ゴルフ歴1年です。オーバーラッピングが握りづらくて、ベースボールグリップのまま今に至りますが、陥りやすい欠点などあれば教えてください。また、オーバーラッピングなど、一般的なグリップに矯正したほうが良いのでしょうか?ご意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スポーツの道具には、それぞれ歴史があります



ベースボールグリップは、あくまでも野球のバットを握るための物です
グリップの太さにあっています

ゴルフクラブは、野球のバットよりグリップが細いですから、やはりそれに合った握り方がよいのではないでしょうか

先人の知恵です
上達の早道と思います
    • good
    • 0

坂田プロはどちらでもいいと言っていますね


「習うより慣れろ」と言います
長い間に習得したものはそれなりにメリットが
出てくるものです
他のグリップをしている方々が違和感を感じても
本人が違和感を感じなければ問題ないという事です

ただし自分で何かを気付いたらどうすればいいかを
尋ねればいいのであって特に違和感を感じていないと
思われますのでこの質問はあまり意味がないように
思われますがいかがでしょうか
    • good
    • 0

基本的には#1の方が言われた通り、オーバーラッピングかインターロッキングに変えた方がいいと思います。

これらのグリップは、最初誰でも違和感があると思いますが、そのうちしっくりくるようになります。まだゴルフ歴1年ということですから、なるべく基本に沿ったグリップやスイングをお薦めします。
私もゴルフ歴25年の間にインターロッキング、オーバーラッピング、インターロッキングとグリップを変えたことがあります。変えたのはそれなりの理由があるのですが、変えてすぐは違和感があり、しっくりくるまで、それぞれ1~2年位はかかりました。
    • good
    • 0

ベースボール・グリップは強打は生まれるけれど、方向性が安定しないですから一般的なオーバーラッピングとか、もしも指が短い人・非力な人であればインターロッキングにすると両手が固定される感じがしていいと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパターのグリップの握る強さ

よくドライバーのグリップを握る強さの目安として
「10ある力の2割とか3割とか」いわれますが、
パターは何割くらいで握ったらいいでしょうか?

私はドライバーと同じくらいで握っていたんですが
どうも弱すぎる気がしてきました。

もちろん個人差はあると思いますが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どんなグリップでも「緩み」は禁物です。
かと言ってガチガチではスムーズはパッティングはできませんよね。
パターは基本的にコックは使いませんので他のクラブとグリップは違うと考えたほうが良いと思います。(逆にリズムはショットと同じの方がいいと思いますが:余談^^;
…と言うのは、ショットをするクラブでは人差し指と親指に力を加えたスイングはジャマとなりますが、パターではどんな握り方をしても必ず人差し指と親指が支えとなります。
力加減というのは判断が非常に難しくバラバラになりやすいので、ボクはパターはこの支えで「緩み」を気をつけています。

グリップの強さに関するリンクを参照してください。
単にグリップの強さ!という意味でなく、各番手の意味合いが関連することをご理解いただけると思います。

参考URL:http://golf55.livedoor.biz/archives/50160591.html

Q左手のグリップを握る強さ

これまではレッスン本などでよくゆわれているような
シャフトを握った時にクラブが落ちていかない程度の
できるだけゆるい力で握っていました。

しかし、ゆるいグリップだとトップでのぐらつきみたいなものもあり
それによるのかはわかりませんが打点等も安定せず
飛距離もピッチングウェッジで100Yくらいしか飛びませんでした。

それを左手(特に小指、薬指、中指)だけしっかり握るようにかえてみました。
右手は今まで通り、軽くそえている感じです。
そうすると、トップでもぐらつきがなくなり打点のぐらつきも少なくなり、飛距離、方向性ともによくなりました。
ピッチングウェッジで110~115Yくらいでるようになりました。

左手をしっかり握ることによってアドレスのシャフトの角度が保たれて
ハンドファーストにボールをとらえられている気がします。
またドライバーは以前は250Yくらいだったのが、
左手をしっかり握るようにしてから270Yくらいになりました。

ただ、レッスン本などにはできるだけソフトに握ったほうが
H/Sがあがって飛距離が出るとよくかかれているので
このまま左手はしっかり握って練習していいものかと思ってます。

ちなみに私のH/Sは48程度、握力は左手だと45くらいです。
よろしくお願いいたします。

これまではレッスン本などでよくゆわれているような
シャフトを握った時にクラブが落ちていかない程度の
できるだけゆるい力で握っていました。

しかし、ゆるいグリップだとトップでのぐらつきみたいなものもあり
それによるのかはわかりませんが打点等も安定せず
飛距離もピッチングウェッジで100Yくらいしか飛びませんでした。

それを左手(特に小指、薬指、中指)だけしっかり握るようにかえてみました。
右手は今まで通り、軽くそえている感じです。
そうすると、トップでもぐらつきがなくなり打...続きを読む

Aベストアンサー

グリップはインパクトの衝撃に耐えられればいいのですが、
アドレスやバックスイング、切り返しの前段動作で自分の
収まりが良い方法を見つける事です。

左手を強く握る=トップまでは上げやすいが、左肩に力が
入って、ここ一番でダウンスイング時の回転運動に弊害が
出やすい。

ゆるく握る=体全体は余分な力を使わないリラックスした
動作が出来るが、トップの位置がルーズになりやすい。切
り返しの良否が分りやすい。

どちらも正しい理論だと思いますが、アドレスして左手だけ
で超ゆっくりトップの位置まで上げて自分のシックリ感を体
感してください。

因みに私はゆるい派です。

Qグリップの握る強さについて

最近雑誌等でグリップはソフトにと言う内容をよく目にしますが、自分の場合トップで緩んでしまいます。
先日研修生のキャディーさんに訪ねましたら、軌道が安定しないので僕は結構強く握ってますとの事でした。
いろいろ試してますが深みにはまってしまいましたのでアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

50歳男性です。
グリップを握る強さは、素振りをしたときクラブが抜けてしまわない程度の強さが良いと思います。
感覚で言うと出来る限り弱く持ちます
でも心配しないで下さい、振り下ろすときとかインパクトの時は本能的にそれなりの強さで握っていますから。
あまり深刻にならず適当で良いと思います。
トップで緩むのは、余計な力が加わり角度が変わってしまうからだと思われます。
まず普通に構えてみてください
そのままクラブを真上に上げて、右利きの人なら右肩に担いでみてください。そして上半身を捻転してみます
いかがです緩まないでしょう
バックスゥイングの途中でどこかの部分が不自然な動きをしていませんか?

Qアプローチの際のグリップを握る力のイメージ

ショートゲームを苦手にしています。

こちらのカテゴリーの以前のQ&Aを読ませて頂くと、技術論に関しては大変タメになりました。アプローチについても同様です。

そこで今回はピッチショットかピッチエンドランに関して、皆様に教えて頂きたいと思います。

以前、アプローチでは三角形を崩すまいとして、結果として力んでいたようでした。そこである上級者から、もっと力を抜くように、というアドバイスを受けました。

昔の人(ボビー・ジョーンズ?ベン・ホーガン?)が言ったゴルフの格言に「グリップは手の中でひよこを握る様に」というのがあるそうですが、それを思い出して意識して力を抜く様に振っていくと、だんだん力が抜けてきました。

ところが、本当に力が抜けてリストターンだけのアプローチになると、今度は飛び過ぎてしまうようになりました。自分では50~60Yのスイング幅のつもりで9Iで振っているのに、80~90Yは飛んでしまうのです。

それならもっとスイングアークを小さくすればいいんでしょうが、そうすると今度はもっと短い距離が飛び過ぎてしまいます。

理想は丸山プロのような、フワリと上がってピタリと止まるようなピッチショットです(関係ありませんが、全英、頑張って欲しいです!)。

皆さんはアプローチの際、グリップを握る力はどんなイメージで振ってらっしゃいますか?私は「ひよこを握る」では緩過ぎる様な気がしてならないのですが、いかがでしょうか?

イメージなので答えにくいかもしれませんが、アドバイス、どうぞよろしくお願いします。

ショートゲームを苦手にしています。

こちらのカテゴリーの以前のQ&Aを読ませて頂くと、技術論に関しては大変タメになりました。アプローチについても同様です。

そこで今回はピッチショットかピッチエンドランに関して、皆様に教えて頂きたいと思います。

以前、アプローチでは三角形を崩すまいとして、結果として力んでいたようでした。そこである上級者から、もっと力を抜くように、というアドバイスを受けました。

昔の人(ボビー・ジョーンズ?ベン・ホーガン?)が言ったゴルフの格言に「グリッ...続きを読む

Aベストアンサー

ヒヨコではなく小鳥だったと思います、我が家は小鳥を飼っていますがその要領で握るとクラブが飛んで行き、ゴルフになりません。(実際に実験しました)
この格言は通常のショットで大多数の人が力が入りすぎているので力を抜きなさいという例えです。

チップ、ロブ共にNo.4さんと同様に握ります。

テニスをなさってる様なのでボレーの要領で面をキープして打つ意識が必要です、結構共通点がありますので応用出来ることが多数あります。

テニスの応用を考えながらゴルフをすると飛躍的に向上する可能性もあります。

Qフェースを開いて構える場合、グリップは握りかえるのでしょうか?

ロブショットなどで、フェースを開いて構える、ということをよく言われます。
こうすると、ロフト角が大きくなって(でしたっけ?)、より高くかつスピンの利いた玉が出そうなことはよく分かるのですが、このときのグリップはどうするんでしょう。
単に、グリップを代えず、手首をひねるだけでいいのか、それともフェースを開いた形で、グリップは通常のように握り替えるのか(いつもとは違うところを握ることになります)、どちらでしょう?

スイングに力を入れるためやきちんとしたスイングをするためには、後者のような気がするのですが、こういった説明を今まで見たことも聞いたこともないため、自身がありません。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は握り替えます。
人間器用か不器用かは解りませんが(笑)手首だけで調整しようとしてもインパクトではスクエアに戻ってしまうものです。「構えたままの形でテイクバックしそのまま振りぬく」という基本をしっかりやった人なら尚更でしょう。

確かに低いタマを打つ場合などは飛行方向に並行して手首をかぶせたりしますが、質問の場合だと手首をねじる事になりますよね。これは難しいと思いますよ。

まぁ行き着くところ「自分にあっていればよい」のでしょう・・・。人様にウンチクを説かせて頂く時は「私なりに打ちやすい方法」を押し付けています^_^;。

ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報