CDRに焼いたCDは音質が劣化するという話を聞いたのですがなぜですか。
MP3やMDが非可逆圧縮による符号化で音質が落ちるのはわかりますが、
圧縮していないCDRの音質が落ちるのは理解できません。
例えば011000101という信号があるなら011000101という信号がそのまま
CDRにコピーされるはずなので劣化のしようがないと思うのですが、また
エラーが生じるというような話を聞いたのですがそれだと
アプリケーションやその他のデータも同様にエラーが出るはずでそのような
全然使えないものを売るはずないですよね。
どういうことなんでしょうか、だれか詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

impressさんのAV Watchに「迷信だらけのデジタルオーディオ」という記事が連載中で、第二回がまさに「音楽CDリッピングが100%正確でない理由」というタイトルです。



下記参考URLで読めますので、参考になるんじゃないでしょうか。

ちなみに、第一回の「そもそもオーディオCDって何だ?」と第三回の「高音域がクリアに出るメディアと低音がきくメディア!?」は、ページ上部の BACK NEXT からリンクしています。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20010319/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなくわかった気がします。参考URLがとても役に立ちました。
ようするにCDAUDIOとCDROMではフォーマットが違うということですね。
ということはオーディオCDは二進数のデジタル信号を使っていないという
ことなんでしょうか。それともPCがCDから音楽データを読み込むとき
一度アナログ信号に変換して再度デジタル信号に戻してCDRに焼いている
からなんでしょうか。ノイズが入る仕組みがよくわからないのでもしよろしければ
教えてください。

お礼日時:2001/03/28 12:23

オーディオCDとCD-ROMのフォーマットが違うというのは、そうですね、デジタルデータの並べ方といいますか配置の形式が異なっている、というふうに考えるとわかりやすいと思います。



例えば、横長の地図のコピーを取り、後でそれぞれを繋ぎ合わせて一枚の地図にする、という場合を例にすると...

地図が10個のブロックにわかれていて一つ一つに1~10と書かれていれば、ブロック毎にコピーしていけばよいのでコピーの欠落や重複は起こりません。これが、CD-ROMの読みとりに相当します。

しかし、地図に何の目印も無かったら、必要な部分を飛ばしたり同じ箇所をだぶってコピーしてしまう場合もあるでしょう。これは、オーディオCDの読みとりですね。

で、足りなかったり二重に読んだりした部分は元のデータと異なるものになりますので、例えばノイズという形で聴く人の耳に届く事になる、という感じでしょうか(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/30 19:21

SYNC情報というのは


再構築に必要な情報です。

簡単に言えば
完成写真がない
ジグソーパズルみたいなもんですかね。
この完成写真がSYNC情報だと思ってください。

ようするに全体像を把握できなかったために
再構築に失敗するってことですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/30 19:20

Aphroditeさんすごいですねぇ・・・・・


CD-Rがなぜ音質劣化するか。それは、
ジッター(010101なのに0~101~01のような信号になってしまう事)
低反射率(レーザーを当てたときはねかえってくる光の割合)
色素落ち?(CD-Rの色素が落ち、エラーが増えて音飛する)
↑色素落ち?は紫外線を当てたら起こります
コピー元のCDが悪い(本当は010101が00101などになるという事か?)
↑マスター(このCDからCDを作るCD)が悪い場合も当てはまります
パソコンのノイズ
ニ倍速以上で記録した
裏情報
・○○倍速対応のCD-Rはジッターが多いです
簡単に言えば
・音楽用CD-Rを使用する
・ノイズの発生源を減らす(モーター・蛍光灯・TVのスイッチを切る)
↑録音中にスイッチを切ったらプチッというノイズが入ります
・お金に余裕があるのなら音楽専用のCD-Rレコーダーを購入する
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
音楽CDをコピーする予定は特にないのですが、情報系の学生なので
デジタルデータがなぜ簡単に変化してしまうか疑問に思って質問しました。
CDは光の反射でデータを読み込むのは知っていたのですが詳しいことは
知りませんでした。勉強になりました。

お礼日時:2001/03/30 19:17

音楽CDをCD-Rへコピーする場合


MDやMP3などの音質の劣化とは異なり
ノイズが発生したり、音飛びする場合があります。

音楽CDのデータ、CDDAはSYNC情報がないため
読み出したデータのつなぐ時に不整合してしまい
ノイズなどが発生しやすくなっています。
これを解決するには読み出し速度を遅くしたり
書き込み速度を落とすことで解決できます。
(読み出し速度の加減はCD-Rドライブでしか
できません)

オンザフライと呼ばれる
CD-ROMドライブ→CD-Rドライブに
直接、HDを経由せずに焼きこむ方法がありますが
これは処理が間に合わずにノイズが
発生しやすくなります。
他にBurnPloofなどのレジューム性能を備えた
CD-Rドライブだとレジューム時にノイズや
音飛びと言った現象が発生しやすくなります。

他の要因としてCD-RドライブやCD-ROMドライブの
ドライブ性能やPCのスペックに依存することです。
ただ性能が向上していますので
新しいものであればそれなりに対応してると思いますが
私の例では一昨年の始めの話ですが
ゲートウェイのGP6-300についてる標準の
ATAPI接続のCDROMドライブ(MITSUMI製)と
SCSI接続のCDROMドライブ(TOSHIBA製とPlextor製)
の三つを使いましたが
TOSHIBAとMITSUMIのものは
等速書き込みでもノイズが発生するどころか
ノイズだけで聞けるものじゃありませんでした。
データ書き込みでも2倍速でやっと焼けたくらいです。
で、最後に購入したPlextor製のものを使ったら
オンザフライで4倍速で焼いてもノイズすら
発生しませんでした。
CD-ROMドライブの性能だけでここまで違います。
ちなみにCD-Rドライブは
TEACのCD-R55S(MAX4倍速書き込み)です。
当時ではPlextorのCD-Rドライブの次に良いと
言われていたものです。

それとCPUの負荷やIDE、SCSIなどのスループットを
考えながら使用することをお奨めします。
ハイスペックなら無理しない限りは大丈夫ですが、
USB>IDE(ATAPI)>SCSI
左に行くほどCPU占有率が高くなります。

CD-Rのメディアに
ついても触れておきます。
音楽用のCD-Rメディアは
反射率が高くCD-R対応のステレオ以外でも
読みやすくなっています。
データ用の一般のCD-Rメディアは
粗悪品も多々あり、良いものを使わないと
ディスク自体の寿命も短い上に
反射率も悪いので読み取りにくくなっています。
品質が良いと言われているメディアメーカーは
三井、太陽誘電、TDKです。
三井は品質が一番良いと評判です。
私はTDK派ですが(^^;
でも、太陽誘電はデータ保存には良いが
音楽メディアとして使うには不向きなようなことを
聞いた気がします。

参考URL:http://www.cdr.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。
ところでSYNC情報というのは何ですか?

お礼日時:2001/03/28 12:25

 どこで聞いたんでしょう?


 劣化しませんよ。だから著作権が問題になってるんです。もっとも、昔のCDRドライブは焼きミスが多かったので、それで劣化することはありえますが。

 なお、焼くときは必ず「音楽コピー用」のCDRを使い、個人での使用に留めるようにしてください。でないと違法になってしまいますから。って、言うまでもないですね(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が聞いたのはCDRへのコピーはMDに録音するより
音質が悪いというものでした。そんなことはないですよね。

お礼日時:2001/03/28 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDからCD-RWにコピーする前のCDからのファイルコピーの方法

CDからCD-RWにコピーする前のCDからのPC上へのファイルコピーの方法が分かりません。

Aベストアンサー

CDのバックアップでしょうか。
バックアップなら、付属のライティングソフトでできるはずです。
その場合は、お使いのライティングソフト(B's Recoderとか)を教えてください。

単体のファイルコピーでしたら、対象のファイルをコピー先にドラッグアンドドロップで大丈夫です。
それから、ライティングソフトでCD-RWに書き込んでください。

QDVDの劣化?BDの劣化?

DVDの劣化?BDの劣化?

こんにちは、ちょっと前、まだDVDが全盛期だった頃によく台湾産や韓国産、中国産などの
DVDは劣化するので日本産のがいいと聞きました
時は移り、今はBDの時代ですがBDも劣化ってするんでしょうか?
やはり日本産とかの方がいいのでしょうか?
ご意見をお聞かせください

Aベストアンサー

映像メディアのDVDやBDの事を質問されているのでしょうか?
それとも記録メディアのDVD-RやBD-RE等を質問されているのでしょうか?

前者の場合メーカーが製造するためユーザーが原産国を指定できませんので質問されているのは後者と考えて回答します。

BD-REはDVD-Rと記録密度や色素、ディスクの構造が異なりますが原理は似ています。
従ってBD-REも光や湿度、収納方法の影響で劣化します。

国産といっても海外で作られている場合が多いです。
ただ品質管理がされているので海外の激安メーカーよりは安心というぐらいです。

どちらにせよ重要な記録は複数バックアップするのがベストです。
あと映像メディアはスタンパーで凹凸を作っていますので簡単にデータは消えません。
ただメディアの貼り合わせが経年劣化してディスクが歪むとか腐食の問題はあります。

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/51079/

Qフォルダの写真をCDRやDVDRにコピーする方法

Vistaを使用している初心者です。
ピクチャの中のたくさんあるフォルダの中から、好きなフォルダを1つ選んで
そのフォルダをCDRやDVDRにコピーして保存する方法があると聞いたことがあります。
残しておきたいデジカメの写真などあるので、CDRやDVDRに保存する方法を教えて下さい。
又、CDRやDVDRには何枚位の写真が残せるのでしょうか?
そもそも一般的にはどちらにコピーするのが普通なのでしょうか?
(カメラ屋さんではCDにコピーしてた気がするのですが・・・?)
全くの素人です、できればPCの専門用語をさけて教えていただけるとうれしく思います。
どうぞよろしくお願いします。
(1)フォルダ内の写真をCDRやDVDRにコピーする方法(簡単な言葉でお願いします)
(2)CDRやDVDRには何枚位の写真がコピーできるか
(3)CDRとDVDR,どちらに残すのが一般的か

Aベストアンサー

(2)
CD-Rは700MBで650MB程度
DVD-Rは4.7GBで実質4.4GB程度

写真の画素数により違います。DVDで4GBでは1200万画素で約635枚、1000万画素で約765枚、800万画素で約955枚
CDは約1/6

(3)
ふつう、写真はCD-Rへ、動画の保存はDVD-Rへ。(ご自分の好みでどうぞ)
CD/DVDはSDカード、USBメモリーより信頼性は高いですが、傷や紫外線に弱いので、定期的にバックアップ(複製作成)した方がよいでしょう。
また、海外製より日本製が信頼できます。
ちなみに以前海外製CDを大量に購入した時10枚の内1~2枚程度は不良品でした(最近はかなりよくなっていると推定)

書き込み方法にもよりますが、書き込み終了時「ファイナライズ」しないと他のPCなどでは見えません。

QDVDやCDの劣化

私はDVDやCDのような光を利用したメディアはテープやレコードとは違って、半永久的に保存が可能だと今まで信じていました。そしてそれこそがDVDやCDの最大の魅力だと思っていました。

ところが最近「保存状態が良くてもCDは20年前後が限度、DVDはCDよりはもつが、それでもいつかは観れなくなる。」という話を聞きました。
これについて何かご存知の方、すでに経験された方おられましたら教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

事実ですね。CDはソニーとフィリップスが開発したもので、最初に開発されたCDは81年頃登場し、それは実際に樹脂層の劣化によってデータはそこに存在するが、読み出し時の光学反射率が悪くなり正常に読めなくなるということが分かっています。要は、データが消えるわけではないが、データのあるディスクと接触することはなく、その間に空気の層とディスクの保護層があり、保護層の部分が痛むため読み出すことができない状態になるのです。(以下に詳しく書きますがCD-ROMの場合です)

これは、99-2000年に明らかになったことで、それまでは開発元ですら半永久を謳っていましたからね。知らなくても、信じられなくとも当然です。(これは、新聞にも載りましたからね)

CDもDVDも保護層は、当初人工樹脂を使っていました。これらは、劣化するのですよ。まあ、ゴムを放置していたらどうなるかを考えれば分かりやすいでしょう。放置しておくと徐々に弾力がなくなり、ぱりぱりになってしまうこともあります。ただ、どのゴムも絶対にある期間でそうなるわけではありません。
保存場所や環境によってその時期には変化があるのです。CDではおよそ20年は持つがそれ以降は分からないというのが正しい解答でしょう。

これは、あくまでプレスされたCD-ROMの場合です。音楽CDなど音楽が収録されて販売されているセルCDなどがCD-ROMになります。このセルディスクは、基板であるポリカーボネートに直接凹凸を付けるため、物理データが消えることはディスクを割ったり、レーベル面から記録面が透けるほどの傷を付けない限りありません。これは、私はCDをほとんど持ってないので分からない。レーベルから記録面に突き抜ける傷が付いて読めなくなったことはありますけどね。


CD-RやRWなどのメディアはまた別物です。
CD-Rは有機色素を記録に用います。有機色素に熱と光を加えることで凹凸を作るのです。この方式では、熱と光を使って記録することがネックとなります。同じ熱と光を外部から与えられれば記録するのと同じ効果が伝わることになり、データが破損する原因となるのです。
CDドライブの読み出しレーザーぐらいなら問題ありませんが、直射日光や高温多湿の場所などでは色素が変化しデータが消える恐れがあります。
CD-Rは真夏に記録面を上にして車のダッシュボードの上に直射日光が当たるように放置すれば1週間持ちませんよ。(ちなみに、これは一ヶ月で消えた覚えがあります)

CD-RWは、変化が一回限りの色素とは異なり、相変化記録素材と誘電層を用いた相変化記録をします。これもCD-Rとほとんど同じ原理で光の反射率を相特性変化によって変えることでデータを記録します。
CD-Rよりは、層が多層で光と熱が届きにくいため外光に強いですが、CD-Rより傷に弱くもちろん熱や光が強ければ長持ちしません。書き換えを繰り返した場合も、残留核が残ることがありデータ信頼性が低下します。
(こちらは、2週間で読めなくなったディスクがありますね)


DVDに関しては、CDよりは強いですが、およそ30年ぐらいは大丈夫とされますが、これもROMの場合です。(初期のセル製品です)結局記録する層は同じような構造ですからね。

DVD-RもCD-Rと同じ、DVD-RWや+系メディアもCD-RWと同等です。ちなみに、DVD-Rは一週間で最外周付近でのブロックノイズが目立つようになったディスクがありますね。CD-Rもそうですが、記録品質の善し悪しも関係しますので注意。

DVD-RAMは、別物と考えてください。DVDドライブでの読み出し互換は低いですが、ハードウェアベリファイと多層によって外光による刺激には強いです。特にカートリッジならデータの破損率は低いでしょう。逆に、傷に弱くDVD-RWなどなら読み出せるほどの傷でも読めなくなることがあります。

最後に、100年を保証しているディスクがありますが、実際の環境で100年後にどうなるかは分かりません。あくまで、加速試験と呼ばれる環境で実施した場合で、理論値で現実値ではないことに注意してください。
まあ、下を参考にすれば分かるでしょうが、ISOなどで決められた理論の算定方法を使っています。ただ、100年後に自分が生きている訳ではないでしょうから、理論値がいくら長いと言うより「実際にここまでは絶対にデータが保証できますよ」という値を出してくれた方がありがたいと思うのは私ぐらいかな?

100年などと書いてしまうから、そのせいでバックアップをしない人もいるでしょうし。しかも、ディスクのパッケージにはデータの保証はしませんと書いておきながら100年。ある意味凄いこと。
http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf44200.htm

ちなみに、デジタルよりアナログの方が保存性は高いですよ。とにかく画質は下がれど読む機器があれば読むことができますからね。何せ、映像なら映像のまま収録されていますからね。
デジタルは、0と1の羅列なので、あくまでコンピュータで計算された情報を画像や音として展開します。そのため、欠落が多いとデータの整合性がなくなり再生すらできなくなります。CRC巡回冗長検査エラーなどはその代名詞。

まあ、ラスコーの壁画などを考えれば分かりやすいかな。壁画はその壁面が壊れたり壁面の表面が削れない限り、残りますからね。これが半永久に最も近い保存です。今の技術はむしろ複雑になりすぎて半永久からは遠ざかっているとも言えます。

事実ですね。CDはソニーとフィリップスが開発したもので、最初に開発されたCDは81年頃登場し、それは実際に樹脂層の劣化によってデータはそこに存在するが、読み出し時の光学反射率が悪くなり正常に読めなくなるということが分かっています。要は、データが消えるわけではないが、データのあるディスクと接触することはなく、その間に空気の層とディスクの保護層があり、保護層の部分が痛むため読み出すことができない状態になるのです。(以下に詳しく書きますがCD-ROMの場合です)

これは、99-2000年に明らか...続きを読む

QCD から PC にコピーする方法。

初歩的な質問ですみません。
旧パソコン(Win98)でバックアップしたCDを新パソコン(WIN XP)にコピーする方法をご教示下さい。

マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→My
Documentsのフォルダが表示される。
このMy Documentsを一度にまとめて新パソコンにコピーする方法です。

Aベストアンサー

ただのコピーなら
(1)マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→MyDocumentsのフォルダを表示
(2)もう一度マイコンピューターをクリックして別窓を開き
コピーしたいフォルダを開く

(1)→(2)にフォルダーをドラッグ&ドロップ

これでコピーできないでしょうか?

QCD→WMAとLossless→WMAは同音質?

WMP11を使用しています。携帯プレイヤーの買い換えを機に「WMA128k」から「WMA192k」に音質アップを考えています。CD音質の
バックアップとして可逆圧縮の「WMA Lossless」で別HDDに保存していますので、これを使えば元CDが無くても、「CD→WMA192k」と
同等音質の「WMA192k」が作成可能と思います。そこで疑問なのですが、dBpoweramp等のソフトを使用して、

(1) CD→WMA192k
(2) CD→WMA Lossless(別HDDに保存したファイルです)→WAV→WMA192k
(3) CD→WMA Lossless(別HDDに保存したファイルです)→WMA192k

上記の(1)と(2)は同等の音質と思いますが、WAVを経由しない(3)も同等でしょうか? 同様に、

(4) WMA Lossless→WAV→オーディオCD
(5) WMA Lossless→オーディオCD

将来、iPODに買い換えたときには、iTUENSでAACに変換することになりますが、

(6) WMA Lossless→WAV→AAC
(7) WMA Lossless→AAC

(4)と(5)、(6)と(7)は同等の音質なのでしょうか? 「WMA Lossless」はVBRの一種で厳密な可逆圧縮ではないという意見もありますが、
今回は厳密な可逆圧縮という前提でお答えいただければ幸いです。

WMP11を使用しています。携帯プレイヤーの買い換えを機に「WMA128k」から「WMA192k」に音質アップを考えています。CD音質の
バックアップとして可逆圧縮の「WMA Lossless」で別HDDに保存していますので、これを使えば元CDが無くても、「CD→WMA192k」と
同等音質の「WMA192k」が作成可能と思います。そこで疑問なのですが、dBpoweramp等のソフトを使用して、

(1) CD→WMA192k
(2) CD→WMA Lossless(別HDDに保存したファイルです)→WAV→WMA192k
(3) CD→WMA Lossless(別HDDに保存したファイルです)→WMA192k
...続きを読む

Aベストアンサー

主観です。

(1)(2)と(3)は違うと思います。(3)でコンバートするソフトを知らない
のですが、(3)の方法はプログラム的に、(1)(2)より難しいので、同じ
結果が出るとは思えません。ただ、内部的に一旦WAVを経由している可能
性は十分にあり、この場合は同じと考えるべきでしょう。バグとかない
ものとして。

(5)は存在しないのではないのでしょうか。必ずWAVにしてから書き込み
しますから。存在するなら(3)と同じだと私は考えます。

(7)も(5)と同じ意見です。

私もWMA Losslessで溜め込んで、変換用に初めてCD-RWを買いました。
まだバグが怖くてWMP11には手が出ていませんから、古い知識かも。

Q動画ファイルのコピー(CDR)でエラーを回避する方法

はじめまして。

少々教えて頂きたいのですが、
CDRに保存しておいた動画がコピーする方法はないでしょうか?
コピーすると「循環冗長エラー」が出てしまうのです。

因みに、
・著作権保護CDではありません。
(デジタルビデオで撮った風景を他のパソコンでMPEG化したものです)
・CDRは汚れ傷等もありません。
・動画は最初から最後まで再生できます。

色々試した結果、
・ライティングソフトで他のCDRにコピーしてみる⇒可能
・仮想CDで見てみる⇒閲覧可能
・仮想CDにしたファイルをコピー⇒同じエラーが出る

どうにかして、動画をHDDにコピーする方法はないでしょうか?
方法は良くわかりませんが、
著作権保護CDと同じと考えて、リッピングするとか・・・?

過去にも同じような質問が出ていますが、動画自体が見れますので、質問させてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は「巡回冗長エラー」だと思っていたのですが、
循環・・・でも同じCRCエラーのことなのかな?

どちらにしても、ファイルなどをコピーする際に、
エラーを検査するシステムのことでしょう。
http://www.dlmaster.com/other/crc.html

予想としては、動画を観るのには問題ない程度かも
しれないが、ファイルの一部が破損している
・・・と見るのが普通ではないかと思います。

駄目かも知れませんが、動画閲覧可能であれば、
以下URL参考に、コマンドラインからxcopyなどで
吸い出せば出来るかもしれません。

ただ、これでコピー出来たとしても、そのデータが
完全である保証はありませんが。

回答がついていないようなので、分かる範囲で書きました。
もう少し詳しい方がいるといいんですが・・・。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/268filecopy/filecopy.html

QCDの音質の違い・mp3について

僕はよくレンタルショップでCDを借りてCDをそのまんまコピーしてCDデッキで聞いたりしています。(←自分で聞くだけなので法律的には大丈夫と・・・)
そのコピーするCD-Rは、海外産の安いものを使っています。
そこで1つ目の質問なんですがCDは音質もそのまんまなんですが、音質は変わるんでしょうか?
あと、PCに取り込むときmp3にして取り込んでいます。
そのmp3の音質をCDの音質に極限まで近ずける(CDと耳で聞いても変わりのない)には、どうすればいいですか?
音に詳しい方など教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

理屈でいうとデジタルデータがそのままコピーできたら劣化しませんが、現実にはそのままコピーするのは不可能です。
このような機械が存在するのを考えたら分かりますが、普通にデータを読みとるというのが難しいのです。
http://www.linn.jp/products/detail/players.html

パソコンのオマケのドライブで完全に読み取れて書き込めたら大したものですが通常は大きく劣化します。
(ラジカセやミニコンポなどの安い機械で比較しても区別つきませんがマトモなシステムで比較したら誰が聞いてもはっきり分かります)

もちろんメディアの品質によっても大きく変わります
↓DVD-Rでの説明ですがCD-Rも同じです。
http://startlab.co.jp/thatsallabout/07.html

圧縮しなくても大きく劣化するのに10分の1にデータを圧縮するmp3でCDの音質に近づけられるわけありません。
可逆圧縮という方法なら理屈的には元のデータが再現できます。

「パソコン用」としては品質の良いドライブを作ってるメーカーもありますよ。
http://plextor.jp/product/premium2/
これに品質の良いディスクを組み合わせたら「パソコン用」としては綺麗な音でコピーできますよ。
「オーディオ用」としてなら全く話になりませんが。

理屈でいうとデジタルデータがそのままコピーできたら劣化しませんが、現実にはそのままコピーするのは不可能です。
このような機械が存在するのを考えたら分かりますが、普通にデータを読みとるというのが難しいのです。
http://www.linn.jp/products/detail/players.html

パソコンのオマケのドライブで完全に読み取れて書き込めたら大したものですが通常は大きく劣化します。
(ラジカセやミニコンポなどの安い機械で比較しても区別つきませんがマトモなシステムで比較したら誰が聞いてもはっきり分かりま...続きを読む

QCD-ROMのデータをCD-Rへコピーする方法

WINDOWS XPの機能で、CD-ROMの内容をCD-R(CD-RW)へコピーできると聞いていいますが、方法を教えてください。

Aベストアンサー

はじめに確認して置きますが、著作件とかライセンスとかその辺の問題は大丈夫ですか?
不正コピーは犯罪、法律違反です。
コピーの方法は簡単。
マイコンピュータを開き、CDドライブを右クリック。
コピーを選択して、適当なHDDドライブを開いて右クリックで貼り付けを選択。
CD内のデータがコピーされます。
次はCDドライブにブランクCDを入れます。
マイコンピュータを開き、先程作成したHDD内のフォルダを開き、全部選択。
ドラック&ドロップでマイコンピュータ内のCDドライブのアイコンまで持っていって落とす。
これだけでは書き込まれませんので、CDドライブを開き、書き込みのタスクを実行します。

Q音楽CD内の曲、コピーのコピーは劣化しないのですか?

もうすぐクリスマスなので、色んなCDからお気に入りの曲を1枚のCDに集めて焼き、オリジナルのCDを作ろうとしています。勿論個人で楽しむ範囲です。
さてその際、一度元CDから吸い取ってオリジナルCD(バージョン1とします)として焼いた曲を、それを元データとして、またもう1枚別のオリジナルCD(バージョン2とします)に焼こうと思います。簡単にいうと、コピーのコピーとなるわけです。ビデオやカセットテープなら、ダビングすればするほど温室や画質が悪くなるのはわかるのですが、CDの場合、音質に差は出るのでしょうか。データは劣化するのでしょうか。
お詳しい方、教えていただければうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

CDはデジタルデータですから複製による情報の劣化はあり得ません。

仮にメディア自体が経年変化で一部読み取り不良がでるような場合でも、エラー訂正機能により極力オリジナルの形を保持するようになっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報