あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

今年の目標はルアーでショアからマグロを仕留める事を目標にしております!
これまで集めた情報では下記の実績ポイントがあります。
クロマグロ・・・和歌山県の加太大波止、南紀白浜の三段壁、伊豆大島(なんと60キロオーバーをシーバスロッドで!!)
キハダマグロ・・・小浦一文字、潮岬コメツブ、ドウネ、口和深オキミツ

あと四国南西部の沖の島、鵜来島周辺、トカラ列島なども聞きますが、具体的な磯名、ポイント名までは分かりません。
これまでのところ現場ではクロマグロのジャンプを見るものヒットまで至らず、キハダは掛けてもサメに横取りされる始末です。

さらに詳しいポイント、時期、ルアーの選び方など精通された方がいらっしゃいましたらご教授頂けませんでしょうか。

A 回答 (2件)

私も加太で黒マグロ狙ってます。


ただし、オフショアです。
ヒットはありますが、キャッチにはいたっていません。

加太に回ってくると言っても、年間のうち数日程度。
しかもショアから狙える範囲となると、もっと少ないでしょう。
もしかしたらチャンスは年間数時間、なんてことも・・・。

しかし、ショアから届く範囲でもマグロは飛んでいるのを
何度も目撃しております。

根気良く頑張って、ぜひキャッチして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり相当難易度が高いようですね。気長に無限投げを続けたいと思います。

お礼日時:2010/02/04 13:10

加太は難しいと思います。

私は大阪湾でマグロが飛んでいるのをみたことがあります。船で追いかけてルアーをキャストしても釣れませんでした。ショアからはさらに厳しいと思います。和歌山でヨコワならつれるかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まずはヨコワからチャレンジしてみます!

お礼日時:2010/02/19 15:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加太大波止のローカルルールについて

近々、加太大波止へショアジギングに行こうと考えています。
昨年、バイクでのアプローチを教えていただきましたが、なかなかいけませんでした。今年こそはと考えています。

本題ですが、青物狙いのジギングの場合は周りに配慮が必要とは思いますが、加太大波止ではかご師の地元老人がはばをきかせていてトラブルが多いとネットでみかけました。

青物狙いの場合、潮通しのいい先端がいいとは思いますが、良いポイントに入れても地元のかご師に囲まれるとキャストなどできなくなるとおもいます。
加太大波止では、かご師のエリア、ルアーマンのエリア等のローカルルールがあるような気がします。
時間帯は早朝からせいぜい9時頃までの予定です。
ご存知の方、教えていただきたいのです。

どこの釣り場でも地元老人にはその様な人が居るものですが、揉め事は極力避けたいと思います。
まぁ、かご師が延々と流してくることも考えようですが、正論を持ち出す気はありません。
あくまでローカルルールを知りたいです。

あと、すいません。
ネットはどのくらいの長さが必要ですか?

Aベストアンサー

早い物勝ち&多い者勝ちルールです
確か先端は投げ禁止です
先に入った者が優先権が有ります 1人で釣っていて取り囲まれたら負けです
私が行ったときは シーバスのルアーが多くて 流し釣りは出来なかった
時期にもよりので 最寄りの釣具屋 フィッシングマックス(近くに有った)聞いてみればどうですか
私ならロッドはそのままで 呑ませのセットと サーフ天秤で応用を利かせます サビキもね

Qショアジギングの使い回しのきくリール選定

10kg超えで最大25kg前後のカンパチ/ヒラマサ等の出るポイントから、
ショゴやワカシ等近海青物を狙うショアジギングにおけるリール選定で迷っています。

ロッドは以下のラインナップです。
<1> Zenaq Muthos Accura 100H (jig60~200g)
<2> Daiwa ジグキャスターMX 106H (max120g)
<3> Shimano コルトスナイパー S1000M (max60g)
<4> Daiko クロスブリード CBSS-106ML (max30g)

リールは取り揃えが少なく、以下のものを使い回しています。
<1> Daiwa ソルティガ6000GT (PE#6号 300m)
<2> Prox MegaSpin Z2 60JH (PE#3号 300m)
<3> Shimano Sephia ci4+ c3000hgsdh +夢屋スプール (PE#1 150m)

先日、ロッド<3>&リール<2><3>の組み合わせを持って、伊豆諸島の八丈島や式根島等、
一発大物が出るポイントで何度かヒットしましたが、<3>のSephiaではラインブレイク、
<2>の笑ではリールが巻けないトラブルで何れも苦渋を飲みました。

当初はライトショアジギングを軽くできればいいという思いで揃えたタックルで、
沖縄にGT釣りに行く際に、ソルティガとジグキャスターを買いました。
とはいえ、これらのタックルは軽くやるには少し重い&固く、あまり使用しないものになっており、
今回の苦渋から汎用性が高いと評判のZenaqロッドを買ったばかりです。

ソルティガを使用しても良いのですが、ラインがPE6号巻いてあるので、
PE2~3号程度を300mくらい巻ける少し下位なリールを検討しています。
ロッドとの組み合わせとしては、<1>~<3>くらいまで使えたら最高です。

候補としては、以下のものを想定しているのですが、ご意見を頂きたく投稿しました。
<1> Shimano ステラSW 6000HG
<2> Daiwa ソルティガ エクスペディション 5500H
ソルティガの4000番辺りが最適かなと思いますが、見た目同じも寂しいなと思い・・・。(笑)

宜しくお願いします。

10kg超えで最大25kg前後のカンパチ/ヒラマサ等の出るポイントから、
ショゴやワカシ等近海青物を狙うショアジギングにおけるリール選定で迷っています。

ロッドは以下のラインナップです。
<1> Zenaq Muthos Accura 100H (jig60~200g)
<2> Daiwa ジグキャスターMX 106H (max120g)
<3> Shimano コルトスナイパー S1000M (max60g)
<4> Daiko クロスブリード CBSS-106ML (max30g)

リールは取り揃えが少なく、以下のものを使い回しています。
<1> Daiwa ソルティガ6000GT (PE#6号 300m)
<2> Prox MegaSpin Z2 60JH ...続きを読む

Aベストアンサー

リールの2・3では2の信頼性、3のラインの細さと巻き取りパワー不足と言う点で組み合わせに難有りですよね。
ロッド1・2にリール1は強タックルとして活躍するでしょうけど確かに重いし、一発大物が出る場所以外では疲れるでしょうね。
ライトなショアジギングならシマノの4000か5000番、ダイワなら3500か4000かと思います。
下位と言う言葉にツインパワーやキャタリナを想像してしまいましたが、候補としてる2機種を見る限り意味合いは番手的な下位でしょうね。
個人的には他のロッドとの組み合わせ汎用性においてシマノの5000番、ダイワの4000番ぐらいで良いかな~と思います。

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qショアージギングの遠投距離はどの位ですか

こんにちは 
最近防波堤からヤズを釣ってみたいと思っています
40から60グラムのジグを投げていますが、飛んでもせいぜい70M位です。周りの人はもっと遠くまで飛んでいます。
少しでも遠くに飛ばしたほうが、釣れそうな気がして、ネット上で色々探しましたが何M投げているとかはなかなか見つかりませんでした。
現在、道糸はPE3号やテーパーライン3~12号を使っています。
竿は固めのエギング用なので買い替えを検討しています。

皆さんはどの位遠くまで投げているのか教えてください。
また、竿は何フィートを使っているかも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロッドは本来0.6号ぐらいから1号ぐらいまでのPEを設定してガイドの大きさも決めてあります。
実際に斜めに付いたLDBガイドは実質直径2から3mmが良いところです。
これにPE3号ではやはり太すぎてガイドを通過する時の抵抗はかなりのもので、テーパーラインを使っているとなると更にガイド抵抗は増してしまいますね。
PE3号は少々のことでは切れませんからガイド絡みが起きたらエギングロッドなら折れてしまうかもしれないですね。

まずはロッドを買い直すのが一番です。
メジャークラフトの「ソルシア」のショアジギング用962MHか962Hが価格も安くガイドもオールチタンでオススメです。
このくらいの長さが振り切るのには丁度良い長さですね。

http://www.majorcraft.co.jp/

リーダーもテーパーラインではなく8号前後(30lb位)のリーダー専用のものをFGノットなどで結節するようにしましょう。
ラインシステムを完璧に勉強していないと青物なら掛けても結節部で一発で切れてしまいますよ。

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロ...続きを読む

Qギャフって慣れたら使いやすいですか?

ランガンしやすいのでタモではなくギャフを購入しようと思っています。
テレビなどではベテランさんが軽々エラに引っ掛け持ち上げていますが、初心者は素直にタモを買っておいたほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

ギャフが使いやすいのは水面まで1m以内で、相手がシーバスに限られます。
青物などは足下でもかなり暴れますし、シーバスほど口が大きくないので
ギャフでは非常に掛けにくいです。

今ほど優れたネットなどない時代からシーバスをやっていますから
当時は取り込む道具は普通の玉網か、ギャフしかありませんでした。

低めの堤防からや、地磯からのヒラスズキ、磯マルの時はテレスコピックのギャフを
使用していました(今や幻の逸品のABUのテレスコギャフ、40cm~95cm、現在も所有、もう入手不可能)

今はラパラなどで60cmまでのテレスコギャフは販売していますが、使える場所が限られ
うまく下あごに掛けるのは、上手なロッドワークで静かに足下まで寄せて一発で掛けないと
掛け損なうと魚が暴れ、ルアーが外れて飛んできたり、突然また走り出したりすると
下手をするとロッドの破損もあるかもしれません。

それと第一にギャフで掛けるとかなりの割合で魚は非常に弱り、リリースが不可能になります。
確実にキープのみするというなら良いですが、必ずしもキープ魚が掛かる保証はありません。

私も今は一切ギャフは使わずウェーディングの時は短めのウェーディングネット
http://daitoubuku.jp/cart.cgi?id=no2017
(これが安くてなかなか優れもの)

ちょっと足場が高いときは昌栄のランディングフレームとモビリックのランディングシャフト
昌栄のフレックスアームの組み合わせでウエストバッグにさせるように工夫しています。

ネットは安いダイトウブクのファインフレームでも良いですね。
http://daitoubuku.jp/cart.cgi?id=no2011

魚を上手に救う秘訣は、よく掬い上げようとする人が多くいますが、魚を静かに寄せてきたら
ネットの上まで頭を持ってきたらロッドを下げてテンションを緩めると、魚は自然に
ネットの中に頭を突っ込んできます。

こうしないとシーバスや青物などの長尺の魚は掬い上げようとすると、そこでのバラシの
大きな原因になってしまいます。
これも慣れですけど、慣れれば45cmの普通の玉網でも70cm~80cmのシーバスでも比較的
容易に掬うことが出来るようになります。

ギャフが使いやすいのは水面まで1m以内で、相手がシーバスに限られます。
青物などは足下でもかなり暴れますし、シーバスほど口が大きくないので
ギャフでは非常に掛けにくいです。

今ほど優れたネットなどない時代からシーバスをやっていますから
当時は取り込む道具は普通の玉網か、ギャフしかありませんでした。

低めの堤防からや、地磯からのヒラスズキ、磯マルの時はテレスコピックのギャフを
使用していました(今や幻の逸品のABUのテレスコギャフ、40cm~95cm、現在も所有、もう入手不可能)

今はラパ...続きを読む

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Q魚の「クエ」ってどれぐらい高級なのですか?

魚の「クエ」というのは、高級魚なのですよね?

人それぞれですが、美味しいんですよね?ふぐみたいな感じですか?

和歌山県の白浜温泉の旅館で、くえづくし会席露天風呂付客室(一泊二食付部屋食)というプランがあります。

天然本クエ使用(クエ小鍋、先付け、お造り、煮物、焼き物、酢の物等々)、週末で37、800円です。

これが、伊勢えびのお造りも入ったプランになると33,480円になります。

伊勢えびも高級だと思うのですが、伊勢えびが入った方が安くなるって(クエの量は減るんでしょうが)クエの相場がよくわからないです。

高級な食材といえば、その伊勢エビやカニやフグなどが思い浮かぶのですが、クエはそれ以上に高級なのでしょうか?

一匹買えば何万円もするのですか?100グラム当たりだといくらぐらいですかね?
スーパーとかでは売ってないですよね?

Aベストアンサー

クエ、大好きです。
淡白な味だけど脂がのっていて、皮にはゼラチン質もあって頭やヒレからは濃厚な出汁がでます。
幸いに天然物のクエが獲れる地域なので東京などよりもリーズナブルで手に入れることができますが
高級魚であることにはかわりありません。

クエは大きくないと美味しくないので、10キロ以上のものを扱うと思います。
以前、ちょっとしたお祝いに天然物1尾(12キロ)を発注したことがありました。
その時に15万払いました。
これでもかなり値引いてくれて、です。

これが4~5キロのものになるとガクンと値段が安くなります。
ただし、味もそれなり。

1尾そのままではなく、美味しいクエを手に入れようと思ったら1kgで1万以上は覚悟しないと
ダメだと思います。

私の利用しているお店だと2人前パックで300gくらいですがこれで最低2500円くらいですね。

Qショアからのジギングポイントについて[丹後半島]

ショアからのジギングを始めたのですが、なかなか一匹目を上げる事が出来ません。。。
日本海、丹後半島近辺での実績ポイントをどなたか教えては頂けないでしょうか?また、初心者が陥りやすい注意事項などもあればご教授願います。
どなたか私に記念すべき青物一匹目を与えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

兵庫県北部&鳥取県で青ジギやってます。

丹後半島にも実績ポイントはありますが、只でさえ人がわんさかいるのにさらに押し寄せてきても困るので、ここでは紹介できませんです。
ちなみに丹後半島ではブログ開いているひとが数人いますので、検索して友達になってください。
私もブログを開いてる1人ですが、丹後半島には行きません。
(鳥取方面のほうが交通の便が良いから)

あと補足要求ですが、どれくらいの青物を所望でしょうか?
中型サイズ(ハマチ・サゴシ等)でしょうか?
それとタックルも教えて下さい。
今使ってるジグの重さも。


今は青物はあまり回っておらず、本当に運良い人だけが釣れてます。
ヒラマサも島根県のみで、鳥取県ですら釣れてません。
今釣れてるのは30cm以下のヒデリゴ(ハマチの幼魚)です。
ヒデリゴは外海に面した防波堤や磯でよく釣れます。
これはシーバス用のタックルに20~30gのジグか9cmのミノーを振ってれば釣れます。

私はヒラマサ・ブリ用のヘビータックル、ハマチ・サゴシなどのミドル、ツバスやヒデリゴなどのライトタックルの3種類を準備してます。
春や秋に本格的にやる時はヘビー級だけを持って行きますが、今はまだ青物があまり回ってないし、小さいのが多いのでライト級でやってます。


ショアジギについての注意点をいくつか。
ジグは後ろのフックは外して、アシストフックを付けます。
これで掛かりが良くなり、根掛かりが減少します。
ジグは遠投した後、底まで落とします。
底に着いたらすぐに高速リーリング開始。
基本的には何も考えんでも高速リーリングするだけでいいです。
下手にアクション付ける必要は無し。(青物がびっくりして止まってしまいます)

青物は底にいますので、基本的には底~中層を中心に攻めます。
なので、そのままリールを巻きっぱなしだと真ん中付近でジグがトップまで上がってきます。
なのでジグが真ん中付近まで来たら、また下に落とします。
どこが真ん中かを知るには、一旦キャストして、リールのハンドルの回転数を調べます。
100回転だったら40~50回転のあたりでラインを出します。
ジグが底に着いたらまた高速リーリングを開始します。
時々トップを狙う事もありです。
トップはキャストしてすぐに高速リーリングします。
ジグが飛び出ないようにロッドは下向きにして下さい。

高速リーリングは例えばダイワ3500番、シマノ4000番のリールなら1秒間に最低2回転以上ハンドルを回します。
ヘビー級でもシマノ6000~8000番を2回転以上させてますからね。

ミノーでも、ルアーが体勢を崩さない程度の高速リーリングを心がけて下さい。
シーバス狙うより1.5倍速めに巻くような感じです。

頑張って下さい。

兵庫県北部&鳥取県で青ジギやってます。

丹後半島にも実績ポイントはありますが、只でさえ人がわんさかいるのにさらに押し寄せてきても困るので、ここでは紹介できませんです。
ちなみに丹後半島ではブログ開いているひとが数人いますので、検索して友達になってください。
私もブログを開いてる1人ですが、丹後半島には行きません。
(鳥取方面のほうが交通の便が良いから)

あと補足要求ですが、どれくらいの青物を所望でしょうか?
中型サイズ(ハマチ・サゴシ等)でしょうか?
それとタックルも...続きを読む

Q先日テレビで磯釣り中、青物が見えたので急遽ミノーを投げてヒラマサやヒラ

先日テレビで磯釣り中、青物が見えたので急遽ミノーを投げてヒラマサやヒラスズキを釣っていました。ダダ引きで首を振るようなルアーを使っていました。
自分は青物(ナブラ)が見えた場合はジグを投げるものだと思っていたのですが、どっちが釣れる確立は多いでしょうか。使い分けを教えてください。またルアーの場合、シーバス用ではダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

ミノーはラパラよりも最近の細身のリップの小さいミノーの方が高速に引きやすく
ほとんどが重心移動システムですから飛距離もラパラよりずっと出ます。

ラパラはシーバスのようにスローリトリーブなら引き抵抗もさほどありませんが
昔ながらの大きなリップですからファーストリトリーブするとかなり引き抵抗があって疲れます。
アクションも昔からのウィグリングアクション(規則的に尻を左右に激しく振る)で
最近のミノーのウォブリングアクション(左右の動きにロールをプラス)の方がボディや
リフレクターの反射が不規則に反射して魚へのアピール力は高いですね。

ダイワのショアラインシャイナーR50ロングディスタンス、ジャクソンアスリートミノースリム
DUELのハードコアミノーF11など12cmから15cm位のフローティングでもシンキングでもいいですが
2フックモデルがより大型フックが付いているので買うなら必ず2フックで。
3フックは一走りでフックが開いてバレる可能性もあります。

アクションは速めのタダ巻きでもいいですし、途中にトゥイッチを入れながらのファーストリトリーブでいいですね。
ポッパーは巻きながらティップを下に強めにアクションすると派手なスプラッシュをしますから
速めに巻きながら連続ポッピングしてきます。
ペンシルはティップを下にして小刻みにトゥイッチしながらファーストリトリーブすると左右に
激しく水を押しながら時々潜ったりして泡をはらんだりして強力にアピールします。

でも青物に関してはグレ釣りシーズンよりも今時期のエギングなどで地磯や潮通しのいい波止などで
遭遇するチャンスが大きいので、私は青物が湧きやすい場所はエギングタックルと青物タックル
(と言ってもラブラックス86ML)の2セットを持って釣場に入ることがあります。
青物用はキープしないのでバーブレスで即リリース出来るようにしています。

ミノーはラパラよりも最近の細身のリップの小さいミノーの方が高速に引きやすく
ほとんどが重心移動システムですから飛距離もラパラよりずっと出ます。

ラパラはシーバスのようにスローリトリーブなら引き抵抗もさほどありませんが
昔ながらの大きなリップですからファーストリトリーブするとかなり引き抵抗があって疲れます。
アクションも昔からのウィグリングアクション(規則的に尻を左右に激しく振る)で
最近のミノーのウォブリングアクション(左右の動きにロールをプラス)の方がボディや
リフレクターの...続きを読む

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む


人気Q&Aランキング