スキーを楽しんでいるおじさんですが、昨日、スキーに行った時に
スキー靴が壊れてしまい、新しい靴を買いました。いざ、靴を取り付け
ようと思ったのですが、靴のサイズが少し大きくなり、入りません。

あれこれビンディングを触ってみたのですが、調整方法が分かりません。
調整方法をご存じの方が居られましたら、教えて頂きますよう、お願いします。

ビンディングは、昔のマーカー製でチタニュームと書かれています。
後ろのビンディングは、二本のスプリングがあります。
言葉では分かりずらいので、写真を添付します。宜しくお願いします。

「マーカー ビンディング調整方法」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

後部のスプリングからヒール部分に向かって伸びている2本の棒にネジが切ってあると思います


ヒール部分からスプリングに向かって伸びている2本の棒にも、ネジが切ってあるはずです
その上下の棒を繋ぐような形で、アジャスト用の棒が片方か両方にあるはずですので、その棒を右・左どちらかの方向に回せば棒が伸縮することにより後部バインディングの位置が移動します
この形(ローターマート)の前圧の調整方法は、後部スプリングのどこかにインジケーターがありますから、適切な前圧がかかるようにアジャスト用の棒を回転させ位置を調節してください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のアドバイス、有難う御座います。直ぐに試してみました。
アドジャスト用の棒を回してみましたら、ヒールが移動しました。
靴をセットしたところ、バッチリ固定しました。感激です。

後は、前圧の調整ですが、実際に滑ってみて調整します。

色々試してみて出来なかったので、助かりました。
本当に有難う御座いました。

お礼日時:2010/01/10 22:47

靴によって長さが違うのは当然です。


そのために、、トウピース(前側)もヒールピース(後側)もネジで前後に移動するようになっていますので、靴の寸法が変わったら、それで調整します。20mmくらい動くと思います。
これはマーカーに限らず、どのメーカーのビンディングも同じです。
ネバダは、トウピースの先端下部にネジがあって、それを回すとトウピースが前後に動きます。構造は一緒じゃないかな?
長さだけじゃなく、トウピースの開き幅や高さも靴に合わせて調整してください。

すでに一杯まで調整されていて稼動余裕がないなら、トウピースの位置を付け替えます。

私のはネバダですが、いつも板を買って、ビンディングは自宅で付けます。
稼動部を中央にしておいて、靴に合わせて丁度良いようにします。
そうすれば、前後に10mmづつ、20mmくらいの余裕がありますからね。

付け直す時は、一旦外して、穴をロウで埋め、新たな場所につけ直します。
板に木ネジを立てる時と同じ要領で、取り付けネジの半分ほどの太さの下穴を電機ドリルで明けて、そこに取り付けます。
ソール面まで突き抜けないように、しかし、中心の金属板までは穴を明けて取り付けるのがコツです。

また、当然ですが、トウピースやヒールピースで開放値を調整するのは靴を換えたときだけじゃないですよ。ほとんど滑るたびに、その斜面や雪の状態で硬くしたりゆるくしたり調整します。
35度以上の斜面を滑る時は、2割くらい強くしないと外れやすくて危ないですよ。
そのために、調整工具は持って滑ります。
「マーカー ビンディング調整方法」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難う御座います。実際滑る時に調整したいと思っていますので
ご提案して頂きましたように、ドライバーを持参します。

有難う御座いました。

お礼日時:2010/01/10 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMARKER製MOD9.0の前圧調整

07~08モデルの K2 APACHE EXPLORERに提供されてるMARKER製のMOD9.0(IBCプレート仕様)というビンディングについて質問させてください。

このビンディングの特徴なのですがプレートセンターについているロックネジを回すだけで簡単にソールサイズの変更が行えます。
プレートにある目盛りをソール長に合わせてロックするだけの仕様でマーカー製によくあるヒールピース後部にある前圧調整用の+ネジ等はありません。
強いていえば、ヒールピース後部に△印のついた突起物がありブーツを未装着の場合は突起物が飛び出し、逆にブーツのソール長より短い設定でブーツを装着した場合は引っ込みます。
この事よりこの△印の突起物は前圧調整用のゲージと思っています。

そこで気になっているのが使用しているブーツのソール長が285mmなのですがビンディングのソールサイズ目盛りを285mmに合わせてブーツを装着しても、△印の前圧ゲージらしき突起物は飛び出たままで変化しません。
ビンディングのソールサイズ目盛りを270mmに合わせてブーツをセットした場合は△印の前圧ゲージらしき突起物とヒールピースは面位置近辺まで引っ込みます。
マーカー製ビンディングの前圧調整はヒールピースと前圧調整ネジが面位置になるまで引っ込んだ位置が適正前圧位置になるものが一般的だと思います。

以上を踏まえて、
(1).ビンディングのソールサイズ目盛りを信用して、ヒールピース後部の△印の前圧調整ゲージらしきものは無視する。
(2).ソールサイズ目盛りは参考程度とし、ヒールピース後部の△印ゲージがヒールピースと面位置になる位置で前圧を調整する。
(3).その他

前圧調整とういう考え方では(1)~(3)のどれが正しい調整方法なのでしょうか?
また、(3)であれば正しい前圧位置および調整方法を教えてください。

ネットで一通りMOD9.0(IBCプレート仕様)の前圧調整方法は検索したつもりなのですが見つかりませんでした。
どなたかご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

07~08モデルの K2 APACHE EXPLORERに提供されてるMARKER製のMOD9.0(IBCプレート仕様)というビンディングについて質問させてください。

このビンディングの特徴なのですがプレートセンターについているロックネジを回すだけで簡単にソールサイズの変更が行えます。
プレートにある目盛りをソール長に合わせてロックするだけの仕様でマーカー製によくあるヒールピース後部にある前圧調整用の+ネジ等はありません。
強いていえば、ヒールピース後部に△印のついた突起物がありブーツを未装着の場合は突起物が飛...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
当方が回答した件を参考にして頂きありがとうございました。

結論から申し上げますと正解は 2 で半分正解です。
K2のIBCやオガサカのEnergy-Trackは三角形の頂点から底辺までの一部でも面位置にあればOKです。
ブーツをセットした状態で三角形の頂点が面位置に来ていなければ、明らかに前圧不足です。
三角形の底辺部分が中に入ってしまい、面位置に三角形の底辺が見えなければ前圧が強すぎます。
三角形の一部でも面部分に掛かっていれば適正前圧です。

ソールサイズの刻印値とプレートの目盛りの表記は信用しないでください。(でも目安としてはイケます)
ブーツの刻印値は金型のサイズであり、流しこまれて加熱されたプラスチック(ポリウレタン、ポリイータ等)は完成後には収縮により数ミリ小さくなっています。
素材により収縮値も異なる上、使われた顔料によっても収縮値は異なります。
同じ金型から製造されたブーツであっても数ミリ単位でサイズが異なる事はざらにあります。
加えてソールサイズ刻印の為の測定位置もメーカーにより異なります。
A社の刻印値ははコバ下のつま先からカカトまで、B社はコバ上のつま先からカカトまでを刻印していた場合、収縮を抜きにしても3~4ミリの誤差が生じます。
又、C社は数年前はコバ上、最近はコバ下を刻印、などと同一の会社であっても年式により刻印測定位置が異なる場合があります。
(A社B社C社は、例えであって実際に存在する会社を指している訳ではありません)
プレートの目盛りですが、コレは平らな机の上等にプレートを乗せた状態での数字です。
スキーには必ずベンド(アーチ)があります。(純競技向けでは極めて少ないのも存在しますが・・・)
板に取り付けられたプレートの目盛りはベンドにより、誤差が生じてきます。
ですから店では必ず、取り付けた付け後に前圧を確認します。
仮にブーツの刻印値が285であって、プレート目盛りを285に合わせても適正前圧で無い場合は前後へ移動して適性範囲に調整します。
良心的な店であれば後日、お客様が混乱しない様に受け渡しの際に「プレート目盛りは285では前圧不足の為、○○○ミリに合わせてあります。ご確認ください」とブーツをセットして前圧の状態をお見せします。

最後にアドバイスですが、板のベンドは経年による劣化で下がってきます。ビンディングのバネも弱ってきます。(一部、前圧用にバネを複数使用している機種もありますが、大部分は解放バネと兼用しています)コレにより当然前圧にも変化は出てきますので一年に一度位は前圧をチェックをして安全性の高いスキーライフを送ってください。

はじめまして
当方が回答した件を参考にして頂きありがとうございました。

結論から申し上げますと正解は 2 で半分正解です。
K2のIBCやオガサカのEnergy-Trackは三角形の頂点から底辺までの一部でも面位置にあればOKです。
ブーツをセットした状態で三角形の頂点が面位置に来ていなければ、明らかに前圧不足です。
三角形の底辺部分が中に入ってしまい、面位置に三角形の底辺が見えなければ前圧が強すぎます。
三角形の一部でも面部分に掛かっていれば適正前圧です。

ソールサイ...続きを読む

Qスキーブーツ買い替え ビンディング調整は必要?

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありません。

旧ブーツ NORDICA TREND05 ソール長270 サイズ23.5
新ブーツ ATOMIC HawxH90W ソール長275 サイズ23.0

新ブーツをビンディングにはめてみますと
旧ブーツよりも力は必要ですが、一応はまります。
新ブーツをはめた状態で前圧調整のネジ(と思われるネジ)を見ますと、特に出たり引っ込んだりはしていません。
(あくまでもシロウト判断ですが)

ビンディングはミリ単位での調整が必要な物なのだという先入観があったのですが
当方、競技スキーをしているわけではありませんので
そこまでシビアな調整が必要なのか? という思いもあります。

ゲレンデスキーヤーレベルでは、ソール長5ミリ程度の違いは誤差の範囲内(調整の必要はない)なのでしょうか。
また、調整が必要な場合、自分で調整できるものではないと思いますのでショップ等に調整をお願いしようと思っているのですが
大手量販店(家の近くにはアル○ンかヴィ○トリアしかありません)でも持ち込めば有料で調整してもらえるものなのでしょうか。
(ちなみにブーツ、板の購入店はそれらの大手量販店ではありません。板を持って行くのはかなり辛い距離にあります)

以上、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。
よろしくお願い致します。

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありませ...続きを読む

Aベストアンサー

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジに刻んである3本のミゾを使って調整します。
M29:開放値3.0から4.5 一番奥のミゾ
開放値5.0から7.0 中央のミゾ
開放値7.5から10.0 一番手前のミゾ
M27V:開放値2.5から4.0 一番奥のミゾ
開放値4.5から6.5 中央のミゾ
開放値7.0から9.0 一番手前のミゾ

M6.1とM5.1、M4.1はネジに刻んであるミゾとネジの一番後ろを使って調整します。
M6.1:開放値3.0から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から10.0 ネジの後ろ
M5.1、M4.1:開放値2.5から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から9.50 ネジの後ろ

ネジが露出しているのが正常なケースも多数存在します。
自分が使用しているメーカーと同じで前圧調整がネジ式だからといって全てが同じではありません。
ネットで得た知識で自己調整を行い、誤った前圧位置にしている方を大勢見かけましたので御注意を・・・・。

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジ...続きを読む

Qビンディングの前圧調整

ビンディングの前圧調整についてお尋ねいたします。
マーカーのCOMP 1400EPSですが、取説に調整方法が記載されていないので確かな調整方法がわかりません。通販で購入した状態で使用すると、ブーツのかかとの部分(ヒールピースで押さえる部分)に傷が入るので、前圧が強いのでは?と思っています。現状ではブーツをセットした状態で調整ネジが廻りの部分とツラ一になってます。お分かりになる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スキーショップで取り付け作業を担当していましたのでお答えします。

ブーツをセットした状態で全圧調整ネジが廻りの部分とツラ一になってます。
↑この状態でOKです。 ほとんどのビンディングとブーツの組み合わせでかかと部分に押し当てられたような傷は入りますので、気になさらなくても大丈夫ですよ。

QスキーブーツのOEM生産について

スキー業界も世界的に再編の波が押し寄せて久しいですが、かつてのブーツメーカーの名前が消え、スキー板メーカーのブーツが多くなりました。

ブーツメーカーの買収およびOEM生産と推測しますが、どこのメーカーが作っているのかご存知の方教えてください。

例) ロシニョール → ラング

   ・アトミック
   ・フィッシャー
   ・ヘッド
   ・K2

   また、ノルディカとテクニカは同じ製造元でしょうか?
   アトミックとサロモンは、同じアメアスポーツですが、製造も同じでしょうか?

   上記メーカー以外にもOEM生産させているスキーメーカーがあれば教えてください。
   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(金具)チロリア
   サロモン:(板)サロモン・(靴)サロモン・(金具)サロモン
   過去には板は,他社に製造依頼していたこともあるような,現在は不明

・フィシャー:(板)フィシャー・(靴)フィシャー,製造は不明・(金具)〔チロリア〕

・ヘッド:(板)ヘッド・(靴)ヘッド=旧サンマルコ・(金具)チロリア

・K2:(板)K2
   フォルクル:(板)フォルクル・(靴)テクニカ・(金具)マーカー
   K2は,フォルクルとテクニカのかなりを買収したはずですが,詳細については知りません。

・テクニカ:(板)エラン・ノルディカ・(靴)テクニカ・ノルディカ・(金具)マーカー
  かなりの部分がK2に吸収されたようです。詳しくは知りません。

・レグザム Rexxam(日本)
 ミズノがスキーから撤退して,OEM生産していた会社が,ミズノのスキーブーツ開発スタッフを受け入れて独自ブランドで製造・販売しているものです。

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(...続きを読む

Qファットスキーのターンについて

よろしくお願いします。
セミファットスキーを買ってパウダー練習中なのですが、
深雪になるとついついターンのとき足を持ち上げてしまう「悪癖」が出てしまいます。

「膝以上の雪でもなければ、足を持ち上げるような意識はいらない」と教えられるのですが、
なーんとなく「引っかかって転ぶんじゃないか…」という恐怖感?からか直りません。
足を持ち上げようとするせいで、後傾になってバランスを崩して転んでしまいます(昨日は8回くらい転びました@@;)

こういう人はもう一度ゲレンデで基礎からみっちり練習したほうがいいのでしょうか。
(スキー検定などは受けたことがありませんが2級レベルだねと人には言われます)
それともパウダーでとことんやれば直っていくものでしょうか。
またよい練習方法や、意識の持ち方などアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライン。深雪で斜滑降すると、どうしても片足加重になるのでバランスを崩しやすいです。
それにスピード出した方が浮遊感が楽しめるので私はおもしろいです。
(私は深雪でかっとんでスプレー上げまくるのが大好きなので・・・)

今のファットは驚く程かんたんに深雪を滑れるのでつまらないのですが、昔のシェイプの細板で深雪を滑る時は、板のたわみというか、板の反発力のリズムに合わせてターンしていました。
深雪をまっすぐ滑って、板を両足で強く踏みます。すると次の瞬間、板が返ってきて、ジャンプするような感じになります。これを何回か繰り返すとボヨンボヨンしながら滑るようになります。この飛んでいるような時にターンというか、両足同時に足を横に向けてターンするのです。
ターン終了と同時に踏み込みます。するとまた返ってくるので、その時に反対方向にターンします。
この繰り返しです。
ただこれだと浮遊感があんまり味わえなく、スピードも出ないので私は好きではありません。。。

ちなみに私はストックは全く使いません。ストックを「突く」意識でいると、ズボってはまったときにバランスを崩すからです。

あ、あとですね、基本は腰から下だけ使い、腰から上は腰から下の動作に追従するだけです。たまーにパラレルクラスで肩を振ってターンのきっかけをつくる人がいますが、そういう人は肩を振っても腰から下がついていかず、バランス崩して滑れません。あるいみ矯正になるので良いのかもしれませんがー

深雪の浮遊感を味わうと、ある意味圧雪バーンには戻れなくなります。頑張ってください!

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライ...続きを読む

Qスキーのビンディングの位置が気になります

先日K2のfujative(フジャティブ)とビンディングを購入しました。159cmの板なのですが、よく見てみると、ビンディングの位置がやけに後ろ寄りに見えます。板の中心辺りの側面にcore centerというところからmio soleというところまで約7センチメモリが付いており、私のブーツの中心線が丁度mio sole(メモリのテール側の端)の位置と一致しているような状態です。普通ビンディングは多少後ろ寄りだと思うのですが、かなり後ろ寄りに見え、先端が長いので上手く滑れるか心配です。このビンディングの位置は、基準の位置に取り付けられているのでしょうか。また、こちらはフリーライド用の板ですが、普通の斜面やコブを主に滑るつもりで購入しました。滑る上で不便なことになるでしょうか。スキー道具の知識がないもので、どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

え~と、昔のテクニカルマニュアルを掘り起こしてみたんですが、+1、+2…と書かれているタイプのスキーの取り付けは書いてありませんでした。 やはり私がスキー屋でサービスの仕事をしていた時代とは変わってしまったみたいです。 すみません。

とりあえず、fujativeはツインチップのスキーなので、ビンディングはほぼスキーセンター付近に取り付けられるようになります。
また、どんなビンディングを取り付けられたのかわかりませんが、ずれたセンター位置を合わせる為にはもう一度穴を開け直す必要があります。 アトミックのビンディングやESS-BARのビンディングでしたら多少前後させることができますが、基本的にトゥピースの取り付け位置でセンター位置が決まりますのでずれている場合は穴を開け直してのビンディング付け直しになります。
というよりは、本当に間違っているのであれば販売店でクレーム交換にならないとおかしいです。

一番はっきりとした情報はK2ジャパンのサービスセンターが教えてくれます。 こちらがその代表番号ですので、03-3882-4142へ電話をして確認してみるのが疑問を解決する近道です。 平日の日中しか電話が通じませんので明日にでもかけてみてはいかがでしょうか?

え~と、昔のテクニカルマニュアルを掘り起こしてみたんですが、+1、+2…と書かれているタイプのスキーの取り付けは書いてありませんでした。 やはり私がスキー屋でサービスの仕事をしていた時代とは変わってしまったみたいです。 すみません。

とりあえず、fujativeはツインチップのスキーなので、ビンディングはほぼスキーセンター付近に取り付けられるようになります。
また、どんなビンディングを取り付けられたのかわかりませんが、ずれたセンター位置を合わせる為にはもう一度穴を開け直す必要があ...続きを読む

Qホットワックスをしたけど滑りませんでした。

今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。

Qスキービンディングの前圧調整

どなたかマテリアルに詳しい方教えてください
子供のビンディングを調整しているのですが
ビンディングの前圧調整方法で大人のスキーですと
前圧調整用ネジの頭が靴を入れたときにビンディングの
ボディーと平らになるなどの設定がありますが、

子供用のビンディングだと靴のサイズを合わせるレバーだけで
その長さで前圧の調整が変わってきてしましますが
正しい前圧調整方法を知っている方ぜひアドバイスお願いします!

Aベストアンサー

詳しいわけでは有りませんが、私は下記を参考にして調整しました。有っているかどうかは自信有りません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/jamacademy/knowlage.html

Qスキー中級レベルでチューンナップって関係あるのよ?

 よく板のチュ-ンナップっていうけど、上級者やレースに出る人はとにかく、2級も取れないような、年間滑走10日程度のゲレンデスキーヤーにどれくらい影響あるの?
 小学生の子供たちはポールをやるし、1-2年で板が変わるのでいいのですが、親の分まで手間暇とお金が回りませんし、高いチューンナップ代出すくらいなら3-4シーズンで親の板も買い換えた方がいいような気がします。Hotwaxはくらいは家でやっています。
 (単なるショップの回し者的発言はご遠慮下さいませ。)

Aベストアンサー

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、シュテムターンを練習している頃かと思いますが、手入れをしていないと足が揃わなくても、きちんと手入れをした板なら足を揃えて回れますよ。

★手入れの方法
シーズンが終わったら、水分を取って、滑走面のワックスをきれいに落します。(専用のスプレーもある)
傷や穴があったら、補修材で埋めておきます。
エッジと滑走面に専用のヤスリをかけておきます。
エッジにミシン油などを塗って、板を新聞紙にくるんで、重ねずに保管します。
シーズン初めの使用開始前に、保管の時に塗った油をきれいにふき取ります。
白のベースワックスをかけ、削って、コルクでよ~くおさえます。
後は、スキーに行く度に、その雪質にあったワックスをかけて滑ります。

ワックスは必ずコテで溶かしながら塗り、余分なワックスをスクイーパで限界まで薄く削り落として、コルクでなめらかになるまでおさえます。

それと、スキー板の寿命は、ベンドが半分くらいになった時です。
つまり、板を平らなところに置くと、真ん中が膨れ上がっていますよね?
そのバネ状のものが、使うとだんだんたるんできて、バネ力がなくなってきます。
そして半分くらいになったら限界です。
目安としては50日くらい使った時ですが、板の固さなどによっても違います。

また、エッジが必要なのは、中央と後だけですから、エッジを研ぐ時に、板の先端から1/3くらいは角をとって、エッジを丸くしておいた方がよいですよ。
回転がものすごくやりやすくなります。

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、...続きを読む

Qチロリア(フィッシャー)ビンディングについて教えて下さい

フィッシャーのスキーを中古で手に入れたのですが、ビンディングの調整方法がわかりません。どなたかお教え頂けないでしょうか。ビンディングには「Fisher」の字と、型番「sr13」(だったと思います)の字がありますが、見たところ、ものはチロリアのOEMのようです。また「free flex」の字もあり、そこそこのグレードのもののようです。わからないのは、1前圧調整法、すなわちヒールピースの位置決め方法 2トゥピースの、ブーツを押さえる部分の高さ調整方法の2点です。適当に設定したあげくケガをしてもいけませんので、切実です。皆様、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いようになっています。
どのビンディングでもそれほど変わりませんが、ブーツを取り付けた状態でヒールの位置調整金具のギザギザか、前圧調整用のねじのフチが、特定の位置になっていれば良いようです。

私もちょうどフィッシャーの説明書を探していたところ、この質問を見つけ、フィッシャーがチロリアのOEMである事を知り、無事探す事が出来ました。ありがとうございました。

参考URL:http://www.tyrolia.com/certification/dls0708/Techn.Manual.english.pdf

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いよ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報