊や小隊の取り扱いということですが、師団や旅団から見た中隊や小隊の呼称はこれはもう千差万別で、番号で呼んだり隊長名で呼んだりしたのではないかと思います。戦時は防諜のために通称号と言われる、言ってみればニックネームのようなものが付けられていました。これが「通称号」と呼ばれるもので、部隊を固有の番号で呼ぶことはかなり抑えられていました。師団や連隊をそのまま言えば敵にこちら側の戦力や規模が知られるためで、師団・旅団は「兵団」、連隊・大隊は「部隊」、それ以下は「隊」という具合です。

 例えば第25師団の師団長が高木で、第2連隊長が佐藤、第4中隊長が吉田なら、「高木兵団、佐藤部隊、吉田隊」となります。

 
 一般的に軍隊というところは年数が経てばたつほどその組織は複雑になることが常識的で、一般の官庁や役所よりも事務処理が煩雑な組織と言っても良いほどでした。もちろん軍隊内にもきちんとした法やルール、決まりごとなどがあったのですが、これらも戦況によっては現場の部隊で拡大解釈されたり、あるいは平気で無視されたりしたようです。

 これも余談ですが、陸軍黎明期のころは部隊のナンバリングはそのルールがしっかりしており、師団は東京の部隊を第1にして、その後の師団は北から順に番号を振って、当時の旧制高校のナンバリングと同じ手法を取っていました。

 以上ほとんど基本的な立場からの回答しか出来ませんでしたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。
ご丁寧かつ詳細な解説、誠にありがとうございます。
非常にわかりやすく、大変勉強になりました。
本当にありがとうございます。

それでは、寒い日が続きますが、お風邪など召されませぬよう。
失礼いたします。

お礼日時:2010/01/18 10:47

 こんばんは


 補足質問了解しました。ただ時間が今はあまり取れないので、良かったら1,2日ほど待っていただければ幸いです。その際はがっつり書かせていただきます(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たびたびすいません。

はい、お時間があるときにご教授いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2010/01/08 00:20

 日本陸軍の部隊(通常大隊以上が「部隊」と呼ばれ、それ以下は「隊」と呼ばれていました)の番号の振り方ですが、例外を除いてざっくり言えば、師団から連隊・旅団まではその編制順に番号を順次付けていました。



 大隊以下はそれぞれの連隊・旅団で1番から始まっていました。ですので第15連隊第1大隊第1中隊第1小隊があれば、第34連隊第1大隊第1中隊第1小隊も存在したということですね。

 明治21年5月に編制された東京の第1師団から始まって、昭和20年7月姫路で編制された最後の第355師団まで、このルールはほとんど変わっていない筈です。唯一近衛師団だけは例外で、第1師団から第3師団のナンバーが通常の日本陸軍師団ナンバーと重複していますが、これは頭に近衛の文字が付くことで区別していました。他にも戦車師団や高射師団がありましたが、これらは省きます。

 部隊の命名ですが、一般的には師団や連隊番号を明らかにしたくない場合(防諜の意味で)によく付けられており、その場合部隊の指揮官の苗字を付けて、指揮官が佐藤大佐なら佐藤部隊と呼んだりしていました。また軍管区を付けて呼ぶ場合もあって、中部軍管区の歩兵第61連隊ならその番号も変えて、中部第24部隊などと呼んでいました。

 航空隊などは航空軍や航空師団に漢字一文字を当てたりもしており、第6航空軍などは「燕」の文字を使い、各部隊の頭に「燕」を付けさらに部隊ナンバーも変更していたようです。

 部隊編制や連隊全般ということですが、正直扱う範囲が大きすぎてとても簡単には説明できそうにもないので、申し訳ありませんがこれは割愛させていただきます。もしピンポイント的な回答が出来そうな質問でしたら、喜んでお答えさせていただきます。

 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございます。
大変勉強になります。
ご回答くださり、本当にありがとうございます。

馬鹿で恐縮ですが、第1連隊第1大隊第1中隊第1小隊の、この小隊だけを、ないしは中隊だけを指すときにはどう呼んでいたのでしょうか。
例えば、新兵が配属されるとき、辞令には何と書いてあったのでしょうか。

Wikipediaで見たところ、連隊は番号が重複することがないそうですが、件の連隊が歩兵連隊である場合、歩兵第111小隊ということになるのでしょうか。
(数字以外の名称が付けられていない場合)

> その場合部隊の指揮官の苗字を付けて、指揮官が佐藤大佐なら佐藤部隊と呼んだりしていました

山崎部隊は最後までよくやった。
でおなじみのアレですね。

> 部隊編制や連隊全般ということですが、正直扱う範囲が大きすぎてとても簡単には説明できそうにもないので

申し訳ございません。
確かに質問が漠然とし過ぎておりました。

一般論として旧陸軍や陸上自衛隊の○○第○連隊について、でしょうか。
数個連隊で一個旅団、数個旅団で一個師団となっているそうですが、師団や旅団はどのような(例えば普通科とか戦車とか)連隊が配属になっているのでしょうか。
また、師団や旅団という大きな物から見たときの小隊や中隊の呼称や取り扱いについて教えていただければ幸いです。
(これも、番号以外特段の名称が与えられていない場合で)

なんかまだ曖昧ですいませんが、お時間があるときで結構ですのでご教授いただけませんか。

お礼日時:2010/01/04 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軍の部隊番号の読み方なんですが…

部隊番号の読み方が分からない時に、読み分ける方法って有るんでしょうか?

例えば、『702部隊』という部隊が有ったとして、これを「ななまるに」か「ななひゃくに」のどっちで読めば良いか分からない時に何か目安にするものって有りますか?

Aベストアンサー

日本陸軍の場合
偶然、もしくはその場の勢いで決まったようです
というのも、正式名称(読み方)は軍旗授与のときに決まりますが
そのとき、大元帥陛下(天皇)がどう読んだかで名称が決まります
だから、第7師団は(だいしちしだん)ですし
第17師団は(だいじゅうななしだん)です

Q貴族の固有名称「ド」「フォン」とか

フランス貴族は「ド」
ドイツ貴族は「フォン」と名前の間に付くのはなんとなく頭の中で分かっているのですが(たぶん漫画か小説で読んで知ったのだと思います)
じゃ、イギリス・イタリア・スペイン貴族は名前に貴族を表すような固有名称はなんて付くのでしょうか?
ちなみにドとかフォンとかいうのは爵位ではありませんよね?
上記に上げた国以外で貴族の固有名称があればおしえてください。

Aベストアンサー

参考URLに書いたページで詳しく説明されています。

参考URL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/detective_story/memo/memo08_aristocrat.htm

Q先任将校の「先任」とは何ですか?

最近見た本や映画に、先任将校や先任伍長のような「先任○○」という言葉が出てきます。

ここでの「先任」とは、何か特別な意味があるのでしょうか?それとも、ただ単に時間的に早くその任務についていただけなのでしょうか?

Aベストアンサー

 たとえば,帝国海軍において,先任将校とは,単なる先任の将校を指すだけでなく,副長の存在しない艦艇で,副長の職務を果たす将校をも指す用語として使い,艦長が居ないときには替わりにリーダーシップをとる結局,将校の中では一番偉い人,先任伍長は伍長の中では一番偉い人と
いう意味です

Q原隊とは何か、教えてください。

軍隊における原隊とはどう言うものでしょうか?教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

原隊に関してですが、解釈上により個人単位での原隊と組織単位での原隊と言う解釈が可能です。
個人で考えた場合先の方が言われている様に最初に配置された所属の部隊に籍を置きながら任務上で他部署もしくは他部隊へ移動している場合、その人間の所属は所属先でありながら原隊の籍も持っています。
新入隊員の教育任務完了後に復帰する部隊があるわけですから原隊への復帰となります。
自衛隊の場合、3等陸・海・空尉や3等陸・海・空曹等が新入隊員を教育する為に原隊から教育部隊へ転属なりますが、教育期間(任務)が完了すると原隊へ復帰となります。
また、組織的な考え方ですと、連携のとりやすい部隊同士を編成し新たな部隊を構成する事があります。
例えば、イラク派遣ですがこの場合は方面隊及び連隊単位で選抜された隊員が新たな組織(部隊)を構成して派遣業務に従事します。
しかし、派遣期間が完了した場合は選抜された部隊を解散し、原隊へ復帰する事になります。
所属している部隊を明確にする為にも原隊と言う言葉は必要になるかと思います。
日本の自衛隊の場合、方面隊→師団→連隊→大・中・小隊等の区分けがありその編成に応じて原隊から選抜された人員が新たな部隊を構成する事になり、任務が完了した際に戻る元の部隊が原隊と言う事になります。

私にとっては懐かしい話題です。
私も横須賀で新隊員教育のため原隊から転属を言い渡され新隊員教育のため従事した後原隊へ戻った経験があります。

それでは。

原隊に関してですが、解釈上により個人単位での原隊と組織単位での原隊と言う解釈が可能です。
個人で考えた場合先の方が言われている様に最初に配置された所属の部隊に籍を置きながら任務上で他部署もしくは他部隊へ移動している場合、その人間の所属は所属先でありながら原隊の籍も持っています。
新入隊員の教育任務完了後に復帰する部隊があるわけですから原隊への復帰となります。
自衛隊の場合、3等陸・海・空尉や3等陸・海・空曹等が新入隊員を教育する為に原隊から教育部隊へ転属なりますが、教育期間...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q太平洋戦争中の外国や戦地との通信システムについて教えてください (今で

太平洋戦争中の外国や戦地との通信システムについて教えてください (今であれば、ケーブルや衛星を通じた通信が普通であるが、当時、例えば ヨーロッパの領事館、もしくは戦地から現地の情報を伝えたいとき、知りたいとき、最速の通信手段としてはどのようなものがあったのでしょうか できれば詳細に教えてください)

Aベストアンサー

戦場での通信の方法は、おおざっぱに分けて三つの方法があるといえます。

ひとつが「無線」です。短波とかモールス信号とかあとは現代でいうところのトランシーバーのような音声通信これらを全部ひっくるめた無線通信です。
無線通信の長所はなんといっても「使いやすい」「便利」ということです。特に音声無線通信機器は会話によって速やかにコミュニケーションが取れるので第二次大戦を機にまたたく間に世界中に広まりました。
欠点はなんといっても傍受されやすいこと、そして場所などの影響で安定した使用ができないことです。例えば戦場で使う出力が小さい無線機では地球の裏側まで電波は送れないし、地下などにいるとこれまた電波が繋がらなくなります。
ちなみにこの無線通信は日本軍は最も世界から遅れていた技術のひとつで、音声無線機はとうとう「使い物になる無電機」は作れませんでした。同じ時代にドイツ軍は戦車に音声無線機を搭載していました。戦車という荒っぽい使い方をするところで壊れず、騒々しい車内でも音声がクリアに聞こえるようなものを作る技術が日本にはなかったのです。通信の技術とレーダー技術は多くの部分で重なっているので、レーダーも同じく貧弱なものでした。米英独のレーダーが「どの方向から高度どのくらいで、どのくらいの規模のものか」さらに「それが敵か味方か(IFF技術)」が判別できたのに、日本のものは「反応(つまりレーダーに映った)」「無反応(影なし)」の二種類のみで、しかも敵か味方かも分かりませんでした。そのうえ技術的信頼性が低く、誤動作も多かったという全く使い物にならないものでした。「気が向いたときだけ音楽が流れるラジオ」ですね。たまに「八木アンテナ」の話が出て当時の日本の技術も捨てたもんじゃないっていう意見もありますが、アンテナなんてのは部品のひとつに過ぎませんからね。ブレーキだけよく効く車を優れた車とはいいません。
ソ連もこういう技術は非常に苦手にしているのですが、第二次大戦中は当時世界一の信頼性を持つメイドインUSAの無線機が大量に貸与(という名のプレゼント)されたので主にそれを使っていたようです。

もうひとつの方法が有線電話で、これの長所はなんといっても電話線が見つからない限りは傍受されないことです。さらに電話線を引くことで、地下などでも確実に使うことができます。信頼性という点でははるかに高いわけです。
欠点は、「電話線が切れたら使えない」ことです。なにせ戦争ですから、砲爆撃で、あるいは戦車に踏まれてなど電話線が切れる理由には事欠かないわけです。切れたらどうすんのかというと、電話線を背負った通信兵がいちいちたぐって切れたところを探して繋ぎなおすのです。
これについてもご他聞にもれず我らが日本軍は性能いまひとつで、それはケーブルの質の低さに尽きるんだそうです。サビや熱に強く切れにくい強度を持つケーブル。そんなものは作れませんでした。これはもう民間工場の金属加工技術が低いのでどうしようもありません。

三つ目の方法は、残された最後の方法です。つまり、「伝令兵」です。最後はこれに尽きます。誰かにメッセージを託して、直接持って行かせます。戦場では兵士にやらせますが、重要な事柄では将校が託されることもあります。彼らことを連絡将校といいます。
特にヨーロッパでは昔からこの連絡将校というのはある種のエリート兵でした。日本では超ドマイナーな競技である近代五種は、商業至上主義となった現代の五輪でも外されることは決してありません。元々は連絡将校としての能力を競うものなのです。
長所はなんといっても科学技術が不要(笑)で、それでいて単純な命令から微妙なニュアンスを含むものまで融通無碍でしかもその運用にも多少の慣れは必要でも人間なら誰でもとっつきやすいという柔軟性です。
欠点は、まあ戦争をしているとその連絡・伝令が行方不明になることもしばしばということと、無線と比べても有線と比べても時間がかかるということです。

戦場での通信の方法は、おおざっぱに分けて三つの方法があるといえます。

ひとつが「無線」です。短波とかモールス信号とかあとは現代でいうところのトランシーバーのような音声通信これらを全部ひっくるめた無線通信です。
無線通信の長所はなんといっても「使いやすい」「便利」ということです。特に音声無線通信機器は会話によって速やかにコミュニケーションが取れるので第二次大戦を機にまたたく間に世界中に広まりました。
欠点はなんといっても傍受されやすいこと、そして場所などの影響で安定した使用が...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q北欧の言語について

北欧の言語と言えば デンマーク語、スウェーデン語、
ノルウェー語、フィンランド語がありますね。
フィンランド語を除く3つの言語は非常に似通っていているらしいですが、デンマーク語に関しては発音が
非常に難しいらしいですね。それらの3ヶ国語は語彙の面では 英語よりもドイツ語に近いんでしょうか?文法の面では 英語に近いのかドイツ語に近いのか、それともラテン語やロシア語のように語尾変化が複雑なのか見当がつきません。また、英語ともドイツ語とも違う独特の性質があると思います。
それから フィンランド語というのは それらの3ヶ国語とは言語学的に別系統らしいですね。むしろ 日本語に近いんでしょうか?そうだとしたら フィンランド語も日本語のようにSOVの形を取るんでしょうか?
どなたか、ご存知の方 回答お願いします。

Aベストアンサー

面白い主題ですね。
まず、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、そしてアイスランド語は原始北欧祖語(古代スカンディナビア語)という言語からそれぞれ分かれたと言われています。ここで今のノルウェーに住んでいたバイキングの一部やアイランド、スコットランドから来たケルト人達が
今のアイスランド人の先祖になっており、(900年頃)
その後、殆ど異民族との交流とか移住がなかったので、地球上で遺伝学的に単一民族として認められる少ない例だと言われていますね。
そのせいか、アイスランド語はいちばん古形を保っていて
言語学的な化石とも言われます。外来語も中国語みたいに
全部既存の古有語を組み合わせて作りますね。当然、ヨーロッパの他の言語の影響が続いた残りの3つの言語とは
ぜんぜん通じないし、文字の上の特徴も目に付きますね。

三つの言語はお互いに通じると知られていますが、実は
そうでもないようです。おっしゃるどおりに
デンマーク語は声門閉鎖音というもののせいで、変わった
発音で有名なんですね。そのせいか、スウェデン人においてはデンマーク語が聞き取れないという話を聞いたことが
あります。これに比べて、スウェデン語にも他のゲルマン語にない特徴として、高低アクセントというものがあって、音楽的な音感があるといいます。中国語の
声調のような感じかな?ノルウェー語はさらに Bokmal
と Nynorskという二つの公用語が並立しており、一つの
ノルウェー語がないということです。Bokmalは 文章語が
ほとんどデンマーク語と同じ、 Nynorskは主に地方の方言を集めてデンマーク語と異なるノルウェー語を作ろうとして成立したそうです。使用比率は 80 : 20 らしいですね。
普通、ノルウェー語としたら、このBokmalのことです。

相互関係を言えば 口語はノルウェー語(Bokmal)とスウェデン語が近いし、文語(文章語)はノルウェー語とデンマーク語が近いと思われます。

語彙や文法はこれらの言語がゲルマン語のなかでも別のグループなので英語かドイツ語かどちらにちかいか、単純比較は無理がありますね。文法の性は両性名詞と中性名詞の
対立があって、ドイツ語と近い感じですが、格変化は
しないようで、英語と近い感じです。語彙は中世以来には
ラテン語、ドイツ語、フランス語などから入ってきましたが、英語からの影響は近代以来からです。まとめて見れば
難易度は英語とドイツ語の中間で(日本人から見て)
その特徴もドイツ語よりは文法が簡略化されているけど、
英語ほどはないと言っていいようです。しかし、綴りは
逆に英語よりは規則的であるが、ドイツ語ほどはないと
いうことですね。

フィンランド語の場合はフィンウグル語派なので、エストニア語に近い言語です。ヨーロッパではハンガーリ語と
ともに難しい言語として、有名ですね。けど、基本的には
SOVで日本語と同じで格の数が15になっておりますが、ロシア語とかドイツ語の格概念じゃなくて、接詞みたいものです。

minä olen (わたしは です)
sinä olet (あなたは です)
hän on (かれ かのじょは です)

たしかに語順が同じ 名詞に性の区別がない 後置詞を遣うということで日本人に馴染みやすい部分はありますね。

面白い主題ですね。
まず、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、そしてアイスランド語は原始北欧祖語(古代スカンディナビア語)という言語からそれぞれ分かれたと言われています。ここで今のノルウェーに住んでいたバイキングの一部やアイランド、スコットランドから来たケルト人達が
今のアイスランド人の先祖になっており、(900年頃)
その後、殆ど異民族との交流とか移住がなかったので、地球上で遺伝学的に単一民族として認められる少ない例だと言われていますね。
そのせいか、アイスラン...続きを読む

Qドイツ語の名前の「フォン」てどういう意味なんでしょうか?

コンピューターのビックネーム「フォン・ノイマン」。法律の「フランツ・フォン・リスト」、、
特に、ドイツ語の名前に「フォン」てついているようなんですけど、これってどういう意味なんでしょうか。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴族をあらわすようですが、単に「○○の出身」などの出自を表す「フォン」の場合もあるそうです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1071184

Q戦車(兵器)のネーミング

以前から気になっていたのですが、第二次大戦中の戦車の名前は誰が
どのように、つけていったのでしょうか?
ソ連や日本軍は、アルファベットや数字でつけていて官僚的な感じがするのでなんとなくわかるのですが、ドイツの動物系(タイガー、パンサー等)やアメリカの軍人名系(シャーマン、パーシング)イギリスの無秩序な名前(ファイヤフライほたる、マチルダ女の子の名等)はどうしてそのシリーズにしようと決まったのでしょう?誰が決めたのでしょう?
日本の艦船名やアメリカの戦闘機名も気になります。

Aベストアンサー

 戦車ではありませんが、日本の軍用機の場合、陸/海軍省がそれぞれつけています。
http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002428.html
本家は陸軍で、「一式戦闘機」に「隼」と名付け、これが大ヒット。慌てて海軍も「雷電」以降は名前を付け、更に徹底したことに、これを書類上でも使う正式名称にしてしまいました(陸軍は最後まで非公式の愛称だった)

 ということは、戦車や他の国であっても、同様にそれぞれの役所が(兵・国民の士気高揚等の目的で)公式の愛称を付けていたのではないでしょうか。

 例えばドイツの場合、戦車→動物、自走砲→昆虫、対空車輛→気象 という命名基準があるようですが、「ホルニッセ(スズメ蜂)」の名をヒトラーが嫌って横槍を入れ、「ナスホルン(犀)」と改名させています。同様に「フンメル(丸花蜂)」の名も(チョビ髭のオッさんは蜂に刺されたトラウマでもあったのか)ヒトラーが嫌ったため、公式には使用されなくなっています。
 逆に言えば、トップまで伝達され、裁可/同意が必要な程度には公式な存在だったと考えられます。

 また、WW2イギリスの場合、巡航戦車→頭文字「C」、歩兵戦車→著名な人名、対戦車自走砲→頭文字「A」、自走砲→教会関係
という基準があるようです。特に頭文字をそろえるのは英海軍も採用しているので、彼ら好みの命名法のようです。
 自走砲の場合、アメリカから供与されたM7自走砲の銃座が教誨壇に似ていることから、兵士が愛称として「プリースト(司教)」と呼び、その前に生産していたのが「ビショップ(司祭)」だったので、いっそ抹香臭く「セクストン(寺男)」にしちゃえ、ということで決められてしまったようです(空いているところを見ると、スタート時は「B」で固めようと言う予定だったのかも知れません)。
 また、ファイアフライは半分米国からの供与品なので、この例から漏れたのではないでしょうか。

 戦車ではありませんが、日本の軍用機の場合、陸/海軍省がそれぞれつけています。
http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002428.html
本家は陸軍で、「一式戦闘機」に「隼」と名付け、これが大ヒット。慌てて海軍も「雷電」以降は名前を付け、更に徹底したことに、これを書類上でも使う正式名称にしてしまいました(陸軍は最後まで非公式の愛称だった)

 ということは、戦車や他の国であっても、同様にそれぞれの役所が(兵・国民の士気高揚等の目的で)公式の愛称を付けていたのではないでしょうか。

 ...続きを読む


人気Q&Aランキング